PS4 ProとPS4の違いは?どっちを買うべきか徹底比較

SONYのゲーム機「PlayStation4(プレイステーション4)」は通常版のPS4と高性能版のPS4 Proの2モデルあり、PS4 ProとPS4のどっちを買えばいいか悩んでしまいますよね。

この記事ではPS4 ProとPS4のスペック・画質・遊びやすさ・価格の違いからどっちを選ぶべきなのかを実機で徹底比較をしているので、PS4 ProかPS4のどっちを買うか迷っている方は参考にしてください!

なお、PS4 Proは本体価格が44,800円から39,800円に5,000円値下げして2TBの大容量モデルも追加されました。PS4も値下げされたので以前に比べて買いやすくなっています。

PS4 Pro・PS4の違いを比較

PS4 ProとPS4はどれほど性能差があるのか2台とも購入し、実機で画質やフレームレートの違いなど遊ぶやすさの違いについて徹底比較しました。

PS4 ProとPS4 パッケージ比較
PS4 ProとPS4のパッケージ

PS4 ProとPS4の特徴と違いを簡単にまとめました。

PS4 Proの特徴
  • 4K解像度の綺麗な画面
  • ゲームの動作がなめらか
  • 本体サイズが大きい
  • ファンの音がうるさい
  • 消費電力が高い
  • 端末価格が39,800円と高い

PS4 ProはPS4の上位モデルということで、4K解像度のゲームを楽しむことができ、動きも滑らかとなっています。ただし、本体サイズが大きくて消費電力も高くて発熱もするので存在感はかなり大きいものとなります。

PS4の特徴
  • フルHD(1080p)の画面
  • ファンの音が静か
  • 消費電力が少ない
  • 端末価格が29,800円と安い

PS4でも十分に綺麗な画面でゲームを楽しむことができます。おそらく、普通にゲームを楽しむ程度であればPS4で十分なのかなと思います。価格も安いですし、PS4と合わせてSSDを購入して換装した方が快適になるような気がします。

では、PS4 ProとPS4の違いを詳しく見ていきます。どっちがいいか実機で比較しているので参考にしていただければと思います。

スペック・性能・価格の違いを比較

PS4 Pro・PS4(Slim)・旧PS4のスペックの違いを比較してみました。現行のPS4(Slim)と旧型のPS4の基本的な性能はほぼ同じですが、消費電力が下がっているので現行モデルに乗り換えるのもアリだと思います。

PS4 Pro・PS4 スペックの違いを比較
モデルPS4 ProPS4(Slim)旧PS4
型式CUH-7200/7100/7000CUH-2200/2100/2000CUH-1200
CPUAMD Jaguar
8コア 2.1GHz
AMD Jaguar
8コア 1.6GHz
GPU4.20 TFLOPS
AMD Radeon  911MHz
1.84 TFLOPS
AMD Radeon 800MHz
メインメモリGDDR5 8GB
帯域幅:218GB/s
GDDR5 8GB
帯域幅:176GB/s
セカンダリープロセッサーメモリDDR3 1GBDDR3 256MB
HDD1TB/2TB
SATA 3.0(6Gb/s)
1TB/500GB
SATA 2.0(3Gb/s)
対応解像度4K(RGB/YUV420)
1080p
720p
1080p
720p
光学ドライブBD 6倍速CAV、DVD 8倍速CAV
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz, 5GHz802.11 a/b/g/n/(2.4GHz)
Ethernet10・100・1000BASE-T
Bluetooth4.0(LE)2.1
USB3.1(Gen1 5Gbps)3.0(5Gbps)
3ポート2ポート
AV出力HDMI 2.0b光デジタル出力端子、AUX × 1HDMI 1.4a、AUX × 1
消費電力最大310W最大165W最大250W
サイズ(mm)295 × 55 × 327265 × 39 × 288275 × 53 × 305
重量3.3kg2.1kg2.5kg
カラージェット・ブラック、グレッシャー・ホワイトジェット・ブラック、グレーシャー・ホワイトジェット・ブラック
価格1TB:44,980円 → 2018年10月12日より39,800円500GB:29,980円販売終了

2018年10月12日の価格改定でPS4 ProとPS4の価格差は10,000円となってPS4 Proがより買いやすくなったので、とにかくゲームのグラフィックを重視するならPS4 Proにするのがおすすめです。

PS4 Pro は2TBの大容量モデルがある

2018年11月21日にPS4 Proに2TBの大容量ストレージモデルが追加。実際に2TBもの大容量HDDが必要なのかなと疑問ですが、ゲームデータをダウンロードしたい方にとっては嬉しいモデルとなりそうです。

