ソフトバンクがオンライン限定で申し込みができる「SoftBank on LINE(ソフトバンクオンライン)」を月額2,980円で提供することを発表しました。

SoftBank on LINEはドコモの「ahamo(アハモ)」の対抗プランとなっていてデータ通信量は20GB、5分間の国内通話が無料、5G通信にも対応したといった内容の新しい料金プランとなっています。

この記事では、SoftBank on LINEがどんな料金プランかを詳しく見ていきたいと思います。

SoftBank on LINE 特徴・メリット

SoftBank on LINEは月額2,980円で20GBのデータ通信と5分間の国内通話かけ放題ができる料金プランとなっていてオンラインから申し込むすることを前提としたプランです。

SoftBank on LINEのプランの特徴
  • 細かい条件はなしで2,980円(税別)
  • データ通信は20GBでLINEは使い放題
  • 20GB超過で速度が1Mbpsに制限
  • 4G/5Gのソフトバンク回線で通信ができる
  • 通話は国内通話5分かけ放題できる
  • アメリカ放題に対応
  • オンラインのみで契約ができる
  • eSIMにも対応予定
  • 事務手数料は無料

SoftBank on LINEは20GBのデータ通信量を超過すると1Mbpsに通信制限がかかってしまいますが、LINEに関するデータ通信はノーカウントとなるのでLINEをよく使っているという方にとっては嬉しい料金プランとなっています。

ソフトバンクの高品質な4G/5Gの回線を使って通信することができるので、従来のソフトバンクの料金プランからの切り替えでも同じように快適にスマホを使うことが可能となっています。

20GBデータ通信・5分かけ放題

SoftBank on LINEは月額2,980円で20GBのデータ通信、国内通話5分のかけ放題でスマホを使うことができ、LINEにかかるデータ通信は使い放題となっていて、若い世代をターゲットにした料金プランとなっています。

SoftBank on LINEと他社の20GBの料金プランを比較してみました。

料金と特徴を比較
 SB on LINEDOCOMO
ahamo
au
povo(ポヴォ)
Rakuten Unlimit V
料金2,980円2,480円2,980円
データ通信20GB無制限
超過制限1Mbps
テザリング追加料金なし追加料金なし
データ繰越なしなし
国内無料通話5分従量制(20円/30秒)
+500円で5分
専用アプリでかけ放題
24時間かけ放題1,000円1,500円980円
キャリアメールなしなし
家族割なし
回線SB 4G/5Gドコモ 4G/5Gau 4G/5G楽天 4G/5G・au 4G
国際ローミング追加料金なし追加料金なし

ドコモのahamoとSoftBank on LINE、Rakuten Unlimit Vはいずれも2,980円の横並びの料金となっていますが、auのpovo(ポヴォ)は2,480円と最安となっています。

SoftBank on LINEはソフトバンクの広範囲のエリアを使えてLINEに関わるデータ通信が使い放題になるという特徴を持っています。

ドコモは何かのサービスで使い放題になるということはないので、LINEを使うことが多い若い世代には受け入れられそうな料金プランといっていいかもしれません。

楽天モバイル Unlimit Vはデータ通信使い放題で2,980円でなのでコストパフォーマンスはSoftBank on LINEよりも高くなっていますが、楽天回線の電波はまだまだエリアが少なく地方はauの回線に頼っている状況になっています。

そう考えるとSoftBank on LINEを選ぶメリットは大きいように感じます。

もし、2021年3月頃にそこそこのエリアを確保することができているのなら楽天モバイルの方がデータ通信し放題という強みを生かすことができます。

追加オプション費用も安い

20GBのデータ通信量を超えてしまった場合は通信速度が制限されますが、1Mbpsと比較的緩めの制限なのでこのまま使うこともできる速度となっています。

追加費用を支払うことで制限を解除することができます。従来のプランだと1GBにつき1,000円の追加料金がかかったのに対して、SoftBank on LINEは1GBにつき500円と少しだけ安い価格設定となっています。

SoftBank on LINEのオプション
  • 容量追加:1GBあたり500円(税抜)
  • かけ放題オプション:月額1,000円(税抜)

