シンスペース

iPhone・iPad・MacなどApple製品などガジェットのレビューブログ

新型iPad mini 5(2019)レビュー!スペック・使いやすさ・価格の違いを徹底比較!


iPad mini 5 レビュー

新型のiPad mini 5が2019年3月30日に発売しました!

新型のiPad miniはナンバリングが廃止されて「iPad mini」にリネームされて画面サイズは7.9インチと変わらずA12 Bionicプロセッサを搭載しApple Pencilに対応したモデルへと進化を果たしています。

ここでは新型のiPad mini 5(2019)の新機能をはじめ、デザイン、スペック、使いやすさについて書いています。

旧型のiPad mini 4と徹底比較レビューもしているので旧型から乗り換えを検討している方も参考にしていただければと思います。なお、2019年モデルのiPad miniは正式にはiPad mini(第5世代)と表記されます。

 

新型iPad mini(第5世代)レビュー

iPad mini 5とiPad mini 4のスペック比較

新型のiPad mini(第5世代)のスペックをiPad mini 4と比較してみましょう。本体サイズはそのままに内部スペックのみ更新されたモデルとなっています。

iPad mini 5とiPad mini 4 スペックの違い
  iPad mini(第5世代) iPad mini4
画面サイズ 7.9インチ(2,048 x 1,536ピクセル)
仕様 耐指紋性撥油コーティング、フルラミネーション、反射防止コーティング
高画質技術 広色域(P3)、True Tone、1.8%の反射率、500ニトの輝度 -
Apple Pencil Apple Pencil(第1世代)に対応 -
CPU A12 Bionic(Neural Engine内蔵) A8
RAM 3GB 2GB
ストレージ容量 64GB、256GB 128GB
リアカメラ 800万画素・ƒ/2.4(5枚構成のレンズ)
フロントカメラ 700万画素・ƒ/2.2 120万画素・ƒ/2.2
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac MIMO対応HT80
LTE(セルラーモデル) ギガビット級LTE(28バンドに対応) LTE(20バンドに対応)
Bluetooth 5.0 4.2
本体サイズ 203.2 × 134.8 × 6.1 mm
重量 300.5 g 298.8 g

iPad mini 5はiPadのような廉価版ディスプレイを搭載すると噂されてましたが、広色域ディスプレイ(P3)やTrue Toneテクノロジーにも対応したフルラミネーションディスプレイが採用されてiPad mini 4よりも画面画質はスペックアップしています。

iPad mini 5 Retinaディスプレイ

また、A12 Bionicプロセッサに3GBのRAMを搭載してiPhone XRと同じ性能となり、あらゆるアプリも快適にサクサク動作するようになっています。

リアカメラの画素数は800万画素とiPad mini 4と同じとなっていますが、A12 Bionicを搭載したおかげか同じ800万画素のカメラとは思えなくらい画質はかなり向上しています。

↓ iPad miniをキャリアでチェック ↓

iPad mini(第5世代)の新機能

全面ディスプレイではない

iPad mini 5とApple Pencil

2018年に発売されたiPad Proはホームボタンを廃止して全面ディスプレイが採用されましたが、iPad mini (第5世代)は今まで通り7.9インチのディスプレイに指紋認証のTouch IDに対応したホームボタンを搭載したモデルとなっています。

どうせモデルチェンジするならFace IDに搭載したベゼルレスディスプレイを搭載して欲しかったところですが。

片手サイズで持ち運びしやすい

iPad mini 5 サイズ感

iPad miniのメリットはなんといってもこのサイズ感でしょう。片手サイズなのに9.7インチディスプレイのiPad(第6世代)と同じ解像度の画面で作業をすることができます。

しかも、iPad mini(第5世代)はApple Pencilも使うことができるようになったので、サッとメモやノートを取りたい時もかなり便利に使いこなすことができるでしょう。 

iPad miniくらいの大きさなら、小さめのショルダーバックやボディバックの中に放り込んで持ち運ぶことができますからね。

iPad mini 5をボディバックの中に

iPad mini 5をボディバックの中に

財布と一緒にボディバックの中に入れてiPadを持ち運ぶことができる...。しかも、iPad mini 4と違ってiPad mini 5は高性能なCPUプロセッサを搭載しているのでストレスなく操作できるのはとても嬉しいですね。

