シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

新型iPad mini 5のスペック・価格・発売日など最新情報!2019年3月30日発売!


新型のiPad mini 5 スペック情報

Appleが新型のiPad mini(iPad mini 5)の発売をスタートし2019年3月30日より出荷が開始されます!新型のiPad miniはナンバリングが廃止されて「iPad mini」にリネームして、筐体サイズはそのままにA12 Bionicプロセッサを搭載しApple Pencilに対応したモデルへと進化を果たしています。

 

新型 iPad mini(第5世代)の最新情報とスペック

新型のiPad mini(第5世代)のスペックをiPad mini 4と比較してみました。本体サイズはそのままに内部スペックのみ更新された感じとなっています。

iPad mini(第5世代)とiPad mini 4 スペックの違い
  iPad mini(第5世代) iPad mini4
ディスプレイサイズ 7.9インチ(2,048 x 1,536ピクセル)
仕様 耐指紋性撥油コーティング、フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング
高画質技術 広色域ディスプレイ(P3)、True Toneディスプレイ、1.8%の反射率、500ニトの輝度 -
Apple Pencil Apple Pencil(第1世代)に対応 -
CPU A12 Bionic(Neural Engine内蔵) A8
RAM 3GB 2GB
ストレージ容量 64GB、256GB 128GB
リアカメラ 800万画素・ƒ/2.4(5枚構成のレンズ)
フロントカメラ 700万画素・ƒ/2.2 120万画素・ƒ/2.2
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac MIMO対応HT80
LTE(セルラーモデルのみ) ギガビット級LTE(28バンドに対応) LTE(20バンドに対応)
Bluetooth 5.0 4.2
本体サイズ 203.2 × 134.8 × 6.1 mm
重量 300.5 g 298.8 g

廉価版のディスプレイが搭載するのではないかと噂になっていましたが、iPad mini(第5世代)は広色域ディスプレイ(P3)やTrue Toneテクノロジーにも対応したフルラミネーションディスプレイが採用されてiPad mini 4よりもスペックアップを果たすことになりました。

↓ iPad miniをキャリアでチェック ↓

iPad mini(第5世代)の新機能について

全面ディスプレイではない

2018年に発売されたiPad Proはホームボタンを廃止して全面ディスプレイが採用されましたが、iPad mini (第5世代)は今まで通り指紋認証のTouch IDに対応したホームボタンが搭載されています。

iPad mini 2019 指紋認証(Touch ID)

フルラミネーションディスプレイを搭載

iPad mini 5は廉価なディスプレイを搭載したモデルになると噂されていましたが、新しく発売されたiPad mini(2019)はiPad mini 4と同じようにフルラミネーションディスプレイを搭載しています。

フルラミネーションディスプレイは液晶ディススプレイ、タッチパネル、保護ガラスの3つの部品を一体化させることで空気層を減らすこと薄く、光の乱反射を抑えることができる技術です。見た目で違いを判別することが可能でフルラミネーションディスプレイは液晶画面と保護ガラスの隙間が狭くなっているのが分かります。

フルラミネーションディスプレイとノーマルディスプレイの違い

左:iPad mini 4(フルラミネーション)、右:iPad mini 2

保護ガラスと液晶画面の隙間が狭いので直感的に操作できるというメリット以外にも光の反射も抑えることができるので外でiPadを使うときに画面が見やすいというのもあります。

フルラミネーションディスプレイと反射防止コーティング

フルラミネーションディスプレイを搭載しているiPad mini 4は光の反射をかなり抑えているのが分かりますね。新型のiPad mini 2019はiPad mini 4と同じように品質の高いディスプレイが搭載されるということで一安心ですね。

iPad miniシリーズの画面仕様
  iPad mini(2019) iPad mini 4 iPad mini 3 iPad mini 2
画面サイズ 7.9インチ、2,048 x 1,536ピクセル、326ppi
フルラミネーションディスプレイ ×
広色域ディスプレイ(P3) ×
True Toneテクノロジー ×
反射防止コーティング ×
耐指紋性撥油コーティング
Touch ID ×
Apple Pencil対応 ×
本体の薄さ 6.1 mm 6.1 mm 7.5 mm 7.5 mm

