読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

4Kモニターにするメリットと種類について!おすすめの4Kディスプレイを比較してみた。

Windows Mac

おすすめの4Kモニター比較

最近では高精細ディスプレイも普及して、PC用の4Kモニターはかなり安い価格で購入することができるようになりました。少し前は10万円以上するのが当たり前だったのに今では3万円くらいから手に入れることができることに衝撃を覚えています。そこで、使えそうな4Kモニターについて、まとめてみましたので参考にしていただけたらと思います!

 

4Kモニターのメリットとは

まず最初に4Kモニターを使うことでどんなメリットがあるのかを説明したいと思います。

4Kディスプレイ

少し前まではフルHD(1920 x 1080)のモニターがスタンダードだったと思いますが、現在はフルHDの4倍の解像度となる4K(3840 x 2160)のモニターがスタンダードになりつつあります。

4Kの解像度には様々なものがあり、テレビで一般的に使用されているのは4K UHDTV(3840 x 2160)で、映画製作会社が加盟するDCIで規定されている4KはDCI 4K(4096 x 2160)となっています。

  • 4K UHDTV:3840 x 2160ピクセル
  • DCI 4K:4096 x 2304ピクセル

一般的な4Kモニターは4K UHDTV(3840 x 2160)のディスプレイを搭載していることが多いですが、AppleのiMacやMacBook Proに最適化された4Kモニター「LG UltraFine 4K Display」はDCI 4K(4096 x 2304)が採用されています。

今までの4倍の解像度のディスプレイを使用することで画面が綺麗になることが一番のメリットと言えます。(3840 x 2160で1920 x 1080を表示させた場合。)

フルHDのディスプレイだとドットが肉眼でハッキリと見えますが...

f:id:kazu-log:20170117105814j:plain

4Kなどの高精細ディスプレイなら肉眼でドットが見えず、文字の綺麗さが格段に違います。

f:id:kazu-log:20170117105938j:plain

文字が綺麗だと目が疲れにくくなるというメリットもあり、僕のようにずっとパソコンで作業をしているものにとっては高精細ディスプレイは欠かすことができません。また、写真の綺麗さも段違いに違うので写真をたくさん撮る人にとってもメリットは大きいと言えるでしょう。

またOS側で解像度を上げる(例:3840 x 2160で2560 x 1440を表示)ことで作業エリアを広げることができるのもフルHDモニター時代にはできなかった技でもあります。

f:id:kazu-log:20170117110644j:plain

最近のPCやMacは4K出力に対応している製品が増えてきているので、もし対応しているのであれば4Kモニターを使うことをお勧めします。

IPS・VA・TNパネルの種類による違い

ディスプレイにはモニターに採用されるディスプレイには様々な種類がありますが、現在主流となっているのはIPSパネルとVAパネル、TNパネルがあります。過去にSTNという懐かしいパネルもありましたが、現在はほとんど見かけることがなくなりましたね。(銀行のATMはSTNかな。)

基本的にTNパネルの方が安いですが、使用用途によって選ぶことをオススメします。

IPSパネル

上下左右178度の広い視野角を持つパネルでどこから見ても色の変化が少ない非常に見やすいパネルです。近年のモニターは大型化が進んでいるので見る位置によって色が変化しないIPSパネルを採用しているモニターが増えています。ただし、応答速度がTNパネルに比べて遅いのでゲームには不向きと言えます。

VAパネル

IPSパネルに比べて視野角は若干狭いですが、応答速度も速いVAパネルは家庭用のテレビに採用されていることが多いパネルです。コントラスト比も高く動画再生やゲームに適したパネルです。

TNパネル

価格の安いパネルで視野角が狭く見る位置によって色が変わってきます。ただ応答速度が速いので動画再生やゲームには適したパネルとなっています。

入力端子の種類

HDMI・Display Port

現在はHDMIやDisplay Portが主流の接続端子となっています。特にHDMIはブルーレイディスクレコーダーやゲーム機などをテレビに接続するときに使用する端子として使用されているので馴染みがあるのではないでしょうか。

HDMI、Display Port

Thunderbolt 2はmini Display Portと同じ形をした端子ですが、種類が異なるので注意です。

DVI・D-sub

少し前に広く使用されていたDVI(デジタル信号)とD-sub(アナログ信号)です。

DVI、D-sub

DVI端子はメスとオスがあるため少しややこしい規格ですが変換コネクタを使用することでHDMI端子を接続することもできます。

USB-C/Thunderbolt 3ポート

そして、これから普及が予想されるUSB-Cです。Thunderbolt 3に対応している場合は雷マークが刻印されています。(MacBook Proには表記なし)

