10,000mAhのモバイルバッテリーはモバブのメインストリームなので各メーカーともに魅力的な製品を発売していますが、そんな中で「RAVPower RP-PB186」はデザインがとても魅力的。

本体の色はブラックとホワイトを選ぶことができ、ホワイトカラーはモバイルバッテリーらしくない可愛らしいデザインでとてもお気に入り。

正直なところをRAVPower RP-PB186をデザインで選んだと言ってもいいくらい。ここではRAVPower RP-PB186のデザイン、充電性能についてレビューしています。モバイルバッテリーを検討している方はぜひ参考にどうぞ。

RAVPower RP-PB186 特徴

RAVPower RP-PB186
RAVPower RP-PB186

RAVPower RP-PB186は10,000mAhの容量を持ったモバイルバッテリーです。

同クラスのモバイルバッテリーと比較して世界最小最軽量のサイズ・重量となっていてUSB-C PDで最大29Wの高出力充電に対応しています。

RP-PB186の特徴
  • LG化学製 “21700” 円筒形リチウムイオン電池
  • 10,000mAhを内蔵し世界最軽量のボディ
  • USB-C(PD)の出力充電:最大29W
  • USB-A(QC3)の出力充電:最大18W
  • 本体への給電:最大18W
  • LEDインジケーターでバッテリー残量が分かり易い
  • iPhone、Galaxy、iPad、iPad Pro、MacBook Air/Proなどの充電に対応
  • サイズ:約 111 × 51 × 25 mm
  • 重量:約 187 g

USB-C PDの急速充電に対応していて30Wの充電アダプタを同梱しているMacBook AirMacBook Pro 13インチ(1.4GHzモデル)であればRAVPower RP-PB186で問題なく充電することができます。

10,000mAhのバッテリー容量を搭載していてiPhone 11・11 Proを約2回、iPhone 8を約4回ほど充電することができます。iPad Pro 11インチは実際に試したところフル充電はできず大体70%ほど回復させることができました。

つまり、iPad AirやProなど大きめなタブレットのフル充電は難しいけど、iPhoneなどスマホやiPad mini 5など比較的小さいデバイスであればフル充電できると認識しておけばいいでしょう。

RAVPower RP-PB186 レビュー

付属品・USB-Cケーブル

RAVPower RP-PB186は本体以外にもUSB-Cケーブル、専用のキャリーポーチが付属しています。最近のアクセサリーはUSB-Cに対応しているものが増えたのでUSB-Cケーブルが自然と溜まるのはうれしい。

RAVPower RP-PB186
RAVPower RP-PB186の付属品一式

キャリーポーチは外側にもポケットが付いているのでモバイルバッテリー本体以外にも何かを入れておくことができるようになっています。

RAVPowerのキャリーポーチ
RAVPowerのキャリーポーチ

ホワイトカラーの本体を選んだのでUSB-Cケーブルも白色のものが付属しています。

白色のUSB-Cケーブル
白色のUSB-Cケーブル

iPhoneのUSB-C to Lightningケーブルも白色なのでiPhoneを使っている方 でRAVPower RP-PB186を買うならホワイトを選ぶのがいいのでは?(強引)

デザイン・持ちやすさ

RAVPower RP-PB186の本体デザインは10,000mAhのモバイルバッテリーによくありそうな長方形スタイルとなっています。

RAVPower RP-PB186 本体デザイン
RAVPower RP-PB186 本体デザイン

ブラックカラーだと「まあ、普通のデザインかな?」ですが、ホワイトカラーは電源ボタン、LEDインジケーター、USBポートがある部分がグレーのツートンカラーになっています。

操作部分のデザインが可愛い
操作部分のデザインが可愛い

このデザインが個人的にかなり好み。このスタイルを見て速攻でブラックはブラックアウトしてホワイトを選びました。

ブラックとホワイト
ブラックとホワイト

まあ、ブラックカラーも色合いが少し違うのでアクセントになっていて可愛らしい雰囲気はありますけどね。どっちも丸くてモバイルバッテリーらしくないスタイルで良いと思います。

