Soundcore Liberty 3 Pro レビュー

Ankerの完全ワイヤレスイヤホン・Soundcore Liberty 3 Proが2021年11月4日に発売となりました。

Soundcore Liberty 3 Proは新しくなったAnker独自開発のドライバー構造(A.C.A.A 2.0)を採用しLDACにも対応した高音質なワイヤレスイヤホンでSoundcore Liberty 2 Proの新型モデルとなっています。

音質が向上しただけでなくノイズキャンセリング機能に対応。さらに、マルチポイントに対応し同時に2台の端末と接続可能になりスムーズに機器の切り替えができるようになったのも大きく進化したポイントとなっています。

ということで、この記事ではAnker Soundcore Liberty 3 Proをレビューし実際に使ってみてイヤホンの装着、音質がどうだったのか、気になったところなども書いていくので購入を検討している方は参考にしてみてください。

Anker Soundcore Liberty 3 Proの特徴

Anker Soundcore Liberty 3 Pro
Anker Soundcore Liberty 3 Pro
Anker Soundcore Liberty 3 Proの特徴
  • 耳栓タイプのカナル型イヤホン
  • 高音と低音の2つのドライバー(A.C.A.A 2.0)
  • 高音質コーデック・LDACに対応した
  • 最適な強度のノイズキャンセリングを自動で
  • 外音取り込み機能で外の音もしっかり取り込める
  • タッチセンサー搭載で直感的に操作できる
  • 6つのマイクを搭載しクリアな音声通話
  • 専用アプリでイコライザー調整できる
  • 最大8時間連続使用(ケース込みで32時間)
  • ワイヤレス充電に対応した充電ケース
  • IPX4の防水性能で濡れても使える
  • 端末価格:19,800円

Anker Soundcore Liberty 3 Proはウルトラノイズキャンセリング2.0と外音取り込み機能に対応した耳栓タイプのカナル型完全ワイヤレスイヤホン。意外にも旧型のLiberty 2 Proはノイズキャンセリング機能を搭載してなかったので大きな改善ともいえます。

Soundcore Liberty 3 Proは音質にもこだわったハイエンドイヤホンとなっており、新開発の同軸音響構造(A.C.A.A 2.0)ドライバーによって音質が向上し、Ankerのハイエンドのイヤホンの名に恥じぬサウンドを楽しむことができます。

Soundcore Liberty 3 Pro イヤホン本体
音質が良さそうなイヤホンですよね

音質が向上したのは当然のことかもしれないですが、それよりもLiberty 3 Proはマルチポイントに対応したのが大きいです。マルチポイントによって2台の端末を同時接続しスムーズに切り替えて使うことができます。

例えば、iPhoneで音楽を聴いてる時にMacでオンライン会議が突如開始となった時に設定をガチャガチャしなくもてスムーズに切り替えできます。

マルチポイントはJabra elite 85tなどの特権でしたがついにAnkerも対応し一気に強くなった感じがします。

Soundcore Liberty 3 Proは旧型と比べて端末価格が5,000円ほど値上げとなりましたが、抜けのないスペックになったことで高くなったとしても満足できる、そんなイヤホンに仕上がっているように感じます。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro レビュー

パッケージと付属品

Soundcore Liberty 3 Proはハイエンド完全ワイヤレスイヤホンということもあって、高級感のあるパッケージデザインを採用しています。LDACに対応しているのでワイヤレスでもハイレゾオーディオを楽しむことができます。

Soundcore Liberty 3 Proのパッケージデザイン
コンパクトサイズのパッケージ

Liberty 3 Proの本体カラーは、ミッドナイトブラック・クラウドホワイトの2色から選ぶことができます。

今回購入したのはクラウドホワイトとなっており、さすが価格が高いだけあって高級感あるスタイルとなっていますね。パッケージも豪華でしっかりと梱包された状態で送られてきます。

Soundcore Liberty 3 Pro 梱包状態
しっかりとした梱包状態

箱を開けるだけでイヤーチップとイヤーウィングにアクセスできるので簡単に交換できるのはいいですよね。同梱品は充電ケース、シリコンイヤーチップ、USB A to Cケーブル・説明書となっています。

同梱品一式

一般的なイヤホンは3種類の大きさのイヤーチップが入っていますが、Soundcore Liberty 3 Proのイヤーチップとイヤーウィングは全部で4種類(S・M・L・XL)あるので、耳の大きさに合わせて取り替えることが可能となっています。

