MX Keys Mini レビュー

LogicoolにはMacのUS配列に特化したMX KEYS for Mac、エルゴノミックキーボードのERGO K860などいろんな外付けキーボードがありますが、テンキーレスのキーボードって意外とないんですよね。

いや、あるんですけど高級なキーボードに限ってテンキーを内蔵していたりと選択肢が少ないと言った方がいいでしょうか。そんな中で、Logicool MX KEYSのテンキーレスモデル・Logicool MX Keys Miniが2021年11月11日に発売となります。

テンキーは数字を扱う仕事をしてると便利ですがブログを書いたり、資料を作る程度であれば必ずしも必要というわけでもないので、バリエーションが増えるのはいいことですよね。

ということで、この記事ではLogicool MX Keys Miniをレビューしています。実際に使ってみてどうなのか、キーのタイピングの心地良さなどについても書いているので購入を検討している方は参考にどうぞ。

※Logicoolさんより製品提供していただき記事にしております。

Logicool MX Keys Mini(KX700GR)特徴

MX Keys Mini
MX Keys Mini(KX700GR)の特徴
  • MX Keys MiniはMX KEYSのテンキーレスモデル
  • 丸みのあるキーエッジでソフトなタイピング感
  • 近接センサー付きバックライトを搭載
  • 最大3台の端末をEasy-switchキーで簡単切り替え
  • 独自のスマートFnキーを搭載している
  • Mac、iPad、Winodwsなどに対応
  • サイズ:20.97 × 295.9 × 131.95mm
  • 重量:506g
  • 本体カラー:グラファイト、ペイルグレイ、ローズ
  • 端末価格:13,860円

MX Keys MiniMX KEYSのテンキーレスモデルです。数字の入力はファンクションキーからすることが多いという方にとっては待望のキーボードといってもいいかもしれません。

基本的な仕様はテンキーありのモデルと同じですがテンキーがなくなったことでキーボード本体がコンパクトになって重量も軽くなって持ち運びしやすいキーボードになりました。iPad mini 6と一緒にMX Keys Miniをカバンの中に放り込んで持ち運べるので使い方に幅が広がります。

MX Keys Miniはファンクションキーに独自キーとしてディクテーションキー、絵文字キー、ミュートボタンを搭載しています。Twitterで絵文字をぱぱっと入力できるだけでなくオンライン会議で役に立つマイクのミュートをワンボタンで発動できるようになりました。

キー配列はJISとなっておりMac、iPad、Windowsでキーを兼用でき最大3台まで同時ペアリングし切り替えできるので複数の端末をこの1台で使うことができます。AppleのワイヤレスキーボードもとてもいいですがWindowsを同時に使う場合は1台でササッと切り替えできるのでキーボードの数を机の上から減らすことができるでしょう。

Logicool MX Keys Mini レビュー

外観デザインはApple製品と相性がいい

MX Keys MiniはApple製品との相性の良いデザインのキーボードとなっており本体カラーはグラファイト、ペイルグレイ、ローズの3色から選ぶことができます。

iMac 24インチをはじめiPad Air 4など本体カラーを選べるようになったので、外付けキーボードも色が選べるのは嬉しいですよね。

使っている端末がシルバーならペイルグレイ、スペースグレイならグラファイト、ピンクなどカラフルな色の端末を使ってるならピンクを選ぶなど楽しむことができます。

MX KEYS for Macの本体デザイン

MX Keys Miniは球状にくぼんだキーは指先の形状に合う丸みのあるエッジとなっているPerfect Strokeキーを採用しキーの真ん中部分が凹んでいます。

MX Keys Mini Perfect Strokeキー
MX Keys Mini キーの形状

この凹みによってどこにタイピングしても満足のいく跳ね返り、タイピング感を得ることができます。さらに。つや消しコーティングがすべてのキーに施されていて汚れにくくて触れ心地の良いキーとなっています。

MX KEYS for Macはテンキーを搭載していてクラウド会計の処理など数字を入力することが多い作業にも快適に使うことができます。

キーボード本体の右上部分に電源ボタンと充電用のUSB-Cポートを搭載しています。

MX Keys Mini USB-Cポートと電源
USB-Cポートを搭載している

MX Keys Miniはフル充電でバックライトをONにした状態で最大10日間使うことができます。バックライトをOFFにして最大5ヶ月間(週5日で1日あたり8時間使用時)使うことができます。

バックライトをONにした状態で10日間って短いようにも感じますが、実際は1日にキーボードに触れている時間が5時間くらい。多い人でも10時間とかじゃないでしょうか。

10時間使用って考えると20日ほどは普通に使うことができますし、実際にテンキーありのMX KEYS for Macを長く使ってきましたが10日で電池が切れることはありませんでした。

