シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

iPhone XRとiPhone XS どっちがおすすめ?サイズ・スペックの違いを比較!


iPhone XR vs iPhone XS 違いを比較

iPhone XRが2018年10月26日から発売が開始しますが、先にリリースされたiPhone XSと画面サイズが近いのでどっちを選ぶべきなのか非常に悩ましい問題です。

ということで、iPhone XRとiPhone XSはどっちがおすすめなのか、サイズやスペックの比較、どのような視点で選ぶべきなのかを詳しく書いていきたいと思いますが、この記事では「iPhoneXRでいいんじゃないの?」というスタンスで書き進めたいと思います。

 
↓ iPhone XS/XS Max/XRをキャリアで買う ↓

iPhone XR・iPhone XS どっちがおすすめ?

iPhone XRとiPhone XSのサイズ・スペックの違いを比較

違いを簡単に比較

iPhone XRとiPhone XSの違いを簡単にまとめるとこんな感じでしょうか。

iPhone XR・iPhone XSの違い
  • XSよりもiPhone XRの方が本体サイズと画面サイズが大きい
  • XSはダブルカメラ、iPhone XRはシングルカメラを搭載
  • XSはステンレスフレーム、iPhone XRはアルミフレーム
  • iPhone XRのストレージはちょうど良い128GBを選べる
  • XSは3色、iPhone XRは6色から選べる
  • iPhone XRはProduct REDを選べる
  • XSは水深2m、iPhone XRは水深1mで最大30分耐えれる
  • バッテリーはiPhone XRの方が長く持つ
  • iPhone XRの方が28,000円安く買える

iPhone XRとiPhone XSの違い 概要

iPhone XRは6.1インチのディスプレイを搭載しています。iPhone XSよりもiPhone XRの方が画面サイズが大きいので動画コンテンツは迫力の大画面で見ることができます。

iPhone XRは絶妙な画面サイズとなっており、5.5インチのiPhone 8 Plusよりも本体サイズは小さいけど画面はiPhone XRの方が大きいので、従来のPlusを使っていた方は受け入れやすいものになるでしょう。

ディスプレイ、カメラ、耐水の性能はiPhone XRよりもiPhone XSの方が上なので基本性能を重視したいならiPhone XSがいいと思いますが、少しでも安く最新のジェスチャー操作することができるiPhoneを使ってみたい方はiPhone XRがおすすめとなっています。

個人的にはiPhone XRはProduct REDを発売当初から買うことができるので非常に魅力的なiPhoneだなぁーと思っています。

では、もっと詳しくiPhone XSとiPhone XRの違いについて比較してみたいと思います。

iPhone XRの方が少しだけサイズが大きい

iPhone XSのディスプレイは5.8インチですが、iPhone XRは6.1インチと一回り大きなディスプレイを搭載しているので、本体サイズもiPhone XRの方がおおきくなっているのが特徴となっています。

  iPhone XR iPhone XS
本体サイズ 150.9 x 75.7 x 8.3 mm 143.6 x 70.9 x 7.7 mm
重量 194 g 177 g

2018年モデルのiPhoneは全てのモデルが大きなディスプレイを搭載しているので、どれを選んでも迫力あるコンテンツを楽しむことができるようになっていますが、片手操作はiPhone XSの5.8インチがギリギリだと思います。

iPhone XS 片手操作

なので、画面サイズが大きい6.1インチのiPhone XRを片手操作はかなり厳しいと思っていた方がいいでしょう。

iPhone XRがどうして6.1インチというサイズにしてしまったのか。おそらく、従来のiPhone 8 Plusを使っていたユーザーも気軽に乗り換えができるように配慮したのではないでしょう。

iPhone 8/8 PlusとiPhone XRのサイズ

iPhone XRはiPhone 8よりもかなり大きくなりましたが、iPhone 8 Plusよりも本体サイズがコンパクトになったのに画面は大きくなりました。

iPhone XS Maxの端末価格は124,800円とかなり高額になってしまったので、そう簡単にiPhone 8 Plusから乗り換えというわけにもいきませんが、iPhone XRならiPhone 8 Plusの初期価格の89,800円よりも安い84,800円で買えるので買い替えもしやすいのかなと思います。

iPhone 8を使っていた4.7インチユーザーが完全に置いてけぼりとなってしまっていますが、iPhone 8の初期価格だった78,800円よりも5,000円プラスするだけで6.1インチの大きな画面を使うことができるという考え方もできると思います。

