ソニー完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM3 レビュー

さすがソニーですわ…。ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン・WF-1000XM3が凄すぎる。ヤバすぎる。最近のソニーは本気を出してきたのでしょうか。

ここでは、WF-1000XM3のデザイン、音質、ノイズキャンセリングのこと、付け心地など使いやすさを徹底レビュー、評価しています。

ちょっとお高いけどこれを買えばワイヤレスイヤホンのことで悩むことはまずないのかな…と思います。それだけ完成度の高い完全ワイヤレスイヤホンとなっています。

SONY WF-1000XM3 レビュー

WF-1000XM3 外観デザイン
WF-1000XM3 プラチナシルバー

WF-1000XM3はソニーが2019年7月に発売したノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。

WF-1000XM3のスペック

型式が「XM3」となっていますが、2017年のWF-1000Xの後継機種となっていて、ナンバリングに「3」が付いている2代目となっています。

各モデルのスペックを比較
 WF-1000XM3WF-1000XWF-SP900
ドライバ6mm ドーム型(CCAWボイスコイル)バランスド・アーマチュア
マグネットネオジウム
コーデックSBC, AAC
ノイズキャンセリングあり(高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e)ありなし
アンビエントサウンド(外音取り込み)ありありあり
高音質技術DSEE HX対応(圧縮音源をハイレゾ相当に変換)
Bluetooth5.0(Power Class 1)4.1(Power Class 1)4.0(Power Class 2)
最大通信距離見通し距離 約10m
マルチペアリング最大8台まで
充電ポートUSB Type-C
連続音声再生時間最大6時間(ケース併用で24時間)最大3時間最大6時間
防水防塵IP68
専用アプリHeadphones Connectに対応

旧モデルのWF-1000Xもノイズキャンセリング機能を搭載してましたが、WF-1000XM3は新開発の高音質ノイズキャンセリンプロセッサ「QN1e」を搭載したのが大きな特徴の一つとなっています。

ノイズキャンセリングプロセッサ
高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1e

さらに音楽配信サービスや動画の圧縮音源を高解像度音源にアップスケーリングする高音質技術DSEE HXを完全ワイヤレスイヤホンとしては初めて搭載しています。

DSEE HXといえば、ソニーのスマートフォン・Xperiaシリーズには必ず搭載されている高音質技術ですが、これをiPhoneなどソニー以外の端末でも設定できるようになる…ということになります。

WF-1000XM3の特徴
  • ソニーらしい格好いいワイヤレスイヤホン
  • 装着感は付けてる感じがしないほど自然
  • さすがソニー、音質が驚くほど良い
  • 高音質ノイズキャンセリング機能を搭載
  • マルチペアリング機能が何気に便利(簡単にデバイス切り替え可能)
  • 細かいイコライザー設定で自分好みの音質設定ができる
  • 動画と音声のズレ、遅延はほぼない

見た目から「あ、ソニーのイヤホンだ。」って判別できるくらい特徴的なデザインとなっています。

イヤホンと充電ケース
WF-1000XM3

今回購入したカラーは「プラチナシルバー」です。他にもブラックがあるので好みのカラーを選ぶことができますが、僕はプラチナシルバーは一目惚れしてしまったのでこちらをチョイスしました。

WF-1000XM3の大きな特徴がノイズキャンセリング機能ですよね。

というか、ノイズキャンセリングって凄い。初めてノイキャンを体験したわけですがバスのロードノイズとか完全に消えてしまうほど。これには本当にビックリしました。ここまでノイズが消えてしまうなんて。体が浮いている感覚に陥ってしまうほど。

肝心の音質はもちろん良いのですがノイズキャンセリング機能のおかげで外部からの不快なノイズが消し去ることができるので音質がさらに良くなっている感じがします。

端末価格は少し高いけど失敗しない完全ワイヤレスイヤホンですね。

では、WF-1000XM3のデザイン、音質、使い勝手について詳しくレビューしていきたいと思います。

パッケージ・付属品

WF-1000XM3は高級ワイヤレスイヤホンらしく高級感のあるしっかりとしたパッケージとなっています。

WF-1000XM3 パッケージと付属品
高級感のあるパッケージ

説明書やGoogleアシスタントの使い方の説明書なんかも入っています。そして、WF-1000XM3の充電ケースはUSB-Cポートに対応しているので、USB-C to Aケーブルが付属しています。

