パソコンとタブレットとスマホを同時に充電できたら便利ですよね..!

そこで、Anker PowerPort III 3-Port 65W Podはおすすめです。

PowerPort III 3-Port 65W PodはUSB-Cポートを2つ、USB-Aポートを1つ搭載してるので3つの端末を同時充電ができる充電アダプタとなっています。

例えば、スマホのiPhone 13とタブレットのiPad mini 6、パソコンのMacBook Airの3台同時に充電できます。3つ目のポートがUSB-Aなのでワイヤレスイヤホンの充電ポートとして使うのもおすすめです。

この記事では、Anker PowerPort III 3-Port 65W Podをレビューしています。実際に使ってみてどうなのかメリット、デメリットについても書いてるので複数充電できるアダプタを探している方は参考にどうぞ!

Anker PowerPort III 2-Port 65Wのメリット
  • 最大65W出力なのに小型サイズ
  • 充電アダプタのデザインもオシャレ
  • 2ポート接続で45W + 20Wで充電
  • 3ポート接続で40W + 12W +12Wで充電
  • プラグ折りたたみ式で使いやすい
Anker PowerPort III 2-Port 65Wのデメリット
  • 多ポート接続で出力が少し落ちる

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podの特徴

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod
Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod
Anker PowerPort III 3-Port 65W Podの特徴
  • メタリック調のおしゃれなデザイン
  • 独自技術「Anker GaN II」を採用
  • USB-C PD(PPS)に対応
  • 最大65W出力で急速充電できる
  • 2ポート使用は(45W + 20W)出力
  • 3ポート使用は(40W + 12W +12W)出力
  • プラグは折りたたみ式で持ち運びしやすい
  • 充電器の大きさ:38 × 29 × 66 mm
  • 充電器の重さ:約130g
  • 端末価格:5,990円

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podは「PowerPort」でありながらも「Nano IIシリーズ」が派生モデルっぽいデザインで質感の高い充電アダプタとなっています。

約2年の研究開発を経て第二世代のGaN(窒化ガリウム)を採用し65Wと高出力ながらもコンパクトでプラグ折り畳み式で持ち運びしやすいです。

PowerPortIII 3Port 65WとNano Ⅱ 65W
PowerPort III 2-Port 65W・Nano II 65W

同じ65W出力のAnker Nano Ⅱ 65Wと比べて奥行きはありますが縦横サイズが小さくUSB-Cポートを2つ、USB-Aポートを1つ搭載した汎用性の高い充電アダプタです。

最大出力が65Wで1台接続ならMacBook Pro 14インチを充電可能で、2台接続ならiPad Pro 11インチMacBook Airを同時充電できる性能を持っています。

さらに、AirPods Proなどのワイヤレスイヤホンの充電アダプタとしてもしっかり使うことができます。

PowerPort III 3-Port 65W PodはUSB-C PD PPS規格に対応しPPS対応のスマホを出力を微調整しながら負荷をかけずに急速充電できます。

端末価格は5,990円ですが最大65W出力ができて最大3台の端末を同時充電できるのでコストパフォーマンスはいいように感じます。

同シリーズの2ポートタイプはこちらです → PowerPort III 2-Port 65W、1ポートのNano Ⅱシリーズはこちら → Anker Nano II 30WAnker Nano II 45WAnker Nano II 65W

充電ケーブルは絡まらないAnker PowerLine III Flowが使いやすくてイイですよ。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod レビュー

では、Anker PowerPort III 3-Port 65W Podを詳しくレビューしていきます。

メタリック調の本体デザイン

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodはUSB-Cを2つ、USB-Aを1つ搭載した充電アダプタでポートのある部分はメタリック調のデザインが施された高級感のあるスタイルとなっています。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod メタリックなデザイン
メタリック調なデザイン

側面部分はダークグレーカラーのサラサラとした樹脂素材を採用し傷は付きにくいです。ただ、カバンの中にこのまま放り込んで持ち運ぶと傷は付着しそうな感じ。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podのプラグは折り畳みタイプとなっています。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podのプラグ
PowerPort III 2-Port 65W プラグ

プラグを折り畳むことができるので持ち運びしやすいです。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod 折りたたみプラグ
折りたたみプラグを採用している

