Xperia 1 ファーストレビュー

ソニーモバイルがフラグシップスマホのXperia 1を2019年6月に発売しました。Xperia 1はXperia XZ3の後継機種でXperia XZ4という名称ではなくXperia 1という新しいモデル名として登場します。

この記事ではXperia 1のファーストレビューとスペック、発売日、価格、Xperia XZ3の外観デザインとスペックの違いを比較しています。

Xperia 1はソニーの技術を集結させたハイエンドスマホ。21:9というかなりマニアッくなCinema Displayに、3つのカメラを搭載するなど、エクスペリアらしい尖ったスペックになっているに注目ですよ。

Xperia 1・ Xperia XZ3 スペックの違いを比較

Xperia 1の新機能

Xperia 1の発売を前にブロガーミーティングが開催されて、Xperia 1の特徴やどんなところに拘っているかも書いています。

Xperiaブロガーミーティング

追記:Xperia 1を購入して実機レビューをしたので、どんなスマホに仕上がっているのか早く知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

端末名をXperia XZ4ではなくXperia 1とネーミングを刷新しています。

今季モデルの気合いが入っており、一から作り直したXperia。それがXperia 1。Xperia 1は数多くの新機能を搭載しテレビのBRAVIAやミラーレスカメラα、映像製作部門などで培った技術が活かされているそうです。

 Xperia 1 本体デザイン
Xperia 1の本体カラーは4色

ちなみに、Xperia 1の本体カラーはブラック、ホワイト、パープル、グレーがありますが、全4色あるのはauだけとなっていて、ソフトバンクはブラック、ホワイト、パープルの3色、ドコモはパープルとブラックのみの取り扱いとなっています。

↓ Xperia 1をキャリアで見る ↓

4K HDR対応 21:9のシネマワイドパネル

Xperia 1のディスプレイはXperiaシリーズ初となる21:9のシネマワイドスクリーンの有機ELパネルを搭載しています。

Xperia 1 ディスプレイの大きさ
21:9の超ワイドなディスプレイを搭載している

とにかく画面が縦に長くなっており、21:9のシネマワイドの映画を楽しんだりゲームを楽しむには最高のディスプレイと言っていいでしょう。

Xperia 1 21:9 シネマワイド画面
21:9の迫力の大画面

FPSゲームだと他のスマホでは確認できない横から来る敵をいち早く確認できるので、間違いなく有利にゲームを進めることができると思います(笑)

また、マルチウィンドウ機能を使うことで2画面表示してコンテンツを楽しむことも可能となっています。

Xperia 1 21:9 マルチウィンドウ
21:9のマルチウィンドウでマルチタスク

ディスプレイサイズは6.5インチとなり、解像度が4K(3,840 x 1,644ピクセル)に高画素化しており、テレビのブラビアで培った高画質化技術「X1 for mobile」を搭載する事でHDをSDRをHDR画質相当にアップコンバートができるようになっています。

超解像技術とHDRアップコンバートはXperia XZ3など現行モデルにも搭載している機能ではありますが「X1 for mobile」に進化することでYouTubeなどの動画をよりキレイに表現できるようになってそうです。

また、Xperia 1は4K HDRに対応した有機ELディスプレイを初搭載していて、映像制作者が意図した色を再現することができるクリエイターモードを搭載するなどディスプレイにはかなりこだわりを見せています。

Xperia1のクリエイターモード
マスタモニターと同じ技術を採用したディスプレイ

マスターモニターとは映画撮影の現場でも使われる1台400万円もするプロ向けのモニターです。

マスターモニターとXperia1
マスターモニターと同等画質のクリエイターモード

Xperia 1のクリエイターモードはマスターモニターの色合いに近くなっるように映画部門と連携を取りながら設定しており、映画監督が意図する色合いを忠実に表現できるディスプレイとなっているそうです。