僕はある企業のホームページの更新を担当している関係上でどこに行くにしてもいつでもリリース発表の更新ができる体制をとっていて、どこに行くにしてもリュックの中にMacBookかiPad Proを忍ばせています。

しかし、iPad mini 5の高性能なCPUとApple Pencilがあれば細かい作業も快適にできるようになるので、わざわざiPad Proを持ち運ぶ必要性もなくなるかも。

細かすぎるデザインの違い

iPad mini 5のデザインはiPad mini 4をベースとしたものとなっています。以下の画像はiPad mini 5のWi-FiモデルとiPad mini 4のセルラーモデルになっていて上部のアンテナ部分のデザインが異なりますが基本的に同じデザインです。

iPad mini 5とiPad mini 4 背面パネルの違い

左:iPad mini 5、右:iPad mini 4

微妙に変わった点としては、マイクの位置がiPad mini 4はリアカメラの横にあったのがiPad mini 5は本体上部に移動しています。また、iPadのロゴフォントが太文字から細文字に変更となっています。

iPadのロゴの違い

左:iPad mini 5、右:iPad mini 4

また、iPad mini 5はCEなどの認証マークもないので全体的にスッキリした印象がありますね。まあ、ここまで気にする人はいないと思いますね。また、リアカメラはフラットタイプのレンズを引き続き搭載しているのでテーブルに置いた時にガタツキなく使うことができます。

リアカメラの違い

左:iPad mini 4、右:iPad mini 5

カメラの位置が微妙にズレているのでiPad mini 4のケースを使うとカメラが隠れてしまうので基本的に使わない方がいいでしょう。

本体下部にステレオスピーカーとLightningコネクタを搭載しています。配置は全く同じです。

iPad mini Lightningコネクタ

上:iPad mini 5、下:iPad mini 4

本体上部に電源ボタンとヘッドフォンジャックを搭載しています。マイクの穴がリアカメラ横から本体上部に移設されているのが分かります。

iPad mini 本体上部のデザイン

上:iPad mini 5、下:iPad mini 4

さらに、音量ボタンの配置が少しだけ上に移動しています。

iPad mini サイド部分のデザインの違い

上:iPad mini 5、下:iPad mini 4

なので、ケース一体型のSmart CaseはiPad mini 4と互換性がないので注意です。保護カバー一体型のSmart Coverは問題なく使うことができます。

iPad mini 5とiPad mini 4の筐体デザインで大きく異なる部分がダイヤモンドカットの加工方法の違いです。iPad mini 4は光沢のある加工がされていますがiPad mini 5は非光沢なものになっています。

iPad miniのダイヤモンドカットの加工違い

左:iPad mini 4、右:iPad mini 5

Appleの製品はブラッシュアップモデルはダイヤモンドカットの加工が光沢のあるタイプから非光沢に変更されることが多く、iPhone 5s → iPhone SE、iPad Air → iPad(第6世代)も同じように非光沢タイプのダイヤモンドカット加工が施されています。

iPad miniの筐体デザインの違い

上:iPad mini 5、下:iPad mini 4

どっちがいいかは完全に好みですが、光沢のないダイヤモンドカットの方が落ち着いた雰囲気になっています。

フルラミネーションディスプレイを搭載

iPad mini 5は廉価なディスプレイを搭載すると噂されていましたが、新しく発売されたiPad mini(第5世代)はiPad mini 4と同じようにフルラミネーションディスプレイを搭載しています。

フルラミネーションディスプレイは液晶ディススプレイ、タッチパネル、保護ガラスの3つの部品を一体化して空気層を減らしたパネルとなっていて光の乱反射を抑えることができる技術です。

