Xperia どれを選ぶ?違いを比較

ソニーのスマートフォン・Xperia(エクスペリア)はハイエンドモデル、ミドルレンジモデル、エントリーモデルがありますがどれがいいか迷いますよね。

Xperiaは意外とラインナップが多くてどれにするかは使い方、何をしたいのか、かける費用はどれくらいかで判断できます。

おすすめのXperiaを簡単にまとめました。

Xperiaシリーズの違い
Xperi 世代 特徴 価格
PRO-I 2021年
ハイエンド
1型センサーで画質を重視した大画面高性能モデル。 16万円
1 IV 2022年
ハイエンド
光学ズーム望遠カメラの大画面高性能モデル 17万円
1 III 2021年
ハイエンド
可変式望遠カメラを搭載した大画面高性能モデル 13万円
5 IV 2022年
ハイエンド
単焦点望遠カメラを搭載した高性能小型モデル 12万円
5 III 2021年
ハイエンド
可変式望遠カメラを搭載した高性能小型モデル 9万円
1 II 2020年
ハイエンド
大画面高性能モデル 6万円
5 II 2020年
ハイエンド
高性能小型モデル 7万円
10 IV 2022年
ミドル
普及モデル 6万円
10 III 2021年
ミドル
普及モデル 4万円
ACE III 2022年
エントリー
低価格モデル 2万円

2020年モデルもまだ販売継続してるので意外とどれにするか迷います。

この記事では、ソニーのスマホ・Xperiaシリーズのサイズ・性能・カメラ・価格の違いを比較してどれがいいかおすすめを紹介しています。

Xperiaを買いたいけどどれがいいか分からない方は参考にどうぞ!

Xperiaの特徴とスペックを比較

ソニーのスマホ・Xperia(エクスペリア)シリーズはハイエンド・ミドルレンジ・エントリーの3つの性能・価格のモデルがあって2020年〜2022年のモデルが購入できます。

Xperiaシリーズの違い
Xperia PRO 1 5 10 Ace
特徴 4K大画面ハイエンド、カメラ画質特化 4K大画面ハイエンド 小型ハイエンド 小型ミドル 低価格
動作速度 快適に使える それなりに使える 普通に使える
カメラ トリプル(最高画質) トリプル(高画質) トリプル シングル
価格 16円 10〜17万円 7〜13万円 3〜6万円 1〜3万円

現在は6.5インチのXperia PRO-IXperia 1 IV、6.1インチのXperia 5 IV、6.0インチのXperia 10 IV、5.5インチのXperia Ace IIIの5機種が現行モデルとなっています。

型落ちモデルとしてXperia 1 IIIXperia 5 IIIXperia 1 IIXperia 10 IIIも継続販売しています。

費用をとにかく抑えるなら少し前のモデルを選ぶのも選択肢としていいでしょう。

\Xperiaを購入する/

Xperia 1より以前のモデルはXperia XZ3Xperia XZ2 Compactがあって、世代は古いですがハイエンドのSoCチップでそれなりに使えるので中古で安く買うならいいかもしれません。

Xperiaは21:9縦長ディスプレイを採用

Xperiaシリーズは2019年モデルのXperia 1を皮切りに21:9の縦長ディスプレイを搭載したのが特徴でXperia 5、Xperia 10も同じように21:9の比率のディプレイを採用しています。

(低価格モデルのXperia Ace IIIは19:9の画面比率を採用)

21:9と18:9の画面比率の違い
21:9と18:9の画面比率を比較

一般的なスマートフォンの画面比率は(19.5:9 〜 20:9)が多い中でXperiaは映画のシネスコサイズに合わせた21:9でAmazonプライムビデオやNetflixなど映画の画角のまま楽しめます。

映画だけでなく縦に長くて横に長い画面を活かせる2画面表示で表示領域が広くて情報が探しやすいメリットもあります。

Xperiaの2画面表示
2画面表示

2画面表示機能はAndroidスマホなら他メーカーでも普通に使える機能ですが21:9のディスプレイのXperiaなら2つのアプリを同時起動しても広い画面でコンテンツを表示できます。

YotTubeを見ながらTwitterをしても画面が狭いと感じることがないのでとても便利ですよ。

サイドボタン式指紋認証を搭載している

Xperiaシリーズはサイドボタン式指紋認証を搭載しているので、登録した指をボタンに触れるだけで画面ロック解除ができます。

Xperiaの指紋認証センサー
サイドボタン式指紋認証

2019年のXperia 1、5はボタンではなく指紋認証センサーで認証精度がイマイチでしたが、2020年のmark IIシリーズよりボタン式の指紋認証センサーになっています。

(以前のXZシリーズもボタン式の指紋認証センサーを採用していた。)

Xperiaシリーズは顔認証には対応していません。指紋は使えるのでマスクしててもどこでも使えますが、自宅などボケーっとしてるときに顔で認証できないのは少し不便です。

Xperia 1シリーズ

Xperia 1 IV
Xperia 1 IV

Xperia 1は2019年にXperia XZ3の後継機種として発売されたモデルで2020年にXperia 1 II、2021年にXperia 1 III、2022年にXperia 1 IVが出たハイエンドモデルです。

