MacBook Proを買ったら揃えたい便利な周辺機器とアクセサリー

MacBook Pro/Airは単体で使っても十分に使える便利なマシンですが周辺機器・アクセサリーを組み合わせることでMacBook Pro/Airがさらに使いやすいマシンになること間違いなしです。

この記事ではMacBookシリーズにおすすめの周辺機器・アクセサリーを紹介しています。

MacBook Air/Proを買ったら
  • 絶対に揃えておきたい周辺機器・アクセサリー
  • あったら便利な周辺機器・アクセサリー
  • MacBook Proをメインマシンにする周辺機器・アクセサリー

実際に僕が購入し愛用しているものもあるので、是非とも参考にしていただけたらと思います。

この記事の目次

MacBook、MacBook Pro/Airに便利な周辺機器・アクセサリー

MacBookにUSB-Cハブアダプタは必要!

MacBook Proは2016年以降のモデルからUSB-Aポートが廃止されてUSB-Cポートが全面的に採用しており、モバイル型のMacBookシリーズは全機種でUSB-Cポートしか外部ポートを搭載していません。

MacBook/MacBook Proのポート数
  • MacBook 12インチ:USB-C × 1
  • MacBook Air(Retina):USB-C × 2
  • MacBook Pro 13インチ:USB-C × 2 or 4
  • MacBook Pro 15インチ:USB-C × 4

USB-Cポートにはメリット、デメリットがありますが、汎用性が求められるモバイルノートにおいてUSB-Cポートのみでの運用は難しいのが実情です。

USB-Cのメリット
  • ケーブル一本で画面出力しながら充電ができる
  • USB-C対応デバイスを使うことでケーブルを一本化できる
  • データ通信速度が高速(最大10Gbps)
USB-Cのデメリット
  • 対応デバイスは増えたがプリンターやプロジェクターなどの周辺機器にはまだ対応していない(変換アダプタが必要)
  • 古いデバイスで使うことができない(変換アダプタが必要)

MacBookシリーズはUSB-Aケーブルを採用しているプリンターや外付けハードディスクをそのまま接続できないのでUSB-CをAに変換する「USB-A to Cケーブル」が必要となります。

USB-A to Cケーブルで変換するのOKですが、複数の周辺機器と接続することが多いなら、まとめてUSB-Cに変換できるUSB-Cハブアダプターがあると便利にMacBookを使うことができるでしょう。

絶対に揃えたい周辺機器・アクセサリー

ODOMY USB-Cハブ 8in1(装着タイプ)

MacBook Proは左右にUSB-Cポートが2つずつ搭載されています。2ポートを使って様々なポートに対応する周辺機器「ODOMY USB-C ハブ 8in1 ドッキングステーション」を使うことで以下のポートを利用することができるようになります。

ODOMY USB-C ハブ 8in1 ドッキングステーション
  • Thunderbolt 3 × 1
  • USB-C × 1
  • USB-A(USB 3.0)× 2
  • HDMI(最大4K@30Hz)
  • SDカードスロット
  • マイクロSDカードスロット

PD急速充電に対応しているのでアダプタ越しでMacBook Proを充電することも可能となっています。

ODOMY USB Type C ハブ 8in1 ドッキングステーション
装着タイプのドッキングステーション

このマルチアダプタはUSB-Cポートを二つ使うためMacBook ProかMacBook Airで使える周辺機器でポートが一つしかないMacBookには使えません。

ODOMY USB-C ハブ 8in1 のメリット・デメリット
  • 多様なポートを網羅している
  • SDカード・マイクロSDカードも使える
  • 充電しながら作業ができる
  • MacBook Air・MacBook Pro 専用
  • MacBookでは使えない

この1台があればUSB-Aの周辺機器を使えるだけでなく、SDカードやマイクロSDカードも読み込んで画像を転送することもできます。

ケーブルレスで本体に装着するタイプなのでMacBook Pro/Airに付けたまま持ち運びも可能なのでまさに敵なし最強の周辺機器といっていいでしょう。

HDMI出力にも対応するので仕事でMacBook Proでプロジェクターに接続してプレゼンするというシーンでも使えます。

詳しいレビューもしています。

1ポートタイプのマルチアダプタもあります。MacBookやiPad Proで使うことが可能となっています。

ケーブルタイプ:Raycue USB-C マルチアダプタ

上記のような一体型のマルチアダプタはちょっとだけお値段が高いのでケーブルタイプのマルチアダプタ「Raycue USB Type-Cハブマルチアダプタ」ならお手軽価格の3,000円以下で買うことができるのでおすすめです。

