シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

新型Mac mini 2018はeGPUと組み合わせて真のプロマシンに!スペックと価格を比較!


新型mac mini 2018は本当にプロ機なのか?

ついに、Mac miniが4年の時を経てプロ用途でもそこそこ使うことができるスペックをまとって登場することになります!

新型Mac mini 2018に採用されているCPUプロセッサの性能だけ見ればMac Proよりも性能は上なので、使い方次第ではかなり使えるマシンになっているようですね。ということで、新型Mac mini 2018はのスペックについてMacBook ProやiMac Proなどで比較をしていきたいと思います。

 

新型Mac mini 2018のスペック・性能・価格を比較

Mac mini 2018のデザインは同じでスペースグレイ化!

新型のMac miniの外観デザインは旧型のMac miniとほぼ同じで本体サイズも全く同じとなっています。

新旧Mac miniのサイズとサイズと重量
  Mac mini 2018 Mac mini 2014
本体サイズ 19.7 x 19.7 3.6 cm
重量 1.3kg 1.19 kg

2箇所だけ変更点があるのですが、IRレシーバーの受光部が廃止されて電源のLEDが旧型は上の方にあったのが新型は下の方に移動しています。

そもそも、旧型のMac miniにはまだIRレシーバーがあったことに驚いてしまいましたが、昔のiMacなんかも専用のリモコンを使ってiTunesを再生することができましたが、新型のMac miniはそのような使い方はできなくなります。

20181103223718j:plain

カラーだけがシルバーからスペースグレイに変更されています。MacBookシリーズはスペースグレイとシルバーも選べたりしますが、新型のMac miniはカラーを選ぶことができずスペースグレイオンリーとなってしまいました。最近はiMac Proもスペースグレイ化が採用されるなどPro機と呼ばれるデバイスはみんなスペースグレイが採用されています。

つまり、Mac miniはプロ機並の性能を手にした...ということなのでしょう。

Mac mini 2018のCPU性能はかなり高い

新型Mac mini 201はIntelの第8世代Coreプロセッサ「Coffee Lake」が採用されています。旧型のMac miniは第4世代の「Haswell」だったので一気に性能が向上し、メインメモリの容量を最大64GBまで増設することが可能となっています。

ちなみにRAMは基板に直付ではなくSO-DIMMメモリなので自分でも換装はできるみたいです。(ただし、Appleは推奨していないのでApple Storeに持ち込んだ方が良さそうです。)

新旧Mac miniのスペック比較
  Mac mini 2018 Mac mini 2014
CPU 第8世代
Core i3 3.6GHz 4コア
Core i5 3.0GHz 6コア
Core i7 3.2GHz 6コア
第4世代
Core i5 1.4GHz 2コア
Core i5 2.6GHz 2コア
Core i7 3.0GHz 2コア
GPU UHD Graphics 630 HD Graphics 5000
中間・上位:Iris Graphics
RAM 8GB 2,666MHz DDR4 SO-DIMM
(16GB・32GB・64GBに変更可能)
4GB 1,600MHz LPDDR3
(8GB・16GBに変更可能)
ストレージ SSD:128GB・256GB・512GB・1TB・2TB HDD:500GB・1TB、Fusion Drive:1TB・2TB、SSD:256GB・512GB・1TB
通信性能 802.11ac Wi-Fi、Bluetooth 5.0 802.11ac Wi-Fi、Bluetooth 4.0
外部ポート hunderbolt 3/USB-C(40Gbps)x4、USB 3.0(5Gbps)x 2、HDMI 2.0、ギガビットEthernetポート(10Gbに変更可能)、3.5mmヘッドフォンジャック Thunderbolt 2ポート(20Gbps)x 2、USB 3.0(5Gbps)x 4、HDMI、SDXCカードスロット、ギガビットEthernetポート、3.5mmヘッドフォンジャック、IRレシーバ
消費電力(連続使用) 150W 85W

新型Mac mini 2018に採用されるCPUはデスクトップ版のプロセッサとなっており、基本性能はMacBook Proに採用されているCPUプロセッサよりも高いものとなっています。ちなみに、旧型のMac miniはモバイル版のプロセッサだったので性能的にかなり厳しいものがありました。