PS4/PS4 Proの価格
  • PS4(500GB):29,800円
  • PS4 Pro(1TB):39,800円
  • PS4 Pro(2TB):44,800円

1TBモデルと2TBモデルの価格差は5,000円となっています。

PS4(Slim)と旧PS4 性能の違い

初代PS4 → PS4(slim)の進化で本体サイズがスリム化しただけではなく通信機能の性能も向上しています。

PS4(Slim)と初代PS4の違い
  • Wi-Fi:802.11 ac/5GHz帯に対応
  • Bluetooth 4.0に対応
  • USB 3.1 Gen1(5Gbps)対応

Wi-Fi 802.11 ac(5GHz帯)に対応してノイズに強く電子レンジなどに影響を受けにくくなり安定した高速通信ができるようになります。

とくに802.11 acは通信速度が高速なのでゲームのデータのダウンロード時間を大幅に短縮でき、回線が安定することによってオンラインゲームでも有利に立ち回ることができます。

他にもPS4の消費電力は250Wから165Wに大幅に省電力になったのも見逃せません。モンハンとかやり出したらゲーム時間が長くなりますし電気代もバカになりませんよね。

PS4 ProとPS4(Slim)性能の違いを比較

CPU・GPU・RAMの違い

PS4 ProPS4に採用されているCPUは8コアのJaguarプロセッサで、PS4 ProのCPUは動作周波数が1.6GHzから2.1GHzにクロックアップされて演算能力が向上しています。

PS4 ProとPS4のCPUプロセッサの違い

GPUはAMD Radeonカスタムチップを搭載し、最新アーキテクチャ・Polaris世代のGPU機能が組み込まれて演算性能が1.84TFLOPSから4.20TFLOPSと大きく向上していて4Kに対応、より滑らかにゲームを動かすことが可能に。

PS4 ProとPS4のGPUの違い

メインメモリのGPDDR5の容量は8GBと同じですが帯域幅が176GB/sから218GB/sに高速化されているのもフレームレートの安定化に一役買っているでしょう。

PS4 ProとPS4のメインメモリの違い

このようにPS4 Proの基本スペックはPS4よりも高くなっているため、4K解像度(3,840 × 2,160ピクセル)の出力表示ができたり、フレームレートを安定化できるようになっているのです。

とにかく、快適にPS4のゲームを楽しむならPS4 Proがおすすめということになります。

セカンダリープロセッサの違い

あまり知られてはいませんが、PS4 ProとPS4はOSを安定的に動作させるためにゲーム処理と分離させたセカンダリープロセッサを搭載しています。

このセカンダリープロセッサのメモリ容量がPS4 Proは256MBから1GBと大容量メモリを搭載し、OSでゲーム与える影響は今まで以上に少なくなり安定したゲームを楽しむことができます。

HDD容量と転送速度の違い

PS4 ProとPS4のストレージはPS4が500GB、PS4 Proが1TBと2TBのHDDを搭載しています。

PS4・PS4 Pro ストレージ容量
  • PS4 Pro:1TB、2TB
  • PS4:500GB

容量の多いPS4 Proの方が多くのゲームデータを保存することができるということですね。

さらに、PS4 ProはHDD接続規格がSerial ATA 2.0(3Gb/s)→ Serial ATA 3.0(6Gb/s)となり転送速度が向上しています。

標準搭載しているHDDはSATA 3.0非対応なので速度に違いはありませんが、SSDに換装することでデータ転送速度を向上させることができるのです。

例えば、モンハンワールドのクエスト出発時やドラクエ11のルーラでの移動は画面が表示されるまでに時間がかかってしまいますがSSDに換装したPS4 Proならロード時間が速くなるので快適にゲームをプレイすることができます。

PS4 Proの特徴

では、PS4 Proを選ぶことでPS4とどのような違いがあるのか4K画質とフルHD画質の違いを比較していきましょう。

4K表示に対応

PS4 Pro4Kテレビと接続することで4K(3,840 × 2,160ピクセル)の高精細出力に対応しています。

パッケージに「PS4 Pro ENHANCED」のラベルが付いているゲームはPS4よりも映像表現を向上した4K解像度に対応したゲームとなります。

PS4 Pro ENHANCED ラベル
PS4 Pro ENHANCEDの表記で4K対応

ちなみに、PS4 Proはネイティブ4Kではなく擬似4K表示となっていて、PS4 Pro ENHANCEDに対応したタイトルはジオメトリレンダリングやチェッカーボードレンダリングと呼ばれる高度な手法を使って擬似的に4Kを描画しています。

「なんだよ、擬似4Kかよ…」と思うかもですが、実際のところネイティブ4Kとの違いを判別することはできないと思いますよ。

実際にPS4 Proの4K映像を見てみてもとても綺麗で迫力のある画像でゲームを楽しむことができるので全く問題ないです!