フルラミネーションディスプレイとノーマルディスプレイの違い

左:iPad mini 4(フルラミネーション)、右:iPad mini 2

見た目で違いを判別することができ、フルラミネーションディスプレイは液晶画面と保護ガラスの隙間が狭く、iPad mini 2は画面が少しだけ奥まっているのが分かります。

保護ガラスと液晶画面の隙間が狭いので直感的に操作できるというメリット以外にもiPad mini 5とmini 4のディスプレイは光の反射も抑えられているのでiPadを使うときに画面が見やすいというのもあります。

iPad mini 4とiPad mini 2 画面の反射の違いを比較

iPad mini 2との比較でフルラミネーションディスプレイを搭載しているiPad mini 4は光の反射をかなり抑えられているので外でiPad miniを使いたい時も見やすい画面となっています。

また、フルラミネーションディスプレイとApple Pencilの組み合わせは非常に相性がよく、ペン先と画面の距離がより近いので...

フルラミネーションディスプレイとApple Pencil

本当の紙に書いているかのような書き心地を実現しています。

フルラミネーションディスプレイでないiPad(第6世代)だと画面とペン先の間に空間ができてしまうので、書き心地に違和感がありますが、iPad mini 5は快適にペンを走らせることができるのです。

なお、iPad mini 5のフルラミネーションディスプレイはiPad mini 4よりもさらに品質の高いパネルになっているようで保護ガラスと液晶画面の隙間がさらに狭くなっていました。

iPad mini 5とiPad mini 4のフルラミネーションディスプレイ

ほんのわずかな差ですが新世代のiPad mini 5になったことで新設計のフルラミネーションディスプレイが採用されたのでしょう。

光の反射の色合いも少しだけ違います。

iPad mini 5とiPad mini 4の画面反射を比較

左:iPad mini 5、右:iPad mini 4

まあ、そこまで違いはありませんけどね。ここまで来たらちょっとマニアックすぎます(笑)

参考までに歴代iPad miniの画面スペックを比較です。

iPad miniシリーズの画面仕様
  iPad mini 5 iPad mini 4 iPad mini 3 iPad mini 2
画面サイズ 7.9インチ、2,048 x 1,536ピクセル、326ppi
フルラミネーション ×
広色域(P3) ×
True Tone ×
反射防止コーティング ×
耐指紋性撥油コーティング
Touch ID ×
Apple Pencil ×
本体の薄さ 6.1 mm 6.1 mm 7.5 mm 7.5 mm

さらに、iPad Pro 10.5インチとiPad(第6世代)のディスプレイの仕様も比較です。

iPad ProとiPadの画面仕様
  iPad Pro iPad(第6世代) iPad Air 2 iPad Air
画面サイズ 10.5インチ 9.7インチ
フルラミネーション × ×
反射防止コーティング × ×
耐指紋性撥油コーティング
広色域(P3) ×
ProMotion ×
True Tone ×
Apple Pencil ×

iPad(第6世代)はフルラミネーションディスプレイではないのでiPad mini 5の方が性能の高いディスプレイを搭載しているということになります。ただし、iPad Proが搭載しているProMotionディスプレイは非対応となるのでiPad Proのようなスクロールがぬるぬる動作することはありません。

 

広色域(P3)ディスプレイに対応

さらに、iPad mini 5に搭載しているディスプレイは広色域(P3)ディスプレイに対応しています。

広色域(P3)ディスプレイは通常のフルRGB色域よりもさらに広色域を表示することができる高画質なディスプレイとなっておりiPad Proにも採用されているディスプレイとなっています。

広色域P3ディスプレイの比較

左:iPad mini 5、右:iPad mini 4

といっても、色合いの違いはほとんど分からないかな...?

