MacBook Pro・MacBook Air 違いを比較

MacBook AirとMacBook Proはどっちを選ぶべきか?

MacBookシリーズは2022年現在、エントリー向けとしてMacBook Air(M1)MacBook Air(M2)MacBook Pro 13インチ(M2)、プロ向けのMacBook Pro 14インチ、16インチの5つから選べます。

MacBookは全モデルがIntelからAppleシリコンになって、基本的にどのモデルを選んでも快適に作業できるようになりました。

  • MacBook Air:M1(2020)
  • MacBook Air:M2(2022)
  • MacBook Pro 13インチ:M2(2022)
  • MacBook Pro 14インチ:M1 Pro / M1 Max
  • MacBook Pro 16インチ:M1 Pro / M1 Max

となると、どのMacBookにするか悩ましいところ。この記事ではMacBookの違いを比較しています。デザイン、サイズ、性能の違いを比較してるのでMacBookの購入を検討している方は参考にどうぞ!

MacBook Air・Pro 違いを比較

本体サイズの違いを比較

2022年現在の最新のMacBookの画面サイズは13.3インチ、13.6インチ、14インチ、16インチの4つです。持ち運びを重視するのか、大画面で作業をするのかでどのモデルにするか判断可能です。

MacBookの画面サイズを比較
本体サイズの違い(cm)
モデル MacBook Air MacBook Pro MacBook Air MacBook Pro
世代 2020 2022 2021
画面 13.3インチ 13.6インチ 14.2インチ 16.2インチ
高さ 0.41~1.61 1.56 1.13 1.55 1.68
30.41 31.26 35.57
奥行き 21.24 21.5 22.12 24.81
重量 1.29 kg 1.4 kg 1.24 kg 1.6 kg 2.1 kg

画面サイズの大きい16インチが最も大きな筐体を採用し、次いで14インチ、13インチがコンパクトな筐体となっています。

バランス重視なら13インチ・14インチ

2022年のMacBook Air(M2)と2021年のMacBook Pro 14インチは角が丸みのあるフラットデザイン、MacBook Air(M1)はウェッジシェイプデザイン、MacBook Pro 13インチは角の立ったフラットデザインを採用しています。

MacBook Air M2・M1・13 Pro・14 Pro
上からAir M1 → 13 Pro → Air M2 → 14 Pro

新デザインのMacBook Air(M2)とMacBook Pro 14インチはフラットでありながらも角に丸みのあるスタイルで、旧デザインのMacBook Pro 13インチは角が鋭いスタイルになっています。

MacBook Air(M2)とMacBook Pro 13インチ
筐体デザインの違い

同じフラットなデザインでも持ち心地はかなり異なっており、MacBook Air(M2)、Pro 14インチは柔らかさのある筐体に仕上がっています。

MacBook Air(M2)とMacBook Pro 13インチは横幅と奥行きは似ていますが Air(M2)はデザインが新しく本体の厚みが1.13cmと薄く重量も1.24 kgと軽いです。

Air(M2)とPro 13の厚み
Air(M2)とPro 13の厚み

MacBook Pro 14インチの本体の厚みは1.55cm、Air(M2)は1.13cmとかなり差があります。

Air(M2)とPro 14の厚み
Air(M2)とPro 14の厚み

MacBook Air(M2)はM1モデルよりも50gしか軽量化されていないですが、形状が変わって重心が移動したことで手で持った時の感覚としてはとても軽くなった感じがします。

MacBook Air(M2)のサイズ感
MacBook Air(M2)のサイズ感

持ち運びのしやすいさ、軽さを重視するならMacBook Air(M2)がおすすめです。

シュッとしたデザインを採用しているMacBook Air(M1)も旧型のスタイルですが重量も軽めなので外での作業が多いならおすすめです。

MacBook Pro 14インチは画面と筐体サイズが13インチよりも少し大きいですが、リュックに入れるなら13インチと同じ感覚で使えて、パフォーマンスも高いので最強のモバイルパソコンとなっています。

電池持ち重視ならMacBook Pro 13インチ

電池持ちを重視するならMacBook Pro 13インチがおすすめです。

MacBook Pro 13インチ
MacBook Pro 13インチ

M1、M2は電力効率のいいSoCでMacBook Airと同じですがMacBook Pro 13インチは筐体サイズがAirよりも大きいこともあってバッテリー容量を多く搭載しバッテリーライフが長く長時間作業ができます。

  • MacBook Air(M1):10時間
  • MacBook Air(M2):10時間
  • MacBook Pro 13(M1):13時間
  • MacBook Pro 13(M2):13時間
  • MacBook Pro 14(M1 Pro)10時間

実際に使ってみたところMacBook Airが10時間の電池持ちだったところ、MacBook Pro 13インチは13時間は電池が持つので外で電源のないところでもしっかり作業ができます。

