おすすめのSSDストレージ

最近はSSD(ソリッドステートドライブ)の価格が下がったので大容量のSSDも以前に比べると買いやすくなりましたよね。

今までは大事なデータをHDD(ハードディスク)に保存していましたが、最近はSSDに完全移行して大事なデータ・バックアップもSSDストレージに保存しています。

ということで、この記事では数多くある外付けSSDの中からSanDisk、Samsung、BUFFALOのポータブルSSD…など、外付けSSDのデザイン・性能・使いやすさ・価格を比較したので外付けSSDの導入を検討している方は参考にしてください!

SSDとHDDの違いを比較

構造・サイズ

SSDとHDD
SSDとHDD

従来のHDD(ハードディスク)は金属製のディスクが内蔵されていてプラッタ・磁気ヘッドを使ってデータの読み書きをした構造となっていて物理的に大きいものになっています。

SSD(ソリッドステートドライブ)は基板にフラッシュメモリを搭載していてHDDと比べると大きさが小さくなっています。2.5インチの外付けHDDと筐体サイズを比較すると大きさの差は歴然ですよね。

SSDとHDDの筐体サイズの差
SSDとHDDの筐体サイズの差

HDDはプラッタ・磁気ヘッドが駆動してデータの読み書きをしているので、部品が摩耗したり経年劣化で速度が低下してしまいます。

しかし、SSDはこのような駆動部分がなく物理的な摩耗がなく寿命が長いのも大きなメリットです。MacBookはもちろんiPhoneiPadのストレージもSSDが採用されています。

転送速度の違い

SSDはデータ転送速度がHDDよりも速いので、写真・動画など大容量データも素早く保存することができます。

Desk Speed TestでHDD(IO-DATA 5400RPM)とSSD(BUFFALO SSD PGMU3)のデータ転送速度をチェックしてみました。

HDDの転送速度
HDDの転送速度

HDDへのデータ書き込みが32.9MB/s、データ読み込みが24MB/sだったのに対して、SSDの転送速度は…

SSDの転送速度
SSDの転送速度

データ書き込みが450.8MB/s、読み込みが492.8MB/sとなっていて10倍以上のデータ転送速度があることがわかります。

データ転送速度
タイプ書き込み(Write)読み込み(Read)
HDD32.9MB/s24.0MB/s
SSD450.8MB/s492.8MB/s

20個ほどの動画ファイル(合計10GB)をiMac 27インチからHDD(7200RPM)にコピーするには約2分ほどの時間が必要となります。

HDDにコピーする

しかし、データ転送速度の速いSSDだと約18秒で完了させることができます。

SSDにコピーする

つまり、同じデータ量を移動させるだけでSSDなら6倍も速く移動させることができるということになります。

データの移動速度
データ量約10GB(20ファイル)
HDD109秒
SSD20秒

これだけ、データ転送速度が速いとハードディスクを搭載しているパソコンに外付けSSDを接続して起動ドライブにすることで動作速度を向上することもできます。

本来なら内蔵ドライブをSSDに換装するのがいいのですが、iMacだと敷居が高いので外付けSSDを起動ディスクにすることで性能を高めるのもいいと思いますよ。

おすすめの外付けSSD

SSDストレージの種類
SSDストレージの種類

外付けSSDはいくつかのタイプがあります。

外付けSSDの種類
  • コンパクトサイズのポータブルSSD
  • 2.5インチサイズのポータブルSSD
  • 内蔵SSDを専用ケースに入れるSSD

持ち運びを優先するならコンパクトサイズのポータブルSSDを選ぶのがいいでしょう。

ただ、価格が少し高いものが多いので、デスクトップパソコンのiMacなどの利用を想定してるなら2.5インチサイズのポータブルSSDを選べばいいかと思います。

スペック・性能の比較

この記事では5つのSSDを紹介しています。スペックの違い、データ転送速度の違いを比較してみました。

外付けSSDを比較
外付けSSDを比較
ポータブルSSD スペック比較
 SanDisk Extreme PortableSamsung T5BUFFALO PGMU3BUFFALO PGU3Crucial MX500
タイプコンパクト2.5インチ2.5インチ + ケース
防滴IP55
耐衝撃性2mの高さ2mの高さ1.2mの高さ(MIL規格)1.2mの高さ(MIL規格)
理論速度550MB/s540MB/s530MB/s340MB/s560MB/s
実測速度520MB/s520MB/s500MB/s380MB/s420MB/s
本体サイズ96.2 × 49.55 × 8.8574 × 57.3 × 10.595 × 50 × 10.9117 × 75 × 11.5129 × 81 × 14
重量38.2g51g52g100g119g
価格(1TB)17,087円24,003円13,087円11,491円13,717円 + 2,000円

