シンスペース

iPhone・iPad・MacなどApple製品などガジェットのレビューブログ

ドコモの新プラン・ギガホとギガライトは本当に安いか旧プランと比較!


ドコモの新料金プラン・ギガホとギガライトは本当に安い?ドコモが「ギガホ」と「ギガライト」の新プランを発表しました。2019年5月22日からプラン変更予約を受け付けて6月1日からスタートとなります。

「ギガホ」と「ギガライト」は音声通話、データ通信、SPモードの料金を一体化した料金プラン。料金は「ギガホ」は月額6,980円、「ギガライト」は月額2,980円〜5,980円となっています。

ここでは、ドコモの新料金プラン・「ギガホ」と「ギガライト」の詳細と従来のベーシックデータパックとの違いについて詳しく比較していきたいと思います。いよいよ、ドコモも分離プランを提供することになりますが本当に安くなるのか?!

 

ドコモの新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」は本当に安いのか?

ギガホとギガライトの料金プラン

ドコモの新料金プランは「ギガホ」・「ギガライト」「データプラス(Xi)」、「ケータイプラン(Xi)、「キッズケータイプラン(FOMA)」の5つとなっています。従来のプランにあった月々サポートや端末購入サポートが終了するので端末を新しく購入しても割引を受けることができなくなるので従来のプランよりも安くなっています。

ドコモの新プラン(2019年6月より)
プラン名 月額料金
(2年定期契約の場合)
データ量 超過後速度 音声
オプション
みんな
ドコモ
ドコモ光
セット
ギガホ(Xi) 6,980円 30GB 1Mbps
ギガライト(Xi) ~7GB 5,980円 7GB 128kbps
~5GB 4,980円
~3GB 3,980円
~1GB 2,980円
データプラス(Xi) 1,000円 - - - - -
ケータイプラン(Xi) 1,200円 100MB 128kbps
キッズ
ケータイプラン(FOMA)
500円 - - -

この金額は2年契約が前提となっており2年縛りがあるのは従来の料金プランと変わりがありません。また、従来のIPS接続料金(SPモード)は料金プランに含まれており音声通話も含まれていますが、かけ放題をする場合は音声オプションを付ける必要があります。

かけ放題は別途オプションが必要

新プランは従量制の音声通話なら追加料金なしで利用でき、5分かけ放題はプラス700円、24時間かけ放題がプラス1,700円となっています。

音声オプション
オプション名 料金 通話料
なし 0円 家族間通話:無料
家族以外への通話:20円/30秒
5分通話無料オプション 700円 国内通話5分間無料
かけ放題オプション 1,700円 国内通話無料

家族間通話は無料になるので、家族で使うなら音声オプションは付けなくてもいいのかもしれませんね。

ギガホ・ギガライトのポイント
  • 音声通話・データプラン・ISP接続料が一体化したプラン
  • 端末割引がないので全体的に安く見える
  • ギガホはデータ通信料が超過した場合は128kbpsではなく1Mbpsに制限

では、ギガホとギガライトを詳しく見ていきましょう。 

ギガホ:30GBのデータ通信(6,980円)

特徴と旧プランとの違い

新料金プランのメインとなる「ギガホ」は月額6,980円で最大30GBのデータ通信が可能となります。従来の「ウルトラデータパック」の代わりとなるようなプランとなっておりLLパックとの組み合わせで2,300円も安い金額に。

ギガホ vs ウルトラLLパック
オプション名 ギガホ(新プラン) ウルトラデータLLパック
基本料金 6,980円 データ:8,000円
シンプルプラン:980円
SPモード:300円 
合計:9,280円
データ通信量 30GB 30GB
音声通話 20円/30秒(家族間無料) 20円/30秒(家族間無料)