また、MacBookのUSB-Cポートを一つしか使わないのでMacBookでも使うことができます。

Raycue USB-C マルチアダプタ
  • USB-A(USB 3.0)× 2
  • HDMI(最大4K@30Hz)
  • SDカードスロット
  • マイクロSDカードスロット
20181018151504j:plain

このアダプタはUSB-Cポートを搭載していないのでポートが一つしかないMacBookで使うと充電しながら作業できないのが欠点となります。MacBook Pro/AirならUSB-Cポート2つあるうちの1つしか使わないので問題はないでしょう。

Raycue USB-C のメリット・デメリット
  • USB-A、HDMIに対応している
  • SDカード・マイクロSDカードも使える
  • MacBook、MacBook Air/Proで使える
  • MacBookは充電しながら作業できない

個人的にはこのような変換アダプタは必要な時にしか使いたくないので、一体型の変換アダプタよりも取り外しが簡単なケーブルタイプの変換アダプタの方が使いやすいと感じます。

MacBook ProとUSB-Cハブマルチアダプタ
ケーブルタイプのマルチハブアダプタ

例えば、HDMIで外部モニター、USB-Aに外付けHDD・プリンターを接続した状態にしておけば、USB-CケーブルをMacBook Proに差し込んで接続するだけで一発で同時に3つの周辺機器に接続することができます。

MacBook AirかMacBook Proであれば外部ポート問題はマルチアダプタ「Raycue USB Type-Cハブマルチアダプタ」が一つあれば解決するでしょう。

dodocool USB-Cマルチハブ(MacBookにおすすめ)

MacBookは一つしかUSB-Cポートを搭載していないので上記の「Raycue USB Type-Cハブマルチアダプタ」だと充電しながら作業ができないので、MacBookにはPD充電に対応している「dodocool USB-Cマルチハブ」を使うのがおすすめです。

dodocool USB-Cマルチハブ

このマルチアダプタは一つのUSB-Cポートしか使わないのに豊富なポートに対応しているのが特徴です。

dodocool USB-C マルチアダプタ
  • USB-A(USB 3.0)× 3
  • HDMIポート
  • SDカードスロット
  • マイクロSDカードスロット
  • USB-C(PD充電対応)

このマルチアダプタがあれば一通りのことには対応することができそうです。

dodocool マルチアダプタ のメリット・デメリット
  • USB-A、HDMIに対応している
  • SDカード・マイクロSDカードも使える
  • MacBook、MacBook Air/Proで使える
  • MacBookでも充電しながら作業ができる
  • USB-Cポートは通信はできない(充電専用)

USB-Aポートが3つあるので、スマホやタブレットの充電もここから出来るのかと思ってしまいますがMacBook側から電源供給を受けているので充電はできないので注意です。

SDカード:iitrust USB-C対応 SDカードリーダー

一眼レフカメラなどで写真を撮影して写真データを移動させたくてもMacBook ProはUSB-Cポートしか搭載していないのでこのままではデータを移動させることができません。

上記で紹介したSDカードスロットに対応したマルチアダプタをすでに持っているなら必要ありませんが、USB-Cに対応しているSDカードリーダー「iitrustのSDカードリーダー」を持ち歩くことでいつでも気軽のMacBook Proに写真データを移動させることが可能となります。

USB-C対応SDカードリーダー
マルチ対応のSDカードリーダー

SDカードだけではなくマイクロSDカードにも対応しており、さらにUSB-CコネクタだけではなくUSB-Aコネクタにも対応をしているので、従来のポートを搭載しているパソコンとの互換性が維持されている優れもの。(なんと、MicroBにも対応している。)

実際にこのSDカードリーダーは普段からよく使っているMacBook Proに必須の周辺機器となっています。

UHS-Ⅱ対応SDカードリーダー

一眼レフカメラやミラーレスカメラで写真や動画を撮影することが多い方はUHS-Ⅱに対応しているSDカードリーダー「Satechi UHS-Ⅱ SDカードリーダー(USB-C対応)」があるとおすすめです。

UHS-Ⅱは高速スピードで記録することができるSDカードの規格です。

UHS-Ⅱに対応しているカードリーダーはよくありますがUSB 3.1に対応していないものが多いです。しかし、SatechiのSDカードリーダーはUSB 3.1に対応しているのでギガバイトのデータでも数秒に転送することが可能です。

Satechi UHS-Ⅱ SDカードリーダー(USB-C対応)
Satechi UHS-Ⅱ SDカードリーダー(USB-C対応)

