WF-1000XM4 レビュー

ソニーが完全ワイヤレスイヤホン・WF-1000XM4を2021年6月25日に発売しました。

WF-1000XM4は従来モデルから大きくデザインを一新しサイズもとってもコンパクトになりました。本体が小さくなったのに音質、ノイズキャンセリング性能、使いやすさが大きく向上した革新的なモデルとなっています。

ということで、WF-1000XM4のデザイン、サイズ、音質、機能をレビューしたので、実際に使ってみてどうなのかを評価していきたいと思います。WF-1000XM4の購入を検討している方は参考にしてみてください。

WF-1000XM4 レビュー

WF-1000XM4の特徴

WF-1000XM4
WF-1000XM4
WF-1000XM4の特徴
  • イヤホン本体のデザインがシンプルに
  • イヤホン本体がコンパクトで軽くなった
  • 装着性が向上しつけ心地がとても良い
  • Sony V1チップで音質、ANC、電池持ちが向上
  • LDAC対応でワイヤレスでハイレゾ音源を楽しめる
  • 電池持ち(単体/ケース併用):ANCオン 8/24時間、ANCオフ 12/36時間
  • IPX4の生活防水に対応し濡れても使える
  • 本体カラー:ブラック、プラチナシルバー

WF-1000XM4はイヤホン本体のデザインが完全一新されて丸みのあるシンプルなスタイルに変更となっています。従来のモデルはイヤホン本体は横長に長く重量感のあるスタイルでしたが、かなりブラッシュアップしてきた感じがします。

本体が小さくなっただけでなく、Sony V1チップを採用することでノイズキャンセリングの性能、音質、電池持ちが大幅に向上、生活防水にも対応しさらに使い勝手のいい性能へと進化を遂げています。

イヤホンのサイズがこんなにも小さくなったのにバッテリー駆動時間が6時間 → 8時間に伸びているのはいいですよね。電池が切れて音楽が聴けなくなるというシーン減りそうですね。

また、充電ケースはワイヤレス充電に対応しサイズもコンパクトになって持ち運びもしやすくなっています。

WF-1000XM4はWF-1000XM3と同じシリーズとは思えないくらい、見た目だけでなく中身も進化しており、2年の技術の進化を伺うことができるワイヤレスイヤホンとなっています。

パッケージと付属品

WF-1000XM4のパッケージは竹、さとうきび、市場で回収したリサイクル紙を由来とするソニー独自開発のオリジナルブレンドマテリアルを使ったプラスチックを全廃したパッケージ包装です。

めちゃくちゃ小さいパッケージに驚き。そして、イヤホンのパッケージデザインもプラスチックを排除です。この流れは必然なのかもしれませんがソニーが先陣を切るとは、なかなやりますね。

箱の中身を開けるとこんな感じです。

イヤホン、ケースの本体と説明書が入っている簡易手順が書かれた箱が収められています。説明書などが入った箱の下に各サイズのイヤーチップが入っています。

WF-1000XM4は耳にねじ込むタイプのカナル型イヤホンです。サイズの異なるイヤーチップを付属してくるので自分の耳にあったものを選ぶことができます。さらに、充電ケーブルはUSB-A to Cのものが付属しています。

充電ケーブルの長さは15cmほどで短いので、モバイルバッテリーのお供に外で充電するためのケーブルとしても使うことができそうですね。

ワイヤレス充電対応の小型充電ケース

WF-1000XM4の充電ケースはサラサラとした手触りの良い樹脂素材を採用した丸みのあるスタイルとなっています。

WF-1000XM4の充電ケース
WF-1000XM4の充電ケース

それぞれの色に合わせた単色となっており従来モデルのWF-1000XM3とは一味違うスタイルになっており、従来モデルのWF-1000XM3は高級感のあるスタイルだったのに対してWF-1000XM4はよりカジュアルになって音楽をより身近に楽しむことができる、そんな印象を受けます。

そして、何よりもこのコンパクトさに驚きを隠せないですよね。WF-1000XM4のケース体積をWF-1000XM3より約40%も小さくなっています。

WF-1000XM4 充電ケースのサイズ(実測)
  WF-1000XM4 WF-1000XM3
高さ 39mm 53mm
横幅 67mm 78mm
奥行き 28mm 28mm
重量(イヤホン込み) 41g 77g

