シンスペース

iPhone・iPad・MacなどApple製品などガジェットのレビューブログ

HUAWEI nova lite 3とnova lite 2 スペック・デザイン・価格の違いを比較!


nova lite 3とnova lite 2のスペック比較

HUAWEIが格安スマホ・nova lite 3を正式に発表して2019年2月1日より各MVNOで発売することを明らかにしました。nova lite 3は6.21インチのフルビューティーディスプレイを搭載して、しずく型のノッチデザインを採用してきました。

格安スマホでしずく型ノッチデザインを採用してくるとは...かなり気合いが入った端末となっていますね。2万円台で購入することができるとはちょっと驚きです。

この記事ではHUAWEI nova lite 3のデザイン、スペックなどをnova lite 2と比較していきます。

 

HUAWEI nova lite 3が2月1日に発売へ

nova lite 3はnova lite 2の後継モデルでnova 3の下位モデルという位置付けとなっていますが、HUAWEI初となる雫型ノッチデザインを採用するなどミドルレンジスマホとは思えないくらい踏み込んだ端末に仕上がっているようです。

nova lite 3の特徴
  • 6.21インチ(2340 x 1080)の画面サイズ
  • しずく型ノッチデザインのフルビューティーディスプレイ
  • Kirin710プロセッサを搭載で68%〜75%性能向上
  • デュアルカメラ + AI Cameraで綺麗な写真撮影が可能に
  • ポートはMicroUSB(B-Type)
  • デュアルnanoSIMに対応
  • OSはAndroid 9.0 + EMUI 9.0を採用
  • カラーは3色(オーロラブルー、コーラルレッド、ミッドナイトブラック)

楽天モバイルでnova lite 3を9,980円で購入できるキャンペーンを実施しています。めちゃくちゃ安いです。

nova lite 3の新機能

6.21インチしずく型ノッチのディスプレイを搭載

nova lite 3は6.21インチの全面ディスプレイを搭載ししずく型ノッチデザインとなっています。解像度は2340 x 1080ピクセルとフルHDディスプレイを縦に伸ばしたサイズになっています。

フロントカメラはしずく型のノッチデザインにすることで搭載しています。受話レシーバーはどこに行ったのかなぁと思ってましたが、よく見るとレシーバーが本体上部に細く搭載されているのが分かります。

しずく型ノッチデザイン nova lite 3

デザインがなかなか美しいですね...。これが2万円代の格安スマホのクオリティなのだろうか。まあ、まだ実機を触っていないので細かい点は不明ですが、ベゼルの幅はiPhone XRよりも細くて美しいスタイルを実現しているように見えます。

もちろん、顔認証による画面ロック解除をすることが可能となっています。

デュアルカメラを搭載しAIカメラに対応

nova lite 3はメインに1,300万画素(f/1.8)のカメラを搭載して、被写界深度を計測するためのサブカメラに+200万画素のカメラを内蔵したデュアルカメラ仕様となっており、nova lite 2のように背景をボカして写真を撮影することができます。

nova lite 3 AIデュアルカメラ

新機能としてAIカメラ(マスターAI)に対応してシチュエーションを自動的に判別して22カテゴリーに500のシーンをリアルタイムに認識して綺麗な写真が撮影できるようになっています。

ついに、この価格帯もAIの機能を使って写真を最適化する時代になってしまいましたか...。

例えば、花にカメラを向けると自動的に花であると認識をして花が綺麗に撮影できるような色合いで撮影できるようになります。

nova lite 3 AIカメラ

エントリークラスの格安スマホでここまでの写真を撮影できるとはなかなかすごい時代になってきました。また、レンズもf/2.2からf/1.8と明るくなっているので暗いところでの撮影にも強くなっています。

nova lite 3とnova lite 2 夜間撮影

nova lite 2は光が当たっていないビルの姿を捉えることができませんが、nova lite 3ならどんなビルなのかしっかりと判別できるほど綺麗に明るく撮影できています。実際に使ってみて暗いところの撮影の画質がnova lite 3はかなり向上しているのが確認できます。

3D湾曲デザインを採用し持ちやすく

nova lite 3の背面パネルは手に馴染むような3D湾曲デザインが採用されています。

nova lite 3 指紋認証

素材はガラスに見えますが違うようでセラミックのような素材になっているとか。要するにプラスティックということなんでしょうが、どんなクオリティに仕上がっているのかは実機で要確認ですね。(追記→ プラスチック素材でした。見え方によってはチープ感がありますが思ってたよりも悪くない質感だと思います。)

nova lite 3 外観デザイン

ガラスではないということは割れて壊れるという心配がないので安心して使うことができるかもしれません。中学生になった子どもの見守りスマホとして使うのもいいかもしれませんね。

auでも利用可能になった

nova liteシリーズはauのLTE回線にはずっと非対応となっていましたが、nova lite 3でようやくauのLTEにも対応してau VoLTEで音声通話をすることができるようになります。

