PS4 Pro HDDをSSDに換装

PS4・PS4 ProのストレージはHDDを内蔵してますが、SSDに換装・外付けすることでゲームのロード時間を高速化することができます。

PS4/PS4 ProのストレージをSSDに換装するとデータ読み込み速度が高速化されてロード時間を短縮でき、ロード時間が少なくなりストレスなくゲームに集中できますよ!

ここでは、PS4・PS4 Proの内蔵HDDをSSDに換装・交換する方法、外付けSSDで「拡張ストレージ」で接続する方法を紹介しています。実際にどれくらいロード時間が短くなったのかも書いているので参考にしてください。

PS4/PS4 ProをSSDに換装・外付けして高速化!

SSDとHDD

PS4/PS4 ProのHDDをSSDに換装・外付けすることのメリット・デメリットは以下のとおりです

HDDからSSDに換装するメリット
  • ゲームのロード時間が劇的に速くなる
  • ファンの音が静かになる
  • 故障しにくくなる
  • 快適にゲームを楽しむことができる
HDDからSSDに換装するデメリット
  • 別途費用が必要になってくる
  • 換装する手間がかかる
  • 失敗しても自己責任(ほぼ失敗しませんが)

正直なところHDDからSSDに換装するデメリットは費用的な問題だけでメリットの方が大きいのかなと思います。PS4は誰でも簡単にHDDを取り外すことができるのでSSDへの換装を推奨しているかのような構造となっています。

SSD換装でPS4/PS4 Proの保証はどうなるのか気になりますが、HDDからSSDに換装したとしてもSONYの保証をきちんと受けることができるので安心してください。

ただし、換装時に何らかのミスがあった場合は保証対象外になるので注意です。

SSD換装・交換か?SSD外付けか?

内蔵SSDと外付けSSD
左:内蔵SSD、右:外付けSSD

PS4/PS4 Proとも内蔵HDDをSSDに換装・交換するのがゲームのロード時間を短縮する最適な方法ですが、他にも外付けSSDをUSB接続して「拡張ストレージ」として設定して高速化する方法があります。

外付けSSDだとPS4のホーム画面は内蔵HDDのアクセスとなるので高速化の恩恵はありませんが、ゲームのロード時間は短縮できます。

つまり、HDDをSSDに換装しなくても外付けSSDで簡単にPS4/PS4 Proのデータ転送速度を高速化できるのです。

PS4/PS4 Pro 高速化する方法
  • 内蔵HDDをSSDに換装する方法(全てのシーンで高速化)
  • 外付けSSDを利用する方法(ゲーム内のロード時間が高速化)

PS4/PS4 Proのインターフェース規格、USBの規格の違いからそれぞれデータ転送速度が異なります。

PS4/PS4 Pro 規格の違い
  • PS4:SATA2.0… データ転送速度3Gbps
  • PS4 Pro:SATA3.0… データ転送速度6bGps
  • USB 3.0:データ転送速度5Gbps

理論上はPS4 ProならHDDをSSDに換装・交換するのがゲームのロード時間を短縮できることになります。しかし、PS4はSSD換装ではなく外付けSSDの方が高速化できることになります。

外付けSSDを使って「拡張ストレージ」に設定することで気軽にゲームのロードを高速化できますが、USB接続なので接触により接続が切れてしまうことも想定されるので注意です。

個人的には外付けSSDよりも内蔵HDDをSSDに換装・交換するのがおすすめ。というのも、PS4/PS4 Proは誰でも簡単にHDDからSSDに換装できるので、面倒くさくないのであればSSD換装することをおすすめします。

PS4 ProのHDDをSSDに換装することでSATA3の高速なデータ転送速度の恩恵を受けることができ、データの読み込み速度を大幅に向上させることができますよ。

どんなタイプのSSDを買えばいいのか?