Phone XRも全面ディスプレイを搭載している

iPhone XSとiPhone XRは両機種ともホームボタン非搭載の全面ディスプレイを搭載したモデルで上部に切り欠きのノッチのあるデザインスタイルとなっており、背面パネルにはガラスが使用されているので、基本的なデザインは全く同じといっていいでしょう。

iPhone XSとiPhone XR

画面のロック解除やApple Payの支払い決済は顔認証のFace IDを使うことになります。これはiPhone XSとiPhone XRの共通機能となっており認証速度も同じです。

iPhone XSのサイドフレームはステンレス素材なのに対して、iPhone XRはアルミ素材なので雰囲気としてはiPhone XSの方が高級感のあるデバイスとなっています。

iPhone XS・XR ステンレスフレームとアルミフレーム

ただし、普通に使っていてもステンレススチールは細かい傷や指紋が付きやすくなっているので、傷などに敏感ならアルミを採用しているiPhone XRの方が余計な心配をしなくていいのかもしれません。

iPhone XRは6.1インチと画面が大きく液晶ディスプレイを搭載

iPhone XSは5.8インチの有機ELディスプレイを搭載していますが、iPhone XRは6.1インチと一回り大きい液晶ディスプレイを搭載しています。有機ELディスプレイは次世代のパネルでテレビでも普及が進んでいるのでこれからスタンダードなディスプレイになっていくでしょう。

  iPhone XR iPhone XS
画面サイズ 6.1インチ 液晶ディスプレイ 5.8インチ 有機ELディスプレイ
解像度 1,792 x 828ピクセル(326ppi) 2,436 x 1,125ピクセル(458ppi)
コントラスト比 1,400:1(標準) 1,000,000:1(標準)
最大輝度 625cd/m2(標準)
その他 -
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
Haptic Touch
HDRディスプレイ
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch

液晶よりも有機ELの方が解像度はiPhone XRよりもiPhone XSの方が高くなっていますが、パッと見で判別することは非常に困難です。ちなみに、iPhone XRの画面解像度はiPhone 8と同じ326ppiとなっています。

有機ELと液晶の違いを簡単にまとめるとこんな感じです。

  • 有機EL(OLED):バックライトなしで自ら光るので漆黒のクロ、鮮やかなカラーを表現でき、省電力。
  • 液晶(LCD):バックライトがないと光ることができない、明るくすると黒が白っぽい黒になるなるので黒の表現が少し苦手。

スペック上で比較すると有機ELディスプレイの方が完全に良さそうですが、同じ画面を表示しっぱなしにすると画面の焼き付き問題などがあるなど一長一短あります。

 

液晶ディスプレイよりも有機ELディスプレイの方が画質が良いのは事実で有機ELの方が色がくっきりと表示されるので写真をとても色鮮やかに表現することが可能です。また、解像度もiPhone XRよりもiPhone XSの方が高いのでサムネイル表示など細かい表示はiPhone XSの方が綺麗だったりします。

有機ELディスプレイと液晶ディスプレイの画質の違い

(左:有機ELディスプレイ、右:液晶ディスプレイ)

ただし、肉眼で見る限りではその違いを判別することはほぼ不可能なので普通に使うにおいては気にする必要のないレベルとといっていいでしょう。

有機ELディスプレイと液晶ディスプレイの色合いの違い

(左:有機ELディスプレイ、右:液晶ディスプレイ)

iPhone XRだから画面の画質が悪いというわけではないので安心してiPhone XRを選んでもOKです。

iPhone XRのリアカメラはシングルカメラ

iPhone XSのリアカメラはデュアルカメラ仕様ですが、iPhone XRのリアカメラはシングルカメラ仕様となっています。

iPhone ダブルカメラとシングルカメラ

(画像はiPhone XとiPhone 8のカメラ)

iPhone XSだけではなくiPhone XRも従来のiPhoneよりも32%大きい1200万画素のイメージセンサーを採用しているようでスマートHDRにも対応しているのでズーム機能を使わなければiPhone XS、iPhone XRともほぼ同じ画質の写真が撮影することができるということになります。

(公式サイトに「iPhone XRのカメラセンサーは、より深く、より大きなピクセルを採用しました」という記載があります。)

  iPhone XR iPhone XS
広角カメラ 1200万画素(従来よりも32%大きなセンサーサイズ)
ƒ/1.8のレンズ
望遠カメラ - 1200万画素
ƒ/2.4のレンズ
手ぶれ補正 光学式手ぶれ補正 デュアル光学式手ぶれ補正
ズーム性能 -
最大5倍のデジタルズーム
2倍の光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム

iPhone XSとiPhone XRともにスマートHDRによって、逆光などの厳しい撮影環境でも綺麗な写真を撮影することが可能となっています。

iPhone XSのスマートHDR

(左:iPhone XSのスマートHDR、右:iPhone X)

iPhone XSは望遠カメラを搭載しているので最大2倍(デジタルズームは最大10倍)までズームすることができますが、iPhone XRは広角カメラのみなのでデジタルズームで最大5倍までしかズームすることができません。

iPhone XSの5倍ズームは光学2倍ズームを組み合わせているので、デジタル5倍ズームをしているiPhone XRよりもくっきりと撮影することが可能となっています。

iPhone 望遠ズームの画質の違い

(左:ダブルカメラ 5倍ズーム、右:シングルカメラ 5倍ズーム)

