SoftBank 5G 料金プラン・対応端末

ソフトバンクが2020年3月27日に5Gの商用サービスとなる「SoftBank 5G」の提供をスタートすることを発表し、料金プラン、5G対応端末の概要も明らかになりました。

ここでは、「SoftBank 5G」の料金プラン、対応機種、何が変わるのか?などについて詳しく紹介しています。「SoftBank 5G」に対応する地域はほんの一部となりますが最先端の通信を体感したいなら…。ね。

5G通信とは?

5G通信は次世代通信規格としてドコモ、au、SoftBank、楽天モバイルが2020年春以降に次々とサービスをスタートさせます。

現在の4G LTE → 5Gになることで通信速度、遅延が大きく改善されて今までできなかったことができるようになると期待されています。

5Gのメリット
  • データ通信の高速化
  • より大容量データを通信できる
  • 低遅延で遠隔操作が可能に

5Gの通信速度は理論上は4Gの100倍となる10Gbpsの高速通信が可能となると言われています。(ただし、今回発表されたSub-6対応の5G端末は4Gの2倍ほどの通信速度)

それだけでなく端末の接続台数も大幅に増えるので例えば東京駅は人が多すぎてデータ通信が遅い現象が発生しますが、このような現象を少なくなるはずです。実際に試してみたいところ。

さらに5Gは4Gや現在のWi-Fiよりも低遅延となり自動車などの自動運転、遠隔医療にも使うことができる信頼性のある通信規格となっています。

SoftBank 5Gの料金プラン

4Gプランに1,000円追加で5Gが使える

5G対応メリハリプラン
5G対応メリハリプラン

「SoftBank 5G」は5G対応機種を手に入れて、4Gの料金プランに1,000円追加することで使うことができます。対応している料金プランは以下のとおりです。

SoftBank 5G対応プラン
 メリハリプランミニフィットプランスマホデビュープラン
データ容量50GB(動画SNSし放題)〜1GB
〜2GB
〜5GB
1GB
データプラン料金2GB〜50GB:6,500円
〜2GB:4,000円
3,000円
5,000円
6,500円
1,500円
基本プラン(音声)980円980円980円
5G基本料1,000円 → 2年間無料
合計7,480円3,980円
5,980円
7,480円
2,480円

5Gを使えるエリアが限定的なので2年間無料となる 「5G無料キャンペーン」 を2020年8月31日まで実施、基本的には4Gと同じ料金で5Gを体験することが可能となります。

これってつまり、2022年までは全国どこで5Gを使える環境が整わない…って見方もできます。

なお、半年おトク割(6ヶ月間 1,000円割引)、おうち割 光セット(1,000円割引)、みんな家族割+(2人〜4人で最大2,000円割引)も最大限の組み合わせでメリハリプラン(5G)を3,480円(6ヶ月間)で使うことが可能となります。

家族みんなでソフトバンクに乗り換えて、SoftBank Air・光を使えば安い!ですね!

4Gの新料金プランは値上がりしている

既存の4G料金プランと同じ料金で5Gが使える。としてますが、実はソフトバンクマジックがあるので注意してください。

5Gに対応している基本プランは2020年3月12日から受付を開始する「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」「スマホデビュープラン」のみです。

既存の「ギガモンスター」「ミニモンスター」は対象となっていないので、5Gを契約しようと思ったら新プランに移行する必要があるんですね。

で、新料金プランの音声通話オプションは実は値上げされています。

ギガモンスターとメリハリの音声通話プラン
メリハリ・ミニフィットプランギガモンスター・ミニモンスター
基本プラン(音声)980円980円
準定額(5分かけ放題)800円500円
定額(24時間かけ放題)1,800円1,500円

300円の値上げです。かけ放題のオプションを付けなければ従来のギガモンスター・ミニモンスターと同じ料金プランですが、自分から電話をかけることが多い方は事実上の値上げとなってしまいます。

なので、5Gを使うためにギガモンスター → メリハリプランに移行すると300円料金が高くなってしまうので注意しましょう。まあ、たった300円なので絶妙な値上げ…って感じですよね。