驚くべきスリムダウンです。ほんとにソニーのイヤホンを手にしているのだろうかと思ってしまうほどですが、雰囲気としてはWF-SP800Nの充電ケースと似ているかもしれませんね。

また、WF-1000XM4の最大の改善点といってもいいのが(そんなわけない)充電ケースが自立して立つことができるようになったことです。

WF-1000XM4は自立します
WF-1000XM4は自立します

これはほんとに待ち望んでいたアップデートです。WF-1000XM3は横向きにしかケースを置くことができなかったので、イヤホンを戻すときに必ず手に持つ必要がありますが、WF-1000XM4なら置いたまま蓋を開けてイヤホンを戻すことができます。

WF-1000XM4の充電ケースはケース後ろ側にUSB-Cポートがあるので付属の充電ケーブルを使って充電できます。

WF-1000XM4 充電ポート
USB-Cポートに対応

充電器は付いてこないので今使っているスマホの充電器を使って充電するのもいいです。USB-C PDによる充電にも対応しているのでモバイルノートのPCのUSB-Cポートからの充電も可能です。

さらに、WF-1000XM4の充電器はワイヤレス充電にも対応しています。

WF-1000XM4 ワイヤレス充電
ワイヤレス充電に対応

Qi対応のワイヤレス充電器を使うことでWF-1000XM4をワイヤレスで充電ができてしまいます。充電ケースの大きさが小さくなったのにワイヤレス充電にも対応してしまったのでまさに敵なしといった感じですね。

ちなみに、充電ケースが小さくなってバッテリー駆動の時間は大丈夫なの?って心配になるかもですが、WF-1000XM4は充電ケース併用で最大24時間の音楽再生ができます。これはWF-1000XM3と同水準となっているので電池持ちの心配は問題ありません。

イヤホン本体のデザイン

WF-1000XM4のイヤホンデザインは丸みのあるスタイルにデザインが大きく変わりました。完全にWF-1000XM3からの路線と決別をしてほんとにゼロから作り出したんだろうなと思わせる全く新しいソニーの完全ワイヤレスイヤホンとなっています。

WF-1000XM4 イヤホン本体
イヤホン筐体デザイン

イヤホンサイズも小型軽量化を実現していて重量は片耳で従来モデルが8.5gだったのが7.3gになっています。ほんとに小さくて軽い。

WF-1000XM4のサイズ感
コンパクトなサイズ感

いや、このサイズのワイヤレスイヤホンは他メーカーでもあるんですけど、ここにソニーの高音質テクノロジーが凝縮されてることが胸熱です。WF-1000XM4とWF-1000XM3を比較するとこんな感じですね。

WF-1000XM4とWF-1000XM3
WF-1000XM4とWF-1000XM3

デザインが全く違うので違うシリーズのイヤホンかと思ってしまうほど、完全一新したのがわかります。

また、デザインだけでなく質感の高い素材を採用していることもあり汚れがつきにくいのもいいところです。

WF-1000XM4の装着性について

WF-1000XM4は従来モデルと同じように耳にねじ込むタイプのワイヤレスイヤホンとなっていますが、イヤホン本体と耳の接触面を増やすことを目指した「エルゴノミック・サーフェース・デザイン」を採用しています。

エルゴノミック・サーフェース・デザイン
エルゴノミック・サーフェース・デザイン

WF-1000XM4とWF-1000XM3では大きく形状が違うのが分かります。

WF-1000XM4とWF-1000XM3
WF-1000XM4とWF-1000XM3

従来モデルは大きなイヤーチップを耳に突っ込んで太くなったノーズ部分で安定を保っていたのに対して、WF-1000XM4はイヤホン本体と耳が接着するようなデザインに変更となっています。

WF-1000XM3はイヤホン本体が大きく走ったりするとイヤホンがブレてしまい装着感がかなりありましたが、WF-1000XM4はイヤホン本体で安定を保っているおかげか、ピタッとイヤホンが耳にくっ付いていて安定感がとても良いです。

また、走っているときもイヤホンを付けてる感じが少なく快適に運動をすることができます。

従来モデルのWF-1000XM3は歩いている時の足音が耳元に響いて不快な感じになってしまいますが、WF-1000XM4はそのようなこともなく、違和感なく走ることができます。