4KとフルHDの画質の違い

実際に4Kテレビに接続したPS4 ProとフルHDテレビに接続したPS4でどれくらい画質が違うのかを比較してみました!

使用したゲームタイトルはHorizon Zero Dawnです。

PS4 Pro 4Kと2Kの画質比較1
4KとフルHDの画質の違いを比較

実際の見え方をより分かりやすくするためにテレビ画面をデジカメで撮影しています。(テレビ側の4Kアップスケーリング機能はOFFにしてあります。)

この違い、分かるでしょうか。PS4 Proの4K表示は生い茂っている草の葉や髪の毛が綺麗に表現できており、質感もよりリアリティのあるものになっています。

4K表示に対応しているモンスターハンターワールドのタイトル画面にいる魚のような生き物をPS4 ProとPS4で比較してみました。

モンスターハンターワールド PS4 ProとPS4 4Kと2K比較
PS4 ProとPS4の画質の違い(モンハンワールド)

左がPS4 Proの解像度優先モードの4Kテレビ、右がPS4のフルHDテレビとなっていますが、PS4 Proの方が背景の草がより滑らかに表現できていることが分かりますよね。

モンスターハンターワールドのPS4 ProとPS4の画質の違いについてはPS4 ProとPS4のどちらでプレイした方がいいのかを比較した記事もあるので参考にしてください。

4K非対応タイトルも4Kにアップスケーリング

PS4 ProはPS4 Pro ENHANCEDに対応していないゲームも4Kにアップスケーリングする機能が搭載しているので画質がとても綺麗になります。

例えばドラクエ11はPS4 Pro ENHANCEDに対応していませんが、PS4 Proのアップスケーリング機能によりシャギーの少なく綺麗な画質で表示することができます。

ドラゴンクエスト11 PS4 ProとPS4 4Kと2K比較
PS4 Proはアップスケーリングで画質が綺麗になる

主人公の肌の色、髪の毛のサラサラ感、装備している革の質感などPS4 Proの方がよりクッキリと綺麗に表現できているのが分かりますよね。

ドラゴンクエスト11 PS4 ProとPS4 4Kと2K比較
PS4 Proのほうが画質がくっきり綺麗に

つまり、PS4 Proなら全てのタイトルの画質が向上するので、PS4のゲームを遊ぶ上で「とにかく画質を優先したいんだ!」という方はPS4 Proを選ぶのがいいでしょう。

PS4 Proの出力解像度の法則
テレビの解像度4Kコンテンツ1080p以下のコンテンツ
フルHD TV1080pに最適化1080p未満の場合は1080pにアップスケール
4K TV4K(2160p)で出力4K(2160p)にアップスケールして出力
4K/HDR TV4K(2160p)で出力
(HDR対応コンテンツはHDR表示)
4K(2160p)にアップスケール して出力
(HDR対応コンテンツはHDR表示)

4KテレビではなくフルHDテレビの場合でも1080p以下のコンテンツ(720pなど)を1080pにアップスケールしてくれるので、PS4 Proを選ぶメリットは大いにありそうです。

また、4KHDRの表示にも対応しているのでHDR対応の4Kテレビを使っているのなら恩恵を受けることができるでしょう。

スーパーサンプリング機能

PS4システムソフトウェアのアップデート5.50でスーパーサンプリング機能が追加されました。

この新機能はフルHDテレビでも4Kレンタリングをすることで画質を向上できるもので、PS4 ProならフルHDテレビでもPS4よりも高画質でゲームをプレイすることができるのです。

実際にスーパーサンプリング機能をONにするとどれくらい画質が変化するのか、フルHDテレビに接続して比較をしてみました。

PS4 Pro スーパーサンプリング テレビ撮影

フルHDテレビの解像度ってかなり低いので実際のモニターで映し出してみると違いを見分けるのは難しいので、個人的にはPS4 Proのスーパーサンプリング機能は特に必要なものではないのかな…。

解像度の低いDVDコンテンツも4K(2160p)にアップスケーリングされますが、実際に試したところすごく綺麗になったという感じではなく4Kテレビ側でアップコンバートした映像と大差ないように見えます。

番外編:PS4でも4Kテレビのアップコンバートで綺麗に

ちなみに、中級機以上の4Kテレビには4Kアップコンバート機能が搭載されていることが多く、テレビ側の4Kアップコンバート機能を使ってフルHD出力しかできないPS4を擬似的に4K表示させることができます。

