Mac メインメモリ 8GBか16GBどっち?

MacBook Air、MacBook Pro 13インチのメインメモリ(RAM)の容量は標準で8GBですが8GB → 16GBに増設すべきか迷うところです。

メインメモリはの容量が多いと一度に処理ができるデータが多くなって快適に動作し作業効率が向上するので、可能ならMacBookのメインメモリは多い方が良いです。

ただ、限られた予算の中でMacを選ぶので、使用用途において8GBのメモリでいいのであればカスタマイズする必要はないでしょう。

この記事では、AppleシリコンのMacBook Pro 13インチMacBook AiriMac 24インチの「メインメモリの容量が8GBで足りるのか?」それとも、「16GBに増設した方がいいのか?」を比較しています。

Intel MacBook Pro 13インチのメインメモリのあり方も書いているので、MacBookシリーズでメモリの容量をどうするか迷っている方は参考にどうぞ!

MacBookのメインメモリ容量

MacBook Air 8GB vs 16GB
16GB vs 8GB

Appleの独自SoC・Appleシリコンのメインメモリの標準容量はMacBook Air(M1)MacBook Air(M2)MacBook Pro 13インチiMac 24インチMac miniが8GBとなっています。

メインメモリの容量
  標準 CTOカスタマイズ
MacBook Air(M1) 8GB 16GB
MacBook Air(M2) 8GB 16GB、24GB
MacBook Pro 13インチ(M1) 8GB 16GB
MacBook Pro 13インチ(M2) 8GB 16GB、24GB
iMac 24インチ(M1) 8GB 16GB

M1を搭載しているモデルは全て同じ仕様で購入時に+28,000円で8GB → 16GBにカスタマイズできて、MacBook Air(M2)MacBook Pro 13インチ(M2)は24GBに増やすこともできます。

28,000円の価格差なら8GB → 16GBに増設した方が長期的に安心して使えますが、どうしても予算が足りず8GBを選ばざる得ないこともありますよね。

でも、安心してください。2020年モデル以降のAppleシリコンのMacであれば8GBでも快適です。実際にMacBook Air(M2)の8GBモデルでIllustrator、Photoshop、Safariを同時起動しました。

長時間作業になるとモタつきは出ますが、Appleシリコンの8GBメモリなら快適に動かすことができますが、Intelモデルは8GBだとこれだけ快適には動かないです。

M1・M2モデルなら8GBメモリでも快適に使うことができます。

メインメモリの容量は
  • Intelモデル:16GBのメモリは必須
  • M1、M2モデル:8GBのメモリあれば足りる

アプリを複数起動しあれもこれも作業しないなら8GBで十分動きますしFinal Cut ProでフルHD、4Kの動画編集もできます。動画編集も8GBでできるってスゴいです。

ただし、4K動画編集しながらマルチタスクするとモタつきが出るのでデザイン制作、アプリを複数起動して同時作業するなら16GBに増設がおすすめです。

メモリの増設はApple Storeで購入時に可能です。

メモリメモリ(RAM)の役割

メインメモリ(RAM)はMacだけではなくWindowsパソコンやiPhone/iPad/Androidなどのスマートフォンにも搭載されていてコンピューターには必要不可欠なものです。

メインメモリの役割を簡単に表現するなら「CPUがHDD/SSDから引き出してきたデータを処理する場所」で、机の広さでCPU、ストレージ、メインメモリ(RAM)を例えることが多いですよね。

CPU/ストレージ/RAMの役割
  • CPU・GPU:作業をする人(コア数は人数)
  • RAM(メモリ)書類を広げる机の広さ
  • SSDストレージ:書類を入れる本棚・引き出し

机が狭い(4GB / 8GB)と一度に書類を広げることができず、CPUが一度に処理できるデータ量が少なくなります。机が広い(16GB / 32GB)と書類を一気に広げることができて効率的に処理ができるのです。

空き容量が少なくなると圧縮される

Macは限りある机の広さを有効活用するために使ってない書類(データ)を積み上げて(メモリ圧縮)机の広さを確保します。

しばらく使っていない書類(データ)は机から手に届く範囲の近い本棚や引き出し(HDD/SSDのスワップ領域)に一次的に置くことで机の広さをキープしているのです。

8GB メモリ状態
macOSのメモリ管理
Macのメモリ圧縮技術
  • 空きスペースがなくなる → データを圧縮する
  • 圧縮データを一時的にストレージにキャッシュ保存する
  • 再使用時にストレージからデータを移動、圧縮したデータを復元する