PS4のHDD・SSHD・SSD仕様

PS4/PS4 Proに換装するSSDは以下の仕様をクリアしているタイプを選ぶようにしましょう。

PS4に対応しているSSD
  • SSD本体の厚さは9.5mm以下
  • 2.5インチサイズのHHD/SSHD/SSD
  • 容量160GB以上

SSDのサイズは標準的な2.5インチで厚さは9.5mm以下のタイプのもので容量は160GB以上のSSDがいいです。

PS4はシステムで100GB程使ってしまうのであまりに容量が少ないSSDを選択してしまうとすぐに容量がいっぱいになってしまいます。240GB以下のSSDは設定できないので快適に遊ぶなら最低でも480GB以上のSSDにしましょう。

おすすめ1TB以上のSSDを選ぶのがいいかな。1TB以下だとゲームをインストールできる数に影響してきますからね。

SSHDハイブリッド

SSHDはHDDとSSDのハイブリッドストレージとなっておりHDDに8GB程度のフラッシュメモリを内蔵することで、よく使うデータをフラッシュメモリにキャッシュさせることで転送速度を高速化させています。

SSDHはパソコンのストレージで使うと効果はなかなか高いと思いますが、PS4のゲームはデータ容量が多く一度のデータ読み込み量も多いので効果は限定的かもしれません。同じゲームばかり遊ぶのなら効果はあるのかもしれませんが。

とはいえ、価格も安くHDD並みの保存容量があるので選択肢としては悪くはないでしょう。

SSD(ソリッドステートドライブ)

SSDはフラッシュメモリを記憶媒体としたストレージです。

近年のパソコンなどMacBook ProSurface Proのストレージにも使用されています。データの転送速度が高速なのでHDDから置き換わっておりモバイルデバイスでは普通に採用されています。

PS4に限らずHDDストレージを搭載したパソコンをSSDに換装することでも動作を高速化できるので、HDDを搭載していたMacBook ProをSSDに換装してもスピードアップが期待できます。

MLCとTLCの違い

フラッシュメモリにはいくつかの種類があります。あまり気にしなくてもいいのかなとは思いますが、現在一般向けのSSDの主流になっているのがMLCとTLCです。

  • TLC(トリプルレベルセル):1つのセルに3ビットの情報を保存でき価格は安いがMLCよりも耐久性が少しだけ劣る
  • MLC(マルチレベルセル):1つのセルに2ビットの情報を保存でき耐久性がTLCより高い。価格はTLCよりも少しだけ高い

TLCは耐久性に劣るとよくいわれますが、普通の使用回数で壊れることはないので特に問題はなくTLCタイプのSSDを選べばいいでしょう。

SSDは価格が高くて大容量モデルは手が出ませんのでゲームの本数はそんなに増える予定がないのであれば500GBの容量でもなんとかなります。TLCタイプの500GBのSSDなら7,000円ほどで購入することができます。

なお、少しで耐久性の良いSSDにしたいならMLCタイプを選びましょう。TLCよりも少しだけ価格は高いですが最近はかなり安く手に入るようになり512GBモデルなら20,000円くらいで手に入れることができます。

で、僕が実際に購入したのはCrucial [Micron製]のMX300という2.5インチサイズのSSD・1TBモデルです。

SSD Crucial [Micron製] MX300 1TB
Crucial [Micron製] のSSDストレージ

SATA3(6Gbps)に対応、TLCのフラッシュメモリを採用し、読み取り速度は530MB/s、書き込み速度は510MB/sのSSDストレージとなっています。

Crucial [Micron製] MX300 外観
2.5インチのSSDストレージ

記事掲載時はMX300という型式でしたが、現在はMX500という新型モデルに切り替わっており、120GB、240GB、500GB、1TB、2TBの容量から選ぶことができるようになっています。

PS4の場合は240GB以上の容量のSSDを選ぶようにしましょう。おすすめはガツンと1TBモデルです。

もうちょっと安く手に入れたいなCrucialのBX500というモデルもおすすめです。480GBモデルで8,000円くらいで買うことができます。SSDもかなり安くなってきたので、PS4/PS4 ProのSSD換装もしやすくなったもんです。

SumsungのSSDもまあまあ安い金額で買うことができます。たまにAmazonでタイムセールで販売されていることもあるので、SSDに換装を検討している方はチェックしておきましょう。

