ついに、M1 Pro、M1 Maxを搭載したMacBook Pro 14インチ、MacBook Pro 16インチが2021年10月26日発売となります!

M1 Pro、M1 MaxはMacBook Pro 13インチiMac 24インチなどに搭載されているM1の上位チップでCPUのコア数、GPUのコア数が増えて32GB・64GBのメモリ、さらに各メディアエンジンを内蔵した最強のSoCとなっています。

さらに、ミニLEDバックライトを搭載し120HzのProMotionテクノロジーにも対応。ノッチまで付いてきたのは余計でしたが、まさにProの力を手に入れたものすごいマシンになっております。

ということで、この記事では2021年モデルのMacBook Pro 14インチ、MacBook Pro 16インチの新しくなったスペックを比較したので購入を検討している方は参考にしてみてください。

MacBook Pro 14・16インチ(2021)の特徴

MacBook Pro(2021)の特徴
  • 画面サイズは14インチと16インチ
  • 筐体デザインが刷新された
  • 画面上部にノッチがある
  • M1 Pro・M1 Maxを搭載
  • 16GB・32GB・64GBのメインメモリ
  • ミニLEDディスプレイを搭載
  • ProMotionテクノロジー(120Hz)対応
  • Touch Barが廃止される
  • SDカードスロットが復活した
  • HDMIポートが搭載される
  • MagSafe 3ポートを搭載
  • 2021年10月26日発売

MacBook Pro(2021)は5年ぶりに筐体デザインが刷新されて、あのTouch Barが廃止、ファンクションキーが復活しました。さらに、USB-CポートだけでなくHDMI、SDカードスロットも使えるようになってアダプタなしで様々な機器と接続できるようになります。

SoC(システム・オン・チップ)はM1 Pro、M1 Maxのどちらかを選ぶことができます。

M1 Macも十分性能の高いチップでしたが、4K動画を編集するには少し荷が重いところがありました。CPUの高性能コア、GPUのコア数が増えて、ハードウェアのメディアエンジンを内蔵することで最大3.7倍速いCPU、最大13倍速いグラフィック性能を手に入れることになります。

また、充電ポートがMagSafeが復活して充電コードを足に引っ掛けたとしても筐体が吹き飛ぶことがない安心安全を手に入れることができますね。

\MacBook Pro をチェックする /

画面サイズが14インチと16インチに

M1 Pro、M1 Maxを搭載するMacBook Proは14インチと16インチの2機種となります。

これによりエントリーモデルの13インチと3機種選ぶことができるようになります。

  • エントリーモデル:MacBook Pro 13インチ
  • ハイエンドモデル:MacBook Pro 14インチ、16インチ

従来のMacBook Pro 13インチは標準と上位モデルでポート数が違う、性能が違うということがあって分かりにくいラインナップでしたが、上位モデルが13インチと14インチとなりしっかりと画面サイズを分けることで分かりやすくなりました。

筐体デザインが一新された

MacBook Pro 14インチ、16インチはデザインを一新して丸みを残しつつ角張った感じのスタイルになっており、雰囲気としては2008年のMacBook Proに近いデザインになったようにも見えますね。

本体カラーは従来モデルと同じくスペースグレイとシルバーの2色展開です。

キーボードも新しくなってTouch Barは廃止

キーボードの部分も新しくなっておりTouch Barが廃止となってフルハイトのファンクションキー列が新しく搭載されています。

プロユーザーには不評だったTouch Barが廃止になったことは喜んでいる方も多いかもしれませんね。たしかに初心者が使うようなツールだったのでProモデルにはTouch Barは必要なかったのかもしれません。

M1 Pro・M1 Maxを搭載する

MacBook Pro(2021)はAppleシリコンのMシリーズのSoC(システム・オン・チップ)が搭載されることになり、M1チップよりも高性能で強化されたM1 Pro、M1 Maxを搭載します。

MacBook Pro 14インチ、16インチの共通でM1 ProかM1 Maxのどちらかを選ぶことができます。

 
  M1 M1 Pro M1 Max
CPU
コア数
高性能4 + 高効率4 高性能6 + 高効率2
高性能8 + 高効率2
高性能8 + 高効率2
GPU
コア数
8コアGPU 14コアGPU
16コアGPU
24コアGPU
32コアGPU
NPU 16コアNeural Engine
RAM 8・16GB ユニファイドメモリ
67GB/s
16・32GB ユニファイドメモリ
200GB/s
32・64GB ユニファイドメモリ
400GB/s
メディアエンジン ハードウェアアクセラレーテッドH.264、HEVC、ProRes、ProRes RAW、ビデオデコードエンジン、ビデオエンコードエンジン、ProResエンコード/デコードエンジン
トランジスタ数 160億個 337億個 570億個

