OPPO A55s 5G レビュー

1〜3万円のスマホは各メーカーから色んなモデルがあって選び甲斐がありますが、オウガ・ジャパンの5G対応のOPPO A55s 5Gもその一つです。

OPPO A55s 5Gは6.5インチのディスプレイを搭載しつつ重量が178gと軽いのが特徴でカメラもそれなりにキレイでIP68の防水防塵で程度濡れても使うことができます。

Felicaには対応してないので電子決済を使っている方はメインにはなり得ないもののQRコード決済を使っている、サブ機で使うならおすすめの端末です。

この記事ではOPPO A55s 5Gをレビューしています。実際に使ってどうなのか評価しているのでサブ機にAndroidスマホが欲しい…って方は参考にしてください。

OPPO A55s 5Gのメリット
  • 大画面サイズで178gと軽い筐体
  • 液晶だけど画面が明るくて見やすい
  • OPPO独自機能が使いやすい
  • 顔認証の精度・速度が速い
  • IP68の防水防塵である程度濡れても使える
  • 端末価格が1.1〜3.4万円と安い
OPPO A55s 5Gのデメリット
  • 指紋認証に対応していない
  • おサイフケータイ(Felica)非対応
  • 内蔵スピーカーが一つでモノラル音声
  • 急速充電に非対応
  • ワイヤレス充電に非対応

OPPO A55s 5Gの特徴

OPPO A55s 5G
OPPO A55s 5G
OPPO A55s 5Gの特徴
  • 6.5インチの液晶ディスプレイ(20:9)
  • 解像度はフルHD(2,400 × 1,080ピクセル)
  • 生体認証は 顔認証に対応
  • Snapdragon 480 5G + 4GB メインメモリ
  • 広角 + 深度のデュアルカメラ(実質シングル)
  • IP68(水深1.5mに30分)防水防塵仕様
  • サイズ:162 × 74.7 × 8.2mm、178g
  • カラー:ブラック、グリーン
  • 価格:33,800円(Amazon、楽天市場)

OPPO A55s 5Gは1〜3万円台の格安スマホですが6.5インチの大画面ディスプレイを採用していて動画や電子書籍などのコンテンツを視聴するのに適している端末です。

OPPO A55s 5G ディスプレイ
OPPO A55s 5G

生体認証は顔認証に対応し顔を向けただけで画面ロック解除して使い出すことができます。指紋認証には対応していないのでマスクをしていると毎回パスコードが必要となります。

また、OPPO A55s 5GはFelica非対応なので電子決済はできません。QRコード決済しか使ってないならOPPO A55s 5Gで問題ないですがSuicaなど電子決済したい場合は使えないので注意ですね。

OPPO A55s 5Gの魅力は6.5インチの大型ディスプレイを搭載しているのでちょっとしたコンテンツを楽しむにはちょうどいいところ。メイン機はコンパクトなiPhone 13 miniを使ってサブ機にOPPO A55s 5Gを選ぶというのもアリでしょう。

OPPO A55s 5GはOCNモバイルONEなら24,668円とかなりお安くなっています。MNP乗り換えなら13,000円割引で11,668円となっています。

OPPO A55s 5G レビュー・評価

では、OPPO A55s 5Gを詳しくレビューしていきます。

手触りのいいマット調の筐体

OPPO A55s 5Gは6.5インチのフルディスプレイを採用した画面の大きいスマートフォンです。インカメラは左上にパンチホール型を採用していてスッキリとしたスタイルになっています。

OPPO A55s 5G 正面デザイン
正面デザイン

背面パネルはサラサラとしたマット調の素材を採用し価格のわりに質感の高いスタイルを実現しています。

OPPO A55s 5G 背面パネル
マットな樹脂素材を採用

今回レビューしている端末はグリーンなので指紋は目立たないですが、サラサラとした素材となっているためブラックでも汚れはそこまで目立たないかもしれません。

OPPO A55s 5Gは丸みを帯びたラウンドフォルムスタイルを採用し手に馴染みやすい感じに仕上がっています。6.5インチとサイズが大きめですが意外と扱いやすいです。