作業効率重視なら16インチ

MacBook Pro 16インチは画面サイズが広大で作業効率を上げたいならおすすめの端末ですが、筐体サイズはかなり大きくて気軽に持ち運ぶには適していません。

MacBook Pro 16インチのサイズ感
MacBook Pro 16インチのサイズ感

とくに新幹線やバスで移動中に作業をすると16インチは大きすぎて扱いにくいです。スタバの丸テーブルもかなギリギリなのでモバイル性能よりもパフォーマンスと画面サイズによる作業効率の向上を重視する方におすすめです。

例えば、外に持ち出すことは月に数回で自宅や職場で違う部屋で作業することが多いのなら筐体が少し大きくても問題ないですし、外部モニターを使ってメインマシンとして使うことを想定しているならMacBook Pro 16インチという選択肢は大アリです。

画面解像度・画面サイズの違いを比較

MacBook Air、MacBook Proの画面サイズと解像度、ディスプレイの仕様を比較しました。

画面サイズと解像度の違い
MacBook Air(M1) Pro(M2) Air(M2) Pro(M1 Pro・Max)
世代 2020 2022 2021
サイズ 13.3インチ 13.6インチ 14.2インチ 16.2インチ
解像度 2,560 × 1,600 2,560 × 1,664 3,024 × 1,964 3,456 × 2,234
画素密度 227ppi 224ppi 254ppi
明るさ 400ニト 500ニト 1,000ニト(ピーク:1,600ニト)
カラー 数百万色、広色域(P3)、True Tone 10億色、広色域(P3)、True Tone
リフレッシュレート 60Hz ProMotion(60〜120Hz)

サイズは13.3インチ、13.6インチ、14.2インチ、16.2インチの4つです。

MacBook サイズ比較
MacBookの画面サイズを比較

解像度がMacBook Air(M1)、Pro 13インチは2,560 × 1,600(227ppi)、MacBook Air(M2)は2,560 × 1,600(224ppi)、14インチは3,024 × 1,964(254ppi)、16インチは3,456 × 2,234(254ppi)となっています。

MacBook Pro 14インチ、16インチはProMotionテクノロジー(最大120Hzのアダプティブリフレッシュレート)に対応しスクロール時の文字の残像が少なく滑らかに軽やかに操作できます。

アダプティブテクノロジーによりリフレッシュレートが可変駆動し静止しているときは低リフレッシュレートに自動的になって消費電力を減らした頭のいい子ですね。

13.3インチと13.6インチの画面サイズはほぼ同じでMacBook Air(M2)の方が縦に表示領域が多くなっています。

13.6インチと13.3インチの表示領域(デフォルト)
13.6インチと13.3インチの表示領域(デフォルト)

13.3インチでも執筆作業や動画編集といった作業ならこなせますが、たった0.3インチ分が縦に伸びただけでもメニュー分の領域が広くなるので作業はしやすいように感じます。

13.6インチと14.2インチの画面サイズは大きな差はないですが14.2インチのほうがベゼルの幅が狭く見た目がいい感じになります。

MacBook Pro 13.76インチと14.2インチ

13.3インチ → 13.6インチ → 14.2インチと絶妙なサイズアップですが、14.2インチはこの3機種の中でも最も表示領域が広くて作業しやすい大きさとなっています。

13.6インチと14.2インチの表示領域(デフォルト)
13.6インチと14.2インチの表示領域(デフォルト)

画面が大きくなるだけでなく解像度が向上し画素密度が224ppi → 254ppiになってより多くの情報をキレイに表示もできるのでデザイン制作にも適したディスプレイと言っていいでしょう。

16.2インチになると外部モニターがなくてもなんとかなってしまう大きさになってしまいます。

MacBook Pro 14インチと16インチ

14.2インチと16.2インチは画素密度は254ppiと解像度は同じ。単純に画面サイズの違いだけです。MacBook Pro 16インチを選ぶことでウィンドウを並べての作業も可能となります。

MacBook Pro 16インチ(2019)画面サイズ
MacBook Pro 16インチ(2019)

MacBook Pro 16インチはモバイルノートですがウィンドウを並べてある程度の作業が可能で大きな画面で作業効率を上げることが可能です。ただし、画面が大きいということは本体も大きいので新幹線の小さいテーブルの作業は厳しいです。

キーボードの違いとTouch Barの有無を比較

シザー構造のMagic keyboard
シザー構造のMagic keyboard

旧型のMacBook Air(2019)MacBook Pro 13インチ(2019)MacBook Pro 15インチ(2019)はキーの高さを極限まで薄くしたバタフライ構造でしたが2020年以降はシザー構造のMagic Keyboardに置き換わってます。

Magic Keyboardとバタフライ構造キーボード
Magic Keyboardとバタフライ構造キーボード

バタフライ構造のキーボードの0.5mmでしたが、Magic Keyboardは0.9〜1mmのキーの高さでストローク量(キーの厚み)があってタイピングの跳ね返りによりキー入力しやすいキーボードとなっています。