公式でディスプレイのこだわりについての開発者インタビューが公開されています。

Xperia 1のディスプレイのスペックをまとめました。

Xperia 1 ディスプレイのスペック
  • 6.5インチ(3,840 x 1,644ピクセル)有機ELディスプレイ
  • 保護ガラスはCorning社のGorilla Glass 6を採用
  • 4K HDR対応(X1 for mobileを搭載しSDRをHDRにアップコンバート)
  • 映像制作者が意図した色を再現する「クリエイターモード」を搭載
  • ITU-R BT.2020 DCI-P3をサポートし深い黒、自然な色を表現可能に
  • シネマティックサウンド(DOLBY ATMOS)に対応
  • ゲームのパフォーマンスを最適化するゲームエンハンサーを搭載

画面比率21:9のディスプレイを搭載したことで、縦持ちした時に上にYouTubeを表示させて下にChromeなどのブラウザを表示させるといったマルチウィンドウ機能がかなり使いやすくなりそうです。

↓ Xperia 1をキャリアで見る ↓

Xperia初のトリプルカメラを搭載

Xperia 1はXperia初となるトリプルカメラを搭載しています。

Xperia 1 トリプルカメラレンズ
トリプルカメラレンジを搭載したXperia 1

画素数は1,900万画素から1,200万画素に低画素化してしまいましたが、3つのカメラを全て同じ画素数に統一することで違和感のない綺麗な写真を作り出すことができるようになったそうです。

Xperia 1のトリプルカメラがミラーレスカメラ・αシリーズの技術を集結しているということで画質と機能はかなり期待できます。

Xperia 1 トリプルカメラのスペック
  • 広角カメラ(26mm):1200万画素・f/1.6、光学式手ぶれ補正(Optical SteadyShot)
  • 超広角カメラ(16mm):1200万画素・f/2.4
  • 望遠カメラ(52mm):1200万画素・f/2.4、光学式手ぶれ補正(Optical SteadyShot)
  • スマホ初となる瞳AFに対応する
  • 1.4μmのデュアルフォトダイオードイメージセンサー
  • 新画像処理エンジン「BIONZ X for mobile」を搭載
  • 背景をボカす機能を搭載
  • 最大10fpsのAF/AEトラッキングによる連続バースト撮影
  • 映画のように動画撮影できる「Cinema Pro」モードを搭載

Xperia 1は3つのカメラを使い分けることで超広角撮影から光学2倍の望遠撮影できるように。さらに、f/1.6の明るいレンズと1.4μmピッチの大きなイメージセンサーを搭載することで暗所でもノイズの少ない綺麗な写真撮影が可能となっています。

Xperia 1 夜間撮影
夜景もブレずに綺麗に撮影できる

開発機で調整中とのことで細かい画質までは分かりませんでしたが、パッと見た感じは十分すぎるくらい綺麗な夜景が撮影されていたように思います。

実際にXperia 1で撮影されたサンプル写真をいただいたので掲載しておきます。ブログ用に画像圧縮していますが、雰囲気は伝わるのかなと思います。

まず3つのカメラの画角の違いはこんな感じになっています。

Xperia1 カメラの画角の違い

1200万画素とは思えないくらい高精細な写真を撮影することができます。

Xperia1 高精細な写真
Xperia1 カメラの画質

色合いも鮮やかで好印象ですね。

Xperia1 HDR撮影

夜景も光学式手ぶれ補正とHDR撮影によって綺麗に撮影することができるようです。

こちらの実機レビューでXperia 1で撮影した画像を掲載しています。超広角カメラなど面白い写真が簡単に撮影できるようになっていますよ。

スマホ初の瞳AFに対応

また、スマホ初となる瞳AFにも対応するのでオートフォーカスの性能が大幅に向上します。これはカメラ部門のαチームと連携して搭載できた機能なんだそうです。

従来のXperiaシリーズは顔追尾性能があまり良くなかったですが、瞳AFに対応したことでオートフォーカスの精度が向上しています。いずれ、動物の瞳AFにも対応してくれたらスゴイんですけどね。

また、最大10fps(100コマ)のAF/AEトラッキングによる連続バースト撮影も可能となっています。

撮影環境が悪いとコマ数が減ってしまうことがあるそうで、夜の部屋だと最大75コマの連続撮影ができました。瞳AFに対応しつつこれだけの連写性能があるってスゴイ…。

光学式手ぶれ補正を搭載している

Xperia 1は光学手ぶれ補正機能を内蔵しているのでブレの少ない撮影もできるようになっています。

Xperia 1 リアカメラ 光学式手ぶれ補正
光学式手ぶれ補正の効果

特に動画撮影時の手ブレを大幅に抑えることができるようになっています。夜の撮影なのに手ブレを抑えられているのはスゴイかも。

映画撮影ができるCinema Pro

Xperia 1にはCinema Proというアプリを搭載していて、21:9のソニーの映画撮影用カメラ「CineAlta」の雰囲気(21:9、4K HDR、24fps)ある動画を簡単に撮影できるようになっています。

