YOBYBO ZIP20 レビュー

ワイヤレスイヤホンって毎日手にするもの。充電ケースは持ち心地の良いものがいいよなぁ〜って思うことがありますが、Zippoライターのような質感のケースを採用したYOBYBO ZIP20というイヤホンが登場します。

YOBYBO ZIP20はZippoライターのようにカチャンという独特の乾いた開閉音を見事に再現した充電ケースを採用してしまった従来のイヤホンにはなかった独自路線を突き進んだものとなっています。

イヤホン本体もメタル調デザインに仕上がっている大人なワイヤレスイヤホンとなっているので、他のメーカーでは味わうことができない面白いイヤホンになっています。

ということで、メーカーさんより商品を提供してもらったのでYOBYBO ZIP20のデザイン・スペック・音質・装着性・使いやすさをレビューしていきたいと思います。少し変わったイヤホンが欲しいという方は参考にしてみてください。

YOBYBO ZIP20 レビュー

YOBYBO ZIP20の特徴

YOBYBO ZIP20
YOBYBO ZIP20
YOBYBO ZIP20の特徴
  • 亜鉛合金を採用した高級感ある充電ケース
  • 蓋の開閉音がZippoのようで心地良い
  • Qualcomm QCC3040チップを搭載
  • タッチセンサー搭載で直感的に操作できる
  • 最大6.5時間連続使用(ケース込みで33時間)
  • IPX4の防水性能を持っている
  • 端末価格:11,800円(3月15日まで7,280円)

YOBYBO ZIP20は耳に押し込むカナル型のスティックタイプの完全ワイヤレスイヤホンです。イヤホン本体が軽く付け心地も良いので長時間装着していても疲れません。

また、音質も10mmの大型ドライバーを採用していることもありキレのある迫力のサウンドを楽しむことができます。

YOBYBO ZIP20 ワイヤレスイヤホンの外観
メタル調のイヤホン

YOBYBO ZIP20の最大の特徴とも言えるのがジッポライターのような質感とカチャンという独特の開閉音を見事に再現した充電ケースを採用しているところでしょう。

さらにイヤホン本体も金属っぽい質感のあるデザインに仕上がっているので、少し変わった、少し珍しい、所有欲を満たしてくれるようなイヤホンが欲しいという方におすすめのイヤホンです。

YOBYBO ZIP20はGREEN FUNDINGで支援することで購入することができます。通常価格は11,800円ですが3月15日まで38%OFFの7,280円で手に入れることができます。

パッケージと付属品

YOBYBO ZIP20のパッケージは白を基調としたものとなっていてシンプルなデザインとなっています。薄型なので保管も場所を取らないのが何気に嬉しいかもしれません。

YOBYBO ZIP20 パッケージデザイン
薄型のパッケージデザイン

イヤホン本体、充電ケース、充電用のケーブル(USB-A to C)、イヤーチップ(計4種類)が説明書が同梱しています。

YOBYBO ZIP20 付属品
同梱品一式

充電ポートはUSB-Cとなっているので付属のUSB-C to Aケーブルを使って充電することができます。

YOBYBO ZIP20 充電ポート
USB-Cポートを採用

充電器はないので以前のiPhoneに付属していたApple 5W USB-A電源アダプタが余っているならそれを使って充電するのがいいです。また、Androidスマホを使っているという方もUSB-Aタイプの充電器があれば充電することができます。

なお、USB-C PD充電には非対応となっているのでUSB-C対応の充電器やMacBook AirなどのUSB-CポートからUSB-C to Cケーブルで充電することはできないので注意してください。

ジッポのような最高の音が鳴る充電ケース

YOBYBO ZIP20の最大の特徴は亜鉛合金を採用した金属充電ケースを採用しているところです。しかも、とてもコンパクトなので胸ポケットに入れて持ち歩いくこともできる大きさとなっています。

YOBYBO ZIP20 充電ケース
メタルボディの充電ケース

充電ケースの大きさは50.5 × 48.5 × 21mmと手のひらに収まるコンパクトなサイズ感となっています。

YOBYBO ZIP20 サイズ感
コンパクトボディの充電ケース

重量は金属ボディを採用していることもあり少し重めの70gとなっていますが重厚感のある質感が高いのでついつい手で触りたくなる、そんな充電ケースとなっています。

蓋を開けるとイヤホン本体が縦に収められています。

YOBYBO ZIP20 イヤホン収納状態
外向きにイヤホンが収められている

YOBYBO ZIP20はフタの開閉音が本物のジッポライターのような音を楽しむことができます。実際に動画にしてみたので再生ボタンを押してみてください。

この音はジッポそのもの。音だけでなく開閉する時の感覚もジッポライターそのもです。無駄に蓋を開閉したくなってしまいます。禁煙をしようと考えている方はZIP20のケースを開け閉めして気持ちを落ち着けるのもいいかもしれませんね。(ちょっと違うか)