なお、MacBook Air(M2)はキーボードの厚みがわずかに薄いです。

比較しないと分からないレベルですが、キーが低いことで高速タイピングが他のモデルよりもしやすいようにも感じます。

MacBook Pro 13インチ(M2)は使用状況・アプリに応じて表示が変わるTouch Bar(タッチバー)を搭載。標準設定では従来のキーと同じように画面の明るさ、ミッションコントロール、キーの明るさ、音量調整などのキーを表示できます。

Touch Barの表示
Touch Barの表示

「fn」キー押すとファンクションキーの表示に切り替えできるので、従来のキーボードと同じように使えて、カスタマイズで自分好みの環境を構築できるので、よく使う機能をショートカットできます。

MacBook Air(M1)、MacBook Air(M2)とMacBook Pro 14インチ、16インチはファンクションキー + Touch IDの組み合わせの一般的なキーボードを搭載しています。

MacBook Pro 14インチ、16インチ

MacBook Air(M2)、MacBook Pro 14インチ、16インチはフルハイトのファンクションキー列の物理キーを搭載しファンクションキーへのアクセスはしやすくなっています。

ショートカットキーで作業するならTouch Barではなく物理キーボードの方が作業がしやすいという声を反映されたものになっているのでしょう。

生体認証はTouch ID(指紋)を搭載している

MacBook Air、MacBook Proともに指紋認証のTouch IDを搭載しているので、登録した指をTouch IDに当てるだけで簡単に画面ロック解除が可能となっています。

Touch IDのサイズ比較
Touch IDの大きさの違い

新しいデザインを採用しているMacBook Air(M2)MacBook Pro 14インチ・16インチはフルハイトのファンクションキーになってる影響でTouch IDのサイズも大きく使いやすいです。

Face IDは非搭載ですが指紋認証ならマスクをしながらも使えて、セキュリティを両立できますし、Apple Watchを装着していればスリープ解除だけで画面ロック解除することもできます。

トラックパッドの比較

MacBook Air、MacBook Proには感圧式のトラックパッドを搭載し快適にカーソルの移動やジェスチャー操作ができます。

トラックパッドの大きさ比較
MacBook ProとAirのトラックパッドの大きさ比較

本体サイズに合わせて大きさが異なっておりMacBook Pro 16インチ → 14インチ → 13インチ → Air(M2) → Air(M1)の順に小さくなっています。

Macのトラックパッドは操作性が良くストレスなくカーソル操作できます。ジェスチャー操作がとにかく快適で流れるようにアプリを切り替えることができます。

トラックパッドの操作感

MacBook Air、MacBook Proのトラックパッドは感圧式で単語の上にからカーソルをグッとトラックパッドを押すこむと辞書で意味を調べることもできます。

スピーカー違いを比較

MacBook Air、MacBook Proはキーボード横にスピーカーを搭載しています。

MacBook Pro 14、16インチのスピーカー

MacBook Air(M2)はキーボードとディスプレイの間のヒンジ部分にスピーカーを内蔵しています。

MacBook Air(M2)のスピーカー
スピーカーの違い
MacBook  Air(M1) Pro(M2) Air(M2) Pro(M1 Pro・Max)
世代 2020 2022 2021
サイズ 13.3インチ 13.6インチ 14.2インチ 16.2インチ
スピーカー 2スピーカー 2スピーカー(ハイダイナミックレンジ) 4スピーカー 6スピーカーシステム

MacBook Proシリーズはモデルチェンジするたびにスピーカーの音質が向上しており、MacBook Pro 13インチの内蔵スピーカーでもハイダイナミックレンジステレオで迫力のサウンドを楽しめます。

MacBook Air(M2)は4スピーカーで音質が向上、MacBook Pro 14インチ、16インチはフォースキャンセリングウーファーを搭載した6スピーカーシステムで低音から高音まで忠実なサウンドを楽しめます。

6スピーカーシステムはビックリするくらい音質がいいので、HomePod miniはなくても音楽や映画を迫力サウンドで楽しめますよ。

\Apple公式サイト /

外部ポートの違いを比較

MacBook Air・MacBook Proに搭載しているポートの種類と数を比較しました。

MacBookシリーズの ポートの種類と数
MacBook Air(M1) Pro(M2) Air(M2) Pro(M1 Pro・Max)
サイズ 13.3インチ 13.6インチ 14.2インチ 16.2インチ
チップ M1 M2 M1 Pro / M1 Max
左サイド USB-C(TB 3)× 2 USB-C(TB 4)× 2 MagSafe 3、USB-C(TB 4)×2、ヘッドフォンジャック
右サイド ヘッドフォンジャック SDXCカードスロット、USB-C(Thunderbolt 4)×1、HDMIポート
USB 3.1 Gen2(10Gbps)、4.0(40Gbps)
TB Thunderbolt 3(40Gbps) Thunderbolt 4(40Gbps)

