iPad 10.2インチ(2019/第7世代)のデザイン、スペック、価格

低価格なiPadとして人気が高い無印のiPadですが、Appleが新型のiPad(第7世代)は10.2インチを搭載したモデルが9月30日に発売となります!

ここでは、新型モデルのiPad 10.2インチ(第7世代)の画面サイズ、デザイン、スペックについて実機にてレビューしていきたいと思います。

iPad(第7世代)は(第6世代)よりも価格が安くなったので購入しやすくなり、ドコモ・au・ソフトバンクでも買うことが可能。iPhone 11と合わせてiPad 10.2インチ(第7世代)を手に入れるのもいいのかも?

なお、iPad Pro(2019)の最新情報も出てきており、リアカメラがトリプルカメラ仕様になるとか…?

新型iPad 10.2インチ(第7世代)スペック・性能

iPad 10.2インチ(第7世代)はTouch IDを搭載したモデルとなりApple Pencil(第1世代)に続いてiPad Pro 10.5インチ・iPad Air 3用のスマートキーボードも使えるようになりました!

iPad 第7世代とスマートキーボード
iPad 第7世代とスマートキーボード

ちょっと驚いた…。まさかエントリーモデルのiPadでスマートキーボードが使えるようになるとは。

10.2インチと10.5インチの二つのモデルが噂されていましたが、iPad(第7世代)は10.2インチのみのラインナップとなり、A10 Fusionチップを搭載した廉価版モデルとして登場することになりました。

こうなってくると無印のiPadとiPad Air 3(10.5インチ)モデルとの棲み分けが難しいところですが、iPad 10.2インチ(第7世代)は廉価版のディスプレイを搭載し価格も抑えられてるので安くiPadを使いたいなら最良の選択肢といえるでしょう。

iPad 10.2インチ(第7世代)とiPad(第6世代)
iPad 10.2インチ(第7世代)とiPad(第6世代)
iPad(第7世代)とiPad(第6世代)のスペック
 
 新型iPad(第7世代)iPad(第6世代)
画面サイズ10.2インチ9.7インチ
解像度2,160 x 1,620ピクセル2,048 x 1,536ピクセル
画素密度264ppi
CPUA10 Fusionプロセッサ
RAM3GB2GB
ストレージ容量32GB/128GB
生体認証Touch ID
リアカメラ800万画素・ƒ/2.4
フロントカメラ120万画素
ペンシルApple Pencil(第1世代)に対応
キーボードSmart Keyboard、Bluetoothキーボードに対応Bluetoothキーボードに対応
オーディオ2スピーカーオーディオ
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac(最大866Mbps)
LTE最大27バンド(最大1Gbps)最大22バンド(最大300Mbps)
本体サイズ250.6 x 174.1 x 7.5mm240 x 169.5 x 7.5mm
重量483g469g
端末価格34,800円〜37,800円〜

CPUプロセッサはA10 Fusion据え置きですが、メインメモリ(RAM)の容量が3GBに増えているので、マルチタスクで作業する際の速度に差がでてくることになりそうです。

画面が大きくなってスマートキーボードに対応したiPad 10.2インチ(第7世代)は端末価格がさらに安くなって34,800円から買えるようになりました。これは買わないという選択肢はないのでは?

\iPadをキャリアでチェック/

iPad 10.2インチ(第7世代)のディスプレイ

画面サイズは10.2インチに大型化

iPad(第7世代)本体デザイン
iPad(第7世代)本体デザイン

新型のiPad 10.2インチ(第7世代)の画面サイズは9.7インチではなく10.2インチのディスプレイを搭載しています。

現行モデルのiPad(第6世代)は初代iPadから受け継がれている9.7インチサイズとなっていますが、上位モデルのiPad Proはすでに9.7インチの画面サイズから10.5インチ、11インチにサイズアップをしています。

iPadのサイズ比較
iPad 10.2インチ、9.7インチ、iPad Air 10.5インチ

画面サイズが大きくなったことで、iPad 10.2インチ(第7世代)の筐体はiPad Air 3(10.5インチ)と同じサイズとなっています。ただし、筐体の厚みはiPad Air 3よりもiPad 10.2インチの方が分厚く、。重量も少し重くなっているので注意です。

