MacBook Pro 13インチ(2020)新旧比較

やっと、MacBook Pro 13インチの異端児感が解消されました。Magic Keyboardを搭載したMacBook Pro 13インチ(2020)が2020年5月に発売となります。

下位モデルのスペックは2019年モデルと変わりないですが、上位モデルは第10世代 Coreプロセッサを搭載しメインメモリを32GBにカスタマイズできるなど、よりProな作業に耐えることができるスペックに。

ここでは、MacBook Pro 13インチ(2020)と(2019)のスペック・価格の違いを比較しています。下位モデルを買うべきか、上位モデルを買うべきかも書いているのでMacBook Pro 13インチを検討している方は参考にしてください。


\iPhone 12・12 Pro 予約開始/

MacBook Pro 13インチ(2020)進化したところ

MacBook Pro 13インチ(2019)MacBook Pro 13インチ(2020)による進化のポイントをまとめました。

2020年モデルで進化したポイント
  • 13インチ(上位モデル):第8世代 → 第10世代Coreプロセッサ、32GB RAMにカスタマイズ可能に
  • 13インチ(下位モデル):最小ストレージ容量128GB → 256GBに
  • 13インチ (全モデル):バタフライ → シザー構造のMagic Keyboardに

MacBook Pro 13インチ(2020)もバタフライ構造のキーボードを廃止してシザー構造のMagic Keyboardを搭載しています。

また、上位と下位の二つのモデルから選べて、上位モデルのみ最新の第10世代Coreプロセッサを搭載しています。下位モデルは2019年モデルと同じ第8世代Coreプロセッサとなっています。

上位モデルか?下位モデルか?

悩むところですが、万人におすすめできるのは安く買える下位モデル(1.4GHz・256GB)です。ただし、メインメモリは16GBに増設しましょう。それだけでデザイン制作、動画編集もこなすことができるマシンに仕上げることができます。

上位モデル(2.0GHz・512GB)は最新の第10世代Coreプロセッサを搭載し、新世代の高速な32GBのメインメモリにもできるので性能が高いのは間違いないです。

より快適に作業したいならおすすめですが、本当にその性能が必要かどうかよく見極めることが必要となります。

MacBook Pro 2020 vs 2019 スペック比較

MacBook Pro(2020)とMacBook Pro(2019)のスペックを比較しました。

MacBook Pro 2020 vs 2019 スペック比較
 MacBook Pro 2020MacBook Pro 2019
ディスプレイ13.3インチ(2,560 x 1,600ピクセル)
CPU第10世代
Core i5 2.4GHz
第8世代
Core i5 1.4GHz
第8世代
Core i5 1.4GHz
Core i5 2.4GHz
GPUIris Plus GraphicsUHD Graphics 645
メインメモリ8GB 3,733MHz LPDDR4X(16GB変更可能)8GB 2,133MHz LPDDR3(16GB変更可能)8GB 2,133MHz LPDDR3(16GB変更可能)
ストレージ256/512GB/1TB/2TB/4TB256/512GB/1TB/2TB128/256/512GB/1TB
キーボードMagic Keyboardバタフライ構造キーボード
インカメラ720p FaceTime HDカメラ
Wi-Fi802.11ac
Bluetooth5.0
充電ポートUSB-C(Thunderbolt 3)×2
Thunderbolt(最大40Gb/s)
USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)
バッテリー容量58.2Wh58Wh58.2Wh
バッテリー駆動時間10時間のインターネット閲覧
内蔵スピーカーハイダイナミックレンジステレオスピーカー、Dolby Atmos再生に対応ハイダイナミックレンジステレオスピーカー
本体サイズ30.41 × 21.14 × 1.56cm30.41 × 21.14 × 1.49cm
重量1.4kg1.37kg
本体カラースペースグレイ、シルバー
価格188,800円〜134,800円〜138,800円〜

画面サイズは13.3インチと変わらず

MacBook Pro 13インチ(2020)の画面サイズは13.3インチとなっていて、噂されていた14インチではありません。

ディスプレイのスペック
モデルMacBook Pro 13インチ
年式2020 2019
画面サイズ13.3インチ(2,560×1,600ピクセル)
色域広色域(P3)
輝度500ニト
テクノロジーTrue Tone

解像度も2,560×1,600ピクセルと同じで広色域(P3)に対応しているので、写真の現像作業にも使えるディスプレイとなっています。また、周囲の環境色に合わせて画面の色温度を調整してくれるTrue Toneテクノロジーにも対応しています。

上位モデルは第10世代Coreプロセッサに

MacBook Pro CPUのアクティビティ

MacBook Pro 13インチ(2020)のCPUは下位モデルは(2019)と同じ第8世代Core i5プロセッサ(1.4GHz)ですが、上位モデルは第10世代Core i5プロセッサ(2.0GHz)を搭載しています。