つまり、30GBのデータ量を使うヘビーユーザーに関してはウルトラデータLLパックからギガホにプラン変更することで2,300円も安くスマホを使うことができる計算となります。ただし、新プランは基本的に月々サポートや端末購入サポートによる端末割引を受けることができないので、実際のトータルの金額はさほど差はありません。

iPhone 7を購入の料金比較

例えば、iPhone 7(32GB)を購入すると従来のプランならdocomoo withを適用できるので1,500円の割引を受けることができますが、新プランは割引はありません。

iPhone 7(32GB)を購入した場合
オプション名 ギガホ(新プラン) ウルトラデータLLパック
基本料金 6,980円 データ:8,000円
シンプルプラン:980円
SPモード:300円 
合計:9,280円
iPhone 7(32GB) 1,650円(24回払い) 1,650円(24回払い)
割引 - -1,500円
合計 8,630円 9,430円

ギガホならiPhone 7を購入したとしても従来のプランよりも安くなる可能性が高そう。旧プランのウルトラデータパックLLを使っているユーザーは今回の新プランにより通信料金を抑えることができそうです。

速度制限が128kbpsではなく1Mbpsに

さらに、「ギガホ」の良い点は30GBのデータ量を使い切ったとしても128kbpsに速度制限せず1Mbpsの通信速度を維持することができます。

ドコモのギガホの料金イメージ

ドコモのギガホの料金イメージ

なので、データを使い切ってもデータ難民に陥ることがないのです。1Mbpsだと動画再生は少し厳しいかもしれませんが、ブラウジングをしたりSNSを見るくらいならまあできるでしょう。ただし、次に説明するギガライトは128kpsの速度に制限してしまいます...。よく考えてるな。

ギガライト:段階制のデータ通信(2,980円〜5,980円)

特徴と旧プランとの違い

おそらく多くのドコモユーザーが契約することになるであろう料金プランが「ギガライト」でしょう。「ギガライト」は従来のベーシックパックと同じ段階制の料金プランとなっています。

ギガライトと従来のベーシックパックの料金を比較してみました。

ギガライト vs ベーシックパック
オプション名 ギガライト(新プラン) ベーシックパック
ステップ4 〜7GB:5,980円 〜20GB:7,000円
ステップ3 〜5GB:4,980円 〜5GB:5,000円
ステップ2 〜3GB:3,980円 〜3GB:4,000円
ステップ1 〜1GB:2,900円 〜1GB:2,900円
音声通話 0円
20円/30秒(家族間無料)
シンプルプラン:980円
20円/30秒(家族間無料)
SPモード 0円 300円
合計(ステップ2の場合) 3,980円 5,280円

ベーシックパックはシンプルプランとSPモードが追加されるので5,280円になるのに対して、新プランのギガライトは音声通話とSPモード込みの料金となっているのでシンプルに3,980円となります。

ドコモのギガライトの料金イメージ

ドコモのギガライトの料金イメージ

ギガライトは20GBのプランが廃止されてしまいましたが、30GBのギガホが6,980円なのでベーシックパックの7,000円より安く使うことができるようになっています。こちらのプランも端末代金の割引を受けることができないので実際の料金は高くなります。

iPhone 7を購入の料金比較

仮にiPhone 7(32GB)を購入して5GBのデータ通信をした場合の料金を新旧プランで比較してみました。

iPhone 7(32GB)を購入した場合
オプション名 ギガライト(新プラン) ベーシックパック
基本料金 〜5GB:4,980円 データ〜5GB:5,000円
シンプルプラン:980円
SPモード:300円 
合計:6,280円
iPhone 7(32GB) 1,650円(24回払い) 1,650円(24回払い)
割引 - -1,500円
合計 6,630円 6,430円

ギガライトとベーシックパックの比較だとギガライトの方が200円高くなってしまいました。つまり、ドコモの新料金プランはデータ通信をたくさんするユーザーは安くなりますが、あまりデータ通信をしないユーザーは高くなる傾向があるようです。

データパック(Xi):1,000円

データパックはギガホ・ギガライトのデータ通信量をシェアすることでデータ通信をすることができるプランです。つまり、iPadにデータパック(Xi)のSIMカードを入れて親回線のギガホまたはギガライトのデータ通信量を使って通信をすることができます。