いずれにしても9.7インチサイズはiPad(第6世代)が最後の機種になってしまいました。スマートキーボードに対応したということはPCの代わりとして使うことを想定して画面をちょっとだけ大きくしたってことなんでしょうか。

iPad画面サイズ
 iPad(第7世代)iPad(第6世代)iPad Air 2019iPad Pro 2018
画面サイズ10.2インチ Retinaディスプレイ9.7インチ Retinaディスプレイ10.5インチ Retinaディスプレイ11インチ Liquid Retinaディスプレイ
解像度2,160 x 1,6202,048 x 1,5362,224 x 1,6682,388 x 1,668
画素密度264ppi
カラー規格フルRGB広色域(P3)
リフレッシュレート60Hz120Hz(ProMotionテクノロジー)
環境光調整True Toneディスプレイ
パネル耐指紋性撥油コーティング耐指紋性撥油コーティング、フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング

2019年3月に10.5インチディスプレイを搭載したiPad Air 3が発売されました。iPad Pro 10.5の廉価版モデルですがフルラミネーションディスプレイとA12 Bionicを搭載するなど性能はProに近いものがあります。

iPad 10.2インチ(第7世代)は廉価版ディスプレイなのでiPad(第6世代)と画面の品質は同じなので、あくまで画面サイズが大きくなっただけ…ということになります。

ディスプレイは廉価パネルを採用

無印のiPad(第7世代)は、広色域ディスプレイ(P3)、ProMotion、True Toneテクノロジー、フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティングなど高画質技術を省いた廉価なディスプレイを搭載しています。

iPad Proの高画質技術
  • 広色域ディスプレイ(P3)
    sRGBよりも25%広い色域を持った広色域ディスプレイ
  • ProMotionテクノロジー
    最大120Hzのリフレッシュレートで動作し画面の動きが滑らか。Apple Pencilの追従性も滑らかで書き心地が良い。
  • True Toneディスプレイ
    光センサーで周囲の光・色を分析して画面の色温度・ホワイトバランスを自動調整し目の負担を軽減。使用場所の照明が蛍光灯なら青白い画面に、白熱灯なら黄色っぽい画面になる。
  • フルラミネーションディスプレイ
    タッチパネルと液晶が一体化したパネルで空気層の隙間が少なく光の反射が少ないディスプレイ。画面と指の距離も近いので操作性が気持ちいい。

フルラミネーションディスプレイはこのように保護パネルと液晶の間が非常に狭くなっていて、光の反射を抑えた非常に見やすいパネルです。

フルラミネーションディスプレイ
左:iPad Pro(フルラミネーション)、右:iPad

このような高画質技術を無印のiPad(第7世代)に採用してしまうとiPad AirやiPad Proとの差別化がなくなりますよね。

なので、iPad(第7世代)は廉価版のRetinaディスプレイを採用したのでしょう。わざわざ筐体を分厚くなるよう再設計、10.2インチのディスプレイを開発して。価格を安くするためにこだわったようです。

もっとキレイな画面が良いって方はiPad AirかiPad Proを選びましょうね!

表示領域が広くて使いやすい

iPad 10.2インチ(第7世代)は画面サイズが9.7インチから10.2インチに大型化していて表示領域がiPad(第6世代)よりも広くなっています。

iPad 10.2とiPad 9.7の表示領域の違い
YouTubeの表示領域の違い

YouTubeアプリで比較してみたところiPad 10.2インチの方がサムネイルの数が多くなっているのが分かります。まあ、9.7インチと10.2インチの差なのでさほどないのですが。

iPad 10.2とiPad 9.7の表示領域の違い
iPad 10.2と9.7の表示領域の違い(Split View)

とはいえ、Split ViewでSafariとYouTubeを2画面表示した時の表示量がiPad 10.2インチの方が広く、多くなっているので2画面操作が多いならダントツでiPad(第6世代)よりもiPad(第7世代)の方が扱いやすいのは間違いないでしょう。