MacBook Air(M1)、Air(M2)、MacBook Pro 13インチ(M2)はUSB-Cとヘッドフォンジャックのみですが、MacBook Pro 14インチ、16インチはSDXCカードスロット、HDMIポートを搭載しています。

MacBook 筐体右側のポート
本体右側のポート

USB-Cのポート数は多い方が使いやすいですが、2ポートあれば問題はありません。2016年〜2020年のMacBookシリーズはUSB-Cポートしかなかったのでこれに慣れてしまったというのが本音でしょうか。

MacBook 筐体左側のポート
本体左側のポート

ただし、USB-C 2ポートだとUSB-C to HDMIケーブルで外部出力に接続するときに追加で充電用のポートが必要になって外部ストレージや周辺機器に接続しにくい問題もあります。

HDMIポートのあるMacBook Pro 14インチ・16インチなら問題はないですが、2ポートはUSB-Cで画面出力と充電が同時にできるUSB-C対応の4Kモニターを選ぶのがおすすめです。

MacBook Pro 13インチと外部モニター接続
MacBook Proから外部モニターを接続

ケーブル一本で電力供給を受けながら画面表示できてシンプルな配線で構築可能で、例えばMacBook Pro 13インチStudio Displayをケーブル1本で接続して画面表示と給電ができます。

さらに、モニター側のUSBを使うことでプリンターや外部HDDと接続できるので、デスクトップPCの代わりとして使うこともできます。

MacBook Air(M2)、MacBook Pro 14インチ、16インチは充電専用のMagSafe 3ポートも搭載しています。

USB-Cポートの充電もできますが付属してくるのはMagSafe 3ケーブル(2m)で各モデルに同梱されているUSB-C電源アダプタを使ってMacBook Proを充電できます。

MagSafeは磁力で接続されているため足でケーブルを引っ掛けたとしても本体が吹き飛ぶことがない安全設計の電源ケーブルです。

プロの撮影現場などで電源に接続したまま使ってもトラブルが起こらないようにした配慮なのかもしれませんね。

MacBook スペックと性能の違いを比較

M1・M1 Pro・M1 Maxの性能比較

2021年10月以降に発売されたMacBookシリーズはIntelプロセッサを搭載したモデルはなくなってAppleシリコンのM1、M1 Pro、M1 Pro Maxを搭載しています。

M1シリーズ

さらに、2022年のMacBook Air(M2)とMacBook Pro 13インチ(M2)はM2チップを搭載しています。

MacBook Air(M1)はM1、MacBook Air(M2)とMacBook Pro 13インチ(M2)はM2、MacBook Pro 14インチ、16インチはM1 ProまたはM1 Maxを搭載しています。

SoCの違いを比較
MacBook Air(M1) Pro(M2) Air(M2) Pro(M1 Pro・Max)
サイズ 13インチ 13.6インチ 14.2インチ 16.2インチ
世代 2020 2022 2021
SoC M1 M2 M1 Pro / M1 Max
高性能CPU 4コア 6コア / 8コア
高効率CPU 4コア 2コア
GPU 7 / 8コア 10コア 8 / 10コア 14 / 16 /24 /32コア
メディアエンジン ハードウェアアクセラレーテッドH.264、HEVC、ProRes、ProRes RAW、ビデオエンコードエンジン、ビデオエンコードエンジン、ProResエンコード/デコードエンジン
トランジスタ数 160億個 200億個 337億個 570億個
シングルコア 1687 1920 1907 8:1707
10:1745
マルチコア 7433 8244 8815 8:11030
10:12422
Opne CL 17120 27297 8:17284
10:27297
14:34155
16:38359
32:60167
Metal 18703 30204 8:26750
10:30204
14:
16:41914
32:68870

M2のMacBookは基本的に同じ性能で、MacBook Airの標準モデルはGPUコアが8つ、MacBook Pro 13インチはGPUコアが10つとグラフィック性能が高くなっています。

MacBook Airはファンレス機構で排熱性能がMacBook Proと比べると弱めで連続負荷のかかる作業はProの方が処理性能が上ですが、普段使いにおいてAirでも問題ないでしょう。

M1、M2チップはとにかく高性能なSoCなので快適な作業環境を生み出してくれること間違いなしです。

MacBook Pro 14インチ、16インチのM1 Pro、M1 Maxはさらに上いく性能となっており8コアで11030、10コアで12422とM1よりも1.7倍も処理速度が向上しています。

さらに、グラフィック性能はM1(8コアGPU)よりもM1 Pro(14コアGPU)が1.8倍も向上しています。ヤバいですね…。ブレイクスルーどころじゃないというかM1 Pro、M1 Maxはとにかく性能が向上しているのがわかります。

M1 Pro、M1 Maxはメディアエンジンを内蔵しているため動画の書き出しなどの処理が高速化しています。実際にどれくらい速度が異なるのか動画の書き出し時間をFinal Cut Proで比較してみました。

