シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

新型iPad Pro 2018は11・12.9インチの2機種?スペック、価格、発売日まとめ!


20180929112928j:plain

新型のiPad Pro(2018)が2018年10月30日午後23時〜に発表されるとみられていますが、10.5インチと12.9インチの従来のサイズにプラスして11インチのiPad Proが追加されるのではないかとみられています。

(2018年10月30日午後11時よりスペシャルイベントが開催されることが明らかに。最新の情報では11インチと12.9インチの2モデルになる可能性が高そうです。)

iPad Pro(2018)はどのようなモデルになるのか現在分かっている情報をまとめました。

 

2018年10月19日16:01からiPhone XRの予約が開始、10月26日に発売がスタートします!iPhone XSとiPhone XRの違いはこちらの記事(▶︎ iPhone XSとiPhone XR どっちがおすすめ?サイズ・スペックの違いを比較!)で詳しく書いています。

↓ iPhone XRをキャリアで予約する ↓

新型iPad Pro 2018 デザイン、スペック、発売日について

新型iPad Pro 2018は3機種?→ 2機種が濃厚?

少し前まではiPad Pro 10.5は本体サイズはそのままに画面サイズが11インチに大型化し、iPad Pro 12.9は画面サイズをそのままに本体サイズを小型化し、いずれもベゼルレスデザインを採用すると噂されていました。

iPad Pro 2018の予想ラインラップ(1)←有力
  • iPad Pro 10.5 → iPad Pro 11
  • iPad Pro 12.9

しかし、従来の10.5インチと12.9インチは内部スペックのみアップデートされ、新たに有機ELディスプレイを搭載したベゼルレスデザインを採用したiPad Pro 11が追加されると可能性が浮上しています。

つまり、2017年にiPhone Xが登場した時と同じようにiPad Proもデザインを刷新した新しいモデルが追加されるというのです。

iPad Pro 2018の予想ラインラップ(2)
  • iPad Pro 10.5(第2世代・LCDモデル)
  • iPad Pro 11(第1世代・OLEDモデル)
  • iPad Pro 12.9(第3世代・LCDモデル)

確かにiPhone Xの時のように、まずは1機種のみ新しいタイプのiPad Proがラインナップに加わるという流れはあり得そうな気もします。

新型iPad Proの機種IDが明らかに

そんな中で最新の情報ではiPad Pro 2018の機種IDがWi-Fiモデルが「iPad8,1、iPad8,2、iPad8,5、iPad8,6」で、セルラーモデルが「iPad8,3、iPad8,4、iPad8,7、iPad8,8」であるという情報が出てきました。

各モデルで4機種あるのはストレージ容量が2モデル、サイズ別に2モデルあるということなのでしょう。画面サイズ別で振り分けるとしたらこうなるのかな。(予想です。)

iPad Pro 2018の機種ID
  • 11インチ:iPad8,1、iPad8,2、iPad8,3、iPad8,4
  • 12.9インチ:iPad8,5、iPad8,6、iPad8,7、iPad8,8

となれば、画面サイズは11インチと12.9インチの2機種になり、ストレージ容量は256GBと512GBの2モデルになってしまう可能性が高くなりそうです。(iPad Pro 2017は64GBモデルがあった。)

新型iPad Pro 2018の外観デザイン

全面ディスプレイを搭載

新型のiPad Pro 2018はホームボタンが廃止されて顔認証のFace IDに対応することになります。

ということはiPhone Xのようなノッチデザインになる可能性もありますが、iOS 12のベータ版の中にベゼルレスデザインのiPad Proとみられるアイコンが発見され、ノッチがない完全ベゼルレスのiPadの形をしていたことが明らかになっています。

20180928161952j:plain

iPhoneと比べてスペースに余裕があるためTrueDepthが画面上部に搭載しても切り欠きをなくすことができるのかもしれません。

ただ、一つだけ気になる点がありiOS 12を現行のiPad ProやiPadにインストールをすると画面上部にあった時計が左側に移動してしまっているんですよね。

20180929101357j:plain

やっぱりiPad ProにもiPhoneと同じようにノッチデザインが採用されることになるのか、それともiPadのUIをiPhoen Xと同じにするために移動させただけなのか?

iOS 12ではiPadもiPhone Xと同じジェスチャー操作方法に統一されています。

iPhone SEのようなエッジデザインに

現行のiPadやiPad Proは正面部分だけエッジ加工が施されたデザインとなっており、背面部分は丸角処理が施されていますが、新型のiPad Pro 2018はiPhone SEのように正面・背面の角にエッジ加工が施されデザインが刷新されるとか?

