Soundcore Life Note 3S レビュー

完全ワイヤレスイヤホンが欲しいけどカナル型のイヤホン(耳にねじ込むタイプ)は耳に合わないから買えないんだよね…

…という方はAnkerの完全ワイヤレスイヤホン・ Soundcore Life Note 3Sがいいかもしれません。

Anker Soundcore Life Note 3Sは耳への密着度が少ないインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンで、音質もインナーイヤー型で6,990円のイヤホンにしてはとても良いです。

カナル型イヤホンが苦手だった方はAirPods(第2世代)AirPods(第3世代)を選ばざるを得なかった状況がAnker Soundcore Life Note 3Sで変わるかもしれません。

この記事ではAnker Soundcore Life Note 3Sのデザイン・音質・使いやすさをレビューしていくので安くてインナーイヤー型のイヤホンを検討している方は参考にしてみてください。

Anker Soundcore Life Note 3Sのメリット
  • インナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン
  • 自然な装着感で長時間使用も大丈夫
  • デザインがおしゃれでいい感じ
  • 音質が思ったよりいい感じ(EQ設定で化ける)
  • Soundcoreアプリに対応している
  • タッチパッドで簡単に操作できる
  • ワイヤレス充電(Qi)に対応している
  • IPX4の生活性能で多少濡れても大丈夫
  • 6,990円と安い価格設定で購入しやすい
Anker Soundcore Life Note 3Sのデメリット
  • 自動停止・再生機能に非対応
  • 高音質コーデック LDAC、aptXに非対応
  • マルチポイントには非対応

Anker Soundcore Life Note 3Sの特徴

Anker Soundcore Life Note 3S
Anker Soundcore Life Note 3S
Anker Soundcore Life Note 3Sの特徴
  • インナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン
  • 13mm大型ドライバー + BassUpテクノロジー
  • SoundCoreアプリ対応でイコライザー調整対応
  • タッチパッドで操作できる(割り当て変更可能)
  • 最大5時間連続使用(ケース込み:35時間)
  • Bluetooth:5.2、対応コーデック:SBC / AAC
  • 充電:USB-C、ワイヤレス充電(Qi)
  • 防水規格:IPX4
  • 充電ケース:54 × 50 × 29 mm
  • 重量:59g(ケース込み)、4.3g(片耳)
  • 端末価格:6,990円

Anker Soundcore Life Note 3Sはインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンで、ヘッド部分を耳の奥までねじ込むのではなく自然に耳の中に置いておく感じで使えるので圧迫感がなく自然に音楽や動画視聴することができます。

カナル型イヤホンをすると耳が痛くなる、圧迫感が苦手という方にとってはSoundcore Life Note 3Sは価格含めて最高の完全ワイヤレスイヤホンと言って良いかもしれません。

Soundcore Life Note 3Sの端末価格が6,990円です。

この価格でタッチパッドによる操作、SoundCoreアプリによるイコライザー調整、Qi規格のワイヤレス充電にも対応していてIPX4の防水規格にも対応しているので雨に打たれるくらいなら十分使えるスペックを持っています。

→ 動画レビューもしています。

Anker Soundcore Life Note 3S レビュー

パッケージと付属品

Soundcore Life Note 3SはSoundcoreカラーの水色をベースとしたパッケージとなっています。

Soundcore Life Note 3Sのパッケージデザイン
Soundcoreっぽいパッケージ

本体カラーはブラックとオフホワイトのどちらかを選べます。

Soundcore Life Note 3S 本体カラー

今回レビューしているのはAnker Soundcore Life Note 3SのオフホワイトでSoundcore Life P3とかなり似た色に仕上がっていますね。

同梱品は充電ケース、USB A to Cケーブル・説明書です。

Soundcore Life Note 3S 同梱品
同梱品一式

安いのにしっかりとUSB-Cケーブルが付属してくれるのは嬉しいところ。

また、インナーイヤー型でイヤーチップが必要ないので同梱品は従来のAnkerのワイヤレスイヤホンにしてはシンプルなものとなっています。

Soundcore Life Note 3Sの充電ケース

Anker Soundcore Life Note 3Sの充電ケースは光沢のある丸みのあるスタイルで、本体サイズは(54 × 50 × 29 mm)、重量は約59gとなっています。