MacBook Pro 13インチ CPUの性能比較
モデルMacBook Pro 13インチ
ランク上位下位
年式2020201920182020/2019
CPU第10世代Core i5 @2.0GHz
4コア
第8世代Core i5 @2.4GHz
4コア
第7世代Core i5 @2.3GHz
4コア
第8世代Core i5 @1.4GHz
4コア
GPUIris Plus GraphicsIris Plus Graphics 655Iris Plus Graphics 645
シングルコアスコア1214963904941
マルチコアスコア4447396538653889

CPUのコア数は4つと変わらずですが、第8世代 → 第10世代になることでCPUの処理性能の向上が期待できます。

また、グラフィック性能は2019年モデルと比較して80%ほど向上しているので内蔵GPUでありながらも動画編集を快適にこなすことができそうです。そもそも、2019年モデルでも十分快適に作業できましたが。

なお、こちらの記事で詳しく書いていますが2020年の上位モデルはPremiere Proの書き出し速度が下位モデルの2倍になります。ただし、Final Cut Pro Xの書き出しは速くならないです…。

上位モデルはメインメモリのスペックが向上

MacBook Pro 13インチ(2020)の下位モデルのメインメモリは(2019)と同じ8GB 2,133MHz LPDDR3ですが、上位モデルは16GB 3,733MHz LPDDR4Xを搭載しています。

MacBook Pro 13インチ メインメモリ比較
モデルMacBook Pro 13インチ
ランク上位下位
年式202020192020/2019
メインメモリ(標準)16GB 3,733MHz LPDDR4X8GB 2,133MHz LPDDR3
メインメモリ(CTO)32GB 3,733MHz LPDDR4X16GB 2,133MHz LPDDR3

標準で16GBの容量を搭載しているだけでなく、メモリの規格が2,133MHz LPDDR3 → 3,733MHz LPDDR4Xになって高速処理ができるようになったのも大きなメリットです。

クロック数だけで比較するとMacBook Pro 16インチの2,666MHz DDR4よりも高速ですし、デザイン制作や動画編集などメモリを要する作業も快適にこなすことが可能となりそうです。

Apple T2チップを搭載

2017年モデルのMacBook Pro 13インチにはApple T1チップというカスタムチップが搭載されてましたが、2018年以降のMacBook ProにはApple T2チップを搭載しています。

セキュリティチップの違い
モデルMacBook Pro
年式2020/2019/20182017
カスタムチップApple T2チップApple T1チップ
Hey Siri対応非対応

Apple T2は以下の機能の役割を担っています。

Apple T2の役割
  • Secure Enclave(指紋データの保存領域)
  • オンザフライの暗号化(FireVaultの機能)
  • セキュアブート
  • マイクの自動切断
  • 画像信号プロセッサ
  • SSDコントローラ
  • オーディオコントローラ
  • HEVC(H.265)エンコーダ

MacBook Pro 2017年モデルは「Hey!Siri」により音声アシスタントは使うことができませんが、Apple T2チップに対応したモデルMacは「Hey!Siri」による音声アシスタント機能を使えるようになっています。

バタフライ → シザー構造のMagic Keyboardに

MacBook Pro 13インチ(2019)はバタフライ構造のキーボードを搭載していましたが、MacBook Pro 13インチ(2020)はシザー構造を採用したMagic Keyboardを搭載しています。

2019年11月にMacBook Pro 16インチ、2020年3月にMacBook Airがバタフライ構造のキーボードと決別しシザー構造のMagic KeyboardになりましたがMacBook Pro 13インチ(2020)も同じ道を辿ることに。

Magic Keyboardとバタフライ構造のキーボード
Magic Keyboardとバタフライ構造のキーボード

iMac 21インチ・27インチに付属しているMagic Keyboardと名称は同じですが、キーの高さが低くなっていてタイピング音も静かになった新設計のキーボードとなっています。

今回のアップデートでバタフライ構造のキーボードは姿を消したことになりますね。

改良に改良を重ねてきたキーボードだったので個人的には残念ではありますが、シザー構造のMagic Keyboardは普通に使いやすい万人受けするキーボードなのでキーボードの構造で悩むことはなくなるでしょう。

Wi-Fi 6には非対応

iPhone SE(第2世代)iPad Pro(2020)は高速ワイヤレス通信ができるWi-Fi 6に対応していますが、MacBook Pro 13インチ(2020)はWi-Fi 6非対応でWi-Fi 5(802.11ac)までの対応となっています。

MacBook Pro 13インチ 通信比較
 MacBook Pro 2020MacBook Pro 2019
Wi-Fi802.11ac
Bluetooth5.0

