シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

XF35mmF2とXF35mmF1.4のどっち選ぶべき?画質やボケ味、使い勝手の違いを比較!


XF35mmF2 R WR vs XF35mmF1.4 R レビュー富士フイルムのミラーレス一眼カメラXシリーズのレンズは様々なモデルがありますが、同じ画角のレンズも存在しています。例えば、画角35mm(35mm換算53mm)のいわゆる標準レンズの「XF35mmF2 R WR」と「XF35mmF1.4 R」ですね。

同じ画角のレンズなのに複数ラインナップされているのは、それぞれ特徴が違うからなのかなと思いますが、ユーザー側としては本当にどっちを買っていいのか分からないです。

どっちも買えってことなのか?...買ってしまいました。ということで、「XF35mmF2 R WR」と「XF35mmF1.4 R」の違いをデザイン・防塵防滴・画質・ボケ量・AF速度で比較してみたいと思います。

 

XF35mmF2 R WRとXF35mmF1.4 Rの違いを比較

発売時期が違う

まず最初にXF35mmF2 R WRとXF35mmF1.4 Rは発売された時期が異なります。

XF35mmF1.4 RはFUJIFILM X-Pro1が初登場した2012年2月に同時発売された記念すべきレンズです。これだけでプレミアム感満載なんですが、X-Proシリーズのデザインと馴染むデザインなので、デザインだけでXF35mmF1.4 Rを選ぶ人もいるのかなと思います。

型式 XF35mmF2 R WR XF35mmF1.4 R
発売日 2015年11月19日 2012年2月18日

そして、2015年11月にXF35mmF2 R WRが発売されました。たった4年しか違わないので、XF35mmF1.4 Rがめちゃくちゃ古いという訳ではなく、現在も併売されているので好みの方のレンズを選べばいいのかなと思います。

デザインとサイズ・重量が違う

XF35mmF2 R WRとXF35mmF1.4 Rではデザインが違います。(左:XF35mmF2 R WR、右:XF35mmF1.4 R)

XF35mmF2 R WRとXF35mmF1.4 R レンズ デザイン比較

XF35mmF2 R WRが先細りデザインの小口径レンズとなっていますが、XF35mmF1.4 Rはオーソドックスなデザインの大口径レンズとなっています。なので、XF35mmF1.4 Rの方がサイズが大きくて重量も少しだけ重くなっています。

型式 XF35mmF2 R WR XF35mmF1.4 R
サイズ ø60.0mm x 45.9mm ø65.0mm×50.4mm
重量 170g 187g

と言っても、単焦点レンズなのでめちゃくちゃ軽いんですけどね。

FUJIFILM X-T2にそれぞれのレンズを装着してみましょう。(左:XF35mmF2 R WR、右:XF35mmF1.4 R)

X-T2 XF35mmF2とXF35mmF1.4 装着

印象が全く違いますよねー。大口径レンズの方がなんとなく雰囲気でXF35mmF1.4 Rの方が綺麗な写真が撮れそうな気がしてなりません。

ちなみに、両レンズとも標準のフードが付属しているのですが、XF35mmF2 R WRがプラスチックのねじ式の簡易フードが付いているのに対して、XF35mmF1.4 Rは金属性のしっかりとしたカッコいいフードが付いています。

X-T2 XF35mmF2とXF35mmF1.4 フード装着

ただし、XF35mmF1.4 Rのフードに別途付属しているカバーは絶対に失くします。ちょっとした弾みでどこかに吹き飛んでしまうので、フード装着時で持ち歩く時は外していた方がいいのかなと思います。

X-T2 XF35mmF1.4 フードカバー

コンパクトなXF35mmF2 R WRがいいのか?レンズらしいレンズXF35mmF1.4 Rがいいのか?さらに迷ってしまいますね。

携帯性を重視するなら間違いなくXF35mmF2 R WRです。個人的にはXF35mmF2 R WRの先細りデザインはX-T2と非常に合っていると思っていますし、本体重量が重たいX-H1に装着することでコンパクトに、軽くすることができるのは大きなメリットだなと思っています。

