シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

新しいiPhoneに機種変更した時にバックアップとデータ移行する方法!


旧iPhoneから新iPhoneにデータ移行方法

今まで使っていたiPhoneから新型のiPhoneの機種変更をしたいけど、

  • データをどうやって移行したらいいのか分からない
  • なんだか難しそう
  • 失敗したら最悪だ

と思っている方も多いと思います。しかし、古いiPhoneから新しいiPhoneのデータ移行はしっかりとバックアップさえ取っていれば意外と簡単にすることができます。ということで、ここではバックアップを取る方法と新型のiPhoneにデータ移行する方法について書いていきます!

 

iPhoneのバックアップをする方法

まず、今まで使っていたiPhoneのデータをバックアップをしていきますがiPhoneのバックアップ方法はiTunesバックアップとiCloudバックアップの2つの方法があります。

iTunesバックアップはMacかWindows PCが必要となりiPhoneと接続することでiTunesの中にiPhoneのバックアップデータを保存することができます。iCloudバックアップはAppleのクラウドサービスiCloudにiPhoneのバックアップデータを保存することができます。

iTunesバックアップとiCloudバックアップの違いはこんな感じです。

種類 iTunesバックアップ iCloudバックアップ
バックアップ保管場所 Mac/Windows PCに保管する iCloudに保管する
保存容量 Mac/Windows PCの空き容量によって決まる 最2TB分のストレージを利用できる(最初の5GBは無料)
保存できるデータ デバイスの設定、ホーム画面とAppの配置、iMessageやMMS/SMSのメッセージ、App Storeなどの購入履歴、データの暗号化でアクティビティ、ヘルスケア、キーチェーンアカウントのデータ
(連絡先、カレンダー、ブックマーク、iCloudフォトライブラリはiCloudに保存されている)
デバイスの設定、ホーム画面とAppの配置、iMessageやMMS/SMSのメッセージ、App Storeなどの購入履歴
(連絡先、カレンダー、ブックマーク、iCloudフォトライブラリはiCloudに保存されている)
写真・動画のバックアップ iCloudフォトライブラリをOFFにしてiTunes(Mac/WindowsPC)にバックアップ可能 iCloudフォトライブラリをONにすることで最大2TB分のストレージにhバックアップ可能(最初の5GBは無料)

iCloudバックアップならワイヤレスで復元できるのでとても簡単なのですが、アカウントのパスワードなどのデータは復元することができないので、完全復元を目指すのならiTunesバックアップを使うことをおすすめします。

iTunesバックアップでiPhoneのバックアップをする

もし、MacかWindows PCを所持しているのならiPhoneをコンピューターに接続してiTunesにiPhoneのデータをバックアップすることをオススメします。

なぜならiTunesバックアップはほぼ全てのiPhoneのデータをバックアップすることができるからです。

全てというのはキーチェーンに保存されているアプリアカウントやパスワードのことで、iCloudバックアップからの復元だとアプリのログイン情報を一から設定し直す必要がありますがiTunesバックアップならそれが必要なく、手間を大幅に削減することが可能なのです。

iTunesバックアップする方法と手順

iPhoneとMac/Windows PCに接続されたLightningケーブルを接続すると「このコンピューターを信頼しますか?」というポップアップがiPhoneに表示されるので「信頼する」をタップして接続をしてください。

iTunesとiPhoneの接続が無事完了すると以下のような画面管理画面が表示されるので、「自動的にバックアップ」という項目を「iCloud」から「このコンピューター」に変更をして、さらに「iPhoneのバックアップを暗号化」にもチェックをいれてください。

20180827151506j:plain

ここが重要でiTunesを使ったバックアップは「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れることでほぼ全てのデータをバックアップが可能となり、新しいiPhoneに移行してもほぼ同じデータを復元することができます。

「今すぐバックアップ」をクリックすると「iPhoneのバックアップを保護するパスワード」が求められるので、iPhoneに設定しているパスコードを入力して設定をしてください。

20180827161949j:plain

iTunesにiPhoneのバックアップデータが作成されます。

20180827162112j:plain

バックアップデータ量にもよりますが10分〜20分ほどで完了すると思います。

写真や動画も全てバックアップできる

iPhoneのバックアップで一番困るのがデータ量の大きい写真や動画だと思います。

iTunesバックアップならパソコンのストレージ容量に余裕があるなら100GBでも200GBでも保存をすることができるので、写真が多くて困っているという方はiTunesバックアップを利用した方がいいと思います。

iTunesに写真や動画を保存するにはiPhoneの「設定」アプリの「写真」→「iCloudフォトライブラリ」をOFFにした状態でiTunesに接続することで、iCloud上ではなくiTunesに写真や動画を保存させることができます。

 

iCloudバックアップでiPhoneのバックアップをする

MacやWindows PCを持っていないという方はAppleのクラウドサービスiCloudを使ってiPhoneのバックアップを取ることができます。

ただし、全データがバックアップされるわけではなくサードパーティ製のアプリでiCloudに対応していないアプリのデータなどはバックアップすることができないので注意です。

iCloudバックアップする方法と手順

iCloudバックアップを利用するには「設定」アプリの「Apple ID」から「iCloud」にアクセスして...

