ODOMY USB-Cハブ 8in1 ドッキングステーション レビュー

MacBook ProとMacBook Airの外部ポートはUSB-Cオンリーなのであらゆる周辺機器を使うには変換アダプタが必要となりますが、MacBook Pro/Airに装着するドッキングステーションなら簡単に拡張性を向上させることができます。

この記事では4,500円くらいで購入できるMacBook ProとMacBook Airに対応した「ODOMY USB Type-C ハブ 8in1 ドッキングステーション」について詳しくレビューしています。

 

ODOMY USB Type-C ハブ 8in1 レビュー

ドッキングステーションは価格の高いものが多かったですが、最近は5,000円以内で購入できる装着タイプのマルチアダプタも増えており、「ODOMY USB Type-C ハブ 8in1 ドッキングステーション」も4,500円くらいで購入できるリーズナブルなアダプタです。

MacBook Pro/Airをデスクトップマシンとして使うのならドッキングステーションは便利なのでおすすめですよ!

接続できるポートについて

MacBook ProとMacbook Airに対応した「ODOMY USB Type-C ハブ 8in1 ドッキングステーション」は8つのポートに対応しています。

対応しているポート
  • 4K HDMI(30Hz)× 1
  • USB-A(5Gbps)× 3
  • Thunderbolt 3(PD充電・40Gbps)× 1
  • USB-C(480Mbps データ転送) × 1
  • SDカードスロット × 1
  • MicroSDカードスロット × 1

USB-A、HDMI、SDカード、マイクロSDカードを始めUSB-CやThunderbolt 3の接続もできるので、MacBook ProやMacBook Airに「ODOMY USB Type-C ハブ 8in1 ドッキングステーション」が一台あれば、あらゆるシーンで周辺機器を接続できるので便利です。

ただし、USB-Cポートのデータ通信は10GbpsではなくUSB 2.0の480Mbpsとなっているのが残念ポイントとなっています。USB-AはUSB 3.0(5Gbps)に対応しているのでちょっと謎仕様ですよね。

外観デザイン

筐体はアルミ素材を採用しているので、MacBook ProやMacBook Airにピッタリの雰囲気となっています。

ODOMY USB Type-C ハブ 8in1 2つのUSB-Cで接続
2つのUSB-CでMacBook Proと接続

2つのUSB-Cポートを使って接続するタイプになっているので1ポートしかないMacBookには非対応です。

側面側にHDMIポート(4K30p)が1ポート、USB-A(5Gbps)が3ポート搭載しています。

ODOMY USB Type-C ハブ 8in1 3つのUSB-Aポート
3つのUSB-AポートとHDMIに対応

奥側にThunderbolt 3(40Gbps)が1ポート、USB-C(480Mbps)を搭載しています。

ODOMY USB Type-C ハブ 8in1 Thunderbolt3とUSB-C
Thunderbolt 3とUSB-Cポート

雷マークのThunderbolt 3ポートはPD充電したポートなので充電ケーブルを接続することでMacBook Pro/Airを充電しながら使うことができます。

Dataの方はPD非対応となっていてあくまでデータのやり取りをするだけのポートとなっています。

手前側にSDカードスロットとマイクロSDカードスロットが搭載されています。カードの抜き差しが少し硬いですが使っていくうちに慣れてくると思います。

ODOMY USB Type-C ハブ 8in1 SDカードスロット
手前側にSDカードスロット

筐体サイズは113 x 35 x 11 mmとなっていて手で持った時の大きさはこんな感じです。

ODOMY USB-Cハブ 8in1 筐体サイズ
筐体サイズは手のひらサイズ

MacBook Proから取り外してリュックの中に入れても邪魔にならないコンパクトなサイズとなっています。

本体の裏側にはゴムが取り付けられています。

ODOMY USB Type-C ハブ 8in1 ドッキングステーション 裏側
裏側はゴムが取り付けられている

ホコリやゴミが付着しやすいですが、取り外した時に滑って落とすという事故は起きにくいようになっているのかなと思います。

 

MacBook Pro 13インチに装着する

「ODOMY USB Type-C ハブ 8in1 ドッキングステーション」をMacBook Pro 13インチのUSB-Cポートに接続してみました。

ODOMY USB Type-CハブをMacBook Proに装着
MacBook Proに装着

段差が出ないようにきちんと設計されているので、MacBook Proとの統一性はかなり良くなっていますね。

ODOMY USB-C ハブ 8in1 MacBook Proとの統一性
MacBook Proとの統一性

充電しながら外部モニター(USB-C対応)への画面出力とUSBメモリ、SDカードを接続するとこんな感じとなります。

ODOMY USB-C ハブ 8in1 周辺機器を接続
周辺機器を接続した

ちなみに、SDカードスロットが手前にあるおかげで抜き差しがやりずらいです。

ODOMY USB-C ハブ 8in1 SDカードの抜き差し
SDカードの抜き差しはやりづらい

MacBook Proの筐体がすぐ隣になるのでSDカードの側面を持って抜き差しできないんですよね。なので、本体を持ち合わせて抜き差しすることになるでしょう。

対応しているMacBook Proは以下のモデルです。

対応しているモデル
  • MacBook Pro 15インチ(2016年モデル以降)
  • MacBook Pro 13インチ(2016年モデル以降)
  • MacBook Air 13インチ(2018年モデル)