YOBYBO ZIP20の充電ケースはホントに精巧に形成されておりケースと蓋の部分をつなぐヒンジが内側に潜り込むような特殊な形状になっています。

ヒンジ部分にこだわり
特殊なヒンジ構造

特許を取得しているというこの特殊なヒンジのおかげで背面部分にヒンジが見えないフラットなデザインを実現しています。

フラットで綺麗な充電ケース
つなぎ目のないスタイル

ただし、背面の下部分にある刻印が少し目立つのが気になります。違う場所に刻印されているか(スペースがここしかないので仕方ないのかもしれない)もうちょっと小さくて文字が薄かったらとてもよかったのです。

イヤホン本体もメタリックスタイル

YOBYBO ZIP20のイヤホン本体もガンメタリック調の素材、タッチセンサーのある部分はゴールドメタリックを採用しています。

YOBYBO ZIP20 メタル調
イヤホン本体もメタル調

こんなイヤホン見たことない…と思えるくらいかっこよくないですか?完全に好みが分かれそうがデザインといえそうですが、男性の方はこのスタイルが好きという方は多そうな気がします。

イヤホンの重量は片側で4.2g、両耳で8.4gとなっていてとても軽量化されたイヤホンとなっています。

YOBYBO ZIP20 スティックタイプ
スティックタイプのイヤホン

メタリック調ですが金属ではないと思います。ゴールドに加工されている部分にマイク、タッチセンサーを内蔵しています。

タッチ操作を搭載
タッチ操作ができる
操作方法
  • 右側を1回タップ:音量を上げる
  • 左側を1回タップ:音量を下げる
  • 左右いずれかを2回タップ:再生/一時停止
  • 左側を長押し:前の曲にスキップする
  • 右側を長押し:次の曲にスキップする

タッチでできる操作は必要最低限といったところでしょうか。1回タップは音量調整、2回タップで一時停止したり再生したりすることができるようになっています。

ノイズキャンセリング機能や外部音取り込み機能などは搭載されていないので、シンプルな操作体系となっていますね。分かりやすく使い方で迷うことはなさそうです。

なお、YOBYBO ZIP20はイヤホンを耳から外した時に自動的に再生が停止したり、装着した時に再生される自動停止再生機能には対応していません。

YOBYBO ZIP20の装着感

YOBYBO ZIP20は耳に入れ込むカナル型のイヤホンとなっています。

YOBYBO ZIP20 イヤホン形状
イヤホンの形状

ノーズの長さは短めで耳の穴の浅いところで収まるので圧迫感少なめの付け心地の良いイヤホンとなっておりイヤホン本体も軽いので超時間の使用にも耐えることができそうです。

運動などそこそこ体を動かすときに使っても耳からイヤホンがズレることは少ない感じがするので、ジムで走る時のイヤホンとしても十分使うことができる感じがします。

イヤーチップは全部で4種類のサイズが用意されています。

YOBYBO ZIP20 イヤーチップ
イヤーチップのサイズは4つ

簡単にイヤーチップの交換ができるので耳の穴の大きさに合わせて使うことができます。サイズが合ってないと低音域がスカスカなので音を確認して自分の耳のサイズにあったチップを探しましょう。

YOBYBO ZIP20の音質

YOBYBO ZIP20は10mmの大型サイズのダイナミック型ドライバーを搭載しています。

YOBYBO ZIP20 スペック
  • ドライバーサイズ:10mm
  • 音声コーデック:SBC / AAC /aptX
  • Bluetooth:5.2
  • 6.5時間(ケース込みで33時間)

YOBYBO ZIP20は全体的にバランスの良いサウンドで聞きやすい音質となっており、音の方向性としてはフラットな音質です。

低音から中音域はキレのある音でバスドラム、ギターなどアタック感が強い音が鳴ります。高音域は少し弱めですが中音域がしっかり鳴っているボーカル主体の音楽をいい音で楽しむことができます。

全体的にキレのある迫力のサウンドですが、ボーカルから上の高音域の部分の解像が少し劣るので音の臨場感は少し欠ける、音場が狭いといった印象があります。

また、YOBYBO ZIP20はQualcomm aptXに対応しているのでAndroidスマホを使っているのならiPhoneで音楽を聴くよりもワンランク上のサウンドを楽しむことが可能となっています。

使う機種によっても異なるのですが、全体的に音質がマイルドになって解像感も向上するのでiPhoneで聞くよりも間違いなくいい音になります。個人的にはXperia 1 ⅡXperia 5 Ⅱとの組み合わせは音質はとてもいいように感じますね。