指紋認証・Touch IDは少し高速化している

iPad(第7世代)は指紋認証のTouch IDを搭載しています。

iPad(第7世代)のTouch ID
iPad(第7世代)のTouch ID

Touch IDはiPad(第6世代)と同じ「第1世代のTouch ID」となっていますが、iPad 10.2インチ(第7世代)の方が少しだけ指紋認証速度が向上しているようです。

iPad(第7世代)と(第6世代)の指紋認証速度を比較
iPad(第7世代)と(第6世代)の指紋認証速度

iPad(第6世代)の方が速く認証することもありますが、何回か比較してみてiPad(第7世代)の方がトータルで認証速度が速くなっているのかな。

世代に関してはApple公式のスペック表に第2世代の表記はありませんが、もしかしたらスペックアップしているのかも。

ただ、個人的にはTouch IDを廃止してFace IDを搭載して欲しかったのですが廉価版iPadだし仕方ないのでしょう。

iPad Pro 11インチモデルを使って思うのがFace IDってiPadとの相性がすごく良いってこと。どの方向でも画面ロック解除ができますし、Touch ID搭載機はロック解除するためにTouch IDに指を差し出すのが煩わしいとも思ってしまうほど。

Appleは2018年のiPhone全モデルでFace IDを搭載して「Touch IDを使いたい人は旧型のiPhone 8/8 Plusを使ってください。」という戦略をとっています。

iPadでもその流れがいつかやってくるとは思います。iPad(第7世代)の登場でしばらく先にはなりそうですが。

保護フィルムは10.2インチ専用のものが必要

iPad 10.2インチ(第7世代)はiPad Air 3と縦横サイズが同じなので保護フィルムを流用できるのかなと思ってしまいますが、インカメラの位置が異なります。

iPad 10.2インチとiPad Airのインカメラの位置
iPad 10.2インチとiPad Airのインカメラの位置

また、ホームボタンの位置が微妙に違うので注意です。

iPad 10.2インチとiPad Airのホームボタンの位置
iPad 10.2インチとiPad Airのホームボタンの位置

なので、iPad 10.2インチの画面に保護フィルムを貼り付ける場合はiPad 10.2インチ(第7世代)専用のモノを購入するようにしましょう。インカメラはいいとしてもホームボタンの位置が違うのは致命的ですよね。

800万画素のシングルカメラを搭載

iPad(第7世代)リアカメラ
iPad(第7世代)のリアカメラ

新型のiPad(第7世代)のリアカメラはデュアルカメラ仕様になると噂されていましたが、800万画素のシングルカメラ仕様となっています。

iPad(第6世代)とiPad(第7世代)のリアカメラの画質を比較してみました。(クリックで拡大できます。)

ほぼ同じ画質となっているのでカメラのレンズ、イメージセンサーは同じものが採用されているのかも。

CPUプロセッサもA10 Fusionも据え置きなので画質にも差は出ないのでしょうね。まあ、廉価版iPadなのでこれでいいと思います。メモが取れてQRコードの読み取りができればOKです。

本体デザインの違いを比較

筐体デザインはiPad(第6世代)と同じ

iPad(第7世代)はFace IDを搭載するベゼルレスデザインを採用するという噂がありましたが、蓋を開けてみればただ単純に9.7インチから10.2インチに画面が大きくなり、ホームボタンの位置が少しだけ変わっただけ。

iPad 10.2インチ(第7世代)の本体デザインはiPad(第6世代)と全く同じとなっています。

iPad(第6世代)とiPad(第7世代)の筐体デザイン
左:iPad(第6世代)、右:iPad(第7世代)

iPad 10.2インチ(第7世代)縦横の筐体サイズは、iPad Air 10.5インチと全く同じですが厚みが6.1mmから7.5mmと分厚くなっています。なので、重量もiPad(第6世代)よりも重くなっているのがちょっと辛いところでもあります。

iPad(第6世代)とiPad(第7世代)の正面デザイン
左:iPad(第6世代)、右:iPad(第7世代)

画面側のデザインも全く同じですね。ただ、ディスプレイサイズが9.7インチ → 10.2インチになったことで横のベゼル幅が少しだけ狭くなっているのが分かります。

iPad 10.2インチ(第7世代)ベゼル幅
iPad 10.2インチなら手で持っても画面が隠れない

といっても、iPad Air 3よりもベゼル幅が太いので手で持った時に画面が指で隠れてしまうことはないので使いやすさは抜群ですぞ。

iPad (第7世代)はとiPad(第6世代)と同じく非光沢のダイヤモンドカット加工が施されたエッジスタイルとなっています。

iPad (第7世代)とiPad(第6世代)エッジスタイルを比較
非光沢のダイヤモンドカット加工

iPad Pro 11インチと12.9インチ(第3世代)は完全にデザインが刷新したのでプロモデルとエントリーモデルの見た目が明確に違うのは見分けがしやすくていいのかもしれません。