データパック(Xi) vs ベーシックパック
オプション名 データパック Xi(新プラン) データプラン(スマホ/タブ)
基本プラン 1,000円 1,700円
シェアオプション - 500円
SPモード - 300円
合計 1,000円 2,500円

従来のプランはiPadを2台目で使おうと基本プラン・シェアオプション・SPモードの各プランが必要となってしまいデータ通信容量がないのに2,500円の料金が必要でしたが、新プランのデータパック(Xi)ならプラス1,000円でギガホまたはギガライトのデータ通信をシェアすることが可能となっています。

 

ケータイプラン(Xi):1,200円

ケータイプランも新プランになっています。

ケータイプラン(Xi) vs シンプルプラン(ケータイ)
オプション名 ケータイプラン(Xi) データプラン(スマホ/タブ)
基本プラン 1,200円 980円
データ通信量 100MB シェアオプション:500円 or ベーシックパック:2,900円
SPモード - 300円
合計 1,200円 シェアOP:1,780円
ベーシックパック:4,180円

従来のケータイプランはデータ通信は付いていないのでシェアオプションを追加して親回線のデータ通信量を拝借するか、データパックを利用するしかありませんでしたが、新プランのデータパック(Xi)は最大100MBのデータ通信量を使うことができるので、メールの受信などは問題なくできるようになります。

ケータイ向けの新プランは結構安くていいんじゃないでしょうかね?

家族割「みんなドコモ割」:500円〜1,000円割引

従来のプランはシェアオプションを組み合わせることで料金を安くすることができましたが、シェアオプションが廃止されるため家族割プランが復活します。家族割の対象の料金プランは「ギガホ」と「ギガライト」の二つのみです。

みんなドコモ割
プラン名 月額料金
(2年定期契約の場合)
1回線 2回線 3回線以上
みんなドコモ割の割引金額 0円 -500円 -1,000円
ギガホ(Xi) 6,980円 6,980円 6,480円 5,980円
ギガライト(Xi) ~7GB 5,980円 5,980円 5,480円 4,980円
~5GB 4,980円 4,980円 4,480円 3,980円
~3GB 3,980円 3,980円 3,480円 2,980円
~1GB 2,980円 2,980円 2,480円 1,980円

夫婦二人でドコモを使えば1回線あたりが500円の割引を受けることができるので合計1,000円安くなります。お子さんの3人で使えば1回線あたりが1,000円の割引を受けることができるので合計で3,000円の割引となります。

例えば、夫と妻が〜1GB、子が〜3GBのギガライトを使った場合の料金はこうなります。

家族3人のギガライト
  • 夫(〜1GB):2,980円 - 1,000円 = 1,980円
  • 妻(〜1GB):2,980円 - 1,000円 = 1,980円
  • 子(〜3GB):3,980円 - 1,000円 = 2,980円
  • 合計:9,940円 - 3,000円 = 6,940円

「みんなドコモ割」なら家族3人になると合計3,000円の割引を受けることができるのでは結構安くなるようですね。

ドコモ光セット割:500円〜1,000円割引

さらに、ドコモ光に加入していれば各回線で最大1,000円の割引を受けることができます。 ただし、ギガライトの〜1GBは割引なし、ギガライトの〜3GBは500円の割引金額となります。

みんなドコモ割+ドコモセット光割
プラン名 月額料金
(2年定期契約の場合)
ドコモ光セット割 1回線 2回線 3回線以上
みんなドコモ割の割引金額 - 0円 -500円 -1,000円
ギガホ(Xi) 6,980円 -1,000円 5,980円 5,480円 4,980円
ギガライト(Xi) ~7GB 5,980円 -1,000円 4,980円 4,480円 3,980円
~5GB 4,980円 -1,000円 3,980円 3,480円 2,980円
~3GB 3,980円 -500円 3,480円 2,980円 2,480円
~1GB 2,980円 0円 2,980円 2,480円 1,980円

家族3人でドコモを使ってドコモ光セット割を組み合わせれば 1回線あたり2,000円の割引を受けることが可能となります。

dポイントクラブの特典が変更

また、従来のプランではdポイントの4thステージの特典は600円の割引を受けることができましたが、新プランでは誕生日にdポイントをプレゼントしてくれる特典に変更されています。

dポイントクラブの特典
  • プラチナ:3,000pt
  • 4th:2,000pt
  • 3rd:1,500pt
  • 2nd:1,000pt
  • 1st:500pt

誕生日にポイント付与という特典ですが、dポイントクラブのメリットがかなり減ってしまったような感じ。

 

実際にいくらになるのか?