YOBYBO ZIP20
■ 評価:
3.5
■ 低音:
3.5
■ 中音:
3.5
■ 高音:
3.5
■ 解像感:
3.5

通話品質はなかなか良い

YOBYBO ZIP20はQualcomm cVc(クリアボイスキャプチャー)8.0に対応しクリアな高音質会話が可能となっています。さらに、通話時に周囲の環境音を低減するENCノイズキャンセリング(Environment Noise Cancellation)も搭載してています。

このノイズキャンセリング機能は通話用のマイクとは別にノイズキャンセル用のマイクを内蔵していることから実現しているものです。

実際にYOBYBO ZIP20を使って長時間通話をしてみましたが、音質はクリアで聴きやすかったです。相手の方からも聞き返されることもなかったのでとても快適に通話をすることができました。

動画と音声の遅延はほぼない

YOBYBO ZIP20はBluetooth 5.2の最新規格に対応し安定した接続性能を実現しています。

動画と音声の遅延もほとんどないのでYouTubeを見たり、映画を見るときのイヤホンとしても十分使うことができる性能となっています。ただし、音ゲーに関してはタッチ操作がとてもシビアだと思うので有線イヤホンを使った方がいいかもです。

IPX4の防水対応で濡れても使える

YOBYBO ZIP20はIPX4の防滴に対応したイヤホンとなっているので、少しくらい濡れても問題なく使うことができます。

IPX4
  • あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない

IPX4は日常における生活防水で、運動してかいた汗や急に雨が降ってきたとしてもそのままイヤホンをしたまま音楽を楽しむことができます。ジムに行って走ることが多いのでどうしても汗をかいてしまうので防水仕様のイヤホンは絶対非必要。

スマホとの接続方法

YOBYBO ZIP20はBluetoothでスマホと接続することができます。充電ケースの蓋を開くと左右のイヤホンが自動的に電源オンになります。イヤホンをケース方取り出さずにこのまま状態で設定ができるようになっています。

スマホ側ではBluetooth接続先の一覧に「ZIP20」が表示されるので、これをタップすることで接続完了です。

基本的に一度ペアリングしてしまえば2回目以降はイヤホンを取り出すだけで自動ペアリングしてくれます。なお、イヤホンを耳から外したら音楽が停止、耳に装着すると再生する自動停止再生機能には対応していません。

YOBYBO ZIP20 レビュー:まとめ

YOBYBO ZIP20のメリット

YOBYBO ZIP20はメタル調の個性的がデザインが魅力的なワイヤレスイヤホンとなっています。

YOBYBO ZIP20のメリット
  • メタル調デザインでかっこいい
  • 乾いた開閉音がZippoっぽい
  • コンパクトで持ち運びしやすい

亜鉛金属で形成された充電ケースはとてもおしゃれ。Zippoライターのような乾いた開閉音も素敵。基本的に蓋を開けるという行為は音楽を聞くとき、聞くのをやめるときにするものですがついつい蓋の開け閉めを無駄にやりたくなってしまいます。

YOBYBO ZIP20のデメリット

YOBYBO ZIP20は周囲の音をかき消してくれるアクティブノイズキャンセリング機能には非対応です。

YOBYBO ZIP20のデメリット
  • アクティブノイズキャンセリングに非対応
  • 自動停止・再生機能に非対応
  • USB-C PD充電に非対応

1万円前後のイヤホンはアクティブノイズキャンセリングを使えるモデルが増えている中で残念ポイントですが音楽を聴くことをメインとするならノイキャンは必要ないので問題はないでしょう。

YOBYBO ZIP20はアクティブノイズキャンセリング非対応、音楽の自動停止・再生機能に非対応、USB-C PD充電に非対応とこの価格帯のイヤホンとしては少し使いにくい部分もあります。

ただ、YOBYBO ZIP20は「聴覚と触覚を刺激する」というコンセプトのもとに始動したプロジェクトでもあり、他メーカーのイヤホンとは一味違う質感のイヤホンとなってるので今までのイヤホンではなんか物足りないと感じているならZIP20を選んでみるのもいいかもしれません。

とくにZippoを彷彿とさせる充電ケースの開閉音はついつい開け閉めをしてしまうクセになる質感。この辺りは、さすがこだわって開発をしたんだなと感じさせてくれます。

YOBYBO ZIP20はGREEN FUNDINGで支援することで購入することができます。通常価格は11,800円ですが3月15日まで38%OFFの7,280円で手に入れることができます。

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。

ポイント付与率
1回のチャージ額通常会員プライム会員
5,000円〜19,999円0.5%1.0%
20,000円〜39,999円1.0%1.5%
40,000円〜89,999円1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
\Amazonギフト券を購入する/
Amazonギフト券

というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするとチャージ金額の最大2.5%のポイントがもらえるんですよね。このポイントは次回買い物をするときに使うことができるので、Amazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらってお得にAmazonで買い物をしましょう!

ワイヤレスイヤホンの比較はこちらです。

同価格帯のイヤホンはこちらです。