iPad・Macの整備済製品の選び方

Apple公式サイトのオンラインストアでは整備済み製品や旧型モデルが通常価格よりも安く買うことができるコーナーが存在します。

Appleの保証のついているので安心して購入することができるので、新型モデルのこだわりがないのであればAppleの「整備済製品・旧モデル新品」からお気に入りのデバイスを買うのがおすすめです。

Apple整備済製品とは

Appleのオンラインストアには「整備済製品・旧モデル新品」というページがあり、不具合などで返却された端末をAppleが整備して新品と同じように使えるようにしたデバイスを最大15%OFFで販売しています。

Apple 整備済製品
整備済み製品とは
  • 不具合のあった端末を整備した新品の製品と同じ基準を満たした端末
  • 新品で買うよりも最大15%OFFで購入できる
  • Appleの1年の製品保証が付いている

なんらかの問題があり返品された端末とはいえ、Appleで整備をして動作確認がOKとなり、ほぼ新品の端末を15%も安く買うことができるのです。

めちゃくちゃ良いですよね。正直なところApple製品のほとんどはここから買うのがいいんじゃないか…って思うほど。いや、発売日に買う必要がないものであればここで買うのが賢いと思いますよ。

Apple整備済製品で買うメリット

安く買える端末は

整備済製品・旧モデル新品で買うことができるApple製品は以下のとおりです。

整備済製品で購入できる端末
  • iPadシリーズ
  • Macシリーズ
  • Apple Watchシリーズ
  • iPod touch
  • Apple TV
  • アクセサリ

基本的に1世代前の端末が販売されていることが多くなっており、iPad Pro(2020)iPad Air 3、MacBook ProはIntelプロセッサを搭載している端末が販売されていることが多いです。

発売から日数が経過している端末に関しては現行モデルでも販売していることもあり、M1チップのMacBook AirMacBook Pro 13インチiPad mini(第5世代)は現行モデルですが整備済製品で買えることがあります。

整備済製品は1年保証付き

整備済製品はAppleの1年保証がしっかりと付いているので初期不良や自然故障が起きた場合でも無料で修理してもらうことができてとても安心です。

また、Apple Care+に加入することで最大3年の保証をつけることもできます。Apple Care+は本体を落として故障してしまった時の修理を格安ですることができるサービスなので、iPadの扱いに自身がないという方も安心感を得ることができるでしょう。

カスタマイズ品が出ることもある

Macはメインメモリの容量を増設したり、CPUプロセッサをより高速なものに変更するなどカスタマイズすることができますが整備済製品にこのようなメインメモリを増設したカスタマイズ品が販売していることがあります。

例えば、MacBook Pro 13インチならメインメモリを16GBに増設したモデルがあったり、16インチモデルなら32GBに増設したモデルが出ることもあります。

AppleシリコンのM1チップを搭載したMacBook AirMacBook Pro 13インチであれば8GBのメインメモリでも十分快適に動作しますが、デザイン制作など扱うデータ量が多い、長くMacを使いたいという方は容量を16GBモデルの方がいいでしょう。

カスタマイズモデルは新品以外の選択肢がないように思えますが、整備済製品であればたまにカスタマイズモデルが出ていることがあるのでタイミングが合えばラッキーです。すぐに買いましょう。

MacBookのメモリについて

Apple整備済製品のデメリット

随分前の旧型モデルが出ることもある

整備済製品には1世代前の端末が出ていることがほとんどですが、ごく稀にずいぶんと前の端末が販売されていることがあります。1世代前の端末だったとしてもモデルチェンジ期間が長かった端末は購入を控えたほうがいいです。

例えば、iPod touchは2019年5月にA10 FusionプロセッサのiPod touch(第7世代)が発売しましたが、整備済製品はiPod touch(第6世代)が販売されていることがあります。

1世代前のモデルなので問題ないのではと思うかもしれませんが、iPod touchは長らくモデルチェンジをしなかったこともあり動作的にかなり厳しいものなので、間違って購入しないようにしましょう。

iPhoneの整備済製品がない

残念なことにiPhoneの整備済製品はAppleでは販売されてないので最新のiPhoneどころか旧型のiPhoneも安く買うことはできません。

整備済製品はiPadとMac、Apple Watch、Apple TVとなっていてiPhoneを安く購入するには中古で購入するしか手段がないんですよね。

ちなみに、Amazon整備済製品でiPhoneは販売しています。あくまで中古品ですが、iPhoneを安く買う手段は一応存在しています。

「iPad」整備済製品

iPad ProとiPad mini

※現在、リモートワーク、飲食店のタブレット、学校のタブレットの需要が高まりiPadが枯渇している状態となっています。もし、iPad 整備済み製品が販売されていたらかなりレアなので争奪戦となるので見つけたらすぐに買うのおすすめです。

iPadシリーズと整備済製品の相性は抜群。MacBookと異なってSoCの性能を強化したり、メインメモリの容量を選ぶ必要がないので必要なストレージ容量と通信仕様を選ぶだけOKとなります。

