iPad Pro 新型(2020)最新情報と噂まとめ

確かにiPad Proは1年に一回のモデルチェンジをしているので2019年にも新型のiPad Proの発売が期待されてましたが発売されることなく2020年3月に新型モデルが発売するのが濃厚となっています。

ということで、2020年のiPad Pro 11インチ(第2世代)、12.9インチ(第4世代)はどんなデザイン、スペックになって発売日はいつなのか?などについて最新情報・噂をまとめています。

新型iPad Pro(2020)の最新情報・噂

iPad Proの新型モデルは基本的には現行モデルをブラッシュアップしたモデルになるとみられています。

iPad Pro 2020はどうなる?
  • 11インチと12.9インチの2モデルのまま
  • デザインは2018年モデルと同じ
  • 12.9インチは背面パネルがガラス製に
  • A13X Bionicプロセッサを搭載(A14という情報もあり)
  • 6GBのメインメモリを搭載へ
  • トリプルカメラを搭載へ
  • 5G(ミリ波)通信に対応
  • 発売は2020年3月が濃厚(10月という情報もあり)

CPUプロセッサが強化されるのは間違いないと思いますが、それだけではモデルチェンジする意味があまりないので隠し球があるかも。

その一つがリアカメラにiPhone 11 Proと同じようにトリプルカメラを搭載するというものとなっています。

iPad Pro 2020のレンダリング画像
iPad Pro 2020のレンダリング画像

また、11インチは現行と同じくアルミ素材の筐体となりますが、12.9インチの背面パネルはガラス製となってミッドナイトグリーンが追加される可能性があるようです。

iPad Pro 2020の発売日

2015年に12.9インチの大型ディスプレイを搭載したフラグシップモデルをiPad Proとして発売したもので2016年にはiPad Air 2の後継機として9.7インチモデルもiPad Proを発売しています。

iPad Proの発売日
  • iPad Pro 12.9インチ(第1世代):2015年11月
  • iPad Pro 9.7インチ:2016年3月
  • iPad Pro 10.5インチ・12.9インチ(第2世代):2017年3月
  • iPad Pro 11インチ・12.9インチ(第3世代):2018年11月
  • iPad Pro 11インチ(第2世代)・12.9インチ(第4世代):2020年3月?

このように2015年以降は1年〜1年半おきに新型のiPad Proを発売しており、2018年モデルのiPad Proは1年半後にフルモデルチェンジをしてベゼルレスディスプレイを搭載した新世代モデルになっています。

なので、次に発売するiPad Pro(第4世代)は基本デザインはそのままのマイナーチェンジモデルになることは間違いないでしょうが、タイミング的に1年じゃなくて1年半後となる2020年3月に発売されるような気がしますね。

追記:DigTimesが2020年後半に5G対応のiPad Proを発売すると報じていて、3月ではなく10月頃に発売される可能性も浮上しています。しかも、プロセッサはA13Xではなく5Gモデムに対応したA14チップになるかも…とのこと。

信憑性は不明です。

11インチ・12.9インチの画面サイズ

iPad Proは2018年11月に従来のホームボタンのあるスタイルのiPadからベゼルレスディスプレイを搭載した新世代のiPadにフルモデルチェンジをしたばかりです。

iPad Pro 11インチとiPad Air 10.5インチ
iPad Proは2018年にベゼルレスディスプレイモデルに

たった1年で大きくデザインを変えることはまずないので、2019年か2020年に発売されるiPad Proは現行モデルをベースとしたデザインになることは間違いないと思います。

iPad Pro 2018の筐体デザイン
iPad Pro 11インチと12.9インチの筐体デザイン

iPad ProのスペースグレイはApple Pencilを装着する部分の塗装が剥げるという問題を抱えているので、新型モデルは何らかの対策を施してくる可能性はあるのかも?

iPad ProとApple Pencil
スペースグレイは塗装が剥げやすい

例えば、iPhone 5のブラックも塗装が剥げやすい問題だあったことからiPhone 5sでは薄いブラックのスペースグレイがラインナップに追加されましたが、新型では薄いブラックになるとか…?