耳にフィットしているのでずっと装着しても大丈夫なくらい耳への負担が少なく快適です。また、イヤーピースも独自開発のポリウレタンフォーム素材のノイズアイソレーションイヤーピースを採用することで付け心地がソフトで耳が痛くなることもあります。(個人差はあるかと思います。)

ポリウレタンフォーム素材のイヤーピース
ポリウレタンフォーム素材のイヤーピース

この素材は中に空気層があるため耳の形状によって形が自在に変化するため耳との密着度がよくなって遮音性の向上にも一役買っているようですね。

なお、最適なイヤーピースをアプリで判定する機能があります。

もし、密閉されていないという警告が出たら違うサイズのイヤーピースを試すことができます。感覚ではなくしっかりと判定してくれるので助かります。

ノイズキャンセリングが凄い

WF-1000XM4はパッシブ & アクティブノイズキャンセリンング(ANC)機能を対応しているので、周囲の騒音を掻き消して「静」を耳元に手に入れることができます。

ヘッドホン本体の外側と内側に2つのマイクを搭載し効率的にノイズを集音する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を搭載し、ノイズキャンセリングの性能が向上しています。

デュアルノイズセンサーテクノロジー
デュアルノイズセンサーテクノロジー

ノイズアイソレーションイヤーピースを採用したことで耳との密着度が良くなっているのもノイズキャンセリングの性能が向上した1つの要素となっています。

また、Bluetoothとノイズキャンセリングプロセッサーを1つのチップに統合したSoC(システム・オン・プロセッサ)・V1を搭載することでWF-1000XM3よりも低遅延でのノイズ処理ができるようになっているそうですよ。

こちらはソニーの公式ページに公開されているノイズキャンセリングの効果をグラフにしたものでWF-1000XM4はWF-1000XM3よりもより多くのノイズを低減できているとしています。

実際のノイズキャンセリング効果ですが、これが凄いです。

耳につけた瞬間に周囲の雑音がスッと消えていきます。この表現、いろんなイヤホンのレビューでも使っていますが、WF-1000XM4はレベルがとても高い。車のロードノイズはほぼ聞こえないくらいに消えますし、空調の騒音もキレイに消えます。

WF-1000XM4
ノイズキャンセリングのマイク

スタバなどのカフェの話し声はさすがに聞こえますが、かなり声量は抑えられていますし、WF-1000XM3をさらに上をいくノイキャン性能となっていますよ。WF-1000XM4はイヤホン本体がコンパクトなので、装着したまま寝っ転がることができるのがいいところです。

従来モデルはイヤホン本体が大きいので隣に寝ている同居人のいびきが煩いときに使おうと思っても使えないというデメリットがありました。いや、使えるのですが頭を横に向けるとイヤホンが刺さって痛いのです。

しかし、WF-1000XM4はイヤホン小さいので装着したまま寝て、横に向いても痛くないですし、そう簡単に外れないのでかなり使えます。

こういう使い方をしないにせよ寝ながら音楽を聴くということは普通にあると思いますし、イヤホンを使えるシチュエーションの幅が広がるのはとてもいいことですよね。

風切り音がかなり少なくなった

ノイズキャンセリング機能を搭載しているイヤホンは装着している状態で強風に煽られると風の音が増幅してしまいますが、WF-1000XM4は風切り音がノイズキャンセリング機能をオンの状態でもかなり抑えられています。

従来モデルのWF-1000XM3はランニングしているだけでも風切り音をかなり感じることがありますが、WF-1000XM4はうまく抑えられています。

もちろん、強風になると風切り音が大きくなってしまうのですが、WF-1000XM4はフィードフォワードマイクはかぜを検知すると自動的にOFFとなって風切り音を抑えることができる「自動風ノイズ低減」機能が搭載しています。

イヤホン本体が風を検知するとノイズキャンセリング用のフィードフォワードマイクがOFFになって自動的に風切り音を低減してくれるので、風の強い日なんかはとても便利に使うことができそうです。

外音取り込み機能が向上した

WF-1000XM4はアンビエントサウンド(外音取り込み)モードに対応しているため、イヤホンをしたまま外の音を取り込むことができるので、レジなどイヤホンを外さずに対応することができます。

