TUNEMAX for Apple Watch レビュー

Apple Watch 5は常時表示機能に対応して電池持ちが心配ですよね。

そこで、Apple Watch専用のモバイルバッテリー・TUNEWEAR TUNEMAX for Apple Watchです。これがあればApple Watchをどこでも気軽に充電できるのでとっても便利。

Apple Watchのモバイルバッテリーはコンパクトサイズで持ち運びもしやすいので電池持ちが心配な方はぜひともTUNEMAX for Apple Watchを持って欲しい。

TUNEMAX for Apple Watchの特徴

TUNEWEAR TUNEMAX for Apple WatchはとにかくコンパクトサイズのApple Watch専用のモバイルバッテリーです。

小型サイズのApple Watchモバイルバッテリー
小型サイズのApple Watchモバイルバッテリー

モバイルバッテリーは少し大きいというイメージがありますが、Apple Watchを充電するならこれくらいのサイズでも全く問題はありません。

TUNEMAX for Apple Watchのスペック・特徴
  • バッテリー容量:900mAh
  • 充電回数:1.5回分
  • 純正と同じマグネット磁気充電パッド
  • LEDインジケータランプで残量確認
  • micro USBポートで充電器を充電
  • キーチェーン付属でキーホルダー感覚で使える
  • 負荷がかかると制御装置により充電が自動的に停止
  • Made for Apple Watchを取得している
  • サイズ:55 × 60.2 × 16.6mm
  • 重量:54g

バッテリー容量は900mAhでApple Watchを1.5回分充電する性能を持っているので、Apple Watchのバッテリーを2〜3日くらいなら十分に賄うことができるバッテリー容量といえるでしょう。

Apple Watch 5は18時間のバッテリー駆動時間があるとしていますが、常時表示した状態の実際の電池持ちはこんな感じ。

実際のApple Watch 5の電池持ち
地方都市(金沢)での生活24時間は持つ
東京など都会に出張したとき10時間ほどで電池切れ

状況によってApple Watchのバッテリー持ちは大きく変わります。

実際に使ってみて感じたのが、地方で普通に生活するなら24時間は持ちますが、都会に行くと一気に消費してしまい10時間ほどでApple Watch 5の充電が切れることが多いです。

おそらく、新幹線や電車など移動が多いと電池の減りが激しくなるのでしょう。Apple Watchが電波を探そうと頑張るので電池の持ちが悪くなってしまうのかなと。

なので、出張で東京や大阪などに出向くことが多い方はApple Watchのモバイルバッテリー・TUNEMAX for Apple Watchを持つことでApple Watchのバッテリー問題を解決することができるのでオススメですよ。

製品名
■ おすすめ度:
4
■ 持ちやすさ:
5
■ 充電速度:
4
■ 電池の持ち:
3
■ 価格の安さ:
3.5