また、新規・乗り換えの割引も1年から半年に短くなっているのも注意です。

SoftBank 5Gの対応機種

SoftBank 5G 対応端末 4機種
SoftBank 5G 対応端末 4機種

SoftBank 5Gに対応したスマホは全部で4機種あります。

SoftBank 5G 対応機種 4機種
 LG V60 ThinQ 5GAQUOS R5GZTE AXON 10 ProOPPO Reno3 5G
画面サイズ6.8インチ(OLED)6.5インチ(Pro IGZO)6.4インチ(OLED)6.55インチ(OLED)
解像度2460×10803168×14402340×10802400×1080
CPUSDM 865SDM 865SDM 865SDM765G
メインメモリ8GB12GB6GB8GB
ストレージ128GB256GB
UHS3.0
128GB128GB
microSD最大512GB最大1TB最大2TB
生体認証画面内指紋画面内指紋・顔指紋画面内指紋
リアカメラ6400万
1300万
ToF
1220万
4800万
1220万
ToF
4800万
2000万
800万
4800万
1300万
800万
200万
インカメラ1000万画素1640万画素2000万画素3200万画素
5G通信測定中下:2Gbps
上:103Mbps
測定中
4G通信測定中下:988Mbps
上:46Mbps
測定中
Wi-Fi6(a/b/g/n/ac/ax)5(a/b/g/n/ac)
Bluetooth5.15.05.1
おサイフケータイ対応対応対応
ワンセグ・フルセグ対応
防止防塵IP68IP68
バッテリー5000mAh3730mAh4000mAh4025mAh
サイズ166×177×15mm75×162×8.9mm73×159×7.9mm72×159×7.7mm
重量353g189g179g171g
端末価格89,280円129,600円未定未定

LG V60 ThinQ 5G、AQUOS R5G、ZTE AXON 10 ProはSnapdragon 865を搭載するハイエンド5Gスマホですが、OPPO Reno3 5GはSnapdragon765Gを採用したミドルレンジ5Gスマホとなっています。

端末価格はまだ発表されてませんが、お手頃価格で5Gスマホを手に入れることができるかも?

LG V60 ThinQ 5G

LG V60 ThinQ 5G
LG V60 ThinQ 5G

LG V60 ThinQ 5GはLGエレクトロニクス製の5Gスマホで2020年4月下旬以降に発売される端末です。

専用ケース「LGデュアルスクリーン」を付けることで二つのディスプレイを使うことができる2画面スマホで、現行モデルのLG G8X ThinQの後継機種っぽい端末となっています。

LG V60 ThinQ 5Gの特徴
  • 6.8インチの有機ELディスプレイ
  • LGデュアルスクリーンで音楽ライブやスポーツなどいろいろな視点を2画面で楽しめる
  • SDM865 + 8GB RAMで快適に動作する
  • 3つのリアカメラを搭載して8K動画撮影に対応
  • 画面内指紋認証に対応している
  • 端末価格は89,280円と5Gスマホとしてはリーズナブル

本体とディスプレイの2つの構成でありながら89,280円で買うことができるハイエンドスマホでありながらお得感のある端末となっていますね。

リアカメラは6400万画素(F1.8)の広角カメラ、1300万画素(F1.9)の超広角カメラ、深度を計測するToFカメラを搭載したトリプル仕様となっています。8K動画撮影にも対応しています。

AQUOS R5G

AQUOS R5G
AQUOS R5G

AQUOS R5Gはシャープ製の5Gスマホで2020年3月27日に発売される端末でAQUOS R3の新機種となります。

AQUOS R5Gの特徴
  • 6.5インチのIGZO Pro(液晶)ディスプレイ
  • SDM865 + 12GB LPDDR5で超快適に動作する
  • 4つのリアカメラを搭載し8K動画撮影に対応
  • 顔認証と画面内指紋認証に対応している
  • 端末価格は129,600円とちょっと高い

2020年前半に発売したAQUOS zero2は有機ELディスプレイでしたが、AQUOS R5Gは液晶のIGZO Proディスプレイを搭載しています。

どんな使い分けがあるのかよくわかりませんが、AQUOS R5Gのほうが高解像度のディスプレイとなっているので写真・動画の撮影に適したモデルとなっています。

AQUOS R5G 外観デザイン
AQUOS R5G 外観デザイン

リアカメラは1220万画素(F1.7)の広角カメラ、4800万画素(F2.9)の超広角カメラ、1220万画素(F2.7)の望遠カメラを搭載していて深度計測するToFカメラも搭載していて動画の背景をぼかすこともできるように。

さらに8K動画撮影にも対応しています。2020年のハイエンドスマホは8K動画撮影がトレンドですね。8Kで撮影できるのはいいけど、それを確認する術がないという…!

ZTE AXON 10 Pro

ZTE AXON 10 Pro
ZTE AXON 10 Pro

ZTE AXON 10 ProはZTE製の5Gスマホで2020年3月27日に発売される端末となっています。

AQUOS R5Gの特徴
  • 6.4インチの有機ELディスプレイ
  • SDM865 + 6GBで快適に動作する
  • 3つのリアカメラを搭載している
  • 画面内指紋認証に対応している

ZTE AXON 10 ProはSnapdragon 865を搭載しているハイエンドスマホですが、他の端末と比べて他のスペックが控えめなのでハイエンドでありながら安い価格で購入できる5Gスマホになるかも?