取り込んだ音はとても自然で違和感なく会話することができます。

また、個人的にいいなと思ったのが「スピーク・トゥ・チャット」という自分が話始めた瞬間にノイズキャンセリング → アンビエントサウンド(外音取り込み)モードに自動で切り替えてくれる外音取り込み機能です。

これがめちゃくちゃ便利すぎてずっとイヤホンを装着し続けたくなります。

家で音楽を聴きながら作業しつつ、子どもが来て何か話しかけられたとしても自分が声を出せば自動的にノイズキャンセリングがOFFになってアンビエントがONになるので、何も操作をしなくてもいいのです。とにかく楽ちん。

ただし、独り言をしたり、大きめの咳払いをしただけでもアンビエントがONになるので独り言が多い方は設定はOFFにしておいた方がいいかもです。

WF-1000XM4の音質について

WF-1000XM4はドライバーの磁石体積を大きくしつつ振動板の可動性を高めた新開発の6mmドライバーユニットを搭載し音質が向上しています。

たいして変わってないのでは?と思ってたんですけど、実際に視聴してみると間違いなく音質は向上しています。WF-1000XM3もそれなりに音質の良いイヤホンでしたが、全体的な音のクオリティがワンランク上がって一皮剥けた感じがします。

音質はソニーらしいメリハリのあるサウンドなので好みはあるのかなと思います。ただ、低音がとても力強く鳴るようになって、中高音の解像感が豊かになってより自然な音質になったように感じます。

とくに中高音の解像感が向上したのはかなり感じます。従来モデルのWF-1000XM3はイコライザーをOFFにした状態だと少し音が篭った感じがあったので実はイコライザーで中高音域を持ち上げて聴いていました。

しかし、WF-1000XM4はイコライザーをOFF(フラット)の状態でも中高音域の音がクリアに、1つ1つの楽器がしっかり鳴っています。ボーカルの息遣いもしっかり感じることができます。

LDACでハイレゾ相当の音楽を楽しめる

WF-1000XM4はワイヤレスでもハイレゾ相当のクオリティで音楽を楽しむことができるようになりました。一般的なコーデックのSBC、AACの最大約3倍の情報量(最大転送速度990kbps)で伝送できる高音質コーデックのLDACに対応したんですね。

ハイレゾ相当の音楽を聴くにはスマートフォンがLDACに対応してる必要があり、ソニーのスマホ・Xperia 1 ⅡXperia 5 Ⅱなどハイエンドスマホで対応しています。また、他メーカーでもGalaxy S21Galaxy S20Pixel 5などもLDACに対応しています。

専用アプリのHeadphones Connectアプリから「接続優先モード」 → 「音質優先モード」にすることでLDACの高音質サウンドを楽しむことができます。

また、ハイレゾに対応していない圧縮音源のコンテンツを楽しむときも「DSEE Extreme」のAI(人工知能)技術よりリアルタイムに楽曲の情景を分析してハイレゾ相当の音質にアップスケーリングしてくれます。

iPhoneはLDACに対応していないのでHeadphones Connectアプリから「DSEE Extreme」をONにすることで、Apple MusicやYouTubeの音源をアップスケーリングして高音質サウンドに変えてくれます。

従来のWF-1000XM3などにも「DSEE HX」という機能があってMP3やAACなどの圧縮音源の失わた高音域の微小な音を再現する機能が搭載されていましたが、WF-1000XM4はさらに精度の高いアップスケーリング機能を使うことができます。

先日、Apple MusicがAppleロスレスに対応しましたがAndroidのApple Musicはまだハイレゾ再生に対応していません。また、外でストリーミング音楽を聴く場合もハイレゾ音声を聴くにはデータ容量が多いのでまだまだ圧縮音源を使うことが多いですよね。

そのような場合も、「DSEE Extreme」を使うことで圧縮音源を高音質で楽しむことができます。

WF-1000XM4
■ 評価:
5
■ 低音:
5
■ 中音:
5
■ 高音:
5
■ 解像感:
5

WF-1000XM4のバッテリー持ち

WF-1000XM4は電池持ちがノイズキャンセリングをONにした状態で6時間 → 8時間に伸びていますが、実際にどれくらいの電池持ちになってるのか計測してみました。