USB-C

USB-Cに対応したモニターなら4K解像度まで、Thunderbolt 3に対応したモニターであれば5K解像度を表示させることができる次世代に入力端子です。

23.8インチ4Kモニター LG 24UD58

LG displayの「LG 24UD58」は23.8インチ4K(3840 x 2160)ディスプレイを搭載しているモニターでありながら32,000円で購入することができるコストパフォーマンスが高いモニターです。

  • 23.8インチ:4K(3840 x 2160)
  • パネル::IPS、非光沢、10億7,000万色
  • 輝度:250cd/㎡/応答速度:5ms/コントラスト比:1000-500万:1
  • 入力端子:HDMI2.0 × 2、DisplayPort × 1
  • 出力端子:ヘッドフォンジャック
  • スピーカー:なし
  • 価格:約32,000円

左右上下どこから見ても色変化が発生しにくいIPSパネルに10億7,000万色の色再現が可能な10bit Color、低解像度の画像を高精細に再現する超解像技術Super Resolution+、ブルーライト低減モード、HDMIで4K/60Hz出力に対応するHDMI2.0を2ポート搭載するなど、この価格ではありえない機能がてんこ盛りです。

以下で紹介するMacBook Proに最適化された21インチの「LG UltraFine 4K Display」では画面が小さいと感じる人はこちらの23.8インチのモニターがお勧めです。

21.5インチ4Kモニター LG UltraFine 4K Display

AppleのMacBook/MacBook Pro Late 2016に最適化されている21.5インチの4K(4096 x 2304)ディスプレイを搭載しているモニターで、USB-C/Thunderbolt 3ポート一本でMacBookへ充電をしながら画面を表示させることができ、さらに画面の明るさやスピーカー音量の調整をMacBook側から行うことができます。

  • 21.5インチ:4K(4096 x 2304)
  • パネル::IPS、非光沢、1677万色
  • 輝度:500cd/㎡/応答速度:14ms/コントラスト比:1200:1
  • 入力端子:USB-C × 1
  • 出力端子:USB-C(USB3.1 Gen 1)× 1、USB-C(USB2.0)× 3
  • スピーカー:有り(5W+5W)
  • 価格:52,300円

表示色が1677万色で応答速度が遅いことなどパネル性能は若干性能が劣ると言ってもいいかもしれませんが、Macとの親和性は抜群ですね。ただ、21.5インチと少しだけ画面が小さいのがネックかもしれません。これがもし24インチのディスプレイを搭載していたら欲しいと思ったんですけどね。

23.8インチ4Kモニター Dell P2415Q

Dellの「P2415Q」はは23.8インチ4K(3840 x 2160)ディスプレイで50,000円くらいで購入することができる4Kモニターで、実際に僕が現在使用しているモニターです。

  • 27インチ:4K(3840 x 2160)
  • パネル:IPS、非光沢、10億7,000万色
  • 輝度:250cd/㎡/応答速度:5ms/コントラスト比:1000-500万:1
  • 入力端子:HDMI × 2、DisplayPort × 1
  • 出力端子:DisplayPort × 1、USB 3.0 × 4、ヘッドフォンジャック
  • スピーカー:なし
  • 価格:約5万円

2014年に発売された4Kモニターなので少しだけ設計が古いかもしれません。ただ、IPSパネルを搭載しているので表示性能は文句のないレベルで、外部ポートも豊富に搭載されているのでとても使い勝手の良い4Kモニターです。

27インチ4Kモニター LG 27UD58

LG displayの「LG 27UD58」は27インチ4K(3840 x 2160)ディスプレイを搭載しているモニターで最初に紹介をしたLG 24UD58の大画面の27インチモデルで5万円を切る価格で手に入れることができます。

  • 27インチ:4K(3840 x 2160)
  • パネル:IPS、非光沢、10億7,000万色
  • 輝度:300cd/㎡/応答速度:6ms/コントラスト比:1000-200万:1
  • 入力端子:HDMI2.0 × 2、DisplayPort × 1、miniDisplayPort × 1、USB 3.0 × 1
  • 出力端子:ヘッドフォンジャック
  • スピーカー:なし
  • 価格:約4.3万円

 23.8インチモデル同様に10億7,000万色のIPSパネルに超解像技術Super Resolution+、ブルーライト低減モード、HDMIで4K/60Hz出力に対応するHDMI2.0を2ポート搭載しており、コストパフォーマンスは最強といってもいいかもしれませんね。