Soundcore Liberty 3 Proの充電ケース

Soundcore Liberty 3 Proの充電ケースは丸みのあるスタイルとなっています。

Soundcore Liberty 3 Pro 充電ケースのデザイン
横長の丸みのある充電ケースを採用している

充電ケースの大きさは(55 × 70 × 28 mm)となっており一般的なイヤホンのケースと同じくらいの大きさで旧型のSoundcore Liberty 2 Proよりも少しコンパクトな大きさになりました。

蓋はスライド式で開ける未来を感じさせる構造を採用しています。

Soundcore Liberty 3 Pro 蓋を開けた状態
充電ケースの蓋を開ける

充電ケースの背面部分にペアリング用のボタンと充電ポートを搭載し付属のUSB-Cケーブルを使って充電できます。

Soundcore Liberty 3 Pro 充電ポート
USB-Cポートを搭載している

付属のUSB-A to Cケーブルを使ってiPhoneなどスマホに付属してくる電源アダプタで充電するのもいいですし、USB-C PD充電にもしっかり対応しているのでUSB-Cポートを搭載しているモバイルノートPCから充電することもできます。

また、ケーブルによる充電だけでなくワイヤレス充電にも対応しているのでQi対応のワイヤレス充電器を使って充電できるようになっています。

Soundcore Liberty 3 Pro ワイヤレス充電に対応
ワイヤレスで充電ができる

充電ケースのバッテリー残量はUSB-Cポートの隣にあるボタンを押すか蓋の開け閉めをするときに正面にあるLEDランプで確認できるようになっています。

バッテリー残量
  • LED1(点滅):0-30%
  • LED2(点滅):30-70%
  • LED3(点滅):70%-
  • LED3(点灯):100%

Soundcore Liberty 3 Proの最大再生時間は、通常モードではイヤホン単体で8時間・ケース使用で32時間ですが、ノイズキャンセリングモード、高音質コーデック・LDACを使うとバッテリー駆動時間が短くなります。

電池持ち
  • 通常時:イヤホン単体8時間、ケース併用32時間
  • ANCオン:イヤホン単体6時間、ケース併用24時間
  • LDAC オン:イヤホン単体4時間、ケース併用16時間
  • ANC + LDAC オン:イヤホン単体3時間、ケース併用12時間

ノイズキャンセリングとLDACを同時に使うとイヤホン単体で3時間、ケース併用で12時間と電池がガンガンと減っていくので長時間使いたい方はちょっと注意が必要。ノイズキャンセリング機能をオフでLDACを使うなら4時間使えるので実用的かもしれませんね。

Soundcore Liberty 3 Pro 本体デザイン

Soundcore Liberty 3 Proは充電ケースの蓋を上に開けるとイヤホン本体が横並びに収まっています。

Soundcore Liberty 3 Pro イヤホン収納状態
イヤホン収納状態

耳栓カナル型イヤホンとなっておりケースから取り出すときはイヤーウィングを摘んで引き出すと持ち出しやすいかも。イヤホン本体は全体的に光沢のある質感の高いデザインで、タッチパッドを内蔵しているイヤホンの背中にSoundCoreのロゴがあります。

Soundcore Liberty 3 Pro イヤホン本体のデザイン
メタリックなおしゃれなイヤホンに

従来モデルのLiberty 2 Proは全体的にプラスチッキーなスタイルだったのに対して、Liberty 3 Proはメタリックなオシャレ感のあるイヤホンに仕上がっています。

Soundcore Liberty 3 Pro イヤホン本体のデザイン
Soundcore Liberty 3 Pro

Soundcore Liberty 3 Proのイヤホン本体は従来のLiberty 2 Proよりも少しだけスリムになって小型化しています。おそらく、ドライバーの見直しによって30%ほど小さくなったことでイヤホンを小さく、軽くすることができたのでしょう。

Soundcore Liberty 3 Proのサイズ感
サイズ感

左右イヤホンの「d」のロゴがある部分にタッチパッドを搭載しているので指で触れることで操作ができるようになっています。

操作方法
  • 左 2回タップ:曲をスキップする
  • 右 2回タップ:再生・停止
  • 左・右 2回タップ:通話に出る・切る
  • 左・右 2秒長押し:ノイズキャンセリング
  • 左・右 1秒長押し:着信に応答しない

1回タップではタッチパッドが反応しないようになっているので誤動作はしない仕様となっています。耳栓タイプのイヤホンは持ち手が狭いので誤動作を起こすことがあるため、1回タップが無効になってるのは個人的には嬉しい。