ちなみに、MX Keys MiniはUSB-Cポートを搭載しているので電池が無くなっても素早く充電できます。

MX Keys Mini 充電する
USB-Cポートで充電する

いつでも充電できる自宅や職場で使うキーボードなので充電環境に困ることはないのではないでしょうか。

MX Keys Miniの裏面部分に段差と滑り止め加工が施されています。

MX Keys Miniの裏側部分
MX KEYS for Macの裏側部分

キーボードの重量は506gとテンキーなしのキーボードとしては少し重めですが滑り止めの加工が施されているのでキーボードをタイピング中にキーボードが動いてしまうこともありません。

Mac/Winで使えるキー配列

MX Keys MiniはJIS配列のキーボードを採用しています。(US配列も海外市場にはあります。)

MX Keys Mini JIS配列
JIS配列

MacとWindowsの兼用配列となっておりMacの「Opt」の部分はWinの「スタート」として機能が割り当てられており、Macの言語切り替えの「英数」と「かな」もちゃんと使うこともできます。

MX Keys Mini キー配列
Mac/Winのキー配列に対応

この配列のいいところはMacを使ってるとどうしてもWindowsが必要なることがありますが、MX Keys Miniがあれば最大3台までの端末をペアリングできるのでMacとWinを同時に操作できてしまいます。

オリジナルのスマートFnキー

MX Keys Miniのファンクションキーはオリジナルの「スマートFnキー」を3つ搭載しています。

MX Keys Miniのオリジナルキー
MX Keys Miniのオリジナルキー
MX Keys Miniのオリジナルキー
  • F1〜F3:Easy-switchキー(端末切り替え)
  • F6:ディクテーションキー
  • F7:絵文字キー
  • F9:ミュートボタン

F1〜F3は端末切り替えのEasy-switchキーが割り当てされていて、F6がディクテーションキー、F7が絵文字キー、F9がミュートボタンが割り当てされています。

ディクテーションキーは音声入力をするときに使うボタンで、絵文字ボタンはSNSなどで😆を入力するときにサッと言語切り替えできるつやつです。

F9のミュートボタンはオンライン会議をしているときにボタンを押すことで音をミュートできたりします。今の時代に合わせた使い方ができるようにファンクションキーにこだわりを感じますね。

キーの打ち心地について

MX Keys Miniのキーの高さ
MX Keys Miniのキーの高さ

MX Keys Miniはどこを打ってもすべてのキーストロークが滑らかで精確に打つことができるパーフェクト・ストロークキーを採用しています。

いわゆる一般的なパンタグラフ式ですがキーのピッチは19mmと一般的なフルサイズキーボードと同じてキーの高さは1.8mmと十分な深さがあるので打ち心地の良いキー入力を実現しています。

MX Keys Mini キーの形状

球状にくぼんだキーが指先の形状と調和し安定したタイピングをすることができます。タイピング感はソフトで滑らかなので気持ちよくキー入力できます。

力加減にもよりますがタイピング音は比較的しなやかで静かです。キーを押した時の打鍵感がソフトなので自然にタイピングできてとても快適に文字入力が可能となっています。

指を近づけると光るバックライトを内蔵

MX Keys Miniは近接センサーを内蔵しているため指をキーに近づけると自動的にキーボードバックライトが点灯します。

MX Keys Miniのバックライト
指をキーに近づけるとバックライトが光る

MacのMagic Keyboardはバックライトを内蔵しておらず暗いところの作業になるとキーの位置を把握できなくなりますが、MX Keys Miniはしっかりキーをライトで照射して作業を快適にしてくれます。暗いところでもしっかり作業できます。

MX Keys Miniとの接続方法

Bluetoothで接続して使う

MX Keys Miniとの接続は基本はBluetoothを使って接続することになります。

Bluetoothで接続するには電源をONにした状態にします。

MX Keys Miniの電源をONにする
MX Keys Miniの電源をONにする

F1〜FのいずれかのEasy-switchキーを長押しにしてペアリングモードに切り替えます。

Easy-switchキーでペアリングモードに切り替える

MacのBluetoothの設定画面を開くと「MX Keys Mac」と表示されるので「接続」をクリックします。

MacのBluetoothの設定画面
MacのBluetoothの設定画面

接続要求のウィンドウが表示されるので、表示されたナンバー「755638(毎回違う数字)」をMX Keys Miniで入力して「Returnキー」を押します。

これでMacとMX Keys Miniのペアリング完了です。

Windowsも同じようにBluetoothの設定から「追加」して使うことができます。

MX Keys MiniとWindowsとペアリング

同じようにPINコードを入力してEnterでペアリング完了です。

MacだけじゃなくてWindowsの配列にも対応しているのでMacとWinの同時に使うことがある場合はボタン一つで切り替えができるMX Keys Miniは本当に便利です。

もちろん、パソコンだけでなくタブレット端末のiPadもペアリングできます。

MX Keys MiniとiPadとペアリング

こちらはiPad mini 6でペアリングをしてみました。

MX Keys MiniとiPad mini 6で作業
iPad mini 6でブログを書くこともできる

キー配列は基本的にMacと同じなので「英数」と「かな」で言語切り替えしながら文字入力をして作業ができます。

MX Keys Miniは最大3台までの端末をペアリング登録ができてEasy-switchキーを押すだけで簡単に端末を切り替え可能。ボタンを押すだけで瞬時に切り替えできるので複数の端末をシームレスに使いたい方におすすめのキーボードとなっています。