20170922013855j:plain

「iCloudバックアップ」を「オン」にして「今すぐバックアップを作成」をタップすることで簡単にiPhoneのデータをiCloud上にバックアップすることができます。

20170922014017j:plain

ちなみにiTunes・iCloudのどちらのバックアップ方法もApple Payや指紋認証(Touch ID)のデータはバックアップすることができないので、新しいiPhoneで復元をしても新たに設定をし直す必要があります。

iTunes・iCloudのバックアップの違いについてはこちらの記事に詳しく書いています。

iCloudフォトライブラリで写真や動画も簡単バックアップ

写真や動画データはiCloudフォトライブラリを利用することでiCloud上に自動的に保存することができます。ただし、iCloudのストレージは5GBまでが無料で利用できますが50GB以上の容量プランは有料となっているので注意が必要です。

有料は嫌だなーと思うかもしれませんが月々150円で50GB分の写真や動画データをクラウド上に保存することができて、iPadやMacなどの別デバイスとも共有することができる利便性を考えると利用するべきなのかなと思います。

実際は写真や動画を保存することができる容量は45GB程度になりますが、1枚2MBで計算すれば2万枚以上の写真を保存することができることになります。

20170922100640j:plain

なお、iOS 11より200GB以上のiCloudプランであれば家族との共有をすることができるようになったので、夫婦で合わせて考えるなら使い方の幅が広がること間違いなしでしょう。

データ移行後にダウングレードするのもアリ

どうしても無料で写真のバックアップを取りたいと考えるなら一時的にiCloudのストレージプラン50GBに加入をしてデータを移行したあとに解約をしてしまえばいいのです。

iCloudストレージプランは自動更新されますが、ダウングレードオプションもきちんとわかりやすいところに用意されているので簡単に50GBの有料プランから5GBの無料プランに移行させることもできます。

注意して欲しいのはiCloudフォトライブラリをOFFにするときに「写真とビデオをダウンロード」して必ずiPhoneのストレージにデータを保存させておくようにしておきましょう。

また、1600万画素以下の写真はどれだけでも保存OKなGoogleフォトを使用するといいでしょう。こちらの記事で詳しく書いているので参考にしてください。

 

新iPhoneにデータ移行する方法

初期設定をする

新しいiPhoneの電源を入れて初期設定をしていくことになりますが大まかな流れとしては...

  1. 言語設定、地域設定
  2. クイックスタート(手動設定もできるが機種変更ならクイックスタートが楽すぎる。)
  3. Face IDの登録
  4. iPhoneのバックアップから復元(iCloud or iTunes or Android or 新しいiPhone)
  5. Apple Payの登録
  6. Apple Watchの登録

...となります。iOS 11より搭載されたクイックスタートならすでに使っているiPhoneやiPadの情報を元に自動的に設定をしてくれるという凄い機能となっています。

クイックスタートの画面が表示されたiPhoneの近くで旧iPhoneをロック解除すると自動的に「新しいiPhoneを設定」というウィンドウが表示されるので「続ける」をタップすることでクイックスタートを開始することができます。

20180827155918j:plain

Touch IDを搭載したiPhoneなら指紋の登録、Face IDを搭載したiPhoneなら顔の登録をしていきます。

20180827160400j:plain

生体認証の登録が完了したらバックアップによる復元をすることになります。

iCloudバックアップから復元する

すでにiCloudバックアップのデータがある状態であればiCloudバックアップから復元することを前提の画面が表示されるのでここの画面から「バックアップから復元」をタップするとiCloudバックアップからの復元が開始されます。

20180827160452j:plain

新しいiPhoneの設定が完了しiCloudバックアップからの復元が開始します。

20180827160928j:plain

少し経てば「復元しました」という表示が出て使うことができるようになりますが、アプリはインストール中だったりするのでしばらく放置しておいたほうがいいかもしれませんね。

20180827161106j:plain

なお、Wi-Fiのパスワードも近くにあるiOSデバイスから共有することができます。

20180827161229j:plain

新iPhoneから新しいWi-Fiネットワークの画面が表示されると同時に旧iPhoneに「Wi-Fiパスワード」という画面が表示され「パスワードを共有」することで簡単にWi-Fiに接続可能に。これ、何気にめっちゃ便利!

iTunesバックアップから復元する

iTunesバックアップからの復元は先ほどの「バックアップ復元」の画面から「ほかのバックアップを選択、または復元しない」からすることができます。「Appとデータ」の中に「iTunesバックアップから復元」という項目があるので、これをタップしましょう。