音量調整はスマホ側でしても調整してもいいと思います。

もちろん、タッチパッドの割り当てはSoundcoreアプリで設定できるので自分好みにカスタマイズもできるようになっています。

コントロールをカスタマイズ

シングルタップ、ダブルタップ、2秒間長押しなどのタッチパッドの割り当てができます。

Soundcore Liberty 3 Proの装着性

Anker Soundcore Liberty 3 Proは耳栓タイプのカナル型(密閉型)イヤホンです。

片耳イヤホンの重量は7.5g、両耳合わせても15gとなっています。Liberty 2 Proが両耳合わせて18gだったのでより軽くなっています。

Soundcore Liberty 3 Pro イヤホンの形状
カナル型のイヤホンを採用している

従来型のLiberty 2 Proはイヤホン本体部分が少し大きめだったため耳に付けているな..という感覚はしっかりありましたが、Liberty 3 Proは小さくなって軽くなったことで自然な装着感を実現しています。

個人差はあると思いますが、安定感もあるので歩いても耳からズレるようなこともなく快適にイヤホンを使うことができます。

Soundcore Liberty 3 Proのイヤーチップ、イヤーウィングはつのサイズから最適なものを選ぶことができます。

Soundcore Liberty 3 Pro イヤーチップの種類
サイズ豊富なイヤーチップ

一般的なイヤホンのチップは3種類くらいしか付属してこないのでどうしても自分の耳に合わないという状況があります。そんな中でLiberty 3 Proなら(S・M・L・XL)の豊富なイヤーチップから耳にあった最適なものを探し出すことができるでしょう。

IPX4の防水仕様で濡れても使える

Soundcore Liberty 3 ProはIPX4の防滴に対応したイヤホンです。

IPX4
  • 水の飛沫に対して端末を保護
  • 小雨、汗などに耐えることができる

IPX4は生活防水なので思いっきり水に濡らしてしまうと壊れる可能性もありますが、小雨に打たれる、運動に使うイヤホンとして普段使いなら十分でしょう。

ウルトラノイズキャンセリング 2.0に対応

Soundcore Liberty 3 ProはSoundcore A2 NCSoundcore Liberty Air 2 Proと同じように環境に合わせて周囲のノイズを掻き消すことができるウルトラノイズキャンセリング機能に対応しLiberty 3 Proはバージョン 2.0とアップデートされています。

環境に合わせて選べるノイズキャンセリング機能

Anker独自の「ウルトラノイズキャンセリング」はマイクから取り込んだ周囲の音を検知し雑音を除去するいわゆる「アクティブノイズキャンセリング」です。

Soundcore Liberty 3 Pro マイク
イヤホン本体上部に外部マイク

Soundcore Liberty 3 Proはイヤホン本体のタッチパッドで操作するだけでなく、Soundcoreアプリを使って設定ができるようになっています。

Soundcore Liberty 3 Pro ノイズキャンセリングモード

Soundcore Liberty 3 Proのノイズキャンセリング機能は自動モードが追加されていて耳の形状に合わせて最適に設定してくれるようになっています。

最初に「最適化」をする必要はあるものの周囲の騒音レベルによっても自動でノイキャンの強弱を調整してくれるのでこちら側で常に設定をする必要がないのでとても楽で良いですね。

ノイズキャンセリングの性能としてSoundcore Liberty Air 2 Proと同等レベルでAirPods Proにはあと一歩届かない感じです。

車のエンジン音、ロードノイズはある程度消し去ることができます。空調の音は「最大」にしてると消えないですが「中」くらいであればそれなりに「無音」にすることができます。

外音取り込み機能にも対応

また、上部のマイクから音を取り込むことで、イヤホンを装着したままでも周囲の音を聞くことができる「外音取り込みモード」にも対応しています。

Soundcore Liberty 3 Pro 外音取り込み機能
外音取り込みモード

モードも「全ての外音」と「音声フォーカス」から選ぶことができ、「音声フォーカス」にするとイヤホンを装着したまま会話できるくらい人の声が聞きやすくなります。

突然人に話しかけられた時もタッチパッドから簡単に切り替えできるので冷静に対処することができるのではないでしょうか。

Soundcore Liberty 3 Proの音質

Soundcore Liberty 3 Proは大口径の10.6mmサイズのドライバーを採用しています。

従来モデルのLiberty 2 Proは11mmだったので小さくなっていますが、新開発のAnker独自開発のドライバー構造(A.C.A.A 2.0)を採用し従来の「A.C.A.A」と比較して30%の小型化を実現しています。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro スペック
  • ドライバーサイズ:10.6mm
  • 音声コーデック:SBC / AAC / LDAC
  • Bluetooth:5.2
  • マルチポイントに対応し切り替えが簡単に
  • 通常時:イヤホン単体8時間、ケース併用32時間
  • ANCオン:イヤホン単体6時間、ケース併用24時間
  • LDAC オン:イヤホン単体4時間、ケース併用16時間

