TP-Link Deco X60 レビュー

最新のスマートフォン、タブレット、パソコンはWi-Fi 6の高速通信に対応したモデルが増えてきましたが、これに対応するには自宅や職場のWi-Fiルーターも対応したモデルを選ぶ必要があります。

せっかく高速通信できる端末を使ってるなら高速通信できるルーターが欲しいですよね。そこで、TP-Link Deco X60(AX3000)というWi-Fi 6対応のメッシュWi-Fiルーターです。

Wi-Fi 6に対応しているルーターは低価格なものから価格が高いものまで幅広いラインナップが揃ってますが、TP-Link Deco X60(AX3000)はWi-Fi 6に対応し3000Mbps(2402+574Mbps)の超高速通信に対応した超高速メッシュWi-Fiルーターとなっています。

この記事ではTP-Link Deco X60(AX3000)のサイズ・使い勝手・通信速度をレビューしています。Wi-Fi 6に対応した端末を持っていて少しでも速いデータ通信ができるルーターを検討している方は参考にしてみてください。

※商品を提供していただき記事にしております。

TP-Link Deco X60(AX3000)の特徴

TP-Link Deco X60 特徴
TP-Link Deco X60の特徴
  • メッシュWi-Fiシステムに対応
  • Wi-Fi 6(11ax)の高速通信に対応
  • 2402 + 574MbpsのデュアルバンドWi-Fi
  • 内蔵アンテナを4つ搭載している
  • OFDMAとMU-MIMOで複数端末と同時通信
  • 最大150台の端末を接続可能
  • スマホでかんたん管理(Decoアプリ)
  • 暗号化規格WPA3に対応しセキュリティーが高い
  • TP-Link HomeCareでセキュリティを強化できる
  • 2-pack:30,800円、3-pack:45,800円(参考価格)

TP-Link Deco X60は高速通信規格のWi-Fi 6(11ax)に対応しているワイヤレスルーターで、内蔵アンテナを4つ搭載していて6ストリームに対応し最大3000Mbps(2402+574Mbps)の高速通信ができるメッシュWi-Fiルーターです。

メッシュWi-Fiは1台で使うのではなく少なくとも2台以上で使うことを想定していてDeco X60は2パックか3パックのセットで選ぶのが基本となっています。

下位モデルのDeco X20は2パックで370㎡の対応面積だったので、Deco X60は内蔵アンテナが強化されたことよって460㎡と広く使うことができるようになりました。

対応面積
  • Deco X60 (2-pack):5,000sqf(約460㎡)
  • Deco X60 (3-pack):7,000sqf(約650㎡)

我が家は5LDKの戸建てですがDeco X20でも十分満足いく通信環境を構築できていましたが、Deco X60にすることでさらに快適な高速通信環境を手に入れることができました。

TP-Link Deco X60は2台セットで30,800円となっていてメッシュWi-Fiとしての価格としてはそこそこお手頃なので戸建てなど大きい家に住んでいる方は良い選択肢になりそうです。

ちなみに、一般用途においては2台パックで十分ですが事業所など少し広いところで使うのなら3台パックを選んだほうが快適な通信環境を構築することができるかと思います。

シームレスなメッシュWi-Fi

一般的なWi-Fiルーターでも子機を追加することで家中に電波を飛ばすことができますが、TP-Link Deco X60はメッシュWi-Fiに対応し簡単設定で同じ名称のSSIDを使って通信できるので設定がカンタンにできるメリットがあります。

同じSSIDで通信することになるので部屋を移動しルーターが切り替わるときに電波が切れることがなく安定した通信が可能。TP-Link Deco X60は複数台で使うことを前提とされているため2台パック、3台パックのセット販売となっています。

6ストリームのWi-Fi 6の高速通信に対応

TP-Link Deco X60はWi-Fi 6に対応しています。内蔵アンテナを4つ搭載し6ストリームに対応して最大3000Mbps(2402+574Mbps)の高速通信が可能となっています。

TP-Link Deco X60 メッシュWi-FI
Deco X60・X20 スペック比較
 Deco X60Deco X20
対応規格802.11ax/ac/n/a(5GHz)
802.11ax/n/b/g(2.4GHz)
通信速度5GHz:2402Mbps
2.4GHz:574Mbps
5GHz:1201Mbps
2.4GHz:574Mbps
Wi-Fi範囲4~7LDK(3パック)
内蔵アンテナ4つ
4~6LDK(3パック)
内蔵アンテナ2つ
Wi-Fi性能デュアルバンド、MU-MIMO、OFDMA、6ストリームデュアルバンド、MU-MIMO、OFDMA、4ストリーム
接続台数最大150台
CPU1GHzクアッドコア
有線ポートギガビットポート × 2
サイズ110 × 110 × 114 mm