見た目もシンプルでカッコイイですよね。筐体がアルミボディなので

僕はUHS-ⅡのSDカードを使うことができるミラーレスカメラ・X-T3やX-H1を使っているのでUHS-Ⅱに対応したSDカードリーダーは手放すことができません。あると効率アップするのでおすすめです。

MacBook Pro 最強の周辺機器「USB-C対応4Kモニター」

周辺機器といっていいのか分からないのですが…MacBook Proを買ったら是非とも導入して欲しいのがUSB-Cに対応している4Kモニターです。おすすめは「LG 27UK850-W」というモデルで僕も実際に使用しています。

MacBook Proと4KモニターLG 27UD88-W
USB-C対応の4Kモニター

4Kモニターを導入することで自宅では綺麗な大画面で作業できる環境を手に入るだけではなく、USB-Cに対応した4Kモニターがあれば、上記のUSB-Cと変換するマルチアダプタは必要なくなります。(SDカードを使うならSDカードリーダーだけは必要です。)

というのも、4Kモニター「LG 27UD88-W」の背面パネルにはUSB-Aポートが搭載されているので4Kモニター自体がUSB-C変換アダプタの役割を担ってくれるのです。

LG 27UD88-W 接続端子
外部モニターがマルチアダプタの役割を担う

しかも、USB-Cケーブル一本接続すればデータ通信だけではなく4Kモニター側からMacBook Proへの充電もすることができるので、付属している充電アダプタをカバンの中から取り出す必要もありません。

LG 27UD88-Wについてはこちらの記事で詳しく書いています。

Amazonで買うことができる「LG 27UK850-W」はHDR表示に対応した高機能版となっておりHDRコンテンツを使用することがあるのならちょっとだけ高くなっていますがこちらのモデルがいいのかもしれません。

MacBook Proにあると便利な周辺機器・アクセサリー

MacBook Proの目線を上げる「Bluelounge Kickflip」

MacBook Proはノート型のパソコンなので普通にテーブルで使うと目線がどうしても下になってしまうので肩コリが酷くなってしまうことがあります。そこで、MacBook Proに傾斜をつけることができるキックスタンド「Bluelounge Kickflip」を使うことをおすすめします。

 MacBook Proのキックスタンド
MacBook Air/Pro対応のBluelounge Kickflip

Bluelounge Kickflip」を使えば、このように簡単にMacBook Proを斜めに傾斜を付けることができ、自然と目線が上がり猫背が治って肩コリを防ぐことができます。

これはマジでいいですよ。MacBook Proで一日中作業をしているのなら是非導入して欲しい。

MacBook Proに傾斜をつけて角度をつける
MacBook Pro/Airの画面を上げることができる

MacBook Proの底蓋に「Bluelounge Kickflip」を貼り付けるのですがシールではなく吸盤となっています。

キックスタンド 吸盤

吸盤なのでMacBook Proから簡単に取り外すこともできますし、MacBook Proが傷つきてしまうこともないので安心して使えます。吸盤なので何度も取り外して装着することもできるので、イイですよ。

なお、MacBook Proに傾斜を付けることで放熱効果が期待できます。

13インチMacBook ProはCPUが2コアから4コアになったことで熱を持つことが多くなりましたが、「Bluelounge Kickflip」を使って空間を確保することで本体の熱を抑えることができるので、MacBook Proをヘビーに使うユーザーこそ導入してほしいキックスタンドですね。

なお、MacBook 12インチには対応していませんが、こちらのフリップスタンドなら12インチでもOKのようです。

MacBook Proを傷から守る「Inateck スリーブケース」

ノート型マシンであるMacBook Proは外に持ち出すことも多いかと思いますが、「Inateck ラップトップスリーブケース」があると傷を付けずにどこにでも安心してMacBook Proを持ち出すことができます。

外側はポリエステル製の撥水加工された生地が採用され撥水性と耐スクラッチ性に優れたものとなっています。

MacBook Pro スリーブケース

内側は柔らかいコフランネルが採用されているのでMacBook Proを傷から守ってくれます。MacBook Pro 13インチモデルにジャストサイズに設計されているので無駄がないのがいい感じですね。(13インチだけではなく、12インチと15インチ向けもあります。)

MacBook Proをスリーブケースに入れる

磁石内蔵式の蓋がしっかりあるので中からMacBook Proが滑り落ちてしまうということもありません。

磁石付きのスリーブケース

MacBook Pro本体だけではなく二つの収納ポケットがあるのでちょっとした書類を入れたり、モバイルルーターやモバイルバッテリーを入れて持ちあることもできるでしょう。