参考までにiPad Pro 10.5インチとiPad(第6世代)のディスプレイの仕様も比較しておきましょう。

iPad ProとiPadの画面仕様
  iPad Pro iPad(第6世代) iPad Air 2 iPad Air
画面サイズ 10.5インチ 9.7インチ
フルラミネーションディスプレイ × ×
反射防止コーティング × ×
耐指紋性撥油コーティング
広色域P3ディスプレイ ×
ProMotionテクノロジー ×
True Toneテクノロジー ×
Apple Pencil対応 ×

iPad(第6世代)はフルラミネーションディスプレイを搭載していないのでiPad mini(2019)の方が性能の高いディスプレイということになります。ちなみに、ProMotionディスプレイは非対応となるのでiPad Proのようなスクロールがぬるぬる動作することはないようです。

 

広色域ディスプレイ(P3)とTrue Toneテクノロジーに対応

さらに、iPad mini(2019)は広色域ディスプレイ(P3)とTrue Toneテクノロジーに対応をします。

広色域ディスプレイ(P3)は通常のフルRGB色域よりもさらに広色域を表示することができる高画質なディスプレイとなっており、iPad Proにも採用されているものとなっています。

True Toneテクノロジーは周囲の環境光に合わせてディスプレイの色温度を自動調整して目に優しい画面となっています。True Toneテクノロジーに対応しているiPad Proと非対応のiPadで違いを比較してみるとiPad Proの方が目に優しい柔らかい色合いになっているのが分かります。

広色域ディスプレイ(P3)とTrue Toneテクノロジー

左:iPad Pro、右:iPad

True Toneテクノロジーは写真の色も微妙に変化してしまうので、人によっては好みのある機能と言えるかもしれませんが、電子書籍を読みなど白色の画面を長時間見ることが多い場合は温かい色温度の画面の方が目に優しいのは確かです。

とても見やすい画面になるので個人的にはiPad mini(2019)にTrue Toneテクノロジーが搭載されたのはかなりポイントは高いですね。

セルラーモデルのアンテナが樹脂からラインに

iPad mini 5のセルラーモデルとみられる筐体が流出しており、アンテナ部分が樹脂ではなくアンテナラインになっていることが明らかになっていました。

現行モデルのiPad mini 4のセルラーモデルのアンテナはこのように樹脂製のものになっています。

iPad セルラーモデル アンテナ

で、実際の新型のiPad mini(第5世代)は現行のiPadと同じようにアンテナラインに変更されています。実際にApple Storeの販売ページで公開されている画像を見てもアンテナは樹脂ではなくラインに変更されています。

iPad mini(2019)アンテナライン

樹脂アンテナはあまり格好良くなかったのでアンテナラインへの変更はかなり嬉しい仕様変更ですね。

CPUがA12 Bionicプロセッサが搭載される

iPad mini 4はiPhone 6/6 Plusに採用していたA8プロセッサとメインメモリ(RAM)は2GBを搭載しているのでスペック的にかなり厳しいものとなってきておりiOS 12をインストールしたiPad mini 4の動作はもっさりしています。

iPad mini 5はCPUプロセッサの刷新だけのアップデートに留まるという情報もあるくらいですが、iPad miniを使っているユーザーから見たらプロセッサの刷新だけでもウェルカムですよね。

で、実際に発売された新型のiPad mini(第5世代)はまさかのiPhone XSシリーズに採用されたA12 Bionicプロセッサを搭載してきました。

  iPad mini 5 iPad mini 4 iPad(第6世代)
CPU A12 Bionic A8 A10 Fusion
RAM 4GB LPDDR4X(?) 2GB LPDDR4 2GB LPDDR4

A12 Bionicはかなり性能の高いプロセッサでiPad miniに採用されるか懐疑的でしたが惜しみなく最新プロセッサを採用したことになりますね。

iPad Pro(2018)はGPUの性能を強化したA12X Bionicを搭載していますが、iPad mini(2019)は通常版の「X」なしのプロセッサですがAIのニューラルエンジンも内蔵していますし性能的には申し分ないものとなっているでしょう。

 

Apple Pencilに対応する

Apple Pencilは元々はiPad Proだけが使うことができるデバイスでしたが、2018年3月に発売されたiPad(第6世代)はApple Pencilを使うことができるようになりました。

