SanDisk SDSSDE30 レビュー

写真、動画などの大容量データはいつの間にかパソコンの内蔵ストレージを埋め尽くしてしまうので外付けSSDにデータを保存させたいですよね。

そこで心配なのがSSDの耐久性です。SanDisk Portable SSD E30は高さ2メートルの落下に耐える高耐久SSDで外に持ち運ぶための外付けストレージとして安心して使うことができます。

この記事では、SanDisk Portable SSD E30(SDSSDE30)のデザイン、サイズ、転送速度をレビューしています。

SDSSDE30は機能に絞ったエントリーモデルなので費用を抑えたい方にもおすすめの外付けSSDとなっています。

SanDisk Portable SSD E30のメリット
  • 高さ2mからの落下に耐える耐衝撃性
  • コンパクトな外付けSSDストレージ
  • 転送速度 520MB/sと十分高速
  • フックに掛けられるラバーハングタブ付き
  • 価格控えめで大容量モデルも買える
SanDisk Portable SSD E30のデメリット
  • 防滴防塵には非対応
  • USB-C to Aケーブルが付属

SanDisk Portable SSD E30の特徴

SanDisk Portable SSD E30
SanDisk Portable SSD E30

SanDisk Portable SSD E30は持ち手となるラバーハングタグを搭載し最大2メートルの落下に耐えられる耐久性の高い外付けSSDとなっています。

SanDisk Portable SSD E30の特徴
  • 容量:480GB / 1TB / 2TB
  • 転送速度:520MB/s
  • ポート:USB 3.2 Gen 2(Type-C)
  • 耐久性:2mの高さからの落下に耐える
  • 防滴防塵:非対応
  • ラバーハングタブ付き
  • サイズ:46.9 × 96.9 × 9.1 mm 40g
  • USB-C to Aケーブル付属
  • 3年のメーカー保証付き
  • 価格:0.9万円〜2.5万円

ストレージ容量は480GB、1TB、2TBから選ぶことができてデータ転送速度は最大520MB/sと速く素早くデータを保存、読み出すことができます。

防水防塵は非対応なので外で雨に濡れてしまうようなアクティブに使うなら上位モデルのSanDisk Portable SSD E61、SanDisk Portable SSD E60を選ぶのがいいです。

SanDisk Portable SSD E30は耐久性が高いだけでなく他のモデルよりもコンパクトで軽量で取り回しのしやすい外付けSSDとなっています。

端末価格は480GBが0.9万円、1TBが1.4万円、2TBが2.5万円とSanDisk Portable SSDシリーズの中で最も安いモデルなので手にしやすくなっています。

SanDisk Portable SSD E30 レビュー

では、SanDisk Portable SSD E30を詳しくレビューしていきます。

筐体デザインとサイズ

SanDisk Portable SSD E30の同梱品はUSB-C to Aケーブルと説明書だけとシンプルです。

SanDisk Portable SSD E30 同梱品
同梱品一式

筐体はSanDiskのPortable SSDシリーズと同じでブラックを基調に小さい粒加工が施されたデザインとなっていてラバー製の素材を採用しています。

SanDisk Portable SSD E30 本体デザイン
ラバー製の素材を採用

最大2メートルの落下に耐えられる耐衝撃性能を持っているので外に持ち運んで外付けSSDを使うことが多い方におすすめです。

筐体裏側はサラサラとした樹脂素材にSanDiskのロゴが刻印されたものとなっています。

SanDisk Portable SSD E30 裏側
サラサラとした素材

上位モデルのSanDisk Portable SSD E61はゴムっぽい素材で埃が付きやすいですが、E30は一般的な素材を採用し埃が付きやすいことはありません。

筐体サイズは46.9 × 96.9 × 9.1 mmと手のひらサイズで重量は40gと軽くてSanDisk Portable SSDシリーズの中で最も小型軽量化されたモデルになっています。

SanDisk Portable SSD E61・E30
左:E61、右:E30

少しでもコンパクトに軽く外付けSSDを持ち歩くならE61よりもE30の方がいいのかもしれません。

さらに、SanDisk Portable SSD E30の特徴としては本体上部にラバーハングタブを搭載しています。

SanDisk Portable SSD E30 ラバーハングタブ
フックに取り付け可能

キーホルダーやフックを取り付けることで持ち運びしやすい外付けSSDとして使うことができそうです。何よりもオレンジ色でアクセントになって可愛いですよね。

防滴防塵に非対応

SanDisk Portable SSD E30は防滴防塵非対応なので水に濡らさないようにしましょう。

SanDisk Portable SSD E30 防滴非対応
IP55非対応

上位モデルのE61、E60はIP55に対応しているのでE30もてっきり防滴防塵だと思って水をかけてしまいましたが防滴非対応なので注意してください。

ただ、これくらい水に濡れたとしても壊れてなかったので少し水に濡れてもちゃんと乾かせば問題はなさそうです。

USB-C to Aケーブルが付属している

SanDisk Portable SSD E30はUSB-C to Aケーブルが同梱しており、ケーブルの長さは15cmほどと短く扱いやすいサイズとなっています。

USB-C to Aケーブル
USB-C to Aケーブル

USB-Aポートを搭載しているWindows PCやiMac 27インチMac miniならそのまま接続可能ですが、USB-Cポートしかない端末だと変換アダプタが必要となります。

