Mac Studio + Studio Display・iMac 27インチ

Appleが2022年3月9日にMac StudioとStudio Displayを発表したと同時にiMac 27インチが製品ラインナップから姿を消しました。

まさかのiMac 27インチのディスコンに。そんなことがあっていいのか。なんで27インチのiMacがないのか。

…と思ったのですが、AppleとしてはMac StudioとStudio Displayの組み合わせがiMac 27インチの後継機種として提案しているのかもしれません。

今後、AppleシリコンのiMac 27インチが登場する可能性はゼロではないですが過去の例を見ても製品ラインナップから一度消えてしまったモデルはしばらく復活することはないんですよね。

ということで、Mac StudioとStudio Displayがどんな製品になっているのか、iMac 27インチが出ない理由についても個人的な考えも書いていきたいと思います。

Mac Studioの特徴

Mac Studioはデスクトップ型のMacでAppleシリコンのM1 Max、またはM1 Ultraを搭載したハイエンドモデルです。

Mac Studioの特徴
  • Mac miniに似たデスクトップMac
  • SoC:M1 Max、M1 Ultra
  • RAM:32 / 64 / 128 GB
  • ストレージ:512GB〜8TB
  • 端末価格:249,800円〜

標準モデルのM1 Max(32GB / 512GB)は249,800円、M1 Ultra(64GB / 1TB)は499,800円でフルスペックのM1 Ultra(128GB / 8TB)にすると939,800円となります。

かなり高価ですがIntelのMac Proよりも性能が高いのでコストパフォーマンスはいいのかもしれません。

\ Mac Studioをチェックする/

筐体デザインとサイズ

Mac Studioは、Mac miniのデザインのまま高さを嵩上げしたスタイルとなっています。

なかなか存在感のあるスタイルですが横幅と奥行きはMac miniと同じ19.7cmとMac miniの設置スペースのままにスペックアップしたMac Studioを置くことができます。

Mac Studio サイズ比較
  Mac Studio Mac mini
サイズ 19.7 × 19.7 × 9.5 cm 19.7 × 19.7 × 3.6 cm
重量 2.7 kg(M1 Max)
3.6 kg(M1 Ultra)
1.2 kg

縦置きにするとスペースが増えますがほぼ同じ大きさでM1 → M1 MaxまたはM1 Ultraの高性能なチップを搭載したMacで作業が可能です。

Mac StudioはハイエンドMacでポートもたくさんあって、正面側にUSB-Cポートを2つ、SDカードスロット(UHS-2対応)を搭載しポートへの接続性がMac miniよりも向上しています。

背面側にThunderbolt 4が4つ、10Gbイーサネット、USB-Aが2つ、HDMIポート、ハイインピーダンスのヘッドフォンに対応した3.5mmオーディオジャックを搭載しています。

Mac Studio ポートの比較
Mac Studio Mac mini
M1 Max M1 Ultra M1
Tb4 / USB-C × 4 Tb4 / USB-C × 6 Tb3 / USB-C × 2
USB-C × 2 USB-A × 2
USB-A × 2
HDMIポート HDMIポート
SDXCカードスロット(UHS‑II)
10Gb Ethernet ギガビットEthernet

M1 UltraモデルならThunderbolt 4が最大6ポート搭載していてUSB-Aポート、HDMIポート、SDカードスロットもあるのでMac Studioだけであらゆる機器に接続が可能となっています。

まさにiMac 27インチの代わりとしては申し分ないくらいの拡張性といっていいでしょう。

M1 Max or M1 Ultraを搭載

Mac StudioはAppleシリコンのM1シリーズを搭載していて標準モデルはM1 Max、カスタマイズモデルでM1 Ultraを選ぶことができます。

M1チップをベースにM1 Pro → M1 Max → M1 UltraとCPUとGPUのコア数が増えて処理性能が向上します。

M1シリーズ
SoC M1 M1 Pro M1 Max M1 Ultra
端末 MBA
MBP13
Mac mini
iMac 24
MBP14
MBP16
MBP14
MBP16
Mac Studio
Mac Studio
CPU 8コア 8コア
10コア
10コア 20コア
GPU 8コア 14コア
16コア
24コア
32コア
48コア
64コア
Neural Engine 16コア 16コア 16コア 16コア
ユニファイドメモリ 8GB
16GB
16GB
32GB
32GB
64GB
64GB
128GB
メディアエンジン 1 2 4

Mac Studioの標準モデルはM1 Maxは10コアCPUに24コアGPUまたは32コアGPUを内蔵したSoCですが、M1 Ultraはさらに倍の20コアCPUに48コアGPUまたは64コアGPUを内蔵します。

M1 UltraはUltra Fusionというパッケージングアーキテクチャを使ってM1 Maxのダイを2つ接続し性能を高めておりメディアエンジンの数も倍に増えてエンコーダーなどの処理がより高速となります。