新型Mac miniのCPUのスペック
  新型Mac mini 2018 旧型Mac mini 2014
標準モデル Core i3-8100H 4コア 3.6GHz
TDP:45W
Core i5-4260U 2コア 1.4GHz
TDP:15W
中間モデル Core i5-8500B 6コア 3.0GHz
TDP:65W
Core i5-4278U 2コア 2.6GHz
TDP:28W
上位モデル - Core i5-4308U 2コア 2.8GHz
TDP:28W
CTOモデル Core i7-8700B 6コア
3.2GHz
TDP:65W
Core i7-4578U 2コア 3.0GHz
TDP:28W

TDPが高いということは消費電力も高いということになりますが、クロック周波数を引き上げることができるので、処理速度が大きく高速化しているということになります。

すでにGeekbenchにMac miniのCTOモデルの「Core i7-8700B」のベンチマークスコアが明らかになっており、15インチMacBook Proの「Core i9-8950HK 6コア 2.9GHz」やMac Pro 2013の「Xeon E5-1680 v2 8コア 3.0GHz」よりも性能が高くなっていることが明らかになっています。

新型Mac miniのCPUのベンチマークスコア比較
  マルチコアスコア シングルコアスコア
Mac mini 2018
Core i7-8700B 6コア
23516 5512
Mac Pro 2013
Xeon E5-1680 v2 8コア 3.0GHz
23184 3847
15インチMacBook Pro 2018
Core i9-8950HK 6コア 2.9GHz
22556 5244
Mac mini 2014
Core i7-4578U 2コア 3.0GHz
7061 3704

単純計算で新型のMac mini 2018は旧型よりも3倍以上のCPUの性能が向上していることになり、15インチMacBook Pro 2018やMac Pro 2018のXeonプロセッサよりも高速に処理をすることができることになる。

これは素直にスゴイですね。ノート型とはいえPro機のMacBook Proよりも性能が高くなってしまうとは...。

 

内蔵GPUだけど性能はそんなに悪くない?

新型Mac mini 2018は外部GPUを搭載しておらずCPU内蔵のGPU「UHD Graphics 630」を使うことでグラフィック処理をして画面表示をしています。CPUに内蔵しているGPUなので当然ながらグラフィック処理に関しては15インチMacBook ProやMac Proと比較すると貧弱なものとなっています。

とはいえ、最近のCPU内蔵のGPUもかなり高性能化しているので動画の書き出し処理を頻繁に実行したいという用途以外なら十分に使えるレベルなのかなと思います。

参考までに13インチMacBook Pro 2018(Touch Barあり)の内蔵GPU「Iris Plus Graphics 655」のOpenCLとMetalの性能をみてみましょう。

  • OpenCL:32027
  • Metal:34912

これだけでは性能が高いのか低いのか分からないので、27インチiMac 5Kに搭載している外部GPU「Radeon Pro 580(8GB GDDR5)」の性能と比較してみましょう。こちらの記事(→ 27インチiMac 5K レビュー)でiMac 5KとMacBook Proの性能を比較しています。

  • OpenCL:115488
  • Metal:107319

さすがに外部GPUを搭載しているiMac 5Kと13インチMacBook ProのGPUの性能差はかなりあります。

しかし、2016年モデルの15インチMacBook Proに搭載されている外部GPU「Radeon Pro 560(4GB GDDR5)」だと現在の内蔵GPUとさほど性能差が1.7倍ほどとそこまでありません。(と見ていいのか...?)