動画書き出し速度
  • MBA 2018(2コア):25分48秒
  • MBA 2020(2コア):11分56秒
  • MBA 2020(M1・8GB):7分52秒
  • MBP 13 2020(4コア・1.4GHz):11分26秒
  • MBP 13 2020(4コア・2.0GHz):10分31秒
  • MBP 13 2020(M1・16GB):7分37秒
  • MBP 14 2021(M1 Pro・16GB):4分59秒
  • MBP 16 2019(6コア・2.6GHz):4分54秒

MacBook AirMacBook Pro 13インチの書き出し速度が脅威的です。さすがに外部GPUを搭載しているMacBook Pro 16インチ(2019)には敵わないですが匹敵する性能となっています。

メインメモリの違いを比較

M1、M1 Pro、M1 MaxはCPU、GPU、I/O、Neural Engineとメインメモリが組み込まれたユニファイドメモリを採用しています。

M1シリーズ

CPUとGPUが1つのユニファイドメモリを共有しデータの受け渡しをするためデータをコピーせずに素早い処理が可能となっています。メモリのデータ転送速度をユニファイドメモリと従来のオンボードメモリで比較をしてみました。

ユニファイドメモリと従来のメモリの速度比較
ユニファイドメモリと従来のメモリの速度比較

オンボードメモリは読み込み28GB/s、書き込み44GB/s、ユニファイドメモリは読み込みが46GB/s、書き込みが65GB/sと倍以上の転送速度が出ています。M1のメインメモリは8GBでも意外と快適に動作するので複雑な処理をしないなら8GBのメモリがあれば事足りるでしょう。

SoCの違いを比較
MacBook Air(M1) Pro(M2) Air(M2) Pro(M1 Pro・Max)
サイズ 13インチ 13.6インチ 14.2インチ 16.2インチ
世代 2020 2022 2021
SoC M1 M2 M1 Pro M1 Max
RAM 8GB
16GB
8GB
16GB
24GB
16GB
32GB
16GB
32GB
64GB
タイプ ユニファイド(LPDDR4X) ユニファイド(LPDDR5)
メモリ帯域 67GB/s 100GB/s 200GB/s 400GB/s

MacBook Air(M1)、 Air(M2)、Pro 13インチ(M2)は標準が8GBで購入時に16GBまたは24GBにカスタマイズ可能、MacBook Pro 14インチ、16インチは標準が16GBでM1 Proが32GBに、M1 Maxが64GBまで増設できます。

AppleシリコンのMacBookはメインメモリの容量が8GBでも十分快適に動きます。例えば資料作成、計算処理、ブログの執筆といった軽めの作業なら8GBのメモリがあれば十分です。

ただし、ブラウザのタブを大量に開く、Twitterを快適にしたい、少しでも効率を上げるなら16GBがおすすめ。Adobeのクリエイティブツールで作業や動画編集するなら16GB以上にしておきましょう。

14インチと16インチは標準仕様のままでいいですが3Dレンダリングや負荷のかかるプロの仕事をしたり動画編集で4K60fps、8K動画などを扱うなら32GBにカスタマイズするのがおすすめです。

MacBookのメインメモリについてはこちらで詳しく解説しています。

SSDの速度の違いを比較

M1、M2のMaBook Air、MacBook Pro 13インチは最大3.2GB/sに対応した高速ストレージを搭載し大容量データも素早く読み出したり書き込みできます。

さらに、MacBook Pro 14インチ、16インチは8TBで最大7.4GB/sの転送速度に対応しさらに高速化しています。

各モデルでSSDストレージの転送速度の違いを比較してみました。

M2・M1(256GB)SSDストレージ速度
M2・M1(256GB)SSDストレージ速度

M1の256GBはNANDチップが128GB × 2で並列処理ができてデータ転送速度が速くなっていますが、M2の256GBはNANDチップが256GB × 1になって速度が半分に低下しています。

SSDストレージの性能比較
モデル MacBook Air MacBook Pro
サイズ 13.6インチ 13.3インチ 14インチ
モデル M2 M1 M1 Pro
容量 256GB 512GB
読込速度(READ) 1357MB/s 2735MB/s 2880MB/s 4437MB/s
書込速度(WRITE) 1418MB/s 1932MB/s 2634MB/s 5262MB/s

SSDの速度が落ちても1.3GB/sほどの高速ストレージなので体感で違いは少ないですが、アプリをたくさん起動してスワップが発生するとM2よりもM1のほうが安定します。

また、Thunderbolt 外付けSSDから内蔵ストレージにデータを移動で速度がM2の256GBだと極端に遅くなるので、大容量データを扱うこなら512GBより多い容量がおすすめです。

バッテリー駆動時間の違いを比較

MacBookシリーズのバッテリー性能を比較してみました。Appleシリコンはとにかく電力効率が高くてIntelプロセッサのMacBookと比べても1.7倍ほどのバッテリーライフを実現しています。