内蔵スピーカーの音質は向上している

本体下部に搭載している2スピーカーは筐体サイズに合わせて位置が少しだけ外側に移動しています。

ステレオの2スピーカー仕様
2スピーカーのステレオスピーカーを搭載

筐体が大きくなってスピーカーボックスが少し大きくなったのでしょうか。iPad(第7世代)は音質が良くなっているんですよね。

2スピーカーなのでiPad Proのような広がりのあるステレオサウンドではないですが、iPad(第6世代)よりもiPad(第7世代)の方が間違いなく引き締まったサウンドに変貌を遂げていますよ。

\iPadをキャリアでチェック/

急速充電に対応している

充電ポートは Lightningコネクタが引き続き採用されていて、10Wの電源アダプタとUSB-A to Lightningケーブルが付属しています。

iPad 10.2インチ(第7世代)に付属品
iPad 10.2インチ(第7世代)付属品

付属の10Wの充電器でiPad 10.2インチを充電してみたところ7.4W(4.92V × 1.6A)で給電できているのが確認できました。

純正の10W充電器でiPadを充電した場合
純正の10W充電器で充電した場合

iPad 10.2インチ(第7世代)は急速充電にも対応してるので、iPad Pro 11インチや12.9インチに同梱している18Wの充電器を使うことで給電量を12W(5.10V × 2.45A)を増やすことができます。

iPad 10.2インチは急速充電に対応
iPad 10.2インチは急速充電に対応

iPad(第6世代)も容量の大きな充電器を使うことで急速充電ができたのでスペックは同じですが、サードパーティ製の急速充電器を使うことで少しでも速くiPadを充電できるのは良いですよね。

Ankerの30Wの急速充電器(Anker PowerPort Atom PD 1)もいいけどRavPowerの2ポートに対応している充電器(RAVPower RP-PC108)の方がおすすめです。

詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ!

Apple PencilとSmart Keyboardに対応

iPad 10.2インチ(第7世代)は引き続きApple Pencilに対応し筐体デザインがiPad(第6世代)と同じということで、Apple Pencil(第1世代)を使うことができます。

そして、iPad 10.2インチ(第7世代)はiPad専用キーボードのSmart Keyboardにも対応しました。

iPad 10.2インチとスマートキーぼーど
iPad 10.2インチとスマートキーぼーど

iPad 10.2インチとスマートキーボードの組み合わせで総重量が734gとなるので本体重量はまあまあ重いです。とはいえ、iPad Pro 11インチの787gよりは軽いので、軽量化を目指すならいいかも?

筐体サイズがiPad Air 3と同じなのでiPad Pro 10.5インチ、iPad Air 3と同じSmart Keyboardを装着してキーボード入力で作業ができます。

iPad 10.2インチ Apple PencilとSmart Keyboard
Apple PencilとSmart Keyboardに対応

2019年9月末にiPadOSがリリースされてiPadがさらにMacの代わりとして使える可能性を秘めることになりました。

iPad 10.2インチ(第7世代)もiPadOSの素晴らしいマルチタスク機能をフルで使えるので使い方の幅が広がることになりそうです。

10.5インチ用のスマートキーボードはiPad 10.2インチ、iPad Air 3、iPad Pro 10.5インチの3つの機種で使うことができるキーボードとなりました。9.7インチ用は1機種しか使えなかったけど10.5インチ用は3機種も使えるので長生きしていますね(笑)

もちろん、Apple PencilもiPad 10.2インチ(第7世代)を使ってメモを取ったり、スケッチをしたりすることができます。

iPad(第7世代)とApple Pencil
iPad(第7世代)とApple Pencil

スリープ状態でApple Pencilで画面をタッチするとインスタントメモが起動するので、サッとメモを取りたいときに使うことも可能。

なので、出来ることは上位モデルのiPad Air、iPad Proと全く同じということになりますね。

Apple Pencilは書いた文字をテキストデータに変換できるアプリを使うことで、キーボードを使うことなく資料作成、ブログの執筆をすることもできるので、使い方次第ではかなり便利なので色々と使ってみてください。

新型iPad(第7世代)のCPUプロセッサ

iPad Proは強化版の「X」付きのプロセッサが搭載されますが、iPadはiPhoneと同じプロセッサが搭載されています。

現行のiPad(第6世代)はiPhone 7と同じA10 Fusionが、iPad Air 3はA12 Bionicなので、iPad(第7世代)はiPhone X/8/8 Plusと同じA11 Bionicが搭載される…と思っていたら、まさかのA10 Fusionプロセッサを搭載。