Xperia 1のCinema Pro
Cinema Proで映画のような動画を撮影できる

簡単に書きましたがCinema Proは普通のカメラと違ってワンタップで綺麗な動画が撮影できるわけではなく、3つのレンズを切り替えて撮影ができたり、エフェクト、ISO、フォーカスなどマニュアルで操作して作り込むことで映画風の動画を撮影できるのです。

なので、使いこなすことができればかなり本格的に映画のような雰囲気ある動画を撮影することができます。

実際にXperia 1のCinema Proモードで撮影された動画がこちら。

めちゃくちゃ雰囲気いいですよね。ちょっとした動画を撮影するのに大掛かりな機材は必要なくなってしまうのかも…?

Xperia 1はソニーのカメラ技術をふんだんに搭載しているので写真と動画撮影に特化したスマホといってもいいかもしれないですね。

カメラ部門の開発の方にお話を伺いましたが、Xperia 1ではSONYの技術を結集させたというとにかく熱い想いが伝わってきました。

スマホのカメラは各社がしのぎを削っている分野ですが、イメージセンサーを始めミラーレスカメラを開発しているソニーらしく高性能なカメラになっているようでうです。

フロントカメラは筐体上部に搭載しています。

Xperia 1 フロントカメラ
フロントカメラは標準的な仕様

画素数は800万画素と標準的な仕様となっていますが綺麗に自撮りできるようになっています。フロントカメラはいたって普通のスペックではありますが、肌をキレイにしてくれるエフェクトなんかもあるので、自撮り写真は結構キレイに撮れるんじゃないかなと思います。

Dolby Atmosで臨場感あるサウンドに

Xperia 1はDolby Atmosに対応しており、内蔵スピーカーとイヤホン使用時に効果をONにできるようになっています。

Xperia 1のDolby Atmos
臨場感あるDolby Atmosサウンド

実際にヘッドフォンを使ってXperia 1のDolby Atmosを体験してみましたが、スゴイです。映画館で映画を見ているかのような立体感のある臨場感満載の迫力サウンドを楽しむことができます。

開発者の方にお話を伺ったのですが、他社のメーカーでもDolby Atmosに対応したスマホがありますがサラウンドが効きすぎて疲れてしまう音になっていることが多いそうです。

しかし、Xperia1は映画部門のあるSONYだからできる調整をしていて映画を通してDolby AtmosをONにして楽しむことができるようにこだわりを見せていました。

映画の音源だけでなくSponityやApple Musicなどの音楽、YouTubeなどの音源もDolby Atomsに対応しています。

イヤホンやヘッドフォンで聴くと普通の音楽なのにボーカルが目の前にいる雰囲気を味わるので、音楽をよく聞く方にもXperia 1はおすすめです。(音源によってDolby Atomsの効果は異なります。)

CPUプロセッサはSnapdragon 855を搭載

Xperia 1には最新のCPUプロセッサのSnapdragon 855を搭載してメインメモリ(RAM)は6GBの容量を搭載しています。

Xperia 1 CPU・RAM・ストレージ スペック
  • CPU:Snapdragon 855(1コア + 3コア + 4コア)
  • RAM:6GB
  • ストレージ:128GB
  • microSDカード:最大512GBまで

Snapdragon 855は2018年12月に発表された最新のプロセッサ(7nmプロセスルール)となっており Xperia XZ3にも採用されているSnapdragon 845よりもCPUの性能が45%、GPUの性能が20%ほど向上しています。

高性能コアを1コア + 3コア、高効率コアを4つ内蔵したオクタコアプロセッサですが、Snapdragon 855は高性能コアの一つが独立して駆動させることができるプライムコアにより起動速度が速くて安定した動作を得ることができるそうです。