ギガライトとベーシックシェアパックの比較(2回線)

では、実際にドコモの新プランに乗り換えた場合、月々の料金がいくらになるのか試算してみました。我が家は家族5人で現在はドコモの回線を3つ契約してドコモ光も契約しているバリバリのドコモユーザーです。

べーシックシェアパックの現在の料金
 
基本プラン カケホーダイライト:1,700円 シンプルプラン:980円 キッズケータイプラン:500円
べーシックシェアパック(5GB) 6,500円 シェアオプション:500円 -
SPモード 300円 300円 -
端末割引 -2,200円(25ヶ月後に0円に) -1,500円(永年) -
合計 6,300円 280円 500円
ドコモ光 5,200円
ドコモ光セット割 -800円
ずっとドコモ特典(ステージ4) -600円
3人の合計 10,880円 → 25ヶ月目以降は13,080円

端末代金は含まず端末割引だけ入れて計算していますが、現在のドコモのべーシックシェアパックとドコモ光の組み合わせで10,880円ほどの料金となっています。ただし、夫のスマホの端末割引は25ヶ月目で0円になるので3年目以降は13,080円となります。

これを新料金プランのギガライトに変更して試算してみるとこうなりました。キッズケータイプランは家族割の対象にはならないので2回線での試算となります。

ドコモの新プランの料金
 
基本プラン ギガライト 〜5GB:4,980円 ギガライト 〜1GB:2,980円 キッズケータイプラン:500円
音声オプション 5分かけ放題:700円 - -
みんなドコモ割(2回線) -500円 -500円 0円
ドコモ光セット割 -1,000円 0円 0円
各回線の料金 4,180円 2,480円 500円
ドコモ光 5,200円
合計 12,360円

24ヶ月以内の料金は旧プランの方が安くなりますが、25ヶ月目以降の料金は700円ほど安くなります。月々サポートや端末購入サポートといったサービスが終了してしまうので端末代金込みで見ると最初の24ヶ月間は通信料金が高くなってしまうみたいです。

25ヶ月以降は端末代金の支払いが終了するので長く同じ端末を使うのであれば新プランの方が安くなりそう。

たった700円ですが、従来のプランのべーシックシェアパックだと親回線のデータ量をシェアし二人で5GBを分け合う形になっていましたが、新プランのギガライトなら各回線で5GBと1GBのデータ量を確保しつつ全体の料金を少しだけ安くすることができます。

ギガライトとベーシックシェアパックの比較(3回線)

では、家族3人で使った場合の料金を比較してみます。旧・ベーシックシェアパックでシェアオプションを組み合わせると最初の24ヶ月間は10,660円となり、25ヶ月以降は12,860円となります。(端末代金は考慮してません。)

べーシックシェアパック(3回線)
 
基本プラン カケホーダイライト:1,700円 シンプルプラン:980円 980円
べーシックシェアパック(5GB) 6,500円 シェアオプション:500円 500円
SPモード 300円 300円 300円
端末割引 -2,200円(25ヶ月後に0円に) -1,500円(永年) -1,500円(永年)
合計 6,300円 280円 280円
ドコモ光 5,200円
ドコモ光セット割 -800円
ずっとドコモ特典(ステージ4) -600円
3人の合計 10,660円 → 25ヶ月目以降は12,860円

新プランのギガライトだと12,340円となり25ヶ月以降で旧プランよりも安くなる計算となります。

ギガライトの料金(3回線)
 