  • OpenCL:43724
  • Metal:53524

新型Mac miniに採用されている内蔵GPU「UHD Graphics 630」はおそらく13インチMacBook Proの「Iris Plus Graphics 655」よりも上だと思うので...と思っていたのですが、どうやらMac miniの「UHD Graphics 630」の方が性能が下だそうです。(コメントで情報提供いただきました。)

こちらのサイトで3D markによるGPUのスコアが掲載されていますが、13インチMacBook Proの「Iris Plus Graphics 655」の方が20%〜50%ほど性能が高いみたいですね。

動画編集するならeGPU・eGPU Proを使うのもアリ

GPUのグラフィック性能が求められるのは動画編集や3Dグラフィックの製作をガチでする場合だと思います。IllustratorやPhotoshopくらいのクリエイティブツールなら内蔵GPUでも十分サクサク動作するので、あまり気にしなくてもいいでしょう。

それでもMac miniで最高のグラフィック性能を手に入れたい...。と思っているのであれば、新型のMac mini 2018はThunderbolt 3を接続をすることができるので「Blackmagic eGPU Pro」や「Blackmagic eGPU」を利用してMac miniでもiMac Proと同等レベルのグラフィック性能を手に入れることが可能となります。

つまり、新型Mac mini 2018とeGPUを組み合わせることでディスプレイなしのMac mini Proが爆誕することになり、Mac Proよりも性能が高くて、iMac Proと同等の性能を持ったコンパクトなデスクトップ型のMacとして使うことが可能となります。

Mac mini + eGPU Proを組み合わせた時の価格

では、Mac miniにBlackmagic eGPU Proを組み合わせたら価格はいくらになるのか?できるだけ条件を整えるためにストレージ容量とRAMの容量を近いものになるようにしています。

新型Mac mini + eGPU Pro
  Mac mini 2018 iMac Pro
CPU 3.2GHz 6コア第8世代Intel Core i7プロセッサ 3.2GHz 8コアIntel Xeon Wプロセッサ
GPU Blackmagic eGPU Pro(8GB HBM2メモリ) Radeon Pro Vega 56(8GB HBM2メモリ)
RAM 32GB 2,666MHz DDR4 32GB 2,666MHz ECCメモリ
SSD 1TB 1TB
価格 425,800円
(276,800円 + 149,000円)
558,800円

iMac ProよりもMac mini + Blackmagic eGPU Proの組み合わせの方が13万円ほど安い価格で買うことができますね。LGの5Kディスプレイが14万円ほどするので妥当な価格といったところでしょうかね。

とはいえ、Mac miniとBlackmagic eGPU Proの組み合わせなら自分好みの4Kモニターと組み合わせることもできますし、LGのUSB-Cに対応している4Kモニターなら6万円くらいで買うことができるのでトータルコストは間違いなくiMac ProよりもMac miniの方が安くなるでしょう。

(ただし、キーボードとマウスが付属しないので、ちょっと微妙なところではありますが...。)

Mac mini 2018はUSB-C(Thunderbolt 3)に対応、SDカードスロットが消える

新型Mac mini 2018はHDMI 2.0、USB-C(Thunderbolt 3)の最新ポートを4つ使うことができるのでThunderbolt 3を使うことでeGPUを接続したり、USB-Cに対応した新型iPad Proを直接接続することも可能となります。

20181104000250j:plain

USB-Cが普及してきたとはいえプリンターなどの機器はまだまだUSB-Aとなっていますが、新型Mac miniなら旧ポートのUSB-Aも2つ使うことができるようになっているので汎用性はまあまあ高いのではないでしょうか。

ただし。一つ残念なポイントとして旧型のMac miniはSDカードスロットを搭載していましたが、新型Mac mini 2018は非搭載になってしまったようです。

うーん...ここはちょっと残念ですね。まあ、Mac miniの背面にSDカードスロットがあってもアクセスが悪いので別途カードリーダーを使用した方が使い勝手はいいという判断があったのかもしれません。

 

新型Mac mini 2018はどんな人が買うのか?

基本的には旧型のMac mini 2014を使っている方は新型のMac mini 2018に乗り換えることでめちゃくちゃ幸せになることができるでしょう。

Mac miniはデスクトップ型のMacなのでモニターやキーボード、マウスなどはすでに使用しているものを使うことになるので環境をできるだけ変えずにスペックを強化できるのがメリットといえるでしょう。

iMacやMacBook Proを使っている方がMac miniに乗り換えることはあまり考えられませんが、Windowsからの乗り換えでモニターなどの周辺機器を無駄にしたくないといった場合もMac miniを選ぶと最良な手段になるのではないでしょうか。