つまり、ただ高性能なだけではなく安定した動作を実現することができるプロセッサということになります。

メインメモリ(RAM)の容量も6GBと多くなっているので21:9のディスプレイを使ったマルチタスクウィンドウによる作業もモタつくことなく快適にすることが可能となっています。

デザイン・スタイルの違いを比較

Xperia 1のデザインはXperiaらしいスクエア型の四角いスタイルに原点回帰しているのでXperia XZ3とは違う雰囲気となっています。また、Xperiaの伝統色ともいわれているパープルも復活しています。

Xperia 1とXperia XZ3 デザインの違い

Xperia XZ3はディスプレイも丸みを帯びたラウンドエッジスタイルになっていましたが、Xperia 1はXperiaらしいスクエアスタイルに戻りました。

ディスプレイが曲がっているのは見た目はカッコイイのかもしれませんが、あまり実用的ではなく見にくいと感じることもあるので、個人的は嬉しい原点回帰といえます。

Xperia XZ3とXperia XZ2 ディスプレイの違い
左:Xperia XZ3、右:Xperia XZ2

指紋認証センサーは背面中央からXperia XZ1と同じようにサイドフレーム中央 に移動しています。

Xperia 1の指紋センサー
指紋センサーはサイドボタンに内蔵

電源ボタン内蔵式の指紋センサーなのかなと思ったら、そうではなく、電源・スリープボタンは指紋センサーの横に搭載しています。

Xperia 1の筐体素材
ゴリラガラス6を採用した背面パネル

Xperia XZ3はGorilla Glass 5でしたがXperia 1はさらに傷が付きにくいGorilla Glass 6を採用しています。

Gorilla Glass 6はGorilla Glass 5の落下耐久性能よりも2倍向上しているので、ちょっとやそっとでは背面パネルが割れてしまうということはないのかもしれませんね。

まあ、油断してケースつけずに使ったら落としてバリバリになってしまった…という未来が見えなくもないですが(笑)

Xperia 1はIP65/IP68の防水防塵性を備えているので万が一水の中に落としてしまったり濡れてしまっても安心です。

スペックの違いを比較

Xperia 1とXperia XZ3のスペックの違いを比較しておきましょう。

Xperia 1 vs Xperia XZ3 スペック比較
 Xperia 1Xperia XZ3
ディスプレイ6.5インチ(3,840 x 1,644)有機ELディスプレイ、21:9、4KHDR、BRAVIA X1 for mobile6インチ(2,880 x 1,440)有機ELディスプレイ、18:9、HDR、Triluminos Display for Mobile
CPUプロセッサSnapdragon 855(オクタコア)Snapdragon 845(オクタコア)
RAM6GB4GB
ストレージ容量128GB
(国内版 64GB)
64GB
生体認証指紋認証・顔認証(Smart Lock)
メインカメラ広角:1200万(1/2.6インチ)、f1.6、光学式手ぶれ補正
超広角:1200万(1/3.4インチ)、f2.4
望遠:1200万(1/3.4インチ)、f2.4、光学式手ぶれ補正
1920万(1/2.3インチ)、F2.0
オートフォーカス顔追尾(瞳AF)に対応顔追尾に対応
フロントカメラ800万画素、F2.01320万画素、F1.9
サウンドステレオスピーカー
Dolby Atmos
ハイレゾ(LPCM, FLAC, ALAC, DSD)ハイレゾワイヤレス(LDAC)、DSEE HX、aptX HD
ステレオスピーカー
ハイレゾ(LPCM, FLAC, ALAC, DSD)ハイレゾワイヤレス(LDAC)、DSEE HX、aptX HD
LTELTE Cat.19(下り1.6Gbps)LTE Cat.18(下り1.2Gbps)
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
(4×4MIMO)
802.11 a/b/g/n/ac
(2×2MIMO)
Bluetooth5.0
防水/防塵防水(IPX5/8)水深1.5mで約30分間耐えれる性能
防塵(IP6X)
外部メモリmicroSDカード(最大512GB)
SIMカードnanoSIM(シングル or デュアル)nanoSIM
外部ポートUSB-C
ワイヤレス充電Qiに対応
バッテリー容量3330mAh3200mAh
サイズ167 x 72 x 8.2 mm153 x 72 x 11.1 mm
重量180g198g

