MacBook Air 2020 vs 2019

現在、最新のMacBook AirはAppleシリコンのM1チップを搭載したMacBook Air(M1)ですが、2020年3月にはIntelプロセッサを搭載しているMacBook Air(Intel)が発売されたばかりです。

このモデルはキーボードがバタフライ構造のキーボードからMagic Keyboardになっただけでなく、第10世代のCoreプロセッサでデュアルコアだけでなくクアッドコアも選択できるようになった性能が向上したものとなっています。

M1チップを搭載したモデルが登場したことで、従来のMacBook Air(Intel・2020)Mac整備済製品で値下げして販売されているんですね。ということで、この記事ではMacBook Airのスペックを比較してどのモデルがいいのかを見ていきたいと思います。

最新型にこだわりがない、旧型のMacBook Air(2019/2018)やそれ以前の旧型のMacBook Airから乗り換えを検討している方は参考にしてみてください。

MacBook Air 2020・ 2019のスペック比較

MacBook Air(2020)とMacBook Air(2019)のスペックを比較しました。

MacBook Air 2020 vs 2019 スペック比較
  MacBook Air 2020 MacBook Air 2019
モデル Apple M1 Intel
ディスプレイ 13.3インチ(2,560 × 1,600ピクセル)
CPU M1(高性能4コア+高効率4コア) Core i3 2コア 1.1GHz
Core i5 4コア 1.1GHz
Core i7 4コア 1.2GHz
Core i5 2コア 1.6GHz
GPU M1(GPU7コア or 8コア) Iris Plus Graphics UHD Graphics 617
メインメモリ 8GB 4,266MHz LPDDR4X(16GB変更可) 8GB 3,733MHz LPDDR4X(16GB変更可) 8GB 2,133MHz LPDDR3(16GB変更可)
ストレージ 256GB、512GB、1TB、2TB 128GB、256GB、512GB、1TB
キーボード Magic Keyboard バタフライ構造キーボード
インカメラ 720p FaceTime HDカメラ
Wi-Fi 802.11ax 802.11ac
Bluetooth 5.0 4.2
充電ポート USB-C(Thunderbolt 3)×2
Thunderbolt(最大40Gb/s)
USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)
バッテリー容量 49.9Wh
バッテリー駆動時間 15時間 11時間 12時間
内蔵スピーカー ワイドステレオ、Dolby Atmos再生に対応 ステレオ
本体サイズ 30.41 × 21.14 × 0.41~1.61cm 30.41 × 21.14 × 0.41~1.56cm
重量 1.29kg 1.25kg
本体カラー スペースグレイ、ゴールド、シルバー
価格 104,800円〜 119,800円〜

MacBook Air(2019)はデュアルコアのCore i5(1.6GHz)しかプロセッサの選択肢がなかったですが、MacBook Air(2020・Intel)はデュアルコアのCore i3(1.1GHz)からクアッドコアのデュアルコアのCore i5・i7を選択できるようになりました。

しかも、デュアルコア → クアッドコアはプラス1万円でカスタマイズできるので、コストパフォーマンスはかなり良いのが特徴となっています。端末価格も全体的に安くなっていて最小ストレージ容量が128GB → 256GBに増えたのに119,800円 → 104,800円に値下げされた革新的なモデルとなっています。

なお、2020年11月に発売されたAppleシリコンのM1チップを搭載したMacBook Air(M1)は外観はそのままに内部スペックだけが刷新された形となっています。

M1チップはAppleが独自開発しているSoC(システム・オン・チップ)で処理性能は従来のIntelモデルと比較して3倍ほど性能が向上しています。これは革命ですね。体感レベルで動作が高速化しているのが分かります。

なので、基本的にこれからMacを買うなら最新のM1チップを搭載したモデルを手に入れるのがおすすめですが、必ずしもこのチップが必要でない場合もあるのでコスト重視で選ぶならIntelプロセッサを搭載したモデルをMac整備済製品で買うのもいいかもしれません。

筐体・画面の大きさ

画面サイズは13.3インチと同じ

MacBook Air 13インチ
MacBook Air 13インチ

MacBook Air(2020)の画面サイズは13.3インチと据置となっています。解像度、仕様も全く同じですね。

MacBook Air 2020 vs 2019 サイズ比較
  MacBook Air 2020 MacBook Air 2019
モデル M1 Intel
ディスプレイ 13.3インチ(2,560 x 1,600ピクセル)
仕様 P3、True Toneテクノロジー、227ppi、数百万色以上 True Toneテクノロジー、227ppi、数百万色以上
本体サイズ 30.41 × 21.14 × 0.41~1.61cm 30.41 × 21.14 × 0.41~1.56cm
重量 1.29kg 1.25kg