WF-1000XM3 充電ケースとUSB-Cケーブル
充電ケースとUSB-C to Aケーブル

充電アダプタは付属していませんが、USB-C to AケーブルなのでiPhoneなど手持ちの充電器を使って充電はできるのかなと思います。ただ、ケーブルの長さが20cmとかなり短いですけどね。

イヤーピースの種類が豊富

付属しているイヤーピースは通常のハイブリッドイヤーピースの他にトリプルコンフォートイヤーピースが付属しています。

WF-1000XM3 イヤーピース一式
イヤーピース一式

左の色の付いたイヤーピースがトリプルコンフォートと呼ばれるイヤーピース。

トリプルコンフォートイヤーピース
トリプルコンフォートイヤーピース

通常のイヤーピースはシリコン素材となっていますが、トリプルコンフォートイヤーピースは発泡シリコン素材(ウレタンっぽい)を使ったものとなっています。

ハイブリッドイヤーピースとトリプルコンフォートイヤーピース
トリプルコンフォートは肉厚で遮音性が高い

トリプルコンフォートイヤーピースの方が肉厚になっているので、遮音性が通常にイヤーピースよりも高いのが特徴で、肌さわりもサラサラ素材となっているので、通常のイヤーピースの肌さわりが嫌という方はコンフォートを装着するのがおすすめです。

イヤーピースの取り外し
イヤーピースの取り外しは簡単

イヤーピースは上に引っこ抜くだけで簡単に取り外しができるので、自分の耳にあったイヤーピースを選ぶことができます。これだけ種類があるのは色々と試すことができるので有難いですね。

ちなみに、僕は通常タイプのイヤーピースを使っています。

WF-1000XM3
WF-1000XM3の裏側

なんか靴みたい…。トリプルコンフォートイヤーピースの装着感も悪くないのですが、少し窮屈感があったのでやっぱり僕は普通のイヤーピース。

WF-1000XM3の外観デザイン

充電ケース

充電ケースも本体デザインに合わせた楕円形スタイルとなっています。なかなか高級感があっていいですね。

WF-1000XM3 充電ケース
WF-1000XM3の充電ケース

充電ケースの下側にUSB-Cポートを搭載しています。

充電ケースのUSB-Cポート
USB-Cポートを搭載

充電ケースの内部はこんな感じ。

WF-1000XM3 充電ケースの内部
充電ケースの内部

ちなみに、充電ケースにはLEDを内蔵していますが、充電時に赤色に光るだけなので、バッテリー残量をケースだけで把握することはできません。

イヤホン本体はこんな感じで収まっています。

充電ケースにイヤホンを収める
充電ケースにイヤホンを収めた状態

イヤホン単体で4.5時間(ノイズキャンセリング ONで3.5時間)の連続再生が可能となっていますが、ケースを併用することで最大24時間ほど音楽を楽しむことができるようになっています。

イヤホン本体

イヤホン本体のサイズ感はこんな感じです。完全ワイヤレスイヤホンの中では大きめサイズといっていいかもしれませんね。

WF-1000XM3 サイズ感
WF-1000XM3

ただ、イヤホン本体の重量は8.5gと決して重くはないので、普通に使って重いと感じることはないでしょう。

右側の丸くなっている部分にタッチセンサーを内蔵しています。

WF-1000XM3 イヤホン本体
丸いところはタッチセンサーを内蔵している

この部分をタップすることでWF-1000XM3を操作することが可能となっています。

操作方法
  • 左側1回タップする:ノイズキャンセリング機能、外音取り込み機能の切り替え
  • 右側1回タップする:再生、一時停止
  • 左側2回タップする:受話、終話
  • 右側2回タップする:次の曲にスキップ、受話、終話
  • 右側3回タップする:前の曲に戻る
  • 左側ずっとタップする:クイックアテンションモード
  • 右側ずっとタップする:音声アシスタント呼び出し
  • 左右同時にずっとタップする:ペアリングモード

クイックアテンションモードは左側のイヤホンをずっとタップすることで起動できて、音楽の音量を下げて周囲の音を取り込むことができるモードです。

つまり、音楽を聴いていてイヤホンを取り外すことなく周囲の音、状況を確認することができるモードとなります。スタバなんかで店員さんに話しかけられた時に便利そうな機能ですね。これが活用できそうだ。

自然な装着感で付け心地最高

WF-1000XM3 ドライバー
WF-1000XM3の装着感

WF-1000XM3はカナル型の密閉タイプのワイヤレスイヤホンです。カナル型は耳に密着するので相性があるのかなと思いますが僕の耳には完璧にフィットしています。

圧迫感もなく、自然なつけ心地となっていてずっとイヤホンを装着していても耳が疲れてしまう…ということもありません。

また、カナル型イヤホンでありがちな足音が耳に響いしてしまうことも少ないので常用することができそうなイヤホンとなっています。トレーニング中にも使うことができるのかなとは思いますが、防水仕様じゃないので汗だくになるときの使用は控えた方がいいかもしれません。

音質はめちゃくちゃ良い!!