変換アダプタで接続する
変換アダプタを使う

Ankerの変換アダプタはコンパクトで見た目もシンプルです。USB 3.0(最大5Gbps)でデータ通信速度も落ちることがないのでおすすめです。

もっとシンプルに仕上げたいなら変換アダプタを使うよりもUSB-C to Cケーブルを別途購入した方がスマートかもしれません。

SanDisk Portable SSD E30 USB-Cケーブルで接続
USB-C to Cで接続

USB-Cポートで外付けSSDを使うなら最初からUSB-C to Cケーブルが付いてくるSanDisk Portable SSD E60にした方がいいかもしれません。

SSDの性能・データ転送速度

SanDisk Portable SSD E30は最大520MB/sでデータ転送ができる性能を持っています。MacBook Pro 14インチに接続してデータ転送速度を計測してみました。

SanDisk Portable SSD E30 転送速度
実測
SDSSDE30 転送速度
  • 書き込み速度(Write):381 MB/s
  • 読み込み速度(Read):384 MB/s

Disk Speed Testによる転送速度は書き込み、読み込みともに380MB/s前後と一般的な外付けSSDとほぼ同じ速度になっています。

これくらいの速度が出ていればSSDにデータを置いたままファイルを開いて編集は可能で、保存のためのストレージではなく編集スペースとして使うのもいいでしょう。

約24GBのFinal Cut Proの編集データをMacBook Pro 14インチ → SanDisk Portable SSD E30にコピーしてみました。

1分41秒でデータを移動させることができました。上位モデルのE61、E60と比べると少し遅いですが十分使えるデータ転送速度となっています。

あらゆる端末で使える外付けSSD

SanDisk Portable SSD E30は初期状態でexFAXフォーマットされていてWindows、Mac、iOS / iPadOSなどで使うことができます。

SanDisk Portable SSD E30とiPad Pro
iPad Proと接続して使える

もちろん、MacのディスクユーティリティからNTFSフォーマットして使うことも可能です。使う環境に合わせてフォーマットして使うのがいいでしょう。

なお、初期状態のストレージにはファイル暗号化ソフト「サンディスク セキュアアクセス」が同梱されていて128ビットハードウェア暗号化、パスワードロックをかけることもできます。

SanDisk Portable SSD E30 レビュー:まとめ

SanDisk Portable SSD E30
SanDisk Portable SSD E30

SanDisk Portable SSD E30のメリット

SanDisk Portable SSD E30のメリット
  • 高さ2mからの落下に耐える耐衝撃性
  • コンパクトな外付けSSDストレージ
  • 転送速度 520MB/sと十分高速
  • フックに掛けられるラバーハングタブ付き
  • 価格控えめで大容量モデルも買える

SanDisk Portable SSD E30は高さ2メートルから落下しても耐えらえる耐久性を持った外付けSSDです。

タブがあるのでカバンに取り付けるなど盗難防止にも役立つので外でも安心して持ち出すことができそうです。

転送速度は一般的な外付けSSDと同じですが480GB、1TB、2TBの3つのモデルから選べて端末価格も低価格なので手にしやすいのがメリットとも言えます。

SanDisk Portable SSD E30のデメリット

SanDisk Portable SSD E30のデメリット
  • 防滴防塵には非対応
  • USB-C to Aケーブルが付属

SanDiskの外付けSSDといえば防滴防塵に対応してそうな印象がありますが、エントリーモデルのE30は非対応なので水には濡れないように注意しましょう。

とはいえ、そもそも外付けSSDを水があるところで使う機会が少ないので多くの方はSanDisk Portable SSD E30を選んでおいて問題ないでしょう。

ケーブルは付属しますがUSB-C to AなのでUSB-Cしか搭載していないMacBook AiriPad Pro 11インチなどで使うには別途ケーブルを準備する必要があります。

SanDisk Portable SSD E30がおすすめな人は

SanDisk Portable SSD E30 おすすめな人
  • 耐久性の高い外付けSSDが欲しい
  • 水気のあるところでは使う予定がない
  • コンパクトな外付けSSDが欲しい
  • 大容量SSD(2TB)を低価格で欲しい

外で作業することが多いならSanDisk Portable SSD E30を選ぶメリットは高いです。落としてもデータが吹き飛ぶリスクを抑えることができます。

また、SanDiskのSSDラインナップの中ではE30は低価格で480GBが0.9万円、1TBが1.4万円、2TBが2.5万円となっています。

とくに2TBの大容量ストレージが欲しい方におすすめです。

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物をするならプライム会員になってクレジットカードでAmazonギフト券にチャージをしてから買い物をするとお得です。クーポンコード「F4CP4Y5GRTY7」でチャージ時に0.5%ポイントが貯まります。(2022年12月31日(土)23時59分まで)このポイントは次回の買い物で使えるのでAmazonで買い物をする前にAmazonギフト券をチャージをしておきましょう!

もし、もっと低価格な外付けSSDが欲しいならBUFFALO SSD-PGMU3がおすすめです。2.3万円ほどで買うことができます。

→ SanDisk Portable SSDシリーズはこちら

外付けSSD おすすめはこちら