PS4/PS4 ProをSSDに換装する方法

PS4 ProのHDDをSSD換装の方法を紹介していますが、PS4も同じ方法でSSDに換装できます。基本的にプラスドライバーが一本あれば誰でも簡単にHDDをSSDに換装することが可能です。

ただし、PS4のシステムデータをインターネットからダウンロードしてUSBにコピーして新しいSSDにインストールする必要があるのでPS4のシステムデータを移動することができるPCとUSBメモリが必要となるので注意してください。

ゲームのセーブデータを保存する

まず最初にやっておきたいのが今まで遊んだゲームのセーブデータを外部ストレージへの保存です。

USBメモリにセーブデータを保存しますが、PS4/PS4 ProではUSBのフォーマットはFAT32/exFATのどちらかしか認識しないので先にPCを使ってフォーマットしておく必要があります。

フォーマットしたUSBをPS4・PS4 Proに接続して、PS4のメニューの「設定」→「アプリケーションセーブデータ」から「本体ストレージのセーブデータ」→「USBストレージ機器にコピーする」を選択します。

本体ストレージのセーブデータからUSBに保存
本体ストレージのセーブデータをUSBに

ゲームタイトルを選んでUSBにコピーします。

PS4のセーブデータをUSBに保存
セーブデータをコピーする

これでセーブデータのコピーは完了です。

USBにセーブデータをコピー中
セーブデータを保存

なお、PSN会員ならオンラインストレージにセーブデータを保存できるので、わざわざUSBを使わなくてもクラウド上にセーブデータを簡単に移行することができるようになっています。

オンラインゲームを楽しんでいる方はすでにPSN会員いなっていると思うので、クラウド上にセーブを保存しておくのが簡単です。

PS4/PS4 ProからHDDを取り出す

では、PS4 ProからHDDを取り出していきましょう。

PS4 Proの本体
PS4 Proの本体

本体を裏返しにして背面部分にあるカバーを外します。

PS4 Proのストレージ格納場所
PS4 Proのストレージ格納場所

意外と固いですが、手前に引っ張ることでカバーを外すことができます。

カバーを手で外す
カバーを手で外す

カバーを外すとビスが出てくるので、プラスドライバーを使って外していきます。

プラスドライバーで金具を取り外す
プラスドライバーで金具を取り外す

ビスを外すとHDDをガバッと取り外すことができます。

HDDストレージを引き抜く
HDDストレージを引き抜く

HDDが収められている金属カバーを外します。サイド部分にビスが4点留めされているのでビスを外すことでHDDをカバーから取り外すことができます。

ストレージを金属カバーから取り外す
ストレージを金属カバーから取り外す

もっと難しいのかなと思っていまいしたが、PS4はもともとHDDの換装を考慮した設計にしていたのかめちゃくちゃ簡単に作業を進めることができます。

PS4・PS4 ProにSSDを装着する

HDDを取り外したケースにSSDを装着していきます。

SSDを金属カバーに
SSDを金属カバーに

HDD取り外しの逆作業でビス留めをしていけば大丈夫でしょう。

SSDをビス留めして取り付け
SSDをビス留めして取り付け

MX300は本体サイズが7.5mmと薄いので少し浮かした状態でビス留めをする必要がありますがピッタリと装着することができます。

SSDストレージに交換
SSDストレージに交換

カバーにSSDを取り付けできたらPS4・PS4 Proに装着してビス留めします。

SSDに換装完了
SSDに換装完了

あとはカバーすれば換装完了です。

システムソフトウェアを再インストールする

SSDに換装し終わったらPS4・PS4 Proの電源を入れてPSのロゴマークが表示されることを確認してください。きちんとPSのロゴマークが表示されるということは換装が上手くいったという証になります。

PS4の電源を入れる
PS4の電源を入れる

コントローラーのDUALSHOCK4をUSBケーブルで接続してPSボタンを押すことで操作することができるようになります。

DUALSHOCK4をUSBケーブルで接続する
DUALSHOCK4をUSBケーブルで接続する

この時点ではフォーマットしたSSDの中身は空なので当然ながらPS4を起動させることはできません。この状態で自動的にPS4のセーブモードが起動するのでPS4のシステムソフトウェアをインストールをしていくことになります。

