Surface Pro XとSurface Pro 7/6

マイクロソフトがSurface Pro X、Surface Pro 7を発表しましたが、小型軽量サイズで独自プロセッサを搭載した「Surface Pro X」がかなり気になってしまいますよね…!

これは廃止されたMacBook 12インチの後継機種なんじゃないかと思ってしまうタイミングの良さ。マイクロソフト、やるじゃん。

ということで、ここではSurface Pro X、Surface Pro 7/6のデザイン、スペック、価格の違いを比較してみたいと思います。旧モデルからの乗り換えを検討している方も参考に是非。

Surface Pro X・Pro 7・Pro 6 スペックの違いを比較

Surface Pro XはMicrosoftの独自プロセッサ(ARMアーキテクチャをベースとしている)を搭載した新世代型の2 in1 PCとなっていますが、Surface Pro 7はIntelプロセッサを搭載した従来型の2 in1 PCです。

スペックの違いを比較

Surface Pro XとSurface Pro 7/6

スペックの違いをまとめるとこんな感じ。

Surface Pro X vs Surface Pro 7
 Surface Pro XSurface Pro 7Surface Pro 6
ディスプレイ13インチ(ベゼルレスディスプレイ)12.3 インチ
解像度2880 x 1920ピクセル2736 x 1824ピクセル
CPUMicrosoft SQ1プロセッサ(ARM base)第10世代Intel Coreプロセッサ第8世代Intel Coreプロセッサ
RAM8GB・16GB4GB・8GB・16GB8GB・16GB
SSD128GB、256GB、512GB(交換可能なSSD)128GB、256GB、512GB、1TB
カメラリア:1,000万画素、フロント:500万画素リア:800万画素、フロント:500万画素
サイズ287 x 208 x 7.3 mm292 x 201 x 8.5 mm
重量774g775g
ポートUSB-C × 2、Surface専用の充電ポートUSB-C × 1、USB-A × 1、Surface専用の充電ポートUSB-A × 1、Surface専用の充電ポート
スタイラスペンSurface Slim Pen(Surfaceキーボードに収納可能)Surface Pen
オーディオDolby Audio Premium(2Wステレオスピーカー)Dolby Audio Premium(1.6Wステレオスピーカー)
バッテリー駆動時間最大13時間最大10.5時間最大13.5時間
通信性能Wi-Fi 5(ac)、LTE Advanced Pro、Bluetooth 5.0Wi-Fi 6(ax)、Bluetooth 5.0Wi-Fi 5(ac)、Bluetooth 4.2
価格999ドル749ドル(99,800円)139,800円
発売日2019年11月5日(米国)2019年10月22日2018年10月

Surface Pro Xは独自プロセッサを搭載しLTE通信に対応するなど新機能が満載ではありますが、価格が999ドル(約107,000円)と価格が抑えられているんですね。

また、Surface Pro 7もSurface Pro 6よりも値下げされていて約10万円で購入することができるようになっています。これは…イイですね。

Surface Pro X・Pro 7 デザインの違い

Surface Pro Xの本体デザインは基本的にSurface Pro 7と同じですが、Surface Pro Xは筐体の厚みが8.5 mm → 7.5mmと薄くなり、キックスタンドを開いた部分は5.3mmほどのサイズになっています。

Surface Pro X 筐体の薄型化
Surface Pro Xの筐体は薄くなった

Surface ProはiPad Proと比べると厚みがあるなーって思ってましたが、それを改善してきましたね。また、画面のベゼルが狭くなっているので本体サイズを抑えながら画面の大型化しています。

Surface Pro XとSurface Pro 7 デザインを比較
Surface Pro XとSurface Pro 7

どちらもキックスタンド型の2 in1 PCとなっていますが、従来型のSurface Proってデザインが少し古臭くなってきていましたが、Surface Pro Xの登場でリフレッシュし格好いい感じになりましたね。

本体サイズの違いを比較
 Surface Pro XSurface Pro 7Surface Pro 6
ディスプレイ13インチ12.3インチ
サイズ287 x 208 x 7.3 mm292 x 201 x 8.5 mm
重量774g775g
筐体素材陽極酸化アルミニウムシグネチャー一体型マグネシウム
本体カラーマットブラックプラチナ、マットブラックプラチナ、ブラック