基本プラン ギガライト 〜3GB:3,980円 ギガライト 〜1GB:2,980円 ギガライト 〜1GB:2,980円
音声オプション 5分かけ放題:700円 - -
みんなドコモ割(3回線) -1,000円 -1,000円 -1,000円
ドコモ光セット割 -500円 0円 0円
各回線の料金 3,180円 1,980円 1,980円
ドコモ光 5,200円
合計 12,340円

うーん...。新プランで安くなるシチュエーションがなかなか出てこないですね。

ギガライトとベーシックパックの比較(1回線)

では、お一人様だとどうなるのかギガライトとベーシックパックで比較してみました。旧プランはdocomo withで端末を購入した場合を想定しているので1,500円の割引を受けることができます。

ギガライトとベーシックパックの比較(1回線)
プラン名 ギガライト(新) ベーシックパック(旧)
基本料金 〜5GB:4,980円 データ〜5GB:5,000円
シンプルプラン:980円
SPモード:300円 
合計:6,280円
割引 - -1,500円
合計 4,980円 4,780円

ギガライトとベーシックパックの比較だとギガライトの方が200円高くなります。

ギガホとベーシックパックの比較(1回線)

大容量プランのギガホとベーシックパック(〜20GB)で比較してみました。旧プランはdocomo withで端末を購入した場合を想定しているので1,500円の割引を受けることができます。

ギガホとベーシックパックの比較(1回線)
プラン名 ギガホ(新) ベーシックパック(旧)
基本料金 〜30GB:6,980円 データ〜20GB:7,000円
シンプルプラン:980円
SPモード:300円 
合計:8,280円
割引 - -1,500円
合計 6,980円 6,780円

ギガホ(〜30GB)とベーシックパック(〜20GB)の比較だとギガライトの方が200円高くなります。データ量が違うのでデータ通信をたくさんする人は新プランの方がお得になるのかもしれません。

ギガホとウルトラシェアパック30の比較(3回線)

大容量プランの場合はどうなるのか比較してみましょう。旧プランはウルトラシェアパック30を契約してシェアオプションでデータ量を分け合うことができます。

ウルトラシェアパック30(3回線)
 
基本プラン カケホーダイライト:1,700円 シンプルプラン:980円 980円
ウルトラシェアパック30(30GB) 13,500円 シェアオプション:500円 500円
SPモード 300円 300円 300円
端末割引 -2,200円(25ヶ月後に0円に) -1,500円(永年) -1,500円(永年)
合計 13,300円 280円 280円
ドコモ光 5,200円
ドコモ光セット割 -2,500円
ずっとドコモ特典(ステージ4) -600円
3人の合計 15,960円 → 25ヶ月目以降は18,160円

新プランはデータを分け合うことができないので3人全員がギガホを契約することになります。全員で90GBのデータ通信が使えるようになりますが、こんなに使うのかな...。

ギガホの料金(3回線)
 
基本プラン ギガホ 30GB:6,980円 6,980円 6,980円
音声オプション 5分かけ放題:700円 - -
みんなドコモ割(3回線) -1,000円 -1,000円 -1,000円
ドコモ光セット割 -1,000円 -1,000円 -1,000円
各回線の料金 4,980円 4,980円 4,980円
ドコモ光 5,200円
合計 20,140円
めちゃくちゃ高くなってしまいました。ドコモは家族3回線で使った場合で安くなるって言ってましたが、どういうことなんだろう。確かに妻と子をギガホじゃなくてギガライトにすれば安くすることができますが。

iPadのデータパックは安くなる

従来のベーシックパックやべーシックシェアパックはiPadなどタブレットの2台目契約するデータプランだとプラス2,500円かかってしまいましたが、新プランのデータパック(Xi)はプラス1,000円でギガホ・ギガライトのデータ量を使ってデータ通信することができるようになりました。

データパック(Xi) vs ベーシックパック
プラン名 データパック Xi(新プラン) データプラン(旧プラン)
親回線 ギガホ(30GB):6,980円 ウルトラLL(30GB):8,000円+980円+300円=9,280円
基本プラン 1,000円 1,700円
シェアオプション - 500円
SPモード - 300円
合計 7,980円 11,780円