プロ向けのXperia PRO-IはXperia 1 IIIがベースとなっています。

Xperia 1 スペック
Xperia 1 IV 1 III 1 II
サイズ
解像度
6.5インチ(3,840 × 1,644ピクセル)
画面 4KHDR 有機EL
120Hz
4KHDR 有機EL
擬似90Hz
SoC Snapdragon 8 Gen 1 Snapdragon 888 5G Snapdragon 865 5G
メモリ 12GB 8GB
ストレージ 256GB 128GB
生体認証 サイドボタン式指紋認証
レンズ ZEISS T*(ティースター)
Dual PDセンサー 広角・超広角・望遠 広角
AF/AE演算 60fps(広角 / 超広角 / 望遠) 60fps(広角)
30fps(超広角 / 望遠)
高速連写 20コマ/秒(広角 / 超広角 / 望遠) 20コマ/秒(広角)
10コマ/秒(超広角 / 望遠)
広角 12MP(1/1.7型)・ƒ/1.7
超広角 12MP(1/2.55型)・ƒ/2.2
望遠 光学3.5倍〜5.2、12MP(1/3.5型)ƒ/2.3〜ƒ/2.8 光学2.9倍⇄4.4、12MP(1/2.9型)ƒ/2.3⇄ƒ/2.8 光学3倍、12MP(1/3.4型)ƒ/2.4
3D 3D iTOF
インカメラ 1220万画素・ƒ/2.0 800万画素・ƒ/2.0
オーディオ エンクロージャー型フロントステレオ ステレオ
Wi-Fi Wi-Fi 6(a/b/g/n/ac/ax)
Bluetooth 5.2 5.1
通信 5G(Sub-6・ミリ波) 5G(Sub-6)
バッテリー 5,000mAh 4,500mAh 4,000mAh
ポート USB-C、3.5mmオーディオジャック
モニター入力 対応
サイズ 165 × 71 × 8.2mm 166 × 72 × 7.9mm
重量 187g 188g 181g
カラー ブラック、アイスホワイト、パープル フロストブラック、フロストパープル、フロストグレイ ブラック、ホワイト、パープル
価格 ドコモ:190,872円
au:192,930円
ソフトバンク:199,440円
ドコモ:154,400円
au:178,800円
ソフトバンク:188,640円
中古:7万円前後
OS Android 12 Android 11 → 12 Android 10 → 11
発売日 2022年6月3日 2021年7月9日 2020年5〜6月(SIMフリー版は10月30日)

Xperia 1シリーズはどのモデルも6.5インチの21:9シネマワイドディスプレイを搭載しているので使用感・操作感はどれを選んでも違いはありません。

Xperia 1 IV・1 III・1 II
Xperia 1 IV・1 III・1 II

とはいえ、新しいモデルの方が高性能なSoCを搭載しカメラの画質が向上し性能が良いので快適にスマホを使いたいならXperia 1 IVまたは1 IIIがおすすめです。

Xperia 1 IVXperia 1 IIIは4K120Hzに対応した有機ELディスプレイを搭載して、トリプルカメラの望遠レンズでペリスコープカメラを採用した望遠カメラにこだわったハイエンドなモデルです。

Xperia 1 III以降のカメラはイメージセンサーにソニーのDual PDセンサーになってオートフォーカスの精度と速度も高速で撮影しやすくなったのが特徴となっています。

さらに、Xperia 1 IVは望遠カメラが可変式から光学ズームになって動画撮影で超広角から望遠まで撮影を停止せずに撮影できるスムーズズームに対応しライブ配信も可能になって動画撮影が強くなりました。

高性能で6.5インチの大きい縦長ディスプレイが欲しい、望遠ペリスコープカメラが欲しいならXperia 1シリーズはおすすめです。

\Xperia 1 IVをチェックする/

Xperia 5シリーズ

Xperia 5 IV
Xperia 5 IV

Xperia 5は2019年に発売されたコンパクトハイエンドモデルで、2020年にXperia 5 II、2021年にXperia 5 III、2022年にXperia 5 IVが発売となりました。

Xperia 5 スペック
Xperia 5 IV 5 III 5 II
サイズ
解像度
6.1インチ(2,520 × 1,080ピクセル)
画面 HDR 有機EL(50%明るい)
60 / 120Hz
HDR 有機EL
60 / 120Hz
SoC Snapdragon 8 Gen 1 Snapdragon 888 5G Snapdragon 865 5G
メモリ 8GB
ストレージ 128GB
生体認証 サイドボタン式指紋認証
レンズ ZEISS T*(ティースター)
Dual PDセンサー 広角・超広角・望遠 広角
AF/AE演算 60fps(広角 / 超広角 / 望遠) 60fps(広角)
30fps(超広角 / 望遠)
高速連写 20コマ/秒(広角 / 超広角 / 望遠) 20コマ/秒(広角)
10コマ/秒(超広角 / 望遠)
広角 12MP(1/1.7型)・ƒ/1.7
超広角 12MP(1/2.55型)・ƒ/2.2
望遠 光学2.5倍、12MP(1/3.5型)ƒ/2.4 光学2.9倍⇄4.4、12MP(1/2.9型)ƒ/2.3⇄ƒ/2.8 光学3倍、12MP(1/3.4型)ƒ/2.4
3D
インカメラ 1200万画素・ƒ/2.0 800万画素・ƒ/2.0
スピーカー フロントステレオ(音圧強化) フロントステレオ
Wi-Fi Wi-Fi 6(a/b/g/n/ac/ax)
Bluetooth 5.2、LE Audio 5.2 5.1
通信 5G(Sub-6)
バッテリー 5,000mAh 4,500mAh 4,000mAh
ワイヤレス Qi対応
ポート USB-C、3.5mmオーディオジャック
モニター入力 対応
サイズ 156 × 67 × 8.2mm 157 × 68 × 8.2mm 158 × 68 × 8.0mm
重量 172g 168g 163g
カラー ブラック、エクリュホワイト、グリーン フロストブラック、フロストシルバー、グリーン、ピンク ブラック、グレー、ピンク、ブルー
価格 12〜14万円 114,800円
中古:8万円
79,200円
中古:6万円
OS Android 12 Android 11 → 12 Android 10 → 11
発売日 2022年10月 2021年11月12日 2020年10〜11月

