RAVPower RP-PB201 レビュー

外で作業していてMacBook Pro 13インチを急速充電できたらな…なんて思うことがありますよね。

そこで、60Wの急速充電ができるモバイルバッテリー・RAVPower RP-PB201です。

バッテリー容量・20,000mAhのモバイルバッテリーでUSB-C PDで最大60W、USB-Aポートの充電ができてモバイルノートやタブレット、スマホも同時に急速充電することができます。

ここでは、RAVPower RP-PB201のデザイン・充電性能・速度・使いやすさのレビューをしています。モバイルノートPCを外で使うことが多い方は是非参考にしてみてください。

RAVPower RP-PB201の特徴

RavPower RP-PB201
RavPower RP-PB201

RAVPower RP-PB201は20,000mAhのバッテリー容量を持ちUSB-C PD、USB-Aの二つのポートを使って端末を充電することができるモバイルバッテリーです。

RAVPower RP-PB201の特徴
  • 20,000mAhの大容量モバイルバッテリー
  • USB-C PD対応で最大60W出力(2台同時で45W)
  • USB-A QC3対応で最大18W出力
  • iPhone・iPadをフルスピードで充電できる
  • MacBook Air/Pro 13インチをフルスピード充電できる
  • iPhone 11 Proを30分で40%充電できる(実測)
  • サイズ:151.7 × 66.7 × 25.2mm
  • 本体重量:371.7g
  • 18ヶ月保証で安心して使える
  • 端末価格(Amazon):7,599円

USB-C PDポートの1接続での充電であれば最大60Wの出力ができるので、電源容量が大きいMacBook Pro 13インチもフルスピードでバッテリーの充電ができます。

もちろん、USB-C to Lightningケーブルで最新iPhoneやUSB-C対応のiPad Proの充電もフルスピードで充電できるし、USB-Aポートを使ってiPad Air 3iPad(第7世代)の充電できます。

対応している出力は以下のとおりです。

RAVPower RP-PB201 対応している電力出力
RAVPower RP-PB201 対応している電力出力
対応している電力
  • USB-C入力:5A×3V、3A×9V、2.5A×12V、2A×15V 、1.5A×20V → 30W入力
  • USB-C PD出力:5A×3V、3A×9V、3A×12V、3A×15V 、3A×20V → 60W出力
  • USB-A出力:5A×3V、2A×9V、1.5A×12V:18W出力

2台同時に充電するとUSB-Cポートの出力は45Wになってしまいますが、それでもMacBook Airをフルスピードで充電できる出力を保つことができます。

ちなみに、20,000mAhのバッテリー容量だと、MacBook Pro 13インチを60%ほどしかバッテリー補給できないので注意してください。

RavPower RP-PB201のレビュー

外観デザイン・サイズ

RAVPower RP-PB201は10,000mAhの容量のRAVPower RP-PB186のスタイルを継承していて、全体的に丸みのある可愛らしいデザインとなっています。

RAVPower RP-PB201 筐体デザイン
RAVPower RP-PB201の筐体デザイン

本体カラーはブラックしか選べませんが、ホワイトカラーが2月14日より販売スタートするので、10,000mAhの白色を買ったから本体の色を揃えたい方も安心です。

RAVPower RP-PB201は60Wの高出力充電に対応したUSB-C to Cケーブルが付属しています。

USB-C PDケーブルが付属している
USB-C PDケーブルが付属している

MacBook Proに付属しているケーブルを使ってもいいですが、ケーブルが長いので持ち運びには適していないんですよね。

しかし、RAVPower RP-PB201付属のケーブルは45cmくらいの長さなのでモバイル用途に適していてとても使いやすいものとなっていますよ。

20,000mAhの大容量バッテリーを搭載していますが本体サイズは151.7 × 66.7 × 25.2mm(重量 371g)と片手サイズとなっています。

RAVPower RP-PB201のサイズ感
RAVPower RP-PB201のサイズ感

RAVPower RP-PB186(10,000mAh)との本体サイズの差はこんな感じですね。まあ、容量が倍も違うので相当大きくなってしまうのは仕方ないです。

RAVPower RP-PB201・PB186を比較
RAVPower RP-PB201・PB186を比較

とはいえ、cheero Power Plus 5 Premium(153 × 68 × 25mm・425g)よりも小さいサイズ・重量を実現しています。

他メーカーの20,000mAhのモバイルバッテリー
他メーカーの20,000mAhのモバイルバッテリー

Anker PowerCore 20100 Nintendo Switch EditionはRP-PB201よりも軽かった。もう売ってない。)

USB端子部分とバッテリー残量のLEDインジゲーター部分は切り欠きスタイルでアクセントがあって可愛い感じに仕上がっています。

RAVPower RP-PB201 外部ポート
RAVPower RP-PB201の外部ポート

USBの端子部分はRAVPowerオリジナルカラー(?)のミントグリーンに統一されていて、端子は横配置ではなく縦配置になっています。

USBの端子は縦配置に
USBの端子は縦配置に

それぞれの端子にケーブルを接続するとこんな感じになります。

USB-CとUSB-Aポートにケーブル接続
USB-CとUSB-Aポートにケーブル接続

縦配置になって一箇所にギュッとまとまった感じがします。すごくギリギリにポートがあるな…と思ってましたが接続してみたらまとまりがあっていいかも。

バッテリー残量を横サイドにあるボタンを押すことで確認できるようになっています。

バッテリー残量を確認できる
バッテリー残量を確認できる

RAVPower RP-PB201は20,000mAhのバッテリー容量を搭載していて、RAVPowerの公式数値でiPhone 11 Pro Maxを2.6回充電できる能力があるとしています。