データの転送速度で比較するとSanDisk、Samsungが速いですがコンパクトタイプの外付けSSDなら十分なスピードが出るのかなと思います。本体サイズの大きさ、デザイン、端末価格でどのモデルを選ぶか決めるのがいいでしょう。

SanDisk Extreme SSD

SanDisk Extreme ポータブルSSD
SanDisk Extreme ポータブルSSD

SanDisk Extreme ポータブルSSDはカジュアルスタイルの外付けSSDとなっていて他メーカーのものと比べるとデザイン性の高いものになっています。

本体は96.2 × 49.55 × 8.85mmのコンパクトなサイズとなっていて、重さは38.2gの軽さを実現しています。

コンパクトサイズの外付けSSD
コンパクトサイズの外付けSSD

オレンジ色の部分にフックを取り付けることでカバンなどに取り付けて持ち運ぶことができます。

IP55等級の防滴防塵に対応しているので、雨に少しだけ濡れる程度であれば十分に耐えることができる防滴性能を持っています。

防滴で水にも強いSSD
防滴で水にも強いSSD

さらに2メートルの高さから本体を落としても耐えることができる耐衝撃性能も持ち備えているので、ミラーレスカメラを持って撮影しにいくなどアウトドアで気軽に持っていくことができます。

SanDisk Extreme ポータブルSSDの付属のケーブルは10cmほどの長さなので、MacBook Proと接続しても邪魔にならないので使いやすい。

MacBook ProとSanDisk Extreme ポータブルSSD
MacBook Proと接続する

USB-Cポートを搭載しているので付属のUSB-Cケーブルを使ってネイティブ接続できますが、USB-C to A変換アダプタでType-Aしか対応していないデバイスの外付けSSDとして使うことができます。

USB-Cに対応しているiPad Pro 11インチ・12.9インチにも接続することができます。ちなみに、USB-C to LightningでLightningポートのiPadでも使用可能です。

SanDisk Extreme SSDとiPad Pro
SanDisk Extreme ポータブルSSDとiPad Pro

デザイン性が高いのでiPad Proとの組み合わせはオシャレでいい感じですよね。

USB 3.1(Gen2)の接続に対応していて最大550MB/sのデータ転送が可能となっています。データの転送速度をチェックしてみました。

Disk Speed Testで転送速度を計測

書き込み(WRITE)は469.1MB/s、読み込み(READ)は518.6MB/sと十分な速度が出ていることがわかりました。ちなみに、この速度はMacBook Pro 13インチ(1.4GHz・2019)の128GBモデルより書き込み速度は外付けSSDの方が上となります。

SanDisk エクストリームSSD 良いところ
  • 手のひらサイズで持ち運びしやすい
  • カジュアルで個性的なデザイン
  • iPad Proの外部ストレージとして使える
  • USB 3.1(Gen2)接続で550MB/sの高速転送
  • IP55等級の防滴防塵で雨に濡れても大丈夫
  • USBケーブルが短くて使いやすい

IP55等級の防滴防塵に対応し少しくらい濡れても壊れないので、カメラの撮影で時に持っていくストレージとして使うこともできるでしょう。

SanDisk エクストリームSSD 惜しいところ
  • 個性的なデザイン
  • 本体裏側にホコリが付きやすい
  • 価格:1TB 約17,000円

他メーカーの外付けSSDと比べると少しだけ高いのが唯一のデメリットといったところでしょうか。

Samsung Portable T5

Samsung T5
Samsung T5

Samsung Portable T5はアルミ素材の筐体を採用して、2メートルの高さから落としたとしても耐えることができる耐衝撃性を備えた外付けSSDとなっています。

