ゼンハイザー CX True Wireless レビュー

少しでもいい音を安く聞けたらこんなにもいいことないですよね。

Sennheiser(ゼンハイザー)の完全ワイヤレスイヤホン・CX True Wireless(CX200TW)は17,380円というお手頃価格でありながらも上位機種と同じドライバーを採用し音質にこだわったエントリーモデルです。

ということで、この記事ではゼンハイザー CX True Wirelessのデザイン、サイズ、音質はどうなのかレビューしています。少しでも音質のいい完全ワイヤレスイヤホンを手に入れいたと検討している方は参考にしてみてください。

CX True Wirelessの特徴

CX True Wireless 完全ワイヤレスイヤホンの特徴
  • カナル型の密閉タイプのイヤホン
  • ドイツ製の7mmサイズドライバー
  • 片耳モードに対応(左右どちらでも)
  • タッチセンサーで直感的に操作できる
  • Bluetooth 5.2、SBC・AAC・apt-Xに対応
  • デュアルマイク(計4つ)で通話品質が良い
  • 最大9時間連続使用(ケース込みで27時間)
  • IPX4の生活防水に対応している
  • 充電ポート:USB-C
  • 端末価格:17,380円
  • 発売日:2021年7月8日

ゼンハイザーはドイツの音響メーカーとして知られており音楽制作現場や映画制作現場などのプロの音響機器にも使われていることが多いメーカーです。

CX True Wirelessは耳にねじ込むタイプのカナル型のイヤホンで人間工学に基づいたデザインを採用することで長時間装着していても快適に音楽を楽しむことができます。

音質はゼンハイザーらしい重厚感のある落ち着いたサウンドとなっておりどちらかというと低音重視の音質となっています。1.5万円前後のイヤホンで音質に満足できないという方はCX True Wirelessを試してみて欲しいです。

ただし、イヤホンを耳から外して音楽の再生を停止するスマートポーズには非対応となっていたりこの価格帯のワイヤレスイヤホンにしては機能が少ないので注意です。

CX True Wirelessは、Bluetooth 5.2に対応し最大9時間連続再生、ケース併用で27時間も使えて長時間使用にも耐えることができ、さらにIPX4の生活防水に対応しているので雨に打たれたり運動時に使えるワイヤレスイヤホンとなっています。

端末価格は17,380円ですが早くも15,800円に値下げして販売しているのでCX True Wirelessはコストパフォーマンスのいい完全ワイヤレスイヤホンになっているのかなと感じます。

CX True Wireless レビュー

パッケージと付属品

CX True Wirelessのパッケージはゼンハイザーのコーポレートカラーであるライトブルーをアクセントにした白地をベースとした高級感のあるものとなっています。

CX True Wireless パッケージ
CX True Wireless

CX True Wirelessの本体カラーは今回レビューしているブラックだけでなくホワイトも選べるので好み合わることができますね。

CX True Wireless カラーラインナップ

同梱品は充電ケース、シリコンイヤーチップ(4サイズ)、USB-A to Cケーブル、説明書となっています。

CX True Wireless 同梱品一式
同梱品一式

USB-A to Cケーブルは15cmほどと短いタイプのものが付いてくるのでケーブルが絡まったりせず扱いやすくていいですね。

CX True Wireless 充電ケーブル
充電ケーブルは短めで使いやすい

電源アダプタは付属してこないのでスマホを充電するためのUSB-Aタイプの充電器を持ってるならそれを併用してもいいですし、USB-C PD充電にもしっかり対応しているのでiPadやMacからUSB-Cケーブルを使って充電もできます。

CX True Wirelessは耳の大きさに合わせたイヤーチップを選ぶことができます。

CX True Wireless イヤーチップ
CX True Wireless イヤーチップ

最初から装着されているイヤーチップはMサイズとなっていますが、他にもXS・S・Lに交換できます。まずはMサイズのチップで音質を確認して低音域がスカスカの場合はチップが小さいのでLサイズのチップに交換しましょう。

ただ、CX True Wirelessのイヤホン本体は耳にゴリゴリとねじ込む必要があるのでしっかりと装着できているかどうか確認してから交換するのがいいです。

CX True Wirelessの充電ケース

CX True Wireless 充電ケース
光沢のある充電ケース

CX True Wirelessの充電ケースのサイズは54 × 38 × 29mm、重量は約49gとコンパクトで軽量でとても扱いやすいサイズ感に収まっております。なお、ワイヤレス充電のQiには非対応です。

CX True Wirelessの充電ケースの蓋を開けるとイヤホン本体がこのように収納されています。

CX True Wireless 充電ケースの蓋
蓋を開けたところ

充電ケースの外装は光沢のあるプラスチック素材ですが、内装はマット調となっているので汚れは付きにくく目立ちにくいように配慮されています。また、凹凸も少ないので掃除もしやすそうです。