テレビ側の機能ですが意外と綺麗に表示するので、離れてプレイするとPS4 Proとの違いを見分けるのができないくらいですよ。

こちらの画像はどちらもPS4のものです。

PS4 ProとPS4 4kテレビ アップコンバート

左側はソニーのテレビ「4K BRAVIA」の4Kアップコンバート機能をONにして表示させたもので疑似的に4K画面を作り出していてシャギーが少なくなっているのがわかります。

PS4 Pro 4K画面比較

PS4を4Kテレビに接続して遊んでいても画質の差を感じることができないくらいで、テレビの目の前で目を凝らすとPS4 Proの方が綺麗だと分かりますが、4KテレビにPS4を接続してアップスケーリングすれば十分な画質を得ることができるのです。

ブーストモードでフレームレートが向上・安定

PS4 Proの高性能なCPUを活かすことでPS4 Proに最適化されないゲームのパフォーマンスを向上させる「ブーストモード」が搭載されています。

  • 可変フレームレートのゲーム:フレームレート数の向上
  • 固定フレームレートのゲーム:フレームレートの安定化

フレームレートの安定化は4Kテレビじゃなくても恩恵を受けれるのでフルHDテレビを使っているユーザーもPS4 Proを購入する大きな動機付けになるのではないでしょうか。

PS4 Pro ENHANCED非対応のドラクエ11もフレームレートが少しだけ向上していますし、PS4 Pro ENHANCED対応ゲームであれば4K出力に対応しながらフレームレートが向上し滑らかな動作となります。

個人的にはPS4 Proの魅力は4K解像度の出力よりもフレームレート向上にあるように感じます。

なお、表示遅延を気にしないなら4Kテレビ側の「モーションフロー」や「シネマドライブ」(ソニーのブラビアの機能名称)を使うことでフレームレートを向上させることもできます。

以前にニンテンドースイッチを4Kテレビに表示させて擬似4Kとフレームレートを向上させることができる記事を書きましたが、PS4もこの技術を使うことで4Kテレビで画質を大きく向上させることが可能なのです。

PSVRでフレームレートが向上する

バーチャル体験を楽しむことができるPSVRもPS4 Proと接続することでフレームレートの向上が期待できます。

ただし、ソフト側で対応する必要があるので、遊びたいPSVRのソフトがPS4 Proに対応しているかどうか確認をした方がいいかもしれません。

PSVRはフレームレートが低いと酔ってしまいそうなのでできる限り性能の高いPS4 Proで遊びたいところ。

PS4 ProとPS4の本体外観の違い

PS4 ProとPS4の外観を見ていきましょう。並べてみると本体サイズはかなり違いますよね。PS4 Proはデカイです。まあ、PS4がスリムになったという見方もできるかもしれませんが。

PS4 ProとPS4 外観比較
PS4 ProとPS4 本体サイズの違い

付属品は

  • DUALSHOCK 4(ワイヤレスコントローラー)
  • HDMIケーブル
  • USBケーブル
  • モノラルヘッドセット
  • 電源コード
  • 説明書

となっており、PS4 Proの方が消費電力が高いので太い端子のタイプの電源コードが採用されています。

PS4 ProとPS4 付属品比較

PS4 Proは本体正面の右側部分にUSBポート(Type-A)が二つ搭載されており、PS4は少し離れて二つ搭載されていますね。

PS4 ProとPS4 本体比較 USBポート
PS4 ProとPS4のデザインの違い

本体正面左側に電源ボタン、ブルーレイディスクを入れることができる隙間、イジェクトボタンが搭載されています。

PS4 ProとPS4 本体比較 操作パネル
PS4のほうがシンプルなスタイルに

PS4 Proは本体デザインに沿った光るボタンが搭載されていますがPS4は普通の丸長ボタンとなっているので、PS4 Proの方が少しだけオシャレ感があるかも。

本体背面部分です。

PS4 ProとPS4 接続端子比較
PS4 Proは外部ポートが豊富

PS4 Pro・PS4ともに電源・AUX・HDMI・LANポートが搭載されていますが、PS4 ProはUSB端子や光デジタル出力端子が追加されていて拡張性が高くなっています。

右側にあるカバーを外すことでHDDを交換することができるようになっておりSSD(フラッシュストレージ)にグレードアップすることが可能となっています。

PS4 ProはSerial ATA 3.0接続なのでSSDに交換することで読み込み速度を大幅に向上させることができます。ゲームのロード時間を速くしたいと方は交換したいところ。PS4 Proは2TBモデルがありますが1TBを買ってSSDを換装したほうがいいのかな。

まとめ:PS4 ProとPS4 どっちがおすすめ?

