ドコモのスマホ 2019年夏モデル


NTTドコモの2019年夏モデルのスマートフォンは全9機種をリリースされます。

ハイエンドスマホはXperia 1、P30 Pro、Galaxy S10/S10+、AQUOS R3の5機種を発売し、性能と価格を抑えたスタンダードスマホはXperia Ace、LG style2、arrows Be3、Pixel 3aの4機種となります。

2019年夏モデルのスマホは個性的なモデルが多くて面白いですね!

この記事ではドコモの2019年夏モデルの各スマホのスペックや特徴のまとめをしたのでドコモへの乗り換えや機種変更を検討している方はぜひ参考にしてください!

ドコモ おすすめ機種(2019年夏モデル)比較

2019年6月1日より端末と料金プランの分離プランがスタートしますが、それに合わせてドコモではハイスペックモデルとスタンダードモデルの2つの製品ラインに分けて販売されることになります。

  • ハイスペックモデル:8万円以上の高機能モデル
  • スタンダードモデル:5万円以下の標準モデル

スタンダードモデルは3〜4万円くらいで購入できるスマホもあるので、端末割引がなくなっても、なんとか機種変更できるのではないでしょうかね。

ハイスペックモデルは5機種

2019年夏モデルのハイスペックモデルはXperia 1、P30 Pro、Galaxy S10、Galaxy S10+、AQUOS R3の5機種となっています。

ドコモのハイスペックスマホ(2019年夏)
ドコモ夏モデル ハイスペックモデル
 SONY Xperia 1HUAWEI P30 ProGalaxy S10Galaxy S10+SHARP AQUOS R3
画面サイズ6.5インチ(21:9)6.1インチ6.4インチ6.2インチ
解像度3,840 x 1,644(OLED)2,340 x 1,080(OLED)3,040 x 1,440(OLED)3,120 x 1,440(Pro IGZO TFT)
CPUSMD 855Kirin 980SMD 855
RAM6GB8GB6GB
ROM64GB128GB
生体認証指紋・顔(Smart Lock)ディスプレイ内蔵式指紋・顔認証指紋認証
リアカメラ広角1200万・f1.6・OIS4000万・f1.6・OIS1200万・f1.5 or 2.4・OIS1220万・f1.7・OIS
超広角1200万・f2.42000万・f2.21600万・f2.2
望遠1200万・f2.4・OIS800万・f3.6・OIS1200万・f2.4・OIS
特殊TOF(深度)TOF(深度)動画専用2010万・f2.4
フロントカメラ800万・f2.03200万・f2.01000万・f1.91000万・f1.9 + TOF1630万・f2.0
サウンドステレオ・Dolby Atmos
Wi-Fi802.11 ac(4×4)802.11 ac(2×2)802.11 ax(4×4)802.11 ac
LTEdocomo Premium 4G 1.6Gbpsに対応
Bluetooth5.0
防水/防塵IP68
おサイフケータイFelica対応
外部ポートUSB-C
バッテリー3330mAh4200mAh3400mAh4100mAh3200mAh
サイズ167 x 72 x 8.2 mm158.0 x 73.4 x 8.41mm149.9 x 70.4 x 7.8 mm157.6 x 74.1 x 7.8 mm156 x 74 x 8.9mm
重量180g192g157g198g185g
端末価格103,032円89,424円89,424円101,088円89,424円

どのスマホも6インチ超えの大型ディスプレイモデルとなっていますが、ベゼル幅が狭いモデルが多いので画面の大きさの割にコンパクトにまとまった機種が多くなっています。

特にGalaxy S10は6.1インチのディスプレイを搭載しながらもiPhone XRの75.7mmより5mmほどコンパクトな70.4mmとなっています。

SONY Xperia 1(SO-03L)

SONY Xperia 1
Xperia 1
Xperia 1(SO-03L)の特徴
  • 世界初 4K有機EL 21:9 シネマワイドディスプレイを搭載
  • Snapdragon 855 + 6GB RAMを搭載
  • 画面が長いのでマルチウィンドウによる操作が快適
  • トリプルレンズカメラを搭載し瞳AF・Cinema Pro撮影に対応
  • 端末価格:2,862円 × 36 = 103,032円(スマホおかえしプログラムで実質68,688円に)
  • 2019年6月中旬発売

SONY Xperia 1(SO-03L)は映画と同じアスペクト比となる21:9のディスプレイを搭載したスマートフォンです。

Xperia 1のディスプレイ
Xperia 1の縦長の画面

映画のシネマサイズと同じ画角なので迫力ある映像体験ができるだけでなく、2画面分割機能を使うことでマルチタスク作業もこなすことができます。

Xperia1 21:9マルチウィンドウの使い方
21:9画面分割機能

Xperia 1は1200万画素のトリプルカメラを搭載していて、超広角・標準・望遠(光学2倍)の3つの画角での写真撮影が可能となっていて、特に超広角カメラは広く撮りたいときに重宝するものとなっていますよ。