M1は高性能CPUコアが4つだったのに対してM1 Pro・M1 Maxは6つ、8つになったことで最大70%の性能向上が期待できます。

さらに、GPUのコア数が8コアだったのが14コア、16コアと2倍に、さらに最大32コアGPUまでカスタマイズできるのでM1チップと比較しても恐るべき性能を手にしているとみていいでしょう。

また、ハードウェアアクセラレーション、ビデオデコード、ビデオエンコードなどを内蔵しているため動画の書き出しなどソフトウェアではなくハードウェアで効率よく処理できるようになりました。これだけでも、動画編集をする方はM1からM1 ProのMacBook Pro 14インチに乗り換えるメリットはありそうです。

実際にどれくらい動作速度が向上しているのかApple公式サイトで目安を公開しています。MacBook Pro 13インチ(Intel Core i7)との比較となりますがCPUの性能が最大3.7倍向上しているとしています。

M1(高性能4コア + 高効率4コア)と比較するとM1 Pro(高性能8コア + 高効率2コア)は1.7倍ほどの性能向上となります。

GPUの性能はIntelプロセッサのMacBook Pro 13インチ(2020)と比較して16コアGPUのM1 Proで9.2倍、16コアGPUのM1 Proで13.4倍も性能が向上。MacBook Pro 16インチ(2019)と比較してM1 Proで1.7倍、M1 Maxだと2.9倍も向上しています。

外部GPUを搭載してるモデルと比べても2.9倍も性能向上が期待できるので4K動画の編集も軽々とこなすことができそうですね。メディアエンジンも別で搭載しているので動作速度の向上はかなり期待ができるのではないでしょうか。

メインメモリはユニファイドメモリを採用しM1 Proが最大200GB/sのメモリ帯域幅、M1 Maxが最大400GB/sのメモリ帯域幅を持っています。

最大となっていうのでM1 Pro(32GB)で最大200GB/sということだと思うので16GBになるとメモリ帯域は少し落ちる可能性はあります。とはいえ、M1の67GB/sよりも遥かに高速なメモリ帯域になので十分すぎるくらいのスピードで処理できるでしょう。

容量はM1チップは8GBが標準メモリで16GBにカスタマイズ可能でした。MacBook Pro 14インチ、16インチのM1 Proが16GBが標準メモリで32GBにカスタマイズができます。

MacBook Pro 14インチ、16インチのM1 Maxは標準メモリが16GBで32GBまたは64GBにカスタマイズできるようになっています。

M1 Pro、M1 MaxはCPU、GPU、I/O、Neural Engineをユニファイドメモリと一緒に1枚のSoCにあるためデータの受け渡しが高速で処理速度を極限まで速くすることができるため、IntelプロセッサのMacと比べてもメモリが少なくても快適に動作することが多かったんですね。

そんな中でMacBook Pro 14インチ、16インチは32GBまたは64GBのメモリに対応し快適な動作を手に入れることになります。

画面の解像度が向上した

MacBook Pro 14インチ、16インチのディスプレイは画面解像度が向上し24〜120Hzのアダプティブリフレッシュレートに対応しています。

ディスプレイのスペック
  MacBook Pro 14インチ MacBook Pro 16インチ
サイズ 14.2インチ 16.2インチ
解像度 3,024 x 1,964ピクセル 3,456 x 2,234ピクセル
最大輝度 1,000ニト(1,600ニトのピーク輝度)
仕様 ProMotionテクノロジーによる最大120Hzのアダプティブリフレッシュレート、広色域(P3)、True Toneテクノロジー

ついにMacBook Proにも最大120HzのアダプティブリフレッシュレートのProMotionテクノロジーが搭載し滑らかディスプレイに対応します。

可変式のリフレッシュレートなので電力効率、バッテリー持ちの向上も期待できますね。

ミニLEDディスプレイを搭載する

さらに、MacBook Pro 14インチ、16インチのディスプレイはLiquid Retina XDRディスプレイとなってミニLEDに対応しています。

ミニLEDディスプレイはバックライトLEDを細かく分散させることで色の黒い部分のLEDを暗くするなど部分的に明るさを制御することができる液晶を発展させたパネルで100万:1のコントラスト比を実現しています。

写真、ビデオ、ゲームのHDRコンテンツを、洗練された光のハイライトと一緒にシャドウの細部までとらえ、現実の世界に近いあざやかな色で映し出すことが可能に。HDRにも対応しているためよりキレイで鮮やかな画面を映し出すことができます。

USB-C以外の複数のポートを搭載

MacBook Pro 14インチ、16インチはUSB-Cポート(Thunderbolt 4)以外にもHDMI、SDXCカードのポートを搭載しています。

Thunderbolt 4に対応しているため、M1 Proを搭載したMacBook Proは、最大2台のPro Display XDRに接続可能。さらに、M1 Maxを搭載したMacBook Proは、最大3台のPro Display XDRと1台の4Kテレビに接続できます。