使ってない書類(データ)を使うときは積み上げられた書類をを広げる作業が発生しMacの動作が遅くなります。

メモリ使用率が高いのが画像、動画データでメインメモリの容量が少ない端末で大量の画像を同時に開くと速度が遅くなるので、画像処理、動画編集をするなら16GBに増設しておくのがおすすめです。

空き容量が余裕ならマルチタスクも快適

机が広い(16GB)と一度に広げられる書類(データ)が多くなるので、使っていない書類(データ)もそのまま置けるのでしばらく使ってないデータも素早く取り出して処理ができます。

16GB メモリ状態

アクティビティでメモリ状況を見ると8GBよりも16GBの方が同じアプリを起動してもメモリ圧縮しているアプリは少なく、スワップ領域も使わずスムーズに処理ができちゃうんですね。

ただ、M1のユニファイドメモリは8GBでSSDストレージ側にスワップ領域にデータを一時保存したとしてもモタつきが少なく快適な動作を実現しています。

M1 MacはSSDストレージの転送速度も高速で8GBと容量が少なくスワップが発生してもサクサク動作します。信じられないかもですがM1のMacBookは8GBの容量があれば十分です。

影響が出るとしたら動画編集しながら画像編集をしてブラウザのタブ開いてTwitterする…といったハードな処理を求めるのならユニファイドメモリの8GBでもキツイので16GBがおすすめです。

M1チップと従来のメインメモリ

IntelのMacBook Air、Proのメインメモリは基板にオンボード実装されていてCPUとメモリは別のチップに分かれています。DDR4メモリーというのがメインメモリです。

Intelモデルのメインメモリ
Intelモデルのメインメモリ

そんな中で、AppleシリコンのM1チップは統合型のSoC(システムオンチップ)になってCPU、GPU、NPU、コントローラIOのコアが1つのシリコンに格納。さらにメインメモリもチップの中に内蔵した超高速ユニファイドメモリとなっています。

画像だと大きく見えますが、M1チップの大きさは3〜4cm程のとっても小さいチップです。その中にメインメモリが格納されていることに驚きですよね。

高帯域幅を持つ低レイテンシのメモリを1つにまとめてCPU、GPU、Neural Engineの間で複数のアプリが効率良く共有しメモリの転送速度が向上して超快適になっているのです。

実際に8GBのM1チップのMacBook Airを使ってますが快適に動作しますし、一般用途であれば8GBのメインメモリがあれば十分快適に動作する性能で満足いくレベルで作業ができますよ。

メモリ容量の違いによる比較(M1)

8GB・16GB 動作速度の違い(M1)

フルHDの動画(22分)をFinal Cut Proでの書き出し時間をM1チップを搭載したMacBook Air、Pro、Mac miniでそれぞれ計測してみましたが8GBと16GBで書き出し時間は大きな差はありません。

  • MacBook Air(M1・8GB):11分32秒
  • MacBook Pro(M1・16GB):11分18秒
  • iMac 24(M1・16GB):11分15秒
  • Mac mini(M1・8GB):11分06秒
  • MacBook Pro(Intel・8GB):18分53秒
  • MacBook Pro(Intel・16GB):15分22秒

IntelモデルのMacBookはメモリ容量で動画の書き出し速度に差が出ますがM1モデルは差はほとんどなく、Mac mini(M1)の書き出しが速いのは容量ではなく排熱性能の違いで書き出し速度が速くなっています。

MacBook Pro 13インチ(M1)とMacBook Pro 13インチ(Intel)のメモリの転送速度を計測してみました。

  • M1:4,266 MHz LPDDR4X
  • Intel:3,733MHz LPDDR4X

Intelモデルのメモリは15〜33GB/sのデータ転送速度になってますが、M1モデルのユニファイドメモリは14〜62GB/sと倍のデータ転送速度になって高速にデータのやり取りができるようになっています。

M1は8GBのメモリで十分動作する

MacBook Air 8GBメモリ
MacBook Air 8GBメモリ

M1チップはSoC(システムオンチップ)にメモリ領域を埋め込んでCPU、GPU、NPU、コントローラーチップがダイレクトにメモリにアクセスしてるので8GBでも十分快適に動作します。

一般的な使い方なら8GBのメインメモリでも快適です。実際に使ってみた感じでテキストベースの資料作成、ブログの更新なら8GBでも大丈夫で動作が極端に遅くなることはないです。

Final Cut Proによる動画編集もフルHDなら8GBで問題なく作業ができます。4Kでも他のアプリを起動しながら作業しないなら普通に使うことができます。

複数アプリを同時に使うなら16GBがいい

MacBook Air 16GBメモリ
MacBook Air 16GBメモリ

M1はメインメモリの容量の差で動作速度が変わることはないですが、一度に起動できるアプリの数、アプリの切り替え速度が異なってきます。

実際にMacBook Air(M2)の8GBと16GBで動作速度を比較しました。

8GBのメインメモリでSafariのウィンドウを50個ほど同時に起動するとmacOS全体の動作が遅くMission Controlの動作がモタついてしまうのが16GBなら動作が遅くならず快適に動作します。