20180929102336j:plain

これはどうなんだろう?本当なのかな?

iPhoneはどちらかというと丸みを帯びたデザインに進化をしてきたので、iPadだけがiPhone SEのような過去のデバイスのデザインテイストを取り入れるというのが少し違和感を覚えます。

iPhone Xのようにステンレスフレームにガラスの背面パネルを採用したデザインに統一するのならまだ分かるのですが。

ケースメーカーの設計図が流出しています。

こちらのデザインもiPhone SEのような角ばったものになっているようで、注目すべき点は本体の厚みが衝撃の5.8mm!現行のiPad Pro 10.5は6.1mなのでさらに薄くなっています。

新型Apple Pencilで自動ペアリングに対応

Apple PencilはiPad Proが初めて登場した2015年に登場したペンシルですが、3年ぶりに新型モデルにアップデートされるようです。

AirPodsと同じように新型のApple PencilはiPad Proと近づけるだけ自動ペアリングできる仕様に変更されるとのこと。複数のiPad Proがある場合は今まで通りコネクタと再接続することで端末を切り替えることができるようです。

低価格ペンシルのロジクールペンシルはコネクタに接続しなくても自動的にペアリングできるので、新型のApple Pencilも同じような仕様になっている可能性は非常に高そうですね。これは便利そう!

USB-Cポートを採用

新型のiPad Pro 2018はApple独自規格だったLightningコネクタが廃止されてMacBook/MacBook Proにも採用されているUSB-Cポートを搭載し18Wの高速充電に対応するとみられています。

USB-CポートはMacBookではじめて搭載した規格でApple自らが普及のきっかけを作った割にiPhoneやiPadにはまだ採用をしていないチグハグな状態が続いています。2018年モデルのiPad ProでついにUSB-Cポートへと舵を切ることになるのか?

 

外部ディスプレイに対応

USB-Cポートに対応することで外部モニターへの出力も可能になるかもしれません。開発シミュレートの項目の中に外部出力に関する記述が発見されており、iPad Proから4K HDRでの画面出力ができるようになるというのです。

現在はサードパーティ製のアプリを使うことで外部モニターへの出力が可能となっていますが、新型iPad Proでは標準機能としてデュアルモニター環境を構築することができるようになるかもしれません。

3.5mmヘッドフォンジャック廃止

iPhoneのヘッドフォンジャックは2016年のiPhone 7/7 Plusで廃止されたので、iPad Proもいずれ廃止される運命にあるのでしょう。

そして2018年モデルの新型iPad Proでヘッドフォンジャックが廃止されることになるようです。なので、これからはLightningコネクタに対応したヘッドフォンかワイヤレスのAirPodsを使うのがスタンダードになりそうです。

Smart Connector(Magnetic Connevtor)が背面下部に

iPad Proにはスマートキーボードを接続するためにSmart Connectorが搭載されていますが、新型のiPad Proは背面パネルの下の方にMagnetic Connectorという名称で移動するという情報があります。

20180929105447j:plain

Face IDが縦向きにしか対応できないから縦向きでスマートキーボードを接続するのではないかと噂されていましたが、さすがにそれは使いにくすぎるのでそのような仕様にはしないのではないかと思います。

もし、Smart Connectorがこの部分に本当に移動するならスマートキーボードの構造が根本的に変更される可能性は非常に高いのかなと思っています。現在のスマートキーボードのデザインはとてもスマートとは程遠いデザインですから、大刷新して欲しいですね。

新型iPad Pro 2018のスペック・機能

では、iPad Pro 2018はどのようなスペックと機能を持ったデバイスになるのでしょうか。

A11X Bionicプロセッサを搭載

新型のiPad Pro 2018に搭載されるCPUプロセッサは従来の流れからみて、A11X Bionicプロセッサが採用されることになりそうです。

iPad Proに採用されるプロセッサは周回遅れでiPhoneの1世代前の名称にXが付与したGPUを強化したものが採用されています。

  iPhone iPad Pro
2016年モデル A10 Fusion
(iPhone 7/7 Plus)
A9X
(iPad Pro 9.7/12.9)
2017年モデル A11 Bionic
(iPhone X/8/8 Plus)
A10X Fusion
(iPad Pro 10.5/12.9)
2018年モデル A12 Bionic
(iPhone XS/XS Max/XR)
A11X Bionic??
(iPad Pro 10.5/11/12.9)

とはいえ、A11X BionicはプロセスルールがA12 Bionicと同じ7nmのものが採用されるとみられており、iPadでは初となるニューラルエンジンも搭載されることになるので性能がかなり強化されることになるでしょう。

追記:最新の情報ではA12X Bionicプロセッサになるとみられています。新型iPad Proのリリースが遅くなればなるほど、その可能性は高くなるのかもしれません。

 

Face IDが横向きに対応する

新型iPad Pro 2018はホームボタンを撤廃し顔認証のFace IDを使うことでロック解除やApple Payの決済処理をすることになります。

そして、iPad Pro 2018のFace IDは横向き認証に対応するとみられています。

iPhone X/XSのFace IDはiPhoneを横にした状態で顔認証をすることができない仕様となっており、iPhone XS Maxを横向きで使っていてもFace IDが横向きに対応していないのでパスワード入力で顔認証を使うときは縦に持ち直さないといけない弊害があります。