いずれのモデルも6.1インチの21:9の縦長有機ELディスプレイをで使用感はほぼ同じですが世代の新しいXperia 5 IVはSnapdragon 8 Gen 1を搭載した高性能モデルです。

Xperia 5 IVは画面輝度が50%明るくなって、内蔵スピーカーの音質が向上しバッテリー容量が増えて電池持ちが良くなってワイヤレス充電対応で細かいスペックアップしています。

Xperia 5 IV・5 III・5 II
Xperia 5 IV・5 III・5 II

ただし、望遠カメラが単焦点になって面白みがなくなりました。Xperia 5 IIIは可変式(70 – 105 mm)のペリスコープレンズで尖ったスペックだったので面白さを求めるなら5 IIIがいいかもしれません。

Xperia 5シリーズは6.1インチのディスプレイを採用しつつ本体横幅を抑えることで片手で使えるコンパクトハイエンドモデルです。性能を妥協したくないけどスマホは小さい方がいいという方におすすめです。

Xperia 10・8シリーズ

Xperia 10 IV
Xperia 10 IV

Xperia 10は元々は世界市場のみで販売されていたモデルで日本市場は2019年にXperia 8、2020年にXperia 10 II、2021年にXperia 10 III、2022年にXperia 10 IVが発売しています。

Xperia 10シリーズ
Xperia 10 スペック
Xperia 10 IV 10 III 10 II
サイズ
解像度
6.0インチ(2,520 × 1,080ピクセル)
ディスプレイ 有機EL
60Hz
HDR 有機EL
60Hz
有機EL
60Hz
SoC Snapdragon 695 5G Snapdragon 690 5G Snapdragon 665
メモリ 6GB 4GB
ストレージ 128GB 64GB
生体認証 サイドボタン式指紋認証
広角 1200万・ƒ/1.8 1200万・ƒ/2.0
超広角 800万・ƒ/2.2
望遠 ×2 800万・ƒ/2.2 800万・ƒ/2.4
インカメラ 800万画素・ƒ/2.0
オーディオ フロントモノラルスピーカー
Wi-Fi Wi-Fi 5(a/b/g/n/ac)
Bluetooth 5.1
モバイル通信 5G(Sub-6) 4G LTE
バッテリー 5,000mAh 4,500mAh 3,600mAh
ポート USB-C、3.5mmオーディオジャック
サイズ 153 × 67 × 8.3mm 154 × 68 × 8.3mm 157 × 69 × 8.2mm
重量 161g 169g 151g
カラー ブラック、ホワイト、ミント、ラベンダー(ドコモ) ブルー、ピンク、ブラック、ホワイト、イエロー(ドコモ) ブラック、ホワイト、ミント、ブルー(ドコモ)
価格 7万円前後 5万円前後 2〜3万円
OS Android 12 Android 11 → 12 Android 10 → 11
発売日 2022年7月 2021年5〜6月 2020年5〜6月

Xperia 10シリーズは画面サイズが上位の5シリーズとほぼ同じ6.0インチの縦長ディスプレイを搭載しつつ、性能と価格を抑えたミドルレンズスマホとなっています。

とはいっても、カメラは望遠カメラを含むトリプルカメラ仕様を搭載し、スペックはブラウジング、SNS、ちょっとしたゲームをするくらいなら十分使える性能を持っていますし片手操作もできる扱いやすいスマホに仕上がっています。

重たいゲームをプレイすることがない、カメラの画質もあまりこだわりがないならXperia 10 IV、Xperia 10 IIIはおすすめのモデルですよ。

\Xperia 10 IVを購入する/

Xperia Aceシリーズ

Xperia Ace III
Xperia Ace III

Xperia Aceシリーズは日本市場にのみ販売されている端末で、2019年にXperia Ace、2021年にXperia Ace II、2022年にXperia Ace IIIが発売となりました。

