iPad ProのApple Pencilでホーム画面に戻ったりアプリを切り替える方法

iPad Pro 11インチと12.9インチはホームボタンが無いですが360°対応の顔認証・Face IDにより画面ロック解除はかなり使いやすいですが、画面端のジェスチャー操作に対応していないのでApple Pencilを使ってホーム画面に戻ったり、アプリの切り替えするときは指を使って操作する必要があります。

しかし、AssistiveTouchを設定することによってホームボタンのないiPad ProでもApple Pencilを持ったままホーム画面に戻ったり、アプリの切り替え、Dockを呼び出してマルチタスク作業することも可能となります。

ここではホームボタンのないiPad ProでもApple Pencilを使ってホーム画面に戻ったりアプリスイッチャーを起動する方法について紹介しています。

 

iPad ProとApple Pencilでホーム画面に戻る方法

例えば、ホームボタンのあるiPad AirならApple Pencilのペン先を使ってホームボタンを押すことが出来るので、Apple Pencilを持ったまま使うことができます。

iPad Air 10.5インチとApple Pencil
iPadのApple Pencilでホーム画面に戻る

こんな感じでApple Pencilを使ってスムーズにホーム画面に戻ったりAppスイッチャーを起動することができます。

しかし、ホームボタンのない2018年モデルのiPad ProはApple Pencilでの操作はできますが、画面下のホームバーを動かすことができないので、ホーム画面に戻ったり、Appスイッチャーを起動することができないのです。

iPad ProはApple Pencilでホーム画面に戻れない..
iPad ProはApple Pencilでホーム画面に戻れない..

なので、iPad Pro 11インチ・iPad Pro 12.9インチでホーム画面に戻る場合は指でジェスチャー操作する必要があります。

AssistiveTouchをオンにする

ホームボタンを搭載していないiPad Pro 11インチと12.9インチでApple Pencilを使ってホーム画面に戻ったり、Appスイッチャーを起動してアプリを切り替えるのはAssistiveTouchをオンすることで可能となります。

ちなみに、iPhoneでもAssistiveTouchを設定することでコントローラーセンターを呼び出しやすくすることができるので片手操作にこだわる方はおすすめ。

iPadの「設定」アプリを起動して「一般」→「アクセシビリティ」から…

iPadの「設定」のアクセシビリティ
「設定」→「アクセシビリティ」

「AssistiveTouch」を選択します。

iPadのAssistiveTouchをオンにする
AssistiveTouchをオンにする

「AssistiveTouch」をオンにするとiPadの画面上にソフトウェアのホームボタンが表示されます。

iPadのAssistiveTouch

AssistiveTouchはiPadの画面上に常に表示されるボタンとなっていて、これを従来のホームボタンと同じ機能に割り当てることでApple Pencilを使ってホーム画面に戻ったりアプリの切り替えができるようになります。

 

カスタムアクションを設定する

AssistiveTouchの細かい設定を「カスタムアクション」からしていきます。

AssistiveTouchのカスタム設定
AssistiveTouchのカスタム設定
AssistiveTouchのカスタム設定
  • シングルタップ:ホーム
  • ダブルタップ:なし
  • 長押し:Dock

シングルタップに「ホーム」を設定することでAssistiveTouchをホームボタンと同じ機能を持たせることができます。なので、ダブルタップに「なし」を割り当ててもダブルタップすることでAppスイッチャーを起動することができるのです。

さらに、「長押し」に「Dock」を割り当てることでDockを呼び出すこともできるので、Apple Pencilを使ったままマルチタスクで作業をすることができます。

実際の操作方法の動画

ホームボタンのないiPad ProとApple Pencilでどんな感じでホーム画面に戻ったり、アプリの切り替えをするのか動画にしました。

こんな感じで、ホームボタンのないiPad Proでもジェスチャー操作することなくホーム画面に戻ったり、アプリを切り替えたり、Dockを呼び出してマルチタスク作業ができるようになります。

Smart Keyboard Folioを組み合わせて使うときも作業効率がかなり上がるのでホームボタンを搭載していないiPad ProとApple Pencil 2の組み合わせで使っている方はAssistiveTouchの設定をしておくのがおすすめです。

まとめ:Apple Pencilを操作ツールとして使うならAssistiveTouchの設定がおすすめ

Apple Pencilを絵を描く道具として使っている方はあまり気にならないのかもしれませんが、僕は画面をスクロールしたり操作ツールとしてApple Pencilを使っていました。

なので、ホームボタンがなくなったiPad Proの操作が若干やりにくくなったと感じていましたが、AssistiveTouchを設定することで今まで以上に操作性が向上したのかなと思います。

ホームボタンのないiPad ProでApple Pencilを使っている方は是非試してみてください!

Apple Peniclのレビューはこちらをどうぞ!

iPadの選び方、比較をした記事はこちらをどうぞ!