MacBook AirのIntelモデルはP3ディスプレイには非対応ですが、M1モデルはMacBook Pro 16インチ・13インチと同じようにP3対応のRetinaディスプレイを搭載しています。

なので、より色味が深くて鮮やかな表示が可能となっているので写真の編集やデザイン制作もよりリアリティの高い画像で確認をすることが可能となっています。

本体サイズはキーボードがバタフライ構造のキーボードからMagic Keyboardになったことで少しだけ分厚くなってしまいましたが、もともとMacBook Airは「エアー」のわりに軽量化されていないので誤差範囲といっていいでしょう。

CPU・GPU・RAMのスペック

M1チップとIntelプロセッサ

MacBook Air(Intel・2020)第10世代Intel Coreプロセッサ(Ice Lake)採用しデュアルコアだけでなくクアッドコアプロセッサにも対応し2019年モデルよりも最大2倍のパフォーマンスを手に入れました。

さらに、MacBook Air(M1)はM1チップを搭載したことで3倍以上の処理性能を手に入れることになりました。処理速度の違いをGeekbench 5で比較するとこうなります。

MacBook Air 2020 vs 2019 スペック比較
  MacBook Air 2020 MacBook Air 2019
CPU M1 4コア+4コア 0.6〜3.2GHz 第10世代Core i5-1030NG7 4コア 1.1GHz 第10世代Core i3-1000NG4 2コア 1.1GHz 第8世代Core i5-8210Y 2コア 1.6GHz
CPUシングルコア 1700 1070 990 730
CPUマルチコア 7300 2850 1970 1460
GPU Metal 18700 9200 6700 3200

MacBook Air(2019/2018)のCore i5-8210Y → Core i3-1000NG4でCPUの性能が80%ほど、GPUの性能が30%ほど向上しています。これだけでも処理速度はかなり向上していて全体的なもっさり感が解消されています。

そして、M1チップを搭載したMacBook Airになると、4コアのCore i5-1030NG7 → M1でもCPUの性能が3倍、GPUの性能が2倍も向上しています。MacBook Air(2019/2018)→ MacBook Air(M1)だとCPUで5倍、GPUで6倍も処理速度が向上している計算となります。

従来のIntelプロセッサを搭載したモデルで動画編集をするとかなり動作が遅くなってしまいますが、M1チップを搭載したモデルなら快適に作業することができ、動画の書き出しも問題なくすることができる性能となっています。

どうして、ここまでM1チップが性能が高いのか。従来のIntelプロセッサはCPU、GPU、コントローラーチップ、メインメモリがそれぞれの部品として存在していて配線することで動作するようになっていました。

従来型のMacBookのロジックボード

しかし、M1チップはこれらの部品を一つのチップの中にパッケージングしてしまったわけです。

M1チップを搭載したMac

この1cm角のチップの中にCPU、GPU、メインメモリ、コントローラチップ、さらに機械学習ができるNeural engineも組み込まれてしまうというヤバい革新的なチップになったのです。

各役割のコアまでの距離が短くなり、無駄がなくなったことで超高速処理ができるようになって性能が大幅に向上したということになります。

さらに、M1チップはメインメモリの常識もぶち壊すという偉業を成し遂げてしまうことになります。MacBook Airの標準メインメモリは8GBとなっていて最大16GBまで購入時に増やすことができます。

MacBook Air 2020 vs 2019 メモリ比較
  MacBook Air 2020 MacBook Air 2019
メインメモリ M1 Intel
メインメモリ 8GB 4,266MHz LPDDR4X(16GB変更可) 8GB 3,733MHz LPDDR4X(16GB変更可) 8GB 2,133MHz LPDDR3(16GB変更可)
ストレージ 256GB、512GB、1TB、2TB 128GB、256GB、512GB、1TB

M1チップのメインメモリは「ユニファイドメモリ」と呼ばれていてM1チップの中にSiP(システム・イン・パッケージ)されているため各コアが直接アクセスすることで超高速でデータ転送ができるようになっています。

メインメモリは容量が足りなくなるとSSDストレージにスワップ領域を確保してデータの保管場所を確保しますが、超高速なメインメモリとSSDの転送速度も向上しているためスワップしても動作が遅くなりにくいという特徴を持っています。