ただ、CPUの性能はM1 MaxとM1 Ultraはそこまで大きな差はないようでiMac 27インチ(Intel)と比べてPhotoshopの処理性能がM1 Maxが2.2倍、M1 Ultraが2.5倍に収まっています。

GPUの性能は大きく向上しiMac 27インチ(Radeom Pro 5700)と比べてFinal Cut Proのレンダリング処理性能がM1 Maxが3.5倍、M1 Ultraが5倍と圧倒的な性能差となっています。

高負荷な動画編集においてはM1 MaxとM1 Ultraでは大きな差が出てくるかもしれません。

また、M1シリーズのSoCは電力効率もいいので高性能なM1 Ultraを搭載したMac Studioで最大200Wの電力消費とかなり少なくなっています。

Mac Studioの価格

Mac Studioの端末価格はストレージ容量が512GBでM1 Maxの最小構成が249,800円、M1 Ultraが477,800円です。

Mac Studio 価格
メインメモリ 32GB 64GB 128GB
M1 Max
10コアCPU
24コアGPU
249,800円 293,800円
M1 Max
12コアCPU
32コアGPU
271,800円 315,800円
M1 Ultra
20コアCPU
48コアGPU
477,800円 565,800円
M1 Ultra
20コアCPU
64コアGPU
587,800円 675,800円

ストレージ容量は512GB → 1TBが+22,000円、2TBが+66,000円、4TBが+132,000円、8TBが+264,000円です。

M1 MaxをMacBook Pro 14インチで買うと30万円を超えるのでMax Studioはチップ性能が欲しいという方にとっては最高の端末と言っていいかもしれません。

\ Mac Studioをチェックする/

Studio Displayの特徴

Studio Displayの特徴
  • 27インチ 5K Retina:5,120 × 2,880ピクセル
  • 画面輝度:600ニト
  • 10億色、広色域(P3)対応
  • True Toneテクノロジー対応
  • Appleシリコン・A13 Bionicを搭載
  • 6スピーカーシステム(空間オーディオ対応)
  • 12MP超広角カメラでセンターフレーム対応
  • Thunderbolt 3 × 1、USB-C × 3

Studio DisplayはThunderbolt 3ケーブルでMacを接続して使える外部モニターでiMac 27インチと同じ画面サイズと5K解像度で作業ができる高品位なモニターです。

標準ガラス仕様が199,800円、Nano-textureガラス仕様が242,800円となっています。

\ Mac Studioをチェックする/

デザインとサイズ

Studio Displayのデザインはとてもシンプルです。

正面側はiMac 24インチのディスプレイ下にある顎がなくなったようなデザインでディスプレイだけがあるスタイルに。ベゼルの幅は上位のPro Display XDRよりも太めですがシンプルでカッコいいですよね。

背面側はAppleのロゴマーク、USB-Cポートがあるシンプルなスタイルです。

Studio Displayは全体的にフラットなスタイルでiMac 24インチと同じように「画面の傾きを調整できるタイプ」、「画面の高さも調整できるタイプ」「、VESAマウントアダプタ搭載」の3つのタイプから選べます。

環境に合わせて選べるのはいいけど途中でデスク周りの環境を変えると買い直しになるのは少し厳しいところ。

Studio Displayの筐体サイズは横幅が62.3cm、高さが47.8cm、奥行きが16.8cmとすっきりとしたサイズに収まっています。

iMac 24インチと比較するとStudio Displayの方が横幅が約8cm、高さが1.7cm、奥行きが2.1cmほど大きくなっています。

iMac 24インチとStudio Display
iMac 24インチとStudio Display

ディスプレイの厚みは意外と太めで20mmほどありそうな感じ。とはいえ、思ってたよりもコンパクトなのでiMac 27インチからの乗り換えで机の上がスッキリしそうです。

さらに、iMac 24インチからMac StudioとStudio Displayに乗り換えても違和感なく使えそうです。

5K Retinaディスプレイを搭載

Studio DisplayはiMac 27インチと同じ5K Retina(5,120 × 2,880ピクセル)ディスプレイを搭載しています。

5K解像度の外部モニターはなかなかないのでStudio Displayの最大のメリットとなります。とくに27インチで5K解像度はとても高精細で画面がとにかく見やすいです。

さらに、ディスプレイの品質も高くて600ニトの輝度、10億色、広色域(P3)、True Toneテクノロジーにも対応しています。おそらく、Macから画面の明るさ調整もできるはずです。

6スピーカーシステムを搭載

Studio Displayはフォースキャンセリングウーファーを備えた、原音に忠実な6スピーカーシステムでワイドなステレオサウンドに対応しています。

iMac 24インチも6スピーカーシステムを搭載していて音質がとてもいいので、筐体サイズがより大きいStudio Displayの音質にはさらに期待が高まります。

また、空間オーディオにも対応しています。

外部ポートも搭載している

Studio DisplayはThunderbolt 3(ホストアップ用)だけでなく出力用のUSB-Cポートを3つ搭載しています。

ホスト用のThunderbolt 3は96Wの充電もできるのでMacBook Pro 14インチ・16インチと接続して充電しながら画面を表示させながら、データ通信をして作業ができます。

