MX Master 3 for Mac レビュー

Logicoolのハイエンドマウス・MX Master 3でMacに特化した「MX Master 3 for Mac(MX2200)」が登場。MacなどApple製品の接続に特化することで通常版のMX Master 3よりも接続性能と安定性を向上させたマウスになっています。

ここでは、MX Master 3 for Macのサイズ・機能・使いやすさをレビューしています。

WindowsとMacを併用していると使えないですが、iMac 27インチMacBook Pro 13インチiPad Pro 11インチなどApple製品を複数使っている方は安定性が向上しているMX Master 3 for Macを選ぶのがいいと思います。

なお、LogicoolさんよりMX Master 3 for Macを提供していただき記事にしております。

MX Master 3 for Mac(MX2200)の特徴

MX Master 3 for Mac
Logicool MX Master for Macの特徴
  • Macに最適化しBluetoothの接続性が向上
  • 人間工学デザインの手に馴染むスタイル
  • Darkfieldトラッキングで4000DPIの精度
  • 複数のボタンを搭載し機能をたくさん呼び出せる
  • ジェスチャーボタンでタスク操作ができる
  • MAGSPEED電磁気スクロールで高速移動ができる
  • 複数のMac/PCでシームレスに移動できる
  • 充電式マウスでフル充電で70日間使える
  • 端末価格:13,500円

Logicool MX Master 3 for Macは人間工学に基づくデザインを採用した手に馴染むスタイルなので長時間の作業も耐えることができます。

主ボタン・副ボタン・スクロールのほかにモードシフト、ジェスチャーボタン、モードシフトボタン、戻る・進むボタンを搭載していて複雑な操作なしで直感的に操作できるマウスとなっています。

この辺りの仕様はMX Master 3と全く同じとなっており、「for Mac」になったことでMacとのBluetoothの接続性が向上し従来のものよりも安定し遅延が少なく、スリープ復帰からの接続性も向上しているそうです。

確かに通常版よりもMX Master 3 for Macの方がどことなくカーソルの操作がしやすくなったように感じるけど気のせいの可能性も。つまり、よく分からない(笑)

ただ、通常版のMX Master 3も十分快適なカーソル操作ができたのでMX Master 3 for Macに乗り換えるほどではないでしょう。

あくまで、これからマウスの導入を検討していてMacやiPadしか使う予定がないのであれば、MX Master 3 for Macは良い選択肢になるでしょう。ちなみに、「for Mac」と書いてあるけどWindowsでもペアリングして使うことができます。

MX Master 3 for Mac レビュー

パッケージと付属品

MX Master 3 for Macのパッケージデザイン

通常版はUnifyingレシーバーが付属していましたが、MX Master 3 for Macは付属していないのでBluetoothで接続するのが基本となります。

Unifyingレシーバー

UnifyingレシーバーはUSB-AタイプなのでiMacでは使用可能ですが、MacBookでは使うことができないので、基本的に必要ないという判断なんでしょうね。その代わり、Macとの接続性能が向上しカバーしています。

充電用のケーブルはUSB-C to Cとなっています。

USB-C to Cケーブルが同梱

従来モデルはUSB-A to Cケーブルでしたが、すでにUSB-Cポートに統一しているMacBook AirMacBook Pro 13インチに合わせた仕様になっているようですね。

MX Master 3 for Macを充電する
充電しながら作業できる

Macに合わせた筐体カラーに

MX Master 3 for MacとMX Master 3の大きな違いの一つの筐体カラーの違いにあります。通常版はグラファイト or ミッドグレイを選ぶことができるのに対しいて、for MacはMacのスペースグレイに合わせたようなカラー1色のみとなっています。

MX Keys for Macともカラーが統一されていていい感じ。

手の馴染むフォルム

MX Master 3 for Macは人間工学に基づいた手を置いたときに自然と手に馴染むフォルムとなっていてボタンの感触も軽いので手が疲れにくく長時間のハードな作業もこなすことができます。

MX Master 3 for Macは手に馴染むフォルム
手にフィットするスタイル

サイズは51mm × 84.3mm × 124.9mmとなっています。手が小さい人が使うと少し大きいな…と感じるかもです。

機能的な多彩なボタンを搭載している

主ボタン、副ボタン、中央に中央にスクロールボタン、その下にもボタンを搭載していてMacの機能を割り当てできるようになっています。(デフォルトはスクロールモードを変更する機能が割り当て。)