セーフモードで起動する
セーフモードで起動する

PS4のサイトからシステムデータをダウンロードして、USBにアップデートファイル(再インストール用)を保存するフォルダーを作成し、そこにアップデートファイル(再インストール用)を保存します。

こんな感じでアップデートファイル(再インストール用)をUSBに保存すればOKです。

アップデートファイル(再インストール用)をUSBに保存

USBをPS4・PS4 Proに接続しPS4を初期化します。

PS4を初期化する
PS4を初期化する

システムソフトウェアのアップデートが開始します。

PS4のシステムソフトウェアを再インストール
PS4のシステムソフトウェアを再インストール

しばらく待つといつものPS4のホーム画面が表示されるので、USBに移動したセーブデータをUSBから本体ストレージにコピーすればOKです。

セーブデータを本体にコピー
セーブデータを本体にコピー

あとは今まで遊んでいたゲームディスクを本体に入れるなりしてインストールすれば作業は完了となります。

外付けSSDにする場合は

USBとの接続方法

SSD換装ではなく外付けSSDでする場合はSSDを入れるケースを使うか、ポータブルSSDを使うことができます。

外付けSSDを接続する
外付けSSDを接続する

最近のポータブルSSDはコンパクトなモデルが増えてきいますが、SanDiskのエクストリームSSDならこんな感じで接続が可能です。もちろん、背面側のUSBに接続するのもOKです。

拡張ストレージとしてフォーマットする

外付けSSDを接続した状態でゲームデータを外付けSSDにダウンロードして使う設定をしていきます。「USBストレージ機器」の設定項目から「拡張ストレージとしてフォーマットする」を選択します。

拡張ストレージとしてフォーマットする
拡張ストレージとしてフォーマットする

これでSSDを外付けで使うことが可能となります。

ストレージの画面を確認してみると「拡張ストレージ」の部分に「アプリケーションのインストール先」と表記されているのが分かります。

アプリケーションのインストール先
アプリケーションのインストール先

これで、ゲームのダウンロードは外付けSSDに保存して高速化することができます。とっても簡単ですよね。

今回、接続を試したポータブルSSDはSanDiskのエクストリームポータブルSSDですが、バッファローの外付けSSDサムスンの外付けSSDでもきちんと動作します。

なお、ポータブルSSDではなく価格の安い普通の大きさの外付けSSDでも問題はありません。

PS4/PS4 Pro SSDに換装・交換した効果

HDDとSSDのロード時間の違いを比較

PS4 ProのHDDをSSDに換装してどれくらい読み込み速度が速くなったのか実際にいくつかのゲームでロード時間の違いを比較してみました。換装だけでなく外付けSSDでの時間も比較しています。

PS4 Proのシステム起動時間はHDDが約25秒だったのがSSD換装で約20秒と5秒ほど短くなりましたが、実際のゲーム上の画面の切り替わりの時の方がその効果を感じることができました。

なお、外付けSSDの場合はシステム起動時間はHDDと同じでゲーム内のロード時間だけが高速化します。

Horizon Zero Dawn

まずはPS4のゲームの中でもかなり綺麗なグラフィックで知られているHorizon Zero Dawnです。

このゲームは画質がめちゃくちゃ綺麗で迫力あるのですが、読み込むデータ量もとても多くてロード時間もかなり長いタイトルとなっています。

結果はNEWゲームからスタートするまでHDDだと61秒かかるところSSDだと34秒に短縮されて2倍速くゲーム開始させることができました。

PS4 Pro内蔵SSD外付けSSDHDD
タイトル画面表示まで21秒23秒27秒
NEWゲーム→スタートまで34秒41秒61秒

左がSSDに、右がHDDです。

めちゃくちゃ速くないですか?これくらい速度が改善することができればかなり快適にゲームを楽しむことができそう。

ドラゴンクエスト11

次にドラゴンクエスト11です。冒険の記録から復帰するまでの時間はHDDは32秒ですが、SSDなら15秒で復帰できます。時間がかかるルーラの移動もHDDが29秒なのに対しSSDは17秒となり大幅にロード時間の短縮していますね。