廉価版のiPadでもApple Pencilを解禁したということはiPad mini にもApple Pencilが使えるようになると期待が高まっていましたが新型のiPad mini(2019)でついにApple Pencilを使うことができるようになります!

iPad mini 5はApple Pencil対応?

iPad miniでApple Pencilに対応することでメモ帳としてめちゃくちゃ活躍することになりそうですよね。片手で持ち運びすることができるiPad mini(第5世代)でApple Pencilが使えるのは利便性がかなりよくなりそう。

リアカメラにLEDフラッシュは非搭載

iPad mini 5とされるケースが流出したことでリアカメラにLEDフラッシュが搭載されるのではないかと噂されていましたが、新型のiPad mini(2019)にはLEDフラッシュ非搭載となっています。

また、リアカメラのスペックもiPad mini 4と同じでフロントカメラだけが120万画素から700万画素にアップグレードしています。

iPad mini(2019)とiPad mini 4 カメラの違い
  iPad mini(2019) iPad mini4
リアカメラ 800万画素・ƒ/2.4(5枚構成のレンズ)
フロントカメラ 700万画素・ƒ/2.2 120万画素・ƒ/2.2

iPad mini 2019 フラットカメラ

また、カメラのレンズは引き続きフラットタイプとなっているのでスッキリとしたスタイルを実現しています。

スマートキーボードには非対応

さらにSmart Connectorが搭載されてSmart Keyboardを使うことができるという噂がありましたが、スマートキーボード は非対応となります。

まあ、そりゃそうですよね。7.9インチサイズでスマートキーボードはかなり使いにくいですし、どうしてもキーボードを使いたいならワイヤレスキーボードを接続して使った方がいいですよね。

ヘッドフォンジャック搭載へ

iPad mini(第5世代)は引き続きヘッドフォンジャックは搭載されています。4スピーカーオーディオになるという噂がありましたが、2スピーカーオーディオ仕様となっています。

iPad mini

カメラ、オーディオ周りの仕様はiPad mini 4とほぼ同じと見て良さそうですね。

カラーバリエーションは3色

iPad mini 5のカラーバリエーションは従来と同じシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色となっています。

iPad mini 5 カラーバリエーション

色合いは変更されておりスペースグレイはブラックっぽく、ゴールドはローズゴールドっぽい色になっています。衝動でシルバーを購入してしまいましたがゴールドもなかなかいい感じですね。変更したい。

本体価格は45,800円〜

iPad mini(第5世代)はストレージ容量が64GBか256GBの2つから選ぶことができるようになり、端末価格は以下のとおりです。

  iPad mini(第5世代) iPad mini 4 iPad(第6世代)
32GB - - 37,800円
64GB 45,800円 - 37,800円
128GB - 45,800円 48,800円
256GB 62,800円 - -

iPad mini 4の128GBと同じ価格ですが...。まあ、A12 Bionicを搭載してApple Pencilに対応したら仕方ない価格アップなのかもしれません。ちなみに、セルラーモデルはプラス15,000円で購入することが可能となっています。

AmazonでもiPad mini(第5世代)を購入することができます。

ストレージ容量を見ると価格が高いと感じるかもしれませんが、7.9インチディスプレイのiPad miniの新型モデルを待ち望んでいた方も多いでしょうし、購入する方は多いのではないでしょうかね。

キャリアの販売価格

iPad mini(第5世代)はドコモ、au、ソフトバンクからも販売します。各キャリアの販売価格をまとめました。

ドコモ iPad mini 5の販売価格

ドコモで販売されるiPad mini(第5世代)は64GBモデルが61,200円ですが月々サポートとして43,200円の割引を受けることができるので実質端末価格は18,000円とかなり安く購入することが可能となります。

ドコモ版iPad mini 5 価格(税別)
  64GB 256GB
端末価格 61,200円 77,400円
月々サポート -1,800円 × 24 = -43,200円
実質端末価格 750円 × 24 = 18,000円 1,425円 × 24 = 34,200円