はい、据え置きプロセッサです。なので、CPUのスコアもiPad(第6世代)と全く同じとなっています。Geekbench 5でCPUの性能を比較してみました。

iPad 10,2インチのCPU性能を比較
iPad(第7世代)と(第6世代)のCPU比較
iPadとiPad Proのプロセッサ
 iPadiPad Pro
世代第7世代第6世代20172018
サイズ10.2インチ9.7インチ10.5インチ11インチ12.9インチ
CPUA10A10A10XA12X
RAM3GB2GB4GB4GB
シングルコアスコア77176582711081112
マルチコアスコア14241334226145984603
GPUスコア(Metal)28832869639491479142

iPad 10.2インチ(第7世代)がiPad(第6世代)と同じA10 Fusionプロセッサを搭載しているので、新モデルに乗り換えても処理速度が速くなることはありません。

しかし、iPad 10.2インチ(第7世代)のメインメモリ(RAM)は3GBと容量が増えたのでマルチタスクをしているときに差がでてくるのかも。ちなみに、iPhone 7 Plusで採用しているSoC(A10 Fusion 3GB)を採用しているんでしょうね。

動作速度の違いを比較

AntutuでiPad 10.2インチ(第7世代)がiPad(第6世代)のCPUの性能を計測してみました。

結果はほぼ同じ性能となっていました。

AntutuによるCPU性能比較
iPad(第7世代)iPad(第6世代)
トータル207743211675
CPU8987390749
GPU6817269160
UX4280544727
MEM68937039

メインメモリが増えたからMEMのスコアが向上するかなと思ってましたが、そうでもないみたいですね。iPad 10.2インチは画面解像度が増えたのでA10 Fusionの負担が若干増えているのかな?

実際の動作速度も比較してみました。

プロセッサが同じなので基本動作は全く同じと言っていいでしょう。少しだけiPad(第7世代)の方がもたついたりしたこともありますが、誤差範囲だと思います。

Split ViewとSlide Overの同時使用が可能に

iPad(第6世代)と全く違いがないのか…と思ってしまいますが、iPad(第7世代)メインメモリが多いおかげかSplit ViewとSlide Overの同時使用ができるようになっています。

Split ViewとSlide Overの同時使用
iPad 10.2はSplit ViewとSlide Overの同時使用ができる

iPad(第6世代)はSplit Viewを使っているときにSlide Overを起動すると画面がグレーアウトしてしまうんですよね。

でも、iPad 10.2インチ(第7世代)はiPad Proと同じようにSplit ViewとSlide Overをフルで使うことが可能。これだけでも、iPad(第7世代)を使うメリットはかなり大きいのではないでしょうか。

新型iPad(第7世代)発売日・端末価格

iPad(第7世代)は2019年9月11日に発表、9月30日に発売します。

iPadの発表日・発売日
 発表日発売日
iPad(第5世代)2017年3月22日(水)2017年3月25日(土)
iPad(第6世代)2018年3月28日(水)2018年3月30日(金)
iPad Air 10.52019年3月18日(月)2019年3月30日(土)
iPad(第7世代)2019年9月11日(水)2019年9月30日(月)

iPad 10.2インチ(第7世代)のストレージ容量は32GBと128GBの2モデルとなっています。

端末価格が少しだけ安くなっていて32GBのWI-FIモデルは37,800円から34,800円と3,000円も安く買うことが可能となっています。

iPad 10.2インチ(第7世代)端末価格
iPad 10.2インチ(第7世代)iPad(第6世代)
32GB(Wi-Fi)34,800円37,800円
128GB(Wi-Fi)44,800円48,800円
32GB(セルラー)49,800円52,800円
128GB(セルラー)59,800円63,800円

Wi-Fiモデルだけでなくセルラーモデルも価格が下がっているので、今までよりも気軽にiPadを購入することができるようになりました。(円高の影響で端末価格が安くなったらしいです。)

iPadはWi-Fiモデル、セルラーモデルのどっちを選ぶべきか。比較した記事もあるのでぜひ参考にしてください。

ドコモ・au・ソフトバンクもiPad 10.2インチ(第7世代)の取り扱いを開始しています。

iPad 10.2インチ キャリアの端末価格
 32GB128GB
ドコモ1,400円 × 36回(50,400円)1,700円 × 36回(61,200円)
au51,333円 – iPadお得割(15,277円)= 36,056円62,000円- iPadお得割(15,277円)= 46,723円
ソフトバンク1,055円 × 48回(50,666円)1,268円 × 48回(60,888円)

iPhoneをキャリアで使っているならデータシェアプランを組み合わせることで、意外と安くデータ通信することができるのでおすすめです。

\iPadをキャリアでチェック/

新型iPad 10.2インチ レビュー・評価:まとめ

iPad 10.2インチ(第7世代)は買いなの?

