シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

nova lite 2とnova liteのスペック比較!格安スマホなのにダブルカメラを搭載したコスパ最強モデル!


HUAWEI(ファーウェイ)がHUAWEI nova lite 2を2018年2月9日にMVNO専売モデルとしてリリースします。前モデルのHUAWEI nova liteもMVNO専売モデルと言いつつAmazonなどで普通に購入することができる状態になっていましたが、HUAWEI nova lite 2はどうなるでしょうか。

この記事ではHUAWEI nova lite 2は旧モデルかどう進化を果たしているのか、比較してみたいと思います。

 

HUAWEI nova lite 2・nova liteのスペック比較

ディスプレイサイズが5.65インチに大型化へ

HUAWEI nova lite 2は、今流行りのベゼル幅が狭い縦長ディスプレイを採用し本体幅の肥大化を抑えながらもより前モデルの5.2インチよりも大きい5.65インチのディスプレイ(2,160 × 1,080ピクセル)を採用しています。

nova lite 2 vs nova lite

モデル nova lite 2 nova lite Mate 10 lite
ディスプレイ
サイズ
5.65インチ 5.2インチ 5.9インチ
解像度 2,160 × 1,080ピクセル 1,980 × 1,080ピクセル 2,160 × 1,080ピクセル
アスペクト比 18:9 16:9 18:9
液晶 TFT-LCD
サイズ(mm) 72.05 × 150.1 × 7.45 72.94 × 147.2 × 7.6 75.2 × 156.2 × 7.5
重量 143g 147g 164g

nova lite 2は上位モデルのMate 10 liteと同じ解像度(2,160 × 1,080ピクセル)ですが、ディスプレイサイズが5.9インチではなく5.65インチに抑えられているので、少しサイズが大きかったMate 10 liteよりもコンパクトで良いかもしれませんね。

背面はアルミ素材の筐体に

前モデルのnova liteは筐体にガラス素材が採用されていましたが、nova lite 2は筐体にアルミ素材が採用されています。

画像はアルミ素材のMate 10 lite(左)とガラス素材のnova lite(右)ですが、nova lite 2の背面カメラの位置は旧モデル同様に本体左上に搭載されています。

Mate 10 lite vs nova lite

nova lite 2にもMate 10 liteと同じようにアルミ素材が採用されることで、本体を何らかの拍子で落下させてしまった時に背面ガラスが割れてしまうという事故を防ぐことができます。

前モデルがガラス製だったので、若干違う印象を感じてしまうかもしれませんが、アルミの方が軽いので本体サイズが少しだけ大きくなった割に本体重量が少ないのもnova lite 2の良い点といえるでしょう。

追記:nova lite 2を購入したのでnova liteと背面部分を比較してみました。(上がnova lite 2、下がnova lite)

nova lite 2 vs nova lite

かなり印象が違いますね。ガラスからアルミに素材が変更されたことで、持ってみるとかなり軽いです。これはかなりいいかもしれませんね。また、上位モデルのMate 10 lite と比較して画面サイズが解像度そのままで5.9インチから5.65インチと小型化されていて持ちやすいのも好印象です。

背面にダブルレンズカメラを搭載

nova lite 2の背面カメラは1300万画素+200万画素のダブルレンズカメラを搭載しています。nova liteのカメラレンズはフラットでしたが、nova lite 2は出っ張りレンズになってしまいました。

nova lite 2 カメラ

モデル nova lite 2 nova lite Mate 10 lite
背面カメラ 1300万画素+200万画素
像面位相差 + コントラスト AF
LEDフラッシュ
1200万画素
像面位相差 + コントラスト AF
LEDフラッシュ
1600万画素+200万画素
像面位相差 + コントラスト AF
LEDフラッシュ
前面カメラ 800万画素 1300万画素+200万画素

まさかの2万円台の格安スマホにダブルレンズ搭載なんてスゴイよね...。iPhoneなんて7万円もするiPhone 8ですらシングルレンズカメラなのに。

画素数の違う二つのカメラを搭載することでワイドアパーチャ効果と呼ばれるボケ効果を簡単に演出することが可能となります。

20180208140207j:plain

おそらく、後からフォーカスを調整することができる機能も搭載されているので、後からピント調整を細かく修正することも可能となっています。

nova lite 2は上位モデルのMate 10 liteは1600万画素+200万画素よりも画素数の少ない1300万画素+200万画素のカメラとなっていますが、画像の保存容量が減るのでこれはこれで良いと思いますし、スマホのカメラなのでバランスとしてはnova lite 2の方が良いようにも感じます。

実際にnova lite 2のダブルレンズカメラで撮影をしてみましたが、前モデルのnova liteと比較すると画質がかなり向上していました。ただし、ワイドアパーチャー機能を使うと画素数が800万画素に減ってしまうので繊細さを求めるのであれば昨日はOFFにしておいたほうがいいでしょう。

