ステージマネージャー

2022年10月に配信された iPadOS 16.1 と macOS Ventura 13.0 は「ステージマネージャー」を搭載し、アプリを瞬時に切り替えて潤滑にマルチタスク作業できるようになりました。

この記事では「ステージマネージャー」でiPad、Macでどんな新しい使い方ができるか、欠点や注意点について紹介しています。

ステージマネージャー対応機種

iPadで「ステージマネージャー」が使えるのはA12X Bionic以降のSoCを搭載しているiPad Pro 11インチ、12.9インチと、M1チップを搭載したiPad Air(第5世代)となっています。

ステージマネージャー対応機種
  • Mac:macOS Ventura 13 以降
  • iPad:iPadOS 16.1以降の以下のモデル
  • iPad Pro 11インチ(A12X・A12Z・M1・M2)
  • iPad Pro 12.9インチ(A12X・A12Z・M1・M2)

新しいモデルでもiPad(第10世代)iPad mini(第6世代)は対象外となっているので、「ステージマネージャー」を使いたいなら上記の機種を選ぶことになります。

アプリを瞬時に切り替えできる

iPadのアプリ切り替え

アプリを起動すると通常はフルで画面が表示されますが、右下の印のあるところをタップしたまま左上にスワイプで「ステージマネージ」の画面を表示できます。

また、画面の左端から右にスワイプすることで「ステージマネージャー」を呼び出すこともできます。

左側にあるアプリのサムネイルは常駐アプリとなっていて最近使ったアプリとして表示されていてワンタップで簡単にスムーズにアプリの切り替えができます。

iPadと「ステージマネージャー」の相性は最高で右手で操作しながら左手でサムネイルをサッとタッチするだけでアプリの切り替えができるのでレスポンスがとにかく良いです。

これだけスムーズに動かすことができれば複数のアプリをウィンドウ表示する必要性も少なく、iPad本来の使い方でもあるシングルタスクが捗るかもしれません。

iPad ウィンドウサイズ変更可能に

また、iPadの「ステージマネージャー」はウィンドウのサイズも変更可能となっていて、これが大きな特徴と言ってもいいかもしれません。

Macと違って可変域はある程度固定されていて最大で3つのアプリなら並べて表示が可能です。

配置の入れ替えも可能で、もちろんウィンドウを重ねて表示できるのでMacのように作業しながら情報を随時チェックすることもできます。

Macは今まで通りウィンドウの大きさは変更可能です。

iPad 縦持ちで上下に配置できる

iPadOS 15.7までは画面分割機能はあったものの縦持ちだと左右にしか分けることができず少し画面が縦長になりすぎる問題がありましたが…

通常の縦持ち分割機能
通常の縦持ち分割機能

iPadOS 16.1の「ステージマネージャー」ならウィンドウの縦のサイズを調整できるので上下にアプリの配置をして使うことができます。

上下にアプリを配置できる

ウィンドウが重なった状態になりますが、通常モードの分割機能よりも縦持ちで使う時も使いやすいのではないでしょうか。変則的な配置もできるので自由度は高いと思います。

Macのアプリ切り替え

Macの「ステージマネージャー」もiPadと同じようにワンクリックでアプリの切り替えができます。

また、Mission Controlとの併用もできるのでアプリ全体を見渡しての切り替えも可能です。

Macの「ステージマネージャー」の動作はiPadの方が滑らかでMac版は少し動作にモタつきがあるのが少し気になるところですね。

ちなみに、「ステージマネージャ」を有効にすると従来のDockに常駐させる方法は使えなくなります。

Macといえばジニーエフェクト、20年も前から実装されていた機能が今後無くなる可能性もありそうでちょっと残念です。

Mac版ステージマネージャーの欠点

iPadの「ステージマネージャー」はスムーズに動作しとても使いやすくいのですが、Macの「ステージマネージャー」は決定的な欠点が二つあります。

Dockを左設定デスクトップが埋もれる

macOS Ventura 13.0 には従来のバージョンと同じように画面下に「Dock」があってよく使うアプリを常駐させておくことができます。

Macの

このDockは位置を左や右に配置することができますが、左に配置するとデスクトップ上にあるファイルやフォルが「ステージマネージャー」の下敷きになってしまいます。

右に「ステージマネージャー」を配置した場合はアイコンがずれてくれるので問題はないですが、左配置の時だけこのような状態のなってしまうのです。

おそらくアップデートで改善はされるとは思いますが、ちゃんとチェックしたのか心配になるレベルです。

Finderがアプリを跨いで使いにくい → 少し解決

ブログを書くときにIllustratorやPhotoshopで画像データを作成しながらブログエディタに画像を入れたりしますよが、普通の使い方だと「ステージマネージャー」はアプリごとで画面が切り替わってFinderを跨いで使えないので凄くややこしくなります。

「Safari + Finder」の組み合わせの枠を作ればブログエディタに画像を突っ込めますが、Illustratorの枠に移動するとFinderにアクセスできなくなります。

解決策としてはFinderの「オプション」から「すべてのデスクトップ」にチェックを入れます。

この設定にすることでアプリを切り替えても常にFinderが表示する状態になってPhotoshopやIllustrator、Safariに切り替えてもデータの移行ができるようになります。

ただし、この方法でも基本的にMacのステージマネージャーは「一つのアプリ + Finder」という構成となってしまうので複数のアプリを同時に使うにはあまり適してないので使いにくいですね…。

通常モード

使おうと思えば「ステージマネージャー」で作業できますが、ややこしいので普通に作業するなら最初からウィンドウを並べておける通常モードのMission Controlでの作業がいいような気がします。

ステージマネージャーの設定方法

iPadOS 16.1、macOS Ventura 13にアップデートしても「ステージマネージャー」は使えないので「設定」から有効化する必要があります。

iPadの場合

「設定」アプリの「ホーム画面とマルチタスク」の中にある「ステージマネージャ」の「iPadでステージマネージャを使用」をONにします。

「最近使ったApp」、「Dock」の表示の有無の設定も可能となっているので使い方に合わせて設定することができます。

Macの場合

Macは「システム設定」の「デスクトップとDock」の中にある「ステージマネージャ」をONで使えます。

デフォルト設定はデスクトップ上のファイルが非表示になってるので、「デスクトップ項目」をONにするのがおすすめです。

Macなのにデスクトップにファイルが置けないなんて使いにくいし、「それならiPadでいいよね?」ってなります。

デスクトップ項目は迷わずONです。

ステージマネージャー、iPadはおすすめ

PadOS 16.1 と macOS Ventura 13.0 で使える「ステージマネージャー」はワンタップ、ワンクリックでアプリを瞬時に切り替えて使える凄い機能です。

iPadとの相性はとても良く左手でアプリのサムネイルをタップして右手で操作できるので流れるように使えるメリットがあります。

使って感じたのは「ステージマネージャー」はタッチ操作を前提としたUIになってるように思いました。

Macでも同じようにアプリ切り替えができますが、カーソル操作になってしまうのでレスポンスはiPadには敵わないですし、今後、もしかしたらMacにタッチパネルが搭載される…。

「ステージマネージャー」はその布石となる可能性はあるかもしれないですね。期待です。