複数のアプリを起動した状態でのIllustratorの動作も16GBのメモリがあった方が快適に動作し作業効率を損なうことなく使うことができます。

4K動画編集するなら16GBがいい

Final Cut Proで4のK動画編集するなら16GBメインメモリはあると快適です。8GBでも編集できますがプチフリーズすることがあります。

フルHD動画なら書き出し中も他の作業ができましたが、4K動画になると8GBのだと重くて厳しいので、マルチタスク作業するなら16GBのメモリはあった方がいいですね。

M1モデルはメモリよりストレージを多く

ほんとにM1チップのメモリ周りは優秀で少ない容量でも効率よく処理できて動きます。

ただし、256GBの低容量モデルでストレージ容量の空きがなくなってくるとスワップのための容量が足りなく「メモリが足りません」という警告が表示しアプリが停止することがあります。

動画編集することが多いのならメインメモリは16GBにカスタマイズしておくか、512GBまたは1TBにストレージ容量を増やすておくのがいいでしょう。

M2チップを搭載したMacBook Air(8GB)とMacBook Air(16GB)で動作速度の違いを動画でレビューしています。

M2 MacBook Airは256GBのストレージの速度が少し遅いこともあってストレージを512GBにするか、メモリは16GBにしておいた方がより快適に使えるような気がします。

M1チップを搭載したMacBook Air(8GB)とMacBook Pro 13インチ(16GB)で色々と比較しています。

M1モデルは256GBのストレージ容量でもストレージ速度がそこそこ速いので標準モデルでもそこそこ動きます。マルチタスクで作業することがないなら標準モデルでも問題ないです。

メモリ容量の違いによる比較(Intel)

8GB・16GBの違い(Intel)

IntelのMacBook Pro 13インチ(2019・8GBメモリ)とMacBook Pro 13インチ(2019・16GBメモリ)で動作速度を比較してみました。

16GBと8GBのMacBook Pro 13インチ
16GBと8GBのMacBook Pro 13インチ

CPUのスペックは全く同じでメインメモリの容量のみが違うので動作速度にどのような影響を与えるのか正確に分かるかと思います。

メインメモリ容量の違いによる動作速度
メインメモリの容量 16GB 8GB
macOS起動 30秒 32秒
Illustrator起動(500MB)1回目 20秒 27秒
Illustrator起動(500MB)2回目 14秒 17秒
Photoshop起動(10MBの容量の40枚の画像) 43秒 58秒
FCP動画書き出し
14分フルHD
13分37秒 13分56秒

同じスペックのCPUを搭載したMacBook Pro 13インチでもメインメモリの容量が8GBよりも16GBの方が全体的に動作が高速化しているのが分かります。

大容量データの起動速度は8GBよりも16GBの方が速く、Photoshopで10MBの画像を40枚同時に開いた場合に動作速度に大きな差が出て8GBのモデルだと動作が遅くなっています。

Intelモデルは可能なら16GBのメモリに

IntelのMacBookのメインメモリは8GBだとキツイです。普通にExcelやWordでテキストベースの作業したり、ブログの更新でも動作がモタつくので快適にしたいなら16GBは必須です。

また、8GBだとアプリを複数起動するとでMission Controlで切り替えると動作も不安定でマルチタスクの作業が多いなら8GBよりも16GBのメインメモリを搭載したモデルのを選ぶのがおすすめです。

デザイン制作・画像・動画編集は16GB必須

Intelモデルでデザイン制作、画像処理、動画編集など重い処理をするなら16GBのメモリは必須で動画編集は8GBだと編集作業すらままならず、迷わず16GBのメインメモリにしましょう。

作業内容でメモリメモリの容量を決める

メインメモリ(RAM)は多ければ多いほど余裕ができて動作が安定します。これは紛れもない事実です。

とはいえ、メモリを増やせばコストが高くなりお財布が寂しくなるのも事実。バランスが重要となります。

Macのメモリ(RAM)容量は8GBで足りるのか。16GBに増設した方がいいのかは、Macでどのような作業をしたいかによって判断すればいいでしょう。

なお、M1チップのMacにするか、IntelチップのMacにするかで考え方が変わってきます。

8GBで足りる作業(M1・M2)

