2021年は通信会社の料金破壊が起きて全体的に料金が下がっていますが結局のところどこを選ぶのがいいのか。迷うところです。

ということで、この記事ではUQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイル、そしてMVNOを代表してmineo(マイネオ)の料金の比較をしてみたので通信料金を下げたいけどどこにしようか迷っている方は参考にしてください。

スマホ料金を安くするならここを選べ

スマートフォンの料金を下げたいならこちらの通信キャリア、料金プランのどれかを選ぶのがおすすめです。

おすすめの低価格プラン
  • UQ mobile(くりこしプランS:3GB):1,628円
  • ワイモバイル(シンプルS:3GB):2,178円
  • Rakuten UN-LIMIT VI(1GB〜3GB):0円〜1,078円
  • mineo(マイピタ:5GB):1,518円

ドコモ(ahamo)、au(povo)、ソフトバンク(LINEMO)よりオンライン専用のプランがスタートしますが、これらのプランは20GBのデータ通信に2,728〜2,970円に料金が固定されてしまうので、あまりスマホを使っていないユーザーにとっては高いと感じることもあります。

しかし、UQ mobile、ワイモバ、楽天モバイル、mineo(マイネオ)なら2,000円以内にスマホ料金を抑えることが出来ます。

通信品質で選ぶならここ

料金が安くてもデータ通信速度が遅い、電波が届かないでは意味がありません。通信品質を重視するならauが運営しているUQモバイル、ソフトバンクが運営しているワイモバイルのどちらかを選ぶのがおすすめです。

通信品質で選ぶなら
  • UQ mobile:au回線を使っている
  • ワイモバイル:ソフトバンク回線を使っている
  • 楽天モバイル:楽天回線(場所によって電波が届かない場合あり)
  • mineo:ドコモ、au、ソフトバンクのMVNO回線

楽天モバイルはパートナーエリアのau回線が使えるエリアなら電波が届かないことはないのですが、楽天回線がメインとなる地域では建物の中に電波が届かないという問題もあります。

また、パートナーエリアでの通信は5GBまでの通信量となってしまい超過すると通信制限が入ってしまいます。なので、地域格差が現時点ではあるのが注意ですね。

mineo(マイネオ)はドコモ、au、ソフトバンクのいずれかの回線を間借りしているMVNO回線業者です。電波の届きやすさは問題ないですがお昼(12時〜13時)の回線が混み合う時間帯はデータ通信速度が遅くなるという問題があります。

そんな中で、UQモバイルとワイモバイルは電波が届かない、データ通信速度が遅くなる時間帯はないので24時間いつでもどこでも安定しているのがいいところです。

料金プランの違いを比較

では、料金プランの違いを小容量、中容量、大容量の括りで比較してみましょう。

小容量プラン(1〜3GB)

スマホを外で使うことが少ないという方は1GB〜3GBの小容量プランを選ぶことで十分快適にスマホを使うことができます。

小容量プランの比較
  UQ mobile Y!mobile Rakuten mineo
プラン名 くりこしプランS シンプルS Rakuten UN-LIMIT VI マイピタ
料金 1,628円 2,178円 0円〜1,078円 1,298円
データ通信 3GB 3GB 1GB〜3GB 1GB
超過制限 300kbps なし:20GB 2,178円に 200kbps
データ繰越 あり なし
国内無料通話 従量制(22円/30秒)
+770円で10分
従量制(22円/30秒)
+770円で10分
専用アプリでかけ放題 専用アプリ + 935円で10分
24時間かけ放題 1,870円 1,770円 専用アプリでかけ放題
キャリアメール なし 対応予定 なし
家族割 なし 2回線目以降1,188円割引 なし
5G 対応 対応 対応 +220円

UQモバイル、ワイモバイルともに通話は従量制となり+770円で10分かけ放題にすることができます。UQモバイルの場合は60分国内通話が定額を550円で契約することもできます。

条件を統一してわかりやすくするために音声通話かけ放題のオプションを付けた各プランの料金はこうなります。

音声通話付きで
  • UQ mobile(3GB + 10分):2,180円
  • Y!mobile(3GB + 10分):2,680円
  • 楽天(1〜3GB + 24時間):0円〜1,078円
  • mineo(1GB + 10分):2,233円