ディスプレイの比率は21:9ではなく一般的なスマホと同じなので縦長ディスプレイが苦手でコンパクトにやすいスマホが欲しい方におすすめです。

Xperia Aceシリーズ
Xperia Ace スペック
Xperia Ace III Ace II Ace
サイズ 5.5インチ 5.0インチ
解像度 1,496 × 720ピクセル 2,160 × 1,080ピクセル
パネル 液晶ディスプレイ(60Hz)
SoC Snapdragon 480 5G MediaTek Helio P35 Snapdragon 630
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
生体認証 サイドボタン式指紋認証
広角 1300万・ƒ/1.8 1300万・ƒ/2.0 1200万・ƒ/1.8
深度 200万・深度カメラ・ƒ/2.4
インカメラ 500万画素・ƒ/2.2 800万画素・ƒ/2.0 800万画素・ƒ/2.4
オーディオ モノラルスピーカー
Wi-Fi Wi-Fi 5(a/b/g/n/ac)
Bluetooth 5.1 5.0
通信 5G(Sub-6) 4G LTE
バッテリー 4,500mAh 2,760mAh
ポート USB-C、3.5mmオーディオジャック
サイズ 140 × 69 × 8.9mm 140 × 67 × 9.3mm
重量 162g 159g 154g
カラー ブラック、グレー、ブルー、ブリックオレンジ ブラック、ホワイト、ブルー ブラック、ホワイト、パープル(
価格 1.1〜3.5万円 0.5〜2万円 中古1〜1.7万円
OS Android 12 Android 11 → 12 Android 9 → 10
発売日 2022年6月 2021年5〜6月 2019年6月

Xperia Aceシリーズは初代は性能の高いモデルでしたが、Xperia Ace II以降はコンパクトなボディに性能と価格を抑えたエントリー向けのエクスペリアになっています。

スペックはとりあえずブラウジング、SNSするなら使える性能は持っています。とくにXperia Ace IIIはSnapdragon 480 5Gを搭載したことでまともに使える性能に進化しています。

ドコモ、au、UQ mobile、ワイモバイルでも買えるので手に入れやすいメリットもあります。

Xperia PRO-I

Xperia 1 Ⅲの上位モデルとしてXperia PRO-Iというカメラの性能を大幅に向上したモデルもあります。

基本スペックはXperia 1 Ⅲと同じで6.5インチの4Kディスプレイ、Snapdragon 888、12GBメインメモリを搭載しています。ストレージ容量は512GBと大容量となって写真、動画をたくさん撮影できるように強化しています。

Xperia PRO-I スペック
ディスプレイ 6.5インチ(3,840 × 1,644ピクセル)
4K HDR 有機ELディスプレイ
120Hzリフレッシュレート
SoC Snapdragon 888 5G
メインメモリ 12GB
ストレージ 512GB
生体認証 サイドボタン式指紋認証
リアカメラ 広角:1220万画素(1.0型)・ƒ/2.0
超広角:1220万画素・ƒ/2.2
望遠:1220万画素・光学2.1倍・ƒ/2.4
インカメラ 800万画素・ƒ/2.0
オーディオ エンクロージャー型ステレオスピーカー
通信性能 Wi-Fi 6(802.11ax)、Bluetooth 5.2、5G通信(Sub-6・ミリ波)
バッテリー 4,500mAh
防水防塵 IP68
NFC Felica対応(おサイフケータイ)
SIMカード デュアルSIM(nanoSIM)
ポート USB-C(3.2 Gen2)、3.5mmオーディオジャック、ワイヤレス充電非対応
サイズと重量 166 × 72 × 8.9mm・211g
価格 SIMフリー:198,000円
発売日 2021年12月15日

Xperia PRO-Iはリアカメラに1.0型の大型センサーを搭載した広角カメラを搭載しスマホとは思えないくらい高精細で雰囲気のある写真を撮影できるプロモデルとなっています。

PRO-I、1 IV、1 III、1 II 本体比較
PRO-I、1 IV、1 III、1 II

本体のデザインもスレッドの入ったスタイルでホールド感が向上し動画専用のボタンも搭載し、Video Pro動画専用アプリで動画配信もリアルタイムでできるようにもなっています。

世代としてはXperia 1 IIIと同じですが望遠よりも広角カメラの画質にこだわりたいならXperia PRO-Iはいい選択肢となります。価格も値下げされて15万円くらいで手に入れることができます。

Xperiaのサイズを比較

Xperiaはシリーズによって画面サイズが異なります。

Xperiaシリーズの画面サイズ比較
画面サイズ比較
  • Xperia Pro:6.5インチ
  • Xperia 1:6.5インチ
  • Xperia 5:6.1インチ
  • Xperia 10:6.0インチ
  • Xperia Ace:5.5インチ

Xperia Aceシリーズと旧世代のXperia以外は21:9の縦長のディスプレイを搭載しているので、シネマワイドの映画をフルサイズで楽しむことができ、PUBGモバイルなどのFPSゲームに適しています。

Xperia PRO-I、1、5、10は独自機能のサイドセンスによって片手でアプリの切り替えが可能となっています。

Xperia サイドセンス
サイドセンス機能

さらに、2画面表示機能も広い表示領域で情報収集も可能です。

Xperia 2画面表示機能
2画面表示機能

YouTubeの画面をしっかりと確保しながらTwitterやブラウジングができるので、マルチタスクでスマホを使うことが多い方にとっては使いやすい端末でし。

Xperia 1は6.5インチの大型ディスプレイを搭載していますが、他社メーカーのスマホと比べると本体の横幅が抑えられているので意外と片手で操作できてしまいます。