付属のUSB-Cケーブルを使って接続するとこんな感じのスタイルになります。

USB-Cケーブルを接続
USB-Cケーブルを接続

LEDインジケーターを搭載していて電源ボタンを押すことで4段階で電池の残量を確認できます。

バッテリー残量を確認できる
バッテリー残量を確認できる
バッテリー残量
  • LED1つ点滅:0%
  • LED1つ点灯:〜25%
  • LED2つ点灯:〜50%
  • LED3つ点灯:〜75%
  • LED4つ点灯:〜100%

なお、18W出力以上のPD対応の充電アダプタ(RAVPower RP-PC108・RAVPower RP-PC120など)を使うことで約3.5時間で本体のバッテリーを充電することが可能となっています。

端末への充電速度・性能

RAVPower RP-PB186の定格出力は以下のとおりです。

定格出力
定格出力
定格出力
  • USB-C 出力:5V-3A、9V-3A、12V-2A、14.5V-2A → 29W Max
  • USB-A 出力:5V-3A、9V-2A、12V-1.5A → 18W Max
  • USB-C 入力:5V-3A、9V-3A、12V-1.5A → 18W Max

iPhone

iPhone 11 ProをRAVPower RP-PB186でUSB-C PD接続してみたところ(8.8V × 1.9A = 16.8W)で充電ができていました。

iPhone 11 ProをUSB-C PD充電
iPhone 11 ProをUSB-C PD充電

iPhone 11 Proは18Wの急速充電器を同梱していますが、純正の充電器と同等レベルの充電速度となり、1時間で40%〜50%ほどバッテリーを復活させることができます。

また、iPhone 11も急速充電に対応していますが付属の充電器が5WなのでRAVPower RP-PB186を使うことで高速充電が可能となります。

充電所要時間(0%→100%)メーカー調べ
  • iPhone 11 Pro Max:約109分【0%→50%まで約28分】
  • iPhone 11 Pro:約102分【0%→50%まで約24分】
  • iPhone 11:約111分【0%→50%まで約30分】
  • iPhone 8:約124分【0%→50%まで約30分】

Android

GoogleのPixel 4でも給電量を計測してみたところ(8.6V × 1.6A = 14W)で充電ができていました。

Pixel 4をUSB-C PD充電
Pixel 4をUSB-C PD充電

USB-C PD充電に対応した最新のAndroidスマホであれば10W〜16Wの範囲で急速充電することができそうですね。

充電所要時間(0%→100%)メーカー調べ
  • Galaxy Note10:約85分【0%→50%まで約31分】
  • Galaxy S10:約101分【0%→50%まで約31分】
  • Galaxy S8:約94分【0%→50%まで約37分】

iPad

USB-AポートもiSmart・QC3に対応しているのでUSB-A to LightningのiPhone 8やiPadなども純正ケーブルを使って充電ができるのですが、iPadを充電してみたところ(4.9V × 2A = 10W)で給電ができていました。

iPadをUSB-Aで充電
iPadをUSB-Aで充電

モバイルバッテリーなのに電源アダプタと同等レベルの給電速度があるのはとてもありがたい。

MacBook

RAVPower RP-PB186は最大29Wの出力に対応しているので、30Wの電源アダプタを付属しているMacBook 12インチやMacBook Air 13インチ、MacBook Pro 13インチ(1.4GHz)も問題なく充電することができます。

MacBook Airを充電
MacBook Airを充電

システム情報でAC充電器の情報を確認してみたところ29Wで充電できているのが確認できます。

29Wで充電
29Wで充電

ただ、RAVPower RP-PB186は10,000mAhのバッテリー容量しかないのでMacBookをフル充電することはできず30%ほどバッテリー残量を回復できるくらいなので注意してください。