MacBook Air 13インチに装着する

非公式ですがMacBook Air 13インチ(2018年モデル)でも「ODOMY USB Type-C ハブ 8in1 ドッキングステーション」を接続することができます。

MacBook Air 13インチ(2018)にODOMY USB Type-C ハブ 8in1を接続
MacBook Air(2018)でも使えます

ただし、USB-Cポートの位置の関係で画面を閉じるとこのようにドックステーションがはみ出してしまいます。

MacBook AirだとODOMY USB Type-C ハブ 8in1がはみ出す
MacBook Airだとドッキングステーションがはみ出す

周辺機器を使うときだけ装着するのであればドックステーションが本体からはみ出していたとしても問題はないのかなと思いますが、気になる方は「ODOMY USB Type-C ハブ 8in1 ドッキングステーション」はやめておいた方がいいでしょう。

MacBookの1ポートに対応した「Batianda USB Type-C ハブ 5in1 ドッキングステーション」を使った方がいいでしょう。

USB-C対応モニターとの接続

雷マークのThunderbolt 3ポートにUSB-C対応の外部モニターをケーブル一本で接続することで充電しながら画面出力ができます。

ODOMY USB-C ハブ 8in1 USB-C対応モニターと接続
USB-C対応モニターと接続する

Display Portモードでの画面出力になるので4K60Pで画面表示が可能となっています。

USB-CポートのPD充電機能って本当に便利ですよね。ケーブル一本で充電しながら画面出力できてしまうのですから。

HDMI対応モニターとの接続

HDMI対応モニターを使う場合はHDMIポートにHDMIケーブルを接続することになります。なお、4K出力はできますがリフレッシュレートは30Hzとなります。

ODOMY USB-C ハブ 8in1 HDMIモニターと接続
HDMIモニターと接続する

Thunderbolt 3に充電ケーブルを同時接続することで充電しながらHDMIモニターへの画面出力が可能となっています。

USB-Cに対応したモニターを導入することで使用するケーブルの本数を減らすことができるのでおすすめですよ。

通信速度について

USBメモリ、SDカードのデータ転送速度について調べてみました。

USB-Aの転送速度

USBメモリの転送速度をDiscSpeed Testで計測してみました。

ODOMY USB-C ハブ 8in1 USBメモリ(USB-A)の転送速度
USBメモリの転送速度
USBメモリの転送速度
  • 読み取り速度:60.6MB/s
  • 書き込み速度:37.0MB/s

USB-CとAの変換アダプタを介して計測しても同じくらいの転送速度になったのでUSBメモリの速度に依存しているような気がします。

SDカードの転送速度

SDカードのデータ転送速度をDiscSpeed Testで計測してみました。使用したカードはUHS-Ⅱに対応したSDカードとなっています。

ODOMY USB-C ハブ 8in1 ドッキングステーション
SDカードスロットの転送速度
SDカードの転送速度
  • 読み取り速度:23.6MB/s
  • 書き込み速度:24.0MB/s

このSDカードはデータ通信が非常に高速なUHS-Ⅱに対応したもので専用のカードリーダーだと100MB/sくらいのデータ通信ができますが、「ODOMY USB-C ハブ 8in1 ドッキングステーション」は30MB/sほどの速度しか出ません。

大容量のRAWデータや動画データの読み取りはドッキングステーションだと時間がかかるので、UHS-ⅡのSDカードを快適に使うには専用のカードリーダーを使うのがおすすめです。

ODOMY USB-C ハブ 8in1 レビュー まとめ

MacBook Pro(2016年以降)、MacBook Air(2018年)で使うことができる「ODOMY USB Type-C ハブ 8in1 ドッキングステーション」は8つのポートに対応したドッキングステーションです。

ケーブルのない本体に直接装着するタイプなので見た目がスッキリするのでシンプルにMacBook Proを使いたい方におすすめのUSB-Cハブアダプタではないでしょうか。

MacBook Pro/Airの周辺機器・アクセサリについてはこちらの記事をどうぞ!

MacBookシリーズの選び方、各レビューはこちらです。