本体は74 × 57.3 × 10.5mmのコンパクトサイズとなっていて、重量は51gとなっています。縦長のポータブルSSDが多い中でSamsung Portable T5は横幅があり縦が短くなったスタイルとなっています。

Samsung T5のサイズ
Samsung T5のサイズ

USB-Cケーブルが付属していますが少し長いので少しだけ使いにくなぁと感じるかもしれませんが、USB-C to A変換アダプタも付属しているのでデスクトップマシンとの接続にはいいのかも。

MacBook Proと接続
MacBook Proと接続

付属のUSB-Cケーブルで直でiPad Proと接続してファイルアプリでファイル管理をすることができます。こちらのSSDもUSB-C to LightningでLightningポートのiPadでも使用可能です。

Samsung Portable T5とiPad Pro
Samsung Portable T5とiPad Pro

やはりケーブルが少し長いのでもう少し短めのUSB-Cケーブルに買い替えたくなりますね。ただ、なぜかUSB-C to Cケーブルって短いものがあありないのがちょっと悲しいところ。

Samsung Portable T5はUSB 3.1(Gen2)の接続に対応していて最大540MB/sのデータ転送が可能となっています。データの転送速度をチェックしてみました。

Disk Speed Testで転送速度を計測

書き込み(WRITE)は480.4MB/s、読み込み(READ)は519.0MB/sと十分な速度が出ていることがわかりました。

T5 Portable SSD 良いところ
  • 手のひらサイズで持ち運びしやすい
  • アルミボディが高級感あるスタイル
  • iPad Proの外部ストレージとして使える
  • USB 3.1(Gen2)で540MB/sの高速転送
T5 Portable SSD 惜しいところ
  • USBケーブルが少し長い
  • 価格:1TB 24,000円

本体カラーもブラック、レッド、ブルーの3色から選べるのもSamsung T5 Portable SSDの良いところ。価格が少しだけ高めですが、アルミボディの高級感あるポータブルSSDなのでどんなシチュエーションでも使えるストレージといえそうです。

BUFFALO SSD-PGMU3

BUFFALO SSD-PGMU3
BUFFALO SSD-PGMU3

BUFFALO SSD-PGMU3は樹脂製のシンプルな筐体を採用した日本製の外付けポータブルSSDです。

1TBで約13,000円で買うことができるポータブルSSDで他メーカーの同等品と比べると安い価格設定となっているので、少しでも安くポータブルSSDを手に入れたいならBUFFALO SSD-PGMU3はおすすめ!

名刺サイズ(91×55mm)よりも横幅が小さいサイズ(95 × 50 × 10.9mm)でモバイル性能は抜群です。重量は52gと普通ですが樹脂製の筐体を採用している影響か手で持つと軽い印象があります。

コンパクトでシンプルなデザイン
コンパクトでシンプルなデザイン

BUFFALO SSD-PGMU3は、MIL-STD準拠の耐振動・耐衝撃設計で高さ1.2mから落下でも耐えることができるので、何かの弾みで床に落ちてしまってデータが消失してしまうハプニングを防ぐことができます。

付属のUSB-Cケーブルは20センチほどの長さなので付属の結束バンドを使えばコンパクトに取り回すことができます。

MacBook Airと接続
BUFFALO SSD-PGMU3とMacBook Air

もちろん、USB-Cを搭載のiPad ProならUSB-Cケーブルと接続することで外付けSSDとして使うことができます。

BUFFALO SSD-PGMU3とiPad Pro
BUFFALO SSD-PGMU3とiPad Pro

iPad Proとの組み合わせも意外と可愛らしい感じでいいかもですね。なお、USB-C to LightningでLightningポートのiPadでも使用可能です。

BUFFALO SSD-PGMU3はUSB 3.2/3.1(Gen2)の接続により最大500MB/sのデータ転送速度を持っています。データの転送速度をチェックしてみました。

Disk Speed Testで転送速度を計測

書き込み(WRITE)は455.6MB/s、読み込み(READ)は507.1MB/sと十分な速度が出ていることがわかりました。

BUFFALO SSD-PGMU3 良いところ
  • 小型サイズで持ち運びしやすい
  • iPad Proの外部ストレージとして使える
  • USB 3.2(Gen2)で530MB/sの高速転送
  • 価格:1TB 約13,000円