OPPO A55s 5G 背面パネル素材
ヘアライン加工が施されている

なお、IP68の防水防塵に対応していて水深1.5mのところに沈めても30分耐えらる性能があるので、お風呂に入りながら使うスマホとしてしっかり使得そうです。

本体カラーはブラック、グリーンの2色から選べます。

OPPO A55s 5G 本体カラー
本体カラー

ブラックの方がカメラの主張が控えめになるのでカメラのデザインが気になるならおすすめです。グリーンは少しカメラが目立ちやすいですね。

OPPO A55s 5Gの操作ボタンはiPhoneと同じ並びとなっており端末右側にサイドボタンがあります。

OPPO A55s 5G サイドボタン
右側にサイドボタンがある

端末左側に音量ボタンを搭載し、左上にSIMカードスロットがあります。OPPO A55s 5GはnanoSIM × 2に対応、microSDカード(最大1TB)でストレージの拡張もできます。

OPPO A55s 5G 音量ボタン
SIMカードスロットと音量ボタン

SIMカードを2枚入れることでDSDVに対応し二つの通信会社の電波を使い分けることができますが、microSDカードを入れる場合はSIMカードは1枚のみとなります。

eSIMにも対応しているのでSDカードを使いながらもデュアル通信環境の構築が可能となっています。

OPPO A55s 5Gは本体下部左に3.5mmオーディオジャックがあって有線イヤホンを使っても音楽を楽しむことができます。

OPPO A55s 5G 外部ポート
3.5mmオーディオジャックを搭載

もちろん、Bluetoothによるワイヤレスイヤホンも使えます。

mono g31の内蔵スピーカーはモノラルなので音楽や映画を楽しむならAnker Soundcore Life P3などワイヤレスイヤホンを使うのがおすすめです。

OPPO A55s 5Gは格安スマホでありながらもaptXやLDACなどハイレゾ音声に対応しています。これは嬉しいです。

モトローラのmoto g31は対応していないのでワイヤレスイヤホンで高音質サウンドを楽しみたいならOPPO A55s 5Gがおすすめです。

OPPO A55s 5Gの充電ポートはUSB-Cを採用しています。

OPPO A55s 5G モノラルスピーカー
USB-Cポート

急速充電には非対応となっています。

実際に充電時間を計測してみたところ30分で25%充電できてました。急速充電非対応ですが2時間くらいでフル充電はできそうです。

また、充電アダプタ、充電ケーブルは付属していないので持っていない方は別途購入する必要があります。

OPPO A55s 5Gを充電するだけならUSB-Cを1ポートのDIGIFORCE 20W USB PD Fast Chargerがおすすめ。見た目もオシャレですしカラーも選ぶことができます。

もし、複数の端末を使っていて充電アダプタを集約するなら多ポート充電ができるがAnker 521 Chargerがおすすめです。

なお、OPPO A55s 5Gはクリアタイプの保護ケースが最初から装着しています。OPPO A55s 5Gは価格の安いスマホなのでケースなしで使い倒すのがおすすめですが傷が気になる方も安心です。

6.5インチと筐体サイズは大きめ

OPPO A55s 5Gは6.5インチのディスプレイを搭載し筐体サイズは(162 × 74.7 × 8.2mm)と大きいスマートフォンとなっています。

OPPO A55s 5G サイズ感
筐体横幅は74mm

筐体の横幅は74mmと広くて片手操作は難しいですが、重量が178gと軽めなので手の位置を持ち替えることで片手操作できないこともありません。

意外と慣れれば使いやすですし動画コンテンツや電子書籍を読むことが多いなら画面サイズが大きい方が楽しめるので割り切って使うならアリです。

また、OPPO A55s 5Gはアプリ起動中に3本指で上にスワイプすることで画面分割することもできます

ジェスチャーだけで2つのアプリを同時表示できるので2つのアプリを巧みに操りたい方はOPPO A55s 5Gはおすすめです。

2画面表示だけでなくポップアップウィンドウにも対応しているのでメインで使いたいアプリをフル画面で使って、ちょっと確認したいアプリをウィンドウ化して使うことも可能です。

90Hz対応の液晶ディスプレイを採用

OPPO A55s 5Gは液晶ディスプレイを搭載しています。

1〜2万円前後のスマホは液晶を採用したモデルが多くて有機ELなのはmoto g31arrows Be4 Plusくらいですかね。

とはいえ、OPPO A55s 5Gの液晶は画面が明るいのでAQUOS wishXperia Ace Ⅱと比べると見やすくて問題はないです。

OPPO A55s 5G 液晶ディスプレイ
明るめの液晶ディスプレイ

大画面のスマホで液晶だと見る角度によって上と下で明るさが異なってくることもありますが、OPPO A55s 5Gはそのようなことはありません。

OPPO A55s 5Gの解像度は2,400 × 1,080ピクセル(フルHD+)でYouTubeもしっかりフルHD画質で視聴できるだけでなく90Hzのリフレッシュレートに対応しています。