基本的な違いは内蔵アンテナの数で本体サイズやそのほかのスペックについては全く同じとなっています。

実際に使ってみて近くで使うのであれば通信速度に違いはなく、最大接続台数もどちらも150台となっているので設置場所の広さに合わせてどっちにするか選ぶのがよさそうです。

ちなみに、ルーターを設置した箇所の壁を挟んで隣の部屋になると内蔵アンテナを2つのDeco X20よりも内蔵アンテナを4つ搭載しているDeco X60の方が通信速度は高速で快適となるので戸建て住宅で全ての部屋で快適な速度を得たいのならDeco X60を選ぶのが最適解となります。

TP-Link Deco X60(AX3000)レビュー

外観デザイン・サイズ

TP-Link Deco X60は円柱型のWi-Fiルーターとなっており、本体カラーはホワイトなのでリビングにそのまま置くことができるスタイリッシュなデザインとなっています。

TP-Link Deco X60 梱包状態
しっかりとした梱包状態で安心ですね

同梱品は電源アダプタが2台分、LANケーブルが1つ入っています。

TP-Link Deco X60 同梱品
同梱品一式

Deco X60のデザインはDeco X20と全く同じ、筐体サイズもΦ110 mm × 114 mmと同じとなっています。同じサイズなのに内蔵アンテナが2つから4つに増えて強くなっているのは頼もしいですよね。

筐体の大きさは片手で持つことができるサイズ感となっています。

TP-Link Deco X60 サイズ感
コンパクトなサイズ

とてもシンプルなスタイルを実現していて外部アンテナが搭載されているようないかにもルーターって感じではなく、リビングや寝室などに一つ置いてあっても違和感ないのがいいですよね。

TP-Link Deco X60 2台セット
2台セットで使おう

TP-Link Deco X60はLEDインジゲーターの色で現在の状況を色で確認できるようになっています。

TP-Link Deco X60 LEDインジゲーター
LEDインジゲータの状態
状態を色で確認
  • 黄色:起動中
  • 青色:設定中
  • 緑色:問題なし
  • 赤色:問題が発生

LEDは設置場所の下部分を色で照らしてくれるので遠くからでも状態を確認できるようになっていますし、エラーが発生しているときなど赤色でしっかり遠目からでも確認できるようになっています。

寝室に設置していても専用アプリからLEDを消灯するタイムスケジュールを設定することもできるので眩しくて寝れないってことはないでしょう。

ちなみに、ある日突然、LEDが赤色になって問題が発生した場合がありますが電源を抜いて再起動させることで解決できます。

ポート数と機能について

TP-Link Deco X60の外部ポートはとてもシンプルでとなっています。電源用のポートとLAN/WANギガビット有線LANポートが2つ搭載しています。

TP-Link Deco X60 外部ポート
イーサネットポートを2つ搭載している

一般的なWi-FiルーターはWANとLANが別々のポートになっていて、モデムからのLANケーブルをどっちに挿したらいいか迷ってしまうことがありますが、TP-Link Deco X60はLANポートしかありません。

どちらに接続しても問題ないようになっているので、迷うことなくLANケーブルを接続することができます。とてもシンプルなので機械が苦手という方でも使いやすいのかなと思います。

TP-Link Deco X60の通信速度

TP-Link Deco X60はV6プラスによる接続は非対応となっており一般的なPPPoE(プロバイダのIDとパスワードを入力するタイプ)による接続となるので、V6プラス接続をするならプロバイダのモデムとTP-Link Deco X60の間にV6プラスに対応したルーターが必要となります。

TP-Link Deco X60 接続方法

ありがたいことにGMOはV6プラスを契約すると無料でV6プラスに対応したルーターを貸し出ししてくれるのでDeco X60と組み合わせることで問題なくV6プラスの接続で通信をすることができます。

我が家ではV6プラスに対応のTP-Link Archer A10 Proを接続し、その先にTP-Link Deco X60を接続するといった構成をとっています。

TP-Link Deco X60を設置

では、Deco X60の性能を確かめてみたいと思います。以下の条件で接続をして実際に通信速度をGoogleのスピードテストで計測してみました。

通信速度の計測条件
  • ルーター:Archer A10 Pro + Deco X60
  • 計測端末:iPhone 12
  • 環境:戸建て2階建て(5LDK)
  • 光回線:ドコモ光 × GMO光
  • 契約:IPv6 IPoE(V6プラス)

2台接続した時の速度(無線接続)