カメラの画質については実機レビュー記事にて書いているので参考にしていただければと思います。

指紋認証+顔認証(アップデートで対応)を搭載

nova lite 2は背面部分に指紋認証機能を搭載していますが今後のアップデートにより顔認証機能にも対応をするとのことです。

これもちょっと驚きですね...。2万円台の格安スマホに指紋と顔のデュアル生体認証機能を搭載させるとは。ただし、nova lite 2の前面カメラは通常の800万画素のイメージセンサーしか搭載していないので、どこまで使えるレベルの顔認証システムになるのかは未知数です。

デュアルBluetoothを搭載

nova lite 2はBluetoothでの接続を最大2台まで同時接続することができるデュアルBluetooth機能を搭載しています。

例えば、ワイヤレススピーカーに接続しながらワイヤレスイヤホンにも接続させることが可能となります。いまいち、どのような場面で使うことができるのか分かりませんが、使い方によっては便利なのかもしれません。

CPUとRAM

nova lite 2のCPUにはHUAWEI Kirin 659 オクタコア(4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)が搭載されていますが、実は上位モデルMate 10 liteと同じ型番のCPUが採用されているのです。

モデル nova lite 2 nova lite Mate 10 lite
CPU HUAWEI Kirin 659
オクタコア(4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)
HUAWEI Kirin 655
オクタコア(4 × 2.1GHz + 4 × 1.7GHz)
HUAWEI Kirin 659
オクタコア(4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)
RAM 3GB 4GB
ストレージ 32GB
Micro-SD(最大256GB)
16GB
Micro-SD(最大128GB)
32GB
Micro-SD(最大256GB)

RAMの容量は据え置きの3GBとなっていますが、ディスプレイ解像度が広くなったぶん、CPUの性能を上げることで対応しているのかもしれません。

参考までに同じCPUを搭載しているMate 10 liteとnova liteのCPU性能を計測してみました。(追記:nova lite 2のベンチマークスコアも追加しました。GPUはまだ計測できませんでした。)

20180208143115j:plain

モデル Mate 10 lite nova lite 2 nova lite
CPU HUAWEI Kirin 659
オクタコア(4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)
HUAWEI Kirin 659
オクタコア(4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)
HUAWEI Kirin 655
オクタコア(4 × 2.1GHz + 4 × 1.7GHz)
シングルコア 869 941 813
マルチコア 3619 3718 3372
GPUスコア 3100 ? 2823

nova lite 2はnova liteよりも少しだけ性能が向上しているようには見えますが、ディスプレイの解像度がnova lite 2の方が高くなっていることを考えると、ほぼ同じ性能と言ってもいいのかもしれません。

 

LTEとWi-Fi

nova lite 2が対応している通信は以下のとおりです。

モデル nova lite 2 nova lite Mate 10 lite
FDD-LTE B1/3/5/7/8/19/20 B1/3/5/7/8/19/28 B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE - B40 B38/40/41
WCDMA B1/2/5/6/8/19 B1/5/6/8/19 B1/5/6/8/19
LTE通信速度 下り(受信時)最大150Mbps
上り(送信時)最大50Mbps
Wi-Fi 802.11 b/g/n (2.4GHz)

若干対応帯域が減っているようにも見えますね。au回線には非対応となっているそうで、VoLTEによる通話はソフトバンクで対応しているとのこと。

あいかわらずですが、Wi-Fiの規格もac 5GHz帯には対応していません。そろそろacに対応してくれてもいいんじゃないのかなーとも思ってしまいますが、エントリーモデルの差別化ということで仕方ない仕様なのかもしれません。

nova lite 2を購入できるMVNOについて

今のところ、nova lite 2はMVNO専売モデルとなっており、一部のMVNOでしか購入する事ができません。

基本的に契約が前提となっていますが、なぜかイオンモバイルはnova lite 2を本体だけ購入することも可能となっています。前モデルnova liteも本体だけ購入する事ができたんですよね。

また、AmazonではOCNモバイルONEのSIMカード付きですが購入することが可能となっています。契約は購入後に付属のSIMカードを使って行うので必要なければ契約しなくても大丈夫だと思います。追記:現在はAmazonや楽天市場などでもnova lite 2を買うことができるようになっています。

価格は25,800円で購入する事ができ、格安スマホなのにダブルレンズカメラを搭載していてコストパフォーマンスに優れたスマホとなっているのでオススメです。なお、もっと高機能なAndroidスマホが欲しいという方は同じくHUAWEIからリリースされているMate 10 Proはかなりオススメです。

2018年6月にP20 liteがリリースされました。実機レビューとnova lite 2との違いについても詳しく書いているので参考にしていただければと思います!