バッテリー性能
MacBook Air(M1) Pro(M2) Air(M2) Pro(M1 Pro・Max)
画面サイズ 13.3インチ 13.6インチ 14インチ 16インチ
世代 2020 2022 2021
バッテリー 49.9Wh 58.2Wh 52.6Wh 70Wh 100Wh
公称値 15時間 17時間 15時間 11時間 14時間

例えば、MacBook Pro 13インチ(2019・Intel)は10時間のバッテリーライフなのに対して、MacBook Pro 13インチ(2022・M2)は17時間ととにかく電池持ちがいいです。

実際の電池持ちも、MacBook Air(M1)は6.5時間 → 10時間、MacBook Pro 13インチ(M1)は6時間 → 13時間と2倍も電池持ちが向上。M1チップすごい。M2も同じくらいの電力効率なのでバッテリーライフは長いです。

半日の作業で電池が減って充電が必要だったシーンもM1、M2なら10時間は作業できます。

なお、MacBookのスペックはAppleの公式サイトから簡単に比較できるようになってるので合わせて確認してきましょう。

MacBook 価格の違いを比較

MacBook Air、MacBook Pro 13インチ、MacBook Pro 14インチ、MacBook Pro 16インチの端末価格は以下のとおりでMacBook Airが最も安く手に入れやすい端末となっています。

端末価格の比較
  価格 整備済製品
MacBook Air(M1) 134,800円〜 106,800円〜
MacBook Pro 13インチ(M1) 販売終了 126,280円〜
MacBook Air(M2) 164,800円〜
MacBook Pro 13インチ(M2) 178,800円〜
MacBook Pro 14インチ(M1 Pro) 274,800円〜 236,800円〜
MacBook Pro 16インチ(M1 Pro) 338,800円〜 296,800円〜

MacBook Air(M1)でもデザイン作業や動画編集をしないのなら十分快適に使える性能があって多くの方におすすめできるモデルです。

MacBook Air(M2)はMacBook Pro 13インチ(M2)とほぼ同じ性能ですがバッテリー容量が異なるため外で使うことが多く充電する機会が少ないならMacBook Pro 13インチ(M2)を選ぶのがおすすめです。

MacBook Pro 14インチ、16インチはM1 Proと上位SoCを搭載しているため24万円〜と高価な端末となっています。デザイン制作、動画編集、3Dレンダリングなどプロの仕事のために使うならこれらのモデルを選ぶのがいいでしょう。

M1 Pro、M1 Max、メモリ、ストレージのカスタマイズで追加費用がかかってきます。

  • M1 Pro(8CPU・14GPU)→(10CPU・14GPU):+28,000円
  • M1 Pro(8CPU・14GPU)→(10CPU・16GPU):+42,000円
  • M1 Pro(8CPU・14GPU)→ M1 Max(10CPU・24GPU):+70,000円
  • M1 Pro(8CPU・14GPU)→ M1 Max(10CPU・32GPU):+98,000円
  • 8GB → 16GBユニファイドメモリ:+28,000円
  • 16GB → 32GBユニファイドメモリ:+56,000円
  • 16GB → 64GBユニファイドメモリ:+112,000円

M1 Pro、M1 MaxはM1と比べてもパワーアップしているので、メインメモリは16GBでも十分動作しますが4K動画編集などより負荷のかかる作業するなら32GBにした方が安心感はあります。

なお、MacBook Air、MacBook Pro 13インチは現行モデルでありながらも整備済製品ですでに販売されているため定価よりも安い価格で手に入れることができます。

MacBook Air・Pro どれを買うべきか?

現在のMacBookは全モデルでAppleシリコンのM1、M2、M1 Pro、M1 Maxを搭載しています。どのモデルがいいのかまとめました。

どれを買うべきか
  • 価格の安さを重視 → MacBook Air(M1)
  • 持ち運びのしやすさ → MacBook Air(M2)
  • バランスを重視する → MacBook Air(M2)
  • バッテリーの持ち → MacBook Pro 13(M2)
  • 処理性能を重視 → MacBook Pro 14(M1 Pro / M1 Max)
  • 大画面と処理性能 → MacBook Pro 16(M1 Pro / M1 Max)

安く費用を抑えるならMacBook Air(M1)がおすすめ。134,800円と安くて軽くてコンパクトな端末なので外でも使えます。

外で作業することが多いなら持ち運びのしやすいMacBook Air(M2)です。新しいデザインで小型軽量化してM2で処理性能も向上しています。見た目もカッコイイのがいいですよね。

MacBook Air(M2)
MacBook Air(M2)

バッテリー持ちを重視するならMacBook Pro 13インチ(M2)がおすすめです。バッテリー容量が多いので1回の充電で長く使えます。

持ち運びのしやすさを重視するならAir、バッテリー持ちを重視するならProという選び方できます。普通の使い方ならM1 Pro、M1 MaxのMacBook Pro 14インチ、16インチはオーバースペック感があります。