ZTE AXON 10 Pro 外観デザイン
ZTE AXON 10 Pro 外観デザイン

端末価格がまだ明かされていないので、分からないですがZTEのスマホはとても安いイメージがある(ワイモバイルのLibero S10とかめちゃ安い)ので期待したいところです。

OPPO Reno3 5G

OPPO Reno3 5G
OPPO Reno3 5G

OPPO Reno3 5GはOPPO製の5Gスマホで2020年7月下旬以降に発売される端末となっています。OPPOのスマホがソフトバンクから発売されるのは初めてでOPPO Reno3 5Gは独占販売になるとか。

OPPO Reno3 5Gの特徴
  • 6.55インチの有機ELディスプレイ
  • SDM765 + 8GBでそこそこ快適に動作する
  • 4つのリアカメラを搭載している
  • 画面内指紋認証に対応している

OPPO Reno3 5GはSnapdragon 765GとミドルレンジCPUプロセッサを搭載しているので安い価格で販売されることに期待したいところ。

ミドルレンジクラスでありながら4つのカメラを搭載していてどんな写真を撮影できるのか気になるところです。

OPPO Reno3 5G
OPPO Reno3 5G

OPPO Reno3 5GはSoftBank 5G対応端末の中で一番小さく軽量なモデルとなっているので操作性はなかなか良さそう。

SoftBank 5Gで何ができる?

SoftBank 5Gのスマホを使うことで何ができるのかが一番気になるところではありますが、現時点では通信速度が速くなること以外の恩恵はなさそうな感じではあります。

5G通信でできること
5G通信でできること

自動運転、遠隔医療はスマホには関係のないところですし、スマートシティも社会のインフラの話になってしまうので、一般ユーザーが恩恵を受けるのはまだまだ先の話となりそう。

一般ユーザーが楽しめることはねーのか?

通信が5Gになることで大容量データの通信が容易になるので、ライブ中継などみたいところを自分で選んで見ることができるようになります。

5G通信で

まあ、どうなんだろう。楽しそう。ですよね。アイドル、スポーツが好きな方はかなり楽しめるような気がします。でも、これってWi-Fiでも実現できないのかな?(よくわからないけど…)

ソフトバンクは3月27日よりAR、VR、FR、ゲームを5Gのテクノロジーで体感することできる「5G LAB」というサービスを開始します。通常は月額500円ですが7月末まで無料で楽しめます。

ちなみに、4G回線やWi-Fiでも楽しめるそうで…()

SoftBank 5G サービスエリア

SoftBank 5Gは2020年3月27日よりサービススタートしますが、現在公開されているエリアのうち東京都、大阪府及び広島県広島市の対象エリア並びに千葉県及び愛知県の一部の対象エリアは2020年3月31日からスタートとなるそうです。

SoftBank 5G 2020年3月31日のエリア
  • 東京都、千葉県、石川県、愛知県、大阪府、広島県、福岡県の一部エリア

まさかの石川県がSoftBank 5Gの第1陣に入っているとは。かなりエリアは狭く、人口密度が少ないところからのスタートとなるようですが、5Gを体感してみたいですよね

どうしようか。

5Gの波に乗るべきか、否か。

新しいモノが好きで好きでたまらない…!という方以外は基本的には5Gの波に乗る必要性はないでしょう。あまりにも対応エリアが狭いのと5Gに対応したスマホがないと体感できないという根本的な問題あります。

ちょうど、スマホを買い換える時期になっててせっかくだから5G対応の端末を買うのならいいのかも。5Gプランは2年間無料で使うことができますし、失うものはありません。さあ。

SoftBank 5Gのメリット
  • 5Gプランは2年間無料で契約できる
  • 5G対応の端末が高機能で面白そう
  • 対応エリアなら超快適なスマホライフが待っている(はず)

5Gはミリ波なら4Gの100倍の通信速度がありますが、現在対応しているのはSub-6と呼ばれる帯域で5G対応端末の最大通信速度も2Gbps程度です。

つまり現行の4Gスマホよりも良くて2倍ほどの通信速度が良くなる程度なんですよね。理論上は。もちろん、低遅延になるので体感速度はかなり良くなるとは思いますが現段階ではいうほどのものではなさそう。と予想しています。

SoftBank 5Gのデメリット
  • SoftBank 5G対応エリアが狭い
  • メリハリプランに乗り換える必要がある
  • 5Gならではサービスがイマイチ?

なお、5G通信はSoftBank 5Gだけではありません。ドコモとauも5G通信のサービスを開始するのでどんなサービス、料金プランになるか出揃ってから5Gを体感するのかどうか決めてもいいのかもしれませんね。

2020年秋に発売されるiPhone 12も5Gに対応するとみられています。

Galaxy S20Xperia 1 Ⅱも5Gに対応します。SoftBankで発売されるかどうかは不明ですが。

ドコモ・au・ソフトバンクの料金比較はこちらをどうぞ。