シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

新型iPad Pro 2018は11・12.9インチの2機種!スペック、価格、発売日まとめ!


新型iPad Pro 2018

Appleが新型のiPad Pro(2018)が11インチと12.9インチの2モデルが正式に発表しました!すでに予約が開始され2018年11月7日(水)に発売開始となります。ここでは新型iPad Pro(2018)の11インチモデルと12.9インチモデルのデザイン・スペック・発売日について詳しく書いていきたいと思います。

 

新型iPad Pro 2018 デザイン、スペック、発売日について

新型iPad Pro 2018は11インチと12.9インチの2機種!

少し前まではiPad Pro 10.5は本体サイズはそのままに画面サイズが11インチに大型化し、iPad Pro 12.9は画面サイズをそのままに本体サイズを小型化し、いずれもベゼルレスデザインを採用すると噂されていましたが、11インチと12.9インチの2モデルとなります。

iPad Pro 2018のラインラップ
  • iPad Pro 10.5(販売継続へ)
  • iPad Pro 11
  • iPad Pro 12.9

従来の10.5インチモデルが11インチモデルに置き換わることになり、12.9インチモデルは画面サイズはそのままで本体サイズがよりコンパクトになっています。なお、iPad Pro 10.5インチモデルは販売が継続されることになります。

NEW! → iPad Pro 11とiPad Pro 12.9を実機でレビューしたので参考にしていただけたらと思います!

新型iPad Pro 2018の外観デザイン

全面ディスプレイを搭載へ

iPad Pro 11インチ

iPad Pro 11インチモデルは画面サイズが0.5インチ大きくしつつホームボタンがなくなったことでベゼルレスデザインにすることが可能となり本体サイズが小さくなっています。

iPad Pro 10.5とiPad Pro 11の大きさ比較

画面サイズが11インチに拡大したことで画面解像度は2,388 x 1,668ピクセルになり10.5インチの2,224 x 1,668ピクセルよりも縦に少しだけ解像度が高くなっています。つまり、11インチモデルだけは4:3の画面比率ではなく4.3:3となります。

画面が少しだけ縦に長くなったことで横モードでSplit Viewで2画面にすることで10.5インチよりも少しだけ作業エリアが広くなるメリットがあります。

iPad Pro 12.9インチ

12.9インチモデルは画面サイズは同じで解像度も2,732 x 2,048ピクセルと同じになっています。ホームボタンがなくなったことによりベゼルレスデザインになって本体サイズがかなり小さくなっています。

iPad Pro 12.9 新旧の大きさ比較

同じ解像度ということは角丸部分だけ画素数が減っているということですね。まあ、画面ギリギリまで使うアプリってそうそうないので影響はなさそうですが、少し気になるところではあります。

モデル iPad Pro 11 iPad Pro 10.5 iPad Pro 12.9
世代 2018 2017 2018 2017
画面サイズ 11インチ 10.5インチ 12.9インチ
解像度 2,388 x 1,668 2,224 x 1,668 2,732 x 2,048
画素密度 264ppi
画面比率 4.3:3 4:3
仕様 耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
サイズ 247.6 x 178.5 x 5.9 250.6 x 174.1 x 6.1 280.6 x 214.9 x 5.9 305.7 x 220.6 x 6.9
重量 468 g 469 g 633 g 677 g

サイズを旧モデルと比較してみるとiPad Pro 12.9の本体サイズダウンがかなり凄いですね。新型のiPad Pro 12.9は画面サイズはそのままで筐体サイズを25%のダウンサイジングに成功しているとのことです。

12.9インチモデルは筐体が大きかったので持ち運びはあまりすることはなかったですが、新型は持ち運びするのがかなり楽になりそう...。

エッジ加工がなくなった

現行のiPadやiPad Proは正面部分だけエッジ加工が施されたデザインとなっており、背面部分は丸角処理が施されていますが、新型のiPad Pro 2018はエッジ加工がなくなり軽く丸処理されたデザインとなっています。

iPad Pro 2017とiPad Pro 2018の本体の薄さ比較

iPhone SEのようなエッジ加工がされるのではないかと噂されていましたが、エッジ加工なしとはちょっと意外でしたね。

薄さとベゼルレスデザインを優先、あとで紹介する新型のスマートキーボードフォリオのデザインに合わせるためにこのようなデザインになったのでしょう。筐体の薄さが6.9mmから5.9mmと1mmも薄くなっているので、まさに何でもできる魔法の板になっています。

Face IDを搭載して横向き認証に対応する

新型のiPad Pro 2018はホームボタンが廃止されて顔認証のFace IDに対応することになります。

iPad ProのFace ID

新型iPad Pro 2018はホームボタンを撤廃し顔認証のFace IDを使うことでロック解除やApple Payの決済処理をすることになりますが、iPad Pro 2018のFace IDは横向き認証に対応しました。