原音忠実なクリアなサウンド

やっぱり、ソニーはオーディオメーカーですね。WF-1000XM3はこの価格帯の完全ワイヤレスイヤホンの中ではトップレベルの音質の良さを誇っています。

WF-1000XM3
WF-1000XM3

音質は原音を忠実に再現しているサウンドで低音から高音までクリアで迫力のあるサウンドを楽めます。マジで音質はいいですよ。やっぱり、ソニーはオーディオメーカーなんだよ。

専用アプリ「Headphones」を使うことでイコライザー調整も可能となっています。

WF-1000XM3 イコライザー調整
イコライザー調整で好みの音質に

プリセット(OFF・Bright・Excited・Mellow・Relaxed・VocalTreble Boost・Bass Boost・Speech)からサウンドを選ぶのもいいですし、自分で好みのサウンドを作り出すこともきます。

個人的には「Bright」に「CLEAR BASS +7」の設定がおすすめ。クリアで低音も効いた迫力のあるサウンドに仕上げることができます。

アプリから「音質優先モード」と「接続優先モード」の切り替えが可能となっています。

音質優先モードに切り替え
音質優先モードと接続優先モード

初期設定は「接続優先モード」となっていて、駅のホームとか混み合うところの接続性能を上げてくれます。僕は田舎に住んでいるので「音質優先モード」にしていますが、正直なところ音質の違いがあまり感じられないので「接続優先モード」に設定していてもいいのかなと思います。

ノイズキャンセリングで不快なノイズを完全除去

WF-1000XM3はカナル型のイヤホンなので周囲の音は基本的にシャットアウトされていますが、バスや車のタイヤのロードノイズやエンジン音は防ぐことができません。

しかし、ノイズキャンセリング機能をONにすることで不快なロードノイズを綺麗に排除してくれます。

これには本当に驚いた。音楽を再生しないでノイズキャンセリングをONにするとバスの乗り心地が新幹線に変えることができます。

ちょっと意味不明だけど、それくらいノイズキャンセリング機能がスゴイってことなんです。

よくあるノイズキャンセリング機能は音質が低下してしまうというデメリットがありますが、新開発の高音質ノイズキャンセリンプロセッサ「QN1e」を搭載したことでノイズキャンセリングをONにしても自然な音を実現しています。

ノイキャンの風切り音について

WF-1000XM3のノイズキャンセリング機能はとても優秀なんですが、一つだけ弱点があります。風が強いところで使うと風の音を拾ってしまい風切り音がしてしまうのです。

でも、安心してください。

アプリで風邪ノイズ低減ができる
風切り音はアプリの設定で防げる

ノイズキャンセリング機能をOFFにするか専用アプリの「外音コントロール」から「風邪ノイズ低減」を選択すれば風切り音を防ぐことができます。

ノイズキャンセリングは少しだけ弱くなりますが、しっかり効いているので風の強い日はちょっと設定してあげればいいのかなと思います。

独断と偏見でWF-1000XM3の音質を6段階で評価しました。

音質評価
  • 低音:☆☆☆☆☆☆(6/6)
  • 中音:☆☆☆☆☆☆(6/6)
  • 高音:☆☆☆☆☆☆(6/6)
  • 解像感:☆☆☆☆☆☆(6/6)
  • 総合評価:☆☆☆☆☆☆(24/24)

あくまで完全ワイヤレスイヤホンの音質としてですが、なんと。当ブログ初の満点です(笑)音質に関しては全くもって不満はありません。不満なところは全くないですね。

端末価格は多少高めですが音質は間違いなくトップレベルなので音質を重視するならWF-1000XM3はおすすめです。

動画の遅延はほぼない

WF-1000XM3は最新のワイヤレスチップを搭載してBluetooth 5.0に対応しています。接続性能はなかなか良くて接続が切れてしまうことはほとんどありません。