本体サイズはほぼ同じですが筐体の厚みが薄くなっているので、持ちやすそうでイイですよね。気になります。

なお、筐体の素材はSurface Pro 7はマグネシウムを採用していますが、Surface Pro Xはアルミニウムとなっています。なので、質感はかなり異なることになりそう。実機で確認してみたいところ。

外部ポートの違い

外部ポートの違いは以下のとおり。

USBポートの違い
Surface Pro XとSurface Pro 7のポートの違い
Surface Pro X vs Pro 7 外部ポート
  • Surface Pro X:USB-C × 2、Surface Connect、Surface キーボードコネクタ、nanoSIM
  • Surface Pro 7:USB-C × 1、USB-A × 1、Surface Connect、Surface キーボードコネクタ、microSDXCカードリーダー、3.5 mm ヘッドフォン ジャック

Surface Pro XはUSB-AやmicroSDXCカードリーダーを廃止、USB-Cを2ポート搭載してLTEモバイル通信にも対応しnanoSIMを入れることが可能に。

microSDXCカードリーダーが廃止ってことはストレージ容量を気軽に増やすことができなくなった…ということですね。

Surface Pro XはSSDの交換ができる

その代わり、Surface Pro XのSSDは取り外しができるようになっていて、あとからストレージ容量を変更することが可能に。

Surface Pro X ストレージSSDを交換可能に
Surface Pro XはSSDを交換可能に

気軽に交換できるわけではないですが、どうしても容量が足りなくなってしまった時にSSDを交換できる手段があるのは有り難い仕様ですよね。

ディスプレイの違い

Surface Pro Xは13インチ、Surface Pro 7は12.3インチのPixelSenseディスプレイを搭載しています。見た目からSurface Pro Xのディスプレイはベゼルレスになって画面占有率が高くなっているのが分かります。

Surface Pro XとPro 7のディスプレイ

なかなかカッコイイのでは?というか、Surface Pro Xが欲しい。

ディスプレイの違いを比較
 Surface Pro XSurface Pro 7Surface Pro 6
ディスプレイ13インチ(10ポイントマルチタッチ)12.3インチ(10ポイントマルチタッチ)
アスペクト比3:2
解像度2880 x 1920ピクセル(267PPI)2736 x 1824ピクセル(267PPI)
画面輝度450nits

解像度は画面サイズが大きくなったことで少しだけ増えてますが、画素密度は267ppiと同じとなっています。

CPUの違い・性能を比較

Microsoft SQ1プロセッサ
Microsoft SQ1プロセッサ

Surface Pro 7はIntelの第10世代 Coreプロセッサ、Surface Pro Xはマイクロソフト独自のSQ1プロセッサを搭載しています。

CPUの違いを比較
 Surface Pro XSurface Pro 7Surface Pro 6
CPUMicrosoft SQ1プロセッサ(ARM base)第10世代Intel Coreプロセッサ
Core i5-1035G4(2コア)
Core i5-1035G4(4コア)
Core i7-1065G7(4コア)
第8世代Intel Coreプロセッサ
Core i5-8250U(4コア)
Core i7-8650U(4コア)
GPUAdreno 685UHD or Iris PlusグラフィックスUHDグラフィックス
RAM8GB・16GB4GB・8GB・16GB8GB・16GB
SSD128GB、256GB、512GB(交換可能なSSD)128GB、256GB、512GB、1TB

SQ1プロセッサはマイクロソフトが開発ですがQualcommのSnapdragon 800シリーズをベースとしていて、独自のAIエンジン、カスタマイズGPUを組み合わせられて誕生したチップになっているとか。

このSQ1プロセッサの性能が気になるところですが、Surface Pro 6に採用されていた第8世代のCoreプロセッサよりも1Wあたりの処理能力が3倍に引きげられているそうで、省電力かつパワフルなプロセッサになっているようです。

過去にマイクロソフトはARMプロセッサを搭載したSurface RTというモデルがありましたが、再挑戦…ってところでしょうか。

Surface RTは6年も前のデバイスですしSoCの性能が格段に向上していますし、マイクロソフトがわざわざ独自開発したSQ1プロセッサを搭載することでARMアーキテクチャに最適化させることができたのでしょうね。

Surface Pro XはLTEモバイル通信に対応

LTE Advanced Pro
LTE Advanced Pro

Surface Pro XはLTE Advanced Proに対応しモバイル通信が可能となり、nanoSIMカードを入れるかeSIMを契約することでテザリングしなくてもどこでも、いつでもインターネットに接続して作業ができちゃう。