しかし、iPad Proの場合はスマートキーボードを接続することでランドスケープモード(横向き)で使うことが多いので横向きによる顔認証に対応は必須です。必ず対応してほしいところです。

コンセプトデザインの動画があります。ここでは11インチモデルと12.9インチモデルの二つのモデルが登場してきています。

シンプルに全モデルでデザインを刷新してiPad Proは11インチと12.9インチの2モデル構成にしてしまった方が分かりやすくいいかもしれませんね。エントリーモデルのiPad(第6世代)との差別化もできますし。

端末価格

現行モデルのiPad Proの価格から新型iPad Pro 2018の価格を推測してみます。

iPad Pro 2017の端末価格
  • iPad Pro 10.5:69,800円〜
  • iPad Pro 12.9:86,800円〜

iPad Pro 10.5・11・12.9の3機種の場合

もし、10.5インチと12.9インチはデザインそのままで内部スペックのアップデートだけになるなら価格据え置きか、5,000円ほど価格が上がるかもしれません。

新たに追加されるという11インチモデルは有機ELディスプレイを搭載する可能性もあるようなので価格は高くなるかもしれません。

  • iPad Pro 11(有機ELだったとしたら):100,000円以上?

iPhone XS Maxが124,800円〜なので、2018年モデルのiPad Pro 11はそれよりも高い価格設定になる可能性もありそうですよね。

iPad Pro 11・12.9の2機種の場合

11インチと12.9インチの2機種だった場合は有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイになるかもしれないので、端末価格は現在の価格から5,000円ほど高くなるかもしれません。(iPhone XRはiPhone 8よりも6,000円高くなった。)

iPad Pro 2018の端末価格(予想)
  • iPad Pro 11:74,800円〜
  • iPad Pro 12.9:91,800円〜

機種IDから推測すると64GBモデルが廃止される可能性が高いので新型iPad Proを大幅に値上げをして従来のiPad Pro 10.5を少しだけ値下げして継続販売する可能性もあるのかも?

となるとiPad Pro 10.5、iPad Pro 11、iPad Pro 12.9の3機種になるというのも間違いではないのかもしれません。

いずれにしてもiPad Proは端末価格が高いので少しでも安くiPadが欲しい方はiPad(第6世代)がおすすめです。

発表日と発売日

新型のiPad Pro 2018は2018年10月にも発表されるのではないかと噂されています。過去にも9月にiPhoneを発表した後に10月にも発表会をしたことがあります。

で、今年はiPhone XRが2018年10月19日に予約が開始し10月26日に発売されます。となりと、iPhone XRの発売前に発表会を開催してもう一度、iPhone XRの訴求をすると思いましたが、可能性は低いのかもしれません。

  • 2018年10月16日(火)← ない
  • 2018年10月23日(火)← ない
  • 2018年10月30日(火)← スペシャルイベント開催へ

追記:2018年10月30日午後11時よりスペシャルイベント「There’s more in the making」が開催されます。

Apple スペシャルイベント There’s more in the making

今回はニューヨークのブルックリンで開催するということで時間帯がいつもよりも早いですね。キャッチフレーズの意味は「他にも作ってます。」なのでiPad ProやMacシリーズが発表される可能性が高そうです。

iPhone XRの販売を開始した後なのでiPhone XS/XS MaxやiPhone XRがこれだけ売れたんだぜーという話題から新型のiPad Proの発表の流れがしやすくなりそうね。

ということはiPad Proの予約と発売日は..

  • 予約:2018年11月初旬
  • 発売日:2018年11月中旬

となるかもしれません。

 

まとめ:とにかく高そうな新型のiPad Pro 2018!

新型のiPad Pro 2018は11インチ・12.9インチの2モデルになるのか、10.5インチ・11インチ・12.9インチの3モデル体制になるのか分かりませんが、11インチと12.9インチがベゼルレスディスプレイを搭載したモデルに刷新して10.5インチが継続販売されるというラインナップになりそうな予感がします

11インチのiPad Proのディスプレイが有機ELになるのか液晶になるのか。もし、有機ELが搭載されることになると価格がめちゃくちゃ高くなりそうな気がします...。そもそもOLEDのメリットってなんなんでしょうかね。

iPhone XとiPhone 8を併用していた時期があったのですがiPhone Xの方が画質が良いとかは特に感じなかったので、液晶のままでいいようにも感じます。

また、新型のApple Pencilが登場するかもしれないということで自動ペアリング機能はとても便利なので利便性がさらに良くなりそうですね。

↓ iPhone XS/XS Max/XRをキャリアで買う ↓

iPad ProやiPad(第6世代)はApple Pencilを使うことができますが、イラストを描くから必要ないと思っている方も多いかもしれませんが、絵を描くこと以外にもApple Pencilを活用することができます。