モデル iPad Pro 11 iPad Pro 10.5 iPad Pro 12.9
世代 2018 2017 2018 2017
認証システム 顔認証Face ID 指紋認証
Touch ID
顔認証Face ID 指紋認証
Touch ID

上下左右360°どの角度でも顔認証ができるようになっているので、iPhone XSよりもかなり使いやすいFace IDになっています。

iPhone X/XSのFace IDはiPhoneを横にした状態で顔認証ができない仕様となっており、iPhone XS Maxを横持ちで使っていてもFace IDが対応していないのでパスワード入力で顔認証したいときは縦に持ち直さないといけませんでした。

しかし、iPad Pro 2018なら360°上下左右どこでもFace IDを使うことができるのです。実際に上斜めからFace IDを使って画面のロック解除をしてみましたが全く問題なく顔認証することができました。

iPad Pro 顔認証

これは...本当に凄い!iPad Proの場合はスマートキーボードを接続して、ランドスケープモード(横向き)で使うことが多いので横向きによる顔認証は必須となりますが、この辺りは抜かりなく対応していましたことになります。

 

新型のApple Pencil 2が登場

新型iPad Pro 2018の登場に合わせてApple Pencilも第2世代に進化しています。

iPad Proに装着可能、ワイヤレス充電に対応

Apple Pencil(第2世代)はiPad Proの側面に磁石でくっつけることができるようになり、置き場に困ることがなくなります。そして、ワイヤレス充電に対応するためコネクタに接続して充電をする必要がなくなりました。

Apple Pencil 第2世代

ワンタップでペアリング可能に

さらに、Apple Pencil 2をiPad Proにくっ付けることでワンタップでペアリングをすることができるようになりました。

当初はAirPodsと同じように新型のApple Pencil 2はiPad Proと近づけるだけ自動ペアリングできる仕様になると思われていましたが、Apple Pencil 2をiPad Proに装着して「接続」をタップすることで使うことが可能となります。

実際にApple Pencil 2をiPad Proにくっ付けてワイヤレス充電をしてみました。

Apple Pencil2のワイヤレス充電

こんな感じにスマートにApple Pencilをペアリングして充電することができるのです。めちゃくちゃ便利。ちなみに、低価格ペンシルのロジクールペンシルはコネクタに接続しなくても自動的にペアリングできるでようになっています。

側面をタッチすることでツール変更可能に

Apple Pencil 2は本体側面をタッチ操作することができるようになっていて、ツールを瞬時に変えることができる機能が搭載されているのでクリエティブ作業が非常にやりやすくなっています。

Apple Pencil 第2世代 タッチ操作に対応

ツールの切り替えは初期設定では現在使っているツールと消しゴムの切り替えとなっていますが、設定から一つ前に使っていたツールとの切り替えをしたり、カラーパレットを表示したりすることも可能となっています。

iPad Pro 10.5との互換性はなし

なお、Apple Pencil(第2世代)と従来のiPad Pro 10.5やiPad(第6世代)との互換性はなく、新型のiPad Pro 11とiPad Pro 12.9の専用モデルということになるようです。

USB-Cポートを採用

新型のiPad Pro 2018はApple独自規格だったLightningコネクタが廃止されてMacBook/MacBook Proにも採用されているUSB-Cポートを搭載し高速充電に対応します。

USB-CポートはMacBookではじめて搭載した規格でApple自らが普及のきっかけを作った割にiPhoneやiPadにはまだ採用をしていないチグハグな状態が続いていましたが2018年モデルのiPad ProでついにUSB-Cポートへと舵を切ることになりました。

iPad Proがモバイルバッテリー化

USB-Cに対応したことで給電機能も使うことができるようになるため、iPad ProからiPhoneを充電することも可能となります。スマホだけでなくUSB-Cに対応しているミラーレスカメラなどもiPad p路から充電することができます。

つまり、iPad Proを持ち歩いていればモバイルバッテリーを持ち歩く必要がなくなるということになります。

外部ディスプレイに対応(5K解像度まで)

USB-Cポートに対応することで外部モニターへの出力も可能となります。もちろん、5K解像度まで対応しているので高精細な画面で作業をすることができます。

iPad Proを外部モニター接続

従来のモデルもサードパーティ製のアプリを使うことで外部モニターへの出力が可能となっていますが、新型のiPad Proでは標準機能としてデュアルモニター環境を構築することができるようになります。ただし、対応していないアプリは単なるミラーリング表示となります。

3.5mmヘッドフォンジャック廃止

iPhoneのヘッドフォンジャックは2016年のiPhone 7/7 Plusで廃止されましたが、iPad Proも2018年モデルで廃止されることになりました。

