シンスペース

日々想うことを綴る、3児の父親のブログです。iPhoneやiPad、MacなどAppleの話題も多いかも!

MacBook Pro 2018 新型と旧型のスペックの違いは?最大6コアCPU・32GB RAMに対応!

20180712235322j:plain

第8世代のIntel Coreプロセッサ(Coffee Lake)を搭載したMacBook Pro 2018がリリースされました。

あまりにも急だったのでビックリしましたが、基本的には内部スペックを強化したマイナーアップデートという形となりました。

ということで、MacBook Pro 2018はMacBook Pro 2017から何が進化したのかを、新旧モデルのスペックを比較し詳しくみていきたいと思います。

 

MacBook Pro 2018 旧型とスペックの違い

CPU・GPU・RAMが強化された

13インチMacBook Pro(Touch Barなし)

少し残念なのですが、今回のアップデートでは13インチMacBook Proのタッチバーなしモデルは更新されず、タッチバーありモデルのみが2018年モデルにアップデートされました。

個人的にはタッチバーなしモデルの方が使いやすかったのでとても残念な気持ちですが、Appleとしては指紋認証のTouch IDを搭載しているセキュアなタッチバーありモデルを推したいんでしょうね。

13インチMacBook Pro(Touch Barあり)

13インチモデルのMacBook Proは2コアのCore i5プロセッサが採用されていましたが、2018年モデルではついに4コアのCore i5プロセッサが採用されることになります。

モデル 13インチMacBook Pro タッチバーあり
年式 2018年 2017年
CPU 第8世代
Intel Core i5-8259U

2.3GHz 4コア
Turbo Boost 最大3.8GHz
TDP 28W
第7世代
Intel Core i5-7267U
3.1GHz 2コア
Turbo Boost 最大3.5GHz
TDP 28W
GPU Intel Iris PlusGraphics 655
eDRAM 128MB
Intel Iris Plus Graphics 650
(eDRAM 64MB)
RAM 8GB 2,133MHz LPDDR3
オプション:16GB
SSDストレージ 256GB
(512GB・1TB・2TB)
読み出し速度:最大3.2GB/s
書き込み速度:最大2.2GB/s
256GB
(512GB・1TB)

CPUが2コアから4コアになることで処理性能が大幅に向上することになります。

  • Logic Pro X:Alchemyトラックカウントが2倍高速に
  • Webkit Compile:XCodeで75%高速に
  • Adobe Photoshop CC:フィルタ処理が85%高速に
  • Adobe Lightroom Classic CC:RAW画像の読み込みが2倍高速に
  • Pixelmator Pro:画像修復が75%高速に

これは凄いですよ。単純に15インチMacBook Pro並みの性能を持っていることになります。

今までのモデルチェンジではCPU性能は大きく進化はしませんでしたが2018年モデルはコア数が物理的に増えたことで大幅に性能を伸ばすことになります!

15インチMacBook Pro(Touch Barあり)

15インチモデルのMacBook Proは4コアのCore i7プロセッサが採用されていましたが、2018年モデルではなんと、6コアのCore i7プロセッサが採用されることになります。

モデル 15インチMacBook Pro タッチバーあり
年式 2018年 2017年
CPU 第8世代
Intel Core i7-8750H

2.2GHz 6コア
Turbo Boost 最大4.1GHz
TDP 45W
第7世代
Intel Core i7-7700HQ
2.8GHz 4コア
Turbo Boost 最大3.8GHz
TDP 45W
GPU Radeon Pro 555X(4GB GDDR5
Intel UHD Graphics 630
Radeon Pro 555(2GB GDDR5)
Intel HD Graphics 630
RAM 16GB 2,400MHz DDR4
オプション:32GB
16GB 2,133MHz LPDDR3
SSDストレージ 256GB
(512GB・1TB・2TB・4TB)
読み出し速度:最大3.2GB/s
書き込み速度:最大2.2GB/s
256GB
(512GB・1TB・2TB)

さらにオプションでCore i9プロセッサにアップグレードすることも可能!Core i9って響きがなんかイイですね!

CPUが4コアから6コアになることで処理性能が向上していますが、13インチモデルよりも上げ幅は低いようです。

  • Logic Pro X:Alchemyトラックカウントが70%高速に
  • Webkit Compile:XCodeで50%高速に
  • Adobe Photoshop CC:フィルタ処理が40%高速に
  • Adobe Lightroom Classic CC:RAW画像の読み込みが30%高速に
  • Pixelmator Pro:画像修復が45%高速に
  • Final Cut Pro X:9本の同時4Kストリームが可能に

また、15インチMacBook Pro 2018ではメモリにDDR4を採用したことでオプションで32GBまでRAMの容量を増設できるようになりました!

ずっと待っていた!これを待っていた!という方は多いことでしょう。ちなみにプラス44,000円で16GB → 32GBにRAMの容量を増設することができます!高い!