MX Master 3 for Mac 操作ボタンの役割(標準)
  • 主ボタン・副ボタン:左クリック、右クリック
  • スクロール:画面のスクロール、ボタンとしても
  • モードシフトボタン:ラチェット・フリースピン切り替え
  • ジェスチャーボタン:押しながら動かしてマルチタスク
  • サムホイール:水平スクロール、タブ切り替えなど
  • 戻る・進むボタン:前の画面に戻ったり、進んだり
MX Master 3 for Mac 正面ボタン配置
機能的に使える多数のボタンを搭載

マウスの左横側には、サムホイールを搭載していて横スクロールが必要な場面も快適に操作することができます。また、進む・戻るボタンによる前の画面もワンクリックで戻ることも可能。

MX Master 3 for Mac サイドボタン配置
Macを快適になるサイドボタン

親指の当たる部分にもボタンを搭載していて、初期設定ではジェスチャー操作ができるようになっていて、ボタンを押しながら左右にマウスを動かすことでデスクトップ画面を切り替えたり、上に動かすことでミッションコントロールを起動することができます。

クリックが心地良い

MX Master 3 for Macの主ボタン、副ボタンは軽やかな押し心地なのでクリック疲れすることがないです。とても、使いやすいマウスに仕上がっています。

クリック音を録音したので気になる方は再生ボタンを押してみてください。

軽やかなクリック音なのでついつい押したくなってしまいますが、クリック音は少し大きめなので静かな喫茶店などで使う場合は少し注意してください。

MagSpeedで高速スクロール

MX Master 3 for Macに搭載しているスクロールホイールはステンレススチール素材を採用し、高級感のあるスタイルとなっています。

MX Master 3 for Macのスクロールホイール
ステンレススチールのスクロールホイール

ギザギザ加工が施されているためしっかり正確にスクロールすることができるようになっています。

また、電磁気式MagSpeedを搭載することでスクロールを回した時にクリック感を得ることができる「ラチェット」、クリック感のないスムーズなスクロールができる「フリースピン」の二つのモードを切り替えて使うことができます。

「フリースピン」にするとホイールを回した時のクリック感が消えて高速スクロールができます。「フリースピン」は本当に便利ですね。HTMLやCSSをいじる時に下の部分まで一瞬にアクセスすることができちゃう。すごい。

フリースピンで高速スクロール

「フリースピン」は1秒に1000行のスクロールができるそうで、とにかくスクロールが速いので大量の情報を扱うときに効率を上げることができます。「ラチェット」だと1px単位でスクロールを停止が可能なので精度が求められる作業の時に使うのにいいでしょう。


MX Master 3 foe Macの接続方法

MX Master 3 for Macの裏面にスライド式の電源ボタン、Easy-Switchボタンを搭載しています。

MX Master 3 for Macの裏面
MX Master 3 for Macの裏面

MX Master 3 for Macは最大3台のデバイスとペアリングでき、Easy-Switchを押すことで簡単にデバイスの切り替えができるようになっています。

Easy-Switchボタンを長押しすることでペアリングモードになり数字が白色に点滅するので、この状態にして「環境設定」→「Bluetooth」を開くと「MX Master 3 Mac」と表示されるので「接続」をクリックします。

Bluetoothでペアリングする

これだけでペアリング完了しMacのカーソルを動かすことができるようになります。デバイス間の移動ができるFlowに対応しているので、使用しているデバイスを最大3つまで登録しておくことでEasy-Switchで切り替えをしなくてもシームレスにデバイスを切り替えすることができます。

FLOWで違う端末にシームレス移動できる

MX Master 3 for Macは違うMacをシームレスに移動できる「Flow」という機能を使うことができます。

FLOWでシームレスに端末を移動できる
FLOWでシームレスに端末を移動できる

この機能を使うことで、例えばiMac 27インチMacBook Pro 13インチをシームレスにカーソルを移動することができます。両方の端末に「Logicool Options」をインストールする必要がありますが、ボタンのカスタマイズには必要なアプリとなっています。