新型のiPad Pro 2018はヘッドフォンジャックだけではなくLightningコネクタも廃止されたので、ヘッドフォンで音楽を聴く場合はAirPodsなどのワイヤレスイヤホンを使うことが前提となります。

 

新型のSmart Keyboard Folio

画面も背面パネルも守ることができる

iPad Proにはスマートキーボードを接続するためにSmart Connectorが搭載されていますが、新型のiPad Proは背面パネルの下の方に移動しています。

iPad Pro 2018

これは新型のSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)に対応するためのもので、スマートキーボードフォリオはディスプレイだけではなく背面パネルも覆う形に完全にデザイン刷新されました。

Smart Keyboard Folioのデザイン

上が新型iPad Pro 2018とSmart Keyboard Folio

画面だけではなく背面パネルもしっかりとガードすることができるようになり、デコボコではなくなったのでスタイルも良い。Smart Keyboard Folio

このスマートキーボードのデザインに対応するためにiPad Proはエッジ加工をしないデザインに変更されたのでしょう。Smart Keyboard Folioを装着した時のデザインがかなりスマートでカッコイイ!

旧モデルの凸凹としたデザインからの脱却したのはかなり嬉しいですね。

2段階の角度調整が可能に

さらに画面の角度を2段階で調整することも可能になっています。

Smart Keyboard Folio 角度調整機能

スマートキーボードの設計を完全に見直して従来のスマートキーボードの欠点を完全に克服したのがSmart Keyboard Folioなのです。これだけでも2018年モデルのiPad Proは完全に買いですよ。

新型iPad Pro 2018のスペック・性能

A12X Bionicプロセッサを搭載

新型のiPad Pro 2018はA12 Bionicの強化バージョンとなるA12X Bionicプロセッサが搭載されます。

iPad Proに採用されるプロセッサは周回遅れでiPhoneの1世代前の名称にXが付与したGPUを強化したものが採用されてましたが、2018年モデルはiPhone XSと同じA12世代ということになります。

  iPhone iPad Pro
2016年モデル A10 Fusion
(iPhone 7/7 Plus)
A9X
(iPad Pro 9.7/12.9)
2017年モデル A11 Bionic
(iPhone X/8/8 Plus)
A10X Fusion
(iPad Pro 10.5/12.9)
2018年モデル A12 Bionic
(iPhone XS/XS Max/XR)
A12X Bionic
(iPad Pro 11/12.9)

A12X Bionicプロセッサは7コアCPU + 8コアGPU、さらに8コアニューラルエンジンを内蔵した非常に高性能なプロセッサとなっています。

A12X Bionicプロセッサの性能

iPhone XSのA12 Bionicと比べても怪物級に性能が向上していることになります。

  iPad Pro 2018 iPad Pro 2017 iPhone XS
プロセッサ A12X Bionic A10X Fusion A12 Bionic
CPUコア 8コア 6コア 6コア
GPUコア 7コア 12コア 4コア
ニューラルエンジン 8コア - 8コア

A12X BionicはA10 FusionよりもCPUの性能が90%速くなり、GPUの性能は2倍速くなっているそうです。

2017年モデルのiPad ProのA10 Fusionでも十分に高速だったプロセッサがさらに高速化しているのにバッテリー駆動時間は10時間と変化ないところが凄いところですが、プロセスルールが7nmと微細化されているのでCPUの消費電力効率もかなり向上しているのでしょうね。

iPhone XSと同じくスマートHDRに対応したカメラ

新型iPad Pro 2018に搭載しているカメラはリア・フロントともにiPhone XSに搭載されているものと同等の性能を持ったカメラを搭載しているようです。ただし、2017年モデルに搭載されていた光学式手ぶれ補正機能は見送られたようです。 

モデル iPad Pro 11 iPad Pro 10.5 iPad Pro 12.9
世代 2018 2017 2018 2017
画素数 1200万画素
レンズ 5枚構成
ƒ/1.8
6枚構成
ƒ/1.8
5枚構成
ƒ/1.8
6枚構成
ƒ/1.8
手ぶれ補正 - 光学式手ぶれ補正 - 光学式手ぶれ補正
その他 スマートHDR
4K60p動画
HDR
4K30p動画
スマートHDR
4K60p動画
HDR
4K30p動画

iPhone XSはイメージセンサーが大きくなって画質が向上しましたが、iPad Pro 2018はかなり微妙なところです。

というのも、本体の厚さをさらに薄くするために設計をし直し光学式手ぶれ補正機能も省略されてサイズ的余裕があまりなさそうな感じですし、イメージセンサーが大きくなったという文言が入っていないので、スペック上のカメラの性能は2017年モデルの方が上なのかもしれません。

手ぶれ補正が非搭載になったのが残念ではありますが、iPadで写真撮影ってあまりしないので問題はないのかも?