Xperiaシリーズ 画面サイズ比較
画面サイズ比較

Xperia 5、Xperia 10は68mmに横幅が抑えられていて完全んい片手操作ができるのでコンパクトにスマホを扱いたいという方におすすめできる端末となっています。

しかも、縦長なので2画面表示もしっかり使うことができます。

Xperiaの性能・動作速度を比較

Xperia 1、Xperia 5はどちらもハイエンドのSoC(システム・オン・チップ)を搭載しているので快適な動作速度となっています。

世代が新しいモデルの方がより処理速度が早いですが、2019年のXperia 1でも2021年のミドルレンジのXperia 10 IIIよりも性能は高くなっています。

Antutuで性能差を比較するとこんな感じです。

XperiaシリーズのAntutu性能

Snapdragon 8 Gen 1のXperia 1 IVXperia 5 IVは性能が高いですが888 5GのXperia 1 IIIXperia 5 IIIも十分すぎるほど処理性能が高くゲームも快適にプレイできます。

Xperia 性能差
Xperia 1 IV・5 IV 1 III・5 III 1 II・5 II 10 IV 10 III Ace III
SoC SDM 8 Gen 1 SDM 888 5G SDM 865 5G SDM 695 5G SDM 690 5G SDM 480 5G
RAM 12GB 12GB
8GB
8GB 6GB 4GB
トータル 900000 830000 635000 390000 345000 290000
CPU 220000 210000 182000 120000 110000 98000
GPU 390000 320000 210000 100000 76000 65000
MEM 150000 140800 102000 63000 63000 62000
UX 150000 150000 135000 100000 95000 70000

ミドルの695 5Gとハイエンドの865 5Gは2世代離れていますがハイエンドとミドルの壁は分厚く、2倍近い性能差があって意外と発熱しないのでゲームを長時間プレイするのに向いています。

Xperiaをとにかく快適に使いたいならSnapdragon 800シリーズのXperia 1シリーズ、Xperia 5シリーズがおすすめですが、ミドルのXperia 10 IVでもそれなりに快適に使えます。

エントリー向けのXperia Ace IIIはSnapdragon 480 5Gになったことで性能が向上しXperia 10 IIIに近い性能になったのでブラウジング、SNSくらいなら普通に快適に使えるスペックを持っています。

Xperiaのカメラを比較

Xperia 1、Xperia 5、Xperia 10ともにトリプルカメラ、Xperia Ace IIIはシングルカメラを搭載しています。

基本的にハイエンドのXperia 1とXperia 5は世代ごとに同じカメラを搭載し画質もほぼ同じなのでXperia 1/5シリーズ・Xperia 10・Xperia Aceで画質と性能が違う認識でいいでしょう。

Xperiaのカメラ比較
Xperia 1 IV 1 III・5 III 1 II・5 II 10 IV・10 III・10 II Ace III
レンズ カールツァイス ソニー
特徴 全カメラ:DP
AI超解像ズーム
Photo Pro
Cinema Pro
Video Pro
全カメラ:DP
AI超解像ズーム
Photo Pro
Cinema Pro
広角・超広角:DP
Photo Pro
Cinema Pro
標準カメラアプリ
標準カメラアプリ
広角 1220万・ƒ/1.7 1200万・ƒ/1.8 1300万・ƒ/2.0
超広角 1220万・ƒ/2.2 800万・ƒ/2.2
望遠 1220万
光学3.5倍ƒ/2.3 〜 光学5.2倍切替・ƒ/2.8
1220万
光学2.9倍ƒ/2.3 ⇆ 光学4.4倍切替・ƒ/2.8
1220万・光学3倍・ƒ/2.4 800万・光学2倍・ƒ/2.4
3D iTOF(Xperia 1シリーズのみ)
インカメラ 1200万画素・ƒ/2.0 800万画素・ƒ/2.0

DP(デュアルフォトダイオード)センサーはオートフォーカスの速度が高速なイメージセンサーで、Xperia 1 IV、5 III、5 IV、5 IIIは全カメラに、1 II、5 IIは広角と超広角カメラで採用しています。

ただし、望遠カメラは1 IV、1 III、5 IIIはペリスコープレンズを搭載し5 IVは一般的な単焦点レンズを搭載し撮影できる画角が異なります。

ハイエンドの世代間による画質の差

Xperiaのハイエンドシリーズは世代間でカメラの画質が微妙に異なるので、広角・超広角・望遠カメラの解像感、色合いの違いをXperia 1 IV、1 III、1 IIの3機種で比較して見ました。

Xperia 1 IV 広角カメラで公園を撮影
1 IV:広角カメラ
Xperia 1 III 広角カメラで公園を撮影
1 III:広角カメラ
Xperia 1 II 広角カメラで公園を撮影
1 II:広角カメラ

広角カメラはいずれも1220万画素(1/1.7型)のイメージセンサーにF/1.7のレンズを搭載してるため基本的に同じ画質で撮影が可能です。

Xperia 1/5 広角カメラ画質比較
部分拡大

ただ、処理が異なるのか色合いが少し異なり最新のXperia 1 IVはより高精細な写真に仕上がっています。(といっても、ほぼ誤差レベルですが。)