OPPO A55s 5G 90Hzリフレッシュレート
90Hzで滑らかにスクロールできる

最近の価格の安いスマホはHD画質が多いですが、フルHDに対応し90Hzの滑らかディスプレイとOPPO A55s 5Gはワンランク上のスペックとなっています。

顔認証で画面ロック解除

OPPO A55s 5Gは顔認証に対応しています。

OPPO A55s 5G 顔認証に対応
顔認証に対応している

顔を登録しておくことで顔を向けるだけで画面ロック解除できます。

ここではスワイプしてホーム画面に移動していますが設定によって顔を向けるだけでジェスチャーなしでホーム画面にいくことができます。

認証精度、速度も速いので快適に使うことができます。

と、ここまではいいのですがOPPO A55s 5Gは指紋認証センサーは搭載していないのでマスクをしていると顔認証が使えずにパスコード入力が必要となります。

OPPO Reno5 Aは顔と指紋のデュアル生体認証に対応していましたが、価格の安いOPPO A55s 5Gは機能が省かれてしまったようです。

OPPO A55s 5G 性能をレビュー

Snapdragon 480 5Gを採用

OPPO A55s 5GのSoC(システム・オン・チップ)はSnapdragon 480 5Gを採用しメインメモリは4GB、ストレージは64GBとなっています。

スペックだけでいくとarrows WeAQUOS wishと全く同じですね。

今回はAntutuでmoto g31のMediaTek helio G85と性能を比較してみました。

Antutuのスコア
  OPPO A55s 5G AQUOS wish
CPU Snapdragon 480 5G MediaTek helio G85
RAM 4GB 4GB
総合 277325 193875
CPU 99505 63525
GPU 65809 38875
MEM 45805 36657
UX 66206 54818

スコア上はMediaTek Helio G85よりもSnapdragon 480 5Gの方が性能が高くトータルで277325とSnapdraogn 690 5GのAQUOS sense 6に迫る性能を持っています。

実際の動作速度と快適性

実際にどれくらいOPPO A55s 5Gが使えるのかChromeブラウザ、Twitterで動作を確認してみました。

普段使いのアプリであればSnapdragon 480 5Gと低コストなチップのOPPO A55s 5Gでもちゃんと使えます。性能の高いスマホと比較しないなら問題ないですよ。

ちなみに、OPPO A55s 5Gは同じSnapdraogn 480 5Gを搭載しHD画質で負荷が少ないはずのAQUOS wishよりも快適に動くことが多いです。

詳しくはこちらのYouTube(→ シンスペース YouTube)で話しているので気になる方ぜひ…。

ゲームもそれなりに遊べる

OPPO A55s 5Gはゲームも普通に遊べる性能を持っていてタッチ精度も180Hzのタッチレスポンスに対応し照準は合わせやすくプレイしやすいです。

OPPO A55s 5G PUBGモバイル
ゲームも遊べる

グラフィックの設定は「画質:HD、フレームレート:高」、または「画質:標準・スムーズ、フレームレート:ウルトラ」を選べます。

原神など重いゲームになると厳しいですが、PUBGモバイルくらいの軽めのFPSゲームならOPPO A55s 5Gで普通に遊ぶことができます。

Snapdragon 400番台のSoCでそれなりにゲームも遊べる時代です。1〜3万円のスマホですしスマホにお金をあまりかけずに遊べる時代です。

発熱と電池持ち

PUBGモバイルを20分ほどプレイしたところで発熱を確認してみたところバッテリー温度が31°、CPU温度が43.8°となっていました。

OPPO A55s 5G 発熱
発熱は控えめ

同じSnaodragon 480 5Gを採用しているAQUOS wishはCPUの温度が49°だったのでOPPO A55s 5Gは筐体が大きいこともあり排熱性能はいいみたいです。

OPPO A55s 5Gのバッテリー容量は4,000mAhとなっていますが、実際にどれくらいバッテリーが持つのか比較してみました。

電池の減りを比較
  OPPO A55s 5G moto g31 AQUOS wish
SoC Snapdragon 480 5G MediaTek helio G85 Snapdragon 480 5G
バッテリー容量 4,000mAh 5,000mAh 3,730mAh
PUBG 30分プレイ 7%消費 7%消費 7%消費
YouTube 60分視聴 8%消費 8%消費 8%消費
待機8時間 2%消費 8%消費 5%消費