ちょっとだけiPad mini 5の方が色鮮やかに見えるような気もしますが、一般人の僕にはその違いを明確に判別することはできないようです。しかし、写真の現像処理など高度なことをする方はより広い色域を表現することができるiPad mini 5のP3対応のディスプレイの恩恵は大きいのではないでしょうか。

True Toneテクノロジーに対応

さらに、iPad mini 5は周囲の環境光に合わせてディスプレイの色温度を自動調整してくれるTrue Toneテクノロジーにも対応しています。

True Toneテクノロジーに対応しているiPad Proと非対応のiPadで違いを比較してみるとiPad Proの方が目に優しい柔らかい色合いになっいます。

True Toneディスプレイの違い

左:iPad mini 5、右:iPad mini 4

True Toneテクノロジーは写真の色も微妙に変化してしまうので、人によっては好みのある機能かもしれませんが、電子書籍を長時間読んだり白色の画面を長時間見ることが多い場合は温かい色温度の画面の方が目に優しいのは確かです。

とても見やすい画面になるので個人的にはiPad mini(第5世代)にTrue Toneテクノロジーが搭載されたのはかなりポイントは高いですね。

セルラーモデルのアンテナが樹脂からラインに

iPad mini 4のセルラーモデルのアンテナは樹脂製になっていましたが、iPad mini 5はiPad(第6世代)やiPad Air 10.5インチのセルラーモデルと同じアンテナラインに変更されています。

以下の画像はiPad mini 4とiPad Pro 10.5のセルラーモデルとの比較です。

iPad セルラーモデル アンテナ

Apple StoreのiPad mini 5の販売ページで公開されている画像を見てもアンテナは樹脂ではなくラインに変更されているのが分かります。

iPad mini(2019)アンテナライン

樹脂アンテナはあまり格好良くなかったのでアンテナラインへの変更はセルラーモデル愛好家にとってはかなり嬉しい仕様変更といっていいでしょう。

CPUがA12 Bionicプロセッサを搭載

iPad mini 4はiPhone 6/6 PlusのA8プロセッサと2GBのRAMを搭載しておりスペック的に少し厳しくなっておりiOS 12をインストールしたiPad mini 4の動作は少し遅いと感じることがありました。

そんな中で新型のiPad mini(第5世代)はまさかのiPhone XSシリーズに採用されたA12 Bionicプロセッサを搭載してきました。

  iPad mini 5 iPad mini 4 iPad(第6世代)
CPU A12 Bionic A8 A10 Fusion
RAM 3GB LPDDR4X 2GB LPDDR4 2GB LPDDR4

A12 Bionicはかなり性能の高いプロセッサでiPad miniに採用されるか懐疑的でしたが惜しみなく最新プロセッサを採用したことになりますね。

iPad Pro(2018)はGPUの性能を強化したA12X Bionicを搭載していますが、iPad mini(2019)は通常版の「X」なしのプロセッサですがAIのニューラルエンジンも内蔵していますし性能的には申し分ないものとなっているでしょう。

Geekbench 4でCPUの性能を計測してみました。

A12 BionicとA8 CPUの性能比較

左:iPad mini 5、右:iPad mini 4
プロセッサの性能差
  iPad mini 5 iPad mini 4 iPad(第6世代)
CPU A12 Bionic A8 A10 Fusion
CPUシングルコアスコア 4777 1733 3484
CPUマルチコアスコア 11414 3005 5935
Metal(GPU) 21817 4945 13161

iPad mini 4は2015年に発売したモデルで4世代前のCPUプロセッサを搭載しているのでスコアはかなり低くなっており、CPUのマルチコアスコアは3.5倍ほど、GPUは5倍近い性能を持っていることになります。

ブラウザ(Safari)、App Store、iTunes Storeの表示速度をiPad mini 5とiPad mini 4で比較してみました。

A8プロセッサを搭載しているiPad mini 4の動作がかなり遅いのでA12 Bionicプロセッサを搭載しているiPad mini 5の方が圧倒的に速く動作していますね。iPad mini 4であった引っかかりや表示遅れなどはiPad mini 5では一切ありません。ノーストレスです。

↓ iPad miniをキャリアでチェック ↓

Touch IDの認証速度は速い

iPad mini 5は指紋認証・Touch IDに対応したホームボタンを搭載していますが、Appleの公式サイトには第1世代なのか第2世代なのかの表記がないのでどちらが採用しているのか不明です。