PS4 Pro内蔵SSD外付けSSDHDD
タイトル画面表示まで11秒16秒16秒
セーブから復帰まで15秒18秒32秒
ルーラ17秒13秒29秒

左がSSDに、右がHDDです。

モンスターハンターワールド

モンスターハンターワールドもHDDとSSDでゲームのロード時間を計測してみました。モンハンワールドはクエスト出発から画面が切り替わるまでの時間がかなり長く、HDDだと44秒かかるところSSDなら17秒でクエストに出ることができるようになりました。

PS4 Pro内蔵SSD外付けSSDHDD
タイトル画面から設定まで7秒9秒9秒
クエスト出発から画面表示まで17秒20秒44秒

左がSSDに、右がHDDです。

実際のロード時間を比較してみましたが、PS4のストレージをSSDに換装することで数値以上に体感速度が速くなります。ロード時間が長いなーと思っているのであれば、SSDに換装することをマジでおすすめです。ビックリするくらい快適になりますよ。

ファンの音も静かになる!

あと、意外だったのがPS4 ProのHDDをSSDに換装することでファンの音も静かになります。SSDはHDDと違い熱をあまり発しないのでPS4 Proのファンの回転数を抑えることができるのかもです。

おそらく無印のPS4もHDDからSSDに換装することで同じようにファンの回転数を抑えることができるでしょう。

PS4 Proでゲームをしていると本当にビックリするくらい爆音を立ててファンが回転すます。SSDに交換することで少しはファンの音を静かにすることができるので、かなり快適なゲーム環境になることは間違いないと思います。

PS4/PS4 ProをSSDに換装/交換・外付けSSDで高速化する方法のまとめ

PS4・PS4 ProのHDDをSSD換装は簡単なので少しでも快適にゲームを楽しみたいならはSSDへの換装を挑戦してみてどうでしょう。待ち時間を減らすだけでもストレスは減りますよ。

少し前まではSSDは高価なストレージでしたが、現在はSSDの価格も下がって1TBのSSDでも12,000円くらいで購入できます。なので、PS4を買ったらすぐにSSDに換装するのがいいと思いますよ。

SSDの容量はたくさんゲームをするなら1TBよりも2TBを選んだ方がいいと思います。

遊ばないゲームはストレージから削除しておくことで容量を空ける事はできますが、遊びたいと思うたびにダウンロードするのは手間ですからね。

SumsungのSSDも安いのでおすすめです。

AmazonでPS4/PS4 ProのSSDをお得に買う方法

AmazonでPS4/PS4 ProのSSDを買うならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買うとお得です。Amazonギフト券はお金をチャージするときにチャージ金額の最大2.5%のポイントが貯めることができるのです。

Amazonギフト券は自分で使うことができるのでAmazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらって上手にポイントを貯めてお得にSSDストレージを買いましょう!

Amazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらって上手にポイントを貯めてお得にAmazonで買い物をしましょう!

\Amazonギフト券を購入する/
Amazonギフト券

PS4とPS4 Proはどっちを選ぶ?

PS4は標準モデルとなるPS4とハイエンドモデルPS4 Proの2モデルがあります。普通にPS4のゲームを楽しむのならPS4で十分です。

しかし、4K解像度でより滑らかなゲームを楽しみたいならPS4 Proを選ぶことで素晴らしい体験をすることができるでしょう。

PS4とPS4 Proの違いについてはこちらの記事で詳しく書いているので参考にしていただけたらと覆います。

PS4 Proは無印PS4よりもファンの音がうるさいのがデメリットでしたが、SSDに換装することで静かにすることができるのでおすすめです。いずれ、PS4 ProのSSDモデルが登場してもいいんじゃないのかなーとも思いますけどね。

PS4はiPhone・iPad、Mac/PC、Xperiaでリモートプレイで遊ぶことができます。モバイル回線でも遊ぶことができるので外でPS4をプレイできます。詳しくはこちらの記事で書いているので参考にどうぞ!