Xperia 1のトリプルカメラ
トリプルカメラで幅広いシーンを撮影可能に

また、スマホとして世界初となる瞳AFに対応(標準カメラ)しているので、Xperia XZ3やXZ2など旧モデルの弱点だったAFの速度が大幅に改善されているのもポイントですよ。

もう、カメラですよね。動き回る子どもの瞳も追うことができる(さすがにボケることはありますが。)のでカメラの性能は大幅に向上しています。

他にも映画のような動画を撮影できるCinema Proという専用アプリも使うことができるので、ちょっとこだわった動画撮影をするにm Xperia 1はおすすめです。

▶︎ Xperia 1をドコモでチェックする

HUAWEI P30 Pro(HW-02L)

HUAWEI P30 Pro
HUAWEI P30 Pro
P30 Pro(HW-02L)の特徴
  • しずく型ノッチ6.5インチ有機ELディスプレイを搭載
  • Kirin 980 + NPU + 6GB RAMを搭載
  • 世界初のLeicaクアッドカメラを搭載している
  • 顔認証とディスプレイ内蔵式指紋センサーを搭載
  • AI専用のNPUで臨場感ある写真や動画撮影が可能に
  • 端末価格:2,484円 × 36 = 89,424円(スマホおかえしプログラムで実質59,616円に)
  • 2019年夏発売予定

HUAWEI P30 Proは世界初となるLeicaクアッドカメラを搭載したスマホです。超広角・標準・望遠・ToF(深度計測用)で4つのカメラ。

4つのカメラを内蔵している
P30 Proのクアッドカメラ

しかも、望遠カメラは光学2倍じゃなくてレンズを横に配置することで5倍というおそるべき性能を持っています。ヤバいですね。高感度に強い性能があり月や天の川も撮影できると話題になりましたが本当に高感度に強いカメラ…いやスマホですよね。

また、2.5cmのマクロ撮影もできるのブロガーカメラとしてもいいのかもしれません。

カメラばかりが注目されがちのP30 Proですが、ディスプレイ内蔵式の指紋認証センサーも搭載しているので、顔認証ができない時も指を使って画面ロック解除をすることができます。

P30 Proのディスプレイ内蔵式の指紋センサー
ディスプレイ内蔵式の指紋センサー

端末価格が9万円切っているのでフラグシップモデルとしては意外と安い端末となっています。

なお、HUAWEIのスマホは米国の禁輸処置により発売が延期されていましたが、6月29日に禁輸処置を解除することをトランプ大統領が発言しました。もしかしたら、P30 Proが発売されることになるのかもしれません。

追記:2019年9月にドコモよりP30 Proを発売することが発表されました。かなり遅れてしまいましたが発売が決定したのは喜ばしいところ。

▶︎ P30 Proをドコモでチェックする

Samsung Galaxy S10(SC-03L)

Samsung Galaxy S10
Samsung Galaxy S10
Galaxy S10(SC-03L)の特徴
  • 画面占有率の高いベゼルレスディスプレイを搭載
  • 6.1インチディスプレイなのにコンパクトで軽い
  • Exynos 9820(Snapdragon 855)+ 8GB RAMを搭載
  • トリプルカメラを搭載し綺麗な写真・動画撮影ができる
  • 端末価格:2,484円 × 36 = 89,424円(スマホおかえしプログラムで実質59,616円に)
  • 2019年6月1日発売

Samsung Galaxy S10のディスプレイはとにかくベゼル幅が狭いので画面サイズの割にコンパクトなスマホとなっています。

Galaxy S10の有機ディスプレイ
Galaxy S10の有機ディスプレイ

CPUプロセッサはSnapdragon 855、メインメモリは8GBを搭載しているのが特徴となっています。

より多くのメインメモリを搭載することでマルチタスクによる操作も快適になっているのですが、本当にヌルヌル動作するようになってるんですよね。ちょっと驚きです。

フロントカメラを避けるためのノッチは非搭載で代わりにディスプレイに穴を開けたホール型スタイルとなっていて、顔認証機能に対応しているだけでなくディスプレイ内蔵型の指紋認証機能にも対応しています。