今まではHUAWEIの格安スマホをドauで使おうと思ったらP20 liteを選ぶ必要がありましたが、nova lite 3でもOKということになります。

 

nova lite 3とnova lite 3 スペックの違いを比較

細かい仕様を見るとポートがMicroUSBだったりするので、やはりnova liteシリーズらしいコストダウンが垣間見ることができます。

nova lite 3、nova lite 2・P20 lite スペック比較
モデル  nova lite 3 nova lite 2 P20 lite
世代 2019年 2018年
ディスプレイ 6.21インチ(2,340 × 1,080)
視力保護モード
5.65インチ(2,160 × 1,080) 5.84インチ(2,280 × 1,080)
CPU Kirin710 8コア【4 ×2.2 GHz(A73)+ 4 ×1.7 GHz(A53)】 Kirin 659 8コアCPU【4 ×2.36GHz + 4 ×1.7GHz】
RAM 3GB 4GB
ストレージ 32GB
AIカメラ 対応 -
リアカメラ 1300万画素(f/1.8)+200万画素 1300万画素(f/2.2)+200万画素 1600万画素(f/2.2)+200万画素
フロントカメラ 1600万画素 800万画素 1600万画素
生体認証 顔認証・指紋認証
Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz) 802.11 b/g/n/ac(2.4、5GHz)
Bluetooth 4.2 4.2 with BLE(aptX)
LTE ドコモ、au、ソフトバンクに対応
FDD LTE: B1,2,3,8,17,18,19
TDD LTE:B41
ドコモ、ソフトバンクに対応
LTE FDD:B1,3,5,7,8,19,20
ドコモ、au、ソフトバンクに対応
FDD FDD:B1/3/5/7/8/18/19/26/28
TDD LTE:B41
ポート microUSB(B-type)、ヘッドフォンジャック USB-C、ヘッドフォンジャック
バッテリー容量 3,400mAh 3,000mAh
サイズ 73.4 × 155.2 × 7.95 mm 72.05 × 150.1 × 7.45 mm 71.0 × 149.0 × 7.4 mm
重量 160 g 143 g 145 g
価格帯(2019年1月現在) 2.6万円 1.8万円 2.6万円

外観の違いを比較

nova lite 2はアルミの筐体が採用しダブルカメラのレンズが2眼タイプになっており、さらにアンテナラインが存在しており、デザイン的にかなり微妙な感じになっていましたが、nova lite 3は光沢のあるプラスチック素材が採用されています。

nova lite 3とnova lite 2 背面パネルを比較

左:nova lite 3、右:nova lite 2

アルミからプラスチックと素材的にはグレードダウンしているように見えますが、光沢のある綺麗な加工を施すことにより質感はそんなに悪くないです。また、ダブルカメラも縦長レンズとなりデザインが格好良くなっています。

nova lite 3とnova lite 2 正面デザインの違い

左:nova lite 3、右:nova lite 2

ディスプレイの違いを比較

nova lite 3はフルビューティーディスプレイを搭載することで本体ギリギリまで画面があるスタイルになっています。画面占有率がnova lite 2の約82%から89%まで大きくなり、画面を大きくしながら本体サイズが大きくならないようにしています。

nova lite 3とnova lite 2の画面

左:nova lite 3、右:nova lite 2

しずく型ノッチを搭載することでディスプレイをギリギリまで縦に拡大しています。

nova lite 3とnova lite 2 外観比較

左:nova lite 3、右:nova lite 2

nova lite 3の方が本体サイズが少しだけ大きくなってしまったので、片手での操作はかなり難しくなってしました。

nova lite 3のディスプレイには新たに「視力保護モード」が搭載されています。ブルーライトをカットするモードでiPhoneでいうNight Shift機能のようなものとなっています。ただし、かなり暖色系の色合いになってしまうので常用するのは躊躇うかもしれませんね。

nova lite 3 視力保護モード

画面解像度に関してはnova lite 2と同じフルHD解像度をベースとしているので同じで画質にも差はありません。

CPUプロセッサの性能が大きく向上

nova lite 3は12nmプロセスルールのHUAWEI Kirin710プロセッサを新たに搭載しています。

HUAWEI Kirin710 オクタコアプロセッサ

Kirin710はオクタコアプロセッサで、高性能コアのA73が4コア(2.2 GHz)、高効率コアのA53が4コア(1.7 GHz)内蔵しており、nova lite 2やP20 liteのKirin659よりもシングルコアで75%、マルチコアで68%の性能が向上しているとのこと。

  • Kirin659 → Kirin710
  • シングルコアの性能が75%向上
  • マルチコアの性能が68%向上
  • GPU Turboに対応

Geekbench 4でCPUとGPUの性能を計測してみたところ、nova lite 3に搭載しているCPUプロセッサは性能が大きく向上していることが分かりました。

nova lite 3とnova lite 2 CPUの性能比較

左:nova lite 3、右:nova lite 2
CPUの性能比較(Geekbench)
モデル nova lite 3 nova lite 2
CPU Kirin710 Kirin 659
シングルコアスコア 1529 945
マルチコアスコア 5530 3718
GPUスコア 3023 3151