最新モデルなのにWi-Fi 6に対応してないのは残念だなぁ…。

外部ディスプレイのサポートの違い

MacBook Pro 13インチ(2020)の充電ポートは上位モデルはUSB-C(Thunderbolt 3)を4つ、下位モデルは2つ搭載しています。この構成は2019年モデルと同じとなっています。

MacBook Pro 13インチ 外部ポート
 MacBook Pro 2020MacBook Pro 2019
充電ポートUSB-C(Thunderbolt 3)×4つ(下位モデルは2つ)
Thunderbolt(最大40Gb/s)
USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)
外部ディスプレイ上位:1台の6Kディスプレイ(6,016 x 3,384)まで
下位:1台の5Kディスプレイ(5,120 x 2,880)まで
1台の5Kディスプレイ(5,120 x 2,880)まで

下位モデルは1台の5Kディスプレイ(5,120 x 2,880)までの出力となりますが、上位モデルは1台の6Kディスプレイ(6,016 x 3,384)まで出力ができます。

なので、MacProと組み合わせるPro Display XDRを接続ができますね。

内蔵スピーカーはDolby Atmosに対応

内蔵スピーカーはハイダイナミックレンジステレオスピーカーを搭載しています。

内蔵スピーカー比較
 MacBook Pro 2020MacBook Pro 2019
内蔵スピーカーハイダイナミックレンジステレオスピーカー、Dolby Atmos再生に対応ハイダイナミックレンジステレオスピーカー

MacBook Pro 13インチ(2020)はDolby Atmosの再生にも対応しているので広がりのあるサウンドを楽しむことができるようになります。

価格が安くなってストレージが増えた

MacBook Pro 13インチ(2020)は最小ストレージが128GB → 256GBになったのに価格が5,000円安くなりました。

CPUプロセッサを標準構成にしたときの価格は以下のとおりです。

MacBook Pro 2020 vs 2019 価格比較
 MacBook Pro 13インチ 2020MacBook Pro 13インチ 2019
128GB139,800円(下位)
256GB134,800円(下位)159,800円(下位)
512GB154,800円(下位)198,800円(上位)
512GB188,800円(上位)

下位の512GBモデルだと44,000円も安くなります。上位の512GBモデルだとCPUが第8世代 → 第10世代、メインメモリが8GB → 16GBになるのに10,000円も安く買うことができます。

クアッドコアのMacBook Airの512GBモデルとMacBook Pro 13インチ(2020)の256GBモデルが134,800円と同じ価格になったので「Airの方がいいのでは?」と思うかもです。

しかし、Airのクアッドコアはクロック数が抑えられていて負荷のかかる作業は苦手です。とくに動画編集には向いていないのでクリエイティブな作業をすることが多いならのMacBook AirよりもMacBook Pro 13インチを選ぶのがいいでしょう。

MacBook Pro 13(2020)下位・上位 どっち選ぶ?

MacBook Pro 13インチ(2020)は下位モデル(1.4GHz)、上位モデル(2.0GHz)のどちらかを選べますが、どっちを選ぶべきか?

下位モデル・上位モデル どっち?
  • 下位モデル(1.4GHz):十分な性能を持ち合わせている。動画編集もできるので万人におすすめ
  • 上位モデル(2.0GHz):2019年の1.4GHzからの乗り換えに。デザイン作業、動画編集をより快適に作業したい人におすすめ

下位モデルでも十分な性能を持っているので、購入価格をできるだけ抑えたいなら134,800円の1.4GHz・256GBモデルに16GBのメインメモリを+10,000円でカスタマイズするのがいいです。

このスペックでもAdobe Illustrator・Photoshopを普通に動かすことができますし、動画編集もできます。14分のフルHD動画をFinal Cut Pro Xで10分ほどで書き出しができます。

正直なところ、これだけの性能があれば十分ですし、動画編集をしないなら下位モデルを選べばOKでMacBook Airにしてもいいと思います。

でも、全ての作業をもっと快適に作業をしたい…のなら上位モデルの2.0GHz・512GBモデルを選ぶのがおすすめです。動画編集でPremier Proを使ってるという方は上位も方がいいかも?(重い)

追加費用の44,000円でCPUプロセッサが第8世代 → 第10世代Coreプロセッサ、ストレージ容量が256GB → 512GB、メインメモリが8GB → 16GBになるのですから安いですよね…。

最新のMacBookの比較はこちら。

MacBook Pro 16インチ、旧型のMacBook Pro 13インチ(2019)はこちらをどうぞ、

動画編集しない、執筆作業がメインという方はMacBook Airで十分です。

MacBook Proの周辺機器・アクセサリーはこちらです。

iMacの選び方はこちらからどうぞ!