シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

Windows 10 SモードとWindows 10 Home/Pro 機能の違いとSモードを解除する方法も!


Microsoftが新しいバージョンとなるWindows 10 Sを発表しました。

いわゆるWindows 10 Proの簡易バージョンとなっており、Windowsストアからインストールいしたアプリしか実行することができない、既定のブラウザーとしてMicrosoft Edgeしか使うことができないなどの制限があるバージョンとなっています。

(追記:2018年4月にWindows 10(Sモード)と名称が変わり、いつでも通常版のWindows 10に変更することが可能です。)

 

簡易版のWindows 10 Sモードについて

Windows 10 Sモードとは

必要のない機能を省き、Windowsストアのアプリしか使うことができないことからパフォーマンスとセキュリティに特化され高速かつ安全なパソコンライフを手に入れることができるのはいいかもしれません。起動に関してもWindows 10 Proと比較してWindows 10 Sモードは10秒ほど高速になっているそうなので、機動性も通常のバージョンよりも高くなるのかもしれません。

20170503123814j:plain

なお、「S」は(セキュリティ、シンプルさ、優れたパフォーマンス、ソウル魂)を示しているとのこと。

Windows 10 SモードとWindows 10 Home/Proの機能比較

Windows 10 SとWindows 10 Home/Proの機能を簡単に比較してみます。

  Windows 10 Sモード Windows 10 Home Windows 10 Pro
Windows ストア以外のアプリケーション ×
オンプレミスのドメイン参加 ×
Azure AD ドメイン参加 ×
Windowsストアのアプリ
ビジネス向けWindowsストア ×
Windows Update for Business ×
モバイル デバイス管理 (MDM) 制限あり
Bitlocker(USBメモリやDVD-ROMなどを保護) ×
Azure ADのEnterprise State Roaming ×
共有 PC 構成 ×
ブラウザ Microsoft Edgeのみ サードパーティ製のブラウザに対応
検索エンジン Bingのみ Googleなどに変更可能
Windows 10 Proへアップグレード -

→ Windows 10 S に関してよくある質問 

こうやって比較すると家庭で広く使用されていると思われるWindows 10 Homeよりも出来ることが多いんですよね。ただ、Windows ストアにあるアプリしか使うことができないという。Windows 10 HomeではなくWindows 10 Proの簡易バージョンという感じですね。

ブラウザはMicrosoft Edge、検索エンジンもBingに固定される

注意点としてはWindowd 10 SモードのブラウザはMicrosoft Edgeのみしか使用することができません。

WindowsストアにはGoogle Chromeなどが存在しますがSモードの制限によってインストールして使うことができませんし、Chromeを直接ダウンロードしてインストールしようとしてもできないようになっています。

Windows 10 Sモード 野良アプリインストール不可

またEDGEの検索エンジンはBingに固定されてしまうのでGoogleやYahooの検索エンジンを使用することは許されないようでね。これ、本当なのかな。もし、そうだとしたら普及してほしくないんですけど。(→本当でした。Windows 10 SモードのEDGEは検索エンジンを変更できない仕様になっています。)

もしですよ。あり得ないと思うけどWindows 10 Sがインストールされたパソコンがたくさん普及してしまったら、Bing検索を使う人が増えるということになり、ブログでGoogle/Yahooの検索を頼ってる人たちにとっては無視できない存在になりかもしれません。

まあ、今更ノート型のパソコンが売れまくるということはないと思いますが。

Hyper-Vは非対応

Windows 10 Proで対応しているHyper-Vには対応していないので、仮想化環境を作ることはできないようです。

まあ、簡易バージョンなので当然でしょうか。

Windows 10 Sモードは企業でも使い勝手はいいのかも

Windows 10 Sモードは教育機関向けに設計されたOSとなっていますが、セキュリティが求められる企業にとっても導入しやすいのかもしれません。Windowsストアにあるアプリしかインストールすることができないので、社員が勝手に怪しい野良アプリをインストールするというリスクを減らすことはできそうです。

 

One Driveで容量の少ないPCにも対応

Windows 10 Sモードは性能が低いノートPCを想定したものとなっており、ストレージ容量の少ないノートPCでもOne Driveを利用することで簡単にクラウド上にデータを保存することができます。

Window 10 Sモードはデータをクラウド上に保存することも想定しており、PCの設定をUSBメモリに保存することで、別のWinodws 10Sを搭載したPCに挿すだけで保存した設定を使って使用することができる機能も搭載されています。

SモードがプリインストールされているPCは基本的にストレージ容量が少なくなり、価格が安いモデルが多くなりそうです。Acer、Asus、Dell、富士通、東芝、HPの各社からWindows 10 SをとおプリインストールしたPCを発売する予定となっており、価格は189ドル(約20,000円)から設定されます。

Surface LaptopにSモードが搭載されている

MicrosoftのSurfaceブランド「Surface Laptop」にWindows 10 Sがプリインストールされています。

20170503123720j:plain

Surface Laptopは日本でも販売してが開始されておりCore i5 + 8GB RAM + 128GB SSDを搭載したモデルであれば126,800円で買うことができます。

Surface GoにSモードが搭載されている

2018年8月28日にリリースした10インチのSurface GoにもWindow 10 Sモードがプリインストールされています。下位モデルの4GB RAM + 64GBモデルであれば64,800円で購入することができるので非常にリーズナブルに手に入れることができます。

実際にSurface Goを買ってみたのでレビュー記事を参考にしてください!

Sモードを解除して通常版にする方法

Windows 10 SモードがインストールされたPCからWindowsストア経由で通常版の Windows 10 にアップグレードすることも可能となっています。

Sモードを解除うするには「すべて設定」→「システム」→「バージョン情報」→「Windowのエディションをバージョンアップ」から「ライセンス認証」にアクセスをします。

よく分からなかったら「設定の検索」に「ライセンス認証」と入力すれば簡単にアクセスできます。すると「Windows 10 Homeに切り替えるにはMicrosoft Storeに移動します」と表示されているのでこのリンクをクリックします。

Windows 10 Sモード解除方法

Microsoft Storeに移動し「Sモードをオフにする」の画面が表示されるので「入手」から「インストール」してSモードを解除してください。

Windows 10 Sモードを解除する

Sモードの解除は再起動もなしで一瞬にして完了します。Sモードを解除すると二度と元に戻すことができないので注意が必要ですが、まあ基本的に問題はないのではないでしょうか。

追記:「Windows 10 S」から「Sモード」に

Microsoftが現在エディションとして位置付けられているWindows 10 Sをそのほかのエディションに組み込まれた「モード」として実装することを発表しました。

つまり、低価格PCにもWindows 10 Home、Pro、Enterpriseがインストールされることになり、工場出荷時にSモードをONにして出荷されることになるようです。

ユーザーはエディション関係なしでSモードをOFFにすることができるので、いつでもフルバージョンのWindows 10を使うことができるようになるということになります。

低価格帯のPCに機能制限をしたバージョンのWIndows 10 Sを使わすのではなく、よりシンプルに使ってもらえるように簡易モード的なモード切り替えによってユーザビリティを向上させようとしているのかもしれません。

(この記事は2017年5月3日に公開したものを2018年8月に修正・加筆しています。)