超広角カメラもいずれも1220万画素(1/2.55型)のセンサーにF/2.2のレンズを搭載しています。

Xperia 1 IV 広角カメラで公園を撮影
1 IV:超広角カメラ
Xperia 1 III 広角カメラで公園を撮影
1 III:超広角カメラ
Xperia 1 II 広角カメラで公園を撮影
1 II:超広角カメラ

ただ、なぜかXperia 1 IIIが最もぼやっとした画質になって1 IV、1 IIの方が解像感の高い写真に仕上がる傾向があります。謎です。

Xperia 1/5 超広角カメラ画質比較

Xperia 1 IIは以前はもう少し解像感に乏しい写真に仕上がる傾向がありましたが、いつしかのアップデートによりカメラの画質が改善したのかもしれません。

望遠カメラはXperia 1 IVが1220万画素(1/3.5型)のペリスコープレンズ、1 IIIが1220万画素(1/2.9型)のペリスコープレンズ、1 IIが1220万画素(1/3.4型)の単焦点レンズとなっています。

Xperia 1 IV 望遠カメラで公園を撮影
1 IV:望遠カメラ(×3.5)
Xperia 1 III 望遠カメラで公園を撮影
1 III:望遠カメラ(×2.9)
Xperia 1 II 望遠カメラで公園を撮影
1 II:望遠カメラ(×3)

ペリスコープ望遠レンズはライトの光の表現が煌びやかで華やかになるので個人的には1 IV、1 III、5 IIIはとてもいい感じに撮影できるので好きです。

また、ペリスコープ望遠レンズは被写体に寄って撮影ができるので物撮りにも使うことができます。

画質はセンサーサイズが1 IIIよりも小さくなった1 IVが高精細に撮影できています。意外にも1 IIIと1 IIは同じくらいの画質となっているでしょうか。

Xperia 1/5 望遠カメラ画質比較

また、PRO-I、1 IV、5 IV、1 III、5 III、10 IVは通常のデジタルズームだけでなく超解像AIズームで高精細な画質で写真を撮影が可能です。

光学の2.9倍望遠カメラ、広角カメラを2.9倍ズームし超解像AIズーム、デジタルズームで比較をしてみました。

光学望遠カメラの画質が最もキレイですが、超解像ズームを使うことでデジタルズームでも解像感の高い画質に仕上げることができています。

ハイエンドとミドル カメラの画質の差

ハイエンド(1/5シリーズ)とミドル(10シリーズ)でどれくらい画質に差があるのか比較してみます。2021年のXperia 1 III、2022年のXperia 10 IVで比較して見ました。

Xperia 1 III 広角カメラで水道の蛇口を撮影
Xperia 1 III 広角
Xperia 10 IV 広角カメラで水道の蛇口を撮影
Xperia 10 IV 広角

やっぱ違いますね。10 IVの広角カメラは1200万画素(1/2.8型)の小さいセンサーなので背景のボケ量が小さくHDRの処理も弱めとなって白トビ気味となっています。

夜もナイトモードならそれなりに白トビを抑えて撮影できますが、数秒間の撮影時間がかかるだけでなく画質はハイエンドのXperia 1 IIIの方が上となっています。

Xperia 1 III 広角カメラで夜の街を撮影
Xperia 1 III 広角
Xperia 10 IV 広角カメラのナイトモードで夜の街を撮影
10 IV 広角 ナイトモード

超広角カメラも夜だと10 IVは通常撮影だと白トビし解像感のない写真になってしまうので、ナイトモードを使っての撮影が基本となってしまうでしょう。

Xperia 1 IV 超広角カメラで夜の街を撮影
Xperia 1 IV 超広角
Xperia 10 IV 超広角カメラのナイトモードで夜の街を撮影
10 IV 超広角ナイトモード

ハイエンドとミドルのカメラの差は大きいですね。

Xperia 1 IV 望遠カメラで夜の街を撮影
Xperia 1 IV 望遠×3.5
Xperia 10 IV 望遠カメラのナイトモードで夜の街を撮影
10 IV 望遠×2 ナイトモード

Xperia 1 IVの方がよりズームして撮影できるだけでなく画質も上で暗いところだけでなく明るいところでの撮影も基本的にハイエンドのXperia 1シリーズ、5シリーズの方が良くなっています。

なお、動画撮影についてもXperia 10 IVよりもXperia 1 IV、5 IV、5 III、5 IIの方がクオリティの高くなっています。

色鮮やかさだけでなく、手ぶれ補正もしっかり抑えられているので、写真だけでなく動画撮影をすることが多いのならミドルレンジよりもハイエンドを選ぶのがおすすめです。

Xperia 10 IIIとXperia 5 IIの比較は動画でもしています。→ YouTube | シンスペース


Xperiaの内蔵スピーカーの比較

ハイエンドのXperia 1、Xperia 5シリーズはステレオスピーカー、Xperia 10、Xperia Aceシリーズはモノラルスピーカーなので、音楽や映画の視聴やゲームをするならハイエンドモデルがおすすめです。

いずれのモデルもフロントスピーカーで画面の目の前から音が鳴る感じですが、1 IV、1 III、5 IVはエンクロージャー化したことで本体との共振がなく引き締まったクリアなサウンドを楽しめます。