Soundcore Life Note 3S 充電ケース
コンパクトな充電ケース

とてもコンパクトな充電ケースなので持ち運びもかなりしやすいです。充電ケースの素材は非光沢ポリカーボネートでマットで手触りもサラサラとしていて価格以上に質感の高い仕上がりです。

Soundcore Life Note 3Sの充電ポートはUSB-Cです。

Soundcore Life Note 3S 充電ポート
USB-Cポートを搭載している

付属のUSB-A to Cケーブルで充電できるのでiPhoneなどスマホの電源アダプタからの充電できますし、USB-C PD充電にも対応しモバイルノートPCのUSB-Cポートからの充電できます。

もし、充電アダプタが必要ならスマホと同時充電ができるUSB-Cポートを2つ搭載しているAnker 521 Chargerがおすすめです。

Soundcore Life Note 3Sの充電ケースのバッテリー残量はケースから確認できるので、LEDの数が減ってきたら充電してバッテリー補給しておきましょう。

Soundcore Life Note 3S バッテリー残量
LEDでバッテリー残量を確認可能

また、iPhoneならバッテリーウェジェットからケースとイヤホンの電池残量を細かく確認が可能です。

Soundcore Life Note 3S バッテリー残量:iPhoneのウィジェット

Anker Soundcore Life Note 3Sの最大再生時間はイヤホン単体で5時間・ケース使用で30時間です。

単体5時間は少し短いように感じますが、10分ほどケースにイヤホンを戻すことで1時間の音楽再生ができるまでバッテリーを復活させることもできるので5時間以上連続して使うことがないなら問題ないでしょう。

充電ケースはワイヤレス充電に対応

Soundcore Life Note 3Sはワイヤレス充電に対応しています。

Anker PowerWave II PadなどQi対応の充電パッドを使って無線でバッテリー補給ができます。6,990円なのにすごくないですかい。

Soundcore Life Note 3S 本体デザイン

Soundcore Life Note 3Sの充電ケースの蓋を開くとイヤホン本体が収まっています。

Soundcore Life Note 3S イヤホン収納状態
イヤホン収納状態

ドライバー部分が内向きに収まっていて取り出してそのまま方向転換することなく耳に装着できるので持ち直すことなく自然に耳に持っていくことができます。

Soundcore Life Note 3Sはスティックタイプのイヤホンとなっており、スティック部分も短くて先細りしているのでジムで運動しててタオルで汗を拭いても引っかかりにくい形状になっています。

Soundcore Life Note 3Sのサイズ感
イヤホンのサイズ感

引っかかりにくいだけで実際は気にする必要はありますが、同じスティックタイプのSoundcore Life P3と比較するとスティック部分が短くて取り回しはしやすいです。

ヘッド部分の内側は光沢のある樹脂素材を採用しています。

Soundcore Life Note 3S ヘッド部分のデザイン
Soundcore Life Note 3S

外側のヘッド部分とスティック部分はマットな樹脂素材を採用しているため手触りは良好です。

Soundcore Life Note 3S タッチパッド
タッチパッドを搭載している

左右イヤホンの「d」のロゴの物理ボタンを押すことで音楽の操作ができるようになっています。

操作方法
  • 左1回:音量を下げる(初期設定OFF)
  • 右1回:音量を上げる(初期設定OFF)
  • 左2回:曲送り・通話に出る
  • 右2回:再生・一時停止
  • 左 or 右 2秒長押し:アシスタン起動・通話操作

初期設定としては誤動作を防ぐためにシングルタップはOFFとなっており、2回タップで音楽の操作をしたり、通話に出たり、拒否したりすることができます。

Soundcore Life Note 3S 操作ボタンのカスタマイズ

Soundcoreの専用アプリを使うことで1回タップで音量を上げたり、下げたりするボタンを追加したり、自分好みにカスタマイズができるようにもなっています。

Soundcore Life Note 3Sの装着性

Anker Soundcore Life Note 3Sはイヤーチップのないインナーイヤー型(開放型)で片耳イヤホンの重量は4.3g、両耳合わせても8.6gとかなり軽量なイヤホンです。