つまり、M1チップを搭載しているモデルは8GBのメインメモリでも十分快適に作業することができるということなのです。実際に、メインメモリ8GBのM1モデルを使っていますが、とても快適です。

メインメモリについてはこちらを参考にしてみてください。

Magic Keyboardを搭載

MacBook Air(2020)は新しいシザー構造を採用したMagic Keyboardを搭載しています。

Magic Keyboardとバタフライ構造キーボード
Magic Keyboardとバタフライ構造キーボード
MacBook Air 2020 vs 2019 キーボード比較
  MacBook Air 2020 MacBook Air 2019
キーボード Magic Keyboard バタフライ構造キーボード

バタフライ構造キーボードはキーの高さが0.5mmほどの抑えられた超薄型のキーボードでMacBook Air 2019/2018で採用されてました。

個人的にはけっこう好きなキーボードだったんですが、不具合が出るなど問題があってMacBook Air(2020)はシザー構造を採用したMagic Keyboardが搭載されることになります。

ソフトなタイピングを実現しているのでバタフライ構造キーボードの薄さが苦手という方は待望のキーボードといったところでしょう。

ワイヤレス通信

Wi-Fi 6には非対応

同時発表となったiPad Pro 2020年モデルは高速ワイヤレス通信ができるWi-Fi 6に対応していますが、MacBook Air(2020)はM1モデルがWi-Fi 6対応、IntelモデルがWi-Fi 5(802.11ac)までの対応となっています。

MacBook Air 2020 vs 2019 通信比較
  MacBook Air 2020 MacBook Air 2019
Wi-Fi 802.11ax 802.11ac
Bluetooth 5.0 4.2

Bluetoothは5.0に対応したのでAirPods Proなどのワイヤレス機器との接続性能は向上しています。

充電ポート・外部接続性能

USB-Cポートを2つ搭載
USB-Cポートを2つ搭載

USB-Cを2ポート搭載

MacBook Air(2020)の充電ポートはUSB-C(Thunderbolt 3)を二つ搭載しています。

MacBook Air 2020 vs 2019 充電ポート比較
  MacBook Air 2020 MacBook Air 2019
充電ポート USB-C(Thunderbolt 3)×2
Thunderbolt(最大40Gb/s)
USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)

この仕様の変更はありませんね。同じです。3.5mmオーディオジャックも搭載しているので外部スピーカーなどを接続して音楽を楽しんだり、映画を見ることも可能となっています。

バッテリー容量・電池持ち

MacBook AirはIntel・2020年モデルはプロセッサが高性能化したことで電池持ちが悪くなってしまいましたが、M1モデルで電池持ちが圧倒的に向上しています。

MacBook Air 2020 vs 2019 バッテリー比較
  MacBook Air 2020 MacBook Air 2019
バッテリー容量 49.9Wh
バッテリー駆動時間 15時間のインターネット閲覧 11時間のインターネット閲覧 12時間のインターネット閲覧

実際の電池持ちとしてはIntel・2020年モデルは5〜6時間ほど、M1モデルは10〜11時間ほどです。

感覚としては倍ほどバッテリー駆動時間が向上した感じですね。めちゃくちゃ長く使うことができるので毎日充電しなくても2日に1回ほどの充電で回すことが可能です。

6Kディスプレイへの出力に対応

MacBook Air(2020)は1台の外部5Kディスプレイの出力に加えて1台の外部6Kディスプレイの出力もできるようになりました。

MacBook Air 2020 vs 2019 外部モニター比較
  MacBook Air 2020 MacBook Air 2019
モデル M1 Intel
外部モニター 6K × 1台
5K × 1台
4K × 1台
6K × 1台
5K × 1台
4K × 2台
5K × 1台
4K × 2台

なので、MacProと組み合わせるPro Display XDRを接続することが可能に…!誰か、試してみてください…。ただし、M1モデルは最大1台までの出力に制限されているので注意です。

おそらく、M1チップのThunderboltの制限の問題なんでしょうね。

内蔵スピーカー

MacBook Air 内蔵スピーカー
MacBook Air 内蔵スピーカー

MacBook Air(2020)の内蔵スピーカーは強化されていてMacBook Air(2019)よりも低音が2倍、音量が25%大きくなりました。

MacBook Air 2020 vs 2019 内蔵スピーカー比較
  MacBook Air 2020 MacBook Air 2019
内蔵スピーカー ワイドステレオ、Dolby Atmos再生に対応 ステレオ