20180827161502j:plain

MacかiTunesがインストールされているWindows PCにLightningケーブルを使って接続をします。

20180827161735j:plain

iTunesが起動し「新しいiPhoneへようこそ」という画面が表示されるので「このバックアップから復元」で先ほどiTunesに保存したバックアップデータを選択し「続ける」をクリックしてください。

20180827161807j:plain

バックアップ時に設定したパスワード(iPhoneのロック解除コード)を入力します。

20180827161915j:plain

iTunesバックアップからiPhoneの復元が開始します。

20180827162356j:plain

iCloudバックアップよりも復元するデータが多いので時間は少し長く20分〜30分ほどの復元時間が必要となります。

 

Apple PayのSuicaの移行方法

Suicaを旧iPhoneから削除(退避)する

iPhone 7/7 Plusから利用することができるようになったApple Payを使ったFeliCaの電子マネー決済ですが、 交通系カードのSuicaを利用している人はWalletアプリからデータを削除してJR東日本のSuicaのサーバーに退避する必要があります。

要はSuicaは1つのアカウントに対して1つのiPhoneでしか利用することができない仕組みとなっているため、旧端末からSuicaを削除する必要があるのです。

「設定」→「WalletとApple Pay」から登録されている「Suica」を選択します。

20170922094032j:plain

カード情報が表示されるので一番下にある「カードを削除」を選択して、旧端末のiPhoneからSuicaを削除します。

20170922094153j:plain

これでSuicaのサーバーにSuica情報を退避完了です。

Suicaを新iPhoneに追加する方法

新しいiPhoneにSuicaを追加する時は「設定」→「WalletとApple Pay」かWalletアプリから設定をしていきます。

20170922094341j:plain

「カードの種類」で「Suica」を選択するとApple IDと紐づいているSuicaの情報が自動的に表示されるので「次へ」で新しいiPhoneにSuicaを移行することができます。

20170922094512j:plain

なお、Apple WatchでもSuicaを利用している場合はペアリングを解除する前にiPhoneからSuicaを削除する必要があるので注意をしましょう。

LINEのトークのバックアップと引き継ぎ設定をする

LINEアプリは基本的に一つのアカウントに対して一つのスマートフォンでしか利用できない仕様なので、旧端末となるiPhoneのLINEアプリに「メールアドレスの登録」と「引き継ぎ設定」をする必要があります。

トークはiTunesバックアップであればバックアップすることができますが、iCloudバックアップの場合はLINEアプリ側でトークをバックアップする必要があります。

LINEのメニュー画面右側にある「設定」から「トーク」を選択します。

20170922014706j:plain

「トークのバックアップ」から「今すぐバックアップ」をタップすることで、iCloudにLINEのトークがバックアップされます。

20170922014758j:plain

これで新しいiPhoneに機種変更した後もトーク内容を引き継ぐことができます。次に、メールアドレスの登録と「アカウント引き継ぎ設定」をする必要があります。メールアドレスの登録は「設定」の「メールアドレス」から可能なので、まだ設定していない人はやっておきましょう。

「アカウント引き継ぎ設定」はLINEのメニュー画面の「設定」からアクセスすることができます。

20170922015209j:plain

「アカウントを引き継ぐ」をONにしましょう。

20170922015255j:plain

これで新しいiPhoneにLINEのアカウントを引き継ぐことができるようになります。意外とこの作業を忘れてしまい、後になって新しいiPhoneにLINEのアカウントの引き継ぎができないことがあるので、LINEを使用している人は注意しましょうね。

ゲームアプリのデータ引き継ぎ設定

ゲームをよく遊んでいる人はゲームアプリのデータを引き継ぐための設定も忘れずにやっておきましょう。各アプリによって引き継ぎ設定の方法が異なりますが、iCloudを経由して引き継ぐ方法や、各アプリのサーバーを介して引き継ぐ方法など様々です。

必ず各ゲームの引き継ぎ方法を確認して設定しておきましょう。

 

まとめ:iPhoneのデータ移行は簡単!

旧iPhoneから新iPhoneのデータ移行はバックアップをしっかり取っておけばとても簡単にすることができます。しかもiOS 11以降はクイックスタートという機能を使うことができるようになり、感覚的にデータを移行することも可能になり今まで以上に簡単に乗り換えができると思います。

一昔前と比べてiPhoneで写真を撮る機会も増えて移行するデータも肥大化しているので、どうやって移行しようか悩んでしまいますがパソコンがあるならiTunesバックアップを使って移行すれば間違い無いですし、iCloudバックアップでも一時的に有料プランを使うという手段もあるので問題はないと思います。

iPhone XとiPhone 8/8 Plusのレビュー記事もあります!