OPPO A55s 5GはAQUOS wish、5,000mAhの大容量バッテリーのmoto g31とと同等レベルの電池持ちとなっているようです。

待機時間中のバッテリー消費も少ないですし使い方次第ですが2〜3日は充電しなくても使えるバッテリーライフはありそうです。

OPPO A55s 5G カメラのレビュー

OPPO A55s 5Gはデュアルカメラ(広角 + 深度)ですが、片方がポートレートモード撮影をするときに使う深度カメラなので実質シングルカメラとなっています。

OPPO A55s 5G リアカメラ
リアカメラ
OPPO A55s 5G カメラのスペック
  • 広角:1,300万画素(1/3型)・F/2.2
  • 深度:200万画素・F/2.4

高画素センサーを搭載しているわけでもなく、レンズも暗いのでカメラはおまけ程度かなと思ってましたが、意外と色鮮やかでキレイな写真撮影が可能です。

白トビや黒つぶれを抑えることができるHDRは自動で判別してくれますし、夜景モードでイルミネーションや暗いところでもそれなりの写真に仕上げることができます。

色鮮やかな写真を撮影できる

では、OPPO A55s 5Gでどんな写真が撮影できるのかレビューしていきます。OPPOらしくとても色鮮やかな写真になります。

OPPO A55s 5G 広角カメラ 背景のボケ味

1/3型と小さなイメージセンサーなので背景を物理的にぼかすのは苦手ですが画質はそれなりにキレイです。

OPPO A55s 5G 広角カメラ 画質2

明るいところであれば解像感の高い写真になります。

OPPO A55s 5G 広角カメラ 画質3

ピンクの花って格安スマホのカメラだと色が破綻することがあるのですが、OPPO A55s 5Gはしっかり表現することができています。

OPPO A55s 5G 広角カメラ 花を撮影

明るいところなら風景写真はほぼ問題ありません。カメラアプリのレスポンスも良好で扱いやすいカメラになっています。

望遠カメラはないですが広角カメラのデジタルズームを使ってズームして撮影ができます。

OPPO A55s 5G 広角カメラ デジタル2倍ズーム

1300万画素のイメージセンサーですが、意外と高精細でデジタルズームをしても画質を維持することができます。最大6倍までズームして撮影ができます。

OPPO A55s 5G 広角カメラ デジタルズーム6倍

最大ズームでもある程度の画質は保持しているので明るいところであれば普段使いできそうです。

夜間撮影は夜景モードでキレイに

OPPO A55s 5Gで夜間撮影もしてみました。

OPPO A55s 5G 広角カメラ 夜間撮影

ノイズは少し多めではありますが、HDRによる光源処理が上手いのか意外といい感じの写真に仕上がっています。イルミネーションも白トビすることなく撮影できます。

OPPO A55s 5G 広角カメラ スポットライト

ただし、明暗差がありすぎるシーンではさすがに白トビ気味になってしまいます。HDRが自動でONになってましたがこんな感じです。

OPPO A55s 5G 広角カメラ 暗所撮影

夜景モードに切り替えると白トビが抑えられていい感じの写真に仕上げることができます。

OPPO A55s 5G 広角カメラ 夜景モード

こちらは夜景モードをOFFの状態で撮影したものですが、少し暗く写っています。

OPPO A55s 5G 広角カメラ 暗所撮影

夜景モードをONにすることで全体的に明るい写真にすることができます。

OPPO A55s 5G 広角カメラ 夜景モード

イメージセンサーが1/3と小さくF/2.2の暗めのレンズなのでノイズが多めではあるものの明るさ、色合いはちょうどいい雰囲気ある写真に仕上がります。

食レポもそれなりに撮れる

食レポもちゃんと撮影できます。少し青っぽく写っていますが、Xperia PRO-Iで撮影した写真も同じような色だったのでLED照明の関係っぽいです。

OPPO A55s 5G 広角カメラ ラーメン

1300万画素のイメージセンサーですが、カツの衣もしっかりと表現できていますし、ちょうどいい明るさと色合いに仕上がっています。

OPPO A55s 5G 広角カメラ とんかつ

OPPO A55s 5Gのカメラアプリは撮影前にフィルターをかけることができるので、色合いはユーザー側で自由に簡単に調整ができるようになっています。

動画撮影もそれなりに撮れる

OPPO A55s 5GはフルHD 30fpsでの撮影ができて電子手ぶれ補正も対応しています。

