シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

PS4 ProのHDDをSSDに換装!ロード時間が速くなり音が静かになるのでおすすめ!読み込み速度の比較も!


PS4 Pro HDDをSSDに換装

PS4・PS4 ProのストレージにはHDD(ハードディスクドライブ)が使用されていますが、SSD(ソリッドステートドライブ)に簡単に換装して高速化することができます。

PS4・PS4 ProのストレージをSSDに換装するとデータの読み込み速度が高速化されてロード時間を大幅に短縮することができるので、待ち時間を減らしストレスなくゲームに集中することができるようになります。

実際にPS4 ProのストレージをHDDからSSDに換装してみたので、PS4のSSDの換装方法や実際にどれくらいロード時間が短縮されたのかを試してみました!

 

PS4 ProのHDDをSSDに換装して高速化!

どんなタイプのSSDを買えばいいのか?

まず最初に、PS4/PS4 Proに使用するSSDはどんなタイプのモノを選ぶべきかを書いていきます。

PS4はSATA2というインターフェースの500GB/1TB(5400RPM)のHDDが搭載されており、PS4 ProはSATA3というインターフェースで1TB(5400RPM)のHDDが搭載されています。

HDDは同じ転送速度ですがPS4とPS4 Proでは規格が異なり、データ転送速度が違いがあります。

  • SATA2:データ転送速度3Gps
  • SATA3:データ転送速度6Gps

SATA3を採用しているPS4 Proは最初から入っているHDDでもデータ転送速度がPS4より速いのかと思ってしまいますが、残念ながら標準仕様のPS4とPS4 ProのHDDの速度は同じレベルとなっているようです。

しかし、PS4 ProのHDDをSSDに換装することでSATA3の高速なデータ転送速度の恩恵を受けることができ、データの読み込み速度を大幅に向上させることが可能となっているのです。

PS4のHDD/SSHD/SSD仕様

PS4/PS4 Proに換装するSSDは以下の仕様をクリアしているタイプを選ぶようにしましょう。

  • SSD本体の厚さは9.5mm以下
  • 2.5インチサイズのHHD/SSHD/SSD
  • 容量160GB以上

SSDのサイズは標準的な2.5インチで厚さは9.5mm以下のタイプのもので容量は160GB以上のSSDがいいです。

というのもPS4はシステムで100GB程使ってしまうのであまりに容量が少ないSSDを選択してしまうとあっという間に容量がいっぱいになってしまいます。快適に遊びたいのであれば最低でも500GBのSSDにしないとゲームをインストールできる数に影響してくることになるので注意しましょう。

SSHDハイブリッド

SSHDはHDDとSSDのハイブリッドストレージとなっておりHDDに8GB程度のフラッシュメモリを内蔵することで、よく使うデータをフラッシュメモリにキャッシュさせることで転送速度を高速化させています。

SSDHはパソコンのストレージで使うと効果はなかなか高いと思いますが、PS4のゲームはデータ容量が多く一度のデータ読み込み量も多いので効果は限定的かもしれません。同じゲームばかり遊ぶのなら効果はあるのかもしれませんが。

とはいえ、価格も安くHDD並みの保存容量があるので選択肢としては悪くはないでしょう。

SSD(ソリッドステートドライブ)

SSDはフラッシュメモリを記憶媒体としたストレージで、近年のPC、AppleのMacBook ProやMicrosoftのSurfaceなどのストレージとしても使用されています。データの転送速度が非常に高速なのでHDDから置き換わる記憶媒体でパソコンにおいては採用がかなり進んできていますね。

PS4に限らずHDDストレージを搭載していたパソコンをSSDに換装することでも動作を高速化させることもができます。過去にHDDを搭載していたMacBook ProをSSDに換装したことがあるのですが、めちゃくちゃスピードアップしましたよ。

MLCとTLC

フラッシュメモリにはいくつかの種類があります。あまり気にしなくてもいいのかなとは思いますが、現在一般向けのSSDの主流になっているのがMLCとTLCです。

  • TLC(トリプルレベルセル):1つのセルに3ビットの情報を保存でき価格は安いがMLCよりも耐久性が少しだけ劣る
  • MLC(マルチレベルセル):1つのセルに2ビットの情報を保存でき耐久性がTLCより高い。価格はTLCよりも少しだけ高い

TLCは耐久性に劣るとよくいわれますが、普通の使用回数で壊れることはないと思うので特に問題はないでしょう。

SSDは価格が高く容量が大きいモデルは手が出ません。なので、ゲームの本数はそんなに増える予定がないのであれば240GBの容量でもいいかもしれません。TLCタイプの240GBの容量のSSDなら8,000円ほどで購入することができます。

少しで耐久性の良いSSDがいいのならMLCタイプを選ぶことをオススメします。TLCよりも少しだけ価格は高いですが最近はかなり安く手に入るようになってきて価格差は少なくなってきているのでいいと思います。