おすすめの「iPad」整備済製品

以下のiPadが販売されていたらすぐに飛びついてOKです。

  • iPad Pro 11インチ
  • iPad Pro 12.9インチ
  • iPad Pro 10.5インチ
  • iPad Air 3

iPad Pro 11インチ(第1世代)

iPad Pro 11インチ(2020・第2世代)の発売によってiPad Pro 11インチ(第1世代)が整備済製品に出ることが多くなっています。

iPad Pro 11インチ 整備済製品の価格
  整備済製品 現行
64GB 60,800円 94,800円
256GB 70,800円 106,800円
512GB 90,800円 130,800円
1TB 110,800円 178,800円
2TB 226,800円

価格がかなり値下げされているので、iPad Pro 11インチ(第2世代)と性能がほとんど同じiPad Pro 11インチの整備済製品が出ていたら即買ってもいいくらいです。iPad Proを検討していて見つけたらすぐに買いましょう。

iPad Pro 10.5インチ

2017年モデルのiPad Pro 10.5インチも整備済製品で4万円以下で販売されてることがあります。

iPad Pro 10.5 整備済製品の価格
 整備済製品通常価格(販売終了)
64GB43,800円〜69,800円〜(税別)
256GB58,800円〜80,800円〜(税別)
512GB78,800円〜102,800円〜(税別)

iPad Pro 10.5インチはiPad Air 3が発売したことで販売が終了しましたが、スペックはiPad Air 3よりも高くなっています。

  • iPad Pro 10.5インチ:A10X Fusion、4GB RAM
  • iPad Air 3:A12 Bionic、3GB RAM

CPUは少し世代が古いですがグラフィック性能を強化したA10Xプロセッサを搭載し120Hzのリフレッシュレート、4スピーカーオーディオを搭載し性能はそこそこ高い端末となっています。

A10X FusionとA12 BionicのCPUの性能差はほぼ同じでグラフィックス性能はA10Xの方が上なので、画像・動画編集やゲームで遊ぶならiPad Air 3よりもiPad Pro 10.5インチを選んだ方がいいでしょう。

iPad Air 3

iPad Air 3も整備済製品で販売されてることがあります。iPad Air 4が刷新されることで価格が69,080円に値上げとなったので整備済製品のiPad Air 3はかなり狙い目の端末となります。

iPad Pro 10.5とiPad Airの価格
 iPad Air 3iPad Air 4
64GB49,280円〜69,080円〜
256GB64,680円〜87,780円〜

iPad Air 3(64GB)のWi-Fiモデルの通常価格は58,080円ですが整備済製品なら49,280円で買うことができます。

無印のiPad(第8世代)は32GBモデルで44,800円なのでiPad Air 3の整備済みなら同じ価格で64GBモデルを選ぶことができます。

しかも、フルラミネーションディスプレイを搭載し画面がキレイでApple Pencilの書き心地も上となっているので、iPad(第8世代)を選ぶならiPad Air 3の整備済製品の方がおすすめです。

https://www.sin-space.com/entry/ipadair-vs-ipadpro-10-5

iPad Pro 12.9インチ(第3世代)

iPad Pro 12.9インチ(第4世代)が発売されたことで、iPad Pro 12.9インチ(第3世代)も整備済製品に出ることが増えています。

iPad Pro 12.9インチ 整備済製品の価格
  整備済製品 現行価格
64GB 74,800円
128GB 129,800円
256GB 84,800円 141,800円
512GB 104,800円 165,800円
1TB 124,800円 213,800円
2TB 261,800円

通常価格は10万円オーバーですが、整備済製品なら64GBモデルを74,800円で手に入れることができます。現行のiPad Pro 12.9インチ(2021)は129,800円〜なのでかなり安いですよね。

iPad(第7世代)

iPad(第7世代)は2019年に発売した価格の安いモデルです。

10.2インチのディスプレイにA10 Fusionに3GBのメインメモリを搭載したiPad(第6世代)の後継機種。現在はiPad(第8世代)が登場したことでiPad(第7世代)の整備済み製品がチラホラと販売されています。