CPUの性能はnova lite 2よりもnova lite 3の方が55%〜60%ほど向上しており、GPUの性能はほぼ同じになっています。ただし、Auntutuによる計測だとGPUの性能も向上しているので、全体的にCPUプロセッサの性能が向上しているようです。

Google earthの動作をnova lite 3とnova lite 2で比較をしてみたら、nova lite 2は性能不足からか動作が鈍くなってしまっていますが、nova lite 3はスムーズに滑らかに動作していました。

HUAWEIのエントリークラスのスマホは世代を重ねてもCPUの性能がなかなか向上しませんでしたが、nova lite 3に採用されるKirin710は大きく性能を向上することになりました。

その理由として、上位モデルに採用されているKirinプロセッサは専用のAIチップが内蔵されているのに対して、Kirin710の機械学習はメインプロセッサを利用しているそうです。

そのため、プロセッサの大幅な性能アップが必要になったということなんでしょう。nova lite 3は専用のAIチップを内蔵していませんがAIカメラによる撮影が可能となっています。

デュアルカメラのデザインの違い

旧型のnova lite 2もデュアルカメラを搭載し、それぞれのレンズに対して丸いリングがあるデザインとなっていましたが、nova lite 2は2つので一体型のレンズが採用されており、デザイン的にもかなり格好良い仕上がりになっています。

nova lite 3とnova lite 2 デュアルカメラ 比較

左:nova lite 3、右:nova lite 2

nova lite 2は全体的なデザインが微妙でしたが、新型のnova lite 3は違うシリーズなんじゃないかと思うくらいブラッシュアップされましたね。

バッテリー容量の違い

nova lite 3は3,200mAhの大容量バッテリーを搭載しているので、より電池の持ちが長くなっています。

  • nova lite 3:3,400mAh
  • nova lite 2、P20 lite:3,000mAh

また、充電速度がnova lite 2よりも22%アップしています。

 

nova lite 3よりP20 liteが優れている点

nova liteシリーズはP liteシリーズよりもさらに下の製品ラインなので新型のnova lite 3よりもP20 liteの方が優れている部分があります。

nova lite 3よりP20 liteの方が優れている点
モデル  nova lite 3 P20 lite
RAM 3GB 4GB
Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz) 802.11 b/g/n/ac(2.4、5GHz)
Bluetooth 4.2 4.2 with BLE(aptX)
LTE FDD LTE: B1,2,3,8,17,18,19
TDD LTE:B41
FDD FDD:B1/3/5/7/8/18/19/26/28
TDD LTE:B41
充電ポート microUSB(B-type) USB-C
サイズ 73.4 × 155.2 × 7.95 mm 71.0 × 149.0 × 7.4 mm
重量 160 g 145 g

P20 liteの方が優れている点をまとめました。

  • RAMの容量が3GBと少ない
  • Wi-FI 802.11ac(5GHz)に非対応
  • 対応しているLTEの電波の数が少ない
  • USB-Cに非対応
  • 本体サイズが大きい
  • 重量が重い

RAMの容量が少ない、5GHz帯のWi-Fiに対応していないなどは仕方がないとしても、USB-Cポートに対応していないのはかなり残念ですね。そろそろ、格安スマホも全てmicroUSBではなくUSB-Cに対応するべきだと思うのですが。

あと、ベゼルレスディスプレイを搭載するのは素晴らしいのですが、画面サイズを大きくして本体サイズを巨大化させる必要はなかったのではないかな...。なんで、大きくしたがるんでしょうかね。

価格は少しだけ値上げ

nova lite 3の端末価格は26,880円となっており、nova lite 2の初値だった25,800円よりも高い価格設定となってしまいました。新機能をふんだんに盛り込んできたので仕方のない価格アップなのかもしれません。

個人的には26,880円でもかなり安いと思うんですけどね...。ただ、P20 liteとほぼ同じ価格帯になるので、どちらを選ぶかはかなり迷うことになりそうです。

楽天モバイルでnova lite 3を9,980円で購入できるキャンペーンを実施しています。めちゃくちゃ安いです。

発売はMVNO経由のみ(最初だけ?)

HUAWEI nova lite 3は2019年2月1日より発売が開始します。取り扱いMVNOは1月30日時点で以下のとおりです。

従来と同じようにnova lite 3はMVNO経由でしか購入できないスタイルを取るようですが、ちょっと待てばAmazonなどで購入することができるようになるかもです。

また、nova lite 2の時はイオンモバイルは契約なしで端末だけを購入できたので、nova lite 3の端末だけ欲しい方はチェックしておきましょう。

nova lite 3、P20 lite、nova lite 2のレビューはこちらをどうぞ!