13:30頃から音楽を3時間ほど、付けたままノイズキャンセリングモードにしたり、アンビエントサウンドにしたりして2時間ほど、合計で5時間使って100% → 40%となっていました。

ずっと音楽を聴いていたわけではないですがWF-1000XM4は7〜8時間くらいは普通に使うことができそうですね。

現在使っているWF-1000XM3は購入して2年経過しているためバッテリー劣化により2時間くらいしか使えないため正確な時間は不明ですが、購入当時はおそらく5〜6時間くらいの電池持ちだった記憶があり、そんなに長く持つ印象はありませんでした。

WF-1000XM4はそこそこ電池持ちは向上しているように感じます。

接続が簡単になった(Google Fast Pairに対応)

WF-1000XM4は接続が少し簡単になっていてBluetoothの画面から接続をしなくてもGoogle Fast Pairという機能を使ってペアリングができるようになっています。

このようにウィンドウが自動的に表示し接続、セットアップができるようになっています。

どこかの時点でAndroidスマホに設定しているGoogleアカウントとの紐付けが求められるので、関連付けることで同じアカウントで運用しているスマホとのペアリング時にもポプアップウィンドウが表示されるようになります。

iPhoneは対応していないですが、Xperia以外のAndroidスマホでもこのようなセットアップ画面を表示させることができるので、接続はとても簡単になったように感じます。

WF-1000XM4はNFCによるペアリングができなくなりましたが、このような簡単なペアリング方法が追加されたのでも問題はなさそうです。

もちろん、今まで通りの通常のBluetoothの設定画面から手動で接続もできますが、LDACの設定や細かい設定、イコライザーはHeadphones Connectからするので、Headphones Connectをインストールしてからセットアップして使うのがおすすめです。

IPX4の生活防水に対応

WF-1000XM4はIPX4の生活防水に対応しました。

IPX4なので水没させるのはNGですが、雨に濡れたり、運動中の汗には耐えることができる仕様となっています。従来モデルのWF-1000XM3は防水には一切対応してなかったのでこれはかなり嬉しい進化ですよね。

WF-1000XM4 レビュー・評価:まとめ

WF-1000XM4
WF-1000XM4

WF-1000XM4のメリット

WF-1000XM4はハイエンドの完全ワイヤレスイヤホンでありながらもコンパクトで扱いやすいイヤホンとなっています。

WF-1000XM4のメリット
  • 音質がとっても良いので楽しい
  • LDAC対応でハイレゾ相当の音質を楽しめる
  • イヤホンの装着性がとても良い
  • ノイズキャンセリングで自分の世界を手に入れられる
  • 声を出しただけで外部音取り込みモードにできる
  • 充電ケースが小さくなって持ち運びしやすい
  • ワイヤレス充電に対応している

さすが、ソニーのハイエンドイヤホンです。本気出してきましたね。従来モデルのイヤホン、充電ケースが大きい、防水非対応という欠点を完全に克服しつつ、音質、ノイズキャンセリング性能にさらに磨きをかけてきました。

個人的に、イヤホンの装着性が高く、外れにくくなったのはとてもポイント高いですし、イヤホンが軽量化されているのでずっと装着してられます。また、声を出しただけで外部音取り込みモードに自動切り替えできる機能が何気に便利ですよ。

WF-1000XM4のデメリット

WF-1000XM4のデメリット…。そうですね。粗探しをしてるんですけど、今のところあまりないですね。もしばらく使ってみてデメリットあったらガッツリと追記しようと思っています。

WF-1000XM4のデメリット
  • ちょっと高い(相場内だとは思う)
  • AndroidのApple Music、まだロスレス非対応
  • NFCによりペアリングに非対応に

強いていうなら価格がちょっと高いってところに辿り着くのですが、WF-1000XM4は高級ワイヤレスイヤホンの括りになりますし相場の中にあるかと思います。

あと、WF-1000XM4は関係ないですがAndroidのApple Musicがまだロスレスに対応していないのは早くなんとかしてほしいですね。ハイレゾ音声を楽しむためだけにAmazon Music HDの契約してしまいました。

AndroidのApple MusicでもAppleロスレスに対応したらWF-1000XM4はかなり強力なイヤホンになること間違いないでしょう。