MagSafe 3ポートを搭載する

MacBook ProといえばMagSafe(マグセーフ)充電コネクタですよね。以前のMacBookシリーズの充電ポートはApple独自規格となるMagSafeケーブルを採用してましたが、ついにMagsafeがMagSafe 3となって復活。

これは嬉しいですね。ケーブルを足に引っ掛けてしまったとしても本体が吹き飛ぶ事故を防ぐことができます。

6スピーカーサウンドシステムを搭載

MacBook Pro 14インチ、16インチは4つのフォースキャンセリングウーファーを備えた原音に忠実な6スピーカーサウンドシステムを搭載しています。

従来モデルよりも最大80%も低音域が広くなったフォースキャンセリングウーファーにボーカル域がよりクリアとなった高性能のツイーターも搭載。内蔵スピーカーでのドルビーアトモスの音楽またはビデオ再生時は空間オーディオに対応しています。

MacBook Pro 14・16インチ スペック比較

スペックを比較しました。

ディスプレイのスペック
  MacBook Pro 14インチ MacBook Pro 16インチ
サイズ 14.2インチ 16.2インチ
解像度 3,024 x 1,964ピクセル 3,456 x 2,234ピクセル
ディスプレイ ProMotionテクノロジー(最大120Hzのアダプティブリフレッシュレート)、最大1,000ニト(1,600ニトのピーク輝度)、広色域(P3)、True Toneテクノロジー
SoC M1 Pro / M1 Max
CPU 8コア / 10コア 10コア
GPU 14コア / 16コア / 24コア / 32コア
RAM M1 Pro:16GB・32GB
M1 Max:32GB・64GB
ストレージ 512GB / 1TB / 2TB /4TB / 8TB
生体認証 Touch ID(指紋認証)
ワイヤレス 802.11ax Wi-Fi 6
Bluetooth 5.0
カメラ 1080p FaceTime HDカメラ
オーディオ フォースキャンセリングウーファーを備えた原音に忠実な6スピーカーサウンドシステム
バッテリー 70Wh
最大17時間
100Wh
最大21時間
外部ポート Thunderbolt 4(USB-C)ポート × 3、HDMIポート、SDXCカードスロット
電源アダプタ 67W USB-C電源アダプタ
96W USB-C電源アダプタ
140W USB-C電源アダプタ
サイズ 31.26 × 22.12 × 1.55cm 35.57 × 24.81 × 1.68cm
重量 1.6kg 2.1kg
価格 239,800円〜 299,800円〜

端末価格はMacBook Pro 14インチが239,800円〜、16インチが299,800円〜となっておりM1 Pro、M1 Max、メモリ、ストレージのカスタマイズで追加費用がかかってきます。

  • M1 Pro(8CPU・14GPU)→(10CPU・14GPU):+22,000円
  • M1 Pro(8CPU・14GPU)→(10CPU・16GPU):+38,000円
  • M1 Pro(8CPU・14GPU)→ M1 Max(10CPU・24GPU):+60,000円
  • M1 Pro(8CPU・14GPU)→ M1 Max(10CPU・32GPU):+82,000円
  • 16GB → 32GBユニファイドメモリ:+44,000円
  • 16GB → 64GBユニファイドメモリ:+88,000円

M1 Pro、M1 MaxはM1と比べてもパワーアップしているので、メインメモリは16GBでも十分動作するとは思いますが、4K動画編集などより負荷のかかる作業をするなら32GBにしておいた方が安心感はあります。

MacBook Pro 14・16インチは買いか?

2021年モデルのMacBook Pro 14インチ、16インチは基本的なスペックはほぼ同じとなっており、違いはバッテリーの持ちくらいです。なので、画面サイズだけでどちらかのモデルを選べばOKということになります。

つまり、M1 Pro / M1 Maxが必要な作業をするかどうかでMacBook Pro 14インチ、16インチを買うかどうかを決めることができます。

M1 Pro / M1 Maxが必要となる作業はかなり限られることになります。

文章作成、ブログの執筆、資料作成などの用途であればM1チップを搭載しているMacBook Pro 13インチMacBook Airで十分事足ります。動画編集もフルHDなら大丈夫です。

ただ、Illustrator、Photoshopなどを使ったデザイン作業や、Final Cut Proなどによる4K動画編集になってくるとM1だと少し厳しくなってくる場面があります。そこで、M1 Pro / M1 Maxを搭載したMacBook Pro 14インチ、16インチの出番というわけです。

他にも負荷のかかる作業をすることがあるのならMacBook Pro 14インチ、16インチはかなりいい端末になること間違いなしではないでしょうか。

\MacBook Pro をチェックする /