バッファローの外付けSSDは他メーカーよりも安く買えるので性能が低いのかなとも思いましたが決してそんな事はありません。

BUFFALO SSD-PGMU3 惜しいところ
  • 筐体の素材がチープ

筐体がプラスチックで少しだけチープさはありますが、見た目を気にしないのであればBUFFALO SSD-PGMU3は十分すぎる性能を持ったポータブルSSDです。

BUFFALO SSD-PGU3

BUFFALO SSD-PGU3
BUFFALO SSD-PGU3

BUFFALO SSD-PGU3は2.5インチのSSDを採用した標準タイプのポータブルSSDストレージです。上で紹介しているコンパクトサイズのSSDと比べると本体サイズが少しだけ大きいのが特徴です。

とはいえ、本体サイズは117 × 75 × 11.5mm、重量は100gなので、通常のHDDと比べるとコンパクトで軽くなっています。

本体サイズ
本体サイズ

コンパクトサイズのSSDと比べると大きいですが、普通に持ち運びできる大きさだし特に問題はなさそう。ただし、BUFFALO SSD-PGU3のUSBコネクタは「USB Micro B SuperSpeed」となっているので注意です。

USB Micro B SuperSpeedポート
USB Micro B SuperSpeedポート

付属のUSBケーブルはUSB Micro B SuperSpeed to Type Aとなっています。

Type Aのケーブルが付属
Type Aのケーブルが付属

iMac 21インチ・27インチなどデスクトップ型のパソコン、Surface ProならUSB-Aに対応したモデルが多いので付属のケーブルで接続ができます。

しかし、MacBook ProやiPad ProなどUSB-Cに対応したデバイスで使う場合は「USB Micro B SuperSpeed to Type-Cケーブル」が必要となります。

USB Micro B SuperSpeed to Type-Cケーブル
USB Micro B SuperSpeed to Type-Cケーブル

もちろん、変換アダプタを間に入れて接続してもいいですが見た目がイマイチなので可能なら変換ケーブルを使うのがいいでしょう。各メーカーから多くの変換ケーブルが販売されています。

USB-CポートのMacBook Proとネイティブで接続ができます。

BUFFALO SSD-PGU3とMacBook Pro

BUFFALO SSD-PGU3はUSB 3.0の接続により最大340MB/sのデータ転送速度を持っています。データの転送速度をチェックしてみました。

Disk Speed Testで転送速度を計測

書き込み(WRITE)は338.1MB/s、読み込み(READ)は389.8MB/sの転送速度で公称値よりも少しだけ上回っていますが、上で紹介しているUSB 3.1に対応しているポータブルSSDと比較すると少しだけ速度が劣るようです。

とはいえ、HDDストレージと比べると8倍ほど速度が速くデータを保存することができるので、十分な速度を確保する事はできるのかなと思います。

BUFFALO SSD-PGU3 良いところ
  • 標準的な筐体サイズで使いやすい
  • USB 3.0で340MB/sの転送速度
  • iPad Proの外部ストレージとして使える
  • 価格:1TB 約11,000円

バッファローの外付けSSDは他メーカーよりも安く買えるので性能が低いのかなとも思いましたが決してそんな事はありません。

BUFFALO SSD-PGMU3 惜しいところ
  • USB-Cの接続は別途変換ケーブルがいる
  • 転送速度が少しだけ遅い

MacBook ProやiPad Proで使う場合はUSB-Cケーブルが必要となるので素直にコンパクトポータブルSSDのSSD-PGMU3を選んだ方がいいです。

しかし、iMacなどデスクトップマシンのバックアップ用のストレージとしてはコストパフォーマンスは最高です。実際に僕はiMac 27インチのバックアップ環境のためにSSD-PGU3の2TBモデルを導入しました。

iMacのバックアップストレージに
iMacのバックアップストレージに

今までは据え置きタイプのHDDにTime Machineを割り当てていたのですが、スペースを広くしたかったのでコンパクトなSSDに入れ替えをしました。バックアップ速度も速くなって、音も静かになったのでとても気に入っています。

2.5インチケース + SSD

上記のようなポータブルSSDを外付けストレージに使う方法以外にも、パソコンに内蔵する2.5インチタイプのSSDを専用ケースに入れて外付けストレージ化してしまう方法もあります。