つまり、遠くのモノをズームして撮影するならiPhone XSの方が有利ですが、ズーム機能をほとんど使わないならiPhone XRでもiPhone XSと同じように綺麗な写真を撮影することができるのです。

ポートレート機能は従来のiPhoneはダブルカメラの画像データを合成することで背景をボカす処理をしており、iPhone XやiPhone 8 Plusの上位モデルでしか使うことができませんでした。

しかし、A12 BionicプロセッサのニューラルエンジンとISPがものすごく性能が向上したことで、シングルカメラのiPhone XRでも被写体を背景から正確に区別できるようになり、iPhone XRでも背景をボカすことができるポートレートモードを使うことができるようになり、ボケ量を調整できる深度コントロールもすることができます。

ボケ味の精度はiPhone XSよりも劣るかもしれませんが、iPhone XRでも簡単に背景をボカすことが可能なので、ズーム機能にこだわらないのならiPhone XRを選んでもなんら問題はないと思います。

 

iPhone XRのCPUの性能は同じ、RAMの容量が違う

iPhone XRはiPhone XSと同じA12 Bionicプロセッサを搭載しているので基本的な性能は全く同じです。

  iPhone XR iPhone XS
プロセッサ A12 Bionic
RAM 3GB 4GB
ストレージ 64GB
128GB
256GB
64GB
256GB
512GB
ズーム性能 -
最大5倍のデジタルズーム
2倍の光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム

ただし、RAMの容量がiPhone XSが4GBなのに対してiPhone XRは3GBとなっているらしい(公式では発表されていない)ので、マルチタスクによる作業や動画の書き出しなどの作業についてはiPhone XRよりもiPhone XSの方が処理速度が速い可能性が高いでしょう。

Geekbenchにより各モデルのスコアが公開されています。

  iPhone XR iPhone XS
プロセッサ A12 Bionic
シングルコアスコア 4786 4795
マルチコアスコア 10855 11175
Metal(GPU) 21391 21208

ストレージ容量については、iPhone XSとiPhone XRともに最小容量が64GBとなっていますが、iPhone XSだとその次の容量が一気に飛んで256GBになってしまいます。

しかし、iPhone XRならちょうど良い128GBを選ぶことができるので容量に悩むことはありません。

LTE通信速度の違い

iPhone XRのLTEはiPhone Xと同じLTE Cat.15に対応していますが、iPhone XSはLTE Cat.16に対応し同じLTE回線でもiPhone XSの方が少しだけ通信速度を高速化することが可能となっています。

  iPhone XS iPhone X
LTE Cat. Cat.16
(ギガビット級LTE)
Cat.15
(4G LTE-Advanced)
下りスピード 79.81Mbps 58.67Mbps
上りスピード 14.29Mbps 11.83Mbps

iPhone XRと同じLTEカテゴリーのiPhone XでLTEの通信速度をiPhone XSと比較をしてみましたが、ギガビット級LTEをうたっているiPhone XSの方が20MbpsほどLTE通信の速度が速くなっていることが分かります。

iPhone XS LTE通信速度

もちろん、使用する場所によっても思ったより速度が伸びなかったりしますが基本的にiPhone XSの方が通信速度は速くなっているのは間違いないようです。

iPhone XRのバッテリー駆動時間は最も長い

iPhone XSよりもiPhone XRの方が本体サイズが大きいこともあり、より大容量のバッテリーを内蔵することが可能となったのでiPhone XRの方がバッテリー駆動時間が長くなっています。

  iPhone XR iPhone XS
バッテリー容量 2942mAh 2658mAh
連続通話時間
(ワイヤレス)
最大25時間 最大20時間
インターネット利用 最大15時間 最大12時間
ビデオ再生
(ワイヤレス)
最大16時間 最大14時間
オーディオ再生
(ワイヤレス)
最大65時間 最大60時間
高速充電に対応 30分で最大50%充電