そして、iPad Pro 12.9インチ(第4世代)はiPhone 11 Proのように背面パネルがマットガラス製になる可能性が高いようです。

トリプルカメラを搭載か

少し驚きなんですけど、新型のiPad Pro(2020)のリアカメラは2019年モデルのiPhone 11 Proと同じようなトリプルカメラを搭載すると噂されています。

iPad Proは2017年モデルは光学式手ぶれ補正を搭載していましたが2018年モデルは非搭載にしています。

つまり、iPad ProはiPhoneよりもカメラは重視していない…という捉え方をしていたのですが、iPad Proにトリプルカメラを搭載することになればiPad Proでもカメラを重視している…ということになります。

iPhone 11 Proの本体デザインをリークした実績をもつOnLeaks氏がiPad Pro 2020のレンダリング画像を公開しています。

iPad Pro 2020の予想デザイン
iPad Pro 2020の予想デザイン

動画もあります。

基本デザインは2018年のiPad Pro 11インチ・12.9インチ(第3世代)と同じですが、トリプルカメラを搭載することで雰囲気はまた少し変わりますね。

2019年秋に配信されたiPadOS 13はマルチタスクやファイル管理などの機能が強化されるので、iPadだけで全ての作業を完結できるようになります。

つまり、カメラで素材を撮影して編集をするという流れを作れるのでトリプルカメラの存在意義あるのかもしれませんね。

A13X Bionicを搭載か

iPad Proの新型モデルに搭載されるCPUプロセッサはA12Xの後継チップとなるA13X Bionicが搭載されることになります。

A13 Bionic

A12X Bionicは4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアプロセッサで、Appleが独自開発している7コアのGPU、さらに8コアのニューラルエンジンを内蔵しA10Xよりもマルココア性能が90%も高速化されている超高性能プロセッサです。

A13X Bionic スペック(予想)
 A13X BionicA12X Bionic
CPU4 + 4 = 8コア(?)4 + 4 = 8コア
GPUApple GPU 10コア(?)Apple GPU 7コア
ニューラルエンジン12コアくらいにはなりそう?8コア(毎秒5兆回)
RAM6GB(?)4GB(1TBのみ6GB)

後継チップとなるA13X Bionicはさらにこの性能を上回ることになるのは間違いないですが、A12Xの性能が高いのでA10X → A12Xのような大幅な性能アップは望めないかもですね。

なお、メインメモリは2018年モデルのiPad Proは4GBとなっていますが、ストレージ1TBのモデルのみ6GBのRAMを搭載しているので、2019年モデルは全てのモデルで6GBのメインメモリを搭載する可能性は高いかも?

iPad OS13はマルチタスク機能が強化されているので今まで以上にメモリ消費が多くなるはずでiOS 13とiPad OS13は2GBのメモリを搭載している機種がサポート対象にもなっています。

なので、メインメモリの強化は是非ともやってほしいところです。

追記:最新の情報では5G通信のモデムに対応するために5nmプロセスのA14 Bionicをベースとしたチップが採用されるかもしれないようです。

ミニLEDディスプレイを搭載?

新型のiPad Pro 11インチ(第2世代)は従来機種と同じ液晶ディスプレイとなりますが、新型のiPad Pro 12.9インチ(第4世代)はミニLEDディスプレイを搭載する可能性があるとアナリストのMing-Chi Kuo氏が報告しています。

ミニLEDは有機ELと同じように素子が自ら光ることができる発光ダイオードなので省電力なディスプレイとして期待されている次世代パネル。有機ELは画面を大きくしにくい、画面焼けなど問題がありますが、ミニLEDはそのような問題はありません。

iPad ProにミニLEDディスプレイが搭載されるかどうか、時期早々のような気もしますが、iPad Pro 12.9インチ(第4世代)で採用される可能性があるようです。

5G通信に対応?