Xperia オーディオ比較
Xperia 1 IV・5 IV 1 III 5 III・1 II・5 II 10 IV・10 III Ace III
スピーカー フルステージフロントステレオ(エンクロージャー) フロントステレオ モノラル
ハイレゾ LDAC、aptX Adaptive LDAC
アップスケール DSEE Ultimate DSEE HX DSEE Ultimate
LE audio 対応 ×

また、圧縮音源をハイレゾ相当の音質にアップスケーリングしてくれるDSEEは最新モデルは「Ultimate」になってAIを使ってより高精度にハイレゾ化してくれるのでWF-1000XM4などハイエンドイヤホンで迫力のサウンドを楽しめます。

Xperiaの充電方式

XperiaシリーズはどのモデルもUSB-Cポートによる充電となりますが、Xperia 1 IV、1 III、1 II、5 IVがワイヤレス(Qi)による充電ができます。

Xperia 5 III、Xperia 5 IIは同じくハイエンドモデルではありますがワイヤレス充電は非対応となっています。

生活環境からケーブルを消し去りたいと考えてるなら大画面モデルのXperia 1 IIIかXperia 1 IIを選ぶのがいいでしょう。

Xperiaはどれがいい?

高性能大画面で望遠重視 → Xperia 1 IV

6.5インチの大きい画面のXperiaで高性能な望遠カメラが使いやすいモデルが欲しいならXperia 1 IVがおすすめです。

Snapdragon 8 Gen 1で性能が高くて4K HDR 120Hzの高品質ディスプレイで動画視聴やゲームを楽しめます。

Xperia 1 IV
Xperia 1 IV

Xperia 1 IVの望遠カメラは可変式ではなく3.5倍〜5.2倍(85mm〜125mm)光学ズームを搭載し超広角〜望遠までスムーズズームで動画撮影ができるように進化しています。

望遠カメラの画質はアップデートによって改善されて意外にもXperia 1 IIIよりも高精細に撮影できるのでペリスコープ望遠カメラを使って迫力の写真撮影をしたいなら1 IVはおすすめです。

最新モデルなので今後のアップデートも数年間ありますし最新のオーディオ規格のLE audioにも対応するのでとにかく新しくてペリス望遠のあるXperiaが欲しいならXperia 1 IVにしましょう。

\Xperia 1 IVをチェックする/

高性能大画面で広角重視 → Xperia PRO-I

望遠カメラよりも広角カメラの画質を重視するならXperia PRO-Iがおすすめです。世代は1 IIIと同じで1 IVよりも古くはなりますが十分快適に使えるモデルとなっています。

Xperia PRO-I
Xperia PRO-I

Xperia PRO-Iは1 IVと同じく6.5インチの4K HDR 120Hzに対応した有機ELディスプレイを搭載した2021年のハイエンドプロモデルです。

広角カメラに1.0型のイメージセンサー(実質1/1.3型)を搭載し雰囲気ある写真撮影が可能です。望遠カメラも50mm(×2)とポートレートで使いやすい画角で普段使いにおいては1 IVや1 IIIよりも使いやすいカメラかもしれません。

価格もこなれてきて15万円くらいで手に入れることができますし512GBのストレージ容量があってこの価格なら納得かもしれませんね。

Xperia PRO-Iはこちら

高性能小型で人物撮影重視 → Xperia 5 IV

6.1インチの小型Xperiaで高性能なモデルが欲しいならXperia 5 IVがおすすめです。Snapdragon 8 Gen 1で性能が高くて片手で操作できるのでとにかく使いやすいモデルとなっています。

Xperia 5 IV
Xperia 5 IV

望遠カメラは単焦点レンズの60mm(×2.5倍)になって標準的なスペックですが、子どもなど家族や猫ちゃん、ワンちゃんを撮影するには丁度いい画角で撮影はとてもしやすいです。

画質も高精細でキレイですし普通にポートレート撮影をすることがいいならXperia 1 IVよりも使いやすいカメラになってるので家族の写真や動画を撮影が多いなら5 IVにしましょう。

また、内蔵スピーカーもエンクロージャースピーカーを採用し1 IV、1 IIIに迫るくらい音質が良いのでオーディオにこだわる方もおすすめです。

価格も11〜13万円と手にしやすいのもいいですよね。楽天モバイルなら実質10万円台なのでかなり安いですよ。

\Xperia 5 IVをチェックする/

Xperia 5 IVはこちら

高性能大型で費用抑える → Xperia 1 III

価格と性能のバランスを考慮すると2021年のハイエンドモデルのXperia 1 IIIがおすすめです。価格も13万円に値下げされてるので手にしやすくなってきてます。

Xperia 1 III
Xperia 1 III

Xperia 1 IIIも望遠カメラにペリスコープレンズを搭載したハイエンドモデルで2.9倍(70mm)と4.4倍(105mm)で可変式となっています。

1 IVの85mmよりもポートレート寄りの画角なので人物撮影もしやすいので人を撮影することが多いなら1 IVよりも1 IIIの方がおすすめです。

内蔵スピーカーの音質も1 IV並に良いですし性能と価格のバランスは意外と取れてるので6.5インチの大画面4KディスプレイのXperiaで性能高いの欲しいなら選択肢としてアリです。