ディスプレイ内蔵式の指紋認証機能
ディスプレイ内蔵式の指紋認証機能

そして、リアカメラは3つのカメラを搭載したトリプルカメラとなっていて、超広角・標準・望遠で切り替えができるようになっています。

Galaxy S10 トリプルカメラ
Galaxy S10 トリプルカメラ

Galaxy S10のカメラはとても色鮮やかな写真を撮影することができ、背景をいい感じにぼかすことができるライブフォーカス機能も搭載しているので凝った写真も気軽に撮ることができるのかなと思います。

これだけ高機能なハイエンドスマホですが、端末価格が10万円を切ってるのがなかなか凄いんですよね。コストパフォーマンスはかなり良いスマホになっているのかなと思います。

▶︎ Galaxy S10をドコモでチェックする

Samsung Galaxy S10+

Samsung Galaxy S10+
Samsung Galaxy S10+
Galaxy S10+(SC-04L)の特徴
  • 6.4インチの大画面ディスプレイを搭載
  • リアトリプルカメラ+フロントデュアルカメラを搭載
  • Snapdragon 855 + 8GB RAMを搭載
  • 独自の冷却システムでゲームのパフォーマンスが高い
  • トリプルカメラを搭載し綺麗な写真・動画撮影ができる
  • 端末価格:2,808円 × 36 = 101,088円(スマホおかえしプログラムで実質67,392円に)
  • 2019年6月1日発売

Samsung Galaxy S10+はGalaxy S10の単なる大画面モデルというわけではなく、フロントカメラもデュアルカメラ仕様になり、独自の冷却システムを導入することでゲームパフォーマンスがGalaxy S10よりも高くなった大画面スマホとなっています。

▶︎ Galaxy S10+をドコモでチェックする

SHARP AQUOS R3(SH-04L)

SHARP AQUOS R3
SHARP AQUOS R3
AQUOS R3(SH-04L)の特徴
  • 10億色の色再現のあるPro IGZO TFTディスプレイを搭載
  • Snapdragon 855 + 6GB RAMを搭載
  • リフレッシュレートが100Hz → 120Hzになり滑らかな操作感
  • 動画専用カメラと強力な手ぶれ補正でアクションカメラ並みの手ぶれ補正効果
  • 新開発のAIエンジンにより綺麗な写真が撮影可能に
  • 端末価格:2,484円 × 36 = 89,424円(スマホおかえしプログラムで実質59,616円に)
  • 2019年6月1日発売

SHARP AQUOS R3は6.2インチの10億色の色再現ができるPro IGZO TFTディスプレイを搭載しています。

AQUOS R3のIGZOディスプレイ
AQUOS R3のIGZOディスプレイ

OLEDではなくTFTですがシャープならでがIGZOディスプレイによりとにかく綺麗なディスプレイとなっています。また、画面のリフレッシュレートが120Hzと滑らかになっているのも特徴の一つです。

120HzのリフレッシュレートといえばiPad Proに採用されたProMotionテクノロジーですが、それのスマホ版だと思ってもらえればOKですね。

リアカメラはデュアルカメラ仕様ですが、AQUOS R3は静止画用と動画用という使い分けをしています。

AQUOS R3 デュアルカメラ
静止画用と動画用のカメラ

この動画用のカメラの手ぶれ補正の性能は今出てるスマホのトップクラスとなっています。

実際に手ブレの違いを比較してみたのですが、AQUOS R3はアクションカメラ並みに手ブレを抑えているんですよね。すごくないですか。これ。

Xperia 1やP30 Proが話題になりやすいですが、AQUOS R3もフラグシップモデルとして存在感がある機種となっていて、なかなか使いやすいスマホに仕上がっているように感じます。

▶︎ AQUOS R3をドコモでチェックする

ドコモのハイエンドスマホは「スマホおかえしプログラム」で購入することができます。24ヶ月後に返却する必要はありますが、36回払い中24回の支払いでOKになるので安くフラグシップモデルを手に入れることができます。