SoftBank on LINEは国内通話5分かけ放題です。それ以上の通話をすると20円/30秒の通話料金がかかってきます。

30分ほどの長電話をすることが多いなら24時間かけ放題となる「かけ放題オプション」をプラス1,000円で追加するのがいいでしょう。

アメリカ放題に対応している

SoftBank on LINEは国際ローミングサービスの「アメリカ放題」に対応しています。

このサービスはアメリカなどの地域でデータ通信をしても通信速度低速化の容量の対象データ量として国内での利用分に合算されることがないサービスです。

アメリカに行ったらデータ通信し放題になるという意味の分からない神サービスですが、通話やSNSも無料で使うことができるのでアメリカによく行くことが多いならSoftBank on LINEはかなりアリなプランとなっています。

SoftBank on LINEのデメリット

SoftBank on LINEのデメリットはどこにあるのかを見ていきましょう。

SoftBank on LINEで注意すべきこと
  • 手続きとサポートはオンラインでのみ
  • キャリアメールを使えない
  • 家族間通話は5分以上の通話は有料に
  • 家族割、光セット割がない
  • SB → SoftBank on LINEでもMNP手続きが必要

手続きはオンラインでのみ

ソフトバンク、ワイモバイルは全国どこに行っても実店舗があるためそこに行って契約することができますが、SoftBank on LINEはWEBやLINEアプリのオンライン上からしか契約できないサービスとなっています。

手続きをオンライン限定にすることで諸経費を抑えることで2,980円という価格に抑えることができたのでしょう。

LINEを使っているユーザーであれば簡単に手続きができることを考えるとahamoよりもターゲット層がはっきりしているようにも感じます。

キャリアメールが使えない

SoftBank on LINEはキャリアメールを使うことができません。

ただ、SoftBank on LINEというブランド名にもあるとおり、LINEを使ってメッセージのやりとりができるのでキャリアメールがなくてもなんら問題はなさそうです。

SMS(ショートメールサービス)の送受信はできるので二段階認証で必要な認証コードの発行も問題なくすることができますし、LINEやiPhoneのimessageを使えばキャリアメールがなくても問題はないでしょう。

家族間通話は無料ではない

従来のメリハリプランなどは家族間であれば通話はどれだけしても無料でしたが、SoftBank on LINEは家族間通話は有料の可能性があります。

ただ、国内通話5分かけ放題はあるのでSoftBank on LINEから電話をかける分においては5分間は通話無料となります。

もし、従来のプランを契約しているスマホで無料通話オプションを付けないでSoftBank on LINEのスマホをかけた場合は家族割対象外となり20円/30秒の費用が発生してしまうので注意が必要となります。

キッズ携帯は使いにくくなる

SoftBank on LINEは単独で使うことを前提としたシンプルな料金プランとなっているので家族割などのサービスを使うことができません。

ソフトバンクのキッズ携帯は単独契約も可能となっているのですが、GPS位置情報サービス、家族間無料通話ができなくなるというデメリットが出てきます。

キッズ携帯を使う大きな目的はGPS位置情報サービスと家族間無料通話だと思いますが、これらのサービスを受けることができなくなってしまうので、お子さんがいる家庭ではSoftBank on LINEは適していないといえるでしょう。

家族割、光セット割がない

ソフトバンク、ワイモバイルの料金プランは家族割や光セット割で料金を安くするサービスがありましたが、SoftBank on LINEはこのような割引サービスはありません。

料金プランは2,980円で上がることもないし下がることもありません。

ワイモバイルも2021年2月より新しい料金プランをスタートし20GBのプランを選ぶことができるようになり、こちらは家族割か光セット割のどちらかを適用させることができます。

SoftBank on LINEではなくワイモバイルを使うメリットは小容量プランを複数回線契約するというところになります。

SB on LINEとシンプルL(家族割)
 SoftBank on LINEワイモバイル
1回線目2,980円(〜20GB)3,780円(〜20GB)
2回線目2,980円(〜20GB)1,980円(〜3GB)
家族割-500円
月々の支払い5,960円5,260円