 

防塵防滴の違い

XF35mmF2 R WRは防塵・防滴・-10℃度の耐低温構造ですが、XF35mmF1.4 Rは防塵防滴は非対応となっています。

多少の雨でも問題はないとは思いますが、どこにでも持ち出すことができる安心感はXF35mmF2 R WRを選ぶことで得ることができます。

ちなみに、防塵構造のレンズでも普通の使ってるとレンズ内にゴミは入ってしまうので、普通のレンズよりもゴミが入りにくいという認識をしておいたほうがいいです。

絞り値(F値)の違い

それぞれのレンズで開放F値が異なります。

型式 XF35mmF2 R WR XF35mmF1.4 R
レンズ構成 6群9枚 (非球面レンズ2枚) 6群8枚(非球面レンズ1枚)
絞り形式 羽根9枚(円形絞り) 羽根7枚(円形絞り)
F値 F2〜16 F1.4〜16

XF35mmF2 R WRも開放はF2ととても明るいレンズとなっていますが、XF35mmF1.4 Rの開放はさらに明るくF1.4となっています。

つまり、夕暮れ・夜間の撮影や室内での撮影はXF35mmF1.4 Rの方が優位ということになります。ただし、F1.4だとかなりボケボケになってしまうので、ピントをガッチリ合わせないといけないので、使用用途はかなり限られてくるかもですね。

画質・ボケ味の違い

おそらく、画質やボケ方がどれくらい違いがあるのかが気になる人が多いのかなと思います。実際に使ってみると、正直なところ...違いがよくわかりませんでした。

多分ね、並べてどっちがどのレンズでしょうクイズしても答えられる人はほとんどいないんじゃないかなと思います。

実際に同じシチュエーションで撮り比べてみました。ボケ方など微妙に違うので、どちらが好きかで選ぶことはできるのかなと思います。

まずは、XF35mmF1.4 Rです。

XF35mmF1.4 作例1

F値を2.0に合わせているので、F1.4に開放すればもうしこしボケは増すことになると思います。次にXF35mmF2 R WRです。

XF35mmF2 作例1

XF35mmF2 R WRでも、かなり綺麗にボケてくれるているのが分かります。ただし、レンズ周辺域のボケ方が左右に流れる感じなので周辺域はかなり特徴的な描写になってしまうことがあるかもしれませんね。

ここからは左右に並べて比較してみますね。左がXF35mmF2 R WRで右がXF35mmF1.4 Rです。

XF35mmF2 vs XF35mmF1.4 作例2

XF35mmF2 vs XF35mmF1.4 作例3

XF35mmF1.4 Rの方が綺麗にボケてるのかな?ちょっとよく分かりません。ここからはXF35mmF1.4 Rは開放F1.4となりますのでよりボケみが増しているのをなんとなく感じることができるかなと思います。

20180506180033j:plain

20180506180052j:plain

XF35mmF1.4 vs XF35mmF2 夜間撮影違い

XF35mmF1.4 Rは開放F1.4までイケるので夜間撮影はとてもし易いですし、光の玉のボケ方もより大きくなるのでライトアップなどのシーンでは幻想的な撮影をすることができると思います。

XF35mmF1.4 vs XF35mmF2 ボケ量の違い

同じF2だとXF35mmF2 R WRの方がボケ量が大きいですが、F1.4にすればXF35mmF1.4 Rの方がボケ量は大きくなり、柔らかい写真を撮影することができそうです。ただし、ピント合わせがシビアになるので難易度はグッと上がる感じです。子どもの柔らかい雰囲気の写真とかF1.4で撮影できますが、難しいです。

レンズの歪み・接写距離の違い

XF35mmF2 R WRは糸巻型歪曲(レンズの四隅に引っ張られる感じ)がかなり酷いです。通常はあまり気にならないのですが、ブツ撮りするなど接写すると結構歪んでしまうんですよね。