別途通信料金が必要となりますがドコモでiPhoneなどスマホをすでに契約しているならシェアオプションで上手くデータを分け合うことで通信料金を安く抑えることも可能となっています。

au iPad mini 5の販売価格

auで販売されるiPad mini(第5世代)は64GBモデルが73,667円ですが毎月割を適用することができるので68,556円の割引を受けることができるので実質端末価格は5,111円とドコモよりも安く購入できます。

au版iPad mini 5 価格(税別)
  64GB 256GB
端末価格 73,667円 89,667円
毎月割 -2,856円 × 24 = -68,556円
実質端末価格 213円 × 24 = 5,111円 880円 × 24 = 21,120円

1万円を切る価格でiPad miniを購入できるのは安いですね。なお、auの場合もすでにスマホを使っているのならタブレットプランを契約してデータ量を分け合うことがこと可能となっています。

ソフトバンク iPad mini 5の販売価格

ソフトバンクで販売されるiPad mini(第5世代)は64GBモデルが60,667円で、iPadを単体で使う場合とスマホとセットで使う場合で割引価格が違っています。スマホでセットで使う場合は36回払いとなり56,000円の割引を受けることができ実質価格は4,667円となります。

ソフトバンク版iPad mini 5 価格(税別)
  64GB 256GB
端末価格 60,667円 77,333円
月月割 -1,555円 × 36 = -56,000円 -1,574円 × 36 = -56,667円
実質端末価格 130円 × 36 = 4,667円 574円 × 36 = 20,667円

スマホとセットで使う方の方が多いと思うので36回払いのプランで使うことになるのかなと思いますが、ソフトバンクは50GBのデータ量を使えるウルトラギガモンスターを上手く活用することでデータ量を気にすることなく使うことができます。

 

新iPadのモデルナンバー・識別番号

未発表のiPadのモデルナンバー6つがEEC(ユーラシア経済委員会)のデーターベースに登録されたことが明らかになっています。

未発表のiPadモデルナンバー
  • A2123
  • A2124
  • A2153
  • A2154
  • A2133
  • A2152

このモデルナンバーがどのiPadを示しているかは不明ですが2019年3月に発売が噂されている7.9インチのiPad mini 5と10インチのiPad(第7世代)である可能性が指摘されています。

さらにインド(BIS)でも未発表のiPadのモデルナンバー「A2124」と「A2133」が登録されたことが明らかになっており、発売までかなり近づいているとみて良さそうです。

さらに開発者に提供されているiOS12.2 betaのデータから未発表のiPadとみられる識別番号も明らかになっているそうです。

iOS12.2 betaの中から見つかったiPadの識別番号は以下の4つです。

未発表のiPad識別番号(iOS12.2 beta)
  • iPad11,1:iPad11Wifi
  • iPad11,2:iPad11Cellular
  • iPad11,3:iPad11Wifi
  • iPad11,4:iPad11Cellular

iPad11,1とiPad11,3がWi-Fiモデルとなっていて、iPad11,2とiPad11,4がセルラーモデルになっているので、iPad mini 5とiPad(第7世代)が割り当てられている可能性が高いとみて良さそうです。

ナンバリングは廃止されるのでは?

iPad mini 5のナンバリングは無くなるのではないかと思っています。現在のiPadのラインアップでナンバリングが残っているのはiPad miniだけで他はインチ数で区別しています。

iPad mini

なので、iPad mini 5も「iPad mini」と表記されるようになって、仕様のところに「iPad mini(第5世代)」と表記されるのではないでしょうか。

もしかしたら「iPad 7.9インチ」という表記が使われる可能性も否定できませんが、さすがに区別しにくいのですし、iPad miniという名前も馴染みありますし、iPad miniという名称は残るのかなぁと思っています。

追記:やはり、ナンバリングが廃止されましたね。ちなみに、AppleのサポートではiPad mini(第5世代)と区分けはするようなのでiPad mini 5であることは間違いないようです。

↓ iPad miniをキャリアでチェック ↓

発売日は2019年3月30日

2019年3月18日にApple StoreがアップデートされてiPad mini(第5世代)の販売がスタートしましたが発売日は3月30日となっています。

iPad mini(第5世代)発売日

すでにApple Storeでの購入だと4月3日以降に出荷遅れが発生しているので、やはり購入している方はかなり多そうですね。

iPad Pro 11インチと12.9インチ、10.5インチのレビュー記事はこちらをどうぞ!