タブレットとして使うのであればiPad(第7世代)でも十分使うことができますし、Apple PencilやSmart Keyboardも使って作業もできるので、とにかく安くiPadが欲しい方におすすめです。

iPad(第6世代)整備済製品の価格
iPad(第7世代)整備済製品iPad(第8世代)
32GB29,480円〜38,280円〜
128GB38,280円〜49,280円〜

iPad(第8世代)32GBのWi-Fiモデルの通常価格は38,280円ですが、iPad(第7世代)の整備済製品なら29,480円で買えます。とにかく安く買うことができるので費用を抑えたい方におすすめの端末です。

32GBのストレージ容量だと容量不足に悩まされるかもしれないですが、iPad(第7世代)128GBの整備済製品なら38,280円なので安心して買って使うことができますよ。

iPad mini(第5世代)

7.9インチのディスプレイを搭載したiPad mini(第5世代)も整備済製品で多く出るようになりました。

iPad mini 5 整備済製品の価格
  整備済製品 通常価格
64GB 42,680円 50,380円
256GB 58,080円 69,080円

iPad mini(第5世代)が整備済製品なら8,000円も安い42,680円から買うことができます。めちゃくちゃ安いですよね…。しかも、現行モデルなのに整備済製品が出てくることに驚きです。

サイズの小さいのはこのモデルしかないですし、A12 Bionicプロセッサに3GBのメインメモリを搭載し、Apple Pencilにも対応している小さいながらも高性能なタブレットとなっています。

小型タブレットが欲しいという方はiPad mini(第5世代)が整備済製品に出ていたら迷いなく買いましょう。

買わない方がいい「iPad」整備済製品

iPad mini 4

7.9インチのiPad mini 4は一世代前の機種ですがiPad mini(第5世代)が出るまで3年以上の期間が空いたためスペックが厳しいです。Apple Pencilにも非対応となっています。

iPad mini 4は2GBのメインメモリを搭載しているのでiPad OS14にアップデートできますが動作が遅くて快適ではないので安いからといって買うのはやめておいた方がいいでしょう。

iPad(第6世代)

最近は整備済製品に出ることが少なくなってきましたが、2世代前の無印のiPad(第6世代)が3万円以下で販売されていることがあります。

かなり前の機種となっていてスペックが古くなってきています。Apple Pencilは使えますが、メインメモリの容量が2GBと少なく同じA10 Fusionチップを搭載しているiPad(第7世代)よりも動作が遅くなってきています。

可能ならiPad(第7世代)を選ぶのがおすすめです。

おすすめの「MacBook」整備済製品

MacBook Pro

MacBookシリーズも整備済製品で最大15%OFFでお得に買うことができるので、少しでも安く手に入れたいならおすすめです。

ただし、キーボード配列はJISしかないのでUS配列を選ぶことができません。また、メインメモリの容量も基本的に8GBが多く、たまに16GBにカスタマイズしたモデルが出るくらいとなっています。

おすすめの「Mac」整備済製品

最近はMacBook Air、MacBook Proともに2020年モデルの整備済み製品が普通に販売されてることがあるので、これらのモデルが出ていたら買いです。

  • MacBook Pro 16インチ(2019)
  • MacBook Pro 13インチ(2020)
  • MacBook Air (2020)
  • MacBook 12インチ(2017)

なお、2020年11月にM1チップを搭載したMacBook AirとMacBook Pro 13インチが発売となりましたが、M1チップを搭載したMacBook Airが2021年3月にはじめて整備済製品に登場しました。

  • M1 MacBook Air(8GB・256GB):97,680円

通常価格は1152800円なのでかなり安く買うことができます。メインメモリ、ストレージの容量、キーボード配列が満足できるなら整備済製品で買うのがおすすめです。

Intelプロセッサを搭載したモデルを選ぶメリットとしてはM1モデルよりもちゃんと動作するアプリが多いというところでしょうか。Windowsなどの仮想化環境を構築できるのもIntelモデルのメリットとなります。

MacBook Pro 13・16インチ

2019年モデルのMacBook Pro 16インチMacBook Pro 15インチMacBook Pro 13インチ(1.4GHz)などが整備済製品が出ることがあります。

Intelプロセッサでもいいという方は整備済製品から選ぶのがいいでしょう。MacBook Pro 16インチだけでなく少し前の15インチも出ていることがありますし、2020年5月に発売し現在も販売が継続しているMacBook Pro 13インチ(Intel・2020)もあります。

MacBook Pro 整備済製品の価格
  整備済製品 通常価格
MacBook Pro 16インチ(6コア/32GB RAM) 231,880円〜 273,680円〜
MacBook Pro 13インチ(M1/8GB) 126,280円〜 148,280円〜
MacBook Pro 13インチ(Intel/16GB) 175,780円〜 207,680円〜