True Toneディスプレイを搭載

MacBook Pro 2018のRetineディスプレイはiPhone XやiPad Proにも採用されているTrue Toneテクノロジーに対応しました。

モデル MacBook Pro タッチバーあり
年式 2018年 2017年
色域 広色域(P3)
輝度 500ニト
テクノロジー True Tone -

True Toneディスプレイは周囲の環境色に合わせて画面の色が暖かくなったり、冷たくなったりする自動カラーシステムで疲れ目低減にも一役買うディスプレイとなっています。

 

第3世代バタフライ構造キーボードを搭載

MacBook 2015で初めて登場したバタフライ構造のキーボードがMacBook Pro 2018で第3世代に進化します。

モデル MacBook Pro タッチバーあり
年式 2018年 2017年
キーボード 第3世代バタフライ 第2世代バタフライ

バタフライ構造のキーボードは反応しなくなったり、自動連打してしまう不具合が相次いだことで問題となっていましたが、第3世代となったことで問題が解決したということになるのでしょうか。

第3世代になったことでタイピング音も静かになったとのことで、これだけでも買い替えをする理由付けになりそうな感じです。

ちなみに、iFixitが早くもMacBook Pro 2018を分解し、その結果から第3世代のバタフライキーボードのキーの裏側に薄いシリコンが装着されていることが明らかになりました。

なるほど。内部にゴミ侵入を物理的に避けることができ、シリコンによってタイプ音を小さくすることができるということなのか。

シリコンが間に挟まっているとなるとタイプ音はかなり小さくなっている可能性がありそうです。

実際に13インチ MacBook Proを買ったので第3世代になったことでどれくらいタイピング音が静かになったのか確かめてみたいと思います!

Apple T2チップを搭載

13インチと15インチのMacBook Proのタッチバー搭載モデルにはApple T1チップというカスタムチップが搭載されていましたが、2018年モデルはApple T2チップにバージョンアップしています。

モデル MacBook Pro タッチバーあり
年式 2018年 2017年
カスタムチップ Apple T2チップ Apple T1チップ
Hey Siri 対応 非対応

MacBook Pro 2018でT2チップに対応したことでMacでもHey!Siriによる音声アシスタント機能を使うことができるようになります。

バッテリー容量が増えた

何気に嬉しいのが2018年モデルの13インチMacBook Pro(タッチバーあり)のバッテリー容量が増加しています。

モデル 13インチMacBook Pro
タッチバーあり
13インチMacBook Pro
タッチバーなし
年式 2018年 2017年
バッテリー容量 58.0Wh 49.2Wh 54.5Wh

従来の13インチMacBook Proのタッチバーありモデルは公式ではタッチバーなしモデルとバッテリー駆動時間は同じですが、実際の駆動時間はタッチバーありモデルの方が短いのが実情です。

2018年モデルでバッテリー容量が増加したのはCPUコアが2コアから4コアになったことによる対策だとは思いますが2017年モデルよりも実際のバッテリー持ちは良くなる可能性がありそうですね。

また、15インチMacBook Proのバッテリー容量も増加していました。

モデル 15インチMacBook Pro
タッチバーあり
年式 2018年 2017年
バッテリー容量 83.6Wh 76.0Wh

これも4コア → 6コアになったからバッテリー容量を増やしたのかもしれませんが、採用されているCPUの型式から消費電力を見てみると...

モデル 2018年モデル 2017年モデル
13インチMacBook Pro Core i5-8259U 2.3GHz 4コア
TDP:28W
Core i5-7267U 3.1GHz 2コア
TDP:28W
15インチMacBook Pro Core i7-8750H 2.2GHz 6コア
TDP:45W
Core i7-7700HQ 2.8GHz 4コア
TDP:45W

コア数が増えているのに消費電力は同じになっているんですよね。

クロック周波数で調整しているのだと思いますが、13インチMacBook Pro タッチバーありモデルのバッテリー持ちの悪さは改善されている可能性は高そうです。

いずれにしても2018年モデルのMacBook Proの内部構造は大きく刷新されているのは間違いないでしょう。

番外編:eGPUが公式で取り扱い開始

macOS High SierraはThunderbolt 3に対応しているMacBook ProでeGPUを接続することでデスクトップクラスのグラフィックス性能を得ることができるようになりました。

そして、AppleでeGPU・Blackmagic eGPUの取り扱いが開始。

20180713005959j:plain

MacBook Proと接続することでiMac 5Kでも採用されているRadeon Pro 580(8GB GDDR5)のGPU性能を手に入れることができるようになります。

iMac 5Kと接続することでさらに強力なGPUパワーを手に入れることも可能!ロマン溢れるね、こういうの!

まとめ:MacBook Proが真のProになった!

2018年モデルのMacBook Proはスペック強化のマイナーアップデートモデルとなりましたが、かなり強力なモデルチェンジになったと思います。

MacBook Pro 2018になって変わったこと

  • 13インチモデルのCPU:2コア → 4コア 性能が大幅強化
  • 15インチ CPU:4コア → 6コア 性能が強化
  • 15インチ 外部GPU:2GB GRDDR5 → 4GB GRDDR5 メモリ容量アップ
  • 15インチ RAM:オプションで32GB増設可能に
  • True Toneディスプレイを搭載
  • 第3世代バタフライ構造のキーボードを搭載
  • T2チップを搭載
  • バッテリー容量が少しだけ増えた

CPUコア数が増えたことで性能が一気に向上してブレイクスルーを果たすことになるMacBook Proシリーズですが、15インチモデルはオプションで32GB RAMに対応するなどユーザーの期待に答えたモデルチェンジになったといえるでしょう。

ただし、13インチ MacBook Proのタッチバーなしモデルがアップデートしなかったのには納得ができません!どう考えてもタッチバーは必要ないのに。

ファンクションキーとTouch IDだけ搭載したモデルが欲しい...!