例えば、相方がデータ通信をあまり必要としない人だったとするとワイモバイルを選んだ方が安くなります。さらに、光セット割なら1回線目から割引対象となります。

SB on LINEとシンプルL(光セット割)
 SoftBank on LINEワイモバイル
1回線目2,980円(〜20GB)3,780円(〜20GB)
2回線目2,980円(〜20GB)1,980円(〜3GB)
光回線5,400円5,400円
光セット割-500円 × 2
月々の支払い11,360円9,660円

光回線も併用して使っているとSoftBank on LINEだと割引が一切ないので11,360円と割高になってしまいますが、ワイモバイルなら9,660円と通信費用を抑えることが可能となります。

SB → SoftBank on LINEでもMNP手続きが必要

なぜかソフトバンクからSoftBank on LINEに乗り換えする場合もMNP(携帯電話番号ポータビリティ)をする必要があります。ドコモのahamoは6月以降は必要なくなりますが、SoftBank on LINEは果たして?

SoftBank on LINEで気になるところ

SoftBank on LINEは2021年3月にスタートするサービスとなっていて、正式名称もまだ決定していないこともあり細かいところはまだ明らかになっていません。

20歳以下の契約はどうなる?

ドコモのahamoは個人の20歳以上の方しか契約できない料金プランとなっており、20歳以上の契約が必要となりますが親が契約して利用者登録して子どもに持たせることができましたが、SoftBank on LINEはどうなるのか明らかになっていません。

LINEを使っている世代を考えると20歳以下の契約もできるようにすべきなのでしょう。ソフトバンクは未成年の場合は本人確認書類と親権者等同意書があれば契約することができるので、同じような手続きになるのでしょうか。

スマホは購入できる?

SoftBank on LINEはオンライン限定で契約できるサービスとなっていますが、おそらくスマホのセット購入もできるようになるはずです。

LINEモバイルの新規契約受付が2021年3月に終了します。代わりにSoftBank on LINEがスタートすることになるので、LINEモバイルが扱っていたスマホがラインナップに並ぶ可能性は高いのではないでしょうか。

ちなみに、LINEモバイルはiPhone SEの取り扱いをしています。

SoftBank on LINEのサービス開始時期

SoftBank on LINEは春商戦に間に合わせる形で2021年3月よりスタートとなります。

まだ、しばらくは時間はありますがドコモは2021年4月よりahamo(アハモ)を、auも2021年1月に新しい料金プランを発表する予定となっています。

SoftBank on LINEがおすすめな人は

SoftBank on LINEは基本的に単身者が契約すると幸せになれる料金プランとなっています。

SoftBank on LINEに向いている人は
  • 自宅や職場に光回線のWi-Fi環境がある
  • LINEを使うことが多い
  • 自分でオンラインで申し込みができる
  • 自分でスマホの設定をちゃんとできる

自宅に光回線がない場合は20GBのデータ通信だと足りなくなる可能性がありますが、固定回線があるなら十分すぎるデータ通信量となっています。

また、LINEに関わるデータ通信はカウントゼロとなります。LINEを使うことが多いならSoftBank on LINEがあればずっと通信制限を受けることなくスマホを使い倒すことが可能となります。

SoftBank on LINEに向いていない人は

SoftBank on LINEは家族向けのプランではないので、3人以上の家族で使う場合はソフトバンクの「メリハリ無制限」やワイモバイルの「シンプル」を選ぶのがいいかと思います。

  • 家族3人以上いる
  • 自宅に光回線などWi-Fi環境がない
  • 動画やゲームをすることが多い

家族がいる場合は光回線を引いている場合もあるので、家族割、光セット割を組み合わせて、容量の少ないプランを使った方がトータルで通信料金を下げることができます。

小学生くらいの子がいてキッズ携帯を持たせている場合もSoftBank on LINEだと厳しいので結局はソフトバンクを使わざるを得ない状況となってしまいます。

ちなみに、ソフトバンクのプランも値下げされた「メリハリ無制限」を2021年3月より提供開始となります。