A13 Bionicを搭載している

Studio DisplayはiPhone 12に搭載しているA13 Bionicを内蔵しセンターフレーム、空間オーディオ、音声アシスタントなどの機能をStudio Displayで使えるようになりました。

モニター単体にA13 Bionicを搭載してくるとはなかなかスゴイです。どうせならStudio Display単体でApple TVが見れるようになったりiOSが動作したら面白いんですけどね。

ナノテクスチャーガラスを選べる

Studio Displayはディスプレイのガラスに光沢のある標準ガラスと、マット調のナノテクスチャーガラスのどちらかを選ぶことができます。

標準ガラス仕様が199,800円、Nano-textureガラス仕様が242,800円となっています。このガラスの違いはiMac 27インチで比較しているので参考にして見てください。(→ Nano-textureガラスの比較

\ Mac Studioをチェックする/

M1 iMac 27インチがないのはなぜ?(考察)

Mac StudioとStudio Displayの発表と同時にiMac 27インチが販売終了となりましたが、AppleシリコンのiMac 27インチが何故ないのか?

iMac 24インチは存在するのに大画面サイズのオールインワンモデルがないのは違和感ありますよね。

これには、おそらく理由があります。

薄型ボディにM1 Max・M1 Ultraは難しい?

iMac 24インチと同じM1チップならiMac 27インチでも可能だったでしょう。でも、M1の27インチはいらないですよね。もっと高性能なデスクトップマシンが欲しいです。

というのも、iMac 24インチの筐体デザインを見ると分かるのですが本体がものすごく薄いのです。

iMac 24インチの筐体サイド部分の加工

11mmほどしか厚みがありません。

もちろん、27インチになればもう少し厚みを持たせてStudio Displayくらいの厚みにすれば排熱性能を上げることもできそうですがこの薄さだとM1 MaxやM1 Ultraの発熱の処理は困難かもしれません。

M1よりも高性能ならM1 Proならギリギリいけたかもですがデスクトップ型になるとMacBook Pro 14インチよりも高性能である必要性はどうしても出てきます。

実際にM1チップのiMac 24インチでFinal Cut Proで4K動画の書き出しして負荷をかけると発熱して本体の顎の部分が熱くなるんですよね。

iMac 24インチの内蔵ファンの部分

iMac 24インチは顎の部分だけでなく背面のアルミボディが放熱の役割を担っているのか筐体全体が温かくなってきて意外とiMac 24インチは熱くなります。動作が遅くなることはないですが。

これがもしM1 Mac、M1 Ultraだったら…大変です。iMacはディスプレイ一体型で発熱によるディスプレイへの悪影響も考えられます。

iMac 27インチは物理的に筐体が大きいので放熱性能はそれなりに確保できそうですが、Mac Studioが内蔵しているファンはかなり大きいサイズとなっています。

Mac Studio 内蔵ファン
上の部分が放熱ファン

M1 Ultraを冷却するにはこれくらいのファンが必要ということでしょう。

IntelのiMac 27インチの筐体デザインならいけそうですがこの大きなファンをiMac 24インチのような薄型オールインワンに入れ込むのは難しそうです。

なので、仕方なし…ではないけど最強のM1 Ultraを搭載できる小型なMac Studioと27インチの安価な5K RetinaディスプレイのStudio Displayを開発したのかなと。

真相は分かりませんが今回の発表を受けてそう受け取りました。

外部モニター + Macで組み合わせ自由

Studio Displayとの組み合わせならMac Studioを選ぶ必要もありません。Mac mini(M1)MacBook Pro 14インチと組み合わせて外部モニターとしても使うことができます。

今まではiMac 27インチにするか、MacBook Proにするからどうするか?…という迷いがありましたがこれからは選択肢が一つ減ることになります。

Studio Displayが1台あるとM1 Maxほど性能はいらないけどM1 Proは欲しい時にMacBook Pro14インチと組み合わせに、性能がもっと必要ならMac Studioにするのもいいでしょう。249,800円でM1 MaxのMacを買うことができるのとてもも魅力的です。

MacBook Pro 14インチでM1 Maxにすると30万円を超えてくるのでなかなか難しいです。

2年後に新型のMacが出て機材を簡単に入れ替えできるのもStudio Displayの大きな魅力になります。

というわけで、Studio Displayをポチりました。ありがとうございます。(気が変わってキャンセルする可能性もありますが…w)

\ Mac Studioをチェックする/

Studio Displayはこちら

iMac Proの可能性は残されてる

なお、iMac 27インチは販売終了となりましたがAppleシリコンを搭載したiMac Proが復活するという情報はあります。

今回のMac Studioを言い当てた方でもあるので信憑性は高いとも言われていますが、iMac Proになる場合はiMac 24インチとはまた異なる排熱性能の高いスタイルになるのかもしれません。

2022年のApple新商品について