iPad 10.2インチ(第7世代)
iPad 10.2インチ(第7世代)

新型のiPad 10.2インチ(第7世代)は、9.7インチのiPad(第6世代)のディスプレイが大きくなってSmart Keyboardが使えるようになった廉価版のiPadです。

とにかく低価格でiPadを使うことができるので全ての方におすすめできるiPadとなっています。

iPad 10.2インチ(第7世代)良いところ
  • 画面サイズが9.7インチ → 10.2インチと大きくなった
  • メインメモリが3GBを搭載している
  • 廉価版iPadなのにApple Pencilを使える
  • 廉価版iPadなのにSmart Keyboardを使える
  • 端末価格が34,800円と安い

iPad(第6世代)からiPad 10.2インチ(第7世代)に買い換えるメリットはSmart Keyboardを使えるところでしょうか。画面も少しだけ大きくなったのでPCの代わりとして使うのもいいと思います。

iPad 10.2インチ(第7世代)はとにかく安く買うことができ、32GBモデルなら34,800円で手に入れることができます。ここに、Apple Pencil(10,800円)、Smart Keyboard(17,800円)を揃えたとしても63,400円なので安いですよね。

iPad 10.2インチに対応しているApple Pencilは第1世代です。

スマートキーボードは(iPad 10.2インチ、iPad Air 3、iPad Pro 10.5)が対応しているヤツを装着可能です。

iPad Airだと83,400円なので2万円も購入費用を抑えることができます。余った2万円でAirPodを買ったほうがいいんじゃないですかね?

逆にiPad 10.2インチ(第7世代)になることのデメリットは筐体サイズが大きくなるということでしょう。

iPad 10.2インチ(第7世代)惜しいところ
  • A10 Fusionが世代遅れ感がある
  • 本体重量が少し重い
  • 画面が反射して見にくいことがある

価格を考慮すればデメリットはデメリットではないのですが、強いていうなら画面が大きくなったことで筐体重量も重くなってしまったことが少し辛いところではあります。

また、A10 Fusionプロセッサは2016年モデルのiPhone 7/7 Plusに採用されているチップと同じで世代遅れ感がかなりあります。

性能はまだまだ高くて現役で使えるプロセッサとはいえ、2019年新型モデルのiPad 10.2インチ(第7世代)が3年も前もプロセッサを搭載しているのはちょっと…って感じですよね。

価格が34,800円と安いので割り切る必要はあるのかなーと思うのですが、もし長く使うことを望むのなら10.5インチのiPad Air 3を選んだ方がいいのかなと思います。

■ おすすめ度:
4
■ 画面の綺麗さ:
3
■ 持ちやすさ:
3
■ 処理性能:
3
■ カメラ性能:
2.5
■ 電池の持ち:
4
■ 価格の安さ:
5
\iPadをキャリアでチェック/

なお、iPhone 11はデュアルカメラiPhone 11 Proはトリプルカメラになりましたが、iPad Proの次期モデルもトリプルカメラ仕様になると噂されています。

どうなんでしょうかね…。iPad Pro 2018年モデルは2017年モデルに搭載していた光学式手ぶれ補正機能を省略化したので2019年モデルでトリプルカメラを内蔵する可能性は低いようにも思うのですが。

ただ、大きな進化がないままモデルチェンジをするのも面白くないのでトリプルカメラを搭載する可能性はあるのかも。でも、iPadにトリプルカメラはちょっと必要ないように感じるんですけどね。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

iPadの全機種を徹底比較した記事はこちらをどうぞ!どのモデルを選ぶか迷っている方はどうぞ!

2019年3月18日に7.9インチのiPad mini 5とiPad Air 10.5が発売しました。詳しくはこちらの記事をどうぞ!

iPadは整備済製品で旧型モデルを安く買うこともできます。新型は欲しいけど高いので旧型を買うという方はこちらを参考にしてください。