最後にPS4 ProとPS4のどっちを買うといいのかまとめました!

PS4 Proを選ぶべき人

PS4 Proのメリット・デメリットは以下のとおりです。

PS4 Proのメリット
  • 4K対応で4Kテレビとの組み合わせで画質が綺麗に
  • フレームレートが向上し安定する(フルHDテレビでも恩恵あり)
  • フルHDテレビでも画質が向上する
  • SSDに換装するとロード時間がもっと速くなる

PS4 Proを選ぶメリットは4K解像度でゲームができるだけでなくフレームレートも安定するので4Kテレビでなくても恩恵を受けることができます。また、SSD換装で究極のPS4を作り出すこともできるので、「とにかく快適にPS4のゲームを遊びたい!」という方はPS4 Proを買うことをおすすめします。

PS4 Proのデメリット
  • 本体サイズが大きい
  • 消費電力が高くて熱くなる
  • ファンの動作音が大きい
  • 価格が高い

PS4 Proのデメリットは本体サイズが大きいこと、ファンの音が大きい、消費電力が多いなどがあります。

基本的に据え置きゲーム機なので大きくても多少は我慢できるかもですが、排熱が多く夏場は部屋が暑くなってしまうのがちょっと辛いところ。(冷房使えば問題はないです。)

PS4を選ぶべき人

PS4のメリット・デメリットは以下のとおりです。

PS4のメリット
  • 本体サイズが小さい
  • 消費電力が低い
  • SSDに換装するとロード時間が速くなる
  • 動作音が静か
  • 価格が安い

画質やフレームレートをあまり気にしないのであれば無印のPS4で十分ですし、そもそもPS4の画質はニンテンドースイッチと比較してもめちゃくちゃ綺麗で迫力あるゲームを楽しめます。

フルHDテレビで遊ぶなら価格が安くて本体サイズがスリムで消費電力も低いPS4を選ぶのがおすすめです。

PS4のデメリット
  • 解像度がフルHD(1,920 x 1,080)まで
  • フレームレートが安定しない(タイトルによる)

解像度がフルHDまでですが、4Kテレビ(中級機以上)で遊べば4Kテレビ側の4Kアップコンバート機能で画面が綺麗になりますし、機種によってはモーションフロー機能でフレームレートを滑らかにすることもできます。

表示遅延を気にするゲームを遊ぶ予定がない方は4KテレビでもPS4でいいのではないでしょうか。

2019年6月7日より数量限定モデル「PlayStation 4 Days of Play Limited Edition」が発売しています。

PS4の筐体にスチール・ブラックを採用した質感の高いモデルとなっていて、ヘアライン加工したシルバーの「△◯×□」のロゴがデザインされていて、カッコイイですよね。PS4は持ってるけど、このデザインは欲しい…。

PS4をSSD換装するのがおすすめ!

個人的には徹底的にPS4 ProとPS4を比較してみて、性能的には下位モデルのPS4で十分かなと思います。

無理してPS4 Proを購入するよりも価格の安いPS4を買ってストレージをHDDからSSDへの交換した絶対にするのがおすすめです。

ゲームのロード時間を大幅に短縮できるので待ち時間を減らすことができ快適にゲームをプレイすることができるよになります。

iPhoneでPS4を遊べるように

2019年3月にiOS版のPS4 Remote Playの配信がスタートしたことで、iPhoneやiPadでリモートプレイでPS4/PS4 Proを動かしてゲームを楽しむことができるようになりました。

モバイル回線経由でもPS4を動かして普通にゲームを楽しむことができるので、とても便利ですよね。外でもPS4をしたい方にはおすすめのアプリですよ。

AmazonでPS4/PS4 Proをお得に買う方法

AmazonでPS4 Proを買うならAmazonギフト券にお金をチャージするとお得です。Amazonギフト券はお金をチャージするときにチャージ金額の最大2.5%のポイントが貯めることができるのです。

Amazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらって上手にポイントを貯めてお得にAmazonで買い物をしましょう!

\Amazonギフト券を購入する/
Amazonギフト券

なお、nasneというメディアレコーダーを組み合わせることで、PS4でテレビ番組を見たり、録画したりできるようになります。このnasneを使うことでiPhoneなどのスマホでもテレビを見ることができるのでテレビっ子には嬉しいデバイスとなっています。

PS4を4K解像度で楽しみたいなら4Kモニターの購入がおすすめ。

ニンテンドースイッチについてはこちらの記事をどうぞ!