お風呂場の上部分(1階と2階の間)にテレビアンテナや光回線のケーブルを引き込んで分岐させている空間があるので、そこにモデムとルーターを設置していおり、ここにメインとなるDeco X60を設置、サテライトとなるもう1台のDeco X60をリビングに設置しております。

参考までにArcher A10 Pro(1台)、Deco X20(2台)による速度も比較しております。

通信速度の比較
 Deco X60(2台無線接続)Deco X20(2台無線接続)Archer A10 Pro
リビング1F受信324Mbps210Mbps243Mbps
送信98Mbps80Mbps186Mbps
和室1F受信339Mbps240Mbps155Mbps
送信191Mbps129Mbps101Mbps
お風呂1F受信506Mbps480Mbps524Mbps
送信172Mbps241Mbps161Mbps
玄関1F受信472Mbps418Mbps352Mbps
送信164Mbps178Mbps92Mbps
書斎2F受信388Mbps389Mbps418Mbps
送信211Mbps246Mbps198Mbps
寝室2F受信409Mbps179Mbps125Mbps
送信210Mbps90Mbps150Mbps
子ども部屋2F受信260Mbps207Mbps59Mbps
送信159Mbps181Mbps55Mbps

やはり内蔵アンテナの数が多いと全部屋で満足いく速度が出るようですね。寝室などルーターから少し離れた部屋だとX20は200Mbps前後の速度ですが(これでも十分速いのですけどね。)Deco X60なら400Mbpsほどの速度が出ています。

ルーターのすぐ側であれば速度に違いはないですが、部屋を挟んで離れた場所になるとDeco X60のポテンシャルを発揮することができるので戸建て住宅で全部屋で快適な速度を維持したいのであればDeco X60を選ぶのが良さそうです。

2台接続した時の速度(有線接続)

我が家はメインのルーターを設置している配電盤からリビングまで壁の中をつたって有線LANケーブルを引いているためDeco X60(A)と(B)を有線接続することができます。

Deco X60はメインとサテライトの間も5GHz・2.4GHz帯をうまく利用すること安定した相互通信をしていて高速通信ができるようになっていますが有線接続できる環境があるならさらに高速環境を手に入れることができます。

通信速度の比較
 Deco X60(2台有線接続)Deco X60(2台無線接続)Archer A10 Pro
リビング1F受信568Mbps324Mbps243Mbps
送信176Mbps98Mbps186Mbps
和室1F受信469Mbps339Mbps155Mbps
送信174Mbps191Mbps101Mbps
お風呂1F受信448Mbps506Mbps524Mbps
送信163Mbps172Mbps161Mbps
玄関1F受信491Mbps472Mbps352Mbps
送信173Mbps164Mbps92Mbps
書斎2F受信471Mbps388Mbps418Mbps
送信211Mbps211Mbps198Mbps
寝室2F受信461Mbps409Mbps125Mbps
送信137Mbps210Mbps150Mbps
子ども部屋2F受信466Mbps260Mbps59Mbps
送信248Mbps159Mbps55Mbps

Deco X60(A)と(B)を有線接続することで全体的に通信速度がさらに向上しているのが分かります。基本的にDeco X60は無線のメッシュWi-Fiとして使うことを前提としたルーターなので有線で繋げる必要はないですが、有線で繋げられる環境があるのならケーブル配線をしたほうがいいでしょう。

スマホから簡単に設定ができる

TP-Link Deco X60はスマホに専用アプリ「TP-Link Deco」をインストールして簡単に設定することが可能となっています。

スマホで簡単設定
スマホでカンタンに設定できる

TP-Link Decoを起動してログインをします。TP-Linkのアカウントを持っていない場合は「登録」してログインをすると「DecoがBluetoothの使用を求めています」と表示されるので「OK」をタップ。製品一覧から「X60」があるアイコンをタップして追加していきます。

モデムとTP-Link Deco X60をLANケーブルで接続して電源を入れてしばらく待機します。

Deco X60とスマホをWi-Fiで接続をします。iPhoneなら「設定」→「Wi-Fi」を起動することでWi-Fiの一覧を表示させることができます。

Deco X60の裏面にSSIDが記載されているのでWi-Fiの一覧から記載されているDecoを探してタップすると接続ができるようになっています。

Wi-Fiの接続が完了したらアプリに戻って「インターネット接続タイプ」を選択します。

Deco X60をメインのルーターとして使う場合はPPPoE接続を選択してプロバイダのIDとパスワードを入力して設定をする流れとなります。

ここでは、TP-Link Archer A10 Proをメインのルーターとしているので動的IPに設定しています。(動的IP、PPPoE、静的IP、L2TP、PPTP・DS-Liteから選択できる。)