UQモバイルの「くりこしプランS」は3GBのデータ通信で1,628円、国内通話10分オプション(+770円)を付けることで2,180円、Yモバイルの「シンプルS」は3GBのデータ通信で2,178円、国内通話10分オプション(+770円)を付けることで2,680円となっています。

ワイモバイルは少し割高になってしまいますが、家族割を適用させることで2回線目以降は1,080円割引となって1,600円で使うことができます。家族で使う、光回線を使っているならワイモバイルが安いです。

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIは段階制プラントなっていて、1GB以内であれば0円でスマホを使うことができ1GB〜3GBの間であれば1,078円となります。

こうやって比較すると楽天モバイルが安くてお得に見えますがストッパーがないので気付いたら3GBを越して次のステップとなる〜20GBで2,178円に価格が高くなるので自動的に価格が上がってしまう可能性があるので注意です。

中容量プラン(5GB〜20GB)

もっともコスパが良いのが5GB〜20GBの中容量プランです。UQモバイルは15GBで2,728円、ワイモバイルは10GBで3,278円と少し割高感はあります。

電話をしないならUQ mobileのくりこしプランM(15GB:2,728円)はワイモバイルの10分かけ放題付きのシンプルM(15GB:3,278円)よりも安い価格となっています。家族で使うなら2回線目以降が1,080円割引となって1,900円で使うことができます。

中容量プランの比較
  UQ mobile Y!mobile Rakuten mineo
プラン名 くりこしプランM シンプルM Rakuten UN-LIMIT VI マイピタ
料金 2,728円 3,278円 1,078円〜2,178円 1,518円
1,958円
データ通信 15GB 15GB 3GB〜20GB 5GB
10GB
超過制限 1Mbps なし:20GB〜3,278円に 200kbps
データ繰越 あり なし
国内無料通話 従量制(22円/30秒)
+770円で10分
従量制(22円/30秒)
+770円で10分
専用アプリ:かけ放題 専用アプリ + 935円で10分
24時間かけ放題 1,870円 1,870円 専用アプリ:かけ放題
キャリアメール なし 対応予定 なし
家族割 なし 2回線目以降1,188円割引 なし
5G 対応 対応 対応 +220円

楽天モバイルのUN-LIMIT VIは3GB〜20GBの間であれば2,178円となり割安感はあります。ただし、UN-LIMIT VIは20GB以上になると次のステップに上がって3,278円になってしまうリスクがあります。

中容量プランの中でお得だなと感じるのはmineo(マイネオ)でしょうか。

5GBで1,518円、10GBで1,958円で使えます。お昼の時間帯(12時〜13時)は通信速度がどうしても遅くなってしまうのでお昼休みに使いたいなら適していないですが、月々の料金を抑えたいのならいい選択肢になるでしょう。

大容量プラン(20GB〜)

20GB以上の大容量プランになるとUQモバイル、ワイモバイルは少し割高になってしまうので、この料金ならpovoSoftbank on LINEを選んだ方がいいような気もします。

大容量プランの比較
  UQ mobile Y!mobile Rakuten mineo
プラン名 くりこしプランL シンプルL Rakuten UN-LIMIT VI マイピタ
料金 3,828円 4,158円 3,278円 2,178円
データ通信 25GB 25GB 使い放題 20GB
超過制限 1Mbps なし 200kbps
データ繰越 あり なし
国内無料通話 従量制(22円/30秒)
+770円で10分
従量制(22円/30秒)
+770円で10分
専用アプリ:かけ放題 専用アプリ + 935円で10分
24時間かけ放題 1,870円 1,870円 専用アプリ:かけ放題
キャリアメール なし 対応予定 なし
家族割 なし 2回線目以降1,188円割引 なし
5G 対応 対応 対応 +220円

20GB以上のデータ通信をするなら楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIが良さそうですね。3,278円でデータ通信し放題となります。