で、実際にiPad mini 5とiPad mini 4で指紋認証の速度を比べてみたところ...

iPad mini 5とiPad mini 4 Touch IDの速度

左:iPad mini 5、右:iPad mini 4

iPad mini 5の方が明らかに指紋認証の速度が速くなっていました。iPad Air 10.5インチモデルのTouch IDも同じくらいの認証速度となっていてiPad(第6世代)よりも高速化しており、第2世代のTouch IDを搭載しているiPad Proと同じくらいの認証速度がありました。

なので、iPad mini 5は第2世代のTouch IDを搭載しているのかもしれませんし、A12 Bionicが高性能すぎて第1世代でも十分速く認証することができるようになった可能性もあるのかも。

 

Apple Pencil(第1世代)に対応

Apple Pencilは元々はiPad Proだけが使うことができるデバイスでしたが、2018年3月に発売されたiPad(第6世代)はApple Pencilを使うことができるようになりました。

廉価版のiPadでもApple Pencilを解禁したということはiPad mini にもApple Pencilが使えるようになると期待が高まっていましたが新型のiPad mini(第5世代)でついにApple Pencilを使えるようになりました。

iPad mini 5とApple Pencil

ただし、見た目は全く同じディスプレイなのに書き心地がiPad AirやiPad Proと少し違っていてツルツルと滑りやすい感触があります。とはいえ、問題なく普通に手書きでメモを書いたりイラストを描いたりすることができるので小さな万能メモ帳としても使えるのではないでしょうか。

iPad mini 5はロック画面をApple Pencilでダブルタップするとメモ帳を瞬時に起動させてメモを取ることができるインスタントメモ機能に対応しています。

iPad mini 5 インスタントメモ機能

iPad mini 5 インスタントメモ機能

何かアイディアを思いついた時にすぐにメモを取ることができますね。片手で持ち運びすることができるiPad mini(第5世代)でApple Pencilが使えるのはメモ帳用途から見ても相性が良いのではないでしょうか。

リアカメラの画質は向上している

iPad mini 5とされるケースが流出したことでリアカメラにLEDフラッシュが搭載されるのではないかと噂されていましたが、新型のiPad mini(第5世代)はLEDフラッシュ非搭載となっています。

カメラのレンズは引き続きフラットタイプとなっているのでスッキリとしたスタイルを実現していますね。やはりiPad miniはこのままのスタイルを維持してほしいものです。

iPad mini カメラの違い

左:iPad mini 4、右:iPad mini 5

リアカメラのスペックはiPad mini 4と同じ800万画素のイメージセンサーを搭載しているが、フロントカメラは120万画素から700万画素にアップグレードしているのでセルフィー撮影をしたりビデオ通話をすることが多い方にとっては嬉しいアップデートといえるでしょう。

iPad mini 5とiPad mini 4 カメラの違い
  iPad mini 5 iPad mini4
リアカメラ 800万画素・ƒ/2.4(5枚構成のレンズ)
フロントカメラ 700万画素・ƒ/2.2 120万画素・ƒ/2.2

実際にiPad mini 5とiPad mini 4で撮り比べをしてみました。

iPad mini 5とiPad mini 4 カメラの画質比較

同じ800万画素でF/2.2のカメラなのに明らかにiPad mini 5の方が暗部のノイズもかなり少なく色鮮やかにハッキリと描画できています。

拡大してみても画質の差は明らか。カメラの性能はあまり期待していなかっただけにちょっと驚いてしまいました。

iPad mini 5とiPad mini 4 カメラの画質比較(拡大)

確かによく考えてみれば同じ800万画素でもイメージセンサーの世代が違う(4年前のセンサーが生産されているとは思えない。)でしょうし、CPUも機械学習に対応しているA12 Bionicプロセッサを搭載しているので画質が良くなっているのは当然なのかもしれません。