もし、インターネットに接続できない場合は「この手順をスキップ」してブリッジモードなどに変更することによって接続できることがあるようです。詳しくはTP-Linkの公式サイトを見てください。

SSIDとパスワードは自由にカスタマイズできるので、自分好みの設定にすることができます。

なお、2台目以降のTP-Link Deco X60もとても簡単に設定できます。

2台目の端末の電源を入れてしばらく待機してると自動的に認識してくれるのでとくにすることはありません。待つだけです。

Decoの追加時に「他のDecoが見つかりません」と表示された場合は「Bluetoothを使う」が表示されるまで「再試行」し「Bluetoothを使う」が表示されたら「Bluetoothを使う」をタップすると追加できるかと思います。

3台目にDeco X20を設定する

Deco X60は2台セット、3台セットのどちらかを選ぶことができますが、1台のみの販売はしておりません。なので、あとからもう1台欲しいとなった場合は困ったことになるのですが、下位モデルのX20は1台のみで買うことができます。

内蔵アンテナは2つと少なくなってしまいますが、少し大きめな戸建て住宅で使うには十分すぎる性能となっていますし、実は簡単にX60と連携させることができるので違和感なく追加させることができます。

アプリを起動して右上にある「追加」ボタンをタップして「X20」選びます。

あとは流れに沿って設定するだけで自動的にDeco X20を連携してくれます。

Deco X60の一員として迎え入れてくれるので、機種関係なしで連携追加できるので、ほんとに設定が簡単すぎますね。めちゃくちゃ使いやすい。

3台目を追加することで仕事で使っているMacの近くにルーターを置くことができるようになり、イーサネット接続して通信速度を向上させることができます。

こちらは無線接続した場合のiMacの通信速度です。左がX60からX20を経由した場合、右がX20からX20を経由した場合の速度です。

X60にアップグレードしただけで下りで140Mbps → 250Mbpsに速度が向上しました。経由するルーターがX20のままですが、Deco X60は内蔵アンテナが増えたことでX60 ⇆ X20の基幹部分の速度が向上しているのでしょう。

このままの状態でもかなり快適な速度なのですが、LANポートを使って有線接続をすると通信速度がさらに速くすることができます。左がX60からX20を経由し有線接続した場合、右がX20からX20を経由し有線接続した場合の速度です。

Deco X60 ⇆ X20は無線で繋がっていますが、X20 ⇆ iMacを有線で接続することで倍近く速度が向上するだけでなく、メインをX20 → X60にすることで359Mbps → 468Mbpsに速度が大きく向上させることに成功しました。

何度も速度を計測していますが常に300〜400Mbpsの速度が出ておりかなり安定しているようなので、動画をYouTubeにアップしたりすることがあるのなら有線接続はおすすめです。

TP-Link Deco X60 レビュー:まとめ

TP-Link Deco X60
TP-Link Deco X60

TP-Link Deco X60のメリット

TP-Link Deco X60はWi-Fi 6に対応した小型メッシュルーターで内蔵アンテナを4つ搭載したことで通信速度がX20よりも向上しているので、より快適な環境を手にしたい方におすすめのルーターです。

TP-Link Deco X60の良いところ
  • シンプルなデザインで設置場所に困らない
  • Wi-Fi 6の高速通信に対応している
  • Deco X20よりも1.5倍は速度が速い
  • 気軽に端末を増やして通信を安定させることができる
  • アプリが使いやすくて設定しやすい

使ってみた感じとしては二階戸建て住宅(5LDK)であればDeco X60の2台セットで十分すぎるくらい快適に使うことができます。

また、TP-LinkのWi-Fiルーターは専用アプリを使って簡単にセッティングできるので誰でも簡単に流れに沿って使うことができるのがいいところでもあります。

TP-Link Deco X60のデメリット

TP-Link Deco X60はV6プラス(IPv6 IPoE)は対応していないのが残念なポイントとなります。

TP-Link Deco X60の惜しいところ
  • V6プラスに非対応

ルーターとして使うなら一般的なPPPoEによる接続となってしまうのでV6プラスを使って接続する場合はV6プラスに対応したルーターが別で必要となります。ただ、GMO光とかはV6プラスの契約をすると無料でV6プラス対応のルーターを貸してくれたりするので問題はないようにも思います。

我が家はGMO ドコモ光でV6プラスの契約をしていてV6プラスに対応しているTP-Link Archer A10 Proを使って接続をしていますが、接続エラーが出ることもなく安定して使うことができています。

V6プラス対応のWi-Fiルーターはこちら。

https://www.sin-space.com/entry/bussalo-wxr-5950ax12