 

端末価格は値上げされることに

新型iPad Pro 2018は完全刷新したこともあり従来のiPad Proよりも20,000円も値上がりしてしまうことに...。

2017年モデルのiPad Proは10.5インチが69,800円〜、12.9インチが86,800円〜で買うことができましたが、2018年モデルは11インチが89,800円〜、12.9インチモデルが111,800円〜とかなりの値上げとなってしまいました。

新型iPad Pro Wi-Fiモデル
  iPad Pro 11 iPad Pro 12.9
64GB 89,800円 111,800円
256GB 106,800円 128,800円
512GB 128,800円 150,800円
1TB 172,800円 194,800円
新型iPad Pro Wi-Fi+セルラーモデル
  iPad Pro 11 iPad Pro 12.9
64GB 106,800円 128,800円
256GB 123,800円 145,800円
512GB 145,800円 167,800円
1TB 189,800円 211,800円

ディスプレイは有機ELではなく液晶なのでそこまでの値上げはないのかなぁと思っていましたが、20,000円の値上げは結構大きいですね。さらに、Apple Pencil(第2世代)とSmart Keyboard Folioも値上げしています。

  • Apple Pencil:10,800円
  • Apple Pencil(第2世代):14,500円
  • Smart Keyboard 10.5インチ:17,800円
  • Smart Keyboard Folio 11インチ:19,800円

ちなみに、iPad Pro 10.5インチモデルは継続販売されることになりました。なので、少しでも安いiPad Proが欲しい方は10.5インチモデルを買うことになるでしょう。

iPad Pro 10.5 Wi-Fiモデル
  iPad Pro 10.5 Wi-Fi iPad Pro 10.5 Wi-Fi+セルラー
64GB 69,800円 84,800円
256GB 86,800円 101,800円
512GB 108,800円 123,800円

この価格差を見るとiPad Pro 10.5でいいかな...とも思ってしまいますが、デザイン刷新を果たしたiPad Pro 11インチと12.9インチは非常に魅力的なモデルではないでしょうか。この記事でiPad Proの比較をしてきましたが、Appleの公式サイトでも簡単に仕様を比較できるのでぜひチェックしてみてください。

いずれにしてもiPad Proは端末価格が高いので少しでも安くiPadが欲しい方はiPad(第6世代)がおすすめです。

発表日は2018年10月30日午後11時から

新型のiPad Pro 2018は2018年10月にも発表されるのではないかと噂されていましたが、2018年10月30日午後11時よりスペシャルイベント「There’s more in the making」が開催されました。

  • 2018年10月16日(火)← ない
  • 2018年10月23日(火)← ない
  • 2018年10月30日(火)← スペシャルイベント開催へ

Apple スペシャルイベント There’s more in the making

今回はニューヨークのブルックリンで開催するということで時間帯がいつもよりも早いですね。キャッチフレーズの意味は「他にも作ってます。」となっており、iPad Proの他にも13インチ MacBook AirとMac miniの発表がされました。

予約は10月31日、発売日は11月7日に

予約日と発売日ですが、iPad Pro 10.5の時は6月6日に発表されて6月7日に予約を開始して6月14日に発売が開始されましたが、新型のiPad Proは10月30日に発表されて10月31日に予約が開始されて、一週間後の11月7日(水)にも発売が開始されることになります。

  • 予約日:10月31日(水)
  • 発売日:11月7日(水)

iPad Proは発表からすぐに予約開始となり一週間後に発売がスタートするのがパターン化していますね。

 

まとめ:完全刷新されたiPad Pro、さらに魅力的に

いや〜。2018年モデルのiPad Pro 11インチモデルと12.9インチモデル。めちゃくちゃ良いんじゃないでしょうか。

おおよそ、リーク通りのデザインだった感じですが、Smart Keyboard FolioとApple Pencil(第2世代)も合わせて刷新されたことで全体的なプロダクトデザインのクオリティが向上したように思います。

iPad Pro 2018とSmart Keyboard Folio

特に今までダサかったスマートキーボードがとても良いデザインに生まれ変わったのが素晴らしい改善点ではないでしょうか。

Apple Pencil(第2世代)もワイヤレス充電に対応し磁石で本体にくっつけることができるのはかなり大きな改善点ですよね。今まで置き場所に困ってたApple Pencilを収めることができます。

ただ、端末価格が全体的に値上げされたのはちょっと残念ですが、大型アップデートということで仕方ないのかもしれません。

iPad ProやiPad(第6世代)はApple Pencilを使うことができますが、イラストを描くから必要ないと思っている方も多いかもしれませんが、絵を描くこと以外にもApple Pencilを活用することができます。