もし、20GB以上のデータ通信をしないならmineo(マイネオ)は2,178円なので安いです。このプランでもお昼の時間帯(12時〜13時)は通信速度が遅くなるのでこの時間帯にスマホを使うことがないのなら選んでも問題はないでしょう。

どこの通信キャリアがいいか

とにかくスマホ料金を下げたいなら

スマホの月々の料金をとにかく下げたいなら楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」、mineoの「マイピタ:1GB」がおすすめです。

携帯料金をとにかく安く
  • UN-LIMIT VI(1〜3GB):0円〜1,078円
  • mineo(1GB):1,298円

楽天モバイルは1GBまでなら0円で使えるので、ほんとに外でデータ通信をしない自信がある方はおすすめのプラントなっています。ただ、ストッパーがないので動画とか見て20GB以上になると一気に3,278円に価格が跳ね上がってしまうことがあります。

mineoのマイピタ(1GB)なら容量を超過したら通信速度が200kbpsに制限されるだけで料金が跳ね上がることはないので、安心して使うことができるでしょう。

\とにかく通信費用を下げるなら/

大容量データが使えて安いところは

大容量データ通信ができて料金が安いのは楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」、mineoの「マイピタ:20GB」となります。

大容量データで安いのは
  • UN-LIMIT VI(20GB〜):3,278円
  • mineo(20GB):2,178円

UQ mobileは3,480円、ワイモバイルは4,158円と少し割高なのでデータ通信の容量だけにこだわるのなら楽天モバイルかmineoのどちらかになります。

ただし、楽天モバイルのデータ通信使い放題は楽天回線のみに対応しています。パートナーエリアは5GBまでしか使えないので楽天モバイルを選ぶ場合は使うエリアが対応しているかどうかを確かめてから契約した方がいいでしょう。

\大容量なのに安い/

通信速度が速くて安定しているのは

通信速度が速くて安定しているのはau回線のUQ mobile、ソフトバンク回線のY!mobileのどちらかとなりますが、地域によっても異なりますが個人的にはUQ mobileの方が電波の入りは安定しているような気がします。

回線が安定しているのは
  • UQ mobile
  • Y!mobile

どちらも通信速度が時間帯によって低下することはないので、大手キャリアとほぼ同じ品質でスマホを使うことが可能となっています。

楽天モバイルはパートナー回線のauに頼らざるを得ないところがありますが、一部地域で楽天回線網の割合が増えたことでauの回線が使えないところがあり、そのような地域では楽天の電波が入らないとこともあり安定性に欠ける部分があるのがネックとなります。

mineoはドコモ、au、ソフトバンクの回線を使っているので電波の入りに関しては大手キャリアと同じで繋がりにくいことはなく、通信速度が混み合う時間帯に遅くなってしまうことに注意すればそこそこ快適にスマホを使うことができるでしょう。

\通信回線が安定している/

通話定額で使いやすいのは

通話定額を重視するならワイモバイルがおすすめです。

10分かけ放題にした場合
  • UQ mobile(3GB + 10分):2,398円
  • Y!mobile(3GB + 10分):2,948円

ワイモバイルの料金プランは国内通話10分かけ放題が含まれたものとなっていて、単純明快なものとなっていますしUQ mobileに通話定額を付けたプランよりも安くなっています。

LINEやiMessageといったインターネット通話ではなく、普通に電話を使うことが多いならワイモバイルを選ぶのがいいでしょう。

ちなみに、家族で使うのならワイモバイルがおすすめです。2回線目以降は1,188円割引となって3GB + 10分かけ放題で1,760円でスマホを使うことができます。

\定額通話ならワイモバイル/

iPadを使うなら

iPad セルラーモデルなど音声通話が必要ない端末で使うのならデータ通信のみのSIMを契約することができるUQ mobileかmineoがおすすめです。

  • UQ mobile(3GB):1,078円
  • mineo(5GB):1,265円

UQ mobileは3GBのみなので汎用性は高くないですが、mineoは10GBが1,705円、20GBが1,925円で使うことができるので楽天モバイル(20GB以下)の2,178円よりも安い料金でどこでもiPadを使うことが可能となります。

\iPadで使うなら/