見た目がとてもシンプルでプラグを折り畳んで出張や旅行にこの1台を持っていくだけであらゆるガジェットをサクッと充電できるのはいいですよね。

本体サイズは65Wのわりに小さい

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podの大きさは38 × 29 × 66 mm、重量は130gで65Wの充電アダプタのわりに小さくてコンパクトな充電アダプタとなっています。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podのサイズ感
Anker PowerPort III 3-Port 65W Podのサイズ感

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodとMacBook Pro 14インチApple 67W USB-C電源アダプタの大きさと比較してみました。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod vs Apple USC-C 67W
左からPowerPort III 3-Port 65W、Apple 67W

ほぼ同じ出力でありながらもこんなに充電アダプタの大きさが異なっており、Anker PowerPort III 3-Port 65W Podはとにかくコンパクトな大きさとなっています。

同シリーズのPowerPort III 2-Port 65Wと比較すると奥行きはPowerPort III 3-Port 65W Podの方が大きいですが、高さが抑えられています。

Apple USB-C 67W・PowerPort III 2-Port 65W

充電アダプタの横幅が抑えられているので横並びの一般的な電源タップで横のアダプタに干渉することなく使うことができます。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podを電源タップで使う
電源タップでもちゃんと使える

ただし、Apple 20W USB-Cなど横に広い電源アダプタがあると干渉するので注意です。一般的な電源タップであれば問題なく壁に直付してもしっかり接続できます。

充電ポートが密集していますがUSB-Cケーブル、USB-Aケーブルを全て接続するとこうなります。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod 全ポート使用時
全ポートを接続

ギュッと詰まった感じで無駄がなくて見た目もいいです。ただ、一般的なケーブルなら問題ないですがポート部分が大きいタイプのケーブルだと同時使用ができなくなる可能性はあるかもしれません。

第二世代のGaN(窒化ガリウム)を採用した

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podは電源ICと回路の素材に第二世代のGaN(窒化ガリウム)を採用し小型化を実現しています。

窒化ガリウム自体は従来のAnkerの充電器にも数多く採用していて珍しい素材ではなく他のメーカーもGaNを採用した充電器はあります。

そんな中でPowerPort III 3-Port 65W Podは第二世代のGaNに進しスイッチング周波数を高めてノイズを抑えながら小型化できるため発熱が抑えることが可能に。

実際にPowerPort III 3-Port 65Wを2ポート接続で使ってみましたがたしかに発熱は控えめになっていて安心感のある充電アダプタとなっています。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podの充電性能

Anker PowerPort III 3-Port 65W Podの出力は以下のとおりです。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod 仕様
仕様
単ポート利用時
  • USB-C : 5.0V=3.0A / 9.0V=3.0A / 15.0V=3.0A / 20.0V=3.25A (最大65W)
  • PPS出力 : 3.3V-16.0V=3.25A (最大52W)
  • USB-A : 4.5V=5.0A / 5.0V=4.0A / 5.0V=4.5A / 5.0V=3.0A / 9.0V=2.0A / 12.0V=1.5A (最大22.5W)
2ポート利用時
  • USB-C (2ポート同時):45W+20W (合計最大65W)
  • USB-C (上部) + USB-A : 40W+22.5W (合計最大62.5W)
  • USB-C (下部) + USB-A : 12W+12W (合計最大24W)
3ポート利用時
  • 40W+12W+12W (合計最大64W)

1ポート接続なら最大65W、2ポート接続なら上ポートが最大45W、下ポートが最大20WとなるのでMacBook AirとiPad Proの充電なら充分に賄うことができる充電性能となっています。

実際にAnker PowerPort III 3-Port 65W Podはどれくらいの出力で端末を充電できるのか、1ポート接続でMacBook Pro 13インチiPad mini 6を同時充電してみました。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod 2ポート時の出力
2ポート接続時の充電出力

出力はMacBook Pro 13インチが(19.3V × 2.25A = 43W)、iPad mini 6が(8.5V × 2.07A = 17.5W)で充電ができています。

実際にどれくらいの時間で充電できるかMacBook AiriPad mini 6iPhone 13で計測してみました。

3ポート接続充電
3ポート接続充電
充電速度
充電ポート MacBook Air
USB-C:40W
iPad mini 6
USB-C:12W
iPhone 13
USB-A:12W
30分 23 → 46%:23%増 0 → 28%:28%増 5 → 33%:28%増
60分 46 → 71%:25%増 28 → 52%:24%増 33 → 59%:16%増
90分 71 → 89%:18%増 52 → 75%:23%増 59 → 80%:21%増
120分 89 → 97%:8%増 75 → 93%:18%増 80 → 97%:17%増