MX Keys Miniの付属品

説明書や保証書、充電用のUSB-A to Cケーブルが同梱しています。

MX Keys Mini 同梱品一式
充電ケーブルが付属してくる

MX Keys Miniは基本的にBluetoothの接続で使えるのですが、macOSはFileVaultをONにして暗号化すると電源立ち上げ時にサードパーティ製のBluetooth機器を受け付けない仕様となります。

つまり、Bluetoothで接続して使う場合は電源を起動してログインするときのパスワード入力ができない状態になってしまい、これを改善するにはFileVaultをオフにするかLOGI BOLT USBレシーバーが必要となります。

FileVaultをオフにすればこの問題は出ませんが可能なら暗号化しておいた方がセキュリティを高めることができますし、iMac 27インチMac miniを使ってるならLOGI BOLT USBレシーバーは別途購入がおすすめ。

MacBook AirMacBook Pro 13インチでデュアルモニター環境にしてMX Keys Miniを使う場合も同じく電源立ち上げ時はパスワード入力できませんがキーボード一体型ですしTouch IDを使って画面ロック解除できるので問題ないでしょう。

※従来のUnifying USBレシーバーは使えないので注意です。

Logicool MX Keys Mini レビュー:まとめ

MX Keys Mini
MX Keys Mini

MX Keys Miniのメリット

MX Keys Miniのメリットはテンキーレスでフルサイズキーボードなので従来モデルのMX Keysよりもコンパクトに使うことができるのが最大のメリットでしょう。

MX Keys Miniのメリット
  • テンキーなしMX Keysキーボード
  • Mac/Winのキー配列に対応している
  • キーがソフトで入力していて気持ちが良い
  • タイピング音がそこそこ静か
  • 3台の端末を切り替えできる

従来型のMX Keysはとても高品質な外付けキーボードでしたが、テンキーがあったことで購入を控えていた方もいたかもしれません。そんな中でテンキーなしのMX Keys Miniが登場することで選択肢が増えたのはいいですよね。

小さいからといってもキーボード部分はフルサイズとなっているため作業性は最高です。MX Keys Miniのキーの高さMacのMagic Keyboardよりも高くてしっかりとした跳ね返りを得ることができてタイピング感もソフトで入力しやさいキーボードに仕上がっていますよ。

また、Mac、Windowsのキー配列に対応しているので色んな端末で使えるので複数の端末を切り替えて使えるので複数のデバイスを切り返して使えるのは純正のキーボードでは味わうことができない機能となっています。

MX Keys Miniのデメリット

MX Keys Miniのデメリットはそんなにないですが、強いて言うならテンキーレスのわりに少し重量があるところでしょうか。安定感があってとても操作性はいいのですが500gと少し重いので少し頑張らないといけないかもしれません。

MX Keys Miniのデメリット
  • 重量はテンキーレスのわりに少し重めかも
  • デスクトップ型MacはLOGI BOLT USBレシーバーが必要
  • US配列がない(海外市場にはある)

また、MacでFileVaultで暗号化したときにログイン画面で反応しません。これはLogicoolのキーボードに限った話ではなく他社製のBluetoothキーボード全てに言えること。と、考えるとMX Keys Miniのデメリットではないような気もします。

常に電源を切らずにスリープ状態で使うならキーボードは反応するのでロック画面を解除できます。定期的に電源を切る場合はLOGI BOLT USBレシーバーを持っていた方がいいかもしれないですね。

どんな人におすすめ?

MX Keys Mini おすすめな人は
  • 快適なタイピング環境を手に入れたい
  • テンキーは必要ないシンプルなキーボードがほしい
  • デスクトップ型のパソコンを使ってる
  • 複数の端末(Mac/Win)を使っている
  • MacBook + 外付けモニターで使っている
  • iPadの外付けキーボードとして使いたい

基本的にデスクトップ型のパソコンを使っている方がMX Keys Miniがおすすめですが、複数台の端末を同時ペアリングして使えるのでMacとWindowsを使っている、MacBook AirとiPad Airを使っていて1台のキーボードにまとめて作業をしたい…という方もMX Keys Miniはおすすめ。

机の上をキーボード1台で複数台をスッキリと扱うことができます。また、デスクトップ型ではなくノートPCを外付けモニターの環境で使っている場合もおすすめです。

もし、テンキーありが欲しいという方はMX Keysを選ぶこともできます。こちらはfor MacのUS配列モデルがあります。

M1チップのTouch IDが使えるMacだとTouch IDが使えないので普通にApple純正のMagic Keyboardを選ぶのがおすすめです。指でサッと画面ロック解除して使うことができます。

そのほかのワイヤレスキーボードはこちら。

iMacの比較・おすすめはこちら