で、僕が実際に購入したのはCrucial [Micron製]のMX300 1TBモデルです。

SSD Crucial [Micron製] MX300 1TB

SATA3(6Gbps)に対応、TLCのフラッシュメモリを採用し、読み取り速度は530MB/s、書き込み速度は510MB/sのSSDストレージとなっています。

Crucial [Micron製] MX300 外観

記事掲載時はMX300という型式でしたが現在はMX500という新型モデルに切り替わっており、120GB、240GB、500GB、1TB、2TBの容量から選ぶことができるようになっています。PS4の場合は240GB以上の容量のSSDを選ぶようにしましょう。おすすめはガツンと1TBモデルです。

 

PS4・PS4 ProのSSDを換装する方法

今回はPS4 ProのHDDをSSDに換装していますが、PS4も同じ方法でSSDに換装することができます。基本的にプラスドライバーが一本あれば誰でも簡単にHDDをSSDに換装することが可能となっています。

ゲームのセーブデータを保存する

今まで遊んだゲームのセーブデータがあるので、それを外部ストレージに保存していきましょう。

今回はUSBを使ってセーブデータを保存したいと思いますが、PS4/PS4 ProではUSBのフォーマットはFAT32/exFATのどちらかしか認識しないので、PCを使ってフォーマットしておく必要があります。

フォーマットしたUSBをPS4・PS4 Proに接続して、PS4のメニューの「設定」→「アプリケーションセーブデータ」から「本体ストレージのセーブデータ」→「USBストレージ機器にコピーする」を選択します。

本体ストレージのセーブデータからUSBに保存

ゲームタイトルを選んでUSBにコピーします。

PS4のセーブデータをUSBに保存

これでセーブデータのコピーは完了です。

USBにセーブデータをコピー中

なお、PSN会員ならオンラインストレージにセーブデータを保存することもできるので、わざわざUSBを使わなくてもクラウド上にセーブデータを簡単に移行することができるようになっています。

PS4・PS4 ProからHDDを取り出す

では、PS4 ProからHDDを取り出していきましょう。

PS4 Pro

本体を裏返しにして背面部分にあるカバーを外します。

PS4 Pro ストレージ格納場所

意外と固いですが、手前に引っ張ることでカバーを外すことができます。

PS4 Proのストレージカバーを取り外す

カバーを外すとビスが出てくるので、プラスドライバーを使って外していきます。

PS4 Pro ストレージをドライバーで外す

ビスを外すとHDDをガバッと取り外すことができます。

PS4 Pro HDDを取り外す

HDDが収められている金属カバーを外します。サイド部分にビスが4点留めされているのでビスを外すことでHDDをカバーから取り外すことができます。

HDDの4点ビスを取り外す

もっと難しいのかなと思っていまいしたが、PS4はもともとHDDの換装を考慮した設計にしていたのかめちゃくちゃ簡単に作業を進めることができます。

 

PS4・PS4 ProにSSDを装着する

HDDを取り外したケースにSSDを装着していきます。

SSDをカバーに取り付ける

HDD取り外しの逆作業でビス留めをしていけば大丈夫でしょう。

SSDをビス留め

MX300は本体サイズが7.5mmと薄いので少し浮かした状態でビス留めをする必要がありますがピッタリと装着することができます。

SSDをカバーに装着

カバーにSSDを取り付けできたらPS4・PS4 Proに装着してビス留めします。

SSDをPS4 Proに取り付ける

あとはカバーすれば換装完了です。

システムソフトウェアを再インストールする

SSDに換装してPS4・PS4 Proの電源を入れてPSのロゴマークが表示されれば換装が上手くいったことになります。

20171229114344j:plain

コントローラーのDUALSHOCK4をUSBケーブルで接続してPSボタンを押すことで操作することができるようになります。

DUALSHOCK4をUSBケーブルで接続

ただし、フォーマットしたSSDの中身は空なので当然ながらPS4を起動させることはできません。この状態で自動的にPS4のセーブモードが起動するのでPS4のシステムソフトウェアをインストールをしていくことになります。

PS4のセーフモード

PS4のサイトからシステムデータをダウンロードして、USBにアップデートファイル(再インストール用)を保存するフォルダーを作成し、そこにアップデートファイル(再インストール用)を保存します。

こんな感じでアップデートファイル(再インストール用)をUSBに保存すればOKです。

アップデートファイル(再インストール用)をUSBに保存

USBをPS4・PS4 Proに接続しPS4を初期化します。

PS4を再インストール

システムソフトウェアのアップデートが開始します。

システムソフトウェア

しばらく待つといつものPS4のホーム画面が表示されるので、USBに移動したセーブデータをUSBから本体ストレージにコピーすればOKです。

セーブデータを本体にコピー

あとは今まで遊んでいたゲームディスクを本体に入れるなりしてインストールすれば作業は完了となります。

 

SSD換装でロード時間は最大で2倍以上高速化

PS4 ProのHDDをSSDに換装してどれくらい読み込み速度が速くなって快適になったのか、実際にいくつかのゲームでロード時間の違いを計測し比較してみました。

比較したゲームタイトルはHorizon Zero Dawn、ドラゴンクエスト11、モンスターハンターワールドの3つです。

PS4 Proのシステム起動時間はHDDが約25秒だったのがSSDに交換することで約20秒となり5秒ほど短くなりましたが、実際のゲーム上の画面の切り替わりの時の方がその効果を感じることができました。