CX True Wirelessはイヤホン単体で連続8時間の再生ができて、充電ケースも含めると最大38時間長時間再生ができて、外出時も安心して使うことができるのではないでしょうか。

CX True Wireless 本体のデザインとサイズ

CX True Wirelessのイヤホン本体のデザインはタッチセンサー部分にゼンハイザーのロゴが描かれており、色が統一されてるためシックな落ち着いた雰囲気となっています。

CX True Wireless
カナル型イヤホン

イヤホンの外側筐体の素材にはマット調のプラ素材となっており汚れにくく、指先から滑り落ちにくいので取り扱いのしやすいイヤホンとなっております。

CX True Wireless イヤホン本体

また、イヤホン筐体の表面はタッチセンサーを内蔵しているので指でタッチして音楽をコントロールできます。

操作方法
  • 左をタップ:音楽停止・再生
  • 右をタップ:音楽停止・再生
  • 左を2回タップ:次の曲に進む
  • 右を2回タップ:前の曲に戻る
  • 左右どちらか3回タップ:音声アシスタント
  • 左を長押し:音量下げる
  • 右を長押し:音量上げる

タッチすると「プッ」と音がして反応し動作確認をすることができます。また、タッチセンサーの範囲は広くないので、イヤホンを脱着するときに誤動作したりすることは少なく扱いやすいタッチ操作を実現しております。

なお、自動停止・再生機能は非搭載なので、音楽を聞いていてイヤホンを耳から外しても音楽は再生し続けます。ただ、充電ケースに戻すことで音楽は停止するので普通に使う分においては問題はないでしょう。

CX True Wireless イヤホンの装着感

CX True Wirelessは耳にねじ込むタイプのカナル型の完全ワイヤレスイヤホンとなっています。

CX True Wireless 両耳イヤホン
CX True Wireless ワイヤレスイヤホン

イヤホン単体の重量は11gと軽量で付けていることを忘れさせてくれるサイズ・重量感となっています。

カナル型なので耳への密着度は高めではあるものの装着感は自然で圧迫している感じは全くありません。イヤホンの装着感は個人差がありますが個人的には装着感の良いイヤホンに分類します。

CX True Wireless イヤホンの形状
耳にはめ込むタイプのイヤホン

カナル型なので耳への密着度はありますが圧迫感の少ない付け心地となっており、長時間イヤホンを装着して音楽を楽しんだり、Podcastを聴いたとしても疲れるということはなさそうです。

ただ、耳への安定感はシビアで少し動くと密着感が損なわれて音がスカスカになってしまいます。おそらく、僕の耳とあまり合ってないということなのでしょう。口を開けるなどするとイヤホンが少しズレて左右の音のバランスが崩れてシビアですが、長時間の使用で耳が痛くなることはなかったです。

運動には向いていないものの作業をしながら使うには適しているイヤホンといっていいかもしれないですね。

CX True Wirelessの音質

CX True Wirelessはドイツ本社開発のMOMENTUM True Wireless 2と同等のTrueResponseトランスデューサーを採用しゼンハイザーらしい重厚な質感の高い音質を楽しめます。

CX True Wireless ドライバー部分
7mmのドライバーを採用している
CX True Wireless スペック
  • ドライバーサイズ:7mm
  • SoC:良質なクアルコムチップ
  • 音声コーデック:aptX/AAC/SBC
  • Bluetooth:5.2
  • マイク:デュアルマイク
  • 9時間(ケース込みで27時間)

とくにCX True Wirelessは低音を重視した音質となっており、存在感のある質感の高い低音を楽しむことができます。低音から中音域のアタック感は力強く、質感も良く、心地よい迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

ただし、中音から高音にかけての解像感はイマイチです。MOMENTUM True Wireless 2CX 400BT TWの上位イヤホンと比べると物足りなさはあります。

もし、CX 400BTの後継だと思ってCX True Wirelessを選ぶと「ん?音質悪くなった?」って感じるかもしれないので注意してください。ただ、1.7万円のイヤホンとしての音質はとても良好で十分音楽を楽しむことができます。

CX True Wireless aptX対応

音質コーデックはSBC/AACとapt-Xに対応しているのでAndroidスマホで使うことで、より高音質サウンドを楽しむことができ、専用のイコライザーを使うことで中高音域の音を持ち上げて音楽を楽しむことができます。

ゼンハイザーのイコライザー

高音域を少し持ち上げるととてもいい音になるのでイコライザー調整をして音楽を楽しむのがいいかもしれません。

CX True Wirelessはゼンハイザープリセットが3つ登録されていて、ポッドキャスト、ムービー、Bass Boostから音質を変えることもできます。

なお、Bass Boostは低音を増強するプリセットですが控えめとなっておりちょうどいい低音を楽しむことができます。

また、CX True Wirelessは動画と音声の遅延もないので安心してYouTubeを楽しむことができます。CX 400BTは遅延がほんのわずかだけあったのでこれはいい改善点といっていいかもしれません。動画を見ることが多いのならおすすめです。