すでにM1チップを搭載しているMacBook Pro 13インチがMac整備済み製品で販売されています。とくに争奪戦になってる感じがないのでJIS配列のキーボードでいいなら整備済みで買うのがおすすめです。

また、出ることが少ないですがMacBook Pro 13インチのメインメモリが16GBに増設されたモデルが販売していたら迷ってる暇はないくらいおすすめです。

MacBook Air(2020)

2020年11月にM1チップを搭載したMacBook Airが発売し、MacBook Air 13インチ(Intel・2020)の整備済製品が出ることも増えてきました。

なお、MacBook Air(2019)なら69,800円という破格で買うことができるので、もしタイミングが合えばおすすめのモデルです。

MacBook Air 2019 整備済製品の価格
  整備済製品 通常価格
MacBook Air 2020(256GB) 94,800円〜 115,280円〜
MacBook Air M1(256GB) 97,680円〜 115,280円〜

MacBook AirはCPUがそんなパワーがないので動画編集など負荷のかかる作業はしないけど執筆作業に使いたいという方におすすめのモデルです。

もし、パワーのあるモデルが欲しいなら現行モデルのM1チップを搭載しているMacBook Airを選ぶのがいいでしょう。動画編集もめちゃくちゃ快適にすることが可能となっています。

MacBook 12インチ(2017)

残念ながらMacBook 12インチモデルは販売終了してしまったので新型モデルがありません。それでも12インチのディスプレイを搭載したMacBookを使いたいと思うユーザーさんは多いと思うんですよね。

安心してください。整備済製品にてMacBookの販売が続いているので12インチモデルがどうしても欲しいという方はこちらから買いましょう。

しかも、在庫がかなり豊富なので好きなカラー、モデルを選ぶことも可能です。おすすめはCore i5プロセッサに512GBのストレージを搭載し149,400円で販売されているモデルです。

ごく稀にメインメモリ16GBを搭載したモデルも出るかも?

買わない方がいい「Mac」整備済製品

MacBook Pro 13インチ(Touch Barなし)

一時期は人気のあったMacBook Pro 13インチ(2017)Touch Barなしモデルですが、Touch IDを搭載したMacBook Air(2018)の登場によって、このモデルの存在感はかなり薄くなってしまい、2019年5月に販売を終了しています。

性能はMacBook Air(2018)よりも少し良いので普通に使えるモデルなのは確かですが、MacBook Pro 13インチ(2017)を買うなら、よりスタイリッシュで本体重量が軽いMacBook Air(2018)を狙ったほうがいいでしょう。

MacBook AirならTouch IDを使えますし、キーボードも第3世代のバタフライキーボードを採用しているのでタイピング音が静かでトータルの完成度はMacBook Air(2018)のほうが上です。

Apple Watch 整備済製品

2020年5月よりApple Watchの整備済製品も販売がスタートし、Apple Watch SEApple Watch 5Apple Watch 4を通常よりも安い価格で手に入れることが可能となりました。

最新モデルのApple Watch 6もそう遠くない時期に整備済製品が登場するかもしれません。

Apple Watch 整備済製品の価格
整備済製品現行(series6)価格
Apple Watch 5(GPS)40mm アルミ36,080円47,080円
Apple Watch 5(GPS)44mm アルミ38,610円50,380円
Apple Watch 5(セルラー)40mm アルミ45,980円59,180円
Apple Watch 5(セルラー)44mm アルミ48,510円62,480円
Apple Watch 5(セルラー)40mm ステンレス61,800円80,080円
Apple Watch 5(セルラー)44mm ステンレス65,780円85,580円

現行モデルのApple Watch SEを保証付きで安く手に入れることができるのはかなり良いですよね。ケースはアルミだけでなくステンレスモデルも販売されているので、整備済製品なら背伸びすることができるかも?

なお、Apple Watch Edition チタンなどは販売されていないようです。

まとめ:Apple製品を安く買うなら整備済製品をチェックしよう

iPadとiPad mini

MacBook、iPad、Apple Watchを買うならまずは整備済製品をチェックしてみましょう。お目当の端末が安く買うことができるかも…しれませんよ。

MacBook Proに関してはメモリやストレージ容量の問題もあるので、お目当てのスペックのものがあるとは限りませんが、iPadならストレージ容量と本体カラーさえ一致すれば買うことができるので敷居は低いのではないでしょうか。

特にiPad(第8世代)を買おうと思ってるならiPad Air 3の整備済製品が出てないか確認しておきましょう。CPUの性能は同じですがディスプレイが高品質でストレージ容量が多いので間違いなく使いやすいと思います。

どのMacBook Air・Proの違いと比較はこちらの記事をどうぞ!

iPadの比較・おすすめiPad Air 4とiPad Air 3の比較はこちらです。