Xperia 1は21:9のシネマワイドスクリーンを搭載しているのでXperia XZ3よりも縦サイズが153mmから167mmに長くなってしまっていますが、横サイズは72mmを維持しています。

筐体をスクエア型のスタイルに戻したことで本体の厚みが11.1mmから2.9mmも薄くなっていて重量も軽くなっています。

Xperia 1 本体の厚み
Xperia 1は大きいわりにかなり持ちやすい

ストレージ容量はグローバルモデルは128GBですがソフトバンク版は64GBの容量になってしまうようです。ドコモとauのXperia1もストレージ容量は64GBになってしまうのでしょうかね…。

また、Xperia 1はワイヤレス充電には非対応です。マジで?って感じですよ。

スペック表の文字抜けを期待しましたが実機でワイヤレス充電を試したけど駄目でした。au版のXperia 1の実機レビュー記事を公開しています。かなり使いやすいのでハイエンドスマホが欲しいならXperia 1はかなりおすすめですよ!

発売日と価格について

日本は2019年6月に発売へ

2019年4月16日に大手メディアを対象とした「Xperia 1 体験会」が開催されたことからXperia 1の日本発売は決定しましたがいつ発売されるかはまだ不明となっていました。

そんな中で、Xperia 1の発売日はソフトバンクが5月17日に予約を開始して6月中旬に発売、auとドコモもXperia1を6月に発売することを明らかにしています。

Xperia 1の端末価格(ソフトバンク)

ソフトバンクが大手キャリアで先駆けてXperia 1を2019年6月に発売を開始しています。

ソフトバンク版のXperia1の本体にはソフトバンクのロゴマークが入っていないモデルとなっていて、型番もXperia 1のみなのでシンプルな外観となっています。

ソフトバンクの端末価格(税込)
  • 端末価格:136,320円
  • 24回払い:5,680円 (半額サポートで実質68,160円)
  • 48回払い:2,840円

ちなみに、ソフトバンクでXperia1を8月7日までに購入すると5,000円分のPayPayボーナスを貰うことができるキャンペーンを受けることができます。

Xperia 1の端末価格(au)

auもXperia1を6月中旬以降に発売することを発表しました。端末価格は以下のとおりとなっています。

auの端末価格(税込)
  • 端末価格:112,320円
  • 24回払い:4,680円(アップグレードプログラムEXで実質65,520円)
  • 48回払い:2,340円

48回払いなら月々2,380円でXperia 1を購入することができるので、新料金プランのauフラットプラン7プラスを組み合わせで7,860円(料金プラン5,480円 + 端末代金2,380円)となります。

auも発売前に予約することでau WALLET 残高 5,000円分にキャッシュバックを受けることができるキャンペーンを実施するようです。

Xperia 1の端末価格(ドコモ)

ドコモもXperia 1を6月中旬に発売することを発表しました。端末価格は以下の通りです。

ドコモの端末価格(税込)
  • 端末価格:103,032円
  • 36回払い:2,862円
  • 24回払い(スマホおかえしプログラム):2,862円 × 24 = 68,688円

スマホおかえしプログラムは25ヶ月目に機種変更することを条件に残債が免除されるプログラムです。これを使えば実質68,688円でXperia 1を手にすることができます。ただし、機種は返却しないといけませんが。

↓ Xperia 1をキャリアで見る ↓

ソニーモバイルの2019年モデルのスマートフォンはかなり気合いの入ったモデルになっているようですね。Xperia 1の他にもミドルクラスのXperia 10/10 Plus、エントリーモデルのXperia L3も合わせて発表し従来のラインナップとは異なる戦略をとっています。

Xperia 10/10 Plus/L3のスペック

デザインの違いを比較

Xperia 10とXperia 10 Plusはいずれも21:9のシネマワイドスクリーンを搭載していて、Xperia 10は6インチ、Xperia 10 Plusは6.5インチのディスプレイとなっています。解像度はFull HD+であることが明らかになっており2,520 × 1,080ピクセルになっている可能性が高いようです。

Xperia 1は金属とガラスの複合筐体となっていましたが、Xperia 10/10 Plusは金属筐体となっているので落としても割れてしまうことがない、指紋が付かないというメリットがあります。

Xperia 10/10 Plus 外観デザイン

Xperia L3は5.7インチの18:9のワイドスクリーンを搭載しており、筐体は光沢のあるものが採用されています。おそらく樹脂素材なのかな?