実はiPhone XRはiPhone XS Maxよりもバッテリーの持ちが良くなっているのですが、これは画面の解像度がiPhone XS/XS Maxよりも低いことからCPUに掛かる負荷が少ないことが影響しているのではないかとみられています。

iPhone XRの耐水防塵性能はIP67等級に

iPhone XS、iPhone XRともに耐水防塵仕様となっていますが、iPhone XSの方が耐水性能は上となっています。

  iPhone XR iPhone XS
等級 IP67 IP68
仕様 水深1メートルに最大30分間の耐水性能 水深2メートルに最大30分間の耐水性能

基本的に耐水であり防水ではないのでもしiPhoneが水没して故障してしまっても保証対象外となるので注意です。

なので、普通の生活をしていて水深2メートルの水にiPhoneを落としてしまうことはほぼないと思うので、iPhone XRのIP67等級の耐水性能があれば必要十分なのかなと思います。

iPhone XRは豊富なカラーバリエーションがある

カラーラインナップはiPhone XSは3色(シルバー、スペースグレイ、ゴールド)ですが、iPhone XRは6色(プロダクトレッド、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルー)の中から選ぶことができます。

iPhone XR カラーラインナップ

ゴールドカラーはiPhone XRにはありませんが、これだけカラフルなカラーラインナップになるのはiPhone 5c以来でiPhone XRと決定的に違うのは基本スペックは上位モデルのiPhone XSと同じだということでしょう。

2018年モデルのiPhoneでProduct Redを手に入れることができるのはiPhone XRだけです。6.1インチの画面サイズに納得することができればiPhone XRを選ぶメリットはこれだけであるのではないでしょうか。

iPhone XRの端末価格は84,800円と安い

iPhone XRとiPhone XSの価格差は28,000円となっています。

モデル iPhone XR iPhone XS
64GB 84,800円 112,800円
128GB 90,800円 -
256GB 101,800円 129,800円
512GB - 152,800円

ストレージ容量が64GBだと足りない場合はiPhone XSだと256GB(129,800円)となってしまいますが、iPhone XRなら128GB(90,800円)を選ぶことができ、その差額は39,000円です。

64GBのストレージ容量は少ないと思う方は多いかもしれませんが、256GBもいらないと思う方も多いと思います。iPhone XRならちょうど良い128GBモデルを選ぶことが可能となっています。 

また、iPhone XRはドコモなら購入サポートに対応した端末となっているので2018年11月26日よりiPhone XR(64GB)であれば実質価格・24,000円で買うことができるようになります。キャリアでiPhone XRを購入した場合の月々の料金をこちらの記事に詳しく書いているので参考にしていただければと思います。

 

iPhone XR・iPhone XS どっちを買うべきか

iPhone XRがおすすめの人は

iPhone XRはカラーバリエーションが豊富で価格も安いなどメリットは数多くあります。

  • 画面は大きい方がいい
  • iPhone 7 Plus/iPhone 8 Plusからの乗り換え
  • バッテリーの持ちは長い方がいい
  • 128GBモデルが欲しい
  • 10万円以下で最新のiPhoneが欲しい

従来のiPhoneではダブルカメラでないと背景をボカすことができませんでしたが、iPhone XRに搭載されたA12 Bionicプロセッサのおかげでシングルカメラでも背景をボカすことができるポートレートモードを使えるようになり、深度コントロールも調整することができます。

2018年モデルの基本的な新機能はiPhone XRでも使うことができるので、強いこだわりがないのであればiPhone XRという選択肢はとても良いのかなと感じます。

なお、キャリアでiPhone XRを買うならドコモが一番安く費用を抑えられます。2018年11月26日より購入サポート端末になり64GBモデルなら実質負担25,000円でiPhone XRを手に入れることができます。めちゃくちゃ安いです。詳しくはこちらの記事(→iPhoneXRが発売1ヶ月で値下げ!どこが安いのか価格をキャリアで比較してみた!)を参考にしていただければと思います。

↓ iPhone XS/XS Max/XRをキャリアで買う ↓

iPhone XSがおすすめの人は

これからのiPhoneのスタンダードモデルは間違いなくiPhone XSといっていいと思いますが、iPhone XSを選ぶべき人は少しでも写真を綺麗に撮影したい人になるでしょう。

  • なにがあっても片手操作をしたい
  • カメラの画質(特に望遠)にこだわりたい
  • 3D Touchを使って操作したい
  • プールや海などの水辺でiPhoneを使うことが多い
  • ゴールドモデルを使いたい

iPhone XSは容量が一番少ない64GBモデルですら112,800円というかなり高額なデバイスなので、カメラの画質の違いでそのメリットを見出すことができるかになりそうですが、片手操作にこだわるのであればiPhone XSを選ぶことになりそうです。

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの違いについてはこちらの記事を参考にしていただけたらと思います!

iPhoneのカラーの選び方、ストレージ容量の選び方、保護フィルムの必要性についてはこちらの記事をどうぞ!