いずれのモデルも30分で20〜30%ほどバッテリーを補給することができ2〜3時間でフル充電できているようです。単ポート接続時よりも充電速度は落ちますが普通に使える充電速度とみていいでしょう。

もし、MacBook Pro 14インチを使ってるなら単ポートにすることで最大65Wで充電ができます。

最近はUSB-Aポートを使う機会は減っていますがワイヤレスイヤホンなどは今もType-Aの充電ケーブルを同梱してるので意外と使うかもしれないですね。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod フルで使う
3ポート使用時

複数のガジェットを所持していて臨機応変に対応したいならPowerPort III 3-Port 65W Podはとても扱いやすい多ポート充電アダプタのように感じます。

PPS対応で効率よく充電できる

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodはUSB-C PD 3.0とPPS(Programmable Power Supply)」に対応。PPSは電圧と電流を小刻みで出力を調整し効率よく端末の負荷を抑えられる充電規格です。

従来のPD充電はスマホ側で過剰供給された電力を制御し負荷がかかってたのが、PPSは必要な電力をしっかり最適化しながら供給するため端末に負荷がかかりにくいんですね。

対応スマホは少しずつ増えており(Galaxy S21Xperia 5 Ⅲarrows Weなど)でPowerPort III 3-Port 65Wは3.3V-16.0V=3.25A (最大52W)で微調整しながら充電可能です。

PPS対応で超急速充電
PPS対応で「超急速充電」に

2ポート接続状態でGalaxy S21を充電してみると「超急速充電」と表示されて通常よりも素早く充電ができます。

30Wの高出力のPPS非対応の充電アダプタでGalaxy S21を充電しても「急速充電」となりますがPPS対応の充電器なら20W出力でも「超急速充電」となるようです。

PPS対応で端末に負荷がかけずに効率よく充電できるので充電速度が速く、さらにバッテリーの寿命も延ばすことができるのでしょう。

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod レビュー:まとめ

Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod(左)

Anker PowerPort III 3-Port 65W PodはUSB-Cポートを2つ、USB-Aポートを1つ搭載した充電アダプタで1ポートなら最大65W、2ポートなら45W + 20Wの高出力で充電できるアダプタです。

Anker PowerPort III 2-Port 65Wのメリット
  • 最大65W出力なのに小型サイズ
  • 充電アダプタのデザインもオシャレ
  • 2ポート接続で45W + 20Wで充電
  • 3ポート接続で40W + 12W +12Wで充電
  • プラグ折りたたみ式で使いやすい

筐体デザインも質感が高くて3ポートの充電アダプタのわりにコンパクトで持ち運びしやすいです。とりあえず、複数の端末を使ってるならPowerPort III 3-Port 65W Podを一つあると便利ですね。

USB-Aポートがあるのでワイヤレスイヤホンも同時に充電したいならいいかもしれません。

Anker PowerPort III 2-Port 65Wのデメリット
  • 多ポート接続で出力が少し落ちる

多ポート充電アダプタは複数のデバイスを接続すると出力が落ちるのはどのモデルも同じなので仕方ないところです。

端末価格は少し高めですがこの1台で3つのデバイスを臨機応変に充電できるので価格相応といっていいかもしれません。

パソコンとスマホ、またはタブレット、ワイヤレスイヤホンを同時充電したいならPowerPort III 3-Port 65W Podはおすすめの充電アダプタですよ。

Amazonでお得に買い物をする方法

Amazonで買い物をするならAmazonギフト券にお金をチャージをしてから買い物をするとお得です。

ポイント付与率
1回のチャージ額通常会員プライム会員
5,000円〜19,999円0.5%1.0%
20,000円〜39,999円1.0%1.5%
40,000円〜89,999円1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%
\Amazonギフト券を購入する/
Amazonギフト券

というのも、Amazonギフト券にお金をチャージするとチャージ金額の最大2.5%のポイントがもらえるんですよね。このポイントは次回買い物をするときに使うことができるので、Amazonで買い物をする前にAmazonギフト券に現金をチャージをして最大2.5%のポイントをもらってお得にAmazonで買い物をしましょう!

→ 2ポートタイプはこちら

→ 1ポートのNano Ⅱはこちら