さらにDolby Atmosの再生にも対応しているので広がりのあるサウンドを楽しむことができるようになります。

端末価格

2021年1月現在、M1チップを搭載したMacBook AirはApple Storeなどで104,800円〜で販売されています。一つ前のモデルとなるIntelプロセッサを搭載したモデルはMac整備済製品にて84,800円で販売しています。

整備済製品はAppleに返却された端末を再整備した製品なので、ほぼ新品でお得に買うことができるモデルなので、最新モデルとの価格差は20,000円です。

最新モデルと整備済の価格比較
  MacBook Air(M1・2020) MacBook Air(Intel・2020)
256GB 104,800円 デュアルコア:84,800円
512GB 124,800円 クアッドコア:106,800円
1TB 144,800円

クアッドコアモデルだとストレージ容量が512GBになるのでM1モデルとの価格差は18,000円となります。

M1モデルであれば動画編集もできて、電池持ちもかなり良いので外で使うことが多いなら最新モデルを買うのがおすすめです。ただ、資料作成などテキストベースの作業しかしないのであればIntelプロセッサを搭載しているモデルでも十分使えます。

MacBook Air(Intel・2020)は買いなのか?

MacBook Air(Intel・2020)を選ぶメリットはこんな感じです。

MacBook Air(2020)の良いところ
  • クアッドコアCPUを選べるようになった
  • メインメモリの性能が大幅部向上している
  • 信頼性の高いMagic Keyboardを搭載
  • 整備済製品で84,800円で買うことができる

CPUプロセッサがクアッドコアを選べるようになったのは大きな進化です。処理速度が最大2倍も向上していてMacBook Pro 13インチ(1.4GHz)に迫る性能を持っています。

Touch Barもないので純粋なファンクションキーが欲しい方も十分すぎる性能を安価に手に入れることができるので、シンプルなMacBookを選ぶならおすすめのモデルといっていいでしょう。

MacBook Air(2020)の標準モデルはデュアルコアプロセッサを搭載していますが、可能であればクアッドコアモデルを選ぶことで動作速度は体感で分かるくらい向上します。

MacBook Airをメインマシンで使うなら+10,000円でクアッドコアにカスタマイズしておいた方がいいですが、iMac 27インチなどデスクトップMacを持っていてサブ機でMacBook Airを選ぶならデュアルコアで十分です。

旧型のMacBook Air 2017から乗り換え

旧型のMacBook Air 2017よりも以前のモデルを使っているなら間違いなく買い。圧倒的な性能アップによって作業効率が向上します。

とくにディスプレイ解像度が1,440 × 900ピクセル → 2,560 × 1,600ピクセルに向上して画面がキレイになるので画面の見やすさに驚きます。筐体サイズも少し小さく軽くなるので旧型のMacBook Air 2017以前のモデルを使っている方はいいですよ。

MacBook Air 2019/2018からの乗り換え

MacBook Air 2019/2018からの乗り換えは微妙なところですが、パワー不足を感じるならMacBook Air(2020)のクアッドコアにカスタマイズしたモデルがおすすめです。

パワー不足かどうか分からない。という方は今のモデルを大切に使えばOKでしょう。正直なところテキストベースの作業であればMacBook Air 2019/2018の性能があれば問題なく作業することができます。

画像編集も若干遅さを感じますが問題はありません。動画編集になるとちょっとキツい(とくに動画書き出しに時間がかかる)のでMacBook Air(2020)のほうがいいでしょう。


最新の高性能なMacBook Airが欲しいならM1を

動画編集をする、外で使うことが多いからバッテリー持ちはいい方がいい…という方は迷いなくM1チップを搭載しているMacBook Airを買うことをおすすめします。

2万円をケチってしまうことで後悔を生み出す結果になってしまうかと思います。

M1チップは従来のIntel対応のアプリはエミュレーションのRosetta 2を挟むことになるためアプリによっては動作が安定しないなどの問題はあるかもしれませんが、今後はAppleシリコンに対応したアプリが主流になっていくので問題はありません。

むしろ、Intelプロセッサを搭載しているMacBook Airに対応しないアプリがこの先出てくる可能性の方が高いといってもいいくらいです。なので、長い目で見るならばM1チップを搭載しているMacBook Airを選ぶのが吉ということになります。

Macのストレージ容量、メインメモリの選び方はこちら。