Horizon Zero Dawn

まずはPS4のゲームの中でもかなり綺麗なグラフィックで知られているHorizon Zero Dawnです。このゲームは画質がめちゃくちゃ綺麗で迫力あるのですが、読み込むデータ量もとても多くてロード時間もかなり長いタイトルとなっています。

結果はNEWゲームからスタートするまでHDDだと61秒かかるところSSDだと34秒に短縮されて2倍速くゲーム開始させることができました。

PS4 Pro SSD HDD
タイトル画面表示まで 21秒 27秒
NEWゲーム→スタートまで 34秒 61秒

左がSSDに、右がHDDです。

めちゃくちゃ速くないですか?これくらい速度が改善することができれば、

ドラゴンクエスト11

次にドラゴンクエスト11です。冒険の記録から復帰するまでの時間はHDDは32秒かかってしまうところSSDなら15秒で復帰することができます。時間がかかると言われるルーラの移動もHHDが29秒なのに対しSSDは17秒とかなりのロード時間を短縮することが可能となっています。

PS4 Pro SSD HDD
タイトル画面表示まで 11秒 16秒
セーブから復帰まで 15秒 32秒
ルーラ 17秒 29秒

左がSSDに、右がHDDです。

モンスターハンターワールド

モンスターハンターワールドもHDDとSSDでゲームのロード時間を計測してみました。モンハンワールドはクエスト出発から画面が切り替わるまでの時間がかなり長く、HDDだと44秒かかるところSSDなら17秒でクエストに出ることができるようになりました。

PS4 Pro SSD HDD
タイトル画面から設定まで 7秒 9秒
クエスト出発から画面表示まで 17秒 44秒

左がSSDに、右がHDDです。

実際のロード時間を比較してみましたがPS4のストレージをSSDに換装することで、数値以上に体感速度が速くなります。ロード時間が長いなーと思っているのであれば、SSDに換装することをマジでおすすめです。ビックリするくらい快適になりますよ。

ファンの音も静かになる!

あと、意外だったのがPS4 ProのHDDをSSDに換装することでファンの音も静かになります。SSDはHDDと違い熱をあまり発しないので、PS4 Proのファンの回転数を抑えることができるのでしょうか。

おそらく無印のPS4もHDDからSSDに換装することで同じようにファンの回転数を抑えることができるでしょう。

PS4 Proでゲームをしていると本当にビックリするくらい爆音を立ててファンが回転すます。SSDに交換することで少しはファンの音を静かにすることができるので、かなり快適なゲーム環境になることは間違いないと思います。

まとめ:PS4をSSDに換装して高速化して快適なゲーム体験を!

PS4・PS4 ProのHDDをSSDに換装するのは意外と簡単なので、少しでも快適にゲームを楽しみたいという方はSSDへの換装を挑戦してみてはいかがでしょうか。

ただし、1TBのSSDはまだまだ高価で24,000円ほどしてしまうので躊躇してしまいますが500GBくらいの容量のSSDであれば12000円ほどで買うことができるのでコストパフォーマンスはなかなか良いのかなと思います。

500GBの容量じゃ足りないと思うかもしれませんが、遊ぶゲームが増えてきて容量が圧迫してきたとしてもPS4は外付けHDDによるストレージ容量の増設にも対応しているので取り外したHDDを使ってあまり遊ばないゲームデータを移動させることも可能です。

もちろん、1TB以上の大容量SSDがあれば数多くのゲームをインストールする事ができるので、データを外付けHDDに移動させるという手間を省くことができるので、今後のことを考えて最初から1TB以上のSSDを選んでおくのが一番良いのかなと思います。

PS4とPS4 Proについて

PS4は標準モデルとなるPS4とハイエンドモデルPS4 Proの2モデルがあります。普通にPS4のゲームを楽しむのならPS4で十分です。

しかし、4K解像度でより滑らかなゲームを楽しみたいならPS4 Proを選ぶことで素晴らしい体験をすることができるでしょう。

PS4とPS4 Proの違いについてはこちらの記事で詳しく書いているので参考にしていただけたらと覆います。

PS4 Proは無印PS4よりもファンの音がうるさいのがデメリットでしたが、SSDに換装することで、そのデメリットをある程度は解消することができるのでお勧めです。いずれ、PS4 ProのSSDモデルが登場してもいいんじゃないのかなーとも思いますけどね。

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物するならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするときにチャージ金額の最大2.5%のポイントが貯めることができます。このポイントは次回買い物をするときに使うことができます。

Amazonギフト券は自分で使うことができるのでAmazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらって上手にポイントを貯めてお得にAmazonで買い物をしましょう!

↓ Amazonギフト券を購入はこちら ↓
Amazonギフト券

また、初回購入限定キャンペーンも開催しておりキャンペーンにエントリーすることで5,000円以上チャージすると1,000ポイントをもらうことができます。(条件あり)なので、Amazonギフト券にチャージする前にこちらから「初回購入限定キャンペーン」にエントリーしておきましょう。