できることが広がるMagSafeアクセサリ

iPhone 12シリーズの登場に合わせて発表されたMagSafe充電器はこれからのiPhoneの使い方と可能性を広げてくれるアクセサリーとなっています。

例えば、MagSafe充電器を使うことMagSafeに対応しているiPhone 12、iPhone 12 Proをピタッと背面パネルにくっ付けるだけで充電ができて、さらにスタンドとしても使うことができるまさに魔法の周辺機器といってもいいかもしれません。

もちろん、新型となるiPhone 13(2021)にもMagSafeアクセサリーは対応する見込みで、様々なシーンでMagsafe充電器を使うことができるようになるでしょう。

ここでは、MagSafeでどのようなことができるのか、対応しているアクセサリーについてまとめているので、iPhone 12を購入した方、さらにiPhone 13・13 Proを検討している方は参考にしてみてください。

MagSafeとは

MagSafe(マグセーフ)という言葉を知っている方は6年以上前のMacBookシリーズを使ったことがある方だと思いますが、以前のMacBookシリーズの充電ポートはApple独自規格となるMagSafeケーブルを採用してました。

以前のMagSafe

磁力を使うことでカチッとポートに接続できる仕組みとなっていて、ケーブルを足に引っ掛けたとしても本体が吹っ飛ぶことがない安全な充電ポートだったのですが、2016年以降のMacBook ProはUSB-Cポートに統一したことでMagSafeが廃止となりました。

そんな、MagSafeがiPhone 12シリーズの充電アダプタとして帰ってきました。

iPhone 12の筐体中央部分にマグネットを内蔵することによって、MagSafeに対応したアクセサリーを磁力の力を使ってズレることなくワイヤレス充電することが可能となります。

iPhone 12のMagSafeテクノロジー
iPhone 12のMagSafeテクノロジー

従来のワイヤレス充電器は位置決めがなかったので充電していたつもりが充電できていなかった、気付いたら充電器からiPhoneが落ちて充電できてないといった事故がありました。

しかし、マグネットでしっかり固定することができるMagSafe充電器なら「充電していたつもり」を「ちゃんと充電できる」に変えることができます。

iPhone 12とMagSafe充電器
iPhone 12とMagSafe充電器

だから、MagSafeという名称なのかな。

MacBookのMagSafeはケーブルを足で引っ掛けても本体を守ることができるからMagSafeという名称でしたが、iPhoneのMagSafeは考え方が逆になってしっかりとくっ付いて充電できるからMagSafeになった感じ?

従来のQi対応のワイヤレス充電器でiPhone 12を充電すると7.5Wの出力での充電となりますが、MagSafe充電器を使ってiPhone 12を充電することで最大15Wの急速充電に対応し素早く充電することが可能となります。

これも、地味にというかかなり嬉しい性能の向上となります。

対応しているiPhoneは

MagSafeアクセサリーは基本的にマグネットを筐体の内部に搭載しているiPhone 12シリーズが対応端末となります。

MagSafe対応端末

MagSafeアクセサリーの肝となるMagSafe充電器のQi規格と互換性があるため、iPhone 12シリーズだけでなくワイヤレス充電に対応しているiPhone 8以降の全ての端末で使えるようになっています。(おそらく、充電出力は7.5Wになる。)

また、ワイヤレス充電に対応しているAirPods・AirPods ProもMagSafe充電器を使って充電することができます。

MagSafe対応のアクセサリー

MagSafe充電器

MagSafe充電器はまるでApple Watchのワイヤレス充電器を大きくしたようなスタイルとなっていますが、周囲にあるマグネットとiPhone 12の内部にあるマグネットが引かれ合ってくっ付く仕組みとなっています。

MagSafe充電器の充電パッドの大きさは明らかではないですが、iPhone 12 miniの横幅よりも小さく横幅は55mmとなっていました。

MagSafeに対応したクリアケースを装着した状態ですが、このようにMagSafe充電器をiPhone 12・12 Proの背面部分にピタッとくっ付けることで正確に充電することができます。

Newsroomより

磁力がなかなか強力で引っ張ってもそう簡単に外れることはないんで充電しながらiPhone 12を操作することができます。

Lightningケーブルを接続したまま横画面にしてゲームをするとケーブルが手に当たって邪魔になってしまうことがありましたが、MagSafe充電器があればそのような問題も解決するのかもしれません。

なお、iPhone 11・11 Proなど以前のモデルでもMagSafe充電器を使って充電は可能となっています。ただし、磁力を使ってiPhoneの位置合わせができないので正確に充電できないこともあるかも。AirPodsケースくらいなら問題なく充電はできるとは思いますが、

MagSafe充電器で15Wの高出力で充電するには「20W USB-C電源アダプタ」が必要なり、iPhone 12シリーズとMagSafe充電器にはこの電源アダプタが付属してないので別途購入する必要があります。

iPad Air(第4世代)かiPad(第8世代)は同梱しているのでiPadも合わせて買われた方は、iPadの充電器を使ってMagSafe充電器に電力を送ることができます。

それにしても、このクリアケースのデザインは一体何なんでしょうか…。

Apple公式サイトで販売しているiPhone 12のケースは全てMagSafeに対応したものとなっています。対応していないとワイヤレス充電できないってことはないと思いますが、15Wの急速充電ができないなどの問題が出てくるのかも?