また、動画と音声のズレ、遅延もほとんどないのでYouTubeや映画などのコンテンツを普通に楽しむことができるのかなと思います。

マルチペアリング機能で簡単切り替え

充電ケースからイヤホンを取り出すだけで初回は自動的にペアリングモードになるので、iPhoneやAndroidスマホのBluetoothの設定画面から簡単にペアリングができるようになっています。

iPhoneとWF-1000XM3をペアリング
iPhoneとペアリングする

一度ペアリングをしてしまえば充電ケースからイヤホンを取り出すたびに自動的に接続をしてくれます。

また、マルチペアリング機能にも対応しているので一度ペアリングした機器なら接続を切らなくてもBluetoothの設定画面から簡単に切り替えができるようになっています。

デバイスを切り替える時って使っていたデバイスの接続を解除しないといけませんが、WF-1000XM3は使いたいデバイス側から切り替えができるからとても便利。

ただ、マルチペアリング機能に関してはJabra Elite 65tの方が有能です。

Jabra Elite 65tは同時接続に対応しているのでBluetoothの設定画面がらデバイスの切り替えしなくても、Apple MusicやYouTubeのアプリの再生ボタンを押すだけで自動的に切り替えができます。

AndroidならNFCでペアリングできる

NFCペアリングに対応
NFCペアリングに対応

NFCを使ったペアリングに対応しているのでXperia 1などのAndroidスマホであれば充電ケースにピッとするだけでペアリングができるようになっています。

NFCを使ってWF-1000XM3をペアリング
NFCを使ってペアリング

ペアリング操作は初回だけだから必要性はあまり感じないですけど、便利っちゃー便利ですよね。

アンビエントサウンド(外音取り込み)を搭載

WF-1000XM3はノイズキャンセリング機能が大きなウリでしたが、アンビエントサウンド(外音取り込み)モードにも対応しています。

音楽を聴きながら周囲の音を確認したい、レジ対応をしたいときにイヤホン本体をタップするだけで簡単に切り替えができるようになっています。

また、専用アプリ「Headphones Connect」でユーザーの行動を分析して自動的にノイズキャンセリング、外音取り込みのモードを切り替える機能を使うことができます。

WF-1000XM3の惜しいところ

充電ケースが大きすぎる…

まあ、AirPodsの充電ケースが小さすぎるのかもしれませんが、WF-1000XM3の充電ケースは少し大きめです。

充電ケースのサイズの違い
WF-1000XM3とAirPodsの充電ケース

AirPodsの充電ケースと比較するとビックリするくらい大きいんですよね。AirPodsってどうしてこんなにもコンパクトで素晴らしいのでしょうか。

充電ケースは少し大きすぎるのでポケットに入れて持ち運ぶことはほぼ不可能。リュックの中に入れて持ち運ぶことになりますが、イヤホン本体を片付けるときにリュックから充電ケースを取り出す必要があって、とても面倒くさいです。

もうちょっとコンパクトにできないのかな…?

防水仕様ではない

あと、防水防塵仕様ではないのでトレーニング中に使ったり、音楽を聴きながら雨に打たれるということができません。

個人的にはイヤホンに防水性能はあまり必要としていないので、まあいいんですけど生活防水くらい対応していてくれたら嬉しかったですね。

まとめ:ノイキャンの快適性、音質はトップクラス!

ソニーらしい完全ワイヤレスイヤホン
充電ケースとイヤホン本体

WF-1000XM3はソニーのワイヤレスイヤホンなので Xperia 1との相性がいいのかなと思ってましたが、そんなことなかったです。

Xperia 1には圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングするDSEE HXを搭載しているのでWF-1000XM3と組み合わせたら最強になるんじゃないかと思ってました。

しかし、DSEE HXそのものを内蔵しているのでiPhoneでもMacでも高音質サウンドを楽しめるようになりました。

また、アプリを使えばイコライザー調整もできるしiPhoneの組み合わせでも全然OKでした。 Xperiaにこだわる必要はなかったのです。なので、iPhoneを使っているApple信者の方も気兼ねなく購入することができますよ!

WF-1000XM3はデザイン、音質、つけ心地、使いやすさにおいて最高の完全ワイヤレスイヤホン!です!

価格は25,880円と高級ワイヤレスイヤホンに分類されるデバイスです。同価格帯のイヤホン、もっと安いイヤホン、いろんなタイプのワイヤレスイヤホンがあります。

実際にいろんなワイヤレスイヤホンを比較しているので参考にしていただけたらと思います。

高級ワイヤレスイヤホンはJabra Elite 65t、Bose SoundSport Freeなどをレビューしています。

AppleのAirPodsも高級ワイヤレスイヤホンに分類されるのかな?