ポケットで収納能力アップ

ただし、MacBook Proを入れた状態だとかなりキツキツになってしまうので入れられるものは限定されそう。

小型のアクセサリーバックには充電アダプタやUSB-Cケーブルなどを入れて持ち歩くこともできます。

充電アダプタやケーブルをポーチに入れる

安くて完璧なスリーブケースです。MacBook Proを買ったら是非とも手にして欲しい。別タイプのスリーブケースもあります。

が、おそらくこれがイイと思います。

小型充電アダプタ:Anker PowerPort Atom PD 1

「Anker PowerPort Atom PD 1」は30Wの高出力の充電アダプタです。

PowerPort Atom PD 1とMacBookの充電アダプタ
PowerPort Atom PD 1(30W)とMacBook Air 充電アダプタ(30W)

MacBook Airに付属している30Wの充電アダプタよりもはるかにコンパクトでモバイル性能が高いので、外でMacBook Air/Proを充電することが多い方はAnker PowerPort Atom PD 1があるとイイでしょう。

この大きさで30Wの充電ができるのは本当に助かるんですよね。iPad ProやiPhoneの急速充電にも使えるので、カバンの中に一つ入っていると大助かりのデバイスです。

モバイルバッテリー:Anker PowerCore 10000 PD

Anker PowerCore 10000 PDは、大容量の10,000mAhのバッテリー容量を持ったモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore 10000 PDをMacBookに接続
PowerCore 10000 PDとMacBook Air

PD(Power Delivery)対応のUSB-CポートとPowerIQ対応のUSB-Aを搭載しているので、あらゆるデバイスをどこでも充電することができるので、いざというときの為に1台持っておくと安心です。

最大出力は18Wと少ないですが、どこでもMacBookを充電できるのは頼もしいですよね。

MacBook Pro のキーボードを守る「MaxKu キーボードカバー」

MacBook Proの「MaxKu キーボードカバー」がを付けておくと飲み物や細かいゴミを内部に侵入することを防ぐことができます。MacBook Proのキーボードは指紋が付きやすいので指紋が気になる方もキーボードカバーを付けた方がイイかもしれませんね。

MacBook Pro キーボードカバー

キーボードカバーを使うことでタイプ音が小さくなるというメリットもあります。

ただし、指の滑りが悪くなるのでタイピングがしにくくなり指が疲れてしまうこともあるので個人的にはキーボードカバーはない方がいいかなーとも思っています。何度か試したんですけど、やっぱり無い方が快適でした。

MacBook Proをメインマシンにするための周辺機器・アクセサリー

外でも自宅でもMacBook Proをフル活用したいと考えているなら、先ほども紹介したUSB-Cに対応した4Kモニターを導入することでMacBook Proをデスクトップマシンとして使うことが可能となります。

それに合わせてあると便利な周辺機器・アクセサリーを紹介したいと思います。

MacBook Pro 最強の周辺機器「USB-C対応4Kモニター」

上でも紹介していますが、外部モニターを導入するなら絶対にUSB-Cに対応している4Kモニター「LG 27UK850-W」というモデルがおすすめです。

このUSB-C対応の4Kモニターがあるだけで…

  • 4K解像度の27インチ大画面で効率よく作業できる
  • 画面表示しながらMacBook Proに給電できる
  • モニター側のUSB-Aポートから外部HDDやプリンターに接続できる

といった機能を使うことができ、USB-Cケーブル一本で簡単にMacBook Proを最強のデスクトップマシンに変身させることができるのです。

写真・動画を保存、バックアップ取るなら「外付けHDD」

MacBook ProはiMacなどのデスクトップ型のMacと比べるとストレージ容量が少ないので、写真や動画をたくさん保存しておきたい場合は外付けHDDを使うことでMacBook Proのストレージ容量の圧迫を防ぐことができます。

MacBook Proと外付けハードディスク

外付けHDDにmacOSのTime Machineの設定をしておけばバックアップストレージとして使うこともできるので、復元したいデータがあった時にかなり助かります。

僕も実際に外部ハードディスクにTime Machineの設定をしていて間違って削除してしまったデータを復元することができたことが何度もあるので、仕事でMacを使うのであれば絶対に外部HDDを導入した方がいいでしょう。

IO-DATEの外付けハードディスクが音も静かでオススメです。バッファローは音がうるさいので個人的にあまり好きではありません。

標準で付属しているケーブルはUSB-A to Micro-Bですが、USB-C to Micro-Bを別途購入することでUSB-CポートタイプのMacBook Proにもアダプタなしで直で接続することが可能です。