MIOFT MagSafeスタンド

MOFTのMagSafe対応のスタンドです。

MOFTスタンドウォレットとiPhone 12 Pro

磁石が埋め込まれているためMagSafe対応のiPhone 12の背面パネルにこのようにピタッとくっ付けてスタンドとして使うことができます。

MOFTスタンドウォレットでiPhoneをスタンド

MOFTスタンドのいいところはただ単にスタンドになるだけでなくカードも2枚くらい入れて持ち運ぶことができるので、財布を持たなくてもコンビニくらいなら行くことができるところです。使わない時はさっと取り外すことができますし、本当に使いやすいスタンドです。

また、縦置きだけでなく横置きスタンドとしても使うことができるので、作業中に動画を見るといった用途にもしっかりと使うことができます。

MOFTスタンドウォレット 動画視聴に

iPhone 12シリーズはこのようなMagSafeに対応したスタンドが色んなメーカーから販売されていて、新しいスマホの使い方ができるのは新しくていいですよね。iPhone 12を手に入れたたらMOFTスタンドは一枚持っていていいような気がします。

MagSafe対応iPhoneレザーウォレット

ワイヤレス充電とは全く関係ありませんが、クレジットカードなどを収納しておくことができるMagsafeレザーウォレットというアクセサリーがあります。

MagSafe対応iPhoneレザーウォレット
MagSafe対応iPhoneレザーウォレット

このケースはiPhone 12に内蔵されたMagSafeの磁力を使ってケースをくっ付けるというもので、ここにクレジットカードなどを収納しておくことができます。

Newsroomより

磁力だらけのところにクレジットカードなど磁気に弱いものを収納して大丈夫なのか不安になってしまいますが、カードを安心して入れられるようにシールド機能を搭載しているそうです。

クレジットカードをここに入れて持ち運ぶのは個人的には怖くてできないですが、お札を数枚入れておいてちょっとした財布代わりとして使うことはできるのかもしれないですね。


MagSafeデュアル充電器

iPhone 12とApple Watchを同時充電できるMagSafeデュアル充電パッドというアクセサリーもあります。

MagSafeデュアル充電パッド

MagSafeデュアル充電器は折りたたむ事でとてもコンパクトにすることができるので旅行に行く時にも重宝するアクセサリーになりそうです。USB-Cポートを搭載した充電器とUSB-C to Lightningケーブルが必要となりますがそれぞれの充電器を持っていく必要はないので荷物をまとめることができるでしょう。

また、寝かせて充電できるのでiMacの下の空いた空間に置いて充電することもできるので使い勝手はなかなか良さそうです。

Belkin MagSafe  3-in-1 磁気ワイヤレス充電器

サードパーティ製のMagSafe充電器も登場します。BelkinからはiPhone 12、Apple Watch、AirPodsの3つの端末を同時にワイヤレス充電できる「MagSafe  3-in-1 磁気ワイヤレス充電器」が発売となります。

磁力によってiPhone 12をスタンドにくっ付けて充電することができます。最大15Wの急速ワイヤレス充電に対応しているので、ちょっとした隙間時間を使ってiPhone 12を素早く充電することができます。

iPhoneは縦向きによる充電だけでなく、横向きでの充電にも対応しているので、映画や動画をみながらワイヤレス充電することができます。スムーズに方向を変更できるので、これは便利かもしれませんね。

ただ、充電器がちょっとゴツすぎるような気もします。カッコイイんだけどね。iMacの隣に置けない。

Belkin MagSafe Air Vent 車用磁気スタンド PRO

Belkinから車載用の「MagSafe Air Vent 車用磁気スタンド PRO」が登場します。

エアコンの吹き出し口にMagSafe Air Vent 車用磁気スタンド PROを取り付けることができ、内蔵のボールジョイントを使うことで簡単にiPhoneを縦向きにしたり横向きにすることができます。

従来の車載用のスマホ固定スタンドは取り外しが煩わしいものがありましたが、これはマグネットでくっ付けるだけでiPhoneを固定できるので、とても使いやすそうです。

充電ケーブルの取り回しがどうなってるのかがよく分からないのですが、このスペースにiPhoneを気軽に取り付けできるようになれば地図アプリのナビゲーション機能を有効活用することもできそうです。

MagSafe対応アクセサリーは今後もどんどん増える

iPhone 12の新機能ともいえるMagSafeはワイヤレス充電器として使えるだけでなくスタンドとしてもアイディアが無限に広がりそうな規格です。

純正のアクセサリーだけでなくサードパーティ製のアクセサリーも面白いものがどんどん登場しそうですよね。今後のiPhoneのアクセサリーに期待です!

iPhone 13(2021)について
iPhoneの選び方

iPhone 12の比較はこちらです。