28インチ4Kモニター iiyama CG2888UHSU

iiyamaの「CG2888UHSU」は28インチの4K(3840 x 2160)モニターです。5万円で28インチという大画面の4Kモニターを手に入れることができます。

 

  • 28インチ:4K(3840 x 2160)
  • パネル:TN、非光沢、10億7,000万色
  • 輝度:300cd/㎡/応答速度:1ms/コントラスト比:1000-120万:1
  • 入力端子:HDMI2.0 × 1、HDMI × 2、DisplayPort × 1、D-SUB、USB 3.0 × 2
  • 出力端子:USB 3.0(Type-B)× 1、ヘッドフォンジャック
  • スピーカー:有り(3W+3W)
  • 価格:約5万円

IPSパネルではなくTNパネルなので横から見た場合の色合いは変化しますが、応答速度が1msと他のIPSパネルを搭載している4Kモニターよりも速くなっておりゲームを楽しむには最適な4Kモニターと言えます。

 

28インチ4Kモニター JN-T280UHD

JAPANNEXTの「JN-T280UHD」は28インチの4K(3840 x 2160)モニターです。約4万円で28インチの4Kモニターを手にすることができる超破格モニターと言っていいでしょう。

  • 28インチ:4K(3840 x 2160)
  • パネル:TN、光沢、10億7,000万色
  • 輝度:300cd/㎡/応答速度:2.5ms/コントラスト比:?
  • 入力端子:HDMI × 1、DisplayPort × 1、DVI × 1、D-sub × 1
  • 出力端子:ヘッドフォンジャック
  • スピーカー:有り(5W+5W)
  • 価格:約4万円

28インチの4Kモニターとしては最安値レベルでしょう。TNパネルなのでゲーム向けの4KモニターでデザインもiMacを意識したものになっており他のモニターとは一味違った雰囲気を味わえます。また、入力端子が豊富なので地デジチューナーやブルーレイディスクレコーダー、ゲーム機などを複数接続して使うこともできそうです。

27インチ5Kモニター LG UltraFine 5K Display

AppleのMacBook Pro Late 2016に最適化されている27インチの5K(5120 x 2880)ディスプレイを搭載しているモニターで、USB-C/Thunderbolt 3ポート一本でMacBook Proへ充電をしながら画面を表示させることができます。

  • 27インチ:5K(5120 x 2880)
  • パネル:IPS、非光沢、10億7,000万色
  • 輝度:500cd/㎡/応答速度:14ms/コントラスト比:1200:1
  • 入力端子:Thunderbolt 3 × 1、
  • 出力端子:USB-C(USB3.1 Gen 1)× 3
  • スピーカー:有り(5W+5W)
  • 価格:97,300円

僕が今一番欲しいモニターで4Kの上の5K(5120 x 2880)ディスプレイを搭載したモデルです。MacBook Proを使っていたらMac上から画面の明るさなどを調整することができるのは非常に憧れます。また、ケーブル一本で充電をしながら画面を表示できるのが机の上をスッキリさせることができるので非常に良いですね。もう少し安ければ即買いなんですけどねー。

40インチ4Kモニター Philips BDM4065UC

40インチという超大型の4Kモニターです。しかもベゼルレスディスプレイでデザインもなかなかカッコいい。それで5万円で購入することができることに驚きを隠せません。

 

  • 28インチ:4K(3840 x 2160)
  • パネル:VA、光沢、10億7,000万色
  • 輝度:300cd/㎡/応答速度:3ms/コントラスト比:5000-500万:1
  • 入力端子:HDMI × 2、DisplayPort × 1、miniDisplayPort × 1、D-sub × 1
  • 出力端子:ヘッドフォンジャック
  • スピーカー:有り(7W+7W)
  • 価格:約5万円

IPSパネルでもTNパネルでもなくVAパネルを搭載しているのが少し珍しい仕様となっています。普通に地デジチューナーを接続してテレビ用途で使ってもいいかもしれませんね。

まとめ

高精細ディスプレイに関してはAppleのMacがRetinaディスプレイとして先行してきまいしたが、Windows機も高精細ディスプレイに対応したモデルが増えてきましたね。4Kに対応した外部ディスプレイも価格がかなり下がってきて手頃になってきて、4Kモニターはこれからのスタンダードになっていくことでしょう。

文字の視認性が非常に向上するのでずっとパソコン作業をしている人こそ、4Kモニターはおすすめです。