スマートキーボードは非対応

さらにSmart Connectorが搭載されてSmart Keyboardを使うことができるという噂がありましたが、iPad mini 5はスマートキーボードは非対応となります。

まあ、そりゃそうですよね。7.9インチサイズでスマートキーボードはかなり使いにくいですし、どうしてもキーボードを使いたいならワイヤレスキーボードを接続して使った方がいいですよね。

ヘッドフォンジャック搭載へ

iPad mini(第5世代)は引き続きヘッドフォンジャックは搭載されているので有線でヘッドフォンやイヤホンを使うことができます。

iPad mini 5 ヘッドフォンジャック

また、4スピーカーオーディオになるという噂がありましたが、引き続き2スピーカーオーディオ仕様となりました。iPad mini 5の内蔵スピーカーの音質はiPad mini 4とほぼ同じですが気持ち低音が強くなっているように聴こえます。

個人的にはiPad(第6世代)よりはiPad mini 5の方が音質は良いと思います。

iPad mini 4のSmart Coverは使える

iPad mini(第5世代)の筐体はiPad mini 4とほぼ同じですがマイクや音量ボタンの位置が変更されているのでSmart CaseはiPad mini 4のものを使うことができませんが、Smart CoverはiPad mini 4のものを使うことができます。

iPad mini 4 PRODUCT RED スマートカバー

実際に僕は量販店に売っていたiPad mini 4のPRODUCT REDをiPad mini 5に使用しています。なんか、iPad mini 5のスマートカバーのカラーバリエーションって少し微妙じゃないですか?

Apple Storeには現行のカラーバリエーションしかありませんが量販店ならiPad mini 4のSmart Coverがまだ販売されているので好きなカラーを選ぶことができます。

カラーバリエーションは3色

iPad mini 5のカラーバリエーションは従来と同じシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色となっています。

iPad mini 5 カラーバリエーション

色合いは変更されておりスペースグレイはよりブラックになり、ゴールドはローズゴールドっぽい色になっています。衝動でシルバーを購入してしまいましたがゴールドもなかなかいい感じですね。変更したい。

本体価格は45,800円〜

iPad mini(第5世代)はストレージ容量が64GBか256GBの2つから選ぶことができるようになり、端末価格は以下のとおりです。

  iPad mini(第5世代) iPad mini 4 iPad(第6世代)
32GB - - 37,800円
64GB 45,800円 - -
128GB - 45,800円 48,800円
256GB 62,800円 - -

iPad mini 4の128GBと同じ価格ですが...。まあ、A12 Bionicを搭載してApple Pencilに対応したら仕方ない価格アップなのかもしれません。ちなみに、セルラーモデルはプラス15,000円で購入することが可能となっています。

AmazonでもiPad mini(第5世代)を購入することができます。

ストレージ容量を見ると価格が高いと感じるかもしれませんが、7.9インチディスプレイのiPad miniの新型モデルを待ち望んでいた方も多いでしょうし、購入する方は多いのではないでしょうかね。

キャリアの販売価格

iPad mini(第5世代)はドコモ、au、ソフトバンクからも販売します。各キャリアの販売価格をまとめました。

ドコモ iPad mini 5の販売価格

ドコモで販売されるiPad mini(第5世代)は64GBモデルが61,200円ですが月々サポートとして43,200円の割引を受けることができるので実質端末価格は18,000円とかなり安く購入することが可能となります。

ドコモ版iPad mini 5 価格(税別)
  64GB 256GB
端末価格 61,200円 77,400円
月々サポート -1,800円 × 24 = -43,200円
実質端末価格 750円 × 24 = 18,000円 1,425円 × 24 = 34,200円

別途通信料金が必要となりますがドコモでiPhoneなどスマホをすでに契約しているならシェアオプションで上手くデータを分け合うことで通信料金を安く抑えることも可能となっています。

au iPad mini 5の販売価格

auで販売されるiPad mini(第5世代)は64GBモデルが73,667円ですが毎月割を適用することができるので68,556円の割引を受けることができるので実質端末価格は5,111円とドコモよりも安く購入できます。

au版iPad mini 5 価格(税別)
  64GB 256GB
端末価格 73,667円 89,667円
毎月割 -2,856円 × 24 = -68,556円
実質端末価格 213円 × 24 = 5,111円 880円 × 24 = 21,120円