イヤーチップで隠れてしまう部分ですがLiberty 3 Proのノーズ部分は金属素材を採用し高級感のある感じになっています。

Soundcore Liberty 3 Proのドライバー部分
大口径のドライバーを採用している

見えないところにもこだわってるのか、A.C.A.A 2.0をこの小さいスペースに収めるための施策なのかは不明ですが謎にドライバー部分がカッコいい。

Soundcore Liberty 3 Proは低音強めのメリハリのある音質となっています。解像感はとても高くて音場の広い高音質なサウンドを楽しむことができます。

音の傾向としてはLiberty 2 Proと同じでよりクリアになった感じですね。別のラインナップのSoundcore Liberty Air 2 Proよりも間違いなく音質は向上しています。

ただし、デフォルト状態は低音が強めで中音が控えめなで少しドンシャリ系のサウンドになっており、ゼンハイザーやソニーのリアリティ重視のイヤホンとはまた違った音質となっています。

どちらかというとJBL CLUB PRO+ TWと音質が似ているかもしれません。もし、Liberty 3 Proのデフォルト状態の音に満足できない場合は専用のSoundcoreアプリを使って音の調整をするのがおすすめです。

Soundcore Liberty 3 Pro サウンドエフェクト
サウンドエフェクト

プリセットから好みの音を探すのもいいですし、カスタマイズモードで自分好みのサウンドを作り出すこともできます。

Soundcore Liberty 3 Pro イコライザー調整
イコライザー調整

中音域が少し弱めなので物足りないので、イコライザーで「アコースティック」などを選択させて解像感が向上させることができます。Liberty 3 Proはドライバーに余裕があるので無理なくEQ調整し自分好みのサウンドを作り出すことができます。

また、HearIDを使うことで左右それぞれの耳の特性を計測して自動で音を調整してくれる機能を使うのもおすすめです。

テストに3分ほど時間がかかるものの左右の耳でイコライザー調整をしてくれるのでバランスの良い、フラットな音を楽しめるようになります。

HearIDをしてさらに自分好みの音にカスタマイズしたい場合は「詳細設定」から左右の耳のプロファイルを細かく調整可能。HearIDで耳の聞こえ方の違いを補正して自分好みの音に合わせられるのでバランスの取れた良い音を楽しむことができます。

LDACで高音質サウンドを楽しめる

Liberty 3 Proは高音質コーデックのLDACを使って音楽を楽しむことができます。

Liberty 3 Pro LDACで高音質に
オーディオ品質優先LDAC

LDACモードにすると音が化けます。もう全然違います。とくに、Xperia 1 Ⅲは通常のAACモードでも音質がいいのでLDACにすると低音の音圧、高音の伸び、中音域の音場の広さが格段に向上します。

ただ、中音域〜高音域の伸びが良くなりすぎてイコライザー調整をしてる場合は設定し直した方がいいかもしれませんね。

LDACが使えるのAndroidスマホのみですがAndroidスマホを使っている方はワンランク上の音質で音楽を楽しむことができますよ。

ただし、注意点としてLDACを使うとマルチポイントが使えなくなるので複数の端末を同時に使うことができなくなります。また、バッテリーの持ちもAACモードよりも半分になってしまうので状況に合わせて使うのが良さそうです。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro
■ 評価:
4
■ 低音:
4.5
■ 中音:
4
■ 高音:
4
■ 解像感:
4

動画の遅延は少ない

Soundcore Liberty 3 Proは映像と音声のズレは比較的少なく遅延なくコンテンツを楽しむことができます。

ただし、高音質モードのLDACを使うと少しだけ映像と音声のズレが出てしまうので映画を見るときはオフにして使うのがいいかもしれません。

マルチポイント対応で切り替えが簡単

Soundcore Liberty 3 ProはBluetoothでスマホなどの端末と接続して使うことになります。

充電ケースの蓋を開くと左右のイヤホンが自動的に電源オンになって自動的にペアリングモードになって設定できます。イヤホンをケース方取り出さずにこのまま状態で設定ができるのはいいですよね。