FLOW 最大3台の端末を登録可能
最大3台の端末を登録可能

使い方はシンプルでアプリで同期させて、カーソルを画面の端に持っていくだけでシームレスに移動させることができます。こちらはMacBook Pro 16インチとiMac 27インチをシームレスに移動している様子です。

普通のマウスだと切り替えボタンからペアリング切り替えをする必要がありますがMX Master 3 for Macならこのようにボタン操作なしで一瞬でペアリング先を切り替えることができます。

さらに、カーソルの移動だけでなくMacBook AirでコピーしたファイルをiMacに移動することもできます。外部ディスプレイモードを失った最新のiMacとの同時利用が実現できてしまいます。

ボタンをカスタマイズできる

MX Master 3 for Macは数多くのボタンを搭載していますが、「Logicool Options」をインストールすることで、自由にボタンのカスタマイズができるようになります。

MX Master 3 for Macのカスタマイズ
ボタンを自由にカスタマイズできる

カスタマイズしたいボタンを選択することで機能の割り当てができます。

MX Master 3 for Mac 機能割り当て
ボタンのカスタマイズ

ポインタの速度、スクロール速度、サムホイール速度を細かく調整できるだけでなく、スムーズスクロールのモード切り替えもすることができます。(ボタンに割り当てもできる。)

スクロールの細かい設定もできる
スクロールの細かい設定もできる

細かい設定ができるので好みに合わせて使いやすいマウスに仕上げることができます。また、使うアプリによって操作方法を変更することもできるので、痒いところにも手が届く感じで、カスタマイズしがいがありますよ。

iPadのマウスとしても使える

MX Master 3 for MacはiPadのマウスとしても使うことができます。

MX Master 3 for MacをiPadで使う
MX Master 3 for MacをiPadで使う

ただし、ボタンの割り当てはできないので必要最低限の機能しか使えないので注意です。スクロールホイールはちゃんと機能しますがサムホイールや進む・戻るボタンは使えません。

ジェスチャーボタンは機能していて、ショートカットアプリ切り替え画面でホーム画面に戻ったりアプリを切り替えすることができるので、意外と便利に使いこなすことができます。

MX Master 3 for Mac メリット・デメリット

MX Master 3 for Mac
MX Master 3 for Mac

MX Master 3 for Macは、Macに最適化した高機能マウスとなっているのでApple製品しか使う予定がないのであれば、通常版ではなく「for Mac」を選ぶのがいいでしょう。

MX Master 3 for Macの良いところ
  • Macとの接続性能が安定している(らしい)
  • 手に馴染むフォルムで長時間作業でも疲れにくい
  • カーソル精度が正確でクリック感も良い
  • ボタンがたくさんあってカスタマイズ性が良い
  • 高速スクロールで一気に移動できる

通常版よりもMacへの接続安定性が向上していてスリープ復帰時の接続も素早く接続ができます。正直なところ差を感じることはできないのですが、マウスの筐体カラーがMacのスペースグレイに合わせられているので見た目で選んでもいいのかも。

また、手に馴染むフォルムなので長時間の作業も疲れにくい。多数のボタンを駆使して効率を上げることが可能となっています。

MX Master 3 for Macの惜しいところ
  • Unifyingレシーバーが付属していない
  • 手が小さいと大きいと感じる
  • 少し重さを感じるかもしれない

Unifyingレシーバーが付属していないので、Bluetoothでの接続が必須となります。とはいえ、Macに最適化されているので接続が不安定になることも少ないので影響は少ないでしょう。

マウスのサイズがそこそこ大きいので慣れが必要です。価格は普通のマウスと比べて高いですが、横スクロールやジェスチャー操作、違う端末でシームレスにカーソルを移動できるので複数の端末を使っている方におすすめですよ。

Logicool MX Master 3 for Mac
■ おすすめ度:
4
■ 持ちやすさ:
4
■ 使いやすさ:
4.5
■ サイズ:
3.5
■ 電池の持ち:
4
■ 価格の安さ:
3.5

MX Master 3 for Macと合わせてMX Keys for Macもおすすめです。

価格の安いSatechi M1マウスはこちらです。

MacBookの比較・おすすめiMacの比較・おすすめはこちら。

iPadの比較・おすすめはこちらをどうぞ。