通常のSoCとなるM2、M1を搭載したモデルが基本的におすすめとなっています。

MacBook Air(M1)がおすすめな人

MacBook Air
MacBook Air(M1)

MacBook Air(M1)は13インチのディスプレイを搭載し134,800円〜でかえるコストパフォーマンスのいいMacBookです。

MacBook Air(M1)のメリット
  • 持ち運んで外で作業ができる
  • M1が高性能で価格のわりに何でもできる
  • 資料作成、ブログ更新、執筆作業に最適
  • 動画編集(4K60P)も快適に作業できる
  • バッテリー持ちがそこそこ良い
  • 端末価格が134,800円と安め

MacBook Air(M1)はウェッジシェイプデザインを採用した「Airといえばコレ!」なスタイルなので見慣れた安心感のある端末です。

資料作成やブログの更新、画像処理などに使えますし普通に使い方なら実測で10時間くらいの電池持ちがあるので外でもしっかり使うことができます。

SoCにM1を搭載しIllustratorなどのデザイン作業や4K動画編集もできるので新世代のM2チップやM1 Proでなくても問題ありません。

ファンレスなので負荷のかかる長時間作業には適しませんが普段使いにおいてはちょうどいいスペックと価格を持っています。

MacBook Air(M1)のデメリット
  • 120Hzに対応していない
  • Airなのに少し重く感じる
  • ファンレスで熱に少し弱い?
  • USB-Cポートが2つだけ
  • 接続可能外部モニターは1台のみ

MacBook Air(M1)は「Air」のわりに少し重めです。とはいえ、MacBook Pro 13インチよりも軽く、Air(M2)は手が出ないけど少しでも持ち運びしやすいモデルが欲しいならいい選択肢になります。

134,800円ですがMacBook Air 整備済製品なら11万円くらいで手に入れることもできます。

MacBook Air(M2)がおすすめな人

MacBook Air(M2)
MacBook Air(M2)

MacBook Air(M2)は筐体デザインが新しくなってM2チップを搭載した新世代のMacBook Airです。見た目がカッコイイだけでなく数値以上に軽さを感じられるのがいい感じです。

MacBook Air(M2)のメリット
  • 新世代デザインで見た目がカッコいい
  • 本体が薄くて軽くて持ち運びしやすい
  • 画面サイズが13.6インチと大きくなった
  • 負荷のかかる作業も発熱が抑えられる
  • 動画編集(4K60P)も快適に作業できる
  • バッテリー持ちがそこそこ良い
  • キーボードのキーの高さが低くなった
  • クラムシエルモードでも音が籠らない
  • MagSafe 3による充電に対応した

M1 → M2による性能アップはあまりないですが見た目がおしゃれになって本体カラーが選べるだけでなっただけでMacBook Air(M2)を選ぶメリットはあります。

デザインも重量感を感じない軽さになってキーボードのタイピングもしやすくなっているので執筆作業をすることが多い方にもおすすめのモデルとなっています。

MacBook Air(M2)のデメリット
  • 120Hzに対応していない
  • M1 → M2の性能アップを体感できない
  • 内蔵SSDの速度がM1より低下(256GB)
  • ファンレスで熱に少し弱い?
  • 接続可能外部モニターは1台のみ

M2の256GBモデルはM1よりもストレージ速度が遅いのがネックですが実際の使用感はそこまで大きな差はありません。

ただ、アプリを同時に起動してマルチタスクをすると動作がもたつくことがあるので気になる方は512GB以上の容量を選んでおきましょう。

MacBook Pro 13インチがおすすめな人は

MacBook Pro
MacBook Pro

MacBook Pro 13インチはM2チップを搭載しバッテリー容量も多いので高性能と電池持ちの良さを両立したモデル。Touch Barを搭載しているのでファンクションキーではなく可変式のUIを使いたい方にもおすすめです。

MacBook Pro 13のメリット
  • 資料作成、ブログ更新、執筆作業に
  • 動画編集(4K60P)も快適に作業できる
  • バッテリーの持ちがとても良い
  • ファン内蔵で高負荷作業もできる
  • 外で使うことが多く充電回数を減らせる
  • 可変式のTouch Barが使える

MacBook Pro 13インチはバランス感覚の良いノートPCで、軽い作業から負荷のかかる作業もできて、サイズが程よい大きさで持ち運びもしやすいのでとても使いやすいモデルです。

バッテリー駆動時間がMacBook Airよりも長いので、充電環境のないところで長く作業することが多い方におすすめ。普通に使って13時間ほど電池が持ってしまうのはホントに凄いです。

MacBook Pro 13のデメリット
  • 120Hzに対応していない
  • ファンクションキーが使えない
  • USB-Cポートが2つだけ
  • 接続可能外部モニターは1台のみ

MacBook Pro 13インチはTouch Barを搭載したモデルでファンクションキーがありません。物理キーボードでファンクションキーを使いたい方は適していないモデルとなっています。