\Xperia 1 IIIをチェックする/

Xperia 1 IIIはこちら

高性能小型で費用を抑えたい → Xperia 5 III

片手操作と性能を重視しつつペリスコープ望遠カメラが欲しいならXperia 5 IIIがおすすめです。最新の5 IVの望遠カメラはペリスコ望遠廃止になったのでペリスコ欲しいならコレです。

Xperia 5 III
Xperia 5 III

基本スペックはXperia 1 IIIと同じでSnapdragon 888 5Gを搭載し120Hzのリフレッシュレートにも対応しゲームも満足いくレベルでプレイが可能です。

Xperia 5 IIIの望遠カメラは1 IIIとほぼ同じでペリスコープレンズを搭載し、2.9倍(70mm)と4.4倍(105mm)で可変式となっていて、ポートレート撮影にも適しています。

内蔵スピーカーの音質はそれなりでワイヤレス充電に対応していないなど5 IVよりも劣るところはありますが、価格は99,000円とハイエンドとしては安いのでおすすめです。

\Xperia 5 IIIをチェックする/

安いハイエンドな大画面が欲しい → Xperia 1 II

ミドルレンジ並の価格でハイエンドな大画面なモデルが欲しいなら2020年のハイエンドモデルXperia 1 IIがおすすめです。

Xperia 1 II
Xperia 1 II

Xperia 1 IIはドコモで販売が続けられていてMNP乗り換えなら57,200円で買うことができます。

ミドルのXperia 10 IVと同じくらいの価格でSnapdragon 865 5Gを搭載したハイエンドスマホが買えます。

カメラもカールツァイスレンズのトリプルカメラを搭載していますし基本性能は10 IVよりも圧倒的に上なので、「最新モデル」にこだわりがないなら1 IIはアリです。

Androidの最新OSのアップデートは受けられないですがセキュリティアップデートは定期的に配信されてるので、数年間は普通に使うことはできるでしょう。

小型ハイエンドで費用抑える → Xperia 5 II

Xperia 5 IIは6.1インチの片手操作できる2020年のハイエンドモデルで79,200円と安く買うことができるのでまだまだおすすめできるモデルです。

Xperia 5 Ⅱ
Xperia 5 Ⅱ

1 IIの小型版ですが120Hzのリフレッシュレートの有機ELディスプレイもしっかり搭載し、ペリスコ望遠カメラのない5 IVに似てるというか似ています。

ペリスコ望遠がいらないなら5 IVではなく5 IIでもいいかも?って思えるくらい十分に使えるスペックを持っており原神も普通に遊ぶことができます。

むしろ、発熱しにくいので5 IVよりも長時間プレイには敵してる可能性すらあります。(→詳しくはYouTubeのシンスペースチャンネルで比較しています。)

Androidのアップデート問題はありますが、1 IIよりも5 IIの方が個人的にはおすすめです、

Xperia 5 IIはこちら

4〜5万円で安く買う → Xperia 10 IV

最新モデルが欲しいけどハイエンドは高くてどうしようって方は2022年のミドルレンジとなるXperia 10 IVがおすすめです。

Xperia 10 IV
Xperia 10 IV

6.0インチの縦長有機ELディスプレイを搭載しフラットなデザインになって小型化してるので操作しやすいです。

また、Snapdragon 695 5Gを搭載しブラウジング、SNS、ちょっとしたゲームなら十分動くスペックとなっています。

何よりもデザインがフラットでマット調でカッコいいのがいいですよね。見た目はハイエンドのXperiaっぽく見えますしとにかくコンパクトにスマホを使うならXperia 10 IVはおすすめです。

\Xperiaを購入する/

Xperia 10 IVはこちら

3〜4万円でめちゃ安く買う → Xperia 10 III

もっと安くXperiaを手に入れたいなら2021年のミドルレンジモデル・Xperia 10 IIIがおすすめです。

Xperia 10 III
Xperia 10 III

ハイエンドモデルと比べると性能不足な感じはありますが、メッセージ、ブラウジング、Twitter、YouTubeを見るくらいなら十分な性能があって普通に楽しめます。

また、Xperia 10 IVで非対応となった4K撮影が10 IIIなら可能でHDR再生にも対応してるので、意外にもこちらの方が性能が高い部分もあったりします。

ただし、カメラの画質が思うほどよくない、レスポンスがよくないなどのデメリットもあるのでカメラをあまり使わないけど縦長ディスプレイのスマホが欲しいならXperia 10 IIIはおすすめです。

\Xperia 10 IIIを購入する/

2〜3万円でもっと安く買う → Xperia Ace III

さらにもっと、もっと安くXperiaが欲しい、縦長ディスプレイは少し苦手という方は2022年のエントリーモデル・Xperia Ace IIIがおすすめです。

Xperia Ace III
Xperia Ace III

Xperia Ace IIは動作が遅くて少しストレスがありましたが、Xperia Ace IIIは普通に使うなら十分快適に動かせるようになったので費用を抑えたい方にはおすすめです。

ただし、ディスプレイは暗いので外で使うことが多いならXperia Ace IIIではなくXperia 10 IVを選ぶのがいいです。

Xperia Ace IIIはこちら