インナーイヤー型のイヤホン

耳の中にそっと置く感覚で自然な付け心地のインナーイヤー型なので圧迫感もなくてずっと装着しててもSoundcore Life Note 3Sは疲れにくいイヤホンです。

Soundcore Life Note 3Sを装着したままランニングしたり、首を振ってみてもイヤホンが耳から外れることはなかったです。(個人差あり)

インナーイヤー型なので本当に疲れないです。4時間ほど連続してSoundcore Life Note 3Sを使ってみましたが、自然な付け心地で耳が痛くなることはなかったです。

IPX4の防水仕様で雨に打たれても大丈夫

Soundcore Life Note 3SはIPX4の防水規格に対応し少し水に濡れても大丈夫です。

IPX7
  • あらゆる方向から水の飛沫に対して耐えられる
  • 小雨、汗などに耐えることができる

IPX4は水の飛沫による保護なので雨に濡れたり、汗をかいても問題なく使える性能を持っています。

トレーニングをするためにイヤホンを付けたまま外を走ったりしますが、突然の雨に降ってきても大丈夫ですし、家事で手が濡れたとしても安心して触れることができます。

Soundcore Life Note 3Sの音質

インナーイヤー型のイヤホンはドライバーサイズが大型なものが多いですが、Soundcore Life Note 3Sも13mmの大口径ドライバーを採用しています。

Soundcore Life Note 3Sのドライバー部分
大口径のドライバーを採用
Anker Soundcore Life Note 3S スペック
  • ドライバーサイズ:13mm
  • 音声コーデック:SBC / AAC
  • Bluetooth:5.2
  • 電池持ち:5時間(ケース込み30時間)

Soundcore Life Note 3Sはインナーイヤー型で6,990円と低価格なイヤホンなので音質はそんなものだろう…と思ってたのですが、価格を考慮すると十分満足できる音質となっています。

13mmの大口径ドライバーが功を奏してるのか低音から高音までしっかり音が鳴っています。

ただ、カナル型と比べると低音と高音の音は弱めで音の傾向はインナーイヤー型らしく中音重視です。また、価格の安いイヤホンでありがちなボーカル域も音がこもることはなくクリアなサウンドを楽しめます。

価格帯が全く違うので本来は比較できないですが、AirPods(第2世代)なら遜色ない音質、さすがにAirPods(第3世代)は音圧や音場の広がり方が違うのでインナーイヤー型で音質重視ならAirPods(第3世代)がいいです。

Soundcore Life Note 3Sはイコライザーデフォルトだと音質は物足りなさがありますが、Soundcoreアプリからイコライザー調整することで音質を劇的に向上できます。

Soundcore Life Note 3S イコライザー対応
イコライザー

インナーイヤー型はどうしても低音が弱くなりがちですが、「プリセット」の「デフォルト」の中にある「BassUp」を有効にすると低音域を強化して芯のあるサウンドにできます。

個人的には「プリセット」の「エレクトロニック」に設定することで低音と高音がイイ感じに強化されてバランスの取れたサウンドに鳴るように感じました。

Soundcore Life Note 3Sはイコライザーでしっかりと音を補正できるのでインナーイヤー型の弱点をうまく回避できるのがイイところかもしれません。

Anker Soundcore Life Note 3S
■ 評価:
3.5
■ 低音:
3.5
■ 中音:
3.5
■ 高音:
3.5
■ 解像感:
3.5

通話も普通にできるクオリティ

Soundcore Life Note 3Sはノイズリダクション機能を搭載したマイクを片耳に2つ搭載しているため、ノイズの少ないクリアな音声で通話ができます。

実際にどれくらいの音質なのかボイスレコーダーで録音をしてみました。

なかなか良い感じではないでしょうか。この価格のイヤホンにしてはとても音声がクリアで聴きやすいです。これなら通話用のイヤホンとしても十分使えそうです。

映像と音の遅延は少ない

動画と音声の遅延は少しだけありますが、Soundcore Life Note 3Sはゲームモードを搭載しているのでレイテンシーを最小限に抑えることも可能です。

Soundcore Life Note 3S ゲームモード
ゲームモード

実際にゲームモードを使ってみた感じとして音と映像のずれはかなり抑えられていますが、音ゲーになってくるとさすがに厳しいかもしれません。

スマホとの接続方法

Soundcore Life Note 3SはBluetoothでスマホなどの端末と接続して使えます。充電ケースからイヤホンを取り出すと自動的にペアリングモードになってスマホのBluetoothの設定画面から接続できます。