従来のウルトラデータLLパックだと11,780円でしたが、新料金プランのギガホにデータパックを組み合わせると7,980円にまで抑えることが可能となります。

これは安いのかも。ただし、iPad本体の端末割引がなくなるので実際は料金に差はないでしょう。3年目以降も料金が安いまま維持できるのが新プランのメリットと言えそうですね。

docomo withとの比較

この新プランがスタートすると月々サポートや端末購入サポート、さらにdocomo withが廃止になります。iPhone 7を購入する場合、ギガホ・ギガライトとdocomo withではどっちが安くなるのか比較してみましょう。

ギガライト vs docomo with
プラン名 ギガライト ベーシックパック
基本料金 3,980円 4,000円
データ通信量 〜3GB 〜3GB
音声通話 20円/30秒(家族間無料) 20円/30秒(家族間無料)
音声通話 基本料金込み 980円
SPモード 基本料金込み 300円
iPhone 7(32GB) 1,650円 × 24 = 39,600円 1,650円 × 24 = 39,600円
端末割引 - docomo with:-1,500円
合計(〜24ヶ月) 5,630円 5,430円
合計(25ヶ月〜) 3,980円 3,780円

一人で契約する場合はdocomo withの方が月々200円ほど安くなるようです。つまり、新プランになることで事実上の値上げってやつでしょうかね。では、家族2人がiPhone 7を購入した場合はどうなるのか。

ギガライト vs docomo with
プラン名 ギガライト ベーシックシェアパック
1回線目 〜3GB:3,980円 〜5GB:6,500円
2回線目 〜1GB:2,980円 シェアオプション:500円
みんなドコモ割 2回線:-1,000円 -
音声通話 基本料金込み 980円 × 2 = 1,960円
SPモード 基本料金込み 300円 × 2 = 600円
iPhone 7(32GB) 1,650円 × 24 = 39,600円 1,650円 × 24 = 39,600円
iPhone 7(32GB) 1,650円 × 24 = 39,600円 1,650円 × 24 = 39,600円
端末割引 - docomo with:-1,500円×2=3,000円
合計(〜24ヶ月) 9,260円 9,860円
合計(25ヶ月〜) 5,960円 6,560円

新料金プランのギガライトの方がベーシックシェアパック(docomo with)よりも600円ほど安くなりました。つまり、新料金プランは家族で購入することができれば従来のプランよりも安く料金を抑えることができる...ということになります。

ただ、端末によっては月々サポートや端末購入サポートを受けていた方がお得な場合もあると思うのでなんとも言えないところですが...。

docomo withについてはこちらの記事で詳しく書いています。

まとめ:料金プランは安くなったが端末代金を考慮すると微妙?

ドコモの新プラン・ギガホとギガライトの特徴をまとめました。 

ギガホ・ギガライトの特徴
  • 24ヶ月以内は旧プランより高くなる傾向がある
  • 25ヶ月以降は旧プランより安くなる傾向がある
  • 一人で30GBプランを使うなら新プランの方が安い
  • データプランが安くなった
  • ケータプランが安くなった

ドコモの新料金プランは通信料金と端末代金が分離したプランとなっており、基本料金から割引を受けることができる月々サポートや端末割引をしてくれる端末購入サポートが廃止されます。

なので、料金プランにプラスして端末代金が上乗せされることになるので、事実上は今までの料金プランとさほど金額に違いはないでしょう。むしろ、648円スマホとかがなくなってしまうので高くなってしまうのかも?

ただ、ドコモの社長は何らかの形で端末の購入補助を検討していることを明言しているので定価でスマホを購入しなければいけないということではないようです。どんな形で購入補助をしてくれるのか期待したいところですね。

現在のベーシックパックについてはこちらの記事をどうぞ!

ドコモオンラインショップのメリットはこちらをどうぞ!契約手数料を無料で手続きすることができるのでお得です。

ドコモ光に関してはこちらをどうぞ!

キッズ携帯についてはこちらをどうぞ!