CX True Wireless
■ 評価:
3.5
■ 低音:
4
■ 中音:
3.5
■ 高音:
3.5
■ 解像感:
3.5

CX True Wirelessは片耳に2つのマイクを搭載しているため(両耳で4つのマイク)通話時の声もしっかりと相手に届けることができるので、テレワーク用のイヤホンとしても使うことができそうです。

CX True Wireless 生活防水に対応

CX True WirelessはIPX4の生活防水仕様となっているのである程度濡れても使うことができます。

IPX4
  • 水の飛沫に対して端末を保護
  • 小雨、汗などに耐えることができる

IPX4は生活防水レベルなので思いっきり水に濡らしてしまうと壊れてしまう可能性もありますが、小雨に打たれる、運動に使うイヤホンとして普段使いなら十分すぎるスペックになっているかと思います。

CX True Wirelessの接続方法

CX True WirelessはBluetooth接続でスマホ、タブレット、パソコンと接続して使うことができます。充電ケースを開いてイヤホンを取り出すと自動的にLEDインジゲーターが青色に点灯しペアリングモードに切り替わります。

CX True Wireless を接続する

スマホ側ではBluetooth接続先の一覧に「CT True Wireless」が表示されるので選択すると接続が完了します。

一度ペアリングしておけば使用するときにイヤホンから取り出すだけで自動的に接続できますし、別のデバイスをペアリングする場合は両耳のタッチセンサーを長押しすることでペアリングモードにすることができます。

なお、マルチペアリングには対応していないのでAndroid → iPhoneに切り替えたい場合はAndroid側で接続解除してからiPhoneに接続する必要があります。(ペアリング設定をしておくことでツータップくらいで切り替え可能です。)


CX True Wireless レビュー・評価:まとめ

CX True Wireless

CX True Wirelessのメリット

CX True Wirelessは耳栓型の完全ワイヤレスイヤホンで重厚感のあるサウンドを楽しめる端末となっています。

CX True Wirelessのメリット
  • コンパクトな充電ケースで扱いやすい
  • 落ち着いた質感のデザインに
  • ゼンハイザーサウンドをこの価格で
  • 重厚な低音サウンドを楽しめる
  • Amazonで15,800円で販売されている

とくに目立った機能はありませんが、ゼンハイザーのサウンドを気軽に楽しみたい方におすすめのイヤホンです。高音域の解像感は上位モデルのイヤホンには敵わないものの、重厚感のある迫力のサウンドを楽しむことができます。

低音が好きな方はJBL CLUB PRO+ TWS を選ぶのもいいですが、少しドンシャリ感が強いのでしっとりとした音質の方が好みという方はCX True Wirelessがおすすめです。

CX True Wirelessのデメリット

CX True WirelessはおそらくCX 400BTの下位モデルという位置付けのイヤホンです。端末価格は定価で17,800円とCX 400BTの22,800円よりも安い価格設定となっています。

音質は中高音域にかけての解像感が少し劣る感じがし低音好きにはいいかもしれませんが、CX 400BTの後継機種と思って購入すると「あれ?」ってなるかもしれませんね。基本的に音質の方向性が異なるイヤホンとなっています。

CX True Wirelessのデメリット
  • 中音〜高音域の解像感は物足りない
  • ノイズキャンセリング機能がない
  • 自動停止・再生機能がない
  • ワイヤレス充電に対応していない

また、CX True Wirelessはこの価格帯のイヤホンでは当たり前に搭載されているような機能が搭載されてないです。

近年は1万円以下のワイヤレスイヤホンでもノイズキャンセリング機能に対応してるモデルも増えており簡易タイプでも搭載してたら良かったようにも思います。また、せめて自動停止・再生機能は搭載して欲しかったですね。

CX True Wirelessがおすすめな人は

CX True Wirelessは他のゼンハイザーのモデルよりも低音〜中音域を重視した音質となっているため低音好きにもおすすめのイヤホンとなっています。質感の高い低音サウンドを楽しむことができます。


Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。

ポイント付与率
1回のチャージ額通常会員プライム会員
5,000円〜19,999円0.5%1.0%
20,000円〜39,999円1.0%1.5%
40,000円〜89,999円1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
\Amazonギフト券を購入する/
Amazonギフト券

というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするとチャージ金額の最大2.5%のポイントがもらえるんですよね。このポイントは次回買い物をするときに使うことができるので、Amazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらってお得にAmazonで買い物をしましょう!

ノイズキャンセリング機能、さらに高音質を求めるならゼンハイザーMomentum True Wireless2の方がおすすめです。