Crusialの2.5インチSSD
Crusialの2.5インチSSD

例えば、Crusialの2.5インチSSDをUSB 3.1(Gen2)に対応しているSSDケース(UGREEN 2.5インチケース)に入れることで、外付けSSDストレージに変えることができます。

SSDとケース
SSDとケース

コネクタを接続するようにケースの中にSSDを入れるだけ。

SSDをケースに入れる
SSDをケースに入れる

ケースの蓋を閉めればSSDストレージとして使うことができます。見た目は普通のポータブルSSDと見分けが付かないくらいですよね。

USB-Cに対応したSSDケース
USB-Cに対応したSSDケース

UGREEN 2.5インチケースはUSB-Cのポートを搭載していてUSB 3.1(Gen2)の高速通信にも対応しています。Crusialの2.5インチSSD(MX500)との組み合わせだと…

Disk Speed Testで転送速度を計測

書き込み(WRITE)は489.4MB/s、読み込み(READ)は424.1MB/sとかなり高速にデータ転送が可能です。同じ2.5インチSSDのBUFFALO SSD-PGU3よりも速いですね

Crusialの2.5インチSSD 良いところ
  • USB 3.1(Gen2)で560MB/sの転送速度
  • USB-Cポートに対応している
  • iPad Proの外部ストレージとして使える
  • 内部ストレージを交換できる
  • 価格:1TB 約12,000円 + 2,000円ほど

筐体サイズがポータブルSSDよりも大きくなりがちですが、データの転送速度は高速なので使い勝手はいいのではないでしょうか。

Crusialの2.5インチSSD 惜しいところ
  • 筐体サイズがコンパクトSSDよりも大きい
  • ケースも必要なので価格が高くなることも

2.5インチのポータブルSSDとコンパクトサイズのSSDだと筐体サイズに差がかなりありますが、持ち運びができない大きさではありません。

例えば、PS4の内蔵SSDを1TB → 2TBに換装して内蔵SSDが余ってしまった…ということがあったらSSDケースだけを購入して、外付けSSDストレージとして使うことができます。

おそらく、ケースを使う正しい使い方なのかな。


おすすめの外付けSSD まとめ

ポータブルSSD
ポータブルSSD

写真・動画を撮影することが多いなら外付けSSDを使うことで、パソコンのストレージ容量の残量を増やすことができます。とくに最近はSSDを採用しているパソコンが増えて価格を抑えるために128GBの低容量モデルも多いですよね。

僕自身もMacBook Pro 13インチは128GBモデルを使っています。

外付けSSDを接続したMacBook Pro
外付けSSDを接続したMacBook Pro

サブマシンだから低容量でも大丈夫ってところはありますが、もしメインで使っていたとしても外付けSSDを使うことで容量の問題は解決できますし、バックアップ用のストレージとして使うのもいいかなぁと思います。

外付けSSDを比較
外付けSSDを比較

最後にポータブルSSDのスペックをまとめます。

ポータブルSSD スペック比較
 SanDisk Extreme PortableSamsung T5BUFFALO PGMU3BUFFALO PGU3Crucial MX500
タイプコンパクト2.5インチ2.5インチ + ケース
防滴IP55
耐衝撃性2mの高さ2mの高さ1.2mの高さ(MIL規格)1.2mの高さ(MIL規格)
理論速度550MB/s540MB/s530MB/s340MB/s560MB/s
実測速度520MB/s520MB/s500MB/s380MB/s420MB/s
本体サイズ96.2 × 49.55 × 8.8574 × 57.3 × 10.595 × 50 × 10.9117 × 75 × 11.5129 × 81 × 14
重量38.2g51g52g100g119g
価格(1TB)17,087円24,003円13,087円11,491円13,717円 + 2,000円

使用別用途でどれがいいかまとめました。

どれがおすすめ?

コストパフォーマンスで選ぶなら間違いなくバッファローのSSD-PGMU3です。1TBモデルが13,000円、2TBモデルでも20,000円ほどで手に入れることができるのでいいと思いますよ。

PS4、PS4 Proについてはこちら。

マイクロSDカードの比較はこちらです。