あくまでスマホやタブレットを充電するものだと思っていた方がいいでしょう。

PixelとiPad 2台同時充電

USB-CとUSB-Aの二つのポートで同時接続するとUSB-Cが最大18W、USB-Aが最大10.5Wに制限されてしまいますが、スマホやタブレットなら問題なく急速充電が可能となっています。

2台同時充電
2台同時充電

GoogleのPixel 3aiPad 10.2インチ(第7世代)を2台同時接続するとPixel 3は(8.6V × 1.3A = 11W)、iPadは(4.9V × 2A = 10W)で充電ができていました。

2台同時で5W以上の急速充電ができるのはすごいですよね。これ、モバイルバッテリーなんですよ?電池が切れそうでヤバイ時とかありますがRAVPower RP-PB186があれば安心ですね。

なお、本体への充電は18W以上の電源アダプタを使ってUSB-C PD接続することで18Wで復活させることができます。なので、合わせて18W以上の充電アダプタを購入しておくのがいいのかもしれません。

おすすめなのがUSB-C PD対応の最大30Wの出力ができるRAVPower RP-PC120が便利でおすすめです。

RAVPowerとAnkerの比較

RAVPower RP-PB186とAnker PowerCore 10000 PD Reduxを比較してみました。

RAVPower・Anker 10,000mAhのモバブ
RAVPower・Anker 10,000mAhのモバブ
スペック比較
 RAVPower RP-PB186Anker PowerCore 10000 PD Redux
バッテリー容量10,000mAh10,000mAh
USB-C出力29W18W
USB-A出力18W18W
サイズ111 x 51 x 25 mm106 x 52 x 25 mm
重量187g192g

Anker PowerCore 10000 PD Reduxは18W出力なのに対して、RAVPower RP-PB186は29WとMacBook AirMacBook Pro 13インチ(下位モデル)も普通に充電できるのが大きな強みです。

本体サイズはほAnkerの方が少しだけ小柄な感じがしますが、重量はRAVPowerの方が軽くなっています。まあ、手で持って比べたら分かるレベルなのほぼ同じですけどね。

RAVPower RP-PB186 レビュー まとめ

RAVPower RP-PB186
RAVPower RP-PB186

RAVPower RP-PB186は、最大29Wの高出力に対応した10,000mAhのバッテリー容量を持ったモバイルバッテリーです。

良いところ
  • デザインが可愛らしい
  • 最大29Wの急速充電ができる
  • USB-CとUSB-Aポートに対応
  • USB-C PD対応のケーブルも付属
  • 2台同時でも18Wの高出力充電
惜しいところ
  • 端末価格が4,299円と少し高め

10,000mAhクラスのモバイルバッテリーは18Wの出力のものが多いなかで29W出力に対応した高出力モバイルバッテリーで、2台同時接続でもUSB-C側は最大18Wの高出力充電できるので実用性はかなり高いのかなと思います。

普段はスマホやタブレットを充電しつついざという時にモバイルノートPCも充電できるのはとても便利ですよね。

で、デメリットは端末価格の高さ以外は特にないかな…。

めちゃ考えたけどない。10,000mAhの容量が足りないならワンランク上の大容量モバイルバッテリーを買えばいいですし、このサイズのモバイルバッテリーとしては最強なのではないでしょうか。

RAVPower RP-PB186
■ おすすめ度:
4.5
■ 持ちやすさ:
4.5
■ 充電速度:
4.5
■ 電池の持ち:
4
■ 価格の安さ:
4
Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。

ポイント付与率
1回のチャージ額通常会員プライム会員
5,000円〜19,999円0.5%1.0%
20,000円〜39,999円1.0%1.5%
40,000円〜89,999円1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
\Amazonギフト券を購入する/
Amazonギフト券

というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするとチャージ金額の最大2.5%のポイントがもらえるんですよね。このポイントは次回買い物をするときに使うことができるので、Amazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらってお得にAmazonで買い物をしましょう!

その他のモバイルバッテリーはこちら。

iPhone、iPadの比較レビューはこちら。