充電可能回数
  • iPhone 11 Pro Max:2.6回
  • iPad Pro 11インチ:1.6回
  • Galaxy S10:3.4回

バッテリー容量が大きいMacBook Pro 13インチは60%ほどしか充電できないので、モバイルノートPCをフル充電させたいのなら26,800mAhのモバイルバッテリー・Anker PowerCore+26800 PD 45W を使うのがいいでしょう。

なお、RAVPower RP-PB201本体への充電は30Wの充電アダプタを使うのがおすすめ。約3時間で20,000mAhのバッテリーをフル充電することが可能となっています。

本体への充電は30W以上の充電アダプタがおすすめ
本体への充電は30W以上の充電アダプタがおすすめ

ちなみに、入力規格が30Wなのでそれ以上の高出力充電アダプタを使っても充電速度が速くなることはないでしょう。

充電性能・充電速度

RAVPower RP-PB201はUSB-C PD接続で最大60Wの出力でデバイスを充電することができます。

つまり、61Wの充電アダプタが同梱しているMacBook Pro 13インチを充電アダプタと同じ速度で充電が可能となります。

RAVPower RP-PB201でMacBook Pro 13を充電
RAVPower RP-PB201でMacBook Pro 13を充電

実際にどれくらいの電力で出力できているか計測してみたところ(19.3V × 2.98A = 57.5W)で充電できていました。

MacBook Pro 13インチを57Wで充電
MacBook Pro 13インチを57Wで充電

モバイルバッテリーなのに60W近い出力ができるってスゲーっすね。MacBook Proはフル充電できないからどんどんモバイルバッテリーの電池が減っていきますが…笑

なお、2台同時接続するとUSB-C PD側の出力は45Wに低下してしまいます。

実際にMacBook Pro 13インチiPhone 11の2台接続した状態で出力を確認してみたところMacBook Proへの充電は(19.4V × 1.97A = 38.2W)となっていました。

MacBook Pro + iPhone 11だと38Wに
MacBook Pro + iPhone 11だと38Wに

USB-A側のiPhone 11の充電は(5.08V × 1.78A = 9W)となっていました。

iPhone 11(USB-A)は9Wで充電
iPhone 11(USB-A)は9Wで充電

USB- C to Lightning接続でiPhone 11を充電すると14Wほどで充電できるので少しだけ充電速度は落ちますが、iPhone 11に付属している純正の5Wの電源アダプタで充電するより速く充電することが可能となっています。

iPhone 11 ProAQUOS zero2をRAVPower RP-PB201に接続して充電速度をを計測してみました。

 
 iPhone 11 ProAQUOS zero2
0分10%10%
30分52%40%
60分81%68%
90分95%89%
120分100%100%

iPhone 11 Proは30分で40%ほど、120分でフル充電することができたので充電アダプタを使って充電するのと同じくらいのスピードでバッテリー補給できるのは間違いないでしょう。

USB-Cに対応しているiPad Proも充電が可能です。

iPad Proを充電できる
iPad Proを充電できる

RAVPower RP-PB201はiPad Pro 11インチを1.6回分充電できるバッテリー容量を持っているので、iPad ProとiPhone 11を1回ずつ充電ができます。1回の充電でこれだけ使えれば出張・旅行先に持っていくモバイルバッテリーとしては十分使えるいって良さそう。

RAVPower RP-PB201のレビュー:まとめ

RAVPower RP-PB201で同時充電する
RAVPower RP-PB201で同時充電する

RAVPower RP-PB201はUSB-C PD側のポートだけで充電すればMacBook Pro 13インチを急速充電できるモバイルバッテリーです。

RAVPower RP-PB201 良いところ
  • USB-C + USB-Aの二つのポートを搭載
  • USB-C PDで最大60Wの出力で充電できる
  • MacBook Pro 13インチを急速充電できる
  • 20,000mAhのバッテリー容量でiPad Proもフル充電できる
  • デザインが可愛いから好き
  • 本体カラーをブラック・ホワイトから選べる
  • 端末価格(Amazon):7,599円

モバイルバッテリーなのに60Wに対応しているMacBook Pro 13インチを普通に充電できてしまうのがスゴイ。バッテリー容量が足りなくなって60%ほどしか充電できませんが「出先でバッテリーがキレそう!」ってときにあると助かります。

RAVPower RP-PB201 惜しいところ
  • 2台同時接続でUSB-Cの出力が45Wになる
  • 端末価格が少し高いかも

2台同時接続になるとUSB-C PDの出力が45Wになってしまいますが、実際問題はあまり気にはならないです。45W出力でもMacBook Pro 13インチを普通に充電できるしMacBook Airならフルスピードで充電可能。

ホントに使いやすいモバイルバッテリーです。ただ、お値段が少しお高いのでもう少し安くなったらもっと最高です。

RAVPower RP-PB201
■ おすすめ度:
4
■ 充電速度:
4.5
■ 使いやすさ:
4
■ モバイル性:
4
■ 価格の安さ:
3
Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。

ポイント付与率
1回のチャージ額通常会員プライム会員
5,000円〜19,999円0.5%1.0%
20,000円〜39,999円1.0%1.5%
40,000円〜89,999円1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
\Amazonギフト券を購入する/
Amazonギフト券

というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするとチャージ金額の最大2.5%のポイントがもらえるんですよね。このポイントは次回買い物をするときに使うことができるので、Amazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらってお得にAmazonで買い物をしましょう!

おすすめの充電アダプタはこちらです。

その他のモバイルバッテリーはこちらです。

最新iPhoneの比較はこちらをどうぞです!

最新iPadの比較はこちらをどうぞ!

最新MacBookの比較はこちらです!

iPhoneに周辺機器・アクセサリーのおすすめはこちら!