価格が安くなった「外付けSSD」もおすすめ

最近ではSSDストレージの価格が安くなったので、外部ストレージにSSDを使うのがおすすめです。

MacBook ProとSSDストレージ

HDDだとデータの転送速度が遅いので写真や動画のデータを移動させるだけで、時間が必要ですが、SSDなら内蔵ストレージ並の速度でデータを転送することができるので、外付けストレージ上で作業をしていることを忘れるほど快適です。

クラムシェルモードでMacBook Proを使う場合

4Kモニターを導入しデュアルモニター状態で使用するのならMacBook Pro/Airを手前に置いて後ろに4Kモニターを置くことで問題なく使うことができます。

20181020143547j:plain

MacBook Pro/Airは外部モニターを接続した状態で蓋を閉じるとクラムシェルモード(MacBook Proの画面を使わず外部モニターだけ使用するモード)となり、MacBook Pro/Airをデスクトップとして使うことができます。

あると便利「Magic Keyboard」と「Magic Mouse」

クラムシェルモードでMacBook Proを使うときには外部キーボードとマウスは必須となります。

マジックキーボードとマジックマウス

キーボードとマウスはいろんなメーカーから出ていますが、Apple純正のMagic Keyboard(マジックキーボード)Magic Mouse 2(マジックマウス2)は充電タイプとなっていてとても使いやすいと思います。

  • Magic Keyboard:MacBook Proのバタフライ構造のキーボードよりもキーが分厚いのでタイプ感が良い
  • Magic Mouse:表面を指で撫でてスライドすることでができてトラックパッドと同じように画面に戻ることができる

ちなみに、Magic Keyboardはテンキーなしバージョンを選んだ方がいいです。テンキーがあるモデルだと右側のちょうど良いスペースにマウスやトラックパッドを置くことができなくなってしまうので。


MacBook Pro をデュアルモニターに「Spinido ノートPCスタンド」

MacBook Proと外部モニターのデュアルモニター環境を構築するならMacBook Proを乗せて目線を上げることができる「Spinido ノートPCスタンド」があると便利です。

少し前まではシルバーしかありませんでしたがスペースグレイも選ぶことができるようになったようですね。

MacBook Pro スタンド

カッコイイ!PCスタンドを使うことで外部モニターとMacBook Proを同じ目線で並べて作業をすることができるので作業効率が上がることは間違いないでしょう。

MacBook ProとLG 27UD88-W
MacBook Proをデスクトップ化

メインモニターは4Kモニターとなりますが、MacBook Proをサブディスプレイとして使うことで作業効率を上げることが可能となります。

外部モニターを自由自在に「モニターアーム」

外部モニターを使うなら自由にモニターを可動させることができるモニターアームがあると、とても便利です。上の画像のモニターもモニターアームを使って設置していて自由に高さや角度を調整したりできる状態になっています。

角度や高さを自由に変えることができるだけではなく使わないときは机の奥にしまうことで机の上を広く効率よく使うことができるようになります。有名どころはエルゴトロンなので予算があるならおすすめです。

僕は少し安いサンワダイレクトのモニターアームを使っています。

普通に使えているので特に問題はないのかなぁーと思います。

MacBook Pro のクラムシェルモードに「OBENRI Vertical 縦置きスタンド」

MacBook Proの蓋を閉じてクラムシェルモードで使う場合は縦置きスタンドがあるとスペースを節約することができてとても便利です。OBENRI Verticalのパソコン縦置きスタンドは2台同時に収納できるので、サブ機としてMacBookを持っている方にはおすすめです。

MacBook Pro 縦置きスタンド

このままの状態でUSB-Cを4Kモニターに接続しておけば普通にMacBook Proをデスクトップマシンとして使うことが可能です。テーブルの上もスッキリするのでいいですよ。

まとめ:MacBook Proに必要な周辺機器は躊躇せず買おう!

MacBook Proは非常に高いので周辺機器を買うのを躊躇してしまいがちとなってしまいますが、必要となる周辺機器やアクセサリを導入することで作業効率が一気に向上する場合もあるので躊躇せずに購入して作業効率を上げて回収しましょう。

個人的に絶対に導入したらイイと思う周辺機器・アクセサリーは…

…の5点ですね。特に自宅で作業をすることがあるのなら4Kモニターは絶対に導入することをおすすめします。USB-C対応モニターならUSB-Cのマルチアダプタは一切必要なくなるので、意外とコストパフォーマンスが良かったりするので。

MacBook Proのレビューはこちらの記事をどうぞ!

MacBook Air、Proのメインメモリの容量、ストレージ容量の選び方はこちらをどうぞ!