Soundcore Liberty 3 Pro ペアリング
Soundcore Liberty 3 Proを接続する

スマホ側ではBluetooth接続先の一覧に「Soundcore Liberty 3 Pro」が表示されるのでタップで接続が完了です。基本的に一度ペアリングすれば2回目以降はイヤホンの蓋を開けるだけですぐに使えます。

そして、Soundcore Liberty 3 Proはマルチポイントに対応しているため2台まで同時にペアリングができるので機器の切り替えを簡単にできるようになりました、

例えば、iPhoneとAndroidでペアリングしておきます。

iPhoneで音楽を聴いててAndroidでプライムビデオを見たいとなった時もiPhoneのミュージックアプリを一時停止してAndroidの再生ボタンを押すだけで自動的に切り替えができてしまいます。

これは複数の端末を使ってるとほんとに便利な機能です。

マルチポイントの王者といえばJabra elite 75tJabra elite 85tでしたがAnkerもついにマルチポイントの機能に足を踏み入れることになってワイヤレスイヤホンの標準機能になっていく可能性が高そうです。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro レビュー:まとめ

Soundcore Liberty 3 Pro
Soundcore Liberty 3 Pro

Soundcore Liberty 3 Proのメリット

Soundcore Liberty 3 ProはLDAC、ノイズキャンセリング、マルチポイントに対応したAnkerのハイエンドな完全ワイヤレスイヤホンです。

Anker Soundcore Liberty 3 Proのメリット
  • イヤホンが軽くなって装着感が向上
  • マルチポイント対応で複数端末で使える
  • メリハリのある音質を楽しめる
  • ハイエンドらしく音質が良い
  • 高音質コーデック・LDACに対応している
  • ノイキャン搭載で騒音をカットできる
  • 充電ケースがワイヤレス充電に対応

メリハリの迫力サウンドを楽しめるだけでなくクリアな音質になったのでイコライザー調整をすることでそれなりに満足のいくサウンドを楽しむことができそうです。

LDACにして音質優先モードにすると音質がかなり向上するのでAndroidスマホを使っている方はかなりの恩恵を受けることができます。

また、Soundcore Liberty 3 Proはマルチポイントに対応しているので2台の端末を一時停止 → 再生だけで切り替えができてBluetoothの設定画面を開かなくてもいいのはほんとに便利です。

Soundcore Liberty 3 Proのデメリット

LDACを有効にするとマルチポイントが使えない、電池持ちが極端に悪くなります。使い方次第ですが、少し気にしながら使う必要はありそうです。

Anker Soundcore Liberty 3 Proのデメリット
  • LDACを使うとマルチポイントが使えない
  • LDACを使うと電池持ちが極端に悪くなる
  • 端末価格が19,800円と少し高め

Soundcore Liberty 3 Proの端末価格は19,800円とAnkerの完全ワイヤレスイヤホンとしては少し高価格です。

とはいえ、他メーカーで同じスペックのイヤホンを探すと普通に2万円オーバーになってしまうのでそう考えるとコストパフォーマンスは良いのではないでしょうか。

Soundcore Liberty 3 Proがおすすめな人は

Ankerの最高音質の完全ワイヤレスイヤホンが欲しい方は迷わずSoundcore Liberty 3 Proを買えばいいでしょう。音質、性能、使いやすさは間違いありません。

ノイズキャンセリング機能で騒音をカットできるだけでなくマルチポイントで端末の切り替えがスムーズで使いやすいです。オンライン会議のイヤホンとしても使えますよね。

ただし、価格を重視するならSoundcore Liberty Air 2 Proの方がいいかもです。

音質は劣りますがノイズキャンセリング性能はほぼ同じですし、スティックタイプのイヤホンということもあり付け心地もSoundcore Liberty Air 2 Proの方が上で12,980円で手に入れることができます。

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。

ポイント付与率
1回のチャージ額通常会員プライム会員
5,000円〜19,999円0.5%1.0%
20,000円〜39,999円1.0%1.5%
40,000円〜89,999円1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
\Amazonギフト券を購入する/
Amazonギフト券

というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするとチャージ金額の最大2.5%のポイントがもらえるんですよね。このポイントは次回買い物をするときに使うことができるので、Amazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらってお得にAmazonで買い物をしましょう!

その他のAnkerのワイヤレスイヤホンはこちら

低価格なAnkerのワイヤレスイヤホンはこちらです。