Xperia L3 外観デザイン

新興国向けの端末なので日本での発売はなさそうです。たぶん。

スペックの違いを比較

Xperia 10/10 PlusとXperia L3のスペックを比較しておきましょう。参考までにXperia 1のスペックも記載しておきます。

Xperia 10/10 Plus/L3 スペック比較
 Xperia 1Xperia 10Xperia 10 PlusXperia L3
ディスプレイ6.5インチ(3,840 x 1,644)OLED、21:96インチ(FullHD+)LCD、21:96.5インチ(FullHD+)LCD、21:95.7インチ(HD+)LCD、18:9
CPUプロセッサSnapdragon 855Snapdragon 630Snapdragon 663Mediatek MT6762
RAM6GB3GB4GB3GB
ストレージ容量128GB64GB eMMC32GB eMMC
生体認証指紋認証・顔認証
メインカメラ1200万画素、f1.6
超広角:1200万画素、f2.4
望遠:1200万画素、f1.6
1300万画素、f2.0
深度:500万画素、f2.4
1200万画素、f1.75
望遠:800万画素、f2.4
1300万画素、f2.2
深度:200万画素、f2.4
フロントカメラ800万画素、F2.0
LTELTE Cat.19(下り1.6Gbps)LTE Cat.12(下り600Mbps)LTE Cat.6(下り300Mbps)
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
(4×4MIMO)
802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
防水/防塵防水(IPX5/8)水深1.5mで約30分間耐えれる性能
防塵(IP6X)
外部メモリmicroSDカード(最大512GB)
SIMカードnanoSIM(シングル or デュアル)
外部ポートUSB-C(USB 3.1)USB-C(USB 2.0)
3.5mmヘッドイヤホンジャック
ワイヤレス充電
バッテリー容量3330mAh2870mAh3000mAh3300mAh
サイズ167 x 72 x 8.2 mm156 x 68 x 8.4 mm167 x 73 x 8.3 mm154 x 72 x 8.9 mm
重量180g162g180g156g

Xperia 10/10 PlusはXperia 1と比較するとかなり性能が抑えられていますね。

Xperia 10の6インチという画面サイズは数字で見ると画面が大きそうに見えますが、縦長ディスプレイでインチ数が大きくなっているだけで本体の横幅は5.8インチのiPhone XSの70.9mmよりも幅狭サイズとなっています。

また、Xperia 1は3.5mmヘッドイヤホンジャックは非搭載ですが、Xperia 10/10 Plusは3.5mmヘッドイヤホンジャックを搭載してるのも特徴となっています。

Xperia 10/10 Plus/L3 価格

Xperia 10/10 Plus/L3の端末価格はかなり安くなっています。いわゆる格安スマホの価格帯ですよね。

Xperia 10/10 Plus/L3 スペック比較
 Xperia 1Xperia 10Xperia 10 PlusXperia L3
端末価格100,000円OVER?349ユーロ(約44,000円)429ユーロ(約54,000円)199ユーロ(約25,000円)

残念なことにXperia 10/10 Plusが日本での発売はされないようです。

代わりにNTTドコモが日本ローカライズモデルとなるXperia Ace(SO-02L)を2019年6月に発売します。

5.0インチのディスプレイを搭載したモデルでXperia XZ2 Compactの後継機種となっています。詳しくはこちらの記事をどうぞ!Xperia 1とXperia XZ2 Compactでスペックを比較しています。

↓ Xperia 1をキャリアで見る ↓

ドコモのスマホ(2019年夏モデル)はハイエンドモデルが5機種、スタンダードモデルが4機種あります。詳しくはこちらの記事をどうぞ!

なお、ドコモでは現在、Xperiaを含む対象機種を購入するとお得なスペシャルキャンペーンを実施しています。

Xperia XZ1 CompactやXperia XZ2 Compactはかなり安く購入できるので最先端の機能は特に必要ない方やコンパクトなXperiaが欲しい方におすすめです。