1万円を切る価格でiPad miniを購入できるのは安いですね。なお、auの場合もすでにスマホを使っているのならタブレットプランを契約してデータ量を分け合うことがこと可能となっています。

ソフトバンク iPad mini 5の販売価格

ソフトバンクで販売されるiPad mini(第5世代)は64GBモデルが60,667円で、iPadを単体で使う場合とスマホとセットで使う場合で割引価格が違っています。スマホでセットで使う場合は36回払いとなり56,000円の割引を受けることができ実質価格は4,667円となります。

ソフトバンク版iPad mini 5 価格(税別)
  64GB 256GB
端末価格 60,667円 77,333円
月月割 -1,555円 × 36 = -56,000円 -1,574円 × 36 = -56,667円
実質端末価格 130円 × 36 = 4,667円 574円 × 36 = 20,667円

スマホとセットで使う方の方が多いと思うので36回払いのプランで使うことになるのかなと思いますが、ソフトバンクは50GBのデータ量を使えるウルトラギガモンスターを上手く活用することでデータ量を気にすることなく使うことができます。

 

ナンバリングは廃止された

iPad mini 5のナンバリングは無くなるのではないかと思っています。現在のiPadのラインアップでナンバリングが残っているのはiPad miniだけで他はインチ数で区別しています。

iPad mini

なので、iPad mini 5も「iPad mini」と表記されるようになって、仕様のところに「iPad mini(第5世代)」と表記されるのではないでしょうか。

もしかしたら「iPad 7.9インチ」という表記が使われる可能性も否定できませんが、さすがに区別しにくいのですし、iPad miniという名前も馴染みありますし、iPad miniという名称は残るのかなぁと思っています。

追記:やはり、ナンバリングが廃止されましたね。ちなみに、AppleのサポートではiPad mini(第5世代)と区分けはするようなのでiPad mini 5であることは間違いないようです。

発売日は2019年3月30日

2019年3月18日にApple StoreがアップデートされてiPad mini(第5世代)の販売がスタートしましたが発売日は3月30日となっています。

iPad mini(第5世代)発売日

すでにApple Storeでの購入だと4月3日以降に出荷遅れが発生しているので、やはり購入している方はかなり多そうですね。

まとめ:iPad mini 5はどこにでも持っていける最強のタブレット端末に

iPad mini 5をボディバックの中に

iPad mini 5をボディバックの中に

iPad mini(第5世代)は小さめのショルダーバックやボディバックの中に気軽に放り込んで持ち運びすることができるほどコンパクトサイズのタブレット端末です。

サイズは旧型のiPad mini 4と全く同じですが性能が時代遅れになっていた旧モデルを持ち歩く気にならなかった方も多かったはず。

そんな中に最新の高性能プロセッサを身に纏って登場したiPad mini 5によって再びコンパクトサイズのiPad miniを持つ方も増えるのではないでしょうか。

iPhoneが大型化しているのでiPadくらいはコンパクトサイズのものを持ち運びたいと考える方も多そうですよね。 

iMacとiPad mini 5

また、ディスプレイサイズが小さいのでiMacやMacBook Proのサブ環境として隣に置いて使うということもできます。

iMacで作業しながらYouTube見たり、Twitterのタイムラインを眺めたり...(作業が完全に進まない。)

↓ iPad miniをキャリアでチェック ↓

なお、iPad Air 10.5インチも発売が開始しました。iPad Air 10.5とiPad Pro 10.5の違いをレビューしているので参考にどうぞ!

iPad(第7世代)の発売はありませんでしたが10.2インチの新しい画面サイズで登場が噂されています。詳しくはこちらをどうぞ!

iPad Pro 11インチと12.9インチ、10.5インチのレビュー記事はこちらをどうぞ!