また、MacBook ProでありながらもポートがUSB-C 2つしか搭載していないので周辺機器をたくさん接続して使えないデメリットもあり接続可能な外部モニターも1台となっております。

MacBook Pro 14インチがおすすめな人は

MacBook Pro 14インチ

2021年モデルのMacBook Pro 14インチはM1 Pro / M1 Maxを搭載しており筐体サイズがMacBook Pro 13インチとほぼ同じまま画面の大きさが14.2インチとより表示領域が拡大したモデルとなっています。

MacBook Pro 14のメリット
  • 自宅でも外でも効率よく作業できる
  • 120Hzリフレッシュレートに対応
  • M1 Proの性能が高くて快適
  • 資料作成、ブログ更新、執筆作業に
  • 動画編集(4K60P)も快適に作業できる
  • デザイン制作も快適に作業できる
  • マルチタスクで快適に作業できる
  • 多彩な外部ポートで周辺機器を使いたい

資料作成やブログ更新などに使うにはオーバースペック気味なハイエンドな端末ですが、M1 Pro / M1 Maxを搭載し4K動画も快適に処理できてデザイン作業など仕事で使うマシンとしては最適です。

MacBook Pro 14インチはUSB-CだけでなくSDXCカードスロット、HDMIポートも備えており、今までハブを使う必要があったシーンもこの1台だけで全てをこなすことができます。

MacBook Pro 14のデメリット
  • MacBook Pro 13より電池持ちはイマイチ
  • 端末価格が274,800円〜と高い

高性能なM1 Pro / M1 Maxを搭載したことでM1のMacBook Pro 13インチと比べると電池持ちは劣ります。

より長い時間使いたいなら13インチにした方がいいでしょう。ただ、劣るとはいっても最長で17時間と従来のIntelモデルと比べるとバッテリー持ちは向上してるので気にすることでもないのかもしれません。

MacBook Pro 16インチがおすすめな人は

2021年モデルのMacBook Pro 16インチはM1 Pro / M1 Maxを搭載した大画面・ハイエンドな端末で、あらゆる作業をサクッとこなすことができる画面の大きさと処理性能を誇ったMacBook Proの最高峰モデルです。

MacBook Pro 16がいい人は
  • 大きな画面で快適に作業したい
  • 動作速度でストレスを感じたくない
  • デザイン作業・動画編集を快適に
  • マルチタスクで快適に作業
  • 多彩な外部ポートで周辺機器を使いたい
  • バッテリーの持ちがいい(最大21時間)
  • あまり外に持ち運ぶことはしない

MacBook Pro 16インチの基本性能はMacBook Pro 14インチと同じなので大きな画面サイズで作業をしたい方向けのクリエイターの方におすすめできる端末です。

筐体サイズが大きいおかげで大容量のバッテリーを積むことができ最大21時間の長時間駆動も可能。電源のないところでの作業も実際の時間で半日は問題なく使えるスペックとなっているとみていいでしょう。

MacBook Pro 16の注意点
  • 本体サイズが大きくて重い
  • 端末価格が338,800円〜と高め

本体サイズが大きいので持ち運びには適していませんが、頑張って持ち出すことで最高性能のMacBook Proの性能を外でも使うことができます。また、自宅で使うにしても自分の部屋、リビングに移動しながら使うことができます。

MacBook Air(M1)MacBook Pro 13インチ(M1)MacBook Pro 14インチ・16インチには整備済製品があって新品よりも安くてに入れることも可能となっています。

\Mac整備済製品をチェックする /

外部モニターとの組み合わせ

外部ディスプレイの4Kモニターとの組み合わせで性能重視するならMacBook Pro 16インチですが、本体サイズが大きくてMacBook Pro内蔵のキーボードやトラックパッドでの作業は難しくMagic Keyboardやトラックパッドがあった方がいいかもです。

MacBookシリーズ 外部モニター接続
MacBookシリーズ 外部モニター接続

16インチだとモニターの大半がMacBook Proの本体に隠れて使いにくいですがMacBook Pro 13インチなら外部モニターをMacBookの後ろに縦置きしても画面をしっかり確認できます。

内蔵キーボードとトラックパッドをそのまま使えて無駄なくMacBookを活かせますし、AppleのStudio Displayなら5Kの高解像度の画面で作業できて6スピーカーの高音質サウンドも楽しめます。

M1、M2のMacBookはクラムシェルモードも爆速で切り替えできて安定しているのでデスクトップマシンとしてもしっかり使えるメリットもあります。

ただ、価格がちょっと高いのでLGの4Kモニターを購入してもいいでしょう。27UK850-WはUSB-Cポートにも対応しMacBookを充電もしながら画面表示も可能です。

iMacとMacBookの比較はこちら

iMac 24インチiMac 27インチのレビューはこちら

MacBook Air、MacBook Proのストレージ容量の選び方についてはこちらをどうぞ!

MacBook Proを買ったら揃えて起きたい周辺機器とアクセサリーはこちらからどうぞ!