Soundcore Life Note 3S 接続方法
Soundcore Life Note 3Sを接続する

スマホのBluetooth接続先の一覧に「Soundcore Life Note 3S」と表示されるのでタップすると接続完了です。

基本的に一度ペアリングをしてしまえば、2回目以降はイヤホンの蓋を開けるだけで自動ペアリングしてくれるので余計な操作は不要です。

Soundcoreのアプリからイコライザー、ゲームモードの設定、タッチパッドのカスタマイズ、睡眠モードなどを使うことができます。

Soundcoreアプリ
Soundcoreアプリ

また、「イヤホンを探す」も使ってイヤホン本体から音を出して迷子になったイヤホン本体を探し出す機能も搭載しています。

イヤホンを探す
イヤホンを探す

位置情報が分かるわけではないですが、音を出して部屋から探し出すことはできそうです。

なお、Soundcore Life Note 3Sは装着センサー非搭載でイヤホンを耳から外しても音楽は鳴り続けますがケースにイヤホンを戻すと音楽が停止するので普通に使うなら問題ないでしょう。

Anker Soundcore Life Note 3S レビュー:まとめ

Soundcore Life Note 3S

Soundcore Life Note 3Sのメリット

Anker Soundcore Life Note 3Sのメリット
  • インナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホン
  • 自然な装着感で長時間使用も大丈夫
  • デザインがおしゃれでいい感じ
  • 音質が思ったよりいい感じ(EQ設定で化ける)
  • Soundcoreアプリに対応している
  • タッチパッドで簡単に操作できる
  • ワイヤレス充電(Qi)に対応している
  • IPX4の生活性能で多少濡れても大丈夫
  • 6,990円と安い価格設定で購入しやすい

Soundcore Life Note 3SはSoundcore初のインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンです。自然な付け心地で耳への負担が軽くてカナル型のイヤホンが苦手という方に最良の選択肢になりそうです。

しかも、価格がバグってて6,990円で見た目も良くて音質もそこそこ良い。ワイヤレス充電(Qi)もできてIPX4の生活防水も対応しています。

Soundcore Life Note 3Sのデメリット

Anker Soundcore Life Note 3Sのデメリット
  • 自動停止・再生機能に非対応
  • 高音質コーデック LDAC、aptXに非対応
  • マルチポイントには非対応

Soundcore Life Note 3Sはイヤホンを外した時の自動停止機能には対応していません。ただ、イヤホンを充電ケースに戻したら接続が切れるので気にしなけらば問題はなさそうです。

また、マルチポイントには非対応でマルチペアリングに対応しています。一度接続した端末でも切り替える場合は「接続を解除」してから別の端末から「接続」し直す必要があります。

Soundcore Life Note 3Sがおすすめな人は

Soundcore Life Note 3S
Soundcore Life Note 3S

Soundcore Life Note 3Sはカナル型イヤホンが苦手な方におすすめです。

  • カナル型イヤホンが苦手な人
  • 費用をできるだけ抑えたい
  • ワイヤレス充電を使いたい

自然な付け心地で長時間使っても耳が痛くなることはありません。(個人差あり)

インナーイヤー型なのでカナル型のSoundcore Life P3と比べると音質は劣るものの、イコライザー調整で音質が化けるのでそれなりの音が楽しめれば良いならSoundcore Life Note 3Sはおすすめです。

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物をするならプライム会員になってクレジットカードでAmazonギフト券にチャージをしてから買い物をするとお得です。クーポンコード「F4CP4Y5GRTY7」でチャージ時に0.5%ポイントが貯まります。(2022年12月31日(土)23時59分まで)このポイントは次回の買い物で使えるのでAmazonで買い物をする前にAmazonギフト券をチャージをしておきましょう!

インナーイヤー型のSoundcore life P3はこちら

Ankerのワイヤレスイヤホンの比較はこちら

ワイヤレスイヤホンの比較はこちらです。