新型のiPad Pro(2020)は5Gに対応する可能性が高いようです。

5Gは4Gよりも電波が遠くに飛ばすのが苦手な通信規格と言われていますが、電波が届きやすい「Sub-6」と高速通信に優れている「ミリ波」による通信ができるとのこと。

日本では5Gの普及はまだ先の話ではありますが、米国などではすでにサービスインしているので対応させるのかもしれません。

シザー式のSmart Keyboardを採用

iPad ProはSmart Keyboard Folioを装着することでキーボードを使うことができますが、従来のモデルはファブリック素材を採用したキー一体型のキーボードとなっていました。

そんな中でiPad Pro 2020のSmart Keyboardはシザー式のキーボードを採用した新しいタイプのキーボードカバーに変更されるようです。

iPadとSurfaceのキーボードの違い

シザー式のキーボードを採用しているカバーといえばSurfaceに採用しているキーボードですが、iPad ProのSmart Keyboardもこのようなキーが独立したタイプになるのでしょうか。

個人的にはSmart Keyboardのタイピング感は好きなので変えてほしくないなー…

iPad Pro 2020 vs 2018 スペック比較

新型iPad Pro(2020)のスペックをiPad Pro 11インチiPad Pro 12.9インチ(第3世代)で比較してみました。

iPad Pro 2020 12.9インチ・11インチ(予想)
iPad Pro 2020 12.9インチ・11インチ(予想)
iPad Proの予想スペック
 iPad Pro(2020)iPad Pro(2018)
画面サイズ11インチ、12.9インチ
ディスプレイの仕様ProMotionテクノロジー、広色域ディスプレイ(P3)、True Toneディスプレイ、耐指紋性撥油コーティング、フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング
パネルミニLEDLCD
生体認証顔認証・Face ID
CPUA13X BionicA12X Bionic
RAM6GB(?)4GB(1TBは6GB)
リアカメラトリプルカメラ(? 画素)シングルカメラ(1200万画素)
フロントカメラTrueDepthカメラ(700万画素)
スピーカー4スピーカーオーディオ
外部ポートUSB-C

iPad Pro 2018 → iPad Pro 2020によりCPUプロセッサ・メインメモリの性能強化、リアカメラのトリプルカメラ化が大きな進化のポイントになりそうです。

パネルにミニLEDを採用してくるかどうかも大きな焦点となってきそうですね。

新型iPad Pro 2020 最新情報・噂:まとめ

iPad Pro 11インチ

2020年3月に発売されるであろう新型のiPad Proは現行モデルのiPad Pro 11インチiPad Pro 12.9インチ(第3世代)のブラッシュアップバージョンとなります。

iPad Pro 2020 予想スペック
  • 筐体デザインは変わらない
  • 画面サイズは11インチと12.9インチ
  • 12.9インチは背面パネルがガラス製に
  • A13X Bionicプロセッサを搭載
  • 6GBのメインメモリを搭載
  • トリプルカメラを搭載へ
  • 発売は2020年3月が濃厚

トリプルカメラを搭載することになれば、背面部分のデザインは大きく変わることになりそうですね。遠くから見ても新型を使ってるんだ…ってわかりそう。

iPad Proは2018年モデルで完成されたので次期モデルの敷居が高くなってしまいますが、その答えがトリプルカメラということになるのでしょうか。

iPadにトリプルカメラ…普段からiPadで写真を撮ることがないので使い道がないようにも思いますが、iPadのカメラを使って写真を撮るという方もたまに見かけるので必要な人にとっては嬉しいアップデートになるのかもしれません。

最新のiPadの比較はこちらをどうぞ!

iPad Pro 11インチ、12.9インチ、10.5インチはこちらです。

iPad Air、iPad(第7世代)はこちらをどうぞ。