M1モデルのMacは性能が高いので基本的に8GBのメモリがあればOKです。

資料作成、画像処理、動画編集も普通にモタつきなく作業できるので、メインメモリの容量の考え方として複数のアプリを同時に起動しマルチタスク作業をするかどうかで8GBにするか、16GBにするか考えるのがいいでしょう。

SafariやChromeを同時に起動して使う軽めのアプリなら8GBでも十分快適にマルチタスクできるので、軽めのアプリしか使うことがないのなら標準の8GBのメモリでいいでしょう。

16GBあった方がいい作業(M1・M2)

デザイン系のアプリのillustratorとPhotoshopを同時に起動したり、Final Cut ProとPhotoshopを同時に使うなどの同時に負荷のかかる作業をするなら16GBのメモリに増設するのがおすすめです。

とくに、4K動画の編集をするのも16GBのメモリは欲しいですね。

実際にMacBook Air(M1・8GB)でも4K動画の編集作業はできますが、プチフリーズすることがあるので4K動画を扱うことがあるなら16GBにしておきましょう。

+28,000円を追加するだけでめちゃくちゃ快適になります。

ただ、ずっとフリーズするわけではなく1秒以内に復帰するので意外とすぐ作業に戻れるので編集作業はできてしまうことに驚きを隠せません。

なので、5分くらいの4K動画であれば8GBのメモリでもいいのかもです。

8GBで足りる作業(Intel)

MacBook メインメモリ8GB
MacBook(メインメモリ 8GB)

Intelモデルでもメインメモリが8GBでできる作業は意外と多くてそこそこの動作速度でいいなら問題ありません。

メインメモリ 8GBでOKな作業
  • インターネット閲覧
  • メール、SNS、動画閲覧
  • 文章作成(ワード、エクセルなど)
  • ブログ執筆
  • 簡単な画像・動画編集
  • HTML・CSSなどのコーディング

基本的に簡単な作業であれば8GBのメモリがあれば十分にこなすことができます。また、メインメモリが8GBだったとしても負荷の高い作業ができない訳ではありません。処理時間が少しだけ長くなってしまうだけです。

動画編集もできますが書き出し速度に時間がかかってしまうので急いで作業をするつもりはない、のんびりと作業すればいいよ、と仏のような考えの持ち主の方なら8GBのメモリで十分でしょう。

16GBあった方がいい作業(Intel)

MacBook Pro メインメモリ16GB
MacBook Pro(メインメモリ 16GB)

IntelプロセッサのMacBook Pro 13インチ、16インチのメインメモリは標準で16GBを搭載しているので基本的にカスタマイズの必要性はありません。

メインメモリ 16GBでOKな作業
  • デザイン制作作業
  • 仮想化ソフトを使ったWinとのデュアルブート
  • 動画編集作業
  • あらゆる作業を同時進行(マルチタスク)

Illustratorなどでペラモノのチラシをデザインするくらいなら8GBのメモリでも十分にこなすことができますが、ページモノになってくるとデータ量が多くなるので16GBあった方がより快適に作業できるでしょう。

16GBのメインメモリがあれば動画編集の書き出しもそこそこの速度で処理できます。様々な作業を快適に同時進行させたい場合も16GBのメモリはあった方がいいでしょう。

また、4Kモニターを接続してデュアルモニター環境を構築する場合も8GBよりも16GBの方がより安定した動作をさせることができます。

32GB以上あると方がいい作業(Intel)

さらに快適な環境で作業したいなら32GBに増設しましょう。iMac 27インチなら16GBもメインメモリ(RAM)を2枚追加するだけで40GBに増設することができます。

32GBのメインメモリが必要になる場面は少ないですが、動画編集やデザイン制作などクリエイティブ作業をさらに快適にこなしたいならおすすめとなります。

2020年のMacBook Pro 13インチ(Intel)は32GBまでメインメモを増設できるようになり、MacBook Pro 16インチは最大64GB、iMac 27インチも最大で128GBまで増設することができます。

MacBook メモリを増設するには

Macのメインメモリは購入してからメモリを増設したいと思ってもできないので注意してください。数年間使い続ける意思があるならメインメモリは買うときに16GBに増設しておくのがおすすめです。

M1チップのMacBook AirMacBook Pro 13インチMac miniiMac 24インチは購入時にオプションで28,000円の追加費用で8GB → 16GBに増設できます。

メインメモリの増設はApple公式サイトかApple正規の代理店でしかできないので注意してください。もし、16GBのMacが欲しい方は以下のリンクの「Apple公式サイト」から確認してみてください。

なお、iMac 27インチは自分でメモリを増設することができます。実際にiMac 27インチのメインメモリを8GBから40GBに換装したので増設方法をこの記事で解説しています。

MacBookの比較はこちら