MacBookで叶えて欲しかった僕たちの夢がSurface Pro Xでついに実現します。

通信性能の違いを比較
 Surface Pro XSurface Pro 7Surface Pro 6
Wi-FiWi-Fi 5(ac)Wi-Fi 6(ax)Wi-Fi 5(ac)
Bluetooth5.04.2
LTELTE Advanced Pro(Band 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 14, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 30, 38, 39, 40, 41, 46, 66)、eSIMに対応

ただし、Surface Pro Xは超高速通信規格のWi-Fi 6(ax)には非対応でWi-Fi 5(ac)に対応。Surface Pro 7はWi-Fi 6(ax)での超高速通信ができるので非常に悩ましい問題となりそうです。

Surface Slim Penはキーボードに収納可能に

Surface Pro Xのスタイラスペンは新型の「Surface Slim Pen」に生まれ変わってタイプカバーの上部に収納・充電ができるようになっています。

Surface Slim Penの充電方法

使わない時は完全に隠すことができる…。

Surface Slim Penをキーボードに収納
Surface Slim Penをキーボードに収納

これはスゴイ。考えましたね。iPad ProのApple Pencil(第2世代)は本体に装着できるようになりましたが、カバンの中に雑に放り込むと外れてしまいますが、Surface Pro Xならペンを紛失するということはなくなりそう。

ただ、充電ってキーボードの「Surface Pro X Keyboard」がない場合はどうやってるんだろう?必須になるのかな。ちょっと謎です。

カメラ性能の違い

Surface Pro Xのリアカメラは800万画素から1000万画素に高画素化し、4K動画撮影にも対応しています。

カメラの違いを比較
 Surface Pro XSurface Pro 7Surface Pro 6
リアカメラ1,000万画素(4K動画撮影に対応)800万画素
インカメラ500万画素(Windows Hello 顔認証に対応)

もちろん、インカメラも搭載されていて顔認証のWindows Helloによる画面ロック解除もできるようになっています。

端末価格と発売日

Surface Pro 7の端末価格は大幅に値下げされていて下位モデルなら99,800円〜で購入可能となっています。(ただし、メインメモリが4GBだけど)

端末価格と発売日
 Surface Pro XSurface Pro 7Surface Pro 6
ディスプレイ13インチ12.3 インチ
CPUMicrosoft SQ1第10世代Intel Core i5第8世代Intel Core i5
メインメモリ8GB(16GB増設可)4GB(8/16GB増設可)8GB(16GB増設可)
ストレージ128GB(256/512GB変更可)128GB(256/512GB・1TB変更可)128GB(256/512GB・1TB変更可)
価格999ドル〜(約107,000円)749ドル〜(99,800円)139,800円〜
発売日2019年11月5日(米国)2019年10月22日2018年10月

完全新設計のSurface Pro Xも999ドル(約107,000円)と思ったほど高くないですよね。Appleの13インチMacBook Airよりも安い価格帯ですよ…。

まあ、キーボードの「Surface Pro X Keyboard」やスタイラスペンの「Surface Slim Pen」も併せて買ったとしたら15万円ほどになってしまうと思うので、安くはないのかもですが。

まとめ:MacユーザーだけどSurface Pro Xが欲しくなった

Surface Pro XとSurface Pro 7のどちらかを買うなら間違いなくSurface Pro Xの一択じゃないですかね?ただ、ARMプロセッサになることでWindows 10の動作がどうなるのか、アプリケーションの互換性などが気になるところではあります。

AppleがMacBook 12インチを2019年6月に廃止して小型PCの枠に大きな穴があいてしまいました。その穴にぴったりとSurface Pro Xを納めてきたマイクロソフトの戦略はなかなかのもの。(時期的に偶然だった可能性もあるけど)

MacBook 12インチを使っていたユーザーさんは随分前から「LTEに対応して欲しい」という声を上げていました。しかし、LTEに対応するどころか製品自体を廃止してしまうという暴挙に。

まさかのマイクロソフトがMacBookユーザーの願いを叶えてしまうことになるとはね…。これは、一定数でMacBookからSurface Pro Xに流れるユーザーさんはいるのかな。って思います。

僕はバリバリのMacユーザーですけどSurface Pro Xは非常に魅力的ですよ。

なお、Surface Goは1世代限りのモデルに…?

まだ、ラインナップの中にはいますがスペックアップしなかったのはちょっと悲しいような。