こちらのYouTube(→ シンスペース YouTube)でどんな動画になるか紹介しているので参考にしてみてください。

3〜4万円のスマホと比べると画質は劣りますが2万円スマホとしてはそれなりの動画に仕上がっています。

OPPO A55s 5Gのスペック

OPPO A55s 5Gスペック
モデル OPPO A55s 5G
画面サイズ 6.5インチ
解像度 2,400 × 1,080ピクセル
ディスプレイ 液晶(60Hz or 90Hz)
CPU Snapdragon 480 5G
メインメモリ 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDカード(最大1TB)
広角カメラ 1300万画素(1/3型)・F/2.2
超広角カメラ
深度カメラ 200万画素・F/2.4
動画性能 フルHD 30fps、電子手ぶれ補正あり
インカメラ 800万画素(F/2.0)
モバイル通信 5G(Sub-6)、4G LTE
Wi-Fi Wi-Fi 5(11a/b/g/n/ac)
Bluetooth 5.0
NFC -(Felica非対応)
防水防塵 IP68
バッテリー容量 4,000mAh
急速充電非対応
ワイヤレス充電
本体サイズ 162 × 74.7 × 8.2 mm
重量 178g
本体カラー ブラック、グリーン

OPPO A55s 5GはAmazon、楽天市場でSIMフリーモデルをサクッと買えるので面倒な手続きなしでSIMカードを入れるだけで使えるのはいいですよね。

OPPO A55s 5G レビュー・評価:まとめ

OPPO A55s 5G
OPPO A55s 5G

OPPO A55s 5Gのメリット

OPPO A55s 5Gのメリット
  • 大画面サイズで178gと軽い筐体
  • 液晶だけど画面が明るくて見やすい
  • OPPO独自機能が使いやすい
  • 顔認証の精度・速度が速い
  • IP68の防水防塵である程度濡れても使える
  • 端末価格が1.1〜3.4万円と安い

OPPO A55s 5Gは1〜3万円台のお手頃価格スマホですが、6.5インチの大画面ディスプレイを安く手に入れたいならおすすめです。

液晶ディスプレイですが画面が明るくて昼間でも見やすいですし、顔認証の速度・精度がそこそこ速くてマスクをしていないシーンなら使いやすいです。

OPPO A55s 5GはIP68規格の防水防塵にしっかり対応しているのでお風呂に入りながら使うスマホとしていいかもしれませんね。

OPPO A55s 5Gのデメリット

OPPO A55s 5Gのデメリット
  • 指紋認証に対応していない
  • おサイフケータイ(Felica)非対応
  • 内蔵スピーカーが一つでモノラル音声
  • 急速充電に非対応
  • ワイヤレス充電に非対応

OPPO A55s 5Gの生体認証は顔のみで指紋には対応しておらずマスクをしている時はパスコード入力が必須となり使いにくさがあります。

Androidの標準機能のSmart Lockである程度は問題解消はできますが少し残念なところでもあります。

また、OPPO A55s 5GはFelica非対応でおサイフケータイは使うことができないのデメリットの一つですね。

QRコード決済を使ってるならメインで選んでもいいですがSuicaやiDを使っている方はOPPO A55s 5Gをメインで使うことができないので注意です。

OPPO A55s 5Gはどんな人におすすめ?

OPPO A55s 5G
OPPO A55s 5G
OPPO A55s 5G おすすめな人は
  • 大きくて画面がキレイなスマホが欲しい
  • コンテンツ消費用のサブマシンとして
  • スマホの購入費用をとにかく抑えたい

OPPO A55s 5Gは画面サイズの大きいスマホなので動画視聴用、電子書籍用を読むのに適しています。IP68対応でお風呂に入りながら使ったりもできます。

例えば、iPhone 13 miniなど小型スマホを使ってるけど動画や電子書籍を 大画面で楽しみたい時にOPPO A55s 5Gをサブ機として使うのは良い選択肢となります。

電子決算が使えないのでメインマシンにするには少し厳しいところがありますが、ちょっとしたサブ機が欲しいって方はOPPO A55s 5Gはおすすめです。

OPPO A55s 5GはOCNモバイルONEなら24,668円となっておりMNP乗り換えなら13,000円割引で11,668円で買うことができます。

→ 2万円スマホはこちらです