左がXF35mmF2 R WRですがかなり歪んでいるのが分かります。右はXF35mmF1.4 Rで樽型歪曲ですが違和感はないですよね。

XF35mmF1.4 vs XF35mmF2 歪曲

また、XF35mmF1.4 Rの方が被写体にしっかりと寄ることができるので、テーブルフォトなんかでも使いやすいのかなと思います。

型式 XF35mmF2 R WR XF35mmF1.4 R
撮影距離範囲 35cm - ∞ 28cm~ ∞

なので、ブツ撮りや子どもをもっと近くで撮影をしたいのであればXF35mmF1.4 Rの方がいいのかなと思います。

AF速度の違い

オートフォーカス(AF)の速度はXF35mmF1.4 Rはとっても遅いです。ギーコギーコという駆動音を鳴らしながらピントがゆっくりと合っていく感じ。

一方で、インナーフォーカス方式の光学設計とステッピングモーター駆動を採用したXF35mmF2 R WRのAF速度はとても高速で静かにスッとピントが被写体に合っていく感じです。 

動き回る子どもをバシッと撮影することができるAF性能を持っているのはXF35mmF2 R WRです。XF35mmF1.4 RだとAF速度が追いつかずにボケ写真を量産してしまうことになります。

型式 XF35mmF2 R WR XF35mmF1.4 R
AF速度 最速0.08秒 ?(遅い)

実際に両レンズで我が子の怪獣でもある3人をバシバシと撮影してみたのですが、使いやすさは、追いつくことができるのはXF35mmF2 R WRです。子どもがおとなしい時はXF35mmF1.4 RのAFでも十分なんですけどね。

価格の違い

両レンズとも単焦点レンズで発売されてから時間が経っていることもあり、そんなに高くありませんが、XF35mmF2 R WRはXF35mmF1.4Rよりも2万円ほど安く購入することができます。

型式 XF35mmF2 R WR XF35mmF1.4 R
価格 37,000円〜40,000円 55,000円〜60,000円

この価格差をどう見るかですよね。レンズとしての基本性能(AF速度が高速で防塵防滴仕様)は価格が安いXF35mmF2 R WRの方が上です。画質もほぼ同じです。少なくとも僕の目には違うが分からない...。

確かに、XF35mmF1.4 Rの方がボケ量が多くて綺麗に写ることがありますし、レンズの歪みも少ないので、レンズとしての描画性能としてはXF35mmF1.4 Rの方が上なのかもしれません。

 

まとめ:どっちを選ぶべきか?

最後に「XF35mmF2 R WR」と「XF35mmF1.4 R」のどっちを選ぶべきなのかまとめます。

XF35mmF2 R WRが向いている人

  • とにかく軽いレンズがいい
  • 少しの雨の中でも撮影をしたい
  • 2歳〜7歳頃の動き回る子どもを撮影する
  • 2人以上子どもがいる

とにかく軽くしたいならこのレンズがサイズ的にもコンパクトなので非常にオススメです。また、動き回る子ども達を撮影するのにも適しているので、賑やかな家庭な方は是非このレンズを使って欲しいですね。

XF35mmF1.4 Rが向いている人

  • ポートレート撮影をしたい
  • ブツ撮りをしたい
  • 0歳〜1歳の子どもを撮影する

基本的には動くものを撮影するのには向いていないので、じっくりと向き合って撮るのなら、XF35mmF1.4 Rがいいのかなと思います。AFの駆動音がまた味がありますよ。

ちなみに僕は2本とも所持をしている状況ですが、XF35mmF2 R WRの方が使用率は高いですね。やっぱりAF速度が速いのはとても大きいです。使いやすいです。価格も安いですし、FUJIFILMの初めての単焦点レンズとして選ぶにはいいのではないでしょうか。

X-H1やX-H2、XF16-55mmF2.8などFUJIFILMのレビューをいくつかしているので参考にしてください!