スタンダードスマホは4機種

2019年夏モデルのスタンダードモデルはXperia Ace、LG style2、arrows Be3、Pixel 3aの4機種となっています。

ドコモの夏モデル スタンダードスマホ
 SONY Xperia AceLG style2FUJITSU arrows Be3Google Pixel 3a
画面サイズ5.0インチ LCD6.0インチ LCD5.6インチ OLED 
CPUSMD630SDM4501.8GHz +1.8GHzSMD670
RAM4GB4GB3GB4GB
ROM64GB64GB32GB64GB
生体認証指紋認証・顔(Smart Lock)指紋認証指紋認証指紋
リアカメラ1200万・F/1.8・OIS1620万・F/2.2 + 1310万・F/1.91220万・F/1.91220万・F1.8
フロントカメラ800万・F/2.4810万・F/1.9810万・F/2.0 
Wi-Fi802.11 ac
LTE500 / 75Mbps262.5 / 50Mbps150 / 50Mbps 
Bluetooth5.0
防水/防塵IP68
おサイフケータイFelicaに対応
外部ポートUSB-C
バッテリー2700mAh3900mAh  
特徴5インチのコンパクトボディサイズ大容量バッテリーで電池長持ちワンセグアンテナ内蔵、洗えるスマホ、落としても壊れないスマホGoogle純正スマホでAIカメラが優秀
サイズ140 x 67 x 9.3 mm158 x 76 x 8.6 mm147 x 70 x 8.9 mm151.3 x 70.1 x 8.2 mm
重量154g145g145g147g
端末価格48,600円38,880円33,048円46,646円

スタンダードモデルは5機種ありますが、2019年6月からスタートする分離プラン(ギガホ・ギガライト)の影響なのか端末価格を抑えつつ性能・特徴を追求したスマホが揃っているのかなと思います。

SONY Xperia Ace(SO-02L)

SONY Xperia Ace
SONY Xperia Ace
Xperia Ace(SO-02L)の特徴
  • 5インチディスプレイを搭載したコンパクトモデル
  • ゴリラガラス5とグラスファイバー強化プラスチックで高級感と耐久性を両立
  • Snapdragon 630 + 4GB RAMを搭載
  • コンパクトシリーズ初の光学式手ぶれ補正機能を搭載
  • 3.5mmヘッドフォンジャックを搭載している
  • 端末価格:1,350円 × 36 = 48,600円
  • 2019年6月1日発売

SONY Xperia AceはXZ2 Compactの後継機種となっており5インチディスプレイを搭載した片手で使えるコンパクトモデルとなっています。

 Xperia Ace 筐体サイズ
片手サイズの Xperia Ace

シングルカメラを搭載するなど目立った機能はありませんが、USB-Cポートを搭載するなど使いやすさを追求しています。

ミッドレンジクラスのCPUプロセッサを搭載していますがメインメモリは4GBあるので、比較的サクサク動作します。

スマホにお金をかけたくないけど満足できるスマホが欲しいという方の願いを叶えてくれる機種といっていいでしょう。価格が5万円以内に抑えられているので、購入しやすいモデルです。なお、ドコモでしか購入できない機種となっています。

▶︎ Xperia Aceをドコモでチェックする

LG style2(L-01L)

LG style2
LG style2
LG style2(L-01L)の特徴
  • 6インチの大画面ディスプレイを搭載
  • Snapdragon 450 + 4GB RAMを搭載
  • 3900mAhの大容量バッテリーを搭載
  • 端末価格:1,080円 × 36 = 38,800円
  • 2019年7月発売予定

LG style2は6インチの大画面ディスプレイを搭載したスマホで、省電力性能が高いSnapdragon 450や3900mAhの大容量バッテリーを内蔵することで電池の持ちがとにかく良いスマホです。

端末価格も4万円を切っているので分離プランでの購入に助かるモデルですね。

arrows Be3(F-02L)

FUJITSU arrows Be3
FUJITSU arrows Be3
arrows Be3(F-02L)の特徴
  • 5.6インチディスプレイを搭載し
  • Snapdragon 450 + 3GB RAMを搭載
  • ワンセグアンテナを内蔵
  • 洗えるスマホで清潔に使える
  • 落としても壊れないスマホ(MIL規格23項目)
  • 端末価格:918円 × 36 = 33,048円
  • 2019年6月上旬発売

arrows Be3はドコモの2019年夏のスタンダードモデルの中で一番安く購入することができます。

arrows Be3
arrows Be3の筐体デザイン

36回払いで購入すれば月々918円となり新プランのギガライトとの組み合わせでも3,000円〜4,000円の支払いで済むので、とにかく安くスマホを使いたい方におすすめ。

安いから「使いにくいのでは?」と思うかもしれませんが、指紋認証やおサイフケータイなど基本的な機能はちゃんと搭載しているので普通に使うことができます。

arrows Be3 本体デザイン
arrows Be3は指紋認証を搭載

他にも血管年齢を計測できる特殊なセンサーを内蔵しているので面白い使い方ができたり、落としても画面が割れにくくなっていたり、本体を洗っても壊れることがないというスゴイ特徴を持っています。

ワンセグアンテナを内蔵しているのでいつでも地デジ放送を見ることができるのもいいですよね。

▶︎ arrows Be3をドコモでチェックする

Google Pixel 3a

Google Plixel 3a
Google Plixel 3a
Google Pixel 3aの特徴
  • 5.6インチディスプレイを搭載
  • Snapdragon 670 + 4GB RAMを搭載
  • Pixel 3と同じAIカメラで綺麗な写真・動画を撮影可能
  • 最新のAndroid OS・アプリを最速で使える
  • 端末価格:1,296円 × 36 = 46,656円
  • 2019年6月上旬発売

Google Pixel 3aは2018年10月に発売されたPixel 3の廉価版モデルで筐体がガラス素材からプラスチック素材に、CPUプロセッサがSnapdragon 855から670にグレードダウンさせることで価格を抑えたスマホとなっています。

Google Pixel 3a 筐体デザイン
Google Pixel 3aはツートンカラースタイル

実際にPixel 3とPixel 3aを手で持って見比べてみましたが、素材の質感の違いはほとんどありません。むしろ、背面パネルにガラスを使っていないPixel 3aの方が耐久性に高くていいようにも感じます。

リアカメラはシングルカメラ仕様ではありますが、GoogleならではのAIカメラを搭載することでハイエンドのスマホに負けない綺麗な写真を撮影できるようになっています。

Pixel 3aのリアカメラ
リアカメラはシングルカメラ仕様

というか、シングルカメラなのにここまで綺麗な写真が撮影できてしまうことに驚きですよ。

Pixel 3a 夜間撮影
暗いところでも綺麗に撮影できる

大阪王将のムーシーローやチャーハンもこんなに綺麗に撮影できちゃいます。

Pixel 3a テーブルフォト
Pixel 3aのテーブルフォト

背景をボカすことができるポートレートモードにも対応していますし、シングルカメラなのにハイエンドスマホと同じようなことができてしまうので、コストパフォーマンスはかなり高いスマホといっていいでしょう。

というか、50,000円以内のスマホの画質じゃないですよ…!安くてカメラの画質にもこだわりたいのならPixel 3aは本当におすすめですよ。

▶︎ Pixel 3aをドコモでチェックする

Pixel 4の噂もすでに出てきており新型モデルは2019年10月に発売されるとか?

ドコモ2019年夏モデルのおすすめモデル

2019年夏モデルは個性的なスマホが多いように感じます。

どのモデルがいいのか、それぞれのスマホの特徴と合わせて個人的におすすめしたいモデルについて書いていきたいと思います。

ハイエンドモデルのおすすめポイント
機種名おすすめポイント
Xperia 121:9のシネマワイドディスプレイ、瞳AFに対応したトリプルカメラ、Cinema Proで映画のような動画撮影ができる
P30 Pro光学50倍ズーム、超高感度に対応したLeicaクアッドカメラ、ディスプレイ内蔵式指紋認証センサー
Galaxy S10/S10+大画面なのにコンパクトサイズ、トリプルカメラ、ディスプレイ内蔵式指紋認証センサー
AQUOS R310億色対応のPro IGZO TFTディスプレイ、超強力な手ぶれ補正で動画をブレなく撮影できる、120Hzのリフレッシュレートで滑らかなスクロール

個人的には世界初の21:9の4Kシネマディスプレイを搭載したXperia 1が魅力を特に感じることができるスマホです。

カメラの画質の良さや使いやすさはP30 Proの右に出るスマホはないかもですが、Xperia 1のトリプルカメラの性能もなかなかのもんです。

写真だけでなく映画のような動画撮影ができるCinema Proを搭載するなどトータルのカメラの使いやすさを追求しているのでしょう。

スタンダードモデルのおすすめポイント
機種名おすすめポイント
Xperia Ace5インチディスプレイのコンパクトボディ、光学式手ブレ補正に対応、48,600円でXperiaが購入できる
LG Style26インチの大画面ディスプレイ、3900mAhの大容量バッテリーを搭載、端末価格が安い
arrows Be3画面が割れにくい、筐体を洗うことができる、日本製スマホ、端末価格が安い
Pixel 3aAiカメラで綺麗な写真を簡単に撮影できる、最新のAndroid OSをいち早く体験できる

端末価格の安いモデルを選ぶならLG Style2かarrows Be3のどちらかがおすすめです。

ミッドレンジクラスのスマホを選ぶならXperia AceかPixec 3aのどちらかを選ぶことになります。

スペックや端末価格はほぼ同じなのでどちらがいいのか非常に迷いますが、片手操作にこだわるならXperia Aceになるのかな…?

ドコモは2019年6月より分離料金プランとなる「ギガホ」と「ギガライト」がスタートします。どのような料金プランになるのかこちらの記事で詳しく書いています。

ドコモ、au、ソフトバンクの